寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【レイプ】学校一の美少女を眠らせて縛って

2018/10/19 22:00


学校一の美女を犯った。名前は真希(仮名)、名前のとおり後藤真希に似ている最高の女だった。他の学校にも噂が行く程で、よく他校の生徒も見に来ていた。当然真希に告白する男も多かったが、真希を射止めた男は1人もいなかった。
俺は見た目も悪く、もちろん真希に相手をしてもらえるはずもなかった。そんな俺はいつも真希をおかずにしてた。そんなとき、ネットで睡眠薬が購入できることを知った。俺は頭の中ですでに真希を犯していた。しかし俺は臆病だったので、バレた後のことばかりを考えていた。
俺は入念に策を練った。そして、真希の習慣に気付いた。真希は週末、必ず1人で教室に残り、何かをしていた。チャンスはこの時だ。
そしてついに実行の日。いつものように1人で教室にいる真希。俺は忘れ物をしたふりをして教室に戻った。真希は振り向いたが、俺に声を掛けることもなく、そのまま何かをしている。俺はその隙に睡眠薬の用意をした。気付かれぬよう音を立てずに真希に近づく。そして一気に真希の口を塞ぎ、睡眠薬を嗅がせた。
「んーっ!」
激しく真希は抵抗した。俺は持てる力を振り絞って真希を押さえつけた。しばらくすると真希は眠った。このままでは見つかってしまう。俺は真希を抱えてトイレに入った。個室に入り、わざと扉も開けたままにした。最後に先生が見回りに来るその時に扉が閉まっていてはバレてしまうからだ。
それからどれぐらいの時が過ぎただろう。俺はじっと待ち続けた。目の前にはあの真希がいる。焦る気持ちを抑えた。
「誰かいるか?」
戸締りの見回りの先生が来た。俺は息を潜めた。そして先生が過ぎ去るのを待った。もう誰もいない。職員室の電気が消えたのも確かめた。この学校には俺と真希しかいない。俺の頭の中には、どうやって犯るか考えがあった。
俺は真希を保健室へと連れ込んだ。用意してあった紐で両手両足を広がるように四本の柱に縛りつけた。焦る気持ちを抑えて、まずその姿を写真に撮った。そしていきり立つ股間を押さえつつ真希が目覚めるのを待った。この時間がとても長かった。
「んっ、ん~っ・・・」
真希が目覚めた。
「おはよう」
ニヤついた顔で俺は真希に言った。
「んっ、えっ、何!?」
真希は両手両足が縛られていることに気付き錯乱していた。
「真希、お前ってホントに可愛いなぁ」
真希の頬を撫でた。
「やめてよっ、触らないでよ!何考えてんのよ、早く解きなさいよ!」
怒る真希の顔がまたたまらない。
「状況がよくわかってないみたいだなぁ、真希ぃ」
俺はそのまま真希の体を撫で下ろした。
「ふざけないでよ!先生に言うわよ!くっ」
必死にもがく真希。
「言ってもいいよぉ、ただ言えればの話だけどねぇ」
「ウソだと思ってるの、絶対に先生に言ってやる!」
「でも、その前に俺はお前を犯っちゃうよ」
俺はベッドに上がり、真希に馬乗りになった。
「やめてよ!誰かーっ!」
必死にもがく姿が俺の心をどんどんくすぐる。
「もう誰もいねぇよ。先生もみんな帰っちまったよ。さぁて、真希の体を見ちゃおうかな」
俺は真希のネクタイを取った。
「ふざけないでよ!」
そう言っても両手両足を縛った真希には何も出来ない。俺はその姿を楽しんだ。俺はゆっくりとブレザーを掻き分けシャツのボタンを一つ一つ外していった。
「やめてよ、バカ!」
そんな罵声が気持ちよく聞こえた。スカートからシャツを出し、すべてのボタンを外した。
「バカだとぉ、俺のことを散々コケにしてくれたよなぁ、お仕置きしてやるよ」
そのままシャツを掻き分けた。
「いやっ、誰かーっ!」
真っ白なシルクのようなブラだった。俺はジロジロと眺めた。
「見るな、バカ!」
俺は真希の顔を引っ叩いた。
「何すんよ!」
「いつまでも調子に乗るなよ、俺の言うことをきかないとどうなるか教えてやるよ」
「やめてよ!」
俺はゆっくりと真希のブラに手を置いた。そしてゆっくりと、いたぶるように真希の胸を撫で回した。Cカップ、いやDカップぐらいありそうだった。柔らかい真希の胸。誰にも触られたこともないであろうこの胸を俺は撫で回した。
「俺の言うことをきかないとこうしてやるよ」
俺はそのまま真希の胸に顔をうずめた。
「いやだっ!」
いい匂いだ、たまらない・・・。俺は真希の胸に顔をうずめ、そのまま真希の胸を揉んだ。
「やだっ、やめてよ!ふざけんな!」
でも俺は容赦なく真希の胸を揉みまくった。そして真希の顔を片手で押さえつけた。
「んーっ!」
俺は真希にキスした。真希は固く唇を噛んだが、そのままキスし続けた。舌を使って口を開けさせようとしたが、真希の口は固く閉じたままだった。でも予想はついていた。
「はぁ、真希ぃ、このまま犯すも犯さないも俺次第なんだぞ」
「ふざけないでよ!あんたなんか殺してやる!」
怒りに満ちた顔で俺を睨む。
「でも、こうされても真希にはどうすることも出来ないだろ?」
俺は冷静な顔で言った。
「・・・」
声を出そうとするが、出る言葉がない様子だった。
「俺も真希に無理やりなんてしたくないんだよ。でもこうなった以上、これでやめれないし、満足いくまでさせてくれたらセックスまではしないよ」
俺は優しく真希に語りかけた。黙る真希。
「キスさせてくれよ」
俺はそのままキスした。しかし真希は固く唇を噛み締めた。
「真希、このまま犯されたいのか?」
真希の口が緩んだ。俺はまたキスした。今度は真希の唇の感触がわかった。
(柔らかい・・・たまらない、あの真希とキスをしてる・・・)
そのまま舌を真希の口の中に押し込んだ。
「んっ!」
俺は真希の口の中で舌を転がし、強引に真希の舌に絡めた。固く閉じた目には、薄っすらと涙が浮かんでいた。俺はたっぷりと真希の唇を楽しむと、次は真希の胸を揉んだ。頭の中がおかしくなりそうだった。そしてブラの中に手を滑り込ませた。
「んーっ!」
声は出せない。俺が口で塞いでいるから。ブラの上から揉んでわかっているが、生の胸はさらに柔らかかった。俺の指が真希の乳首に触れた。優しく乳首を転がした。真希の顔は苦痛に歪んでいた。
「はぁっ」
俺はキスをやめ、片手でブラのホックを外した。そしてゆっくりとずり上げた。
「やっ・・・」
固く目を閉じ、顔を背ける。綺麗な乳首が顔を出した。まさにピンク色だった。
「綺麗な乳首だなぁ」
俺はわざと声に出して言った。更に固く目を閉じ、必死に耐えようとする真希の顔がたまらない。そんな顔を十分に楽しみ、俺は真希の胸にしゃぶりついた。
「いやっ、やだっ!」
必死に体をよじらせる。俺はかまわず真希の胸をしゃぶりまくった。手で触った感触とは違い、唇で感じる感触がまたたまらない。真希に聞こえるようにわざと音を立てしゃぶった。乳首を舌で転がし、軽く噛んだ。ビクンと動く真希の体が余計に心を躍らせた。
「やっ!」
片手でスカートを捲り上げた。そしてそのまま真希の太ももを弄った。何もかもが柔らかい。しゃぶるのをやめ、真希のパンティーを見た。ブラとお揃いの白いパンティーだった。
「も、もうやめて・・・」
震える声で真希が言った。
「でもなぁ」
そう言って俺は服を脱ぎ始めた。
「えっ、やだっ」
脅える真希。俺はすべて脱いで裸になった。
「やっ」
真希はいきり立った俺の息子から目を背けた。
「犯らないにしても、このままじゃ帰れないよ。わかるだろ?フェラしてくれよ」
「いやっ!」
必死に顔を背ける真希。
「じゃあこのまま犯っちゃってもいいの?」
俺は真希の手の紐だけを解いた。
「これでできるだろ。やったことはなくても、知らないってことはないだろ?」
「いやっ!」
逃げようとする真希。俺は真希の両手を掴み押さえつけた。
「セックスかフェラか、どっちがいい?」
「どっちもいやっ!」
必死にもがく真希。
「じゃあセックスするか?」
俺は片手で真希のパンティーに手をかけた。
「いやっ!待ってっ!」
「じゃあフェラしろよ」
しばらく黙った。
「ほらっ、セックスしちゃうぞ」
パンティーをゆっくりと下ろしていった。
「いやっ!するから!」
ついにこの時が来た。真希が自ら俺の息子をしゃぶる。
「ほらっ、まず握って」
俺は真希の手を強引に俺の息子に当てた。
「いやっ!」
必死に振りほどこうとするが俺は強引に握らせた。
「ほらっ、こうやってしごいて」
真希の手で自分の息子をしごかせた。
(これが真希の手・・・何度も妄想したあの手・・・)
「ほらっ、しゃぶれよ!」
真希の顔を強引に息子の前に持ってこさせた。
「やっ!」
顔を背ける真希。でも俺は強引に真希をこっちに向かせ、息子を口の前まで持っていった。
「ほらっ、こっからは自分でしろよ。やらなかったらわかってるだろうな」
真希は黙って抵抗もしなかった。
「本当に・・・したら許してくれるの?」
真希は涙目で訴えかけてきた。
「あぁ、約束するよ」
しばらく考え込んだが、真希は自ら俺の息子を咥えた。
「あぁ・・・」
真希の唇が俺の息子に触れた。見下ろすとあの真希が俺の息子を咥えている。
「ほらっ、そのまましごけよ」
真希は俺が言うがままにした。初めてのフェラだっただろう。上手いとか、そういう問題ではなかった。あの真希が、学校一の美女で、俺をコケにした真希が俺の息子をしゃぶっている。
「うっ」
ほんの十数回しごいただけだろうが、俺は真希の口の中にぶちまけた。
「んーっ!」
初めて入る男の精液に驚き、吐き出そうとする。俺は真希の頭を押さえて離さなかった。
「んーっ、んーっ!」
必死にもがく真希。俺はしょうがなく離してやった。
「ぺっ、ぺっ!」
俺の精液を必死に吐き出す真希。そんな姿を俺はニヤニヤ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ビリヤード中に声をかけてきたのは、女子大生と思ったけど子持ちの人妻でした
2016/08/04 19:30
2016/08/04 19:30
昼間に友達とゲーセンのビリヤードで遊んでるとき、隣の台で遊んでいた女2人組みに声を掛けられました。
2人もそれなりに可愛くて、こちらも喜んで受け入れました。
ビリヤードを終わらせて、カラオケをすることにした。

最初は大学生位かと思って接していたら、聞けば一人は24(マリ)でもう一人は22(ユミ)歳で、2人とも子持ちの人妻だった。
最初は信じられませんでしたが、2人の子供が同じ幼稚園に通ってるとのこと。




人妻のジャンルは未開拓だったので、妙に緊張してしまいました。
相方はすっかり気に入ってしまったらしく、マリに猛アタックしてました。

マリはのりのり典型的な遊びやタイプで…
【人妻体験談】地方転勤で出会った隣の人妻とのエッチ体験談
2016/06/08 00:13
2016/06/08 00:13
転勤でとある地方に赴任していたときの話です。 俺が住んでいたマンションは転勤族それも夫婦が多いマンションでした。 もちろん、俺は当時独身だったのだが。 ある日、空き部屋だった隣に夫婦が引っ越してきたのだが、冴えない旦那と目鼻立ちのくっきりした美人系の奥さんが挨拶に来たのがはじめての出会いです。 その時は、うらやましいとは思いながらも人妻に興味は無かった。 ある日、夕方間近の中心街からマンションに戻る近道でのこと。 結構細い道で対向をかわすのも一苦労するぐらい細い道で、二台の車がすれ違おうとしたとき、一台が畦に脱輪。 対向車は素知らぬ顔で抜けて行った。 で、脱輪した車から降りてきたのが隣の人…
彼氏に押さえつけられて、彼氏の友達にヤラれた話【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/16 02:48
2017/09/16 02:48
22歳ぐらいの時に付き合ってた人がいたんですが、今思えば相手は私の事をセフレとしてしか考えてなかったんだなぁ…と思います。 私は彼の苗字しか知らないし、会うのも毎週土曜日だけ、私のアパートでHするだけの付き合いでした。 彼はとにかく、 「巨乳なら何でもいい」 というタイプで、それだけの理由で私と付き合っていた感じ。 私も、彼氏いない暦7ヶ月くらいで寂しかったし、それでもいいと割り切っているつもりでした。 最初は普通にHしてましたが、だんだん彼の欲求が激しくなり、 「パンティを穿かずにパンストだけ穿いてほしい」 「この水着(どう見ても学生">小学生向けのピチピチのやつ)…
【痴漢・レイプ】兄嫁のパソコンに入っていた文章を盗み見た【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/10/24 20:59
2016/10/24 20:59
少し前、兄貴の家へ遊びに行った時、緊急の用件が入ってパソコンを借りた。兄貴のパソコンは修理中だったが、兄嫁さんが自分用のを快く貸してくれた。ついでに借りたメモリーカードにデータを落とし、必要な連絡をフリーメールで入れて、用件自体はほんの数分で終了。この時、ちょっとした出来心というか悪戯で、ドキュメントにあった文書も幾つかコピーして一緒にカードへ落としたんだ。自宅に戻ってから、落とした文書を改めてチェック。写真や動画じゃないから、ハメ撮りとかそっち系は最初から期待してない。本当に単なる覗きだけど、それもほめられたもんじゃないけどな。入ってたのは文字通りの『メモ』やメールの下書きの類。下書きも不…
人妻クラブへようこそ
2015/12/15 00:01
2015/12/15 00:01
あるサイトで人妻クラブという秘密クラブがある事を知った。興味本位でアクセスし、会員となった。 携帯に人妻クラブからメールが入電。 [明日、極秘会合有り。参加されたし]の連絡。取あえず出向いてみた。地下に降りてドアの前に立ち、呼び鈴を押す。 会員番号カードを見せ、中に入る。 暗い部屋の中に、5人程の女が下着姿でビールを飲みながら立っている。どうやら男は俺一人みたいだ。いずれ誰か来る だろうと思い、俺も服を脱ぎパンツ1枚になった。 奥から一人女が現れて「あなた新人さん?」と声を掛けてきた。そうだと言うと女は「じゃあ、今日は私があなたの相手」 といい、手を取り暗い部屋の角へ行き色々と話し込んだ。 あ…
女房は乱暴にされることをむしろ喜んでいるような声を・・・
2016/12/24 06:01
2016/12/24 06:01
俺が再就職した工務店の社長は、年齢の割りに押しが強くていかにも好色そうな
禿男だ。こういう男に妻がどうにかされてしまうことを想像して楽しんでいた。
いや、実際にどうにかされた妻を見てみたいとさえ思うようになった。
社長はY談が大好きで、酒が入ると俄然エロ自慢をする。愛人もいるらしいが、
「人妻」が一番燃えるんだとか言っていた。相当アコギなこともしてきたらしい。
そんな社長におれは女房のことを吹聴した。どんなことをしたら悦ぶとか、どん
な声で喘ぐとか、たわいもない話だが、社長はすぐに食いついてきた。

夏休みにとった水着の写真があるというと、見せろ見せろとしつこく要求する。
しまいには俺…
妻の輪姦実行日が待ち遠しい変態おやじ
2017/01/29 20:49
2017/01/29 20:49
0代の夫婦です。 私は以前から妻を他人に抱かせたいとの願望がありました。 子供も独立し、再び2人の生活になったので実行しました。 そこまでには、いろいろあったのですが長くなるので書きません。 相手に選んだのは甥のT君、大学生です。 甥ですので身元はしっかりしていますし、後腐れもないでしょう。 最初は私との3Pだったのですが、やがて私を除いて妻と2人でするようになりました。 私も妻を貸し出すだけで興奮します。 妻は私にしないこともT君に命じられたら、何でもするようです。 妻は言いませんが、彼からの報告で分かっています。 顔や口への射精はもちろんのことアナルやフィストファックも…
全く仕事ができないダメな私の巨乳を使った契約の取り方www
2015/08/05 16:02
2015/08/05 16:02
家庭の事情で大学を中退して、

苦労して事務の職を見つけました。

飲食店の業務用機器販売の会社なのですが、

入社してすぐどんな会社かわかりました。

事務職として入社しましたが、最初の仕事は営業でした。

1ヶ月目は先輩と一緒に営業をしましたが、

それ以降は1人で やることに。

毎日その日の成果を報告するのですが、

私は全くダメなのでいつも怒られていました。

営業職は給料も歩合の割合が高く、

売れない私は生活費にすら困るようになりました。

そんなある日、初めて訪問した飲食店でのこと。

ちょうど買い替えを検討していたということで、

店長と店員の…
【義家族】義娘の肉穴 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/03/05 09:28
2017/03/05 09:28
私が義理の娘理恵と初めて会ったのは、娘が4,5歳の頃でした。当時勤め ていた会社で部下だった今の妻みどりと不倫関係になり、ほとんど家には帰 らず、みどりの所に入り浸っていました。          その頃の理恵は当然子供だったので、不倫相手の機嫌を取る道具でしかあり ませんでした。しかも聞くところによると、理恵は前夫とその不倫相手の間 にできた子で、みどりとも血の繋がりは無いとの事でした。小学校低学年ま では普通に育っていきましたが、3,4年生頃から盗癖、虚言癖、家出が酷 くなり、よくそのことで折檻しました。そして終には手に負えなくなったの で施設にいれることになり、高校を…
カーセックスを覗いていたら興奮して知らないおじさんと・・
2016/08/03 12:00
2016/08/03 12:00
 

  私は、外回りの仕事をしている純子(仮名)といいます。
半年前、仕事中に、大学生くらいのカップルが、公園脇に車を停め、昼間なのにイチャイチャしていて、少し見てたんです。彼女がフェラしているのを見て、ビックリ!その彼氏のおちんちんは、凄く大きいんです。彼女は入れられてからは、狂ったように感じてました。そして、目が合いました。その時、彼女は私から目を離さず、まるで、人のエッチを見ている私を蔑んでいるようでした。確かに、私は2年間彼氏が居てなく、寂しい女でした。
惨めな気分になって、会社の車に戻りましたが、大きいおちんちんに突かれ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】義母と一緒にお風呂に入り、湯船の中でお互いに言い訳しながら生挿入SEX

・義父と嫁のセックス 05

・【寝取られ】バイト先のイケメン大学生に孕まされた嫁

・透けた競泳水着

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・叔父の奥さんに憧れていた若き俺のエロ歴

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【熟女体験談】毎朝立ち寄るコンビニの小奇麗なおばさんと中出ししてハメた

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・「わたしが教えてあげようか」から3Pへ

・大嫌いだった従姉妹の話する

・彼が私の中で果てたとき・・・

・オーナーの指導を色々受けているバツ1女です

・※妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活

・【人妻体験談】人妻とスローセックスを楽しみながら中出しして何度もイキまくる

・腰が立たなくなるまで攻める旦那の後輩

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[前編]

・持病

・【初体験】伝言ダイヤルで知り合った年上女性と童貞卒業

・人妻としての魅力

・【乱交】温泉旅行で代わる代わる3人の男に犯され続けた

・姉弟の話

・【熟女体験談】根気強く店に通ってスナックの熟女を口説き、ホテルに持ち込んで中出しSEX

・悲鳴とともにのけぞり、又しても失神・・・・・・

・他人の妻を逝かせた

・クビになるよりマシだもんねと色気で

・ラブホテル

・彼氏より俺のがいいだろ・・・

・パート先の仕事でレジ打ちをしている主婦です

・息子の部活をバックアップするつもりが、コーチと肉体関係を……