寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻のヌード 三上氏

2018/10/21 00:04


私たちは、高島氏の突然の申し出に、完全に言葉を失っていました。
「・・・えっ・・・・な、なんて?・・・」
自身のヌード撮影の直後で正常な思考能力のない妻は、
高島氏のその言葉をとっさに理解することは
出来なかったのだと思います。
バスローズだけを身につけ、毛の長い絨毯に腰を下ろし、
半身を投げ出している妻は、
私たちに顔を向け高島氏の言葉の意味を聞いてきました。
しばらくの間、私たちは誰もが言葉を失っていました。
高島氏の作品というのは、全裸の男女による性的な表現のポーズ。
裸のまま男女が絡み合い、
歓喜の表情をあげる女性の妖艶な姿とたくましい男性の勇姿。
人間が神から与えられた最大の悦びの姿を表現するものなのです。
長い沈黙の間、その静寂を破ったのは妻の親友である美佳さんでした。
「敦子・・・せっかくのチャンスだからやってみたら・・・」
「う、うん・・・敦っちゃん、やろう!」
「あんたは黙ってて!」
私はまだ言葉を出す事が出来ませんでした。
妻が私の目の前で他の男に抱かれる。
私が妄想していたことが今現実に起ころうとしていました。
私の心臓は今にも口の中から飛び出してきて、
その拍動で床を這い回るのではないかと思ったくらいです。
「ちょ、ちょっと待って、今はまだ何も考えられないの・・
・少し考えさせて・・・」
少しずつ正気を取り戻してきている妻は、
その状況を理解しつつあるようでした。
あり得もしない高島氏の申し出を断る言葉が
見つからない妻は、慌ててその場を取り繕うために、
だた考えさせてと言ったに過ぎませんでしたが、
高島氏の情熱はそんな妻の思いを知る由もないのです。
「どうかお考えにならないで下さい。
頭で考えてはダメなのです。あなたのその身体、
本能のままの女性の美、
それが私の求めている究極の美しさなのです。
私はそんなあなたを撮りたい。どうか何も考えず、
今のあなたの魂を包み隠さず私にぶつけてきて欲しいのです」
高島氏はそう言うと、やさしい視線を妻に向けました。
妻はゆっくりと高島氏を見上げると、
目を見開いたままその申し出に答えることが出来ませんでした。
考えてはいけない。高島氏の求める芸術には、
人間の思考などじゃまになるだけなのです。
答えは早く出さなければいけないということでした。
「わかりました。先生がそこまで想っていただいているのなら・・・」
私は高島氏に返答ができずに固まっている妻に
代わって静かにそう言っていました。
「あ、あなた・・・」
妻はただ驚いた様子で、その美しい顔を私に向けました。
「敦子、もう一つ今日の記念を残してもらおう。
心の中から湧き出てくる、
僕も見たことがない敦子の本当の姿を・・・」
私はそう言って妻の手を握りました。
「ありがとうございます。ご主人のご理解ある決断を、
決して無駄にしない芸術作品を作ります」
その場ではもう妻の意思などは関係ないようでした。
そう、妻はもう考えてはいけないのです。
私たちに生まれたままの姿を晒して感じた思いを、
そのまま高島氏の前で見せればいいのです。
すべて高島氏に任せれば、妻は女として、
人間として、今まで一度も味わったことのない神から与えられた
悦びを感じられるはずなのです。
「さあ、敦子さん。もう舞台の幕は上がっていますよ」
いつの間にか上半身裸になっている三上氏は、
その厚い胸板を妻に向けてしゃがみ込み、
やさしく妻の肩を抱きました。
思考能力を失った妻はその腕に引かれるように
ゆっくりと立ち上がりました。
高島氏はいつの間にかフリーでカメラをかまえ、
二人をファインダーの中に捕らえていました。
私たち三人は、すでに撮影が始まったことを悟り、
再びスタジオの隅にその身を隠しました。
スタジオ中央で三上氏と妻は向かい合って立っています。
三上氏の下半身はジーンズだけで、上半身は裸です。
盛り上がった背筋と均整のとれた逆三角形の身体が、
洋服を着ていた時のイメージとはまるで違って、
男性の逞しさがはっきりと伺えます。
妻はバスローズに袖を通していますが、帯は巻かれていません。
その裾が広がらないように、胸元で襟を握り締めている姿が、
妻の現在の心細さを物語っていました。
三上氏は妻の細い肩に両手をかけました。
キシーン・キシーン・キシーン・・・・
連射モードの高島氏のカメラが二人を捕らえ、
高速で記録していきます。
「今度は先生のカメラを意識しないで下さい・・・
あたなのシャッターチャンスは僕が演出しますから・・・」
三上氏はそう言うと肩にかけていた両手を、
バスローブの襟を握り締めている妻の両手に添えました。
力の抜けた妻は三上氏に抵抗すらできません。
三上氏はあっさりと妻の手からバスローブの襟を奪うと、
自分の目の前で大きくそれを広げ妻の身体からバスローブを
剥がし取りました
。私たちの見てる前で、妻は再び全裸を晒されたのです。
しかし、先ほどのヌード撮影の時の妻の身体とは明らかに
違って見えました。
まるで今から始まる性なる儀式を待ち望んでいるかのように、
妻の身体は準備を始めているように感じました。
キシーン・キシーン・キシーン・・・
先ほどの撮影とは違い、
高島氏は大きなストロボを使用せずにカメラのシャッターを
切り続けます。
三上氏は妻から取り去ったバスローブを手に取ると、
それを丸めてスタジオの隅にあるバスケットに入れました。
そして自らもジーンズも脱ぐと、
その下に着けていた黒のビキニパンツまでも
あっさり脱いだのでした。
三上氏の下半身には、今まで見たことのないくらいに大きく、
そして堅く怒張したペニスが天を突き刺すかのような勢いで
そびえ立っていました。
三上氏はそれを少しも隠さず、再び妻の前に立ちました。
私たちが見守る中、ついに二人は生まれたままの姿で向かい合いました。
私は息が詰まるおもいで、二人を見守るだけでした。
女性としては背の高い方である妻ですが、
三上氏と向かい合うと両者の背丈がとても良いバランスであることを
改めて感じ、いっそう私の嫉妬心をかき立てました。
三上氏と向かい合った妻は、
自分の胸を隠すかのように両手を胸元でしっかり結んでいました。
「さぁ、素直に感じてください・・・頭で考えてはいけません・・・」
三上氏はそう言うと胸元で結んでいる妻の両手を
その手でやさしく包み込みました。
そのまま首を傾け、妻の首筋にそっと自分の唇をつけました。
「んっ・・」
すぐさま妻は三上氏の行為に反応を見せました。
高島氏はそんな二人をいろいろな角度でカメラに収めていきます。
三上氏の動きはまるでスローモーションのように
ゆっくりとしています。
妻の耳たぶから肩にかけて何度も唇ではにかみます。
その行為はあくまでも優しい動きです。
そのたびに妻は目を閉じてかすかな吐息をもらしました。
ほどなくすると、三上氏は大股を拡げて妻の背後に回りました。
三上氏の片方の手は妻の結ばれた両手を握ったまま、
もう片方の手を反対側から回して妻のもう一方の腕を取りました。
三上氏の両手は背後から妻の両腕を握り、
胸元で結んでいたその手はあっさり引き離されてしまいました。
「いやっ・・」
私たちの目、さらに高島氏のカメラの前には、
隠す物がなくなった妻の前身が飛び込んできました。
妻の両乳房の中央にある小指大の乳首は、
これまでにないくらい堅く尖っていて、輝いて見えます。
三上氏の唇が再び妻の肩をついばみ始めると、一瞬入った力が、
妻の身体から抜けていくのがよくわかりました
。二人の手はしだいにその指をからめていたのです。
大きく怒張した三上氏のペニスは、妻の背後でそのくびれた腰に
触れているのではと気になりましたがこちらからはよく見えません。
高島氏は左右に動きながら妻の前身を撮影していきます。
三上氏は妻の両手を離さないまま、妻の首、肩、
そして背中に唇を交わしていきます。
もろく壊れてしまいそうな妻の白く細い肩に向かってついば
むような口づけは、ちゅっ、ちゅっ、とかすかな音をたてては、
カメラが発する連射のモータ音にかき消されて聞こえなくなっていきます。
「・・・んっ・・・」
妻の顔が歪んだように反応すると、
高島氏のカメラがその表情をタイミング良くカメラに収めていきます。
三上氏はその口での愛撫をとぎることなく、
今度は妻の背中からその位置を少しずつ下の方に向かっていきます。
妻は三上氏の唇から逃れるかのように、少しずつ、少しずつ、
後ろに手を取られたまま前かがみの態勢になります。
「敦子さん、顔をあげてごらん」
三上氏は妻にそう言うと、ゆっくりとその顔を上げていきました。
その表情はすでに私が一度も見たことがない、
恍惚の表情をしていました。
高島氏はその状況を逃すことなくカメラに収めます。
「そう、素敵ですよ。あなたは今からもっと素敵になりますよ」
三上氏はそう言うと、再び再び妻の背中に唇を這わせていきました。
私の妻、敦子が見せるこの表情は、まだ序章に過ぎないのか。
私はこれから妻がどんな風に変わってしまっていくのか、
不安を感じずにはいられませんでしたが、
それを見届けたい気持ちが、
私の不安に打ち勝ってしまっていました。
キシーン。キシーン・キシーン・・・
高島氏はカメラの何度も角度を変え、
妻の表情をレンズに収めていきます。
先程までの撮影では『静』のカメラマンでしたが、
今はその身体を年齢を感じさせないほどに、
アグレッシブに動かす『動』のカメラマンになっていました。
あの作品から出てくる迫力は、
まさにこの動きから生み出されたもの…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
★格安の海外旅行は不便でしたが
2016/10/26 20:35
2016/10/26 20:35
 格安の海外旅行だったので、二組一部屋という不便な条件でした。私ども夫婦は、母親と娘さんの組と相部屋になりました。夕食は同じ食卓で話がはずみ、ご主人は早く亡くされ、娘さんはメニエル病とかで長く入院されていたとかでした。お隣の卓はご夫婦同士で、

 漏れてきた話は、今夜は同室でもしてしまうかも、との話でした。こちらの母親の方にもこれが聞こえたようで、旅行の楽しみでしょう。私たちに構わず遠慮せずにされてもかまいませんよ。と耳打ちされました。部屋にもどり、ふろの時間になり、家内に話すと、あちらの奥様が、欲求不満なのと娘さんにも教えてあげたいのね、と同情的でした。
 カラオケコーナーで数曲流した後…
小学生にレイプされました
2017/11/12 00:19
2017/11/12 00:19
私は小学生にレイプされました。 ある日酔って帰宅途中、ある男性二人に公園の奥に連れ込まれ、そこでレイプされました。 彼らに裸にされ何回か前も後ろも犯されました。 しかし、警官らしき人が見えたみたいで私を全裸のまま放置して逃げてしまいました。 私もショックで涙が止まりませんでした。 解放されたものの縛られてもがきもしましたが無理で、また全裸の恥ずかしさと猿轡されていて人も呼べずにいたら朝になってしまいました。 すると小学生らしき人たちが昆虫とりにきたみたいで、私は彼らに発見されました。 私は彼らに足を広げられあそこをジロジロ見られました。 抵抗もしましたが、彼らは力が強く好奇心もありかないません…
会社の倉庫で他人棒をくわえる妻
2015/11/24 21:00
2015/11/24 21:00
結婚して半年、私は毎日が楽しくて仕方がなかった。
妻と知り合ったのは、いわゆる合コンという奴だ。私がいた支店の取引先に、業界でも比較的老舗のデパートがあり、そこの経理部の男に誘われたのだ。
「俺らの業界はだめっすよお。うちの店の女のこなんて、俺らのことなんて無視っすよ、無視。将来性ないから。田村さんがコンパきてくれたらサイコ―にモテるとおもいますよ」 彼は少し卑屈な笑い方をしながら言った。


「N銀行っつったら、最大手っすもんね。それも田村さんはバリバリ出世コースだし」
最近融資をしぶるようになった私の会社に気を使ってか、彼は必要以上にへりくだっている。
結婚する前に (男同士の体験談)
2015/11/08 16:30
2015/11/08 16:30
私は普通に女性が好きで、半年後には結婚も予定している身なのですが 昔からペニスに興味がありました 最初はフェラされている時に、フェラするのってどういう感じなんだろうという 興味を持ちました そしていつしかペニスをしゃぶりたいから ペニスをアナルに入れられてみたいという興味に昇っていきました 決してホモでは無いと思い込んでいるのですがペニスに対する性的な憧れが抜けず いつもそういった類の画像や動画でオナニーをしていました しかし結婚が決まってからは籍を入れる前までに一度だけ本物のペニスを体験してみたいという 思いが抑えきれなくなり出会い系のサ…
嫁を後輩に寝取らせました 続37編【エッチ体験談】
2016/08/01 07:24
2016/08/01 07:24
前編は以下のとおり 雰囲気的にもう終わり。 シャワー浴びて戻ってきた後輩が、ワイシャツを着てたのが 見えた時は、少し安堵した。 残り2時間程度たったので、再生を早回し。 みるみる明るくなって行く部屋の中。 動画に写ってなかった夜中の数時間や耳元の嫁の囁きを どうやって後輩に聞こうかと考えていると、7時30分位だったと思う。 服を着た嫁が後輩の手を引いて部屋に入ってきた。 軽くフェイントというか、出し抜かれた感じがした。 安心したのに見事に裏を書かれた?みたいな動揺。 明るい部屋の中で抱き合う二人の下半身だけが見えた。 顔の方は写ってなかったけど、…
【人妻体験談】妻が浮気していたが、本当の意味で相手は獣だった
2017/01/06 12:02
2017/01/06 12:02
妻(七海:33歳)と結婚して8年を迎え、7歳になる息子も居る35歳の公務員です。 何度か役所を訪れる美人OL(妻)に一目惚れし、こっそり口説いて付き合う事が出来ました。 彼女は色白肌で小顔、海藤愛子アナに似た感じです。 2年程付き合い結婚する事になったんですが、妻は一人娘だったので婿養子として私が彼女の家に入る事になりました。 妻の実家は街の中心部から5km程、山間に入った小さな集落(60軒程)で、しかも更に奥にあり、平屋で小さな家でした。 子供が出来て数年、実家から100m程離れた所に新居を建て、別々に暮らす事にしました。 とは言え、実家は直ぐ近くでしたので、毎日の様に夕食を一緒に食べたり…
悪魔のような少年10
2016/05/07 00:01
2016/05/07 00:01
大雅様から化粧、服装、下着に関し色々命令があり、私は徐々に変わっ ていきました。服装も地味なものが好きな清楚なタイプでした。そのわた しが、口紅は目立たないベージュピンクから真紅の艶リップへ、アイメイ クは、ほとんどしていないませんでしたが、濃いブラウン系にしました。  服装は、胸が強調されるサマーセーター.キャミソール、スカートは膝上 10cm以上のミニスカート。バンティーは以前のものを全て捨て、全部Tバ ックにしました。  当然ながら、近所の人、子供達からも変化の理由を聞かれます。その都度 「気分をリフリッシュしたいの。変わらなければできないでしょ。」と苦し い言い訳をしました。外見以上に…
弟の彼女が可愛すぎたから私から誘って
2017/04/14 18:19
2017/04/14 18:19
弟が彼女を家に連れて来たのが始まりだった。 私は軽くあいさつをしたあと、自分の部屋でテレビを観ていた。 しばらくすると、弟と彼女が私の部屋に入ってきた。 「ごめん、俺ちょっと用事があってさ、ちょっと外出てるから、ちょっとこいつの面倒みてやってくれよ」 そう言い残して弟は家を出た。 弟の彼女は、大人しく真面目な感じの、黒髪が似合う可愛い女の子だった。 「どっちから告白したの?」 そういう話を振るだけで顔を真っ赤にする。 可愛い・・・。 しばらく他愛のない話や雑談などで談笑する。 その子が見せる飾りのない笑顔や、意外と人懐っこいところに私の心はキュンと疼いた。 少し悪戯心が芽…
処女な女友達二人に手コキされて大量射精した話
2017/05/24 02:02
2017/05/24 02:02
処女の友達2人に射精の実物を見せるってことで、

最初はオナニーを要求されたが得るものがないので断った。

そうすると立場的に「そうですか、ならば止めましょう」

と言うわけにはいかなくなった女友達が手でならいいよと譲歩。

友達2人もクラスメイトなので相当恥ずかしかったが、

童貞の俺は手コキの誘惑に逆らうことは出来なかった。

3人は普通に服を着ていたが、

さっきまで見ていたらしいAVがオカズ代わりに再生されることになった。

トランクスを脱いだときから俺はビンビンで、

処女2人から嬌声が上がった。でかくない?とも言っていた。

ちょっと誇らしかったが、すかさず女友達に

「…
かおり部長
2016/06/16 12:05
2016/06/16 12:05
私は、某住宅メーカーの営業部に勤める32歳の独身者男です。私の所属する営業部の部長は40歳の女性部長です。 名前はファーストネームが「香(香り)」さんです。勿論、職場では「部長」と呼んでいます。 あえて今日は、「かおり部長」と書かせていただきます。かおり部長は仕事も有能でスピード出世の典型的な方です。でも、仕事ばかりの方ですから未だに結婚相手は見つからないようで独身です。私から見れば自分が立候補したいくらい綺麗な方です。ただ、男勝りの性格で近寄りがたさのようなものはありますけどね。そんなかおり部長の下で働く私達の営業部で去年の暮れの忘年会のことでした。3軒程のお店を飲み歩きの梯子をしました。1…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・マンションで朝から夜まで

・【熟女体験談】通勤電車で密着した同僚の美魔女社員に本格的な痴漢プレイ

・もし未来穂香が学校でいじめにあったら?3

・ハロウィンの夜男達に悪戯された体験談

・ホテルの夜勤中の出来事

・上京したら中学生と友達になり… ?

・今は他人の妻なので・・・

・強姦された人妻の末路は

・【人妻体験談】ホームステイ先でオナニーしてたらおばさんに見られSEXしてしまった

・【熟女体験談】ノンアダルトの出会い系で知り合った無反応な全身網タイツなロボットおばさんとのSEX

・【不倫】家庭訪問に来た女教師を酔わせて

・ロリ系 人妻ヘルスで中出ししてやった

・人ゴミを避けた静かなビーチが間違いでした

・ピンサロ店で中出し出来るなんて最高

・僕のセックス体験

・ある病院に勤めています

・【人妻体験談】夫婦喧嘩で家を飛び出した人妻が居酒屋で知り合った男性とランデブー

・【熟女体験談】息子とオムツプレイをしてオチンポ注射で中イキ絶頂

・強制中出しで援交娘を退治

・【浮気】彼氏がいるのに無理やりされて感じる自分に興奮して

・【露出】頼んでもないのに露出してくれる女子大生のモデルさん

・【羞恥】全裸サイクリングのトラウマ

・先生も恐れる不良に処女を奪われた私

・【熟女体験談】デブ美人な母が全裸でバイブオナニーをしていたのを見て近親相姦レイプ

・これが人間のすることか ネパール人暴行殺害事件

・同じアパートに住む知り合いの離婚人妻

・俺か出会い系で童貞卒業したときの話

・【人妻体験談】大きなたらいの中で巨乳な未亡人にパイズリされて対面座位挿入中出しSEX

・CFNM小学1年生の頃スカートめくりが流行っていました

・【レイプ】小柄で茶髪のJKを雑木林に押し倒して