寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

続2・借家の寝室に開けられていた覗き穴

2018/10/21 03:04


大家さんが隣の部屋から覗いている事を確信してから1週間が過ぎた休日。
私は寝室の穴から隣の部屋の様子を伺う事にしました。
昨晩も妻と夜の営みをしたばかりで、大家さんが覗いていたとしたら、きっとビデオカメラの位置も
変わっていると思ったからです。
恐る恐る穴を覗き込み壁際のビデオカメラの位置を確認すると、予想どおりカメラは視界から消え
見なくなっていました。
”やはり大家さんはこの穴から覗きを…” 確信はしていたものの、実際こうして確認してみると
何だか怖い感じもしましたが、それ以上に興奮が湧き上がって来ました。
夕方、妻が買い物に出掛けた隙に、隣の部屋に入れないか確認する事にしました。
辺りを見渡し、ドアノブを握ると鍵はかかっていません!
そっと玄関口へ入り、寝室隣の和室へ足を運ぶと、壁際に置かれた段ボールの中に、穴から見えた
ビデオカメラとピンホールカメラ、予備のバッテリーや保存用PCと撮影機材が入っていました。
”ビデオの中にはどんな映像が記憶されているんだろう!”
私はビデオカメラを手に、HDDに納められている動画を再生する事にしたんです。
予感は的中し、映像開始直後から薄明りの電球に照らされた裸体の妻は、四つん這いの姿で
お尻をカメラに向ける格好です。
最近のカメラは性能も良く、薄明りの中にも関わらず妻のアナルやマンコ、陰毛の1本1本まで
ハッキリ分かる高画質で、”ペチャペチャ”と舐める厭らしい音や皮膚が当る”パンパン”と言った
音までもがハッキリ聞えます。
まるでアダルトビデオ(盗撮物)でも見ている様な感じでしょうか?
実際はモザイクも無い裏物に近く、本気汁を溢れさせる妻の陰部に私の股間もはち切れんばかりに
大きくなっていました。
映像は何度かキレている所がありましたが、性行為が終わるまでの全てが録画されており、
3夜分は記憶されている様でした。
私は段ボール箱に入っていたパソコンに電源を入れ、中身を確認する事にしました。
デスクトップ上にビデオカメラ映像・CCDカメラ映像と記載されたフォルダがあったので、ビデオカメラ映像の
フォルダを開くと中には10夜分の映像が日付別に保存されていたんです。
もう一つのCCDカメラ映像のフォルダには何が映されているのか?気になり5つのデーターから一番
古い物を再生してみる事にしました。
大家さんの息でしょうか?フゥフゥと息を荒らす音の後にカメラが壁の穴の中へと挿し込まれて行き、
やがてカメラの前に妻の大きなお尻が度アップで映し出されたと思うと、カメラはマンコの方へ移動し
マンコの穴やクリトリス、終いには厭らしく溢れさせるマン汁までハッキリと映しだされていたんです。
映像からもカメラは壁の穴を越え、10cm以上は飛び出した状態だった筈です。
この時、私のチンポを妻は四つん這いの姿で咥え込んでいたと思われ、壁からカメラが出ている事は
お互い知る由もなかったんです。
絶妙なタイミングでカメラは挿し込まれ、気づかれる前には壁の中へ収められていたんでしょう。
時間にして数十秒と言う短い時間でしたが、これほど近距離で妻の陰部を他人に曝け出していたんだと
思うと異常な興奮に股間の疼きが止まりませんでした。荒らした形跡を消し、ビデオやパソコンを元の場所へ戻した私は、興奮冷めない状況の中、隣の部屋を
後にしました。
買い物から帰って来た妻がキッチンで夕食の準備を始めていたんですが、先程の映像が頭から離れず
興奮が納まりません。
私は気配を消す様に妻に近付き、やがて妻のスカートの中へ手を挿し込むと下着を一気に引き下ろし
陰部を曝け出させました。
 「あなた?何するの…もう」
 「良いじゃないか?何だか興奮が納まらないんだ!」
 「もう昨晩だってやったじゃない…」
 「お前が色っぽいからムラムラするんだよ」
 「嬉しいけよ。でも今は夕食の準備しなきゃいけないでしょ…後でにしましょう」
 「分かった…でも下着は付けないで…」
 「もう!仕方ないわね…」
そう言いながら妻は夕食準備の続きを始め、私は近くの椅子に座り妻を眺めていたんですが、数分経っても
興奮が納まらず、妻のスカートの中へ手を忍ばせました。
 「もうエッチだなぁ!汁が溢れているじゃないか?」
 「だってあなたが変な事させるから」
妻も下着を脱がされた状態に興奮していた様で、平静を保ちながらもアソコは疼き汁を止める事が
出来なかったんでしょう。
そんな矢先、玄関の戸を叩く音が聞え妻が玄関先に向かいました。
誰かと久し気に話す妻に、私も玄関を覗いて見ると大家さんが立っていました。
回覧板でしょうか?
大家さんの視線は以前にも増し、厭らしさを増し妻の体を舐め回すかの様に送られていました。
無防備な妻は、大家さんの厭らしい視線にも気づく事もなく、ニコニコと話をしていたんです。
やがて大家さんが回覧板と一緒に自らの畑で採れたと思われる野菜を妻に手渡すと、玄関先に
座り込みました。
妻も”いつもすいません”と言いながら大家さんに背を向け廊下に野菜を置こうとした瞬間でした。
大家さんが妻のスカートの中を覗き込む様に視線を中へ送り込んだんです。
一瞬の出来事でしたが、大家さんは妻の剥き出しの陰部を確認したんでしょう!
ニヤケる表情を浮かべながら益々厭らしい視線を送り続けていました。
 「あ~大家さんでしたか?」
 「旦那さんおられたんですね!」
 「え~回覧板ですか?」
 「そうなんです!ついでに家で採れたキュウリとナスを」
 「お~立派ですね。こんなにすいません」
 「イヤイヤ!1人じゃ食べきれませんから…」
 「本当に助かるわ!野菜高くて…」
 「いっぱい有りますから、ドンドン食べて下さい!何なら下の口でも…」
 「もう大家さんったら…エッチなんですね」
 「男何てそんな生き物ですよね!大家さんの行為に甘えて本当に咥えさせてみるか?」
 「あなたまで何言いだすの?もうお酒でも飲んじゃった?」
 「奥さんだったらこの太さも咥え込んじゃったりして…ハハハ」
 「もう大家さんったら…」
冗談話とは言え、大家さんの目は正に本気モードで、今にも妻を押し倒しキュウリやナスを
妻の穴へ挿し込む勢いで、視線は益々厭らしさを増し妻の体に向けられていました。
私が出向いた事で、大家さんは渋々家に戻り、妻は貰った野菜を手にキッチンへ歩き出したので
後を追い、スカートの中へ手を這わせたんです。
 「何だよ!大洪水じゃないか?」
 「だって…貴方達が変な事言い始めるから…」
 「本当は大家さんに下着を付けていないアソコを見て欲しかったんじゃないのか?」
 「それは…恥ずかしくて出来る筈無いでしょ」
 「興奮したんだろう!正直に言えよ」
 「ん~少しだけ興奮しちゃった!だってあなたが下着脱がせるから」
 「野菜入れて見せれば良かったかなぁ」
 「もうイジワルなんだから」
顔を赤らめる妻が愛おしく感じ、私は妻の持つ野菜を取り思わず濡れ捲ったマンコへ挿し込んだんです。
 「ちょっとヤダ!」
 「こんなに太いのが簡単に入ったよ!」
 「もう冷たい!早く抜いて」
 「この野菜大家さんに返したら、お前のエッチな汁を大家さんが食べる事になるな」
 「もう馬鹿ね!」
興奮は最高潮に高まっていて、本当に大家さんに…そう思ってしまいました。その夜、私はベットで妻を待ちました。
妻も夕方の出来事で興奮しており、私の要求を受け入れてくれると確信していました。
案の定、風呂から上がって来た妻は寝る時に着る薄手のワンピース一枚だけで中には何も
付けておらず、ベットに来るなりキスをしてきました。
もう穴の向こう側には大家さんがビデオで撮影しているに違いない、そう思っただけで股間は大きくなり
鼓動は高まりました。そしてお互い裸になった時、私は用していたアイマスクを妻に付けたんです。
 「あなた!どうしたの?」
 「今日は目隠ししたままプレーさせてくれ」
 「いつもこんな事しないのに…」
 「この方が興奮するだろう!他人棒を受け入れているみたいで…」
 「ん~今日だけにしてね」
そう言いながらも妻の感度は高まり、溢れるエロ汁は太腿を伝って流れる程でした。
そんな濡れ捲ったマンコに私は大家さんに頂いたキュウリを挿し込んだんです。
 「あなた?何入れたの?ヤダ…冷たいわ…野菜じゃないわよね」
 「大家さんに頂いたキュウリだよ!大家さんもママの下の口で食べて下さいって言ってただろう」
 「あれは冗談話でしょ!野菜をそんな事に使っちゃ…」
 「大家さんは本気だったよ!本当にお前のマンコへ挿し込んで見たかったんだよ」
 「そんな訳無いでしょ…もう…あなたそんなに動かさないで…」
 「野菜で感じるなんて…ママもエッチだなぁ!使い終わった野菜で大家さんに何か作ってあげたら」
 「そんな事出来ないわ…」
 「きっと大家さんも喜ぶと思うよ」
嫌だと言いながらも妻の息使いは荒れ捲り、終いにはキュウリで逝ったんです。
その後、ナスに変え大家さんに見せつける様に穴の前でナスを挿し込みました。
 「ちょっと今度は何入れたの?太すぎて苦しいわ…」
 「直ぐに馴染むさ!野菜をこんなに美味しそうに咥え込んで…大家さんも喜ぶぞ」
 「もう!恥ずかしいわ!」
野菜を入れたまま、私は妻の前に横になり、脈起つ肉棒を妻に咥えさせたんです。
そして壁の方へと視線を移した時、壁からピンホールカメラが出て来て、四つん這いの妻のお尻へ
向けられました。マンコには中々の大きさのナスが入ったままで、カメラに収められている事でしょう。
目隠しされ、自らのマンコを撮影されている何て想像すら出来…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【人妻】女優だった妻
2015/12/09 08:18
2015/12/09 08:18
とりあえず私、『妻夫』とでも言いせて下さい。私(40)と妻(28)は、一回りも歳が離れています。そもそも妻は、私の会社に派遣されてきた女の子だったんです。まぁー普通に言えば派遣の子に手を付けたオヤジってことになるんですが、その妻の初出勤日、私達の職場に挨拶しにきた時、どこかで見た様な気がしていました。その時は、あまり気に留めていなかったたのです。そんな私は、恥をさらす様ですが、この歳で素人童貞だったんです。実際は左手が恋人状態で、そのおかずとしてよくお世話になっていたのがAVビデオでした。 有名メーカー物は、もちろん、そう言うのにも飽きてきて、インディーズとかのビデオ(ビデオ安○り王なんて…
賭けに負けて妻を貸し出したら、妻は私にもしたことのないお掃除フェラまで…
2017/04/15 14:00
2017/04/15 14:00
あんな約束するんじゃなかったと後悔すると同時に異常なくらい興奮し、ビンビンに勃起する自分もいるのは確かです。
飲み会の席で、隣に座った自称人妻キラーを騙る超イケメン店長に人妻陥落遍歴自慢を聞かされその店長の口車に乗せられ、私の妻を口説けるか掛ける事になりました。成功すれば妻はそのままイケメン店長とセックス、失敗したら、そのまま素直に引き下がるのと、風俗を奢ってもらうと約束しました。


うちの妻は堅物だし、年も43で二人の子持ち、店長も本気で口説く事も無かろうと思いましたし、何より、結婚以来、十数年ぶりに風俗に行けるという欲に負けて、あっさりOKしてしまったのです。
嫌いな先輩の奥さんを寝取って調教
2018/02/22 20:28
2018/02/22 20:28
【近親相姦体験告白】 母と同級生(4)
2016/08/18 01:34
2016/08/18 01:34
美奈子が例のクラブハウスに着くと、いつもの様に京介たちが出迎えてくれた。彼らは丁重に美奈子に着替えをお願いすると、小さく耳打ちした。「来てますよ、童貞が一人。だから、今日は最初にそいつの筆おろしを頼みます」「ふふっ、いいわよ。楽しみだわ」美奈子ははやる心を抑えながらも、急ぎ気味に服を脱ぐと皆の待つ更衣室へ足早に向かった。 ドア越しにも熱気が伝わってくる。誰もが淫女の登場を心待ちにしている様であった。「さーて、いきますか」そう言って美奈子はいつものSMの女王様風のマスクを着けると、勢い良くドアを開け放った。 その瞬間、おお!と歓声が上がる。いつにも増してテンションが高い。 心なしか人数も多い…
★バイト先の先輩同僚と3P
2016/09/05 14:31
2016/09/05 14:31
 大学時代に阿智バイト先の先輩から、先輩の女だった同僚のパート女性を紹介された。相手は、バツイチの30歳の女性で夜は風俗で働いるという噂があった。彼女、見た目は20代半ばで若く見えるし、唇が厚く目が大きな男好きのする「濃い女」でした。真っ赤なルージュを塗った唇でチンポをしゃぶられると、見ただけで射精してしまいそうなスケベ女でした。

 パートが終わってから、密かに先輩のアパートでセックスを楽しんでいた訳です。それから、3人でエッチするようになった。先輩の話では、彼女が3Pに興味があって自分を紹介するように頼んだとのことでした。
 2年経って、先輩が卒業する時に、彼女から後輩を世話するように…
優し過ぎる母
2017/12/30 01:31
2017/12/30 01:31
僕は12歳の小学6年生です。僕の家は父と母の三人暮らしです。父は海外で仕事をしているので、ほとんど家に帰って来ません。よって、ほとんど母と僕の二人暮らしです。 僕の母は、32歳で、とてもおっとりとしていて優しくて美人です。女子高を出ているので、男慣れしてないためか、とても清楚な女性です。そんな母が、僕は大好きで、毎日楽しく二人で過ごしていました。先月のことです。父の兄の夫婦が、一人の男の子を残して、事故で他界してしまいました。そこで、家でその子を引き取ることになりました。その子はユータという名前で、小学5年生です。ユータは内向的で、学校も登校拒否をしています。僕もあまり好きではありませんでした…
好きな子がバスケ部の性処理係になってた
2015/08/07 18:00
2015/08/07 18:00
高校のとき好きな子がいた。その子はモテるのに堅くて清純な女の子だった。と俺は思ってた。だけど卒業してからツレに聞いた話でかなりへこむことになった。
彼女の元カレがキャプテンで、イケメン&女好き揃いのバスケ部で共有の女になってたんだ。
好きな子の名前はチエ。元カレとチエは同中で中学んとき付き合ってた。
そいつは顔も頭もよくてスポーツもできるモテ男だったから厨房の時にすぐ別の女に乗り換えたんだけど、チエは未練があったから同じ高校入って二番でもいいからって言ってまた彼女にしてもらったらしい。
 
要はセフレ。てかほとんど性欲処理器みたいなもんで昼休みに男子トイレでフェ…
【不倫】20年ぶりに抱いた元カノに中出しを求められて
2016/10/24 06:00
2016/10/24 06:00
俺が大学生だった20数年前、付き合っていた同学年の佳恵はアパートの隣室で、初めて都会に出て一人暮らしを始めた同士ですぐに仲良くなった。俺は、高2の時に学習塾の30歳の英語講師に筆おろしをされて高校卒業までセックスを仕込まれていたが、佳恵は処女だった。 だから、「俺もそんなに経験はないんだ」と言っていた。 佳恵は美人と言われるような女ではなかったが、愛嬌のある可愛らしさはあった。もし、すごい美人だったら気後れして話しかけられなかっただろう。 佳恵は女の悦びを感じるようになると、セックスを探求し始めた。佳恵はセックスに集中すると、普段は愛嬌のある笑顔が一変して、「アンアン」ヨ…
【熟女体験談】露天風呂に入っていたら男性時間外なのにおじさまたちが入ってきて、調子に乗り・・・
2017/08/17 12:02
2017/08/17 12:02
2017/08/17 (Thu) 三十路を過ぎた頃から
一人旅にハマり、
休暇になると
女子一人で、
色んな温泉旅行にいって
女子力UPしています

それで、
この前東北の方に旅行に
行ったときのお話をしたいと思います。

この時は普通の週末だったんですけど、
土曜の朝5時ごろに早起きして
車をビュウ~ンってとばして行きました。

目的地に着いたその日に
3件の露天風呂をハシゴしてしまいました!

1・2件目とも結構良かったんですけど、
何と言っても3件目の温泉がサイコーでした。

そこへは午後の1時頃に着いたんですが、
わたしが露天に入ったときには、
わたしのほかにはおばあちゃんがひとり…
折檻部屋で女の子達をしつけてみた
2017/04/11 22:00
2017/04/11 22:00
僕は旧家の末裔(という程、立派ではないが)で、やりたい放題だった20歳前後の話です。

僕の実家は古い織り物工場がある敷地にありました。
おじいちゃんの父親が経営していたのですが、明治から昭和に掛けて「織り子」さんを80人くらい使っていたこともあったようです。

おじいちゃんの父親は「喜八郎」さんといい、僕は直接会ったこともなく、実家の欄間の横に懸けられた「写真」で顔を知るだけです。

歴社会史の教科書で見る「偉人」のような、髭を蓄えた一見風格のあるようなタイプで、僕はあまり好きなタイプではありませんでした。

すぐ怒りそうだし。

工場と織り子さん達が住む寮がありました。

工場は…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・義父と嫁のセックス 05

・【寝取られ】バイト先のイケメン大学生に孕まされた嫁

・高身長を気にしてた同級生の女子大生と一緒の布団で寝た

・透けた競泳水着

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・日曜日のタダマン中出し

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【熟女体験談】毎朝立ち寄るコンビニの小奇麗なおばさんと中出ししてハメた

・【Hな体験】好きだった人妻先生に無理やりキスしたら・・・。

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・「わたしが教えてあげようか」から3Pへ

・彼が私の中で果てたとき・・・

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[後編]

・【人妻体験談】人妻とスローセックスを楽しみながら中出しして何度もイキまくる

・【熟女体験談】熟女が大好きで、かなりの人数とヤりまくるドMのド変態男

・腰が立たなくなるまで攻める旦那の後輩

・持病

・【初体験】伝言ダイヤルで知り合った年上女性と童貞卒業

・【乱交】温泉旅行で代わる代わる3人の男に犯され続けた

・悲鳴とともにのけぞり、又しても失神・・・・・・

・【人妻体験談】野獣のようにSEXのに没頭し、歯止めが効かないくらい連絡してきたエロい人妻

・他人の妻を逝かせた

・クビになるよりマシだもんねと色気で

・【不倫】学芸員をしている真面目な主婦ですが・・・。

・タオルバリアー

・ラブホテル

・彼氏より俺のがいいだろ・・・

・パート先の仕事でレジ打ちをしている主婦です

・息子の部活をバックアップするつもりが、コーチと肉体関係を……

・【人妻体験談】コンパニオンを待っていたら妻の友人が来て、騎乗位状態の素股から本番中出しをさせてくれた