寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】雨に濡れた母にドキッとして、車内近親相姦レイプをした息子

2018/10/26 22:02


マザコンでもないし一度も母とSEXしたいなんて考えた事もなかったのに母子相姦してしまったんです
逆らえない、あがらえない運命だったのかもしれません
半年ほど前の事です
丁度彼女と別れてSEXする相手もなくて欲求不満が貯まっていた事も理由の一つなんですが
その日僕は仕事で大きなミスをしてしまい苛立っていました。
大雨だったので早めに家に帰り、寛いでいた時に、51歳の母から駅まで迎えにきてと電話がありました
僕は仕方なく五十路母を迎えに行ったのですが、車からは前が見えないくらいの大雨でした。
ロータリーで待っていると母が来ました。
助手席に乗り込んだ母はずぶ濡れでした
雨に濡れた五十路熟母を見た時にドキッとしました
その時の母は白のシャツに黒のスカートだったのですが
濡れていた為にブラがハッキリと透けて見えていました
母はハンカチを出すとスカートの裾を捲り濡れた処を拭いていました。
綺麗で真っ白な生足と太股はとても色っぽくて、その瞬間五十路母に初めてムラムラして勃起してしまったのです。
車を発信させて家路に向かいだすと母が今度はシャツのボタンを二つ程外して胸元辺りを拭き出したのです。
手で良くは見えませんでしたが胸の膨らみ具合は解りました。
スリムな母にしては大きめの胸が僕は完全に欲情してしまい理性を無くしてしまったのです。
そして[トイレ行きたいから]と言って帰り道から少し離れた公園の駐車場に入りました。
大雨でしたので他には車はありませんでした
そして車を停止させました。
トイレに行かない僕に母は
「俊ちゃん…トイレあるわよ」
と公衆トイレを指差しながら言ってきました。
僕は一呼吸おくと助手席の母の上に覆い被さり母をレイプしてしまったんです
同時に助手席の椅子を倒して、突然の行動に母は驚きましたが、僕の手がスカートの中に入ると意味が解ったのか
「ちょっと…俊ちゃん…何するの!」
母抵抗しようとしましたが狭い場所なので身動きが出来ないでいました。
母の太股の感触に更に欲情したのです。
太股から下着へ移ると
「きゃあ!どこ触ってるのよ!」
僕は無言で下着の中に手を入れておまんこに指を入れ手マンしました。
「いやぁ~!やめて!!」
そしてゆっくりと指で愛撫しました
母は悲鳴や大声を出していましたが僕は丹念に愛撫していきました。
左手で母の肩を抱きながら右手はおまんこへ
そして舌で母の首筋を舐めながら数分間続けていると次第に母のおまんこが濡れてきました
母のおまんこが次第に濡れて来てからは母の抵抗も弱まってきました。
指を更に奥へ入れてクリトリスを刺激すると五十路母は体を仰け反らしてきました。
「俊ちゃん…やめて…もう…許して」
私は何も答えずに愛撫を続けていると
「ウウウ…ウウウ…」
と母うめき声を出しながら耐えていました。
そしておまんこへの愛撫を激しく続けていると
「うあっ!…ダメ…そんな」
母の体が一瞬固くなったのです
スリム巨乳な五十路母が手マンでイッたと思いました。
ぐったりしている母を見ておまんこから指を抜くと今度はシャツのボタンを外してブラを上にずらしました。
目の前には形の良い乳房が
僕は乳房を揉みながら乳首を舌で愛撫しました
「うあぁっ…イ・ヤ…やめて」
母の乳房は揉みごたえがあり欲情しました。
この頃から母からの抵抗も無くなってきました。
乳首は硬くなり大きくなってきました。
「母さん…感じてるんだ…]
「馬鹿な事…言わないで…違うわぁ」
そして再び右手をおまんこに移して乳房と両方の愛撫を続けました。
「はぁぁぁ…ダメ…ああっ…イヤ」
次第に母から小さな喘ぎ声が出て来ました。
丹念に続けているとおまんこは大量のマン汁が溢れ潮吹き状態
「はぁぁあぁぁどうして…私は…母親なのよ…」
母の顔は紅くなり感じてる顔でした。
その顔を見たら僕は我慢出来なくなり片手だけで自分のズボンと下着を脱ぐと体制を変えて母の両足を開き挿入してカーセックス、そして母子レイプSEXをしようとしました
「ああっっ!…ダメ…よ…それは…やめて…」
僕は一気に挿入して母レイプ
「いやぁ~…入れないでぇ!」
母のおまんこはとても暖かくて、軽く肉棒を動かすだけで強烈な快感が僕は夢中で腰を振りました。
「ああっっ…ダメ…ああぁぁ…抜いて…」
[母さん…凄く締まっているおまんこだよ!凄いやぁ]
「ああっっやめて…ああっっ」
腰を振りながら母のシャツとブラを脱がすと乳房を揉みながら突きました。
本当に気持ち良い母の肉体でした。
僕は限界になり母のお腹に射精しました。今まで一番気持ち良いセックスでした。
母は泣きながら黙っていました
外を見ると雨はやんでいました。
僕は母のスカートも脱がして全裸にすると自分も全裸になり外へ出ました。
まだ寒かったけど欲情していたので気になりたせんでした。
そして母をボンネットに俯せにすると今度はバックから挿入して母子相姦
バックだと締まり具合がより強く感じました。初めての野外セックスでした。
すると母が「ああっっ…あぁ」
と完全に喘ぎ声を出して息子にレイプされて感じる母
僕は嬉しくなり更に激しく肉棒を突きました。
「ああっっダ…メ…また…あぁいっちゃう…あぁいく…ああああ」
母は二度目の絶頂に達しました。
この絶頂を境に母は変わりました
その後は頭を振り乱しながら感じていました。
「ああ…母さん…何て締まるオおまんこなんだよ…最高だよ!」
「ああっっ…俊…ちゃん母さん…何か…変なの…あぁ…どうしよう」
母は僕のチンコで激しく感じていました。
「母さん…良いんでしょ気持ち良いんでしょ」
「ああっっそう…よ…母さんおかしくなりそう良いっ…気持ち良い~俊…ちゃん…凄いのよ」
母の乱れた様子は今までの抱いた女性の中でも最高に欲情しました。
僕はもっと母とのセックスを楽しみたいと思いました。
そして全裸の母を車に戻すと僕も車に乗り込み走り出しました。
行き先は僕の会社の事務所です。
事務所には仮眠用のベットがあったからです。
車の鍵と一緒に事務所の鍵も付いているのを思い出して向かいました。
10分程で事務所に着いたのですが、この少しの時間が母を正気に戻していました。
「俊…ちゃん…ダメ…よ…こんな事…間違ってるのよ…」
嫌がる母を事務所の中に入れるとベットへと向かいました。
そしてベッドへ押し倒すと母の肉体を再び愛撫しました
「ああっっ…俊ちゃん…ダメよ親子…なのよ…あぁ…ダメ」
しかし少し愛撫していると
「ああっっ…あぁ…あぁ…あぁ」
と喘ぎ声だけになりました。そして正常位で再び挿入しました。[あぁ…本当に母さんのオおまんこ最高に締まるよ…]「あぁああっっまた…変になりそうよ…」
僕は激しく肉棒を突きました。「ああっっ…良いっ…俊ちゃんの凄いあぁ…ああっっ…気が変になりそうよ」
真下の母の喘ぎ顔と声と揺れる乳房に体が一気に熱くなりましたその夜は数時間母とのセックスを堪能しました。
あれから1ヶ月です。今では彼女よりも欲情する母の肉体に夢中になってしまい、毎日父親の目を盗んでは母との近親相姦セックスを楽しんでいます 「人妻エロ体験談」カテゴリの最新記事【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事 人妻エロ体験談


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
アルバイトの女の子に懐かれて。。。
2018/03/31 17:22
2018/03/31 17:22
当時、オレは勤めていた広告関係の会社を独立のため退社。

その後フリーランスとしてその会社に出入りしてました。

あ、三年ほど前のお話ね。


そんな気楽な立場ゆえ、かつての後輩社員たちとやたら飲みに行くようになり、中でもYというアルバイトの子にメチャクチャ懐かれたんですよ。

“慕われる”ではなく、“懐かれる”ですけどね^^;

Yは22歳。

小柄で親しみやすい甘えん坊というか、末っ子的な性格?
(だから懐かれるままにしていたってのもある)
で、見た目は乙葉をちょっとクールというか、アート系にズラした感じ。
もちろん巨乳w

で、秋のある土曜日。

Yから「飲…
従妹のオナニーを目撃した事がきっかけで
2018/09/17 13:48
2018/09/17 13:48
【体験談】家庭教師の教え子の巨根から離れられなくなり、性奴隷になってしまった
2016/04/23 23:30
2016/04/23 23:30

私が大学生の頃に
家庭教師のアルバイトをしていました。



私は真面目な学生で、三年次にはほとんど卒業の
単位も足りていたので
最後の一年はほとんどアルバイトをしていました。



それに就職活動も早めに終わったので、
卒業旅行に海外に行く計画を立てていたので
お金を稼ぐ目的で、
時給の高い家庭教師をしていました。



教え子は二人いて、
二人とも高校二年生の男の子でした。



後々分かったのですが、二人は高校が同じで、
一人の男の子は「健児君」と言って、
かっこイイ感じでは無くて、
がっちりした体に坊…
隣人の母娘と母娘丼、ヤリマン体質は血筋かも?【エロ体験談】
2018/02/17 23:10
2018/02/17 23:10
43歳の妻帯者です。
結婚して12年が経ちます。

昨年の秋に転勤になり、実家から通っています。
週末の土・日は家に帰ります。
家からだと電車で2時間、実家からだと30分なので。

隣の家のA宅は、自分と同級性のゆりと3歳下のまみがいます。
ゆりは結婚して近くに住んでいます。
まみが昨年の年末に離婚して実家に戻って来ました。
子供の頃はよく一緒に遊んでいました。


正月明け、実家から通いはじめの日、帰宅中でまみと改札口でバッタリ会いました。
駅前の居酒屋で軽く飲みました。
その時の話で離婚の理由を聞き、昔話で姉のゆりと自分が付き合っていた頃の話になり、初エッチの事とかを姉から聞いたことを話し…
妹夫婦のハメ撮りビデオを見つけた【SEX話】
2015/10/14 09:34
2015/10/14 09:34

私(34歳独身)はこの前の大型連休に妹夫婦(妹32歳、夫34歳子供2人)が家を建て引越しの手伝いに行った。

寝室を片付けているとなにやら1本のデジタルビデオテープが…勘のいい私はそれがハメ撮りと直感してすぐにポケットにいれた。

やはりそのテープは妹夫婦のハメ撮りビデオだった。

テープは途中になっていて再生すると正上位で激しく突かれている場面だった。

私はテープを巻き戻し始めから観始めた。

妹はピンク色のスリップ姿でベットに寝ていた。

顔を両手で必死に隠していた。

「やだぁ…やめてえ…撮るのはずかしいぃ…消してぇ…」

「いいじゃん。撮らしてよ」

「人に見られたらどうするのぉ…
【妻のSM体験談】子供がいながら鬼畜男の責めに堕ちていく妻(前編)
2016/02/02 23:00
2016/02/02 23:00
私は35歳、32歳になる妻と一人息子の3人で暮らしている平凡なサラリーマンです。 妻は結婚以来ずっと専業主婦でしたが、今年に入ってから不況の関係で私の収入が減った為、子供を保育園に預けて独身時代同様派遣者社員として働き始めました。 この不況のさなか、すぐに働き口が見つかったのは奇跡的でした。 通勤に電車で1時間以上も掛かる会社ではありましたが、高望みはできません。 ありがたく務めさせていただく事にしました。 妻も、初めの内は久し振りの仕事に・・・というか外出する事自体に喜びを感じている様子で、毎日楽しそうに出勤をしていました。 しかし。 ある日を境に、以前の嬉々とした雰囲気は影…
出会い系で知り合ったビッチな女子大生をセフレにできたエロ体験
2015/12/20 18:02
2015/12/20 18:02
共立女子大に通うみきと出会ったのはでだ。

どんなやり取りで始まったのかは覚えていない。

当時何十人とメル友がいた。

その中で都合がつく女の子と会っていた。

みきとは7月頃に初めて会った。

何故かみきは俺の事が好きだと言っていた。

どこがいいのか、

メールしただけの関係で何を言っているのかと思わなくは無かったが、

簡単に喰えるならそれでいいと思って好かれたラッキーとか思っていた。

新宿の駅前で待ち合わせしてご飯を食べに行った。

待ち合わせに現れたみきはとても女子大生とは思えないくらい幼かった。

ファッションは普通の女子大生なんだけど顔がとてもロリ顔だった。

でも明らかに…
【人妻・浮気・不倫】友人の奥さんと
2016/01/07 14:17
2016/01/07 14:17
家族ぐるみで付き合っている友人がいます。 そんな奥さんから「今夜飲まない?」ってメールが入っていつもなら妻も連れて行くのだがその日は実家に帰っていなくて俺だけで向かった。 友達の家に付くと奥さんが迎えてくれた。 「友紀ちゃん(俺の奥さん)は?」 「実家に帰ってるよ」 と言うと 「…そんじぁ今日は私と2人だよ」 と奥さんが照れたように言った。 「広瀬は?(友人)」 「明後日まで出張」 「俺、帰ろうか?」 と言うと 「せっかく来たんだから…」と家の中に進められた。 家に入るとワンパク3人兄弟がいて遊び相手にされた。 9時を過ぎ子供達も寝る時間になって寝かしつけに行くと言って俺にシャワーで…
先月のこと
2017/10/02 08:19
2017/10/02 08:19
私はC2の麻美と言います。 先月、起きた事を告白します。 私は部活で陸上部に所属していて今度の日曜日に試合があるのでいつもより遅くまで1人で練習していました。 私の家まではバスを使って帰るのですが、バスを降りて家までは少し薄暗いて細い道を通ります。 昨日は遅くなったこともあり、いつもより暗い道を急ぎ足で歩いていました。 細い道を歩いていると男の人が前から来てすれ違おうと体を横に向けた瞬間、ビリッと電気が流れる気がして鈍い痛みと共に気絶しました。 次に目を覚ますとベットの上で手足を縛られていました。ビデオカメラが三脚に立っていてジッーと音を出して録画されている ようでした。 大声を出しましたが、…
【人妻体験談】嫁が自宅に高校生(巨根)を連れ込んでいた
2016/01/17 09:56
2016/01/17 09:56
嫁の紀子とは、結婚してもすぐ9年になる。 大学の時に出来ちゃった婚して、けっこう苦労したけど、今では私も会社でそれなりのポジションになってきたし、子供も小学2年になり、幸せそのものの楽しい毎日を送っていた。 年が離れちゃうけど、もう一人子供を作ろうと、嫁と話をしているくらいだ。 嫁の紀子は、私より1歳年下で30歳になったばかりなので、まだまだ若々しい。 背は160cmにちょっと届かないくらいの小柄で、顔も童顔なので、年に1度2度は未成年に間違われたりする。 ただ、全体的にロリっぽい彼女だが、胸だけはやたらと大きい。 太っているわけでもないのに、とにかく胸だけが大きいので、変に目立つ。 …
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】超淫乱で痴女な人妻歯科衛生士と診察台の上で寝取り中出しSEX

・【熟女体験談】近親相姦をするようになって30年の母と息子のSEX

・俺の彼女はカウガール?

・彼氏の浮気に彼氏の後輩に報復浮気

・結婚相手に妻を選んだ理由

・【露出】女装ビキニでナイトプールに侵入

・奥さんも覚悟したのか、欲しくなったのか・・・

・今日メル友と会ってきた報告するよ

・浴室での排泄行為

・【乱交】変態カップルさんのプレイに混ぜてもらって初体験

・身長体重測定

・お堅い女上司の意外な趣味

・【熟女体験談】理容師の爆乳おばちゃんに勃起したらおっぱいプレスに手コキの痴女責めをされた

・俺とビッチとの思い出

・【人妻体験談】隣の引きこもり少年に好意を持たれて玄関でレイプされた専業主婦

・想い出迷子~元彼に抱かれるとき~

・【男×男】ホームステイ先のカッコイイお兄さんに犯されたボク

・妹が徐々に変わっていった話

・嫁の美人ママ友が家に遊びに来てくれました

・【人妻体験談】超爆乳でブスな娘の友達のママさんにパイズリしてもらった後、無断中出し

・【熟女体験談】元ソープ嬢の現熟女デリヘル嬢な母との近親相姦SEX

・社長と偽って愛人募集

・アパート住まいが楽しいのは隣の奥さん

・女を忘れ女を捨てていました

・小?高にかけて妹への行為

・セフレ人妻達から知った主婦の実態をご紹介

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[中編]

・【人妻体験談】ストレッチをして汗臭い義母と近親相姦

・【熟女体験談】独身女子会の罰ゲームで全裸浴衣で部長達にお酌するはめになり輪姦レイプされた

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[前編]