寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】入院中に後輩の嫁の激カワ看護婦に手コキしてもらった

2018/10/27 12:02


雪山でスキーしている時に調子に乗ってしまい怪我をして救急車で運ばれる事になってしまった
そして、人生初の入院生活がはじまったのだ
入院生活してわかったが大怪我で寝たきり状態だったので物凄く不便でストレスだった
オシッコもウンチもどうすりゃいいんだ?
と勝手がわからない俺にベテランの熟女看護婦さんが小便、大便の仕方を教えてくれた
小便は「尿瓶」、大便は「差込便器」というものを看護婦さんに股の間に入れてもらってその中にするとのこと
そして恥ずかしいことに、その尿瓶の口にチンコを差し込むのだが、怪我してない左手を使おうとしても腰と背中に激痛が走るため、結局看護婦さんにチンコを尿瓶に差し込んでもらわなくてはならないのだ
説明してくれた看護婦さんが出てった後
なんだかおしっこするの恥ずかしいなあと思っていたが、人間不思議なものでそう思うとしたくなってしまうのだ
しばらく躊躇していたが、やっぱどうにも我慢できない
まあ、引き伸ばしてもいつかはオシッコをしなければならない
そんで意を決して(大げさだが)看護婦さんを呼ぶことにした
そしたら、ドアを開けて入ってきたのは説明してくれたベテランの熟女看護婦さんではなかった。
もっと若い看護婦さんだ
しかも、どっかで見たことが
なんと大学時代の後輩の嫁さんじゃないか!
俺「あれ?Tちゃん?」
T「あれ?Kさん?」
どうして後輩の嫁がこんな田舎の病院にいるんだ
Tちゃんは後輩Sの嫁。
卒業後も、俺とSは職場が近かったのでよく会ってて、当時Sの彼女だったTちゃんともよく遊んでいた
そして程なくして、SとTちゃんが結婚
俺も結婚したが、その後も家族ぐるみで度々会っていた
しかし、子供が生まれてしばらくしてSが
「転職したい、田舎で林業がやりたい」
とか言ってこの病院のある田舎の市へ転職&引越しをしたのだった
そして、彼らが引っ越してからは俺はSとTの友人夫婦には一度も会っていなかった
俺「そうか、SとTちゃん、今この辺りに住んでんるんだ・・・。」
T「そうなんです。それで最近、子供預けて私もまた働き出したんです。」
俺「なるほどね。そうだったのか・・・」
T「で、Kさんはここで何やってるんですか?」
俺「何やってるって、ボードで転んじゃってさ。」
T「あーKさんだったんですね。スノーボードで大怪我して運び込まれた人って・・・」
Tちゃんは後輩の嫁だが、姉さん女房で俺より年上。
当時、20台後半か30才ちょうどくらい
しかし、旦那の先輩ということで俺のことはK「さん」と呼び、ちょっと敬語で話してくる
俺は後輩の嫁ということでT「ちゃん」と呼ぶ。
T「ところで、何でした?」
俺「いやいや。おしっこしたくなって・・・。でも、自分でできないんだ。Tちゃんだと恥ずかしいから。他の人呼んでよ」
T「あっ、そうですか。わかりました。すぐ呼んできますね」
するとベテラン看護婦が飛んできた(泣)
まーそれはいいです。
しばらくはそんなこんなで、特に何もなく入院生活を過ごしていたのだが
ある夜、どうしてもおしっこがしたくなり、ナースコールを押した
すると、珍しく夜勤だった後輩の嫁のTちゃんが来た。
俺「あの、おしっこしたいんだけど。誰かいないかな。」
T「あっ、でも今私と婦長しかいなくて」
俺「そうか・・・じゃあいいよ、まだ我慢できそうだから。また、後でいいよ。」
Tちゃんは「我慢できなくなったらまた呼んでください。でもあまりオシッコを我慢してはダメですよ」
って言って戻っていった
がしかし、そうは我慢できない。
もう、他の看護婦さん来たかな。婦長さんはやってくれないのかな。何て考えていたら、入口のドアからTちゃんが顔を出した。
T「大丈夫ですか?あのぉ、婦長に頼んだんですけど。それはアンタの仕事でしょって言われちゃってもしあれなら・・・」
俺「いいよ。まだまだ大丈夫だから・・・」
しかし、言葉とはうらはらに俺はもう限界でオシッコを漏らしそうだった
もらしては困るので、帰ろうとするTちゃんを呼びとめた。
「ごめんTちゃん。やっぱ無理。もう出そう・・・」
すると、Tちゃんは少しニコッとして
「いいですよ。ちょっと待ってくださいね。」
って言った後、どっかに戻って行った
俺はいろいろ考えた。
(人妻熟女のTちゃんにちんこさわられる・・・。いいのかこれは・・・)
(いや、Tちゃんだって看護婦だし普段から仕事でしてるんだ。何も恥ずかしがることはない・・・)
(しかし、コレは大学の仲間内で笑いのネタになってしまうな・・・)
(俺の嫁が仮に看護婦で後輩にちんこ触って小便させたって別になんてことはないか・・・)
しかしいろいろ考えてるうちに、異常事態が発生した。
Tちゃんは結構かわいくてキレイだ。
綾瀬はるかによく似てて、身長はもう少し小さめ。
笑った顔は本当に綾瀬はるかにそっくりの激カワ若妻
後輩の嫁で友達感覚があるとは言え、そんなTちゃんにちんこを触れられると想像したら、俺のジュニアはムクムクと頭を上げ始めたのだ
あーやばいやばい
これだけおしっこがしたい状態で勃起なんてするんだとある意味感心していたが、すぐにTちゃんが戻ってきてしまった。
俺「あーやっぱいいわ。なんかしたくなくなった。」
T「本当ですか?別に遠慮しなくてもいいんですよ。恥ずかしいんですか?」
俺「いやいや、違うんだ。本当にしたくなくなったんだ。長く我慢してたからかな・・・」
そりゃうそもつく。さすがに後輩の嫁に勃起したところを触られるのは恥ずかしい。
ましてや、それを後輩に話されたら、恥ずかしくてしょうがない。俺は勃起していることをひたかくしにして断った。
Tちゃんは「じゃあ、またしたくなったら言ってくださいね」と言い部屋を出て行った。
しかし、しかしだ。(長くてすみません・・・)
何度も悪いが、やっぱり我慢できない。もう、いっそのこともらした方がいいのではないか。いやいや、それこそ恥ずかしいぞ。なんて、考えていたら、Tちゃんがまた部屋に来た。
T「どうですか?まだしたくないですか?」
俺「いや、まあ出そうかと言われれば・・・」
T「とりあえず出しちゃったほうがいいですよ。膀胱炎になったら私も困りますし。Kさん、私は看護婦です。大丈夫ですから・・・」俺「わ、わかったよ。じゃあ頼みます・・・」
俺はジュニアが通常状態に戻ったこともあり、そしてもうこれ以上の我慢は無理と思い承諾した。
俺は怪我してない少し動く方の足の膝を立てた。Tちゃんが股の下に尿瓶を置く。そしていよいよトランクスを開け、Tちゃんが俺のちんぽをつまむ・・・
細い指。
たまらない。
おばさん看護婦と違って触り方もソフトだ
しかし、下腹部に乗ったちんぽはなかなか尿瓶の方には向かなかった
そう、また勃起し始めててしまったのだ。
そして、持ち上げて尿瓶の方に持ってっては、ビタンって下腹部に戻ってしまうのを繰り返していたら。完全に勃起して、カチンコチンになってしまった。もはやおしっこなんて出来ない。
なんという羞恥プレイだろう
「Kさん?」
足のほうから俺の顔を覗き込み、ちょっと笑いながらTちゃんは言った。
「さっきの、こういうことだったんですね・・・」
「はははは・・・」
俺は笑うしかなかった。
Tちゃんの小さな手、細い指でさわられると、ほんとに気持ちいい。うちの嫁の手は大きくゴツイ方だし・・・こりゃしょうがない。
しばらく沈黙の後、Tちゃんはイスに座ってとんでもない事を言った。
「出しますか?」
俺「えっ?出しますって・・・おしっこ・・・じゃないよね・・・」
T「この状態じゃおしっこもできないし、つらいでしょう」
俺「でも出すって・・・」
T「私の手でいいなら。もちろんSには内緒にしときますよ♪」
俺「・・・・じゃあ・・」T「じゃあ、出しますね」
するとTちゃんは体制を変えたそして、おもむろに細く指でぼくのち○ぽをそっと包んだ。やさしく包みこむような触れ方。
それだけで、十分MAX状態になった。。
そして、ゆっくりと上下させたあと、亀頭をなでなでとプロの手コキをしてくれる
細くて綺麗な指で俺のちんこを撫で回してくれる
恥ずかしながら、もう先走り汁全開だ。
そしてTちゃんはかわいい左手を俺の内ももに置き、右手でだんだん、はやくしごき始めた
大量の先走り汁のせいで「ジュっジュッジュっ」と音が鳴る。
恥ずかしくて目をつむる俺
気持ちよすぎる・・・
足の付け根のケガはほぼ治っていたが、腰はまだ痛い。しかし、この気持ちよさに比べたらどうでもいい痛みだ。
「ジュっ!ジュッ!ジュっ!」
手の動きがどんどん早くなる。俺はもう我慢の限界だ。
「どうですか?」とTちゃんが聞く。
「ああー」と俺の言葉は言葉になってない。
Tちゃんは一旦握るところを変えたが、そこはカリがよく刺激されて最高の場所だった。こりゃたまらん。
「ハアハア」
だんだん息が荒くなってくるが自分でもわかる。
すると、Tちゃんは俺がイキそうだと判断したのか、ちんぽを左手に持ち替え、右手で俺の手を握った。
そして、より音をたて、激しくしごきながら
「出そう?」
と俺に聞いた。なぜかこの言葉だけは敬語ではない。
疑問形のやさしい小悪魔的な、とてつもなくかわいらしいその言葉に俺は、明らかに後輩の嫁に女を感じてしまった
俺はTちゃんの右手を強く握る。それに合わせTちゃんも俺の手をギュッと握って、左手はさらにスピードを上げる。さっきまで、ニコッとしていたが、今はTちゃんも真剣な顔だ。
「もうダメだ」
「出る!!」
俺は今までにない最高の発射をした。出る瞬間、Tちゃんは俺の手を離し尿瓶をとろうと…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
とあるサイトで知り合った処女JK・ミク
2017/04/06 06:19
2017/04/06 06:19
女に飢えていた。 手当たり次第にライン、掲示板で探し回った。 軽そうな女とあるサイトで知り合う。 女子高生、名前はミク。 携帯のメルアドを教えてもらったので送信したが、返事は無かった。 その子のことは諦め、忘れかけていた頃にメールが届いた。 『返事が来ないと思ってたらメルアド間違ってたみたい。いつか一緒に遊ぼうね』的な内容だったと思う。 (ただ返信するだけならメルアドの入力とか必要ねぇじゃん)と心でツッコミつつ、どのように落とすかを考えた。 多くの人が経験しているように、実際会ってみると期待はずれが多い世の中。 回りくどいのは無しにしようと思い、『今日会えない?』とすぐに返信…
H体験談。。彼氏持ちの後輩の美人に中出し
2018/03/24 10:34
2018/03/24 10:34
彼氏持ちの後輩の子とやれた。 キャンギャルのバイトやっててエロい感じのSな女の子。 美人でスタイルも良かったんで誘ったりしてたんだけど、「彼氏いるから無理ですよ」
△結婚を決めた彼女が、出張中に俺の親友と浮気してた
2018/09/20 03:00
2018/09/20 03:00


動画の中の妻は、私の知らない妻だった。私の前では恥ずかしがり屋で清楚な女性だ。そして、2人の子供達の良き母親でもある。どんなに子供達が聞き分けがなくても、怒鳴ったりする事なく優しく言い聞かせるような母親だ。
最近は、ショッピングモールや遊園地なんかで、ヒステリックに子供を怒鳴り散らす母親も多い。そんなクズのような母親達に比べると、本当に恭子は言い母親だと思う。

そんな彼女が、まだ子供といっても良いくらいの弟君のペニスを握っている。その顔は、いつもの見慣れた優しい顔ではなく、妖艶というか、女を金で買うエロ親父みたいに感じる。

「ハイ、とくべつマッサージします」
兄より…
ヤンチャな女子をシカトしたら、男子生徒に挿入されました
2016/08/11 21:00
2016/08/11 21:00
もう何年前になるのかな・・やっと過去の出来事だと思えるようになりました。
当時注3になった私はクラス変えで新しいクラスメートと一緒になり、楽しい学校生活を送っていました。そして二学期になりクラスの班変えがあって香織と同じ班になりました。彼女は学校を仕切っていた不良グループの一人と付き合っていて、教師に向かって反抗したりする手の付けられない生徒でした。


正直言って私も嫌いでしたが、仲の良い振りをしてご機嫌を取っていないと何をされるか分かりません。クラスの女の子全員がそうでした。
香織が「席、隣同士になろーよ」と言ってきましたが、私は受験もあるし香織が隣りだと勉強に…
美人なバイト仲間が出来たばかりに、処女を失いました
2017/01/13 20:00
2017/01/13 20:00
私は典型的喪で友人さえほぼいない小中高時代だった。
運動も勉強もそこそこ、でもそこそこでしかないので目立たない。

身長はあったけどモデル体型ということもなく。
かといってピザでもない。



中学までは天パ全開ニキビ顔だった。
高校は地元から離れたので少し生まれ変わろうとした。
髪はロングでストレートに伸ばして毛先はゆる巻き。
化粧で顔は軽く作ってみた。

おそらく見た目は人に不快感を与えない程度だっただろうけどいかんせん中身が無い。
話かけてきた人とは会話が続かず友情が築けない。
笑顔が作れないので近寄りがたいと言われる。
友達もいない彼氏もいない。
最終的にはホモ漫画しか趣味…
外国人が集まる店(4)
2018/03/17 00:59
2018/03/17 00:59
『ぁぁあっ!…あ!…やん!』 徐々にルカの唇が脚の根本に向かって動いてくるんです。 このままいくと…。 『あんっ!…ルカ…ちょっ…ああ!!…』 見えないルカの動きに、私は翻弄されていきました。 唇をそっと当てたかと思えば、それをス?っと動かして愛撫するんです。 そして、弱い所を見つけると舌で強く舐めてくるの…。 『やんっ!!……ハァ…あっ!あっ!』 少しずつ…アソコに近づいていく…。 ルカはどうするつもり? まさか…まさか…。 『きゃっ?!!!』 ルカの舌が、私の性器をペロンと舐めました。 私は付き合った男性はもちろん、旦那にもクンニされた経験がありませんでした。 だって、アソコを舐められ…
妻の変化(1)
2018/05/20 07:55
2018/05/20 07:55
私もこのサイトで刺激を受けた40歳のサラリーマンです。 妻は37歳になりますけど私とは違って淡白で清楚な女です。 私の友人達からも一応はモテるルックスなのですが、しもネタは禁句といったイメージを持たせる女です。 そんなある晩に妻を抱きながら「お前、俺以外の男に抱かれるのなら誰がいい?」と質問をしてみました。 妻は「バカなこと言わないでよ!」の返答でした。 そこで私は「何か刺激が欲しいから誰でもいいから俺以外の男のことを想像してオナってくれないか?」と続けました。 妻は淡白とはいっても私の前でオナニーした経験は何度かありましたから玩具を手にとっていつものように一人でやり始めました。 そこ…
【姉】姉が勃起チンコを処理してくれるようになって...~後編~【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/11/17 04:38
2017/11/17 04:38
49 名前:6[sage] 投稿日:2012/10/16(火) 06:42:08.70 ID:DYxnZ9X50 [1/7] おはようございます。コメントありがとうございました。 頑張って早起きして、若干ですが続きを書きます。 上に書いた指を入れたのは、6月くらいのことだったでした。 姉は夏に部活を終え、受験勉強の為に夏休みは家でずっと勉強していましたが、僕はまだ部活があるので、日中はずっと陸上部の活動を行っていました。 つまり日中の指を入れる行為は、秋のテスト期間に入るまでお預けとなってしまいました。 僕は女性の性欲がどれほどのものか分かりませんが、いつも僕のを舐めている姉は相当苦し…
元同僚の女の子にお金を貸す代わりに好きなことをしたH体験
2015/12/13 07:00
2015/12/13 07:00
半年前の話で2連休だったので、家で時間ある限りシコリ倒していました。 携帯の動画を見てハァハァ言ってると 急に電話が鳴り 【○川さん】と表示 ※五年前に働いていた飲食店の部下である女子高生の女の子 《なんだ?いきなり?辞めてから一回も電話無かったのに…間違い電話か?》と思いつつも 俺は取り敢えず右手でチンコを握りながら電話に出た。 「もしもし~お久しぶりです。店長お元気ですかぁ、実は私もあの後辞めて今は~以下省略」 【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました 《何が目的だ?俺が好きだったのか?いや金か?》 なんて思いながら 話をうんうん聞いていると出た!…
チャットでやりとりした後に
2017/10/09 16:19
2017/10/09 16:19
時々、とてもいやらしい気持ちになってエッチなチャットでチャットセックスをしたり、電話番号を教えて電話でエッチをしたりしています。 年前の夏、犯され願望が出てきてそういうサイトで相手を探しました。 そこで知り合ったのは、歳の会社員。 相手もムラムラしていたので、チャットからすぐに電話に発展し、電話での印象もなかなか良かったので合うことになりました。 場所は、駅近くの公園。そこで待ち合わせをし、車で人気のない別の場所へ移動することにしました。 待ち合わせ場所で軽く会釈をして、男性の車に乗り込むと「電話の声の通り可愛い子だね。こんな可愛い子がおじさんといやらしいことして くれるの」と言いながら、車を…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・浮気をしていた妻が一段と綺麗に・・・

・複数の男性から体を弄ばれたい願望・・・

・夫の寝取られ願望を叶えていますが

・【浮気】洗っていないのに咥えてくれる風俗バイトの美人OL

・寒いから

・【洒落怖】同窓会に参加して、ローションプレイ4Pセックスをする人妻

・【熟女体験談】チャットをした熟女と会い、イクことを教え、連続アクメを楽しませ、セフレゲット

・初めて行った銭湯で、いきなり露出プレイをする貞淑な妻

・アイマスクされて大勢に挿入されたのに、こんな快感味わったことがありません

・誰でも良いからSEXしたいアラフォーな人妻

・俺の初体験。

・【レイプ】彼氏を逆恨みした男に処女を奪われて輪姦撮影までも

・【Hな体験】本番強要ぐせがあるというパイパンのオジサン

・中○生にパンチラだけでなく

・【レイプ】高2の夏、処女の私は万引きで捕まって・・・。

・【熟女体験談】夫がいないときに息子と近親相姦する母親

・性の知識が全くない巨乳で可愛い天然の同級生にマッサージを頼まれた

・男なら興味津々な女医の妖しい行動

・義父と嫁のセックス 05

・【寝取られ】バイト先のイケメン大学生に孕まされた嫁

・高身長を気にしてた同級生の女子大生と一緒の布団で寝た

・綺麗な妻には過去がある

・日曜日のタダマン中出し

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【熟女体験談】毎朝立ち寄るコンビニの小奇麗なおばさんと中出ししてハメた

・【Hな体験】好きだった人妻先生に無理やりキスしたら・・・。

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・彼が私の中で果てたとき・・・

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[後編]

・※妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活