寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

2018/10/19 10:00


まだ頭が混乱していて何から書けばいいのか分かりません。今日の放課後のことです。同じクラスの吉岡君に呼び出されました。
『1人で放送室に来て欲しい』
そう書かれたメモが靴箱にありました。 実は私の親友の江美が吉岡君のことを好きだと聞いてたので、吉岡君と塾が同じ私は、江美が吉岡君に告白するチャンスを作ってあげようとしていました。
(吉岡君も江美の気持ちに気付いているのかもしれない、それで私に話があるのだろう)
そう思って1人で放送室に向かいました。放送室は視聴覚室の奥にあって、放課後は誰もいません。視聴覚室の扉を開けると吉岡君はまだ来ていなかったので、私は放送室の中で座って待つことにしました。
私と吉岡君が2人だけで会ってたと知ったら江美が怒るかもしれない。でもこれは江美のためだし・・・。吉岡君はスポーツより勉強が得意な感じで、色白でかっこいいけど、マイペースだしなー。
そんなことを考えてると、吉岡君が視聴覚室の入り口を開けて入ってくるのがブース越しに見えました。私が手を振ると、「よっ」と言いながら放送室に入ってきてドアを閉めました。放送室は防音になっているので、耳がなんだかちょっと変な感じになりました。
「香川のことだけどさ」
香川とは江美の苗字です。
「うん」
「オレ、他に好きなヤツいるんだ」
「!!」
単刀直入すぎ!私はちょっと焦りました。
「江美の気持ち、気付いてた?」「あいつ、分かりやすいだろ」
「・・・(確かに)」「それでさ、ここからが本題なんだけど」
(え?今のが本題じゃなかったの?)
「オレが好きなのは、藤井・・・、お前なんだ」「はっ!?」
全身の毛穴が開いて頬がカッと熱くなりました。だけど、それはほんの始まりだったのです。吉岡君が私を見る眼差しに気付いて、ヤバイって感じがしました。充血したギラギラした目。私はとっさにドアの方に駆け寄って言いました。
「そ、外で話そっ」
「だめだ」
吉岡君は、ドアと私の間に身体を入れるようにして立ち塞がり、私の手首を掴みました。
「離して!」
吉岡君の唇が私の顔に近づいてきたのでとっさに身をよじると、後ろから抱きかかえられるような格好になってしまいました。
(好きなんてウソだ。したいだけなんだ!)
「いや、だ、誰か来てーー!!」
私は必死になって大声を出しました。
「ここ、防音室だよ。それに視聴覚室の入り口に鍵かけたから」
鼻で笑っているような声。血の気が引きました。誰も来ないし、来ても入れない。彼は最初からそのつもりだったのです。
「絶対、お前もオレのこと好きになるから。大人しくしてろよな」
耳の後ろで囁きながら、彼は私の両胸をブラウスの上から両手で触ってきました。私はひたすら身を硬くして耐えました。怖くなると本当に動けないし声も涙も出ないんだと分かりました。
「そんなに固くなってちゃ楽しめないよ」
言葉とは裏腹に楽しそうな彼の声がします。彼の手がブラウスのボタンにかかりました。一つ、二つ、と上から順に外されていきます。そして手を挿し入れ、直接胸を触ろうとしてきました。私は反射的に身をよじって彼の腕から逃れました。
「江美になんて言うの?江美は私の親友だよ?」
「・・・香川だけじゃなくて、全校生徒に実況する?」
そう言うと彼は、傍にあった機械のツマミを素早く操作して、最後に赤いボタンを押しました。『ON AIR』というランプが点きました。
(・・・ま、まさか!?)
彼は唇に人差し指を当て、私の方にゆっくりと近づいてきました。私は後ずさりしたものの、狭い放送室の奥の壁に追い詰められてしまいました。彼はどんどん近づいてきて、聞きとれないくらいの低い声で私の耳元に言いました。
「大人しくしてないと、教室にも職員室にも校庭にも聞こえるよ」
そしてさっきの続きとばかりに、私のブラの下に手を挿し入れてきたのです。私は壁に背中を押し付け硬直していました。唇を噛み締め耐えるしかありませんでした。
少しでも声を漏らしたら学校中に聞かれてしまう。江美に知られたら・・・。
今日のブラは前フックでした。彼はやすやすと片手で外しました。ボタンのはずれたブラウスの中で私の胸が露わになり、彼の手が大胆に二つの膨らみを弄びます。私はされるがままでした。弾力を愉しむかのように乱暴に揉まれ、とても痛い。涙が出ていたけど、泣き声が出せない、いっそ大声を出そうか?そう考えていた時、ふと彼の頭が私の顔の下に来て、彼の髪が香りました。男っぽいけど不快じゃない香り・・・。次の瞬間、私の乳首が彼の唇に吸い込まれていきました。
(はぅ・・・っ)
そのとき初めて、変な気持ちが湧き上がりました。
(怖いけど、もっとして欲しい。いけないけど、もっとしたい)
顔が赤くなって息が荒くなっている自分に気付いてしまいました。彼の温かい口の中で私の乳首が敏感に反応しているのが分かりました。
(もう一つのほうも吸って欲しい)
ぼんやりした頭でそう思いました。彼はゆっくりと、もう一つの乳房に唇を這わせました。でもなかなか乳首は吸ってくれません。私は思わず彼を見下ろしていました。彼が上目遣いに私を見ながら、徐々に唇を乳首に近づけていきます。
(お願い・・・)
思わず声を出さずに口だけで呟いていました。
「お願い、やめて」なのか、「お願い、そのまま吸って」なのか、自分でもわかりませんでした。
私の乳首に彼の唇が触れ、私は思わず、「ぁ・・・ん」と声を出してしまいました。片手をグーにして必死に口を押さえました。彼の唇と舌はまるで生き物のように乳首を刺激します。優しく舌で転がしたり吸ったりされると、身体の奥のところが“じゅん”ってなって、私のあそこの内側が、どんどんと濡れて温かくなるのが分かりました。彼は口で私の胸を愛撫しながら、片手を壁につき、唇を少しずつ上に這わせていきました。鎖骨、首筋、うなじ・・・。乱暴なさっきとは打って変わって、壊れ物に触れるように、そっと優しく。そしてグーにしたまま口に押し付けていた私の手をそっと掴み、口から離しました。次の瞬間、私の唇は彼の唇に塞がれていました。
(・・・んっ)
キスに上手下手があるなんて知りませんでした。ただ口と口を合わせて舌を入れたりするだけ、と今までは思っていました。特に感じることもなかったので。でも彼のキスは情熱的でした。貪るように私の唇や舌を吸ってきて、私は自分の中の高まりをはっきり感じました。私は手のやり場に困って、彼の首に手を回してぎこちなく背中を撫で回しました。彼は唇を離さないまま激しく私を抱きすくめます。
(彼となら、どうなってもいい)
そんな気持ちでした・・・。
<続く>


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
死んでほしいK
2016/05/09 23:01
2016/05/09 23:01
なんで、私を無視したの?私はずっと話しかけて欲しかったのに。 ハンドグリップを盗んだり、スティックのりを盗んだり、写真を勝手に撮ったりしたのも全部君の気を引きたい一心だったのに。 君は気づいていたよね?私を嘲笑っていたの?少しは気にかけてくれていたの? 三年になって、君はクラスで孤立してたよね。私はそんな君を軽蔑します。 孤立して、自信をなくしたからかな?君はどんどん暗く、攻撃的になったよね。 見ててウザかった。あんまりウザいからユーミンのまちぶせをこれみよがしに歌ったりした。 「好きだったのよあなた、胸の奥でずっと」ってね。 ホント、ウザかった。存在自体がウザかった。 私がどれだけあなたに傷…
巨根の大学生と 【エッチ体験談】
2016/01/07 00:33
2016/01/07 00:33
私 関東/♀/当時22歳/159・48 相武紗季似 相手 関東/♂/19歳/183・7? 写メなし大学生 一人で外食で夕飯済ませてしまう事が多い私。生理前ってのもあったけど、この日はすごく疲れててファミレスで夕飯&ビール一杯だけ飲んだら、 それだけで酔っ払ってしまってなんか寂しくなってきた… で、一人で帰りたくなくなって出会い系。(多分依存症でしたね。この時期は…) あまり食指が動くのが見付からないから投稿。なんとなくフィーリングでいますぐこのファミレスに来てくれるっていう年下の男の子を選ぶ。たまにはいいかと。。 もちろん、どっか泊まりたいって…
【姉】ヤンキーの姉妹と出会ってヤッた話【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/09/30 04:15
2017/09/30 04:15
5 以下、VIPがお送りします 投稿日:2011/05/06(金) 22:42:35.64 ID:9v5tqhBP0 俺が20代の頃の話。 とある掲示板で知り合った、18歳のアリサって名前の女の子と会ってラブホに行く事になった。 夜中にコンビニで待ち合わせしたんだけど、現れたアリサは金髪でちょいポチャのヤンキーな女の子。 金髪ヤンキーなのにデニムのミニだったからなんか変な感じだったけど、顔はどう見ても18歳には見えない、何か幼い感じ…。 とりあえず俺の愛車に乗せてまずはドライブ。 俺「お前、18じゃないだろ?ホントはいくつなんだ?」 アリサ「・・・ホントは・・・1…
娘夫婦のあの声を聞いて、欲情していた義母
2017/01/13 08:00
2017/01/13 08:00
これは私が若かりし遠い昔のことである。
次男坊である私は、一人娘である妻の家へ婿入りした。
妻の父は2年前に亡くなり、義母は経済的生活安定のために喜んで迎えてくれた。
私が妻に惹かれたのは、大柄で胸と腰の大きな身体であった。結婚して、その身体を抱けることが何よりの楽しみで、若かったので、毎晩喜んで抱いていた。


だんだんと妻も性の喜びがわかってくると、声をあげるようになった。
私は、隣の部屋で寝ている義母に気兼ねして、口を押えたり、声を出さないように言ったが、こらえても、やはり自然に洩れるのである。
そのうちに、義母の態度がだんだんと、私と妻に辛くあたるようになっ…
小学6年生の担任に
2017/11/04 07:19
2017/11/04 07:19
体育でさかあがりができず放課後残された時の話です。 補習が終わり片付けで倉庫にハイってたらがちゃんと鍵が閉まる音がして ふりむくと先生がいて山脇お前さかあがりできないと卒業できないんだぞと言ってきました。 嫌かと聞かれ嫌と答えたら先生のいうことなんでも聞けば卒業させてやると言われ私は頷いてしまいました。 先生はよし、山脇裸になれと言いました。 私はとまどっていると先生は早くしろと言いながら私のブルマとパンツを一気に降ろしました。 私はきゃっと言い座り込みました。先生は私を押し倒しブルマとパンツを足から脱がせ、私の足を広げました。 へぇ山脇はもう毛が生えてるのかといって私のあそこをさわってきまし…
パチンコに勝つし巨乳人妻もゲットした日
2018/10/04 14:55
2018/10/04 14:55
 先日の事です。ある日、私は仕事が終わってからいつものようにパチンコ店に行きました。スロットと飲み友達探しが目的で、週末・休みの前の日はいつもパチンコ店。でも飲み友達が見つかる事は稀で、閉店までスロットを打って負けて帰宅というパターンがほとんど。

 しかし昨日は運が良く、投資4千円でボーナス25連!!その後もなかなかイイ感じで、ハマってもボーナスの継続率が良く、気づけばドル箱3箱半以上!!・・かなり浮かれてました。そんな久し振りの好調に夢中になっていると、突然隣に1人の女性が・・。
公園での出来事②
2016/10/05 01:01
2016/10/05 01:01
みどりちゃんは、ショートカットの可愛い子だった。小野真弓とマナカナを足したような感じで背は135cmもないくらい。同学年の子と比べても背が小さかった。胸はまだ膨らみかけとはいえ、谷間には程遠いがお椀型で形がとにかく綺麗。乳首も小さくピンク色で将来美巨乳間違いないと思わせるものがあった。髪は少しウェーブのかかった癖毛でそれが気に入らないといつもぼやいていた。性格は垢抜けた感じではなく、パッと目立つ存在というわけではないが、そこそこ頭も良く機転の利く子なんで周りには多くの友達がいた。しかし、何となく他の子たちと一歩距離を置いているというか、時折見せる大人びた表情が思春期のアンニュイな女子の魅力でも…
襲いかかったら逆に股間を蹴られて・・・
2017/03/20 21:19
2017/03/20 21:19
この間、飲み会の帰りに、俺とK弥とY美はアパートの方向が一緒だからタクシーで帰ったんだ。 で、K弥が「もう少し飲まないか」と聞いたら、Y美が「ウチで飲んでく?」と嬉しい言葉。 アパート着いてからウイスキー飲んだりして、仕事のことやエロ話で盛り上がった。 1時間半も飲んだ時、K弥のケータイが鳴って「彼女からだから帰る」と言い出した。 Y美の部屋で飲むのは何回かあったから、俺はあと少し飲んでから帰るつもりだった。 それから2人で飲んでいるうちに強烈な眠気が襲ってきてごろりと横になった。 横になったらY美が「こら!ここで寝るな」なんて言うけど、ボヤッとして「ごめん少しだけだから」と言って…
【体験談】アラフィフの美熟女とお近づきになり、部屋に招待するまで
2016/03/30 23:30
2016/03/30 23:30

俺が大学生の時、一人暮らしをしていた。



住んでいたアパートの前には、
ランニングするのにうってつけの大きな公園があった。



その公園で、毎週金曜日の朝早くから、
マラソンをしているオバさんがいた。



おばさんさんは五十路?もしくは50歳手前くらいの年齢だったが、
マラソンをしているからかスタイルが凄く良くて爆乳な熟女だった。



走る度に揺れるオッパイがエロくて仕方なかった。



しかもオバさんはかなりの美熟女で、
真矢みきを少し細くした感じだった。




 昔から年上熟女が好きだった俺は…
週末の四国滞在
2016/01/15 00:05
2016/01/15 00:05
金曜日の夜に岡山を出発して四国へやってきました。昨夜は吉井さんとベッド体操をして3回も受け入れました。 今朝からは、体調の急変で交わることを中止する事にしました・・・。その代わりに、美和子は吉井さんの坊やを両手で持ちながらお口で愛撫しました。 上下の唇で歯を覆いながら、舌だけで坊やの先端を舐めまわしますと吉井さんが大興奮でした。 数分で爆発です。 美和子のお口に噴出したのは全部を飲み込みました。 出された後で小さくなりましたが、深くくわえていましたら直ぐに勃起しました。 先端が美和子の喉の奥までさしかかります。 美和子が上から重なって頭を上下しました。吉井さんが入れさせて欲しいと言われて困って…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・高身長を気にしてた同級生の女子大生と一緒の布団で寝た

・透けた競泳水着

・綺麗な妻には過去がある

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・日曜日のタダマン中出し

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【Hな体験】好きだった人妻先生に無理やりキスしたら・・・。

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・※妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活

・【人妻体験談】人妻とスローセックスを楽しみながら中出しして何度もイキまくる

・【熟女体験談】熟女が大好きで、かなりの人数とヤりまくるドMのド変態男

・腰が立たなくなるまで攻める旦那の後輩

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[前編]

・【初体験】伝言ダイヤルで知り合った年上女性と童貞卒業

・人妻としての魅力

・【乱交】温泉旅行で代わる代わる3人の男に犯され続けた

・姉弟の話

・【熟女体験談】根気強く店に通ってスナックの熟女を口説き、ホテルに持ち込んで中出しSEX

・悲鳴とともにのけぞり、又しても失神・・・・・・

・【人妻体験談】野獣のようにSEXのに没頭し、歯止めが効かないくらい連絡してきたエロい人妻

・他人の妻を逝かせた

・クビになるよりマシだもんねと色気で

・【不倫】学芸員をしている真面目な主婦ですが・・・。

・タオルバリアー

・ラブホテル

・彼氏より俺のがいいだろ・・・

・パート先の仕事でレジ打ちをしている主婦です

・息子の部活をバックアップするつもりが、コーチと肉体関係を……

・【人妻体験談】コンパニオンを待っていたら妻の友人が来て、騎乗位状態の素股から本番中出しをさせてくれた

・【熟女体験談】酔っ払ったセフレから電話がきて、高速高架下でカーSEX