寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

2018/10/19 17:04


今から約二十年前、両親が離婚した。
当時小学2年生だった俺は、3つ上の兄貴と共に母方の親権になり、それを機に慣れ親しんだ埼玉からお袋の出身地である宮城へ移り住む事になった。
お袋の実家は農家を営んでおり、周辺には民家が数件しかなく、それ以外は全て畑や田んぼという少々不便な場所だった。
俺達兄弟は、近くにある古い木造校舎作りの小学校(現在は廃校)に通う事になった。
1学年1クラスしかなく、しかも全校生徒も100人に満たないという小規模な学校だった。
この学校は女子の比率が多く、俺の学年も13人の内8人が女子だった。
その中でクラスのリーダー的存在だった少女こそが、後に俺の妻となる景子だった。
景子は裕福な寺の三人兄妹の末っ子として生まれ、年の離れた兄二人に可愛がられて育った為、非常に男勝りで勝気な性格の持ち主だった。
景子は色黒の中性的な顔立ちで、母親を除く家族全員が長身であった為に景子自身も長身で、学年一の長身を誇った俺と比べても殆ど遜色がなかった。
尚且つ当時は、ベリーショートの髪型にボーイッシュな服装をしており、男口調で一人称も「オレ」であった為、俺も完全に男扱いしていた。
俺と景子は転校当初から仲が良く、毎日の様に放課後や休日も遊び、いつしか互いに唯一無二の親友になっていた。
進級してからもその関係は変わらなかったが、4年生になった前後から景子の身体が、徐々に女性らしい凹凸が出始めたのだ。
本格的に思春期に入ってからはクラスの中で一人、妙に色気だった体付きをする様になっていた。
いつしか景子もスポーツブラを着け始めたが、俺は敢えて指摘せずに今まで通りに接していた。その頃から少なからず、景子の事を異性として意識する様になっていた。
景子は発育が非常に良く。特に胸の成長は著しく同級生の女子と比べても群を抜いており、圧倒的ボリュームを誇っていた。そして5年生の春先の放課後、景子に呼び出されて彼女の家に赴いた時の事。
景子の部屋に入った途端、景子が真剣な面持ちに変わったのだ。
「・・・なあ、お前に折り行って相談があるんだが・・・その前に一つ約束してくれないか?・・・何があっても絶対に笑わないって、約束してくれるか?」
「お、おう・・・分かった」
問い質す景子の迫力に負け、俺は手拍子で頷いた。
発言の意図が分からず首を傾げていると、景子は着ていたセーターの裾を捲り上げた。
ブルンッ!と勢いよく白い無地の下着に包まれた乳房が姿を現す。二つの膨らみは成長途中ながらも確かな谷間を作っていた。
景子は小学5年生ながら既に、学生用の所謂制服ブラを身に着けていた。
「お、お前も・・・そういうのする様になったんだな?」
「うん、母さんがどうしても着けろっていうから・・・仕方なく」
「・・・因みに何カップあるんだ?」
「・・・・・・一応、Cだけど・・・もうすぐDになると思う」
小学生離れしたバストサイズに俺は耳を疑った。
「や、やっぱり、変かな?・・・こういう胸」
「そんな事ないよ。お前だって女の子なんだからいつかは大きくなるだろう?」
「グスン・・・でも・・・まだクラスの誰もブラ着けてないし・・・それに・・・うっ・・・ヒック・・・ただでさえ周りからジロジロ見られてるのに・・・これ以上大きくなると・・・恥ずかしいよ・・・エッグ」
景子は泣きながら、年頃の乙女のデリケートな悩みを語った。
俺は今までに景子のこういった一面を見た事がなく、だからその時の景子が可愛く想えてしょうがなかった。
「俺は、どっちかって言うと・・・お前の胸、好きだぞ」
「・・・本当?」
「うん、本当だよ」
気休めで言った慰めを聞いて、景子の顔が少し明るくなった。
そして部屋に暫しの間、沈黙が流れた。二人共顔を赤くし、時折目線が合わせるが羞恥心ですぐに逸らしてしまう。
そんな均衡を先に破ったのは景子の方だった。
「・・・さ、触らせてやるよ!」
「え?」
「だから、触らせてやるって言ってるんだよ!オレの胸好きなんだろ?ホラッ!」
景子はそういって俺の手を取り、セーターが捲れて丸見え状態だった胸に押し付けて来た。
ムニュゥゥゥ!
掌と指が非常に柔らかい感触に包まれた。
指先が乳肌に沈み込み、瑞々しく滑らかな感触が伝わってきた。
(な、何だコレ?滅茶苦茶柔らけぇ!!)
「ふっ、気持ち良いか高也?」
不敵な笑みを浮かべた景子は、もう片方の手で俺の股間を触ってきた。
「おっ!硬くなってる!!オレの身体に興奮してやがるこいつ」
「や、やめろ!」
景子の手を振り解き、距離を取る。
「何考えてんだ!お前?」
「あの、お前が喜ぶと思ってさ・・・それとも嬉しくなかった?」
「いや、こういうのは普通、大人になってからやるもんだろ」
「・・・もう、真面目なんだな、お前・・・でも嬉しかったよ、オレを・・・その、女として見てくれてて」
少し剥れた表情になったが、すぐに恥ずかし気な顔に変わっていった。
「高也は・・・その・・・どういう風な女の子が好きなんだ?」
景子の質問の意図に感付き、淡い期待を寄せてしまった。
「・・・えっと、そうだな・・・髪の長い人が良いかな」
俺の好みを聞いた直後、景子は口元に手を当てて神妙な面持ちで何かを考え始めた。
すると少し不安気な表情なり、顔を俯き身体を震わせながら俺に語り掛けて来た。
「も、もしオレが長い髪の似合う女になったら・・・その、オレの事を・・・好きになったりするのか?」
景子の一世一代の告白に、俺は驚愕した。
前々から景子が、俺に気がある事は薄々感付いてはいたが、改めて面と向かって言われると、今までに体験した事がない新鮮な気分になった。
そして、もじもじと恥ずかしそうに身動ぎする景子も、また可愛く思えた。
「・・・・・・・・・うん、なるかもな」
「ほ、本当か?本当なんだな!」
「お、おう」
「約束だぞ?絶対、絶対だからな!!」
「・・・分かった。約束するよ」
その勢いに押されて、景子の問いに手拍子で答えてしまった。
俺の 了承を得た景子は先程までの泣き顔が嘘みたいに消え、いつしか満面の笑みに変わっていた。
「良し!分かった。その変わり髪の毛伸ばす時間、ちょっと頂戴」
「・・・うん、良いよ」
その言葉を聞いた景子は髪の毛先を弄りながら嬉しそうに微笑んでいた。その幸せそうな顔を見ていて、こっちまで嬉しくなってきた。
「他にないのか?こういう女になって欲しいとか、そういうのないのか?」
「うぅん、そうだな・・・スカートとか女の子っぽい格好してほしいかな・・・後、言葉遣いも出来ればもう少しお淑やかな方が良いかな」
「そっか!そっか!分かった、努力してみる」
景子は俺の好みの女になるべく確固たる決意を固める。
「もし、これで約束破ったら兄貴達に言い付けて、ボッコボコにしてもらうから!」
妹を溺愛する屈強な二人の兄を思い出し、一瞬血の気が引く。
「質の悪い冗談はよせよ!」
「本気だよ!だって・・・冗談であんな事、言ったりしないもん」
上目遣いで、恥ずかしそうにチラチラと俺を見てくる景子がまたしても魅力的に見えた。そして景子は髪を伸ばし始めた。俺の要望通り口調や服装も少しずつ女の子らしくなっていき、次第にその変化に周囲の人も気付き始めた。
始めてスカートを穿いて登校した際、クラス中がどよめいたのを覚えている。
同級生からその事を指摘された際、流石に景子も恥ずかしかった様で。
「中学デビューの為」
といい納得させていた。
その間も景子の身体の成長はとどまる所を知らず、約束をして間もなく本当にDカップになった模様で、その頃から5年生にして大人向けの本格的なブラジャーを着ける様になっていた。
6年生になった頃には胸がEカップにまで膨らみ、グラビア並のグラマラスな体型になっていた。
胸だけでなく顔にも変化が生じ始め、以前まではどこか少年染みた中性的な作りだったが、徐々に色っぽい大人の女の顔になっていった。
身長も170?近く伸び、伸ばした長い髪も相まって同級生の女子とは、かけ離れた大人びた容姿になっていた。月日は流れ俺は小学校の卒業式を迎えた。
式が終わると学ラン姿のまま、約5年間見続けた校舎を、体育館裏から景色を眺めていた。(来月から地元の3つの小学校が集結する中学校に通うのか)
そんな事を考えていたら不意に背後から声が聞こえた。
「高也、ここにいたんだ?」
「あ、景子!」
後ろを振り返るとそこには、俺と同じ中学校の黒いセーラー服を着た景子の姿があった。
2年近く伸ばした癖のない艶やかな髪を両肩に下ろしウエストにまで達していた。そして、成長した巨乳が制服の上からでも分かる位にくっきりと浮き出ていた。
「捜したよ、高也」
「悪い景子!それで要件は?」
「うん・・・要件は、その・・・約束の件だけど・・・覚えてるよね?」
「ああ、綺麗になったな。景子」
「?」
俺の言葉に反応し、景子は顔を紅潮させて俯いてしまった。
「・・・・・・それで、どうなの?オ・・・私と付き合ってくれるの?」
顔を赤くした景子は、羞恥心と不安が入り交じりながらも告白して来た。
俺の為にここまで健気に尽くしてくれた女の子を、これ以上辱める訳にはいかなかった。
「・・・良いよ。付き合おうか」
「ほ、本当?」
「ああ、本当だよ」
「グスン、うえっ・・・ひっく・・・えっぐ」
返事を聞いた直後、景子の目から大粒の涙が溢れ出て、その場で泣き崩れてしまった。 …


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
スイミングスクールの会員に手を出してしまいました【人妻体験談】
2015/12/06 15:10
2015/12/06 15:10

私は子供の頃より大学まで、そして現在も水泳を続けており、現在ではスイミングスクールのコーチをやっています。

私が受け持つレッスンの1つに婦人向水泳教室が週2であるのですが、3ヶ月位前に真理子という女性が入会してきました。

控えめな性格ですが、幼な顔に不釣り合いな巨乳の32歳の既婚者ということで、その頃から素敵な人だなぁと思っていたのですが、なにぶん会員さんということで節度のある接し方をしていました。


ある金曜日、ご主人の転勤で退会することになった他の会員さんの送別会を、私の受け持つクラスの会員さんと地元の居酒屋で開いたとき、私の隣に真理子が座りました。

お酒のせいか、いつもと違っ…
姉の友達の性欲を満たす色んなプレイでSEX三昧
2018/02/26 13:55
2018/02/26 13:55
大学は大阪だったけど夏休みに実家に帰ったときに姉の短大時代の友達とやった。 3年の夏休みに実家に長めに帰って車の免許とバイトをやってたが仲のいい友達は東京、大阪に出て帰ってきてない奴が多く、けっこう暇してた。 帰省して最初の週末にうちに姉の友達数人が遊びに来た。 親もいなくてリビングで遊んでたので俺は用事があってリビングに行ったときにちょっとだけ挨拶した。 うちの姉は地味で色気とか感じたことも無いけど友達は派手で可愛い感じの子もいた。 中でも目立ってたのは亜由美さん。 身長は160くらい、太ってはないが肉付きは適度にいい感じ。 顔は柴咲コウにまあまあ似てるかな。 結構胸元のあいたTシャツと…
ノンケがホモに成長するビデオに出演した時の話
2017/07/27 08:49
2017/07/27 08:49
僕はある仕事を辞めて無職に逆戻りかと思いましたが、とある仕事を紹介してもらう事になります。 体力的にはキツかったのですが、働かせてもらった経営者の方には感謝してました。 ある仕事とはハッテン場のサクラバイトでした。 僕自身はゲイではなくノンケでした。 僕みたいなサクラを雇うようになったキッカケは、お店にはおじさんしか来なくなり、僕のような若い見た目の常連が欲しかったみたいです。 お客さんに、「今度、お兄ちゃんはいつ来るの?」と言われる事もありました。 例えば「金曜の18時に行きます」と言うと、そのお客さんは来てくれます。 そんな感じでリピーターを増やしたかったみたいですが、上手く…
【女性】久しぶりに会った先輩が急に胸を揉んできた
2015/11/16 16:00
2015/11/16 16:00
久しぶりに会った先輩が急に胸を揉んできた あと高1の時の話 友だちの紹介で他校の運動部の先輩とメールしてた ある時先輩が部活の遠征から帰ってきて 会いたいってメールがきた ちょっと迷ったけど待ち合わせの公園に 遠征の話とかで盛り上がってた 話が途切れて暫くお互い沈黙 急に先輩が胸を揉んできた その時も同じようにビックリ その先輩は好きではなかったので抵抗した でも先輩は力が強くて抵抗虚しくされるがまま 生で触られたり服を無理矢理おろされて 顔うずめられたりスリスリされたり 吸われたり舐められたりした キスもされそうになったけどそれはなんとか阻止した 10分ぐらい胸を舐めまわされた 気…
人妻美人課長のスーツの中
2019/03/19 10:04
2019/03/19 10:04
私は30歳サラリーマンです。 去年の秋にこちらのミスで 地方の大口客をカンカンに怒らせてしまい私と35歳人妻の 神田亜矢子課長と謝罪に向かいました。この客殿取引がダメに なると小さい会社の我々の 死活問題になりますし、担当の 亜矢子課長の責任問題にも なります。 お座敷に通され2時間たっぷり 説教された後、お膳料理と お酒が出てきました。 亜矢子課長は客の隣に座り ホステスになり酒を注いでいました。地元の有力地主の客は ガラが少々悪くて、亜矢子課長の肩に手を回したりタイトスカートで正座している課長の ベージュのストッキング越しの 太ももを何度も触っていました。エロ攻撃を受ける課長に 私は半勃起…
【地味系女子高生の痴漢体験談】連日パンティの中で手マンされてイク喜びを実感
2016/07/16 22:00
2016/07/16 22:00
  当時高校生2年か3年、髪も染めてなければスカート丈もいじってない地味モサだった。電車通学で毎日同じ時間の同じ場所に乗るタイプ。  ある日、朝のラッシュで痴漢にあった。その痴漢は向かい合わせになる形で目の前に立ってて最初スカートの上から、あそこを触るか触らないかぐらいの感じで私も、痴漢か偶然なのかわからなかった。  判断がつかないままじっとしてたら急にスカートの中に手が入ってきて、今考えると触るか触らないかの動きはこっそりとスカートをたくし上げてたんだと思う。  スカートごしからパンツに直接触られてびっくりしすぎてとにかく降りる駅まで、うつむいたままじっとされるがまま。  パンツの上…
兄貴とやった直後に全裸で爆睡してた兄嫁に中出し
2018/03/12 17:44
2018/03/12 17:44
彼女いない暦、1年半。
中出しなんて遥か昔の記憶でした。
でも、やってしまいました。
兄貴の嫁さん(29歳)に、たっぷりと。

リストラされて以来、バイトで夜間配送の運転手、昼夜真逆の生活をしています。
こんなんじゃ女なんか作れるわけもなく、日々悶々とした毎日で、パチンコで憂さを晴らすようになっていました。
そうそう勝てるわけもなく、いつも貧乏。
そしてこの日、実家に資金の援助のお願いに尋ねたつもりが、思いがけない展開となったのです。
両親や同居している兄貴夫婦は土日休みなので、土曜日の朝方尋ねてみたけどあてが外れたみたい。
兄貴がスーツ姿で駅の方へ歩いている。
【レイプ・痴漢体験談】逆襲のホームレス(1)
2017/02/19 19:13
2017/02/19 19:13
この話を読んでいるあなたも、一度は早朝に空き缶拾いをしてお金を稼いでいる人を見た事があるかと思う。この話はそんな人の中で、その日の飲食代を稼ぎ、その日暮らしをしているあるホームレス達を、蔑みの目で見たある人妻の物語である・・・ 木島香奈子は、夫である宏と、高校1年になる一人息子、明と三人で生活をしていた。香奈子は38歳になるが、バストは88cm、ウエスト65cm、ヒップ90cmの身体からは、まだまだ女の色気を醸し出す魅力的な女性であった。 専業主婦である香奈子だが、規則正しい生活をしていて、朝は洗濯、買い物は開店時間の10時に自転車でスーパーに向-----かい、昼食後に掃除を行うなど規則正し…
同じゼミの同級生に社会人入学の熟女がいました・・・
2016/05/30 20:01
2016/05/30 20:01
今は地方都市の○校の教師です。関西の某大学の学生だったとき,同じゼミの同級生に社会人入学の熟女がいました。その人は○学校の教師でボランティア活動をしていて,よく海外にも行きます。

同じゼミになったのを幸いに,私は最初から狙っていました。私はなぜか若い女性には興味がわきません。ちょっと見は幼く見えるので,相手にしてくれないというのが本当かもしれません。この長所を生かして,家庭教師やコンビニのバイトをしたとき,何人かの熟女たちと関係を持ち,小遣いも稼いでいました。
「いま少し,困っているの。」と甘えると,大抵は「ハイ。これ」と1万円ぐらいはくれます。こちらから金額を言わないことがコツ…
酔って弟にプロレス技を仕掛けたら、反撃されて失禁
2017/07/13 21:49
2017/07/13 21:49
弟は6つ年下で、今年高校を卒業したものの大学受験に失敗。 予備校に通いながらフリーターしております。 ヒッキーでもニートでもないけど、姉から見てもなかなかの男前で将来有望。 ちなみに童貞ではない。 しかもちんちんがデカいらしい(笑) なぜそれを知っているのかは書いてからのお楽しみ。 こんなノリで良いかしら? 弟はサッカー小僧で、中学、高校時代は、よく応援で試合を見に行ってたの。 インターハイ予選で負けて男泣きする弟を見てキュンとしてしまった・・・のは姉の私ではなく、一緒に見に行ってた友人。 それからなぜか私が愛のキューピット役になり、弟と友人が付き合うことに。 嫉妬とかは全…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】密かに想いを寄せていた文学少女に膝カックン

・【人妻体験談】父が再婚した義母に誘惑されたら、イキながらお漏らしした

・【熟女体験談】親が旅行でいない間、隣に住んでるおばさんにお世話をしてもらい童貞卒業

・抜かずの3発に腰も子宮も癒される不倫三昧

・「3Pお願いします」と頻繁に見かける書き込み

・【羞恥】キャバの面接で紹介されたヤバい裏風俗

・【近親相姦】田舎の祖母の家でぽっちゃり美人の母を夜這いレイプ

・非処女の妻は美しい

・映画館の女子トイレで

・【熟女体験談】未婚の親戚のおばさんで初エッチ童貞卒業

・【人妻体験談】お尻が大きい幼馴染の母親とのセックスの相性は抜群

・高校教師している彼女の教ええ

・男なら気になる妻は何人の男と寝たのか

・【不倫】昼はセフレと夜はクラブで若い男漁り

・妹とフェラ三昧

・間違いなくあのままでは犯される・・・

・【人妻体験談】馬鹿な人妻を騙してセックスする塾講師

・【熟女体験談】夫婦交換大好きでスワッピング中毒な変態夫婦

・【Hな体験】ブスだけど気遣いのできる超絶テクニシャンのデリ嬢

・塾生の相談に乗り流れでラブホへIN

・ショッキングな愛妻の動画DVD

・【人妻体験談】妻が浮気をしているようで、友人に監視してもらったら金持ちの男に寝取られていた

・【熟女体験談】ご近所さんの元芸能人おばさんの水着姿に興奮し、水着のままSEX

・人妻美人課長のスーツの中

・【スワッピング】30歳の童貞キモオヤジに彼女を貸し出した結果

・内妻の友達を旦那の前で

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・【熟女体験談】本屋で不倫物を立ち読みしている熟女を痴漢したら簡単に中出しさせてくれた

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった

・交際初日に初SEX。そして・・・。