寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

出会って15分でゴミ捨て場でセク口スしたったwww

2018/10/30 15:01


その日は金曜かなんかで、朝まで友達と飲んでたのよ
それで友達と分かれて帰りの電車を待つ為に駅のホームでフラフラになりながらボーッと電車を待っていた

電車を待ちながら、本当はその日はせっかくの休日だったから、散歩したり、パチンコいったりなしたかったんだけど、
このまま行けば完全に二日酔だからダメだなとか思ってうんざりしてたんだ
大体朝の8時ぐらいだったかな

そんで駅のホームの鉄の柵みたいのによりかかってたんだけど、横を見たら3mぐらい離れたところに、
パッと見18?25歳ぐらいの女がいるわけ
まだ横からしかみえないけど、それなりに今風な感じで、身長は160cmぐらい

俺は普段はナンパとかもあんまり積極的に出来るタイプではないんだけど、
酔っ払って、どうでもよくなっていたテンションで、特に何を考えるでもなく、
女の方に歩いていった

近くでよく見てみると結構な良いスタイルで胸がパツンと貼ったTシャツみたいので、
下はこれもボディラインがくっきりと浮き出るようなピッタリした白のパンツ
まだ顔は見えなかったが、なんだか俯き気味で、俺と同じように酔っ払っているように見える

俺はそのまま近づいていった勢いのままで
「どこ行くの?」となんの変哲もない言葉をかけた

しかし女は正面を向いたままでこちらを見る気配もない
俺は「あーだめか今日はさんざんだな」って感じで立ち去ろうとしたその時
女がこちらを初めて向いた

女の顔はなんだか俺も酔っていたからハッキリと覚えていないんだけど、
ブスではなくて、中の上ぐらいだったと思う
俺は「おっ」って感じでそのままもう一度「どこいくの?」とくだらない言葉をかけた

すると女は無言のまま俺の肩に頭をいきなり乗せてきた
あまりの展開に驚き、何が起きているのかを判断するのに、数秒ほどかかった。どういうことだ。具合が悪くなったのか?いやそうじゃない、これは・・・
俺の混乱した気持ちの中では「これはいけるんじゃねーか?」という気持ちが少しづつ顔を出し始めていた。 

俺は動転した気分のまま、「大丈夫?どこに行くの?」ともう一度声をかけた。返事はない。しかし女の頭はしっかりと俺の肩にある。
俺はその頭を手の平で恐る恐る触ってみたが、嫌がる様子はない。

俺はその手を少しずつ大胆に動かしていく
頭から肩へ、肩から腰へ やわらかくクビレをおびた腰だった
たまらない

ちょうどその時、電車がホームに滑り込んできた
俺は女に「乗る?」と問いかけたがまたも返事はない
どうしよう?
その時俺の頭にサイフに小銭しかないことがよぎった
“なんてことだ、金さえあればこれならホテルでもなんでもいけたはずだ“
俺は今日という日がとことんついてないことを思い知らされた

しかしいつまでもないものをグダグダ言っても始まらない
「じゃあこの女の家か行くか、あるいはここから遠くなるが俺の家に」と考えた
まだそこまで辿り着ける確信は無かったが、俺の興奮はすでにチ○コに表れ、大きく、硬くなり始めていた そして俺は女の手を取り、電車の中へ連れ込んだ。

その時だった これまでは女が酔っ払っていて朦朧としているのかと思っていたが女の意識は思ったよりはっきりしていることに気づいた
足取りも確かだし、表情もさっき見た時より、しっかりしている

そこで俺は「こいつは酔っ払ったふりをしている」という一つの仮説を立てた
ではなぜ酔っぱらった振りをしているのか?酔っ払うと何かいいことでもあるのだろうか?お金がもらえる?優しくしてもらえる?
いや違うな、こいつは理性をなくしたふりをして俺とやりたがっている!よっているからどこに連れ込まれてもしょうがないという口実を自らで作っているんだ

俺はそいつの家に上がりこみチンコをねじり込むことを決意した

女の顔を車内で俺に方に向けさせ、目をみて「一人暮らし?」と聞いた
またしても返事は無いが否定もない
これは一人暮らしと見ていいだろう
「じゃあとりあいず家まで送っていくよ」
はっきりとはわからないが、女はうなづいたように見えた

あるいは俺の絶頂興奮状態にあるチンコがうなずいたように幻覚を見せたのかもしれない
そして女の家があるという駅で電車を降り、
女の手と女のバッグを持ち、改札を出た

駅を出たあとも女はモウロウとしているような素振りを見せている
もちろん俺のチンコは極限状態
しかし5分ほど歩くと、突然女が俺の手からバッグを取り、「帰る」と小さな声でつぶやいた

あっけに取られた俺は「だから家まで送るよ」と言った
しかし女はボソボソと煮え切らない態度。
「だって・・・」
“なにをいまさら、このクソアマが”、と俺は思ったが、そこは辛抱づよく耐えた
また俺は手を引き「とりあいず家まで行こう」と腕を引っ張る

しかし女は変わらず煮え切らない態度
その時俺は“もしや”と思い「一人暮らしじゃないの?」と問いかけた。
案の定、女は「彼氏がいるの」とほざいた
まさかの展開に俺は思わず「ふうむ」と唸った

どうやら電車内で一人暮らしと質問にうなずいたように見えたのは、
俺のチンコが作り出した幻覚だったようだ
さてどうするか 
俺のサイフには小銭しかなく、
しかもこの駅には、ホテルなんかはありそうもない

俺の家まで行くか?駄目だ 俺の家はここからまだかなりあるし、時間をかければこいつの気は変わりかねない
どうする?あきらめるか?酔っ払った頭の中がグルグルとそんな志向で回っているとき、
どこからか声が聞こえてきた

「いますぐやりたい」
それはチンコからの声だった
もちろん俺も異論は無い
答えは一つだった
“何としてもやる”簡単な話だ

「ふう」
俺は一呼吸をそこで置いた
必ずやる、とは決めたものの実際にこの状況は絶望的だ
“9時か”
まずいな、そろそろ人の目も気になりだしてきた
しかしまだ女は俺の手の中にある
バッグを取ろうともがいているが、それはブラフだ
こいつも本当は帰りたくないはず

どうする、どうする・・・・・・・・
そのとき俺の中で何かが切れた音がした
“もうなんでもいい”
俺はバッグを取ろうともがく女の腕を取り、
駅から来た道を引き返した
さっきまでの千鳥足ではなく、虎のように力強く猛然と歩き出した
もうチンタラしている暇はない
俺の記憶が正しければさっきあそこに・・

「えっ・・?ねえ、どこいくの?」
女は突然の動きに慌て、心配そうに小さな声で問いかけた
思えばしっかりした声は初めて聞いたかもしれない
しかし俺は聞こえないふりをした
というより実際にそんな言葉は俺の頭には届かなかった
俺の頭にあるのは、“あの場所”だけだ
「ねえ、どこいくの?ハアハア・・ねぇだめだよ」
消え入りそうな声で女はバッグを取りかえそうともがいている
しかしその腕にはほとんど力が入っていないことがわかる

俺は足を止め女の方に向き直った
そして掴んでいる腕を強く引き、抱き寄せ、腕を女の腰に廻した
女は驚いたように、「キャッ」と小さく声を上げたが、
俺の胸の中でモゾモゾと動くだけで、大した抵抗をする気はない
しかしそのモゾモゾが俺にとって思わぬ効果をもたらした
肉付きの良い女の太ももに極限チンコが押し付けられ、
さらに身をよじる刺激で
俺のチ○コは爆発寸前まで追い込まれていた

そんでどうしようか色々と路地とかにはいって挙句、あるマンションのゴミ捨て場が目にはいったのよ
扉式で個室になってる感じの
そんで女はずっとモジモジしてたけど、とにかくそこにはいって
エッチしようと俺が言うと、「こんなとこじゃやだよ」みたいな感じのことを言ってた

でももう俺は興奮絶頂だったからそんな言葉関係なく、
ゴミ捨て場の二段ベットみたいになってるところに女を持ち上げて座らせて、
確かいきなりパンツをはがした

女はカマトトぶってたくせにケツ上げてパンツを下ろしやすいようにしてやがった
そんで上着もまくりあげておっぱいも出した
多分Eカップぐらいでかい
そんですぐパンツもおろして、マンコを触ってたら、急に「おっぱいも」なんて注文がはいった
そんでその二段ベットに腰掛ける感じの体制で挿入して、次に床にその辺にあったダンボール敷き詰めて正常位

ここで大事件が起こる

夢中になって腰を振ってたんだけど、そのときなんだか辺りが明るくなってきたのよ
でも興奮しているから、すぐに意味がわからなかったんだけど
それはゴミ捨て場のドアが空いた明かり

えっ?と思ってドアの方を見上げると、
メガネかけてデブのおっさんが仰天した顔でみてる

俺はどうしてどうしていいかわからなくて
とりあえずヘラヘラして「どうも」
相手はおっさんはやっと状況が理解できたらしく
ゴミを持ったまま「すいませんっ!」つって慌ててでていった
女はめっちゃ恥ずかしそうにしてたけど、そのまま続行した

そんで1分もしないうちに次はババアが登場
ババアも驚いてはいたけど、おっさんとは違ってしっかりと俺らを見て「こんなところでなにやってんの!」
と呆れながらも「まったくもう」といっただめな息子を見守るような眼差しでその場をさった

考えてみれば朝のゴミ捨て場なんて人が来て当たり前だよな
俺はババアにも笑顔で対応したけど、
女も今度は笑って「エヘヘ」みたいなこと言ってた

そろそろここはまだまだ人がきそうでまずいなと思ったんだけど
今更やめられないから体制を変えて、今度はバック
女は「中に出さないでね」って言ってたのがなんか萌えた

そんでバックで突いてると3分ぐらいで再度同じババアが登場
「まだやってんのあなたたち!」みたいな感じで今度…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
泥酔して道端にブラジャーを捨てた女との中出しセックス
2017/02/28 03:39
2017/02/28 03:39
高校生の頃に朝刊を配達し終わって帰っていると、繁華街の路地で女性が倒れていた

近くに赤いブラが落ちていたが、服装に乱れが無いので自分で外したらしかった

声をかけようと近付くと、とんでもなく酒臭い



声をかけて起こし、女性を自転車に跨らせた

ミニスカからパンツが見えて興奮し、その後背中に抱きつかれて更に興奮した

酔い潰れた彼女のナビゲートは最悪で、彼女のマンションに到着するまで一時間以上もかかった

オートロックを余った新聞を差し込んで解除し、彼女を部屋まで送り届けると、彼女は言った

「女の部屋に入ったらぁ~、一発やって帰るのが男でしょ~?」
思わず「一発…
★スナックで「最後まで残っていて・・」
2017/04/26 23:56
2017/04/26 23:56
 いつも行くスナックで飲んでいると女の子(A子)が突然『あんなのに興味があるんだ』と言ってきた。実はスナックに入る前に本屋でSMの本を、立ち読みしていたのを見られていたらしい。エッていう感じで顔を見ていると、

 続けて『Hさんはどっち?』と聞くので『両方』とだけ答えた、雰囲気から信用されてないのがわかったが、そのまましばらく飲みながらおしゃべりをしていたが、彼女が席を立つ時『最後まで残っていて』と意味ありげな事を言う。

 不安はあったが、言われるままにした。そして、他のお客が帰ってから(店はまだ営業中)A子が来て『これ、ママの』と言って、赤い小さな布を渡してくれた。広げて見ようとしてい…
※嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺 完(転載禁止)
2017/12/08 14:15
2017/12/08 14:15
俺は、中出しされながらも笑顔で”へーき”と答える嫁を見て、何が起きているのだろう? と、思っていた。嫁と俺は、週に2度も3度も子作りをしている。ピルなんて飲んでいないはずだ。

「え? 安全日とかじゃないの?」
探偵さんは、さすがに少し慌てた口調になっている。
『うん、違うよ。どちらかというと危険日かな?』
嫁は笑顔で答えながら、探偵さんの上から離れる。そして、そのまま探偵さんの足元の方に移動して、フェラチオを始めてしまった。

「本当に? さすがにマズいでしょ」
探偵さんは、動揺している。でも、それには答えずに嫁はお掃除フェラを続ける。熱心に、そして丁寧に舌と口で清めなが…
パート先の店長に玩具にされた話【熟女不倫体験談】
2017/04/12 15:10
2017/04/12 15:10
あたしは専業主婦をしている45歳のおばさんです。3年前から先々月までは、とあるスーパーでパートしてました。

主人の収入で生活はなんとかできていたのですが、息子達も手が掛からなくなったこともあって暇になったことからパートにでたんです。
チェーン店のスーパーだったので、他の店舗に応援しにいくことも度々続くことがありました。

働いていた店の店長さんに「他店から名指しでの応援要請がきてるよ」「此処だけの話し、〇〇店長は手が早いって噂あるから気をつけてね」と言われたことがありました。

当時あたしは43歳。「まさかあたしのような、おばさんにそんなことあるわけないじゃないですか~」店長にはにかみながら…
綺麗な先輩OLのご飯をご馳走してもらいムラムラして中出ししてしまった新卒の俺www
2017/05/31 10:02
2017/05/31 10:02
今思えば歌手のアリアナ・グランデを黒髪にしたら雰囲気似てそうな彼女だった。

当時27歳、名前は『有里』にしておこう。

俺は、当時新卒の23歳になったばかり、仮に『誠』としておこう。

入社時の新人教育担当だった有里は、

バリバリに仕事ができて、

もし社内の男が声を掛けても絶対振られると言われていた。

俺たち新入社員は、そんな有里先輩に叱咤激励されながら仕事を覚えた。

さて、そんなお盆休み。

たまたま街でショッピング中の有里先輩を見かけたので声をかけた。

お盆休みは帰省している仲間も多く、

俺のように残っている人間は地元がここか、

あるいは帰らない人間だった。

どうやら…
レ●プ願望がある妻との日頃のセックスについて語っていきます。
2016/08/24 22:02
2016/08/24 22:02
相手は妻なんですが、日頃のSEXについて語っていきます。

スペック

おれ 33歳

妻 26歳

  M

  レ〇プ願望あり

  165cm 56kg

夜子供を寝かしつけたあと、割と普通に始まります。

おれ「ねえねえ、今日どう?」

妻「えぇ…眠いんだけどなぁ…」

おれ「まあまあ、いいじゃん明日休みだし♪」

妻(仕方ないといった表情でベッドへ移動)

キスから始まる至ってノーマルなSEXですが、

妻はクリトリスがかなり感じるらしく、ゆっくりパンツを横へずらし

指をしゃぶらせ唾液をたっぷり塗らせてから

やさしくこするとすぐにビクビクを体を痙攣させます。

年上の大学生が童貞!高校生の私が調教した体験告白
2016/12/26 12:42
2016/12/26 12:42
私が高2の頃、

大学2年の人と合コンしたんだけど、

みんなそれぞれくっついて最後は私も

その中の意気投合した人のマンションに行く事に。

その人が凄い私のタイプでかっこよくて面白くて

この人となら・・・と思ってた。

で、家についてまた飲みなが話して

お互いべろんべろんでした。

なんとなくいちゃいちゃした雰囲気になって

チューとかしてそろそろ・・・って時。 「俺まだやったことないんだけど・・・」って!

かわいいーって思って

「大丈夫だよ」って言ってスタート!

服をお互い脱がせあって

彼が私の胸を見てむしゃぶりついてきました。

しつこいほどに乳首しゃぶ…
【妹との告白体験談】寝ている従姉に  ▲近親相姦体験告白▲
2015/12/09 07:52
2015/12/09 07:52
当時俺13歳、従姉は15歳。従姉妹は俺以外、ほとんど女性だった中で、彼女は一番可愛かった。性格も明るく、常にクラスの中心にいそうな存在だった。(蛇足だが、俺も中学校まではそうだった。女性には奥手だったけど。 友達には「お前はマジメだよな?」なんてからかわれてた。)親父の仕事の関係で遠くに離れてしまい。帰省するのは盆と正月ぐらいなものだったが俺とその従姉は、年が近かったのと性格も似ていたこともあって、小学校の時にはすでに仲が良かった。その従姉には姉がいて、俺には妹がいたから、帰省したときは、お互いに弟や姉ができた気分になってうれしかったのかもしれない。彼女は会うたびにどんどん女性らしくなって…
バイト先の処女のJKとラブホに行ったら
2015/10/09 21:13
2015/10/09 21:13

俺は当時Fラン大学生 ♂

相手は当時高校3年生 ♀





その子と出会う前の俺の話から



高3から飲食店のホールスタッフとして働いてた

 

 

部活も少しはやってたんだけど、学校遠くて朝練行けなくなって途中で挫折したんだ

だからやることなくてお金ほしさにバイト始めたんだ



そこで俺は同じ中学だった1つ上の先輩に恋をした



その先輩には彼氏がいて完全な俺の片思いだったんだけどね

そんなことを大学2年くらいまで続けてた

好きだったけど振り向いてもらうまで待とうと思ってたから、他に付き合った子もいたけど好きになった子はいなかった



しかも当時その先…
ブラック企業に勤める可愛いOLのフェラは濃厚だった
2017/09/23 00:33
2017/09/23 00:33
去年の5月頃、仕事中に東京の某ターミナル駅で突然見知らぬ女に、「お名刺交換させて下さい」って言われた。
無視しようかと思ったけど、顔を見たらかなりの美人さん。
良く言い過ぎかもしれないが北川景子似。
少し立ち話をしたところ、投資型不動産の営業で新入社員らしい。
とりあえずその場では「不動産なんて買わないよ~」とやんわりお断りして、自分も仕事のアポがあったから、そこで別れた。

それから一週間くらいして、会社にその女から電話があった。
「ぜひ不動産の話だけでも聞いてくれないか?」と。

面倒臭かったけど、まぁ可愛かったし、話を聞くだけなら減るもんじゃないしと思い、後日仕事後…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・映画館でレイプした人妻と

・他部署の上司との生セックスが病みつきに

・【Hな体験】密かに想いを寄せていた文学少女に膝カックン

・【人妻体験談】父が再婚した義母に誘惑されたら、イキながらお漏らしした

・【熟女体験談】親が旅行でいない間、隣に住んでるおばさんにお世話をしてもらい童貞卒業

・抜かずの3発に腰も子宮も癒される不倫三昧

・「3Pお願いします」と頻繁に見かける書き込み

・【羞恥】キャバの面接で紹介されたヤバい裏風俗

・【近親相姦】田舎の祖母の家でぽっちゃり美人の母を夜這いレイプ

・【人妻体験談】お尻が大きい幼馴染の母親とのセックスの相性は抜群

・高校教師している彼女の教ええ

・男なら気になる妻は何人の男と寝たのか

・妹とフェラ三昧

・間違いなくあのままでは犯される・・・

・【熟女体験談】夫婦交換大好きでスワッピング中毒な変態夫婦

・【Hな体験】ブスだけど気遣いのできる超絶テクニシャンのデリ嬢

・おいしいかった社員旅行のハプニング

・【オナニー】ジャクジー風呂で男子高校生に露出しながら

・【熟女体験談】ご近所さんの元芸能人おばさんの水着姿に興奮し、水着のままSEX

・未亡人はエロに飢えているんですね

・人妻美人課長のスーツの中

・【スワッピング】30歳の童貞キモオヤジに彼女を貸し出した結果

・【寝取られ】チャラい先輩とのセックスをブログ公開してた元カノ

・内妻の友達を旦那の前で

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・痴漢される妻を目撃8(映画館編)

・【熟女体験談】本屋で不倫物を立ち読みしている熟女を痴漢したら簡単に中出しさせてくれた

・社長のおちんちんを咥えています

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった

・交際初日に初SEX。そして・・・。