寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【熟女体験談】ケバくてエロいおばさんとの濃密なカーセックス

2018/10/20 18:02


2018/10/20 (Sat) 僕が営業マンでスーパーを毎日回っているんだが
再雇用されたケバくてエロいおばさんと
濃密なカーセックスをした事がある

名前はDさんといい57歳の年増おばさん

この五十路熟女は
かなり性欲が強い痴女おばさんで
50歳過ぎても男女トラブルを起こしてしまい
数年前に理事(おじいちゃん?)との不倫がばれて
依願退職するはめになってしまった

辞める時は金融の統括で
いわゆるインテリ熟女だった

理事に過剰融資していたとか噂は色々あったけれど、
僕にとっての想い出は、
スタイルはやや大柄で腰からももが太く
足首の締まった大根脚だ

当時から顔は化粧ばっちり手入れされて
ケバくてエロいおばさんだった

その頃、僕は二十歳でウブだったので、
五十路熟女のDさんをおかずに
オナニーしていたこともあります

新人は

「掃除とゴミ集めをしなさい」

とDさんに言われていたので、
それを守ってほぼその日の仕事の終える6時頃に
フロアーのゴミ箱のゴミをゴミ袋に毎日入れていました。

2年だけの仕事つきあいでしたが、
ケバエロ熟女のDさんの言うことを守ったので
かわいがられました

Dさんは栄転していきました

同じく僕も他に支所に転勤しました

それ以来、熟女にやみつきになりました

おばさん好きの発端はDさんなのです。

4月の中頃そのスーパーに行く機会がありました

そのケバくてエロい豊満熟女のDさんと
また話ができるなんてと思い、
わくわくして行きました

Dさんは奥の調理場に居ました

デブっとした感じがしました。
「もっと上半身のスタイルはよかったはずなのに」

と思いました。

挨拶をして

「夕方お茶でもしませんか」

と誘うとあっさり

「いいわよ」

との返事でした。

互いに車で待ち合わせて隣の市の喫茶店にいきました

Dさんの話を聞くと、
不倫騒動で、ご主人とは家庭内別居状態

離婚はしていないそうで
家事はDさんがされているとのこと

ご主人は体裁を繕う人で家ではほとんど会話なし

「Dさん、失礼なこと言ってすいませんが、
なにか太った感じがしますけど」

「ええ。ストレス太りよ。
みんな周りの人は知っているじゃない、
不倫して辞めさせられたこと。
口の軽いおじんにひっかかったのよ」

さすがに10年も経っているので
Dさんはお腹のでた三段腹の
おばさんになっていましたが、僕の好みでした

「でも、やせた人よりふくよかな人の方が好きですよ。
あったかく感じますもん」

「佐藤君(僕の名字)なかなか営業上手になったわね」
「ありがとうございます。
ところで、この後は家に帰るんですか」

「家に帰ってもおもしろくないし。
子どもは出ていって気むずかしい
主人と顔を合わせるのがストレスよ」

「よかったら、カラオケでもいきませんか」

「いいわ。主人今日遅いと言ってので、
9時までなら良いわよ」

「まだ6時ですよ。行きましょう」

Dさんと近くのカラオケ屋に
それぞれの車で行きました

歌を歌ったり昔話をしている間に
僕はDさんに肩をかけました

「実は僕、主任のこと気になっていたんです」

「ええ、こんなおばさんを」

「僕、主任のような体型が好きなんです」

「本当、もう大太りになったわよ」

「主任」

僕はDさんの口を奪いました。
するとDさんは僕の股ぐらを触りだしました。

「私も佐藤君のこと、気になってたわよ」

思い切って聞いてみました。

「最近Hはしてますか?」

「ないに決まってるでしょ」

「あの不倫の件以来、私は有名人よ。
もう3年もないわよ」

「主任、触らせて」

「いいわよ」

僕は立ち上がり、ソフアーに腰掛けているDさんの
ズボンを膝までおろしました

眼下にお腹とおへそがすっぽり入った
薄いパンストと小さな黒のパンテイが見えました

パンストの縦線が妙にいやらしく感じ、
僕のチンポはいきり立ち、Dさんの小股を指でさわりました

人差し指でくるくるグラインドさせていくと、
ムチムチデブな豊満熟女のDさんの膝は
動いて開きだし、ズボンも落ちました

「あーあー」

少しずつ声が漏れ出しました。

Dさんの股に顔を埋めると、熟女の臭いがしました。

パンストの上から陰部を繰り返しなで回すと

「もう少しでいきそう。
もっと激しくさわって」

「こうですか?」

中指でクリトリスあたりをきつく押しつけながら触りました。

「佐藤君、いく。いくいく」

Dさんはももを開いたり閉じたりしていました。
それから

「いくー」

といってDさんは僕の手を止めさせました。

身体が伸びがくがくと3~4度震えました

「気持ち良かったわ。
今度は佐藤君のおちんちん触ってあげたい。
してほしいでしょ」

「もちろんです。
でも、ここでは落ち着かないかも」

「佐藤君の車、ワゴンで大きいでしょ」

僕の車の中で続きをすることになりました。
すぐに会計を済ませ、外に出ると辺りは真っ暗でした。

僕の車の後ろ座席に座り、カーテンをしました。

前座席との幅を広く取り
Dさんがひざまずけるようにしました

Dさんはズボンを脱ぎ、
僕もパンツ1枚だけにして座席に座りました

五十路熟女のDさんは僕のパンツを下げ、

「おちんちん大きい」

と言ってしゃぶりつき濃厚フェラチオしてくる

じゅぽじゅぽと音がします。
金の玉袋の裏もなめてすってくれます。
僕は溜まらず「あーー」
と声を出してしまいました。

「主任、入れたいです」
「いいわ、おちんちん入れて」

僕はDさんを毛布を引いた床に寝させ、
お腹まで手を伸ばし大きいパンストを始めに
脱がし片足に留めました

パンツに手をやるとじっとり湿っていました。

「早く入れて」

とDさんのおねだり。

僕は

「まーだ」

と言ってじらしてパンツの上から
電マのように陰部をこすりました

「あーあー、いやいや、うん、あー」
それからDさんのパンツを降ろしパンストと一緒にしました。
すでに洪水です。

「Dさん、びちょびちょですよ」

「嫌らしいこと言わないで。
はやくおちんちんほしい」

「もう三回言ったらあげますよ」

「ほしい。
佐藤君のおちんちんほしい」

スケベな顔をしながら淫語を発する
三段腹の年増熟女

「じゃあ入れますよ」

僕は亀頭を膣口にあて一気に差し込み
カーセックス!

「あー」
と大きな声。

ゆるゆるのマンコでしたが淫汁がチンポにまとわり付き、
ぬめってした感触がたまりません。

「佐藤君、抱いて」
二人とも服は着ていましたが、Dさんに覆い被さり再び口を奪いました。
ゆっくりチンポをマンコの中でピストンしました。

「あっ、あっ。気持ちいい」

「もう逝きそうです」

「いいわよ、きて」

お腹が出ていてフィット感がよくて気持ちよかったので、
Dさんの中で激しくラストスパートしました。

「あーあー、いいーいいー」

ジュポジュポ出し入れのエロい音がします。
車内には淫汁の臭いがします。
僕はもう逝きそうでした。

「逝って逝って、おちんちん逝って」
「中へ出しますよ」
「大丈夫よ。
一緒に早く逝って」
それからDさんの膣に精液を流し込みました。

「出てるー」
僕には2度ほど絶頂が来て大量の精液が放出されました。

「いっぱい出てるー」
と言ってからDさんはぐったりしました。
そしてゆっくりチンポを抜きました。

「気持ちよかったですか」
「うん。
気もちよくてエッチ我慢できなかったの。
佐藤君もいっぱい出たわね」
「いっぱいたれてますよ」

Dさんは自分の手で膣口を触り「そうね、いっぱいね」
と言って起きあがって僕を抱きしめキスしてきました。

「これからも会ってくれる。
私さみしいの」
「主任、いいですよ。
でもみんなに知られないようにしましょうね。
僕もまだ結婚もしていないんで」
「もちろんよ」

以来、2週間に1度くらい会ってHしています。
もちろんいつも口に出すか中だしです。
Dさんから連絡の来ることが多いです。

人目があるし、Dさんもまだ家庭があるので早く帰らなければなりません。
でもDさんは「Hしたい」
というので、ほとんど帰宅時にパチ屋か大型スーパーで待ち合わせ、Dさんが僕の車に乗って30分ほどのHです。
でもDさんはそれでとても満足しているようです。

僕の趣味にDさんは応えてくれるので、今のところ僕も満足しています。
一番安心してHできる熟女なので、僕の婚期も遅れてしまいそうです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦】姫初めから始まった俺と妹の中出し生活[第1話]
2016/07/09 09:00
2016/07/09 09:00
今日は元旦。昨日から今日にかけて、7歳下の23歳の妹とやってしまった。まあ勢いというか。マズいとは思いながらも。 でもこれからも妹とやっちゃいそうな感じかな。 で、昨日の大晦日。初詣に行こうか!ってことになった。親父、おふくろは眠いから、二人で行って来いということで。紅白歌合戦の途中だったけど、除夜の鐘も聞いて、ついでに江の島で初日の出も見ようってことで俺の車で出発。今日(元旦)の昼ごろ帰るからってことで。 「おい、ノリ(紀子)眠かったら、寝てていいぞ。お寺着いたら起こしてやっから」 「お兄ちゃん悪いねえ。じゃあちょっと寝るね」 妹は着付け習ってたから、正月だってことで和…
【痴漢・レイプ】薄着のお母さん
2016/05/17 05:34
2016/05/17 05:34
出張に行ってきました。 博多から在来線の特急に乗りかえて、とある地方都市へ。 帰り、博多までの特急の車中での事です。 僕の席は窓側で、隣は空席。 通路をはさんで反対側の席には、2才ぐらいの男の子を連れたお母さんと、お婆ちゃんの3人組。 お母さんは、サマードレスというのでしょうか、真っ黒で簡単な作りのミニのワンピース。 露出度高めで、期待大です。 普通にしてても、腋や胸の膨らみ、服と同色のブラがチラチラ見えます。 少し動くと、すぐに肩紐が下がってしまいます。 しかし、お母さんはわりと無頓着で、時々ブラの肩紐まで一緒に下がってしまっています。 男の子がけっこうヤンチャで、車内を走り回ったり座…
【姉との告白体験談】マジで昨日姉とセックス直前まで行ってしまった
2015/10/29 14:13
2015/10/29 14:13
1:名無し募集中。。。:2012/08/21(火)21:47:58.090 性欲と巨乳の魅力に勝てなかった今日超気まずいわ最後までやらなくてよかった 4:名無し募集中。。。:2012/08/21(火)21:49:05.810 50近くになってなにやってんだ10:1:2012/08/21(火)21:50:54.660 50近くはないけどもう30近い 姉は33でまだ独身だ 母は昔出て行ったから親父と三人暮らしだったが親父が入院してて、 昨日暑くて姉がノーブラでキャミソールだけだったんで我慢出来んかった 14:名無し募集中。。。:2012/08/21(火)21:51:26.220 33w…
入社したばかりのころ、彼氏持ちの同僚OLを寝取って生はめセックスしたHな体験談
2015/11/16 16:02
2015/11/16 16:02


私が20歳の時、ある会社の事務職員として就職した。

その事務所に自分の席から少し離れた所に小柄の女性がいた。

飾り気があまりなく感じとしてはかわいいという感じの女性だった。

服装は上は制服の白い事務服だが、

下は自前でその女性はほとんど紺のスカートを履いていた。

女性の名は真樹といった。

歳は自分より2歳年上だった。

真樹さんはいつも白い事務服の背中にブラジャーが透けていた。

肩紐が4本透けていたので、

ブラジャーとキャミソールを付けている事が多かった。

一目ぼれをした私は事務所内で声をかけたりして近づいていった。

数日後会社が終わってバス停でバスを待っていると真樹…
男友達たちに無理やりパイパンにされて犯された
2017/06/15 07:19
2017/06/15 07:19
私は東京の某出版関係で働いている23歳のOLです。 私の出身は東京だったのですが、高校時代から関西の方に興味があったことから、大阪の北部にある関◯大学に行くことにしました。 将来マスコミ方面に進みたかったので社会学部に入学したのですが、今日は学生時代の悲惨な体験を告白したいと思います。 それは私が4回生の時でした。 就職活動も終わり、私は大阪での残りの学生生活を楽しもうとしていました。 あれは、私の誕生日のことです。 私の所属するゼミのクラスメートがバースデーパーティーを開いてくれました。 その日は男の子6人、女の子は私を含めて4人で、大学の近くの居酒屋に行くことになりました。 …
【姉】姉ちゃんのオッパイ【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/25 03:56
2017/10/25 03:56
の初日、実家から姉が遊びに東京へ来ました。 姉は歳ですが、昨年の夏に初の出産をしてから遊びに出掛ける余裕が無く、 今回の連休に思いっきり羽を伸ばす為に子供と旦那を置いてやってきました。夕方近く、マンションのインターホンが鳴り大きなバックを抱えた姉がやって 来ました。姉と会うのは昨年の産後の病院以来です。 僕は驚愕と共に瞬間的に勃起してしまいました。何故なら、姉のその巨大過ぎる 胸に・・・もともと姉は爆乳でした。まだ実家で同居していた頃にオナニーのネタ に姉のブラを使っていた時に見たサイズは既にでした。僕が重度の巨乳 マニアになったのは、姉の存在が影響していると確信しています。 姉はジャケッ…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】24歳人妻麻美【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/07 19:16
2017/03/07 19:16
2005/09/20 05:24┃登録者:えっちな名無しさん◆UJY3VeQY┃作者:名無しの作者麻美、24歳結婚3年目、理恵子の友人、158.5cm(申告)B89.4cmW56.7cmH87.6cm(実測)吉岡美穂似、子供無し。2001年X,masイブ強制種付けを理恵子の御蔭で免れた麻美を、2002年最初の生贄にする。2002年1月18日(金)PM10時00分、俺は麻美の家から少し離れた所に車を停めた。玄関の呼び鈴を鳴らすと、厚着をした麻美が顔を出した。時間ど通りねと言いながら、俺にスキーの板を渡す。...実は梨恵子の結婚式の2次会で意気投合し、すっかりお友達(笑)なのだ。メールや携帯で、…
傷心の彼女を慰めているうちに欲情してしまったが・・・
2018/09/05 08:33
2018/09/05 08:33
【体験談】妻の浮気で寝取られM男としての生き方を開発されてしまった
2016/05/05 21:30
2016/05/05 21:30

妻は37歳で
とてもスレンダーで若く見える美人な嫁。



生保レディの仕事をしている妻は、
いつも8時ごろ帰宅の準備をする。



たまたま自分の仕事の関係で
近くを通ったんで、
ついでに迎えて一緒に帰ろうかと思い、
妻の会社まで行ったら、
ちょうど事務所の明かりが消えたところだった。



もう居ないのかな?

と思って、出口の方に目をやると、
妻が40歳ぐらいの渋い男性と出てきたところだった。



すぐに声を掛けて見ようとすると、
なにやら二人の様子がおかしい。



手を繋いでいたのだ。



やが…
【レイプ体験談】友達の母親と俺の母親?A
2015/10/30 20:53
2015/10/30 20:53
俺のお袋をおもちゃにして童貞を捨てたTとY。 なんだか急におとなびて見えた記憶がある。 お袋は次の日は何もなかったかのように起きてきて「ああ~良く寝たわ。お酒飲むと眠くなるのよね~。たまにはいいか(笑)」と言いながら、朝ご飯を準備した。 学校へ行こうと思うと玄関からTとYの声がしてお袋と話している。 「今日は二人とも早く起きちゃって、一緒に行こうと思って迎えに来たんです」と言う声だ。 俺が玄関に出ると二人ともにやっと笑って、昨日の余韻を楽しみ化のようにお袋の顔を覗き込んでいた。 「お前のかあちゃん、すごく気持ちよかった」「もう一回やりたいな」学校へ行く間中、二人はお袋の体がいかに気持ち良か…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・義父と嫁のセックス 05

・【寝取られ】バイト先のイケメン大学生に孕まされた嫁

・高身長を気にしてた同級生の女子大生と一緒の布団で寝た

・透けた競泳水着

・綺麗な妻には過去がある

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・叔父の奥さんに憧れていた若き俺のエロ歴

・日曜日のタダマン中出し

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【熟女体験談】毎朝立ち寄るコンビニの小奇麗なおばさんと中出ししてハメた

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・「わたしが教えてあげようか」から3Pへ

・大嫌いだった従姉妹の話する

・オーナーの指導を色々受けているバツ1女です

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[後編]

・【人妻体験談】人妻とスローセックスを楽しみながら中出しして何度もイキまくる

・腰が立たなくなるまで攻める旦那の後輩

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[前編]

・持病

・【初体験】伝言ダイヤルで知り合った年上女性と童貞卒業

・姉弟の話

・高校ボクシングの試合の計量

・【熟女体験談】根気強く店に通ってスナックの熟女を口説き、ホテルに持ち込んで中出しSEX

・悲鳴とともにのけぞり、又しても失神・・・・・・

・【人妻体験談】野獣のようにSEXのに没頭し、歯止めが効かないくらい連絡してきたエロい人妻

・他人の妻を逝かせた

・クビになるよりマシだもんねと色気で

・【不倫】学芸員をしている真面目な主婦ですが・・・。

・タオルバリアー

・パート先の仕事でレジ打ちをしている主婦です