寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【初体験】30歳まで処女だった私が出会い系にはまった理由

2018/10/28 10:00


私は今年で30歳の女です。昨年まで男性経験が全くありませんでした。別に興味がないわけでも、男性不信ということでもありません。どちらかというと興味がある方でした。
処女だった理由は一つ。私は自他共に認める不細工です。 身長150センチ、体重68キロ。顔は森3中の大島さんに少し似ているかもしれません。性格も根暗で、子供の頃からよくいじめられていました。
短大卒業後、某大手書店の在庫管理(アルバイト)をしています。特に趣味もないので、毎日自宅と仕事場の往復だけ。寄り道すらしたことはありません。母とは仲が良いので、たまに出かけたりはしますが。そんな何もない生活を何年も続けていました。何も面白いことなどありませんでした。
ある日、そんな私の考えが変わるきっかけとなる出来事がありました。その日はいつものように仕事に行き、いつものように何事もなく時間が過ぎていきました。15時頃に休憩時間になり、店舗が入っているビルの休憩所の隅で自宅から持ってきたお茶を一人寂しく飲んでいました。10分くらい経った頃、休憩所に同じビルの飲食店のアルバイトの男の子が3人入ってきました。みんな今風でカッコいい感じです。たまに休憩で一緒になるのですが、会話どころか挨拶すらしたことがありません。彼らは私のことなんか全く意識していません。すると彼らが興味深い会話を始めたのです。
A「この間、出会い系で知り合った女と初めて会ってきたよ」
B「マジ?あれでしょ。かなり粘ってた女でしょ」
A「あぁ、4ヶ月くらい毎日のようにメールしてたよ」
C「俺にはできね~な~」
何やら出会い系サイトの話みたいです。女の私がいるのにも関わらず。彼らにとって私は空気のような存在だったのでしょう。
B「で、どうだったの?」
A「マジ最悪。さんざん粘った挙句、来たのは久本にワンパン入れて若くしたような奴。マジで切れそうだったね」
C「(大爆笑)」
B「何?それからどうしたん?」
A「なんか悔しくってさ~。結局やっちゃった」
B・C「何ヤってんだよ~!」
A「そいつさ~、男性経験がないって聞いてたんだけど、やってみたら全然スムーズでさ~、聞いたら普段からバイブでオナってんだと」
C「初体験がバイブかよ~」
B「もうそいつとは連絡取ってないの?」
A「いや、あれから2回ヤった」
B・C「(大爆笑)」
A「ていうか、もう便所だね。何でもOKだし、オナホの代わりだよ」
B「そのうち刺されんぞ」
C「ていうか、出会い系とかやる気しねーなー。男女の比率が全然違うじゃん。男が多すぎてサクラもいるし、よっぽどじゃなきゃ会えねーよ」
A「まーな」
B「やべっ、時間だ」
休憩が終わったのか彼らは急いで帰って行きました。彼らの会話に私は、嫌悪の気持ちよりも好奇心で胸がドキドキしていました。
(不細工な女でも、あんなイケメンとエッチできるんだ・・・。もしかしたら私も・・・)
思わずそんなことを考えてしまいました。休憩が終わり店舗に戻ってからも、さっきの会話が頭から離れませんでした。気が付けば在庫から出会い系の広告が載っていそうな雑誌を探していました。できるだけ怪しくなさそうな、お金のかからなそうなサイトを見つけ、アドレスをメモしました。帰宅の電車の中でも胸がドキドキしていました。
帰宅すると食事も摂らず部屋に閉じこもりました。そしてさっそく携帯でサイトを開き、登録をしました。自分は男性経験がないこと、エッチなことに興味があることなど書き込み、その日はそれで終了しようと思いました。しかし驚いたことに、登録をしてしばらくすると、次々にメールが送られてきました。
『良かったら逢いましょう!』『エッチ教えてあげるよ』
中には『10万で処女を売って下さい』といったメールもありました。次から次へとメールが来るので読むので精一杯で、その日は返信できませんでした。でも、私の体を欲しがっている人がこんなにいるのかと思うと、興奮してなかなか寝付けませんでした。
次の日、こんなことは初めてなのですが、私は朝からテンションが高くて、通勤中の電車の中で、一番安心そうな年の近い人を選んで返信しました。するとすぐに返信が来て、ドキドキしながらメールをやり取りしているうちに、1週間後の日曜に会う約束をしていました。会うまでの1週間はドキドキしていて、何を着て行こうとか美容室に行かなきゃとか、そんな事ばかり考えていました。
そして当日。待ってる1週間は期待が膨らんでばかりでしたが、いざ会うとなると不安になり、やっぱりやめておこうかなとか、迷ってしまいました。
(でもやっぱり相手の方に悪いし・・・)
そう思い、勇気を振り絞って待ち合わせ場所へ。最初は少し離れた所から、どんな人が来るのか隠れて見ていました。すると1台の白い車が到着。遠くからなので車内は見えません。どうしようか迷っていると、『駅に着きました』というメールが。私は、『私も着きました。駅のどの辺ですか?』と返信しました。すると『駅のロータリーに白い車で来ています。ナンバーはOOOOです』と。
(間違いない。あの車だ)
ここまで来たのだからと勇気を振り絞り、車に近づいていくと、車から男性が降りてきました。
「◯◯さんですか?」
私は自信なさそうに、「はい・・・」と答えました。すると彼は、「良かった~!じゃ車に乗って下さい」と。
「は、はい。失礼します」
私は車に乗り込みました。彼は決してイケメンではありませんが、不細工でもなく普通な感じでした。不細工でデブな私には勿体無いくらいでした。彼は車内でも優しく会話してくれました。エッチな話もなく、普通の世間話をしているうち、私も少しずつ安心していきました。
でも、着いた先はやっぱりラブホテルでした。最初からそういう話だったので抵抗はしませんでした。初めてのラブホテルだったのでドキドキしながら彼について行き、部屋に入りました。恐怖心はありましたが、男性を知ることへの好奇心と、何より彼が優しかったので安心していました。
しかし部屋に入った途端、優しかった彼が豹変しました。いきなりズボンを脱いで下半身を剥き出しにすると、「しゃぶって」と一言。私は、「えっ?」としか言えず、頭がパニックになっていました。初めて見る男性器が目の前にあり、ついさっき初めて会った人が、「しゃぶって」って言っている。頭がクラクラしました。
「えっ、ちょ、ちょっと・・・。待って下さい」
私がオドオドしていると、「いいからしゃぶれよ!!」と私の顔に性器を押しつけてきました。私はもうパニックになってしまって、言われるがまま彼の性器を口に入れました。シャワーも浴びていない彼の少し臭い性器を。しかし性の知識が全くない私は咥えた後にどうしたら良いかわからず、動かないでいると、「出し入れしろ!」「もっと舌を動かせ!」「歯を当てんなよ!」と命令されました。私は、(これがセックスなんだ)と自分に言い聞かせ、とにかく彼の命令に従いました。口の中で彼の性器がどんどん大きくなることが分かり、(彼は私で感じているんだ・・・)などと勝手に妄想して、何だか変な気分になりました。
しばらく咥えていると、「服を脱げ!」と命令してきました。さすがに抵抗がありました。私はバスト90センチなのにAカップで、ウェストとヒップが同サイズという本当にだらしない体型をしているからです。
私は、「電気を消しても良いですか?」とお願いしました。
すると彼は、「いいから早く脱げよ!不細工がなに照れてんだよ!」と一喝。
その時の私は彼が怖くて、とにかく言うことを聞くことしかできませんでした。服を脱ぐと彼は吐き捨てるように言いました。
「お前、ホントに救いようがないな。終わってるよ、その顔と体型」
私は涙を堪えきれませんでした。彼は泣いている私の乳首を舐め始めました、もう片方の乳首を指で転がしながら。恥ずかしながら、私は泣きながら感じていました。密かに下半身が湿っていくのを感じました。彼は乳首を舐めながら私の陰部に手を移動させました。とても手慣れている様子で、指を動かすたびに体中に痺れが走るくらい感じてしまいました。
「てめー、不細工のくせに何感じてんだよ!グチョグチョじゃねーか!」
私は恥ずかしさと気持ち良さで頭がおかしくなりそうでした。さらに彼は私の陰部に顔を近付けていきました。
(もしかして舐められるのかも・・・。そんなことされたらおかしくなっちゃう)
期待に胸を高鳴らせて覚悟をしていると・・・。
「くっさ~!何食ってんだよ!てめー病気じゃねーの!!」
罵声を浴びせられました。私はもう恥ずかしくて恥ずかしくて、また涙が溢れてきました。そんな私に彼は言いました。
「今の臭いで萎えた。咥えろ」
寝ている私の口に無理やり性器を押し込んできました。そして吐きそうになるくらい喉の奥まで突っ込まれ、出し入れされました。さらに彼は、「お前の顔を見てると萎えるから」と言って、私の顔に布団をかけてきました。私は今日のことを本当に後悔しながら、布団の中で泣いていました。
しかし次の瞬間、下腹部に猛烈な痛みが走りました。私は、「痛-い!!!」と叫び、顔から布団をどかすと、彼が正常位の体勢でパンパン腰を振っていました。
「痛い!痛い!お願いやめて!!」
私は叫びました。本当に気が狂いそうな痛みでした。彼は、「うるせー!顔見せんな!!」と怒鳴りつけました。よっぽど私の顔が嫌だったのか、うつ伏せにさせ、今度は後ろから挿入しました。後ろからの方が痛みが少なく、少し気持ちいいような気がしました。私はこの体勢のまま、彼が終わってくれるのをひたすら待ちました。
しばらくすると…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【乱交】プール付きのラブホで乱痴気王様ゲーム
2015/11/22 12:00
2015/11/22 12:00
昔、俺が20歳ぐらいの時に王様ゲームしました。相手はバイト先の人で、奈緒さん(23歳)、美里さん(23歳)、藍子(19歳)、秀人(20歳)の、俺を含めて5人でした。 俺は17歳の時に奈緒さんと付き合ってはないけど、体の関係が5回ぐらいありました。しかも美里さんとも2回ぐらいエッチした事があります。秀人も奈緒さんと美里さんにお世話になった事があります。 その日、俺達5人は朝から海に行く予定でしたが、台風が近づいてるみたいで雨は降ってないけど曇り空でした。でもとりあえず海に行ってみる事になり、奈緒さんの車で行ってみました。海に着く頃には風も強くなり雨も少し降ってきて、さすが…
レイパーと後日談 (泥酔状態での体験談)
2015/12/28 12:00
2015/12/28 12:00
92 :えっちな18禁さん:2008/01/27(日) 17:50:50 ID:yhk6OMmI0 先日の忘年会での出来事。 女上司(Mさん)はメチャクチャ酒が好きだ。 忘年会が終わり、方向が一緒という事で俺はそのMさんと同じタクシーに乗る事になった 俺が先に降りるのだが 「T君(俺)の家の近くで飲めない?」 何でも会長がいてあまり飲めなかったらしいのだ 上司と部下という気持しかなかったのでOKして家の近くで飲む事にした 酒のあまり強くない俺をよそにMさんは浴びる様に飲んでいた。2時間近く飲んで店を出ようとするがMさんが泥酔して…
妹がお金を借りに来て
2017/01/14 03:05
2017/01/14 03:05
半年前の事で5つ下の中2の妹が部屋に来た 「おぉ何か用か?」 「あのね お金貸して欲しいの」 「いくらだよ」 「1000円ぐらい」 「はぁ~何に使うんだよ」 「ひ・み・つ」 「それじゃあ貸せないな」 「ねぇお願い」と俺にしがみついてきた 「母さんに頼めよ」 「だってたぶんママは無理だもん」 ごもっともな意見だった 妹はさらに俺の体をゆすり頼んできた 俺は「じゃあフェラしてくれたら良いけどな」 と笑いながら冗談でいた 「フェラってあの」 「おぉそうだよ 嫌なら諦めろ」 「・・・・・・わかった」 「!!!!!!マジ」 「早く出してよ」と催促してきた 「本気か?」 「うん」 俺は最初は躊躇した それ…
レ●プに憧れる俺がスリムで美形の女性を犯して失禁させた話
2016/04/27 14:02
2016/04/27 14:02
俺28歳、彼女いるけど最近Hしていないし、

あまりしたいとも思わなくなった。

むしろいろんなサイト見てレ●プにあこがれるようになった。

あの刺激的な女性の人格を無視してひたすら欲望を満たす行為、

女性の叫び声がさらにかきたてる刺激などなど。

ついに実行しようと決意。

まずナイフ、目ざし帽、手錠、ガムテープ、ロープ、デジカメなど

サイトの情報を基に準備。

駅で獲物狙って一週間、俺好みのスタイル群抜、綺麗な脚、

ふくよかな胸、色白、美形やっと見つけた。

後を気付かれないようにつけた。

駅から徒歩で10数分のところの家の玄関に入った。

なあ〜んだ両親と同居?と言うことで諦め…
同じガソリンスタンドで働いていたギャルで人妻のM
2016/12/17 20:19
2016/12/17 20:19
今から4年前の話。

当時おれはとあるガソリンスタンドの社員として働いていた。

バイトの面接でやってきたMは俗に言うギャルで、胸は小さいが足がとてもキレイだった。

無類のギャル好きで脚フェチのおれにはどストライクだった。

まあ結婚してて子持ちだって聞いてたから、最初は特に意識してなかったんだ。最初は・・・。

主婦だったMは週1,2回の出勤だったからあまり絡みはなかったけど、休憩がかぶった時にはよく話してたりしてた。

おれの夜勤の時にはわざわざ子供を親に預けて差し入れなんかも持って来てくれた。

そーゆー事されるとこっちも意識してしまうもんで。 ある出勤が被った日、…
ビザ配達した先のお姉さん2人とエッチできた
2015/12/22 22:00
2015/12/22 22:00
クリスマスイブの夜の出来事。 漏れは一ヶ月ほど前に彼女と別れたので、寂しさを紛らわせるためにその日はバイトを入れた。 ちなみにバイトはピザの配達。 当日は予想通りに超忙しい。 そんで予想以上にサムイ! しかも配達さきはほとんどパーチーしてるカポーのアパートだったので、心もサムイサムイ。 バイト初めて3時間ほどたった。 「○○君、配達お願いー」 やれやれまたか、と思いながら出発。 場所はピザ屋からバイクで5,6分ほどにあるアパート。 (あー、またカポーかなぁ・・)と思いながベルを鳴らす。 「ハーイ」 「○○ピザです、お届けに参りました」 「あははぁぁーー」 なん…
肉食系の叔母に筆下ろししてもらった
2016/12/22 08:00
2016/12/22 08:00
中3の春、土曜日だった。叔父(母の弟)のうちに遊びにいった。 
遠方であり、叔父の家にはめったに行けない。叔父は、おれを幼い頃からかわいがってくれた。それに、美人と評判の、まだ20代の叔母にも会いたかった。その日は叔父と、昔みたいにキャッチボールやサッカーで遊んだ。叔父もスポーツが好きだ。
汗を流し、風呂にはいり、ご馳走を食べて、テレビをみて、寝た。


おれの右に叔父が寝て、その右に叔母が寝て、川の字に寝た。同じ部屋だ。叔母も同じ部屋で寝るときいたとき、びっくりした。

若い叔母は、隣の部屋で薄いオレンジのネグリジェに着替えて、はいってきた。
叔母のネグリジ…
遠い昔の団地妻達
2017/12/30 18:46
2017/12/30 18:46
はるか昔の話ですが、学生時代に酒屋で御用聞きのアルバイトをしていたとき のことです。午前中に注文を取りにお得意先である市営団地を回ります。私の 勤め先は小さな酒屋で、エレベーターの無い団地の4階5階が主な客先です。 団地は若い所帯が上層階に多く、奥様方は大半が30歳前後。春先からはじめ たアルバイトにも慣れてきた夏休みのことです。団地の5階のとあるお宅を訪 ねて「まいどぉ、○○酒店で~す!」とチャイムを鳴らすと、奥から「ハー イ、ちょっとまってぇ」と奥さんの声、いつものことながら掃除か洗濯の最中 だと思いドアの前で待っていると30秒ほどしてドアが開きました。その瞬 間、赤面してしまうような…
新人教育担当はアリアナ・グランデ似?4歳年上のエキゾチックなお姉さん
2015/11/29 00:07
2015/11/29 00:07
今思えば歌手のアリアナ・グランデを黒髪にしたら雰囲気似てそうな彼女だった。 名前は有里にしておこう。当時27歳。 俺は仮に誠としておこう。当時新卒の23歳になったばかり。入社時の新人教育担当だった有里は、バリバリに仕事ができて、社内の男が声を掛けても絶対振られると言われていた。 俺達新入社員は、そんな有里先輩に叱咤激励されながら仕事を覚えた。 さて、そんなお盆休み、たまたま街でショッピング中の有里先輩を見かけたので声をかけた。 お盆休みは帰省している仲間も多く、俺のように残っている人間は地元がここか、あるいは帰らない人間だったから。 どうやら有里先輩も帰らない組で、いろいろ事情があって田…
【浮気・不倫】泊まりに来た妻の先輩と二人きりになって襲ってしまった【体験談】
2016/06/28 17:47
2016/06/28 17:47
ひょんなことから二人きりになった事がきっかけだった。 それから今も、お互い周囲を気にしながらこの関係は続いてる。 そのきっかけになった事を今回話したいと思う。ある日、妻の先輩である真子さんが、我が家に泊まりに来た。真子さんはそれはもう美人で、ちょっとグラマーな感じだけど、 服がはちきれんばかりの巨乳を持っている(笑)妻が居るにも関わらず、真子さんの美貌に俺は一目惚れしてしまった。情けない話、真子さんと送る結婚生活とかセックスはどういうものなのかとか、 エロい妄想ばかりが俺の頭の中を駆け巡っていた(苦笑)最初は妻も一緒に真子さんと絡んでいたんだけど、 妊娠中の妻のお姉さんがもうすぐ産まれそうだと…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・結婚相手に妻を選んだ理由

・奥さんも覚悟したのか、欲しくなったのか・・・

・【レイプ】甲子園の常連校だった野球部の横暴

・今日メル友と会ってきた報告するよ

・浴室での排泄行為

・【乱交】変態カップルさんのプレイに混ぜてもらって初体験

・【熟女体験談】理容師の爆乳おばちゃんに勃起したらおっぱいプレスに手コキの痴女責めをされた

・俺とビッチとの思い出

・男は欲情を理性で抑えているんですよ

・あなたのこと『だけ』訂正するようにしてあげるから

・【人妻体験談】隣の引きこもり少年に好意を持たれて玄関でレイプされた専業主婦

・想い出迷子~元彼に抱かれるとき~

・【男×男】ホームステイ先のカッコイイお兄さんに犯されたボク

・妹が徐々に変わっていった話

・嫁の美人ママ友が家に遊びに来てくれました

・旦那のとは違って黒々してる・・・

・30代女性は狙い目なのか?

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[後編]

・社長と偽って愛人募集

・アパート住まいが楽しいのは隣の奥さん

・女を忘れ女を捨てていました

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[中編]

・【人妻体験談】ストレッチをして汗臭い義母と近親相姦

・【熟女体験談】独身女子会の罰ゲームで全裸浴衣で部長達にお酌するはめになり輪姦レイプされた

・戻る事が出来ない犯され続けた体

・3P初体験…

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[前編]

・弟「なんか変なおしっこでちゃったぁ.......」

・【Hな体験】膝に跨がってキスをせがんでくるエッチな彼女

・何という大きさだ・・私の物とは比べ物にならなかつた・・・