寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

23才年下の男の子が37才にもなる中年の主婦の裸をみて・・・

2018/10/28 06:01


ホテルに連れ込んだ14才の少年の姿を里子は見つめていた。
(可愛いわね…)
華奢な体つき、細い手足、そして一見少女と見まごうほどの中性的な顔立ちと白く若い肌。いますぐ抱きしめてしまいたくなるほどだ。里子はうっとりとした表情で少年を凝視していた。少年のほうは前屈みのままうつ向き、顔を真っ赤にして固まったままだ。
前屈みといういう事は早くも勃起しているということなのだろう。
(こんなおばさんの体でも、こ、興奮しちゃうの?)
里子は戸惑いと恥じらい、そしてほんのわずかだが女としての悦びを感じていた。14才の少年が37才の人妻の自分に欲情しているのを感じると、女としてのプライドを充分刺激された。
里子にとって目の前の少年が性的なものにいかにも不慣れな立ち振舞いは充分に微笑ましく、里子が笑みを浮かべさせるに充分であった。
少年はいまだに固まったままうつむいている。今は少年を落ち着かせ、そしてコミュニケーションをとることが先決であった。里子は少し考え、話し始めた。
「タクミ君、サッカーとか、野球とか、興味ある…?」

里子は世間話をはじめた。とりあえず、この世代の少年なら乗ってくる可能性が高いと思われるスポーツの話題からはじめた。
目の前の少年はスポーツに興味があるらしく、里子の振った話題に少しずつ乗ってきた。中でもサッカーと野球の日本代表の話題ではある程度盛り上がることが出来た。やがて話はお互いの趣味や私生活にまで及び、二人の間にあった何かが取り払われていった。
そして少年の顔が徐々に明るくなっていき里子のほうを見るようになってきた事に里子はホッとした。

里子は少年がようやく和んできたのを見てホッとした。
さらに会話を続けているうちに、少年の緊張が少し和らいだのか、視線が里子の顔だけではなく、豊満な胸の膨らみや量感あふれる太ももへと移動するようになったが、里子は気がついていない振りをした。
里子は自分の体を少年の視線がチラチラと這うのに任せていた。
(ふふ、可愛いわね)
里子は少年と会話しながら心の中で笑顔を浮かべた。少年は自分がどこを見ていたか悟られぬよう、視線を泳がせ誤魔化していた。愛らしいことこの上なかった。
里子は、いかに幼い少年であっても性的興味のこもった視線で見つめられては羞恥をおぼえてしまう。
(も、もしかしてこの子…)
独身時代、高校時代に初体験を終えて以降、様々な男たちと交わってきた。
結婚してからも仕事ばかりで家庭を省みず、かまってくれない夫に不満を募らせ、ついには知り合いから教えてもらった出会い系サイトで知り合った数人の男性と割り切った関係を続けてきた。
そんな里子にとって今の少年の様子、とりわけ里子の体にせわしなく視線を送る様は全く女慣れしていない男の、女体に対する異常な興味を示しているようで今まで会ってきた性の経験がある男達とは明らかに違う。
もちろん思春期を迎えたばかりの少年特有の興味というのもあるのだろう。
里子ある事を考え、思いきって少年にたずねてみた。「タクミくん」
「はい…」
少年はハッとして里子を見つめた。

「タクミ君は…その…」

なかなか言葉に出来ない。しかし里子は勇気を振り絞って聞いた。
「セ、セックスしたこと…あるの?」
恥かしげに小さく首を振った。
(やっぱり…)
里子は無垢な未経験の少年であるということをはっきりと認識し、間髪入れず里子は質問を浴びせる。
「そ、そう…じゃあ、女の子と、キスをしたことは?」
少年はまた、小さく首を振った。おそらく自分の未熟さが恥かしいのであろう。
(こんな…可愛らしい子なのに、キスもまだなの?)
里子はそういう少年相手に性の相手をしなくてはならないのだと思うと体が震えた。大人の女の余裕など消えかかっていた。
「…好きな子とかはいないの?」
少し考え、少年は首を振った。
「そ、そう…」
「いいの?はじめてがこんなおばさんで嫌じゃない?」
そう言うと、少年が必死な形相で口を開いた。
「そ、そんな事、ないです!会った時すごいきれいな人だなって、思いました…会ってよかったなって…だから…」
「だから?なぁに?」
「あの…その…」
少年は言葉に詰まってまたうつむいてしまった。顔を赤らめている。
「大丈夫よ、思ってる事ちゃんと言ってみて」
「……だから、僕…里子さんとしたいんです。」
少年は素直な気持ちを告白した。はっきりとした口調だった。
ストレートな物言いに里子はドキリとしたが少年の真摯な想いを感じ、里子の心臓は高鳴った。
「ありがとう、嬉しいわ…すごく」
「ほんと?」
そう言うと少年は顔を上げた。
「本当よ…タクミ君みたいな子に、気に入ってもらえるなんておばさんも、まだまだ捨てたものじゃないわね」
半ば本心であった。
少年の想いに、応えてあげたい。里子はそう思った。こをな愛らしい少年が自分を選んでくれたということが、里子の中にほんのわずかだが積極的な気持ちが芽生えさせていた。
(教えてあげたい…)
少し気が楽になった。里子は覚悟を決めた。
「タクミ君…」
少年の目を見据えながら言った。
「は、はい」
少年がどきまぎしながら返事をした。
「いっしょに…シャワーを浴びましょう」
そういわれた途端、少年の体が、ビクンと震え、しばらくしてから少年は軽くうなずいた。

二人で脱衣所までくると、里子は少年の目の前で衣服を脱いだ。こんもりと盛り上がった茂みや乳房を隠す気はなかった。里子は自分を褒めてくれた少年に応えるため、あえて少年に自らの大きな乳房を晒したのだ。
しかしいくら覚悟を決めたといっても、はるかに年下の少年に抱かれるという禁忌はなかなか拭えない。
(いまさら何をためらってるの?)
里子は自分を鼓舞した。
少年のほうを見ると、少年はトランクス一枚になって前屈みになって真っ赤な顔を脱衣所の床に向けていた。
なぜ前屈みかは、里子にはわかっていた。
そして照れがあるのか、なかなか里子のほうを直視しようとしなかった。
ただし、やはり年頃の少年らしい好奇心には負けてしまうのか、ちらりちらりと視線を上げて、里子の乳房を盗み見ていた。
そして、乳房が視線に入るとまたうつむいてしまうのだ。
その行動が、里子にばれていないと思っているらしい。そんな少年の行動を見て、里子は少し緊張がほぐれるのを感じた。
(初めてだもんね、仕方ないわいよね)
里子はクスッと笑うと、手を伸ばして少年が身につけているトランクスに手をかけた。リードしなくてはと思った。
「ぬ、脱がしてあげる…」
その瞬間、少年がビクッと震えて里子のほうを見る。そして今度はまともに里子の大きな乳房を目にし、今度はゆでダコのように顔を紅潮させる。少年の体がいっそう前屈みになった。
しかし、もう少年は視線をそらそうとはしなかった。いや、視線をそらせないのだ。里子の乳房にはそれだけの魅力があった。
乳房だけではない、里子は自分の魅力に今ひとつ気がついていないがその豊満な肉体は、二回り近く年の違う、少年ですら虜にしてしまうほどの魅了と迫力があった。
90センチをゆうに超える乳房は年齢相応にやや重力に負けてはいるが、自らの存在を誇示せんとばかりに重たげな乳肉をたわわに実らせ前方に突き出ていた。
89センチの豊満な尻は弛みなく大きく張りつめ、乳房に負けず存在感を示していた。染みもないその真っ白な背中とあいまって少年を誘っているようである。
童貞の少年ですら気づかない雄としての本能を刺激されるほどであった。ほどよく脂肪ののった腰まわりから肉感的な太腿も、男をそそらせるには充分すぎるほどであり、熟れた女の色気を醸し出していた。

そのセクシーさは溜息が出るほどで、少年の童貞喪失相手としては過ぎるほどの女体であった。
里子がトランクスを脱がそうとすると少年は抗った。無理もない、勃起は露骨な欲望のあらわれである。初対面の女性に勃起したぺニスを見られるのが恥ずかしいのだろう。
その事がわかる里子は自分より背が低い少年に対し、少し前屈みになって少年の耳にそっと口を近づけた。
少年は、里子の美貌が自分の顔のすぐ近くにきたことと、里子の豊かな乳房が自らの胸に触れんばかりのところまできたことにドキリとして体を硬直させた。
里子は少年にそっと耳打ちした。
「大丈夫…恥ずかしがることないわ…お、男の子は、みんなそうなのよ…」
経験豊富な大人の女らしく訳知り顔で言う。童貞の少年をどうリードすればいいか一瞬悩んだが自分が恥ずかしがっていては話にならないとばかりに振舞うのであった。
しかし少年は、まだ躊躇していた。
里子は、そんな少年の欲望を愛しく思った。彼の戸惑いや苦悩は新鮮で、思わず抱きしめたくなるほどであった。
里子の顔はうつむいている少年の正面に移動した。
「心配しないで…大丈夫よ…男の人が、興奮してお、おちんちんが、硬くなっちゃうのは…正常な事なの。」
少年が顔をあげる。
「私の裸を見て、こ、興奮してくれたって事だし…嬉しいわ」
少年が顔をあげ里子を見つめてきた。熱いまなざしだった。
「ほ、ほんとよ。だから…ね」
ようやく少年は体の力を抜いた。それを見計らい、里子は少年の体からトランクスをぬがせた。

それを見計らい里子は少年の体からトランクスをぬがせると、勃起したぺニスがおどりだすようにして現れた。
「あぁっ」
少女のような声をあげ、少年はすぐにいきり立っている股間のモノを手で覆い隠してしまった。
とたんに里子は少年の裸身に釘付けになってしまった。それほど少年の体は美しかった。
まだ男になりきっていない華奢な細い体、白い若々しい肌。里子は、無意識のうちに自分の中年の…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
飲み会で迎えに来た後輩の嫁に我慢できなくて…【人妻体験談】
2017/12/31 12:10
2017/12/31 12:10
会社の仲間と居酒屋へ行った時のこと。みんな仲良くて、色々なバカな話や仕事のこと、どんどん盛り上がり、みんな酔っ払ってました。
そのなかで、20の後輩が、もうフラフラで、あまり呂律が、まわってなかった。

「そろそろ」と後輩が嫁に電話をして、「迎えにきて」と電話をしました。
私は、この嫁が初めてみた時から、気になってしょうがなかったのは本当です。正直、電話をしている時には、あの嫁が来るんだと思うと、ドキドキして酔いが覚めるほどでした。

後輩の携帯に「着いたよ」と連絡が入り、「そろそろ帰ります」と言うと、悪酔いした同僚や先輩達に、「もう一杯いってから」とか、後輩夫婦の出合った時の話をしろなど…
【近親相姦体験告白】 義母との関係
2016/06/26 11:19
2016/06/26 11:19
僕は現在18歳です、義母は36歳ですが歳には見えず若くてスレンダーな色白の美人です、2年前に親父と結婚しました、最初は義母との関係を望んではいませんでしたが、一緒に暮らすように成って、僕はだんだんと女性に興味を持つように成って来ました、そして周りの友達達が彼女とのセックスの体験談を聞いたりアダルトビデオの話を聞いたりして僕もセックスをしたく成ったのです、それからの僕はいつしかアダルトビデオをネットで観るように成りました、そして何故か僕は義母に似た長谷川美紅と言うアダルト女優のファンに成りました、内容はやはり義母とのセックスのストーリーのビデオでした、それからは僕も義母さんとあんな風に仲良く…
30代人妻と初めて会った日に車の中でしたH体験談
2016/09/23 10:27
2016/09/23 10:27
あれは、僕がまだ20歳だったと思います。

高卒で会社に入ってから、

女の子と出会う機会が減ってしまって、

よく出会い系サイトを覗いてたんです。

出会い系だし、援助を募集している子もたくさんいて

戸惑ってたんですけど、サイトを覗いてるうちに、

少しずつ“狙い目”って

こういう子だなってのが判ってきたんです。

それで僕が目をつけたのが・・・。 “30代前半・人妻・ぽっちゃり↑↑”

こんな感じのプロフの子でした。

あ、ちなみに僕は、かなりの年上好きです。

最初メッセ送った時はかなり薄い反応だったんですよ。

たぶん冷やかされてると思ったんでしょうね。

でも…
思いっきりラブホでエッチしたいという人妻と
2016/07/28 09:00
2016/07/28 09:00
半年ほど続いている26歳の奥さんがいるんだが、きっかけは自宅でのセックスが不満という事だった。仲良くなってくうちにエロ話もOKになって、最近のエッチは・・・なんて話してると奥さんが「思いっきりラブホでエッチしたい!」って言って来たんだ。「旦那とは行かないの?」って聞くと、「話したことあるけど『今さらラブホ?』って感じで流された」って。


声が出せないとかはやっぱ夫婦でも恥ずかしいみたいで言えなくて、もんもんとしてたらしい。そりゃ誘うだろ。っていうか誘われてるレベルだろw
 
あれよあれよで会うことになって、写メ交換。美人の奥さんっていう感じ。「がっかりした?」って…
ブロンドの巨乳美女な白人CAさんのプッシーを舐める
2016/07/21 12:20
2016/07/21 12:20
イギリスの某航空会社で
CA(キャビンアテンダント)をしている

20代半ばのブロンド外国人女性と
交際していました

私が半年間イギリス滞在中の恋人でした。


私より12歳も下だったが、
最高の彼女だった。


どっちも独身でした。
今も続いています

いづれはブロンドの白人美女と
結婚したいと思っていますが

付き合うきっかけは、ロンドンに行く時に乗った飛行機の機内でのことでした。
ナンシーと呼ぶことにします。本名は違いますが。
ナンシーは長身。おまけにスレンダーなのに胸はDカップ巨乳と
メリハリのあるボディで、顔はモデル並み。見た感じはツンケンしたプライドの高そうなC…
【痴漢・レイプ】痴漢に2回もイカされて…【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/07/19 21:37
2017/07/19 21:37
高校1年の時の痴漢の体験です。高校から電車通学になってまだ満員電車に慣れてない頃、ふと気付くとお尻に誰かの手が当たってました。(偶然当たっちゃったのかな?)当時の私は背は高めなものの幼児体系で、ブラもしてませんでしたしアソコの毛も全く生えてませんでした下手をすると小学生と間違えられる時もあったくらいなので、痴漢されるなんて全く考えていませんでした。しかし、手はいつまでもお尻から離れません。それどころか手の平でお尻を撫でるように動き始めました(痴漢・・・?)ビックリして固まってしまいました私が抵抗しないせいか、手の動きは段々大胆になり、スカートの中に入り込み、太ももを撫でながら前に回りこんでき…
両親を失い、子供達だけの貧しき異母兄妹家族の愛のある生活【近親相姦】
2015/08/15 00:06
2015/08/15 00:06
妹と俺の二人兄妹だったが、
小4のときに両親が離婚したのだ

そして、俺は父親に引き取らられ
中1のとき親父が再婚した。

親父は30後半で継母が
20前半だったと思う。若い女の人だった。

親父の仕事関係の人で
結婚したときにお腹に異母兄妹の妹がいた。

その後に2年くらいして父と
継母の間に異腹弟ができた。

うちは祖母がいたんだが
頭が悪くて意地が悪い人だったと思う。

俺の母も結局は祖母のせいで
出ていったんだろうなと思う。

高1のときに親父が仕事中の事故で死んだ。

そのとき乳児だった弟は
父の顔もほとんど知らない。

継母には恨みはない
父がいなくなってからよく一年耐えた…
【Hな体験】私のカラダに興味津々の中3の甥っ子を誘惑してみた
2016/06/21 00:00
2016/06/21 00:00
某大学に通っている女子大生です。1年前から中学3年生の親戚のカズの家庭教師をしています。カズは可愛い顔立ちのフィギュアの羽生君に似た美男子で、少し照れ屋です。 最近、カズが私を見る目が男の目に変わっていることに気がつきました。先日も家庭教師の日だったのですが、私がミニスカートで行ってしまったせいかカズに落ち着きがありません。やたらとペンや消しゴムを床に落としては、私の太ももやスカートの中をチラッと覗き込んでいました。 勉強を教えながらカズの股間に目をやると膨らんでいました。私に反応した甥っ子が可愛く感じて少し意地悪をしたくなり、何気なくカズの太ももに手を置いていたり、オ…
【レイプ体験談】彼女を店の社長に犯された…
2016/06/25 20:21
2016/06/25 20:21
俺が20歳を過ぎたころの今でも心苦しい出来事。 後悔しても後悔しても償いきれない傷の話です。 真理と出会ったのは女友達を介して。 最初はただの友達だった。 みんなで一緒にゲーセン行ったり夜の海へでかけたり。 ただただ純粋に楽しかった。 ある夜のこと。 いつものように海まで遊びに行った帰り。 真理は疲れて後部座席で眠ってしまった。 運転しているのは男友達、啓介。 助手席には女友達の栄子。 俺は後部座席で真理の寝顔を見ていた。 ”いつもは元気いっぱいの真理なのに眠ってしまうと可愛いもんだ” そう思いながらも自分の中にわずかに湧いてきている淡い感情にはまだ気づかなかった。-----窮屈そうに後…
ノーパン女子はミニスカ穿いてパイパンオマンコが濡れちゃう
2016/12/19 10:06
2016/12/19 10:06
ツイッターや2ちゃんで調べると
私みたに下着をつけないで
外出する人って意外に多いそうなんですよ

ノーブラノーパンで会社や学校に行ったり。

中には下着は一枚も持っていないとか、見られても恥ずかしくないようにパイパンにしていると言っている人もいます。

アンダーヘアーを見られなくても、アソコを直に見られるほうが恥ずかしいのでは?

でも開放的で気持ちいいらしいので、やってみたくなっちゃいました。



そこで白いブラウスを素肌に直に着て、プリーツスカートの下は何もなしでお出掛けしてみました。

どうせやるなら、とアソコの毛は全部剃ってしまいました。

でも勇気が出なくて、超ミニのス…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・温泉混浴で注意書きを守らなかった罰

・▲初めてできた恋人は、黒髪巨乳で後ろまで調教済みだった3(転載禁止)

・淫獣の餌食たち・・4

・【盗撮・覗き】トラウマとなった恍惚とした母の顔

・主人が「俺以外の男に抱かれたくないか」と言い出した・・・

・【初体験】超美人のクラスメイトと付き合うことになって

・【熟女体験談】熟女デリヘル嬢とセフレに発展し、大半は制服姿でSEXしている

・【人妻体験談】ポッチャリ体系な妻の母に媚薬を飲ませ、SEXにハマらせた

・人肌が恋しくなり出会い系で探した体験談

・【Hな体験】胸の小さな妹の頼み事[後編]

・出会い系の人と偶然会うなんて

・伯母と過ごした永遠の4年間

・小雪みたいな感じの顔のオバサンでしたが・・・

・【人妻体験談】睡眠薬とお酒で泥酔している母を襲って中出し射精

・【熟女体験談】妻との旅行で知り合ったご婦人たちに温泉でフェラ攻めされた

・【Hな体験】胸の小さな妹の頼み事[前編]

・SEXしても飽きない男性にゾッコンです

・映画館でレイプした人妻と

・他部署の上司との生セックスが病みつきに

・【Hな体験】密かに想いを寄せていた文学少女に膝カックン

・【人妻体験談】父が再婚した義母に誘惑されたら、イキながらお漏らしした

・【熟女体験談】親が旅行でいない間、隣に住んでるおばさんにお世話をしてもらい童貞卒業

・【羞恥】キャバの面接で紹介されたヤバい裏風俗

・【近親相姦】田舎の祖母の家でぽっちゃり美人の母を夜這いレイプ

・非処女の妻は美しい

・映画館の女子トイレで

・【熟女体験談】未婚の親戚のおばさんで初エッチ童貞卒業

・【人妻体験談】お尻が大きい幼馴染の母親とのセックスの相性は抜群

・高校教師している彼女の教ええ

・男なら気になる妻は何人の男と寝たのか