寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

忌むべき日常行事_2

2018/10/16 20:01


翌日の夜半、お実は寝間着姿のまま母屋を抜け出した。
 その夜は満ちた月が南東の山稜から昇り、一帯は蒼い月明かりに照らされていた。本格的な梅雨入りまでまだ間があるこの時期、夜の空気は寒さを感じるほどに冷え込んでいる。
 畑を抜けたお実は月明かりを頼りに裏山の小道を歩いていた。小道から外れた杉林の闇の中に、ポッとほのかな明かりが灯っている。その光を見つけたお実は小走りに駆け出した。
 永田家の若旦那である虎男が大木の根元であぐらをかいていた。浴衣の上に半纏を羽織り、寒そうにしながらせわしなく煙草を吸っている。ほのかな明かりの正体は脇に置いた提灯だった。
「遅かったじゃねえか」
「す、すみません」
 お実は小声で謝り、慌てて浴衣の帯に手をかけた。虎男は吸っていた煙草を揉み消し、提灯をお実の足元に置いた。月明かりの届かない林の中で、提灯の明かりのみがお実を照らし出している。
 お実は帯を緩めて肩を剥き出し、そのままストンと浴衣を足下に落とした。提灯の明かりがお実のぬめるような裸体に妖しい陰影を作っている。伸びやかでいながら出るとこは出て、しまるところはしまったその肉体は、やはりロシア人の血を引いているためなのか圧倒的に艶めかしい。
 虎男は食い入るようにお実を凝視している。全裸になったお実はその場で二度三度、ゆっくり裸体を回してみせた。はちきれんばかりに実った乳房やお尻をくまなく虎男に見てもらうためだ。これは虎男に抱かれる際の儀式でもあった。
「……いい眺めだ。おまえ、今年で二十一だったな。二十を超えてからめっきり色っぽくなりやがった」
「ありがとうございます。若旦那様」
 ポッと頬を染めたお実は虎男の前に跪き、彼の股間に手を伸ばした。
「いや、待て。もっとおまえの身体が見てみたい。十間ほど下がって、また戻ってこい。ゆっくりだぞ」
「はい」
 お実はたわわな乳房を揺らして立ち上がると、虎男に背を向け、闇へ向かって歩き始めた。象牙の輝きを放つ脚は長く、しかもたまらない肉付きをしている。脚も素晴らしいが尻はもっと素晴らしい。
 その尻が右に左に揺れている。巨大だが垂れておらず、後ろからでも淫裂の膨らみが垣間見えるほどツンと上を向いているのだ。
 十年の月日をかけ、丹精込めて育て上げた尻だ。鑑賞するだけで股間が疼いてしまうほどの官能に満ちている。日々淫らさを増すお実の尻は、今後十年は存分に愉しめるだろう。それを思うと虎男の股間はますます膨らむのだった。
 そのお実の尻が闇の中に消えた。代って現われたのは双臀に勝るとも劣らない淫らさ満点の双乳だった。スラブ民族の血を受け継ぐその白い乳房は、大きく実っても乙女の頃の美しい線をまったく失っていない。
 さながら中身がしっかり詰まった肉の果実だ。頂にある乳首もみっちり肉が詰まり、男に吸われ、唾液をまぶされるのをいまかいまかと待っているようだ。
 ああ、と内心虎男は呻いた。類稀なる乙女だったお実は十年の歳月を経て極上の妖婦へと変貌を遂げている。何度見ても見飽きることのない裸体だった。
 虎男の元に戻ってきたお実はその場に跪き、再び彼の股間に手を伸ばした。取り出した男根はあらためて舐めるまでもなく、臍につかんばかりに反り返っている。それでもお実は玉袋を左手でそっと包み込み、コチコチになった陰茎は右手で支え、唇を寄せて服従のくちづけをした。
「うっ!」
 虎男の背筋がピクンと跳ねた。お実は上目遣いで虎男を見ながら、カリの付け根に舌先を這わせる。次いで裏筋を丹念になぞってからパクリと食いつき、唾液をたっぷりまぶしつつ喉の奥深くまで飲み込んだ。
「うっ! うっ! うっ!」
 虎男は全身で反応している。お実は目を細め、ズルズルと音を立てて男根を吸い立てた。口の中では左右に振った舌先でピチピチと裏筋を叩いている。二重、三重の攻撃に虎男は早くも達していまいそうになり、慌ててお実の肩を押した。
「も、もういいい。立って、ケツをこっちに向けろ」
「はい」
 お実は立ち上がると陰毛の付着した唇を拭い、丸々とした尻を突きつけるように虎男に向けた。見上げる位置にある臀部は提灯の柔らかい光を浴び、いまにも落ちてきそうな重量感がある。
「よし、脚を開いて前屈みになれ」
「はい」
 お実は肩幅をやや超すくらいに両足を開き、深いおじぎの姿勢をとった。肛門から淫裂まで丸見えになった。陰毛は薄く、手入れの必要がないほどにすっきりしている。十年間も使い込まれたにしては、肛門はおろか陰唇も楚々としたものだった。
 ただ、薄い大陰唇に比較し、小陰唇がかなり発達しているため、開いた肉溝から肉びらが派手にはみ出してしまっている。提灯の揺れる光を浴びたそこは、南国の不思議な果物のように見えた。
 いつまでたっても初々しさを失わないお実の女性器に、虎男は満足げだ。虎男の方でも新鮮な感動をいつまでも味わえるからである。
「よし、マンズリして見せろ。ケツの穴にもマン汁を塗るんだぞ」
「はい」
「どこをいじって、どれくらい感じたか。説明しながらやるんだぞ」
「はい」
 はやる気を落ち着かせるため、虎男は煙草を取り出して一服つけた。お実は前屈みのまま開いた股間に両手をあてがい、まずは左手で淫裂を大きく割ってから、右手の二本指でコリコリの小陰唇をそっと撫で上げた。
「オ、オマンコを開いて、肉びらに触っています」
 お実の声は羞恥で震えている。それがまたいいのだ。お実が永田家へ女中奉公にきたのは十歳の春だった。その一年後、虎男の妻が四人目の子供を孕んだとき、虎男は前々から狙っていたお実を手籠めにかけたのだった。
 十一歳の小娘ながら、すでに乳と尻を大きく膨らませていたお実は遅かれ早かれこうなる運命にあったのだろう。抱いてみてから父親もお実に手をつけていたと知った虎男だったが、図らずも穴兄弟となったふたりは穏やかに話をつけ、偶数日、奇数日で彼女を分かつことになった。ちなみに偶数日が虎男の番である。
 そんなこともあって、実に十年にも渡り奉公先の旦那と若旦那に抱かれ続けたお実だったが、不思議と媚びることもなく、いつまでも初々しくふたりに奉仕するのだった。奉公人としての節度が男女の馴れ合いを排し、その結果いつまでも恥じらいを忘れないのだろう。
「オ、オマンコが少し濡れてきました。じんわりと痺れるようで気持ちいいです……」
 お実は肉厚の小陰唇を摘まんだり、引っ張ったりしている。確かに淫裂は濡れ始めており、指先のぬめりが提灯の明かりを反射している。お実は右手の二本指を膣口にあてがい、ズブリと挿入した。
「あふっ……。い、いま、オマンコに指を入れました。人差し指と中指です。中は熱くなっています。ドロドロです。と、とっても気持ちいいです……」
 ついに指の抜き差しが始まった。さきほどまで陰唇を開いていた左手がせわしなく動いている。後ろからははっきり見えないが、どうやら陰核をこすっているようだ。
「……ああ、オマンコが勝手にヒクヒク動いています。おつゆがどんどんあふれてきます。あっ、ああ……。いいです。とってもいいです」
 虎男が煙草を揉み消して、すぐに新しいのをくわえ直した。
「お、おい。左手はなにをしている? ちゃんと報告しろ」
「す、すみません。ひ、左手はオサネに当てています。中指でオサネをいじっています。オ、オサネもとってもいいです。あああ……。オ、オサネが一番いいです……」
 お実の尻にプツプツと玉のような汗が浮いている。しっとりした内腿には早くも汗の筋を作っていた。
「あっ、あっ、ああ……。オサネをこすると膝が折れそうです。そ、それくらいオサネで感じています。オ、オサネがとってもいいので……。あっ、オ、オマンコの穴もヒクヒク動いています……。ああっ、あああっ……」
「よーし、こっちを向いて、オサネを見せるんだ。右手はケツの穴だ。すぐに入れてやるからちゃんとほぐしておけよ」
「は、はい」
 お実が両手で股間をいじりながら、上体を反り返してムンと蒸れる裸体をこちらに向けた。さらに大きく両脚を開いたので、股間を虎男の鼻先に突きつける格好になっている。
 淡い陰毛はほんのお飾り程度で、股間の肉構造をなにも隠してはいない。むろん、満遍なく生えてはいるがほんの産毛程度なのだ。お実は左手の人差し指と薬指で陰核包皮の裾野を引っ張って剥き上げ、中指の腹でプックリ膨らんだ陰核をグリグリ押し込むようにしてこすっていた。
「あっ、あああっ……。あああっ……。オ、オサネが、オサネが弾けそうです……。あああっ……」
「へっ、さすがに名前がお実と言うだけあって、立派なオサネをしてやがる。よし、そのままオサネでイッてみろ。ケツの穴も忘れるなよ」
「はっ、はいっ!」
 お実は両脚を踏ん張り、後ろに回した右手で濡れた淫裂と肛門を交互にいじりながら、オサネを潰す左手にさらに力を加えた。陰核は瑞々しい桃色そのままに小指の爪ほどに膨らんでいる。男の虎男が見ても、相当の快楽が納得できる見事な勃起だった。
「あああっ! いいいっ! オサネがいいっ! オマンコもおしりもいいっ! あああっ! ああああっ! イキそう! イキそうですう!」
 にわかにお実の喘ぎ声が昂ぶり、もはや絶叫じみていた。あまりの快感に立っていられないようで、反り返ったまま前後にフラフラ揺れている。虎男は煙草を投げ捨てて立ち上がるとお実の両肩を支え、クルリと彼女の身体を回転させてから杉の幹に寄りかからせた。
「あああんっ! あ、ありがとうございますう! 若旦那様あ! あああんっ!」
 支えを得たお実は安心したのか股間いじりに集中し、白目を剥かんばかりによがり狂った。…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
温泉で二穴同時挿入され、彼氏と別れた傷が癒やされました
2018/08/19 14:41
2018/08/19 14:41
つい最近、3年付き合ってたカレと別れた28歳OLです。
別れたばっかの時はホント落ち込んでご飯もノドに通らなくて…
見かねた友人が傷心旅行に誘ってくれたんです。
宿泊先はN県にあるちょっと名の知れた旅館。
なんでもその旅館、温泉が混浴の露天風呂で有名らしくて、
友人は男性との出会いに期待してたけど私は全然そんな気になれなくて・・・。
旅館に着くと友人に引っ張られてすぐ浴場へと向かいました。
ドキドキしながら湯船のほうに向かうとそこには…

なんとお爺ちゃんお婆ちゃんばっかり!

まぁ現実はこんなもんかと思いつつも内心ちょっとガッカリ。

風呂からあがるともう夕…
嫁(28)が俺のせいで近所の悪ガキ達に肉便器にされてた・・・・・・・・・
2017/10/12 01:31
2017/10/12 01:31
"去年の秋、念願のマイホームを購入した。郊外の静かな所だったが、妻と共に喜びに浸っていた。不景気の影響なのか?まだ周辺には空土地が多く見え、我が家の隣には道路を挟んで大きなお屋敷が立っていた。敷地500坪はあるだろうか?大きな塀で囲まれ、植木が立ち並んでいて中の様子は良く見えないが、中央に本屋と車庫が並んでいた。我が家の近くには蔵と平屋の部屋が建てられているのは見えた。近所の方に聞いた話だと、この辺の大地主で、大金持ちと言う事だった。住んでいるのは、60代(男性)とその孫16歳(男)の2人で、息子夫妻は海外で生活しているとの事だった。60代の男性は、気難しくかなりのケチ!孫は不良で、我が家に近…
温泉旅館で知り合ったカップルと恋人交換
2017/01/06 08:19
2017/01/06 08:19
3ヶ月ほど前、彼女と神奈川県のとある混浴露天風呂のある温泉旅館にいった。 貸切風呂もあったのだが、せっかくなので入ろうよという話になり、夜遅くなるのを待って彼女と混浴に入る事にした。 いざ行ってみると、どうやら別のカップルがいるらしく、中から男女の話声が聞こえてきた。 一瞬戸惑ったのだが、ここまできたらと思い切って入ることにした。 脱衣所が別々だったため、いったん分かれて俺は服を脱ぎだしたのだが、温泉内から脱衣所が丸見えな事に気づいた。 しかし、俺の所からは先にいるカップルは見えない。 ということは、俺の彼女はそのカップルの前で服を脱いでいるのか? そう思ったら、少しだけ興奮して…
いま思うと恥ずかしい
2017/03/04 14:05
2017/03/04 14:05
僕の恥ずかしいけどちょっとした自慢話おききください。 ぼくは今中2です。 小6に精通しました。 ですがぼくは保育園のときからオナニーをしていたのです!! その時はHなことには全く無知でしたが、本能的にやってたみたいです。 射精こそまだでしたが、最高潮にたっするた気持ちいの何の! 今でも忘れられません!!今のように後がべたべたせずに最高でした! これは自慢です!! そして恥ずかしかったこととは保育園のお昼寝の時間にこっそりオナニーをしていたら 布団がもぞもぞしてるのに築いた先生が布団をめくってぼくがしているところを見られてしまいました! ぼくは何してるの!!と聞かれたのでかゆいと言ったら先生がい…
ツーリングで行った混浴温泉でめちゃくちゃ美人と二人っきりになり・・・
2015/12/11 20:36
2015/12/11 20:36

奥飛騨温泉郷の中でも、最も奥まった高台にある古い宿。


民宿に毛が生えた程度の、こじんまりとした、しかし、落ち着いた風情のある宿だ。


年に1度、仕事にも、家族にも縛られない、バイクのひとり旅に、持って来いの宿だ。


早朝からのツーリングの心地よい疲れで、温泉にも入らず、食事のあとすぐに寝入ってしまっていた。


気がついたのは既に0時すぎだが、露天風呂は24時間いつでも入れるとのこと、せっかくの温泉を楽しもうと、風呂場に向かった。


ここの露天は確か混浴のはずだが…スケベ心が全然なかったと言えば、嘘になる。


しかし、まさかこんな時間、誰もいないだろうとも思ってい…
まだ新婚4ヶ月なのにバイトの黒人くんに週2で性奴隷にされています
2015/12/08 20:30
2015/12/08 20:30


新婚4ヶ月のホヤホヤなんですけど、


既に職場にいるマッチョでたくましい黒人の彼と不倫しています。




職場といっても昼間パ−トに出ている某大型ス−パ−なんだけど、


その黒人もやはりそこでアルバイトをしていました。




彼と知り合ったのは、


私が1ヶ月位前からそのスーパーで働きだしてからです。




筋肉のついたマッチョな彼の仕事は、


品だしとか力仕事的なことを主にやっていて、


もう2年位その店で働いています。
 



最初見たときは、「何でこんなところに黒人が居るん…
生協の宅配をやっていた頃
2016/10/06 23:05
2016/10/06 23:05
生協の個配とは主に組合員の家庭に食料品などを配達する仕事です 基本ルートで同じ家には一週間に一回だいたい同じ時間に行きます 一日40?50件くらい回るので約200人の奥様方と出会えます とは言っても留守宅も結構あるし、50代?60代の残念な奥さんも多いですその中に俺のお気に入りの奥さんがいました 当時22才子供一人でAV女優ですが白石ひよりって子に似てます(特に体型はそっくり) いつもニコニコしてて人懐っこい感じで正直俺は真剣に好きになってた 奥さんとは一週間に一回は必ず会うわけでだいぶ仲良くなり 暑い日にはアイスやお茶を貰ったりもしてましたある夏の日その奥さんのマンションのエレベーターが故障…
【熟女体験談】去年の夏に夫婦仲がうまくいかなくて出会い系を使って不倫してしまいました
2015/10/22 18:02
2015/10/22 18:02
2015/10/22 (Thu) 去年の夏、主人と上手くいかなくて、他の男性を探し、メールをしていました。


その中で、一人、比較的家が近くて4歳年上の男性と親密になりました。


主人に対する不満や、イヤなことを彼にぶつけて、彼はいつもそんな私をメールで慰めてくれました。


私を女に戻すような言葉もいっぱいいってくれたし、主人との間のことでヤケになっていた私。


その彼と出会い、10日ほどで会う約束をしました。

実は、主人以外のモノを入れたことがなかったので、罪悪感に襲われながらも期待

でいっぱいで、彼に会いに行きました。

彼に会ったとき、少しガッカリしました。
夫が単身赴任中で3年エッチしていない子連れの人妻と・・・
2018/07/03 10:02
2018/07/03 10:02
某出会い系にて33歳の専業主婦との体験です。

夫が単身赴任らしく3年Hしてないとの事なのでHする約束で会う。

相手の家が凄く近いので、

相手の家の近くにあるコンビニで待ち合わせ、チャリで向かう。

待ち合わせ場所にて待つこと5分。

「○○君だよね?」と話しかけられ見ると、

20代と言っても分からないぐらい若々しく、

色白で清潔感漂う綺麗な女性登場。

「ホテルでするでしょ?先に家に寄ってもいいかな?」

って聞かれたので、別に断る理由も無い為、

彼女の家へ一緒に向かう。

「近所の目があるから」と、

家から少し離れた所で待たされる。

「ごめ~ん」と彼女再登場。

また
2017/08/16 06:49
2017/08/16 06:49
家のそばの711で買い物を終えた私に「今日は早かったな」と声をかける人が います。聞き覚えのある、そして今となっては忘れられない声。 「こないだの約束、覚えてるか」男は煙草を踏み潰しながらぼそっと私に言 います。全身が微妙に震えている自分がわかります。「じゃ、いくか」、と男 は自分の家に行くように確かな足取りで私のマンションへ向かいます。 周りの目を避けるように、下を向きながら早足で家に着きます。家に着くと男 はソファーに座り「俺が満足したら、一日に1枚写真か画像を返してやる」と いう条件を出してきました。「が、満足しなかったときは3枚ずつ写真を撮っ ていく」と男は続けました。 言い終わると、…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】馬鹿な人妻を騙してセックスする塾講師

・【熟女体験談】夫婦交換大好きでスワッピング中毒な変態夫婦

・【Hな体験】ブスだけど気遣いのできる超絶テクニシャンのデリ嬢

・塾生の相談に乗り流れでラブホへIN

・ショッキングな愛妻の動画DVD

・【オナニー】ジャクジー風呂で男子高校生に露出しながら

・【人妻体験談】妻が浮気をしているようで、友人に監視してもらったら金持ちの男に寝取られていた

・【熟女体験談】ご近所さんの元芸能人おばさんの水着姿に興奮し、水着のままSEX

・未亡人はエロに飢えているんですね

・【スワッピング】30歳の童貞キモオヤジに彼女を貸し出した結果

・【寝取られ】チャラい先輩とのセックスをブログ公開してた元カノ

・内妻の友達を旦那の前で

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・痴漢される妻を目撃8(映画館編)

・社長のおちんちんを咥えています

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった

・あんなイイ思いは何だったのか不思議

・亭主が寝ている横で、バックからつきまくった・・・

・【人妻体験談】痴漢にアナルまで弄られて感じる妻に興奮する夫

・【熟女体験談】還暦を迎えた母の黒の下着に興奮し、夜這いしてしまった

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[中編]

・スイミングスクールに妹を迎えに行ったら

・お祭りに参加していやらし事されぱなしでした

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[前編]

・【人妻体験談】ちんぽが大好きで手コキマニアな変態女上司

・不倫相手との甘い甘いSEX行為の告白

・職場で集団レイプを見せられた。

・妻しか知らない私~初体験は非処女妻~

・【近親相姦】義父から性的暴行を受けていた実の娘と

・認知症の母と・・・