寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【近親相姦】母の膣内に初めて射精した時の話

2018/10/26 22:00


膣の温もりが亀頭を通じて感じられると、にわかに全身が熱くなり、つま先から頭のてっぺんまで電撃的な快感が走り、小刻みな痙攣を数回繰り返しながら私は射精した。母は上体を少し反らせながら、「ああ・・・」と、小さな声をあげた。 ペニスの痙攣が止むと、母は放出された精液をすべて吸い取るかのように膣を締め、ゆっくりと腰を上げて結合を解いた。立ち上がった母の女性器から精液が滴り落ちた。浴室は、青臭い精液の臭いで満たされた。その光景は、インスタントカメラやデジカメ、ましてやビデオカメラなどのお手軽な記憶装置がない時代だったから、いっそう鮮明な記憶となって残っている。
その日、当時はすこぶるマイナーであったサッカー部の練習から自宅に戻ると、母は風呂を使っていた。
「淳君、お帰りなさい。ちょっと背中を流してくれない?」
「えー、なんでー」
私は、やや不機嫌に答えた。
「母さん、働きすぎて、四十肩というのかしら、肩が少し痛くて、うまく後ろに回らないいのよ。だからお願いしているの。嫌なの?」
仕方なく私はパンツ姿になり浴室に入った。母は檜で作られた浴椅子に腰掛け、浴室の鏡に向い、背中を浴室の入り口に向けていた。鏡は浴室の入り口の方を向いていたので、母の肩越しに母の陰部が映っているのが見えた。私が母の背後に立つと、ヘチマにたっぷりとシャボンをつけて渡してよこした。背中を洗い始めると、「強すぎる」とか「もう少し優しく」とか色々と注文をつける。
「いちいちうるさいな」とか言いながらも、それはそれで楽しかった。何しろ、ちらちらと鏡の中の母の陰部を見ながら、母の体に素手で背触れることができたのだから。
「いやらしい目つきで見ないで、真面目に洗いなさいよ」
言葉と裏腹に、私の視線を感じると、これ見よがしに股を開いて見せたりする。
「終わりだよ」
そう言って私は手桶に湯を汲んで、無造作を装いながら背中に残ったシャボンを流した。母は、自分でもう一杯、手桶に湯を汲むと、それを勢いよく背中に掛けた。それは勢い余って私のパンツを容赦なく濡らした。
「だめだめ、濡れてしまったよ」と私が言うと、「あらあら、ごめんなさい」と言いながら母はこちら向きになり、やにわに私のパンツを引き下げた。
母の眼前に、私の男性器が剥き出しになっていた。
「まあ、淳君、こんなに大きく硬くなってる」
母は私の男性器を両手で、包み込むように握りながら、「私に洗わせてね」と言った。
「自分で洗うからいいよ」
「恥ずかしいの?」
「別に恥ずかしくはないよ」
「それなら問題ないわね」
母とは小学校の低学年の頃までは、一緒に風呂を使っていた。高学年になると、ませた悪童が色々と知恵をつけるものだから、母と一緒に風呂を使うことはなくなっていた。当時の我が家の風呂は、『巴風呂』と言って、浴室外の釜小屋に銅製の二段重ねの釜があり、上段の釜で上がり湯を、下段の釜で浴湯を石炭で沸かしていた。釜焚きは私の日課であった。浴室と釜小屋との間には伝言用の小窓があった。母はしばしば、追い炊きを私に命じた。しぶしぶと引き受けていたが、小窓から湯浴みをしている母の姿態を覗き見するという楽しみもあった。私の視線に気がつくと、こちらに母の女性器を向けたりする、お茶目なところが母にはあった。
サッカーで大汗をかいた後だったから、母の申し出は、本音では渡りに船ではあった。頭、上半身、下半身と洗い流すと、私の男性器にシャボンをたっぷりと塗りつけ、陰茎と陰嚢を入念に洗った。特に陰嚢を手のひらに乗せ、2つの睾丸の存在を確かめるように優しく揉み解していた。もちろん陰茎は直立していた。
洗い終えると母は、私を浴槽の縁に腰掛けさせた。母は私に対面して浴椅子に腰掛けた。私の男性器と母の目線の高さは、ちょうど良い具合であった。母は繁々と私の男性器を見つめながら言った。
「しばらく見ないうちにずいぶん立派になったわね。陰毛は完璧ね」
私のペニスは硬直し、ピクンピクンと上下動していた。そして鮮やかな紅桃色をした亀頭が、少しだけ包皮から外に出ていた。鈴口から我慢汁が流れ落ちてきた。
「ここは、もう少しね」
母は包皮の上から亀頭冠の辺りを優しく揉み解した。そして我慢汁を指先に取り、少し出ている亀頭に擦り付けると、包皮を陰茎の根元に向かってゆっくりと引き下げ始めた。母の手の動きに合わせて、微かに、“ピリ、ピリ”という音がしたような気がした。同時に少しの痛みが走ったような気がした。
「痛い?」
「大丈夫だよ」
少し剥いでは、「痛い?」「痛くないよ」を繰り返していると、ピリッと音がして、亀頭が剥き出しになった。
「きれいな色ね、見て御覧なさい」
鮮かな紅桃色をした亀頭が露出していた。
「ありがとう」と思わず私は言ってしまった。
「痛かったでしょう?許してね」
そう言いながら母は立ち上がり、私の両腿を跨いで太ももの上に座った。そして母は私のペニスを、難なく膣に挿入した。
「気持ちよかったでしょう?」
「とても良かったよ、ありがとう。母さんは?」
「少しだけね。でも、とても嬉しかったわ、あなたと性交できたのだから」
「私の夢だったのよ」と、少し間を置いて母が言った。厳格な父がいたから、私たちが秘密の時間を持つ機会は滅多になかった。しかも母は人目があるときには、私にだけ見せる淫乱な側面を窺がわせるような隙を見せることはまったくなかった。
その日以降、たまたま2人きりの時間があると、母は私を仰向けに横たえさせ、ペニスを弄り、亀頭の露出具合を点検するようになった。私のペニスは母が包皮を剥いたので、勃起しているときには桃色の亀頭が半分以上は包皮から出ていたが、勃起が収まると包皮に隠れていた。母は、陰嚢と睾丸を優しく揉み始める。我慢汁が出てくると包皮をそっと剥いて亀頭を露出させ、我慢汁を亀頭全体に塗りつける。そして柔らかい手のひらで包むと、亀頭を集中的に攻める。
「風呂に入った時には、こんな風に意識して亀頭を集中的に鍛えるのよ。そうすれば雁が高くなるわ。男は雁が高いのが一番なのだから」
そのようなことを言いつつ、片方の手で陰嚢を揉みながら、もう一方の手でペニスを握り、極めてゆっくりとしたスラスト運動で裏筋を刺激した。睾丸がペニスの付け根に向かって移動し、陰嚢が縮んでくるとすべての動きを止め、「深呼吸しなさい」と言う。それを何回か繰り返した後に・・・。
「いいわよ、思い切り出しなさい。思い切り出していいのよ」
私は勢いよく射精し、母はそれを嬉しそうに見ていた。そして時間的な余裕があるときには、横になった母の性器に私の口をつけさせ、私に今でいうところのクンニリングの手ほどきをした。夢中になって舌で母の性器を舐め回していると、膣口が開き、白い粘液が染み出してきた。甘酸っぱい香りと味が印象的だった。そして舌の先が軽く陰核に触れると、母は背を仰け反り、体を震わせ、時には声をあげた。月に数回はそのようなことが繰り返されたと記憶している。瞬く間に数年が経過し、集中攻撃のおかげで亀頭は完全に露出し、雁はそれなりに隆起して、自分の目にも逞しくなってきた。
私は大学生になっていた。夏休みのことである。庭の芝生の草むしりをしていると母が、「少し休憩しなさい」と麦茶を持って私の傍らにやって来た。私が芝生に敷いたゴザに横になると、しばらく四方山話をしていた母が半ズボンの裾から手を差し入れて、私のペニスを掴んだ。
「ずいぶん雁が高くなったわね。よく見せて頂戴」
母はバンドを緩め、半ズボンとパンツを剥ぎ取った。私のペニスは青天の元に曝されて脈打っていた。しばらくは私のペニスを眺めていたが、カウパー液が流れ出してくると母は我慢できなくなったのか、起立した私のペニスを口に含んだ。母の舌は器用に動き、確実にツボを捉えている。亀頭にまとわりつき、鈴口をくすぐる。私はたまらず母の口内にドクドクと射精した。
「ザーメンの量もずいぶん増えたのね」
もう草むしりはどうでも良かった。母の浴衣の合わせから手を入れた。最初からそのつもりだったのであろう、腰巻はつけていなかった。指先に触れた、しなやかな陰毛の感触が忘れがたい。
「見せて」と言うと、母は股を開いた。
晴天の下に開かれた母の性器に口をつけ、舌をつけた。大陰唇、小陰唇、膣前庭、陰核包皮、陰核、教えられた通りに舌を這わせた。陰核に舌が触れると、ピクンと体を反らせた。膣口が開き、乳白色の粘液が流れ出してきた。私は赤子が乳を吸うように、その粘液を吸った。その香りと同じように微かな甘酸っぱい味がした。夕刻になった。
「行水を浴びて汗を流してきなさい。さっぱりするわよ。今日はいつもより早めの夕食よ。いいでしょう?」
なんだか、はしゃいだ様子である。
「どうしたの?何か良いことでもあったの?」
「そうよ。父さんは今日からお仕事で、台湾へ出張したの」
それを聞いて私はすっかり図に乗ってしまった。
「それなら一緒に行水を浴びようよ」
「だめだめ、夕飯の支度が遅れるわ」
「そんなこと構わないよ」
あの日のことが鮮明に思い出された。
「覚えているよね。あのときのようにお風呂に入ろうよ」
「仕方がない子ね。でも、お楽しみは後よ。いいわね、約束よ」
「お楽しみって何のこと?」
「馬鹿ね、決まっているじゃない」
お互いの体と性器をじっくり観賞したり触れてみたり、そして入念に体を洗い合った。夕食は、母の田舎から届いた細めのうどんであった。野菜の掻き揚げと、えびの天麩羅は、私の仕事であった。真剣に天麩羅を揚げていると、私の背後から手を伸ばして、時々ちょっかいを出す。母の好物の梅酒で乾杯をして、ともかくも夕食…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【浮気エッチしてる妹】覗きながらオナニー
2016/02/03 22:00
2016/02/03 22:00
この前あった話です。 みんなで海にバーベキューをやりに、妹家族、いとこ家族、わたし(35歳独身)の三組で海に行った。 わたしの従弟の嫁さんS美(30歳位)が可愛くて別な意味での楽しみがあった。独身で変態のわたしは今回のバーベキューでS美の水着姿をじっくりとビデオ撮影や視姦で楽しみ、S美の使った箸やコップを舐めたり。いろいろと楽しみがあるのだ。 みんなが泳いでる時にわたしはコテージに戻り、S美の荷物の中を物色した。(犯罪者だね) S美の下着が中にあった。黒とピンクのブラとショーツと水色のブラ&ショーツがあった。 わたしは水色の方を手に取り匂いを嗅いだり舐めまわしたりした。もちろん自分でチン…
俺に似てエロいらしい妹のオナニーを偶然見てしまったエロ体験
2015/11/22 21:30
2015/11/22 21:30


告白するのは今日が初めてです。

赤裸々に書きます。




妹と2人で犬の散歩逝く事になり、


犬のくさりを外そうとしてたら、


なかなか取れなくて妹がしゃがみこんだ。




スカートだったからピンクのパンツのぷっくり盛り上がった


アソコの部分が丸見え。





さら~に!Tシャツのワキの部分からワキ&胸チラ・・・。




じっくり観察するために教えませんでした。




そして散歩中、神社で一休み。

お返しにと思い、


俺はわざと半パンの横から金玉と竿をベロローンと


出してしゃがん…
美人熟女な上司の奥さんを服従させて淫語エッチ
2017/01/22 13:05
2017/01/22 13:05
俺35歳で上司40代前半

上司の奥さん上司より少し年下です。


1年くらい前から、上司の夫婦関係が
うまくいってなくて(それは上司の浮気発覚が原因)、




「子供が寝たりしたあとや、休日に間が持たないから遊びに来てくれ」と言われ、ちょくちょく通うようになりました。



奥さんはほっそりとした美人で、別にグラマーなタイプではないけど、とても色気のある感じでした。



なぜ、浮気するんだ?と思ったくらいです。












俺が上司の家に行くと、だいたいは家で焼肉をして酒を飲み、3人で話しをして、その日は泊まっていくというパターンができてました。



奥さ…
大学3年の時、親戚の家で1年間暮らしました。
2016/02/05 12:00
2016/02/05 12:00



私 28♀(当時27) 155/45 胸チイサイ 桜井幸子似相手 28♂ 175/80くらい? 写メでは、普通の人っぽい感じ。その頃の私は完全に欲求不満で、完璧にエロ目的で募集。「セフレみたいな感じで遊べる人募集」とかアホ丸出しな書き込みに、返信して来た変態たちの中から、わりとまともっぽい人をチョイス。事前に電話番号を交換していたので、迷うことなく合流。見た目はケンコバをちょっと男前にした感じ。(以下ケンコバ)正直写メより好きなタイプだったんで、嬉しかったww「私で大丈夫?」とか「俺でいい?」とか会話して、お互い、大丈夫っぽかったので、とりあえずご飯でも食べよう、と近場の全部個室にな…
サイトで知り合った可愛い人妻に中出ししまくり孕ませた実話
2015/10/18 21:56
2015/10/18 21:56
本当にこんな偶然ってあるんですね。僕は30歳で関西の、とある役所で内勤の仕事をしている職員です。同じ地域のメル友を探すサイトがきっかけで、知り合った奥さんとの事を書かせてもらいます。全て真実の話しです。昔、テレクラに通っていた時から主婦狙いの僕は、今回も主婦をターゲットにして、メッセージを書き込んだんです。 でもあくまでも、まじめな内容で、趣味の映画の事を中心に極めて紳士的な内容で掲載しました。次の日、たった1通だけメールが届きました。それが、これからお話しする奥さんだったのです。この奥さん今までメル友を作った経験が無いらしくて、僕が初めてのメル友だったみたいなんです。メール交換して行くう…
【レイプ体験談】男たちに連れ去られて輪姦
2016/07/11 13:17
2016/07/11 13:17
中学生のときの話しです。 真夏の21時過ぎ…塾の帰りでした。 制服姿で自転車をこいでいると白いワゴン車が速度を落として近付いてきて「お嬢ちゃん、駅までの道を教えて」窓を開けて三十代くらいの男の人が声をかけてきました。 教えてあげようと思い車に近付くと、突然扉が開き、私は後ろからはがいじめにされて車内に連れこまれました。 「いやああっ!」あまりの恐怖に声を出して暴れると、お腹を思い切り殴られて口を押さえられ、包丁をつきつけられました。 殴られた恐怖と包丁に頭が真っ白になり、声も出ずに私はひたすら震えていました。 後ろの座席には私を挟んで二人の男が座っており、顔は暗くてよく見えませんでした。…
女子大生の私と格闘技の選手さん
2017/04/08 12:11
2017/04/08 12:11
コピペでもなんでもない最近の私の話を聞いてくださいー!!

この前、夜の10時過ぎくらいに某通りを歩いていたら身体の大きな人達がうろうろしていました。

って言っても2~3人なんだけど。

スポーツ選手かな?と思ってワクワクしながらそっと近づいてみると某格闘技(?)団体の人たちだったのです!

昔の彼氏が読んでいた雑誌に載ってる人と同じ顔があったので確信しました。

別にファンでも何でもないけれども、根がミーハ―な私はなんだか嬉しくてたまらなかったです。

でも、すぐにその数名はタクシーに乗り込んでどこかにいってしまわれたので
「あ~。。なんだーつまんないの!」とか思って友達がまって…
【姉】由月姉と僕 【告白体験談】
2015/10/05 05:17
2015/10/05 05:17
 はじめまして、最近ここの掲示板の存在を知りました。 早速ですが、僕も姉さんとの関係を皆さんに知らせたくて書き込みしています。 実はちょうど今、姉さんの部屋から戻ってきたところで、すっきりした気分でパソコンを前に文字を入力している次第です。すっきりというのは当然、姉さんのアソコに僕の精液を注ぎ込んできた(といってもゴム皮一枚隔てていますが…)ことを意味しています。 やっぱり父と母が眠り込んだ夜中でないと出来ないですよね。姉さんもあまり大きな声をあげないので気づかれる様子はありません。でも今頃姉さんどんな気分に浸っているのかな? 申し遅れましたが、姉さんの名前は「由月」(漢字は違いますが同じ…
【SEX話】バックからガンガン突かれるのが大好きな泥酔女
2017/05/10 09:09
2017/05/10 09:09
いつもの駅で降りると改札の前でふらふらあるく女会社帰りに飲んで来たんだろうなぁと一瞬で分かるいかにもOLな格好をしてる。髪はロング…だけど、ちょっと乱れてたかな。
ミナミで(^-^)
2016/10/19 11:13
2016/10/19 11:13
平日の夕方、ミナミでお客さんと別れ、暇つぶしに、南海電車乗り場近くを歩きながら、百貨店の一階で働く美容部員のお姉さんを見かけた(^-^) 彼女は俺を見つけ接客中だったけど、 客を待たせ、慌てて、 にやけながら俺を追いかけて来た(^-^) 店から見えない場所で立ち話をする(^-^) 彼女は俺に『あと、1時間待ってて欲しいわ。(^-^)』と言う。 俺は彼女に『あと1時間はきついわ。(>_<)ちょっと、近くに来たから見てみただけやん(^-^)仕事してる姿がええな(^-^)って。もう満足やねんで。』と言うと、 彼女は俺に『せっかく来て…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・浮気をしていた妻が一段と綺麗に・・・

・複数の男性から体を弄ばれたい願望・・・

・夫の寝取られ願望を叶えていますが

・【浮気】洗っていないのに咥えてくれる風俗バイトの美人OL

・寒いから

・【洒落怖】同窓会に参加して、ローションプレイ4Pセックスをする人妻

・【熟女体験談】チャットをした熟女と会い、イクことを教え、連続アクメを楽しませ、セフレゲット

・初めて行った銭湯で、いきなり露出プレイをする貞淑な妻

・△温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた(転載禁止)

・誰でも良いからSEXしたいアラフォーな人妻

・【レイプ】彼氏を逆恨みした男に処女を奪われて輪姦撮影までも

・【レイプ】高2の夏、処女の私は万引きで捕まって・・・。

・落ち着いた大人の女性と出会いたいと思って登録した出会い系

・【熟女体験談】夫がいないときに息子と近親相姦する母親

・性の知識が全くない巨乳で可愛い天然の同級生にマッサージを頼まれた

・男なら興味津々な女医の妖しい行動

・【人妻体験談】義母と一緒にお風呂に入り、湯船の中でお互いに言い訳しながら生挿入SEX

・高身長を気にしてた同級生の女子大生と一緒の布団で寝た

・透けた競泳水着

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・叔父の奥さんに憧れていた若き俺のエロ歴

・日曜日のタダマン中出し

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【熟女体験談】毎朝立ち寄るコンビニの小奇麗なおばさんと中出ししてハメた

・【Hな体験】好きだった人妻先生に無理やりキスしたら・・・。

・「わたしが教えてあげようか」から3Pへ

・彼が私の中で果てたとき・・・

・オーナーの指導を色々受けているバツ1女です

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[後編]

・※妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活