寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

23才年下の男の子が37才にもなる中年の主婦の裸をみて・・・

2018/10/28 06:01


ホテルに連れ込んだ14才の少年の姿を里子は見つめていた。
(可愛いわね…)
華奢な体つき、細い手足、そして一見少女と見まごうほどの中性的な顔立ちと白く若い肌。いますぐ抱きしめてしまいたくなるほどだ。里子はうっとりとした表情で少年を凝視していた。少年のほうは前屈みのままうつ向き、顔を真っ赤にして固まったままだ。
前屈みといういう事は早くも勃起しているということなのだろう。
(こんなおばさんの体でも、こ、興奮しちゃうの?)
里子は戸惑いと恥じらい、そしてほんのわずかだが女としての悦びを感じていた。14才の少年が37才の人妻の自分に欲情しているのを感じると、女としてのプライドを充分刺激された。
里子にとって目の前の少年が性的なものにいかにも不慣れな立ち振舞いは充分に微笑ましく、里子が笑みを浮かべさせるに充分であった。
少年はいまだに固まったままうつむいている。今は少年を落ち着かせ、そしてコミュニケーションをとることが先決であった。里子は少し考え、話し始めた。
「タクミ君、サッカーとか、野球とか、興味ある…?」

里子は世間話をはじめた。とりあえず、この世代の少年なら乗ってくる可能性が高いと思われるスポーツの話題からはじめた。
目の前の少年はスポーツに興味があるらしく、里子の振った話題に少しずつ乗ってきた。中でもサッカーと野球の日本代表の話題ではある程度盛り上がることが出来た。やがて話はお互いの趣味や私生活にまで及び、二人の間にあった何かが取り払われていった。
そして少年の顔が徐々に明るくなっていき里子のほうを見るようになってきた事に里子はホッとした。

里子は少年がようやく和んできたのを見てホッとした。
さらに会話を続けているうちに、少年の緊張が少し和らいだのか、視線が里子の顔だけではなく、豊満な胸の膨らみや量感あふれる太ももへと移動するようになったが、里子は気がついていない振りをした。
里子は自分の体を少年の視線がチラチラと這うのに任せていた。
(ふふ、可愛いわね)
里子は少年と会話しながら心の中で笑顔を浮かべた。少年は自分がどこを見ていたか悟られぬよう、視線を泳がせ誤魔化していた。愛らしいことこの上なかった。
里子は、いかに幼い少年であっても性的興味のこもった視線で見つめられては羞恥をおぼえてしまう。
(も、もしかしてこの子…)
独身時代、高校時代に初体験を終えて以降、様々な男たちと交わってきた。
結婚してからも仕事ばかりで家庭を省みず、かまってくれない夫に不満を募らせ、ついには知り合いから教えてもらった出会い系サイトで知り合った数人の男性と割り切った関係を続けてきた。
そんな里子にとって今の少年の様子、とりわけ里子の体にせわしなく視線を送る様は全く女慣れしていない男の、女体に対する異常な興味を示しているようで今まで会ってきた性の経験がある男達とは明らかに違う。
もちろん思春期を迎えたばかりの少年特有の興味というのもあるのだろう。
里子ある事を考え、思いきって少年にたずねてみた。「タクミくん」
「はい…」
少年はハッとして里子を見つめた。

「タクミ君は…その…」

なかなか言葉に出来ない。しかし里子は勇気を振り絞って聞いた。
「セ、セックスしたこと…あるの?」
恥かしげに小さく首を振った。
(やっぱり…)
里子は無垢な未経験の少年であるということをはっきりと認識し、間髪入れず里子は質問を浴びせる。
「そ、そう…じゃあ、女の子と、キスをしたことは?」
少年はまた、小さく首を振った。おそらく自分の未熟さが恥かしいのであろう。
(こんな…可愛らしい子なのに、キスもまだなの?)
里子はそういう少年相手に性の相手をしなくてはならないのだと思うと体が震えた。大人の女の余裕など消えかかっていた。
「…好きな子とかはいないの?」
少し考え、少年は首を振った。
「そ、そう…」
「いいの?はじめてがこんなおばさんで嫌じゃない?」
そう言うと、少年が必死な形相で口を開いた。
「そ、そんな事、ないです!会った時すごいきれいな人だなって、思いました…会ってよかったなって…だから…」
「だから?なぁに?」
「あの…その…」
少年は言葉に詰まってまたうつむいてしまった。顔を赤らめている。
「大丈夫よ、思ってる事ちゃんと言ってみて」
「……だから、僕…里子さんとしたいんです。」
少年は素直な気持ちを告白した。はっきりとした口調だった。
ストレートな物言いに里子はドキリとしたが少年の真摯な想いを感じ、里子の心臓は高鳴った。
「ありがとう、嬉しいわ…すごく」
「ほんと?」
そう言うと少年は顔を上げた。
「本当よ…タクミ君みたいな子に、気に入ってもらえるなんておばさんも、まだまだ捨てたものじゃないわね」
半ば本心であった。
少年の想いに、応えてあげたい。里子はそう思った。こをな愛らしい少年が自分を選んでくれたということが、里子の中にほんのわずかだが積極的な気持ちが芽生えさせていた。
(教えてあげたい…)
少し気が楽になった。里子は覚悟を決めた。
「タクミ君…」
少年の目を見据えながら言った。
「は、はい」
少年がどきまぎしながら返事をした。
「いっしょに…シャワーを浴びましょう」
そういわれた途端、少年の体が、ビクンと震え、しばらくしてから少年は軽くうなずいた。

二人で脱衣所までくると、里子は少年の目の前で衣服を脱いだ。こんもりと盛り上がった茂みや乳房を隠す気はなかった。里子は自分を褒めてくれた少年に応えるため、あえて少年に自らの大きな乳房を晒したのだ。
しかしいくら覚悟を決めたといっても、はるかに年下の少年に抱かれるという禁忌はなかなか拭えない。
(いまさら何をためらってるの?)
里子は自分を鼓舞した。
少年のほうを見ると、少年はトランクス一枚になって前屈みになって真っ赤な顔を脱衣所の床に向けていた。
なぜ前屈みかは、里子にはわかっていた。
そして照れがあるのか、なかなか里子のほうを直視しようとしなかった。
ただし、やはり年頃の少年らしい好奇心には負けてしまうのか、ちらりちらりと視線を上げて、里子の乳房を盗み見ていた。
そして、乳房が視線に入るとまたうつむいてしまうのだ。
その行動が、里子にばれていないと思っているらしい。そんな少年の行動を見て、里子は少し緊張がほぐれるのを感じた。
(初めてだもんね、仕方ないわいよね)
里子はクスッと笑うと、手を伸ばして少年が身につけているトランクスに手をかけた。リードしなくてはと思った。
「ぬ、脱がしてあげる…」
その瞬間、少年がビクッと震えて里子のほうを見る。そして今度はまともに里子の大きな乳房を目にし、今度はゆでダコのように顔を紅潮させる。少年の体がいっそう前屈みになった。
しかし、もう少年は視線をそらそうとはしなかった。いや、視線をそらせないのだ。里子の乳房にはそれだけの魅力があった。
乳房だけではない、里子は自分の魅力に今ひとつ気がついていないがその豊満な肉体は、二回り近く年の違う、少年ですら虜にしてしまうほどの魅了と迫力があった。
90センチをゆうに超える乳房は年齢相応にやや重力に負けてはいるが、自らの存在を誇示せんとばかりに重たげな乳肉をたわわに実らせ前方に突き出ていた。
89センチの豊満な尻は弛みなく大きく張りつめ、乳房に負けず存在感を示していた。染みもないその真っ白な背中とあいまって少年を誘っているようである。
童貞の少年ですら気づかない雄としての本能を刺激されるほどであった。ほどよく脂肪ののった腰まわりから肉感的な太腿も、男をそそらせるには充分すぎるほどであり、熟れた女の色気を醸し出していた。

そのセクシーさは溜息が出るほどで、少年の童貞喪失相手としては過ぎるほどの女体であった。
里子がトランクスを脱がそうとすると少年は抗った。無理もない、勃起は露骨な欲望のあらわれである。初対面の女性に勃起したぺニスを見られるのが恥ずかしいのだろう。
その事がわかる里子は自分より背が低い少年に対し、少し前屈みになって少年の耳にそっと口を近づけた。
少年は、里子の美貌が自分の顔のすぐ近くにきたことと、里子の豊かな乳房が自らの胸に触れんばかりのところまできたことにドキリとして体を硬直させた。
里子は少年にそっと耳打ちした。
「大丈夫…恥ずかしがることないわ…お、男の子は、みんなそうなのよ…」
経験豊富な大人の女らしく訳知り顔で言う。童貞の少年をどうリードすればいいか一瞬悩んだが自分が恥ずかしがっていては話にならないとばかりに振舞うのであった。
しかし少年は、まだ躊躇していた。
里子は、そんな少年の欲望を愛しく思った。彼の戸惑いや苦悩は新鮮で、思わず抱きしめたくなるほどであった。
里子の顔はうつむいている少年の正面に移動した。
「心配しないで…大丈夫よ…男の人が、興奮してお、おちんちんが、硬くなっちゃうのは…正常な事なの。」
少年が顔をあげる。
「私の裸を見て、こ、興奮してくれたって事だし…嬉しいわ」
少年が顔をあげ里子を見つめてきた。熱いまなざしだった。
「ほ、ほんとよ。だから…ね」
ようやく少年は体の力を抜いた。それを見計らい、里子は少年の体からトランクスをぬがせた。

それを見計らい里子は少年の体からトランクスをぬがせると、勃起したぺニスがおどりだすようにして現れた。
「あぁっ」
少女のような声をあげ、少年はすぐにいきり立っている股間のモノを手で覆い隠してしまった。
とたんに里子は少年の裸身に釘付けになってしまった。それほど少年の体は美しかった。
まだ男になりきっていない華奢な細い体、白い若々しい肌。里子は、無意識のうちに自分の中年の…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
コスプレ少女由佳 3/3
2018/08/22 18:45
2018/08/22 18:45
「さて」とWが立ち上がりました。 そして床に散らばったSM道具の一つを手にとりました。 特徴のあるシリンダの形。 浣腸器でした。 由佳の顔がさーっと引いていきました。 「やだよ、、、やだ、、、やだっ!! 絶対やっ!!!」 「ほんとに舌噛む! 絶対いやっ!!」 由佳が暴れだしました。 Wは由佳の腰をつかむと、ほれっと言って由佳を転がしました。 由佳はうつぶせになりました。 お尻の穴がこっちを向きました。 由佳は、なんとか体をはいずりまわして、逃げようとしました。 そんな由佳をWは「つーかまえたっ!」と言って、由佳の腰をつかみました。 「やだーっ!! いやー!! いーーーやーーーー!!!!!…
男性恐怖症の女と結婚することになった 【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/29 05:47
2017/08/29 05:47
スペック 俺:最低でもフツメンだと信じてる 現在23歳 裕美:まぁまぁカワイイ髪はセミロング男性恐怖症現在23歳 裕美と出会ったのは中2の時だった 当時の俺は保育園から一緒の幼馴染ことが好きだった その日、幼馴染を学校の廊下で見かけて話かけた その時に一緒いたのが裕美だった 幼馴染に話しかけようとしたら裕美に「イヤッ」といわれた 初対面の女の子にいきなり拒絶されるのは14歳の俺にはダメージがデカかった 突然のことに困惑してたら、幼馴染から裕美が男が苦手ってことを教えられた。 その場は裕美がいたこともあって、そのままほとんど会話もなく別れた。 …
【人妻体験談】夫が単身赴任中から義父といけない関係になってしまいました
2015/12/28 01:47
2015/12/28 01:47
私が義父と関係するようになったのは1月の終わりからです。 状況からは必然的な流れなのかなと思いました。 私は32歳、夫は30歳です。2人暮らしで2人の両親とは別に暮らしています。義父は55歳です。 夫と義父は身長は高くはないですがガッシリした格闘家のような体格をしていてよく似ています。 義父はまだ55歳なのでとても精力的な雰囲気で、実際女癖も悪く義母も気付いてても半ば諦めている、と 夫から聞いたことがあります。揉めたこともないし、お金が流れるとかがなく、上手にやっていることもあります。 私と夫は3年前に結婚しましたがまだ子供はいません。 夫はかなりSEXが強く、結婚してからはほとんど毎…
初めて袖を通した制服にかけられたくなかったので口に出してもらった
2017/03/15 20:16
2017/03/15 20:16
578 557[sage] 2009/08/21(金) 10:50:48 ID:rm55dafz0 せっかくなんで、妄想して書いてみます。 小6の三月、家に帰ったら中学の制服が壁にかかってて、 母の字で「制服きましたよ」って書いてあった。 うれしくなってそれを着たくて、ビニールとってタグもとりきらずに着ました。 で、お兄ちゃんにも見せよう!見せてすぐしまおう!って思ったけどヤッパリ甘かった… 元旦那はその姿みて興奮しちゃったみたいで、 ホメまくられて、布団に座らされて、胸もまれて、キスされて… 私はシワになるからやだっていったんだけど、 「いい思い出じゃないか、初めて袖を通した制服でそのままや…
寝とったわけではないのだが、転勤で地方に赴任したときの人妻とのエッチ体験
2015/09/11 16:02
2015/09/11 16:02
寝とったわけではないのだが、転勤でとある地方に赴任していたときの話です。

俺が住んでいたマンションは転勤族それも夫婦が多いマンションでした。

もちろん、俺は当時独身だったのだが。

ある日、空き部屋だった隣に夫婦が引っ越してきたのだが、

冴えない旦那と目鼻立ちのくっきりした美人系の奥さんが

挨拶に来たのがはじめての出会いです。

その時は、うらやましいとは思いながらも人妻に興味は無かった。

ある日、夕方間近の中心街からマンションに戻る近道でのこと。

結構細い道で対向をかわすのも一苦労するぐらい細い道で、

二台の車がすれ違おうとしたとき、

一台が畦に脱輪。

対向車は素知らぬ顔…
不倫・略奪 No.1・2・3・4
2018/07/15 17:04
2018/07/15 17:04
           1/4                決して美人ではないスタイルがいいわけでもないのに、不倫をしては奥さんから次から次へと略奪をしてしまうスミレという女の人がいる。 本当に男の人が離婚をしてスミレの元に走ってしまう・・・。その時にはスミレは彼を捨ててしまう事も多いのだが。 そんな、スミレが持っている、不倫から略奪を行う秘技を今回伝授してもらいました。 まず、不倫になった場合に期間を設定するとのこと。それは相手にわざわざ言うようなものではなく、自分の中で半年と決めたら、半年以内に決着をつけるというもの。 相手がいくら『離婚するから』といってもその期間内に離婚が成立しなけてば…
【熟女体験談】人生で一番面白いのは女性を調教、洗脳することだと思っている
2016/06/30 18:02
2016/06/30 18:02
2016/06/30 (Thu) 人生において何が一番面白いって
やはり女性を調教するのが面白い

自分の好きなのように調教、洗脳するのが
男の夢であると思う

私は既婚者だが、ネットで知り合った三十路前の
人妻を調教して、自分好みの女にしている

この人妻は智子と言い
いつも私が与えたパンティを穿かせています。


遠距離なので、そういつも智子の身体を
賞味するわけにはいかないのですが


そのかわり、彼女のいる方面への出張時には、
ホテルに呼び出し、夜中まで延々生ハメしてやります。


頭が良く清楚な美人ですが、
旦那とはセックスレスで飢えているのか、
私の前では淫らな雌豚奴隷になり、…
モンハンやってたら、超爆乳人妻のオナニーの喘ぎ声が聞こえてきた話
2015/11/29 12:02
2015/11/29 12:02


高校3年の時、体育祭で振替休日になり、

平日の月曜日に学校が休みで、

ずっと部屋にこもってモンハンをやり続けていた。

共働きの両親も仕事でいないので、

ひたすらゲームに夢中。

没頭するために、

イヤホンをつけてやり続けていたが、

ちょっと疲れて休憩しようとイヤホンを外した。

すると、俺がもたれかかっている壁の後ろから、

なんか声みたいなモノが聞こえてきた

俺の部屋は、

マンションの隣の部屋と隣り合っているので、

お隣さんの声だと思った。
子供も愛嬌があって、

顔が合うと挨拶をしてくるし、

旦那さんも優しそうなイケメンだ。

そして奧さ…
担任の先生と学校でエッチしちゃいました。今ではいい思い出です。
2018/01/21 22:22
2018/01/21 22:22
海が見える夜の建物の影で憧れの先輩と立ちバック
2017/06/03 13:16
2017/06/03 13:16
828 :えっちな18禁さん:2006/11/25(土) 10:29:33 社員旅行でエチーしますた 829 :えっちな21禁:2006/11/25(土) 15:14:38 >>828 KWSK 、よろしく 830 :828♀:2006/11/25(土) 16:26:10 宴会で普通に呑んでたらいきなり憧れの先輩が隣に座ってきた。 すごい嬉しくて一緒に色々喋ってたらいきなりキスされた。 その後どっかの部屋でみんなでねっころがりながら喋ってたんだけど布団の中でキスの嵐。 もうその時点でメロメロになっちゃって、2人で何気なく部屋から抜け出して、 (その…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・浮気をしていた妻が一段と綺麗に・・・

・複数の男性から体を弄ばれたい願望・・・

・【浮気】洗っていないのに咥えてくれる風俗バイトの美人OL

・寒いから

・【洒落怖】同窓会に参加して、ローションプレイ4Pセックスをする人妻

・【熟女体験談】チャットをした熟女と会い、イクことを教え、連続アクメを楽しませ、セフレゲット

・初めて行った銭湯で、いきなり露出プレイをする貞淑な妻

・アイマスクされて大勢に挿入されたのに、こんな快感味わったことがありません

・誰でも良いからSEXしたいアラフォーな人妻

・俺の初体験。

・【レイプ】彼氏を逆恨みした男に処女を奪われて輪姦撮影までも

・【Hな体験】本番強要ぐせがあるというパイパンのオジサン

・父の養分にされた息子

・中○生にパンチラだけでなく

・【レイプ】高2の夏、処女の私は万引きで捕まって・・・。

・落ち着いた大人の女性と出会いたいと思って登録した出会い系

・【熟女体験談】夫がいないときに息子と近親相姦する母親

・男なら興味津々な女医の妖しい行動

・【人妻体験談】義母と一緒にお風呂に入り、湯船の中でお互いに言い訳しながら生挿入SEX

・義父と嫁のセックス 05

・高身長を気にしてた同級生の女子大生と一緒の布団で寝た

・透けた競泳水着

・綺麗な妻には過去がある

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【熟女体験談】毎朝立ち寄るコンビニの小奇麗なおばさんと中出ししてハメた

・【Hな体験】好きだった人妻先生に無理やりキスしたら・・・。

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・「わたしが教えてあげようか」から3Pへ

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[後編]