寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻のヌード 三上氏

2018/10/21 00:04


私たちは、高島氏の突然の申し出に、完全に言葉を失っていました。
「・・・えっ・・・・な、なんて?・・・」
自身のヌード撮影の直後で正常な思考能力のない妻は、
高島氏のその言葉をとっさに理解することは
出来なかったのだと思います。
バスローズだけを身につけ、毛の長い絨毯に腰を下ろし、
半身を投げ出している妻は、
私たちに顔を向け高島氏の言葉の意味を聞いてきました。
しばらくの間、私たちは誰もが言葉を失っていました。
高島氏の作品というのは、全裸の男女による性的な表現のポーズ。
裸のまま男女が絡み合い、
歓喜の表情をあげる女性の妖艶な姿とたくましい男性の勇姿。
人間が神から与えられた最大の悦びの姿を表現するものなのです。
長い沈黙の間、その静寂を破ったのは妻の親友である美佳さんでした。
「敦子・・・せっかくのチャンスだからやってみたら・・・」
「う、うん・・・敦っちゃん、やろう!」
「あんたは黙ってて!」
私はまだ言葉を出す事が出来ませんでした。
妻が私の目の前で他の男に抱かれる。
私が妄想していたことが今現実に起ころうとしていました。
私の心臓は今にも口の中から飛び出してきて、
その拍動で床を這い回るのではないかと思ったくらいです。
「ちょ、ちょっと待って、今はまだ何も考えられないの・・
・少し考えさせて・・・」
少しずつ正気を取り戻してきている妻は、
その状況を理解しつつあるようでした。
あり得もしない高島氏の申し出を断る言葉が
見つからない妻は、慌ててその場を取り繕うために、
だた考えさせてと言ったに過ぎませんでしたが、
高島氏の情熱はそんな妻の思いを知る由もないのです。
「どうかお考えにならないで下さい。
頭で考えてはダメなのです。あなたのその身体、
本能のままの女性の美、
それが私の求めている究極の美しさなのです。
私はそんなあなたを撮りたい。どうか何も考えず、
今のあなたの魂を包み隠さず私にぶつけてきて欲しいのです」
高島氏はそう言うと、やさしい視線を妻に向けました。
妻はゆっくりと高島氏を見上げると、
目を見開いたままその申し出に答えることが出来ませんでした。
考えてはいけない。高島氏の求める芸術には、
人間の思考などじゃまになるだけなのです。
答えは早く出さなければいけないということでした。
「わかりました。先生がそこまで想っていただいているのなら・・・」
私は高島氏に返答ができずに固まっている妻に
代わって静かにそう言っていました。
「あ、あなた・・・」
妻はただ驚いた様子で、その美しい顔を私に向けました。
「敦子、もう一つ今日の記念を残してもらおう。
心の中から湧き出てくる、
僕も見たことがない敦子の本当の姿を・・・」
私はそう言って妻の手を握りました。
「ありがとうございます。ご主人のご理解ある決断を、
決して無駄にしない芸術作品を作ります」
その場ではもう妻の意思などは関係ないようでした。
そう、妻はもう考えてはいけないのです。
私たちに生まれたままの姿を晒して感じた思いを、
そのまま高島氏の前で見せればいいのです。
すべて高島氏に任せれば、妻は女として、
人間として、今まで一度も味わったことのない神から与えられた
悦びを感じられるはずなのです。
「さあ、敦子さん。もう舞台の幕は上がっていますよ」
いつの間にか上半身裸になっている三上氏は、
その厚い胸板を妻に向けてしゃがみ込み、
やさしく妻の肩を抱きました。
思考能力を失った妻はその腕に引かれるように
ゆっくりと立ち上がりました。
高島氏はいつの間にかフリーでカメラをかまえ、
二人をファインダーの中に捕らえていました。
私たち三人は、すでに撮影が始まったことを悟り、
再びスタジオの隅にその身を隠しました。
スタジオ中央で三上氏と妻は向かい合って立っています。
三上氏の下半身はジーンズだけで、上半身は裸です。
盛り上がった背筋と均整のとれた逆三角形の身体が、
洋服を着ていた時のイメージとはまるで違って、
男性の逞しさがはっきりと伺えます。
妻はバスローズに袖を通していますが、帯は巻かれていません。
その裾が広がらないように、胸元で襟を握り締めている姿が、
妻の現在の心細さを物語っていました。
三上氏は妻の細い肩に両手をかけました。
キシーン・キシーン・キシーン・・・・
連射モードの高島氏のカメラが二人を捕らえ、
高速で記録していきます。
「今度は先生のカメラを意識しないで下さい・・・
あたなのシャッターチャンスは僕が演出しますから・・・」
三上氏はそう言うと肩にかけていた両手を、
バスローブの襟を握り締めている妻の両手に添えました。
力の抜けた妻は三上氏に抵抗すらできません。
三上氏はあっさりと妻の手からバスローブの襟を奪うと、
自分の目の前で大きくそれを広げ妻の身体からバスローブを
剥がし取りました
。私たちの見てる前で、妻は再び全裸を晒されたのです。
しかし、先ほどのヌード撮影の時の妻の身体とは明らかに
違って見えました。
まるで今から始まる性なる儀式を待ち望んでいるかのように、
妻の身体は準備を始めているように感じました。
キシーン・キシーン・キシーン・・・
先ほどの撮影とは違い、
高島氏は大きなストロボを使用せずにカメラのシャッターを
切り続けます。
三上氏は妻から取り去ったバスローブを手に取ると、
それを丸めてスタジオの隅にあるバスケットに入れました。
そして自らもジーンズも脱ぐと、
その下に着けていた黒のビキニパンツまでも
あっさり脱いだのでした。
三上氏の下半身には、今まで見たことのないくらいに大きく、
そして堅く怒張したペニスが天を突き刺すかのような勢いで
そびえ立っていました。
三上氏はそれを少しも隠さず、再び妻の前に立ちました。
私たちが見守る中、ついに二人は生まれたままの姿で向かい合いました。
私は息が詰まるおもいで、二人を見守るだけでした。
女性としては背の高い方である妻ですが、
三上氏と向かい合うと両者の背丈がとても良いバランスであることを
改めて感じ、いっそう私の嫉妬心をかき立てました。
三上氏と向かい合った妻は、
自分の胸を隠すかのように両手を胸元でしっかり結んでいました。
「さぁ、素直に感じてください・・・頭で考えてはいけません・・・」
三上氏はそう言うと胸元で結んでいる妻の両手を
その手でやさしく包み込みました。
そのまま首を傾け、妻の首筋にそっと自分の唇をつけました。
「んっ・・」
すぐさま妻は三上氏の行為に反応を見せました。
高島氏はそんな二人をいろいろな角度でカメラに収めていきます。
三上氏の動きはまるでスローモーションのように
ゆっくりとしています。
妻の耳たぶから肩にかけて何度も唇ではにかみます。
その行為はあくまでも優しい動きです。
そのたびに妻は目を閉じてかすかな吐息をもらしました。
ほどなくすると、三上氏は大股を拡げて妻の背後に回りました。
三上氏の片方の手は妻の結ばれた両手を握ったまま、
もう片方の手を反対側から回して妻のもう一方の腕を取りました。
三上氏の両手は背後から妻の両腕を握り、
胸元で結んでいたその手はあっさり引き離されてしまいました。
「いやっ・・」
私たちの目、さらに高島氏のカメラの前には、
隠す物がなくなった妻の前身が飛び込んできました。
妻の両乳房の中央にある小指大の乳首は、
これまでにないくらい堅く尖っていて、輝いて見えます。
三上氏の唇が再び妻の肩をついばみ始めると、一瞬入った力が、
妻の身体から抜けていくのがよくわかりました
。二人の手はしだいにその指をからめていたのです。
大きく怒張した三上氏のペニスは、妻の背後でそのくびれた腰に
触れているのではと気になりましたがこちらからはよく見えません。
高島氏は左右に動きながら妻の前身を撮影していきます。
三上氏は妻の両手を離さないまま、妻の首、肩、
そして背中に唇を交わしていきます。
もろく壊れてしまいそうな妻の白く細い肩に向かってついば
むような口づけは、ちゅっ、ちゅっ、とかすかな音をたてては、
カメラが発する連射のモータ音にかき消されて聞こえなくなっていきます。
「・・・んっ・・・」
妻の顔が歪んだように反応すると、
高島氏のカメラがその表情をタイミング良くカメラに収めていきます。
三上氏はその口での愛撫をとぎることなく、
今度は妻の背中からその位置を少しずつ下の方に向かっていきます。
妻は三上氏の唇から逃れるかのように、少しずつ、少しずつ、
後ろに手を取られたまま前かがみの態勢になります。
「敦子さん、顔をあげてごらん」
三上氏は妻にそう言うと、ゆっくりとその顔を上げていきました。
その表情はすでに私が一度も見たことがない、
恍惚の表情をしていました。
高島氏はその状況を逃すことなくカメラに収めます。
「そう、素敵ですよ。あなたは今からもっと素敵になりますよ」
三上氏はそう言うと、再び再び妻の背中に唇を這わせていきました。
私の妻、敦子が見せるこの表情は、まだ序章に過ぎないのか。
私はこれから妻がどんな風に変わってしまっていくのか、
不安を感じずにはいられませんでしたが、
それを見届けたい気持ちが、
私の不安に打ち勝ってしまっていました。
キシーン。キシーン・キシーン・・・
高島氏はカメラの何度も角度を変え、
妻の表情をレンズに収めていきます。
先程までの撮影では『静』のカメラマンでしたが、
今はその身体を年齢を感じさせないほどに、
アグレッシブに動かす『動』のカメラマンになっていました。
あの作品から出てくる迫力は、
まさにこの動きから生み出されたもの…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【人妻との体験】近所の可愛い奥さんが 続続編
2016/04/10 03:42
2016/04/10 03:42
前編は以下のとおりなつきから飛び上がる程、嬉しい、意外な申し出があった!『1度、ここを出て、店に帰宅する事を伝えるから、その後でいい?』というのだ。 実は、終了時間近くになると、迎えの黒服が近くに来て車で 待機してるというので、1度戻らなければならないらしい。 俺は、ここでなつきと1度離れるのは、辛かったが仕方なく、2人とも別々にシャワーを浴びて、ホテルを後にしました。 なつきが30分後くらいには、大丈夫だというので、俺は近くのファミレスで落ち着きなく待って、30分後に電話した。 なつきは、既に仕事場には帰宅すると伝えて、近くの駅にいるとの事だったので、俺は急いで駅に向かった!駅でなつ…
キスも未経験な処女JKにアナル調教[第2話]
2017/07/28 19:19
2017/07/28 19:19
今時珍しいほど真っ黒な髪に、真面目そうな黒縁眼鏡をかけた美少女。 雨の日に、自転車で私の車に突っ込んできた彼女は、まだJK2年だった。 実際真面目で、私の言いなりにする事が出来たが・・・。 ただ一点、付き合い始めたばかりの彼のために、「処女だけは奪わないで欲しい」と懇願してきたので、私は彼女をケツ穴奴隷にすることにした。 繰り返し浣腸をされて、腸内のモノをすべて出し切った芽依。 排泄する度に、涙で顔をグチャグチャにしながら絶叫していた芽依・・・。 「も、もう許して下さい・・・。見ないで・・・うぅ・・・」 若い女の子にとって、繰り返し繰り返し排泄姿を他人に見られてしまうのは耐えがた…
娘婿の世話をしに行ったら、何度も串刺しにされました
2016/09/13 06:00
2016/09/13 06:00
私は56歳、主人は58歳の二人暮らしです。
昨年、嫁いだ娘が無事に出産し、初孫も見たいし娘婿の食事等の世話もしてあげたいしで、喜んで娘達のアパートに駆けつけることになりました。予定は娘が退院するまでと決めて出かけました。まずは病院に行き可愛い孫を見て安堵し、娘を褒めたたえました。
それからお手伝いする要件を娘に教わりアパートに帰りました。


可愛い娘婿・高志さんのお世話ですが、まずは朝夕の食事や掃除、洗濯です。
しかし自分の家ではなく勝手気ままになりません。

最初の日は高志さんも休暇を取り、夕食は外食で済ませてアパートに帰りました。
一応、お互いに挨拶してからお…
【Hな体験】出会い系で見つけた押しに弱いドM女・可奈
2015/12/29 09:00
2015/12/29 09:00
出会い系から『可奈、22歳、都内に住んでます!』と名乗る、業者みたいなメールが来てた。俺はいつも対処方法として、『携帯教えてよ!』としつこく聞く。それやると相手が男でも気持ち悪いだろうから大抵メール来なくなるんだけど、その時は違ってた。 携帯の電話番号が書かれたメール戻ってきて、『これ可奈の携番です、教えたけど絶対電話しないでね?』と。 どうせ偽直メ、直電だからいいやと決め付けてすぐ電話してみた。偽番号とか業者の新しい勧誘方法で、男が出るかと思って即電話したら、「え!?本当にかけてきたの!?今職場だから困るよ・・・」と小声で言われた。業者が集まって電話しまくるような職場の…
農家たちに妻を寝取られレイプされているのに何も言えない悔しい毎日です【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/10/07 17:19
2017/10/07 17:19
私は東京の農機具会社に勤務している33歳の会社員です。 妻は今年で28歳になり会社の受付をしていましたが 2年前に社内結婚し退職しました。 自分で言うのもなんですが妻は中々の美人で、 口数も少なく清楚という雰囲気の私の自慢の妻です。 これまでは何とか一番出世で エリートとして認められてきましたが、 ある失敗をきっかけに北海道の営業支店に転勤となり、 今はトラクターやそのほかの機械を買ってもらうために 毎日農家に通う毎日です。 ここでがんばらないと、 東京の本社に戻れなくなる恐れがあるため、 何としても実績を残す必要がありまし…
婿養子の私をバカにする妻に逆襲(2)
2016/08/21 11:00
2016/08/21 11:00
妻は四つん這いのまま急いで仏壇の横まで行き、押入れを開けて綺麗な化粧箱を持って来ると北村の前に置く。
北村は箱を開けて何やら選んでいたが、妻も箱の中を覗きこみながら、待ち切れずにまた自分で触りだした。「アッ・・アッ・・早く・お願い・・・・早くー」
「早くして欲しければ自分で触っていないで、バイブちょうだいをして待て」


それを聞いた妻は慌てて布団に仰向けに寝て、両膝をしっかり胸に抱えた。
これでは北村の位置からは、お尻の穴まで丸見えだろう。
「今日は時間がないから縛らないが、どんなに感じても最後までその体勢を崩すな」
「はい・・・・早く・・・」

北村はピンクのバ…
彼女のもの
2015/12/01 14:05
2015/12/01 14:05
俺らの地域では友達や付き合ってる者同時が集まり飲み会をするのが流行っている。 その日は俺を除き友達が4人、カップルが3組集まった。 俺らはまだ未成年なのであまり飲まないつもりが会話が盛り上がりいつもよりかなりの量を飲んでしまった。 深夜2時みんなかなり酔っ払い家に帰った。 カップルの3組と4人の内3人が帰った。 その4人は男子が2人、女子が2人で女子が1人残った。 その女子は一番酔っていたので俺が家まで連れて行く事にした。 その女子の名前は彩香といい結構美人だった。俺は彩香の腕を首にかけ、歩いた。 俺は明日朝早くからバイトがあったのでかなり酔ってはなかった。 彩香の家に着くと扉を開けた。鍵があ…
痴漢してきたおじさんとそのままホテルに行きセックス・・
2016/10/16 12:10
2016/10/16 12:10
痴漢してきたおじさんとそのままホテルに行きセックス・・minad-999 女性 エックス体験談、セックス体験談、エロ体験談, オナニー, セックス, フェラ, 学校, 痴漢 0 Comment私は19歳の専門学校生です。昨日お父さんと同じ年くらいの人に電車で痴漢にあい、そのままホテルでセックスしました。痴漢は初めてだったのでちょっとドキドキしましたかわいいミニスカートの生足だったのですが、座るとこもなく立っていたら急に後ろからお尻を触られて、怖くて声も出せなかったらそのままパンツの中に手を入れられて耳元で「こういうの好きなの?結構濡れてるよ」と言ってきました。昨日は紐パンだったのでそのまま無視…
出会い系には普段の生活では会えないような出会いがある
2018/10/07 20:58
2018/10/07 20:58
 こんな美人が、こんな子がなんてのは、ざらな事なのです。人妻なら、なおさら欲望を抑えている人妻が多いこと・・30歳の人妻のナオミは、スレンダーな知的美人だ。週4くらいで外で働いているだけに、小奇麗な感じがする。

 ナオミは仕事や家庭のストレスをぱあっと発散するために、あとくされのないセフレがほしくて、出会い系を利用したらしい。ホテル代は彼女持ちで、女盛りのカラダをたっぷりと堪能できる今の関係は俺にとっても理想的だ。
部室で集団・・・【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/30 11:17
2017/11/30 11:17
18の時なんですが、当時あるスポーツのファンでメジャーでは無いのですが 一般的には程々に知名度はあるっていう程度、でもファンはついている、その スポーツの種類やチーム等ちょっとでもかすると身バレしてしまうのでボカさ せてください。 私はそのチームの中で、やっぱりイケメン系の選手のファンになりました。 他にもファンは多数いて、やっぱり覚えて欲しいから色々プレゼントしたり 練習も応援しにいったりしていました。 それが良かったのか、程なくその選手から顔と名前も覚えてもらい、打ち上げに 呼んでくれたりして、その流れで「俺と付き合いたい?」と聞かれ「うん」って返したら それをきっかけに初めてHをし…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】義母と一緒にお風呂に入り、湯船の中でお互いに言い訳しながら生挿入SEX

・【寝取られ】バイト先のイケメン大学生に孕まされた嫁

・透けた競泳水着

・綺麗な妻には過去がある

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・叔父の奥さんに憧れていた若き俺のエロ歴

・日曜日のタダマン中出し

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【熟女体験談】毎朝立ち寄るコンビニの小奇麗なおばさんと中出ししてハメた

・「わたしが教えてあげようか」から3Pへ

・大嫌いだった従姉妹の話する

・彼が私の中で果てたとき・・・

・オーナーの指導を色々受けているバツ1女です

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[後編]

・腰が立たなくなるまで攻める旦那の後輩

・【初体験】伝言ダイヤルで知り合った年上女性と童貞卒業

・人妻としての魅力

・【乱交】温泉旅行で代わる代わる3人の男に犯され続けた

・姉弟の話

・高校ボクシングの試合の計量

・【熟女体験談】根気強く店に通ってスナックの熟女を口説き、ホテルに持ち込んで中出しSEX

・悲鳴とともにのけぞり、又しても失神・・・・・・

・【人妻体験談】野獣のようにSEXのに没頭し、歯止めが効かないくらい連絡してきたエロい人妻

・他人の妻を逝かせた

・クビになるよりマシだもんねと色気で

・【不倫】学芸員をしている真面目な主婦ですが・・・。

・タオルバリアー

・ラブホテル

・彼氏より俺のがいいだろ・・・

・息子の部活をバックアップするつもりが、コーチと肉体関係を……