寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】入院中に後輩の嫁の激カワ看護婦に手コキしてもらった

2018/10/27 12:02


雪山でスキーしている時に調子に乗ってしまい怪我をして救急車で運ばれる事になってしまった
そして、人生初の入院生活がはじまったのだ
入院生活してわかったが大怪我で寝たきり状態だったので物凄く不便でストレスだった
オシッコもウンチもどうすりゃいいんだ?
と勝手がわからない俺にベテランの熟女看護婦さんが小便、大便の仕方を教えてくれた
小便は「尿瓶」、大便は「差込便器」というものを看護婦さんに股の間に入れてもらってその中にするとのこと
そして恥ずかしいことに、その尿瓶の口にチンコを差し込むのだが、怪我してない左手を使おうとしても腰と背中に激痛が走るため、結局看護婦さんにチンコを尿瓶に差し込んでもらわなくてはならないのだ
説明してくれた看護婦さんが出てった後
なんだかおしっこするの恥ずかしいなあと思っていたが、人間不思議なものでそう思うとしたくなってしまうのだ
しばらく躊躇していたが、やっぱどうにも我慢できない
まあ、引き伸ばしてもいつかはオシッコをしなければならない
そんで意を決して(大げさだが)看護婦さんを呼ぶことにした
そしたら、ドアを開けて入ってきたのは説明してくれたベテランの熟女看護婦さんではなかった。
もっと若い看護婦さんだ
しかも、どっかで見たことが
なんと大学時代の後輩の嫁さんじゃないか!
俺「あれ?Tちゃん?」
T「あれ?Kさん?」
どうして後輩の嫁がこんな田舎の病院にいるんだ
Tちゃんは後輩Sの嫁。
卒業後も、俺とSは職場が近かったのでよく会ってて、当時Sの彼女だったTちゃんともよく遊んでいた
そして程なくして、SとTちゃんが結婚
俺も結婚したが、その後も家族ぐるみで度々会っていた
しかし、子供が生まれてしばらくしてSが
「転職したい、田舎で林業がやりたい」
とか言ってこの病院のある田舎の市へ転職&引越しをしたのだった
そして、彼らが引っ越してからは俺はSとTの友人夫婦には一度も会っていなかった
俺「そうか、SとTちゃん、今この辺りに住んでんるんだ・・・。」
T「そうなんです。それで最近、子供預けて私もまた働き出したんです。」
俺「なるほどね。そうだったのか・・・」
T「で、Kさんはここで何やってるんですか?」
俺「何やってるって、ボードで転んじゃってさ。」
T「あーKさんだったんですね。スノーボードで大怪我して運び込まれた人って・・・」
Tちゃんは後輩の嫁だが、姉さん女房で俺より年上。
当時、20台後半か30才ちょうどくらい
しかし、旦那の先輩ということで俺のことはK「さん」と呼び、ちょっと敬語で話してくる
俺は後輩の嫁ということでT「ちゃん」と呼ぶ。
T「ところで、何でした?」
俺「いやいや。おしっこしたくなって・・・。でも、自分でできないんだ。Tちゃんだと恥ずかしいから。他の人呼んでよ」
T「あっ、そうですか。わかりました。すぐ呼んできますね」
するとベテラン看護婦が飛んできた(泣)
まーそれはいいです。
しばらくはそんなこんなで、特に何もなく入院生活を過ごしていたのだが
ある夜、どうしてもおしっこがしたくなり、ナースコールを押した
すると、珍しく夜勤だった後輩の嫁のTちゃんが来た。
俺「あの、おしっこしたいんだけど。誰かいないかな。」
T「あっ、でも今私と婦長しかいなくて」
俺「そうか・・・じゃあいいよ、まだ我慢できそうだから。また、後でいいよ。」
Tちゃんは「我慢できなくなったらまた呼んでください。でもあまりオシッコを我慢してはダメですよ」
って言って戻っていった
がしかし、そうは我慢できない。
もう、他の看護婦さん来たかな。婦長さんはやってくれないのかな。何て考えていたら、入口のドアからTちゃんが顔を出した。
T「大丈夫ですか?あのぉ、婦長に頼んだんですけど。それはアンタの仕事でしょって言われちゃってもしあれなら・・・」
俺「いいよ。まだまだ大丈夫だから・・・」
しかし、言葉とはうらはらに俺はもう限界でオシッコを漏らしそうだった
もらしては困るので、帰ろうとするTちゃんを呼びとめた。
「ごめんTちゃん。やっぱ無理。もう出そう・・・」
すると、Tちゃんは少しニコッとして
「いいですよ。ちょっと待ってくださいね。」
って言った後、どっかに戻って行った
俺はいろいろ考えた。
(人妻熟女のTちゃんにちんこさわられる・・・。いいのかこれは・・・)
(いや、Tちゃんだって看護婦だし普段から仕事でしてるんだ。何も恥ずかしがることはない・・・)
(しかし、コレは大学の仲間内で笑いのネタになってしまうな・・・)
(俺の嫁が仮に看護婦で後輩にちんこ触って小便させたって別になんてことはないか・・・)
しかしいろいろ考えてるうちに、異常事態が発生した。
Tちゃんは結構かわいくてキレイだ。
綾瀬はるかによく似てて、身長はもう少し小さめ。
笑った顔は本当に綾瀬はるかにそっくりの激カワ若妻
後輩の嫁で友達感覚があるとは言え、そんなTちゃんにちんこを触れられると想像したら、俺のジュニアはムクムクと頭を上げ始めたのだ
あーやばいやばい
これだけおしっこがしたい状態で勃起なんてするんだとある意味感心していたが、すぐにTちゃんが戻ってきてしまった。
俺「あーやっぱいいわ。なんかしたくなくなった。」
T「本当ですか?別に遠慮しなくてもいいんですよ。恥ずかしいんですか?」
俺「いやいや、違うんだ。本当にしたくなくなったんだ。長く我慢してたからかな・・・」
そりゃうそもつく。さすがに後輩の嫁に勃起したところを触られるのは恥ずかしい。
ましてや、それを後輩に話されたら、恥ずかしくてしょうがない。俺は勃起していることをひたかくしにして断った。
Tちゃんは「じゃあ、またしたくなったら言ってくださいね」と言い部屋を出て行った。
しかし、しかしだ。(長くてすみません・・・)
何度も悪いが、やっぱり我慢できない。もう、いっそのこともらした方がいいのではないか。いやいや、それこそ恥ずかしいぞ。なんて、考えていたら、Tちゃんがまた部屋に来た。
T「どうですか?まだしたくないですか?」
俺「いや、まあ出そうかと言われれば・・・」
T「とりあえず出しちゃったほうがいいですよ。膀胱炎になったら私も困りますし。Kさん、私は看護婦です。大丈夫ですから・・・」俺「わ、わかったよ。じゃあ頼みます・・・」
俺はジュニアが通常状態に戻ったこともあり、そしてもうこれ以上の我慢は無理と思い承諾した。
俺は怪我してない少し動く方の足の膝を立てた。Tちゃんが股の下に尿瓶を置く。そしていよいよトランクスを開け、Tちゃんが俺のちんぽをつまむ・・・
細い指。
たまらない。
おばさん看護婦と違って触り方もソフトだ
しかし、下腹部に乗ったちんぽはなかなか尿瓶の方には向かなかった
そう、また勃起し始めててしまったのだ。
そして、持ち上げて尿瓶の方に持ってっては、ビタンって下腹部に戻ってしまうのを繰り返していたら。完全に勃起して、カチンコチンになってしまった。もはやおしっこなんて出来ない。
なんという羞恥プレイだろう
「Kさん?」
足のほうから俺の顔を覗き込み、ちょっと笑いながらTちゃんは言った。
「さっきの、こういうことだったんですね・・・」
「はははは・・・」
俺は笑うしかなかった。
Tちゃんの小さな手、細い指でさわられると、ほんとに気持ちいい。うちの嫁の手は大きくゴツイ方だし・・・こりゃしょうがない。
しばらく沈黙の後、Tちゃんはイスに座ってとんでもない事を言った。
「出しますか?」
俺「えっ?出しますって・・・おしっこ・・・じゃないよね・・・」
T「この状態じゃおしっこもできないし、つらいでしょう」
俺「でも出すって・・・」
T「私の手でいいなら。もちろんSには内緒にしときますよ♪」
俺「・・・・じゃあ・・」T「じゃあ、出しますね」
するとTちゃんは体制を変えたそして、おもむろに細く指でぼくのち○ぽをそっと包んだ。やさしく包みこむような触れ方。
それだけで、十分MAX状態になった。。
そして、ゆっくりと上下させたあと、亀頭をなでなでとプロの手コキをしてくれる
細くて綺麗な指で俺のちんこを撫で回してくれる
恥ずかしながら、もう先走り汁全開だ。
そしてTちゃんはかわいい左手を俺の内ももに置き、右手でだんだん、はやくしごき始めた
大量の先走り汁のせいで「ジュっジュッジュっ」と音が鳴る。
恥ずかしくて目をつむる俺
気持ちよすぎる・・・
足の付け根のケガはほぼ治っていたが、腰はまだ痛い。しかし、この気持ちよさに比べたらどうでもいい痛みだ。
「ジュっ!ジュッ!ジュっ!」
手の動きがどんどん早くなる。俺はもう我慢の限界だ。
「どうですか?」とTちゃんが聞く。
「ああー」と俺の言葉は言葉になってない。
Tちゃんは一旦握るところを変えたが、そこはカリがよく刺激されて最高の場所だった。こりゃたまらん。
「ハアハア」
だんだん息が荒くなってくるが自分でもわかる。
すると、Tちゃんは俺がイキそうだと判断したのか、ちんぽを左手に持ち替え、右手で俺の手を握った。
そして、より音をたて、激しくしごきながら
「出そう?」
と俺に聞いた。なぜかこの言葉だけは敬語ではない。
疑問形のやさしい小悪魔的な、とてつもなくかわいらしいその言葉に俺は、明らかに後輩の嫁に女を感じてしまった
俺はTちゃんの右手を強く握る。それに合わせTちゃんも俺の手をギュッと握って、左手はさらにスピードを上げる。さっきまで、ニコッとしていたが、今はTちゃんも真剣な顔だ。
「もうダメだ」
「出る!!」
俺は今までにない最高の発射をした。出る瞬間、Tちゃんは俺の手を離し尿瓶をとろうと…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
修羅場の話
2017/08/17 01:28
2017/08/17 01:28
友達の話だけど、間違いなく修羅場だったので投下します。 彼  当時22歳 大学四年生 彼女 当時20歳 専門学校生(トリマー科?) 出会いは彼のバイト先に、彼女が友達と遊びにきていて、彼に一目惚れ。 そのまま告白され、彼女のかわいさに彼も惚れ、付き合うことに。 彼女は結構いい家柄の娘らしく、住んでるのは某有名なショッピングビルの上の居住階。 親と同居していて、一人娘らしかった。 彼女は芸能人並みにとてもかわいい子で、性格もちょっときつい感じだがMっ気のある彼はどんどん惚れていった。 今までの彼にもそうだったようだが、結構なお嬢様気質で、相手がどこで何していようとお構いなしに電話をしてきて、…
泥酔したフリしてお持ち帰りしてもらっちゃった【エッチ体験談】
2018/03/08 15:10
2018/03/08 15:10
バイト先の可愛い子(♂)、狙ってたんですが4つも年下で仲良くなるのが精一杯。
最近コンパして知り合った女の子のことで相談受けたりしてて、笑顔で相槌を打ちつつも、心の中は嫉妬の嵐。
でもここはおねーさん気取りで必死に隠してた。


ある日、飲み会があって、2人ともほろ酔い気分。
例の女の子の話をもっと聞いてあげるとか口実つけて、さらに2人で飲むことに。

アドバイスをしつつ、私っていい人かもと。
2人になってワインを1ボトル空けてるうちに、私が先に潰れてしまった。

(ク~~、私、何やってんの~)と自分を罵倒しながらも体は言うことを聞かない。

でもそれを逆手にとって、試しに、「もうバイク乗れな…
★女将に酔った人妻を送ってと言われ
2016/06/08 14:50
2016/06/08 14:50
 時々行く居酒屋で 近所の奥さんが酔ってクドく成ってました。顔は見た事有るが話すのは初めてでした。絡み酒の奥さん!居酒屋の女将も手を焼いて ほったらかしにすると、俺に話しかけて来て 意味不明な会話!

 女将が、俺と家が同じ方向だと知ると「悪いけど送ってって!」と言う事で 千鳥足の奥さんを送って帰りました。奥さん家には誰も居なく 家の中まで抱きかかえて入りました!誰も居ない家に酔った奥さん!スケベ野郎の下心がムラムラと湧いて来ました。
 酔った奥さんの服を脱がすと 豊満な裸が!脱がせながらチンポはギンギンに勃起し、着ている物を脱ぎ捨て 奥さんを仰向けにして 速攻ドッキング!酔って譫言を口走…
友人を呼んでコタツで鍋
2017/04/01 00:05
2017/04/01 00:05
友人を呼んでコタツで鍋をつつき弱い酒たらふく飲んでダウン熟睡。 ふと気がついたら横で妻が目を閉じあえいでる、正面の友人が体を横にしてるんで そっとコタツの布団を上げて見たら妻のスカートがたくし上げられて友人の手がパンストとパンティの中に入って 妻の女の部分を触ってた。一瞬カッと来たけどすぐに好奇心が勝って観戦モードに。 あえいでた妻はすぐに友人の側に移動。 向こうで何かもそもそしてるなと思ったら 友人の足がいちどコタツの中から抜け出てまた戻ってきた。 ズボンが下がってたし微妙に動いてるからしてるなとは思ったけど 足しか見えないから良くわからない。 そーっと体を起こして向こうを覗き込むと やっぱ…
フッたら逆レイプされた
2016/02/07 01:05
2016/02/07 01:05
高校2年の時の話。 まぁ自分でも言うのもなんだケド高校の時はかなりモテてて何回も告られたことあったんだケド、ずっと好きな子がいてぜんいフッてた。 そんで2年の時の放課後に同級生のギャル女が告ってきた。でも好きな子がいたから当然フッた(顔はカワイかったけどギャルは好きじゃなかった)。 そんで次の日にそのギャル女に放課後に近くの神社に呼びだされて行ったらギャル女以外に4?5人ぐらいの女がいてしかも全員顔が半ギレで、ちょっとビビったケド 「こんなとこ呼び出してどうしたの?」って聞いたら全員が無言で腕とか掴んできて神社の裏に連れこまれた。オレはびびりながらも怒って「は?何してんの?」って言ったら告って…
露天風呂であったエッチな体験談【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/10 22:16
2017/12/10 22:16
露天風呂であったエッチな体験談 26歳の主婦です。 先日、主人とお友達の夫婦4人でスキーへいきました。 といっても、私はスキーできないので温泉のある旅館">旅館に泊まり、私は温泉を楽しむことにしてました。  3人は朝からスキーへ、私は旅館">旅館の喫茶店でコーヒーを飲んでました。 そこへ一人の30歳くらいのオトコが近づいてきて声を掛けてきました。 なんでも、朝起きるのが遅くて、友達に置いてかれたとか。 話てるうちにすっかり意気投合しちゃって・・・私が温泉を楽しみにしてきたからって一緒に露天風呂入ろうかって・・・そこ、24時間の混浴なんです・・・結局、一緒に露天風呂へ・・・湯船…
巨尻というのをはずして考えられない
2017/08/27 22:10
2017/08/27 22:10
巨尻というのをはずして考えられないのです。
バスト90cmヒップ83cmなら、断然バスト83cmヒップ90cmなのです。

女の子のサイズもヒップ以外は目がいきません。
お目当ての巨尻は3軒先の奥さんでした。もう5年も見ています。年は30代後半にさしかかった所でしょうか。おおきなお尻がコンプレックスなのかパンツしか履きません。

ですが、巨尻好きにとってはかえって巨尻さが手にとるようにわかり逆にたまらない魅力なのです。95以上はある気がします。

奥さんが私の部屋の方に後ろ向きになって家の前を掃き掃除している時に、ドキドキしながらごっそり見ています。いつの日かあの巨尻に突き刺したい。そんなチャ…
骨折で入院!美人な看護婦さんのパンストを脱がせてバックで挿入!最後は口内射精で精飲!!!
2017/02/06 22:02
2017/02/06 22:02
下痢がひどく高熱が出たとき2階の寝室から

1階へ降りようと階段を降り始めた時足を踏み外し、

下まで落ちてしまいました。

一人暮らしだったので、自分で救急車を呼びました。

左足首の骨折・右腕骨折・腰部打撲。

おまけに急性胃腸炎で入院になってしまいました。

6人部屋は満室で個室しか空いていなかったので個室に回されましたが、

古い病院なので料金も3,500円高いだけだったので

保険で全然まかなえました。

寝間着も何もない入院生活が始まりましたが、

あまりに不便なので看護婦さんに頼んで

とりあえず必要なものを買って来てもらいました。

片手・片足が使えないので、

トイレは病室…
指入れで潮吹きしたらおまんこがアツアツ
2017/07/14 06:22
2017/07/14 06:22
数年前の話だが、俺は高卒してから地元を離れ一人暮らしを始めた。最初の頃はちょくちょく実家に帰っていたものの、一人暮らしが慣れ始めると全然と言っていいほど帰らなくなった。

2年ぐらいたった時、母からの電話。父が体を壊したので帰ってきてほしいとのこと。そういえば全然家族に顔合わせてないなと反省し、数日後俺は実家に帰った。

父は入院したのだが、体調の方もよくなっているようで大丈夫だと言うことで安心し、家に帰って母の飯を久々に食う。すると母が、○○(妹)がもうそろそろ帰ってくるけど、私はまた父の所に寄ってから姉の所に様があるので泊まるかもしれないと話された。そう言えば妹の存在を忘れていた…
【熟女体験談】熟女×未亡人という響きにやられてスイッチが入ったエロ体験談
2016/04/10 12:02
2016/04/10 12:02
2016/04/10 (Sun) 自分は会社の寮に住んでいる。


働いてるところは地方で会社の周囲にはまったくといって


遊ぶところが何も無い。


唯一あるのはほんとに寂れた雰囲気で


何で今でも潰れないんだろっていう居酒屋があるぐらい。


そんなド田舎だから寮も会社の近くにあるんだけど、


休みや週末は皆金曜から外に出かけて遊びにいって


寮には誰もいなくなる。

そして日曜の夜に、


これから収監される犯人のような顔で寮に帰ってくる。


しかし、俺だけはいつも寮に残っている。


実は俺は鉄オタで

日本全国の路線を制覇するための金を貯めているからだ。

「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・見知らぬ男たちと妻を共有する異常な劣情

・妹とずっと一緒 (妹の成人式)

・【人妻体験談】超淫乱で痴女な人妻歯科衛生士と診察台の上で寝取り中出しSEX

・【熟女体験談】近親相姦をするようになって30年の母と息子のSEX

・俺の彼女はカウガール?

・彼氏の浮気に彼氏の後輩に報復浮気

・結婚相手に妻を選んだ理由

・【露出】女装ビキニでナイトプールに侵入

・奥さんも覚悟したのか、欲しくなったのか・・・

・【レイプ】甲子園の常連校だった野球部の横暴

・今日メル友と会ってきた報告するよ

・浴室での排泄行為

・【乱交】変態カップルさんのプレイに混ぜてもらって初体験

・お堅い女上司の意外な趣味

・俺とビッチとの思い出

・男は欲情を理性で抑えているんですよ

・【人妻体験談】隣の引きこもり少年に好意を持たれて玄関でレイプされた専業主婦

・想い出迷子~元彼に抱かれるとき~

・【男×男】ホームステイ先のカッコイイお兄さんに犯されたボク

・妹が徐々に変わっていった話

・【人妻体験談】超爆乳でブスな娘の友達のママさんにパイズリしてもらった後、無断中出し

・【熟女体験談】元ソープ嬢の現熟女デリヘル嬢な母との近親相姦SEX

・アパート住まいが楽しいのは隣の奥さん

・女を忘れ女を捨てていました

・小?高にかけて妹への行為

・セフレ人妻達から知った主婦の実態をご紹介

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[中編]

・【熟女体験談】独身女子会の罰ゲームで全裸浴衣で部長達にお酌するはめになり輪姦レイプされた

・俺と幼女だけの世界

・戻る事が出来ない犯され続けた体