寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

中学生に寝取られた_終

2018/10/16 12:01


ベッドを見やった朱美は小さく叫んで、肩をすくませた。雄太たちがベッドに座り、にやにや笑ってこちらを見ていたのだ。遅れて振り向いた邦夫もぎくりとする。
「い、いつから見てたんだよ!」
「舌を入れるぞってところから、えへへ」
「あ、この、笑ったな!」
 邦夫は弾かれたように朱美から離れ、動揺を鎮めるためか、部屋中を歩き回り始めた。五周目でやっと立ち止まり、照明を元の明るさに戻す。
「よ、よし。なら話ははやいな。さっそく始めるぞ」
「え? なにを?」
 朱美の白い裸体に見とれていた雄太たちが、すがめた目を邦夫に向けた。あの3Pが4Pに向けた練習だったことを、すっかり忘れているようだ。
「よ、4Pに決まってんだろ!」
「あ、そ、そうだよね」
 慌てて相槌を打ったものの、その表情はさえない。結局のところ、三人同時の絶頂すら成功していなかったのだ。
「で、でも、難しいよね……
「わかってるよ。だから、朱美が知恵を貸してくれたんじゃないか」
「あっ! そういうことか!」
 察しのいい雄太は気づいたようだ。
「え、なに? なんのこと?」
「あのね、朱美さんはね──」
 耳打ちしてもらっても、康二は半分も理解できなかったようだが、連続アクメと聞いて目を輝かせている。
「へへっ、連続アクメかあ……」
「まあ、そういうことだ。とりあえず、シーツを替えようぜ」
 夜明けが迫っている。中学最後の夏休みは残すところ数時間──。クローゼットにシーツの替えがなかったため、少年たちは新しいタオルケットを代用にして、神聖なるベッドを整えた。
 雄太は自分が4Pの要とばかりに、さっそく大の字になった。と、朱美が済まなさそうに声をかける。
「あ、ごめんね。体位を変えた方がいいと思うの。後背位じゃなく、正常位に……」
「あ、そうか。いつも旦那さんとやってる体位だね?」
「ええ、正常位だと、あの、ちょうどよく当たるの。だから、雄太くんは、その、お口で……」
 新しく膣担当になった邦夫も、心底申し訳なさそうだ。
「わ、悪いな、雄太」
「いいよ。ぼく、たくさんしたから」
「ま、そりゃそうだ」
「ふふ、じゃあ、みんないい? おばさんがこつを教えるわ」
 まるで降臨した性の女神のように、朱美はその一言一言で少年たちを驚かす。本人もその辺りを自覚しているらしく、真剣な物言いながら目が笑っていた。
「大事なのは最初のアクメなの。だから邦夫くんの責任は重大よ」
「お、脅かすなよ……」
「ふふ、ぶっつけ本番ね」
 二人は手を取り合ってベッドに上がった。朱美の体を横たえて、邦夫が寄り添う。雄太たちは正座といかないまでも、床の上にあぐらをかき、「儀式」の成り行きを見守っている。
「ちょっと照れるわね」
「ま、まあな」
 見詰め合った後、邦夫は朱美の肩に手を回して、包むように抱き締めた。首筋に唇を這わせつつ、内腿を撫でる。中断があったにも関らず、朱美の体はほとんど冷えていなかった。汗ばんだ肌に触れるだけで、体奥の熱が感じられるほどだ。
 もしやと思い、邦夫は乳首に触れてみた。
「あっ……」
「こりこりだな……」
「そう、ずっと疼きっぱなし……」
 潤んだ瞳に急かされて、邦夫は恥裂に指を滑らせた。じらしのテクニックなどくそ食らえだった。そもそも、その必要がないほどに朱美の溝は蜜で溢れていた。肉びらを開くだけで、くちゅくちゅと音が漏れる……。
「とろとろだな……」
「ええ、自分でもびっくりするくらい……」
 おでこを寄せた朱美はそう囁き、邦夫の太腿をなでさすった。
「……もうじらさなくてもいいのよ」
「あ、ああ……」
 邦夫は唾を飲み込んだ。4P達成の鍵を握っているだけに緊張もひとしおなのだ。それを察した朱美が自ら進んで両脚を開く。さらに邦夫の肩に預けんばかりに下肢を持ち上げた。
「ふふ、いつもこうしてるのよ。ね、手で持って」
「よ、よし」
 朱美の両足首を掴むことで、互いの性器が上を向いた。濡れ光る朱美の肉溝はふっくらとほつれ、ごくわずかな収縮を繰り返している。誘っているのだ。邦夫は意を決し、朱美の両脚を肩に担いだ。女性器はさらに起き上がり、薄紅色の膣口が真上を向く。
「い、いいか?」
「ええ、きて……」
 荒淫で芯までとろけた女性器に、瑞々しい男根が押し当てられた。
「あ、あん……」
 灼熱の亀頭が膣口を押し広げ、肉襞をなめすように埋没してゆく。邦夫の背に回った朱美の手に力がこもり、爪が食い込んだ。担がれた下肢は引きつり、つま先が宙を掻く。
「は……あん」
 夫と寸分違わぬ形状の男根で膣が満たされた。肉襞の一枚一枚がぴたりと吸いつき、少し動いただけでも膣鳴りがするほど密着している。
「ああ、そう……。そこがいいの……」
「よ、よし……」
 歯を食いしばり、邦夫が動き出した。担いだ下肢をばね代わりに、ゆっくり、深く、緩慢な抜き差しを繰り返す。互いの性器は夫婦のように馴染んでいるが、唯一の違いは邦夫の若さだ。
「くっ! で、出るぞ!」
「あ、あんっ!」
「うー、まだまだ……」
 勢いあまって一分も持続しない。だが、終わりは始まりなのだ。朱美の中で男根は見る間に復活し、さらに持続力を増強させて挑んでゆく。それが二度三度と繰り返され、朱美の体内に精液の海が生まれた。
「あん……ああっ、いいっ、いいわ……あっ」
 たまった精液は抜き差しの度に掻き出され、その一部は子宮の中に押し込まれた。発情した子宮が下りてきて、亀頭の突き上げに当たりやすくなっている。朱美の体は連続アクメの準備をすでに終えていた。
 邦夫が四度目の射精を迎えたのを機に、朱美は担がれていた下肢を自分で外した。
「ねえ、康二くんに入ってもらって……」
「い、いけそうなのか?」
「ええ、いけるところまでいってみるわ……」
 邦夫はしがみついてくる朱美を抱き寄せ、一時的に対面座位の形をとった。
「康二。いいぞ、入ってくれ」
「お、おう」
 長躯の邦夫がのそりと立ち上がり、ベッドに這い上った。男根をくわえ込んだ朱美の巨尻は圧倒的な量感だった。結合部からあふれた大量の精液と愛液が、タオルケットに大きな染みを作っている。
 結合部分のすぐ上ではすみれ色の肛門がひくひく蠢き、康二を誘っている。散々繋がった肛門だ。何度も精を注ぎ込んだ直腸だ。康二は自分の所有物であることを確かめるように、朱美の排泄器官を覗き込んで唾をなすりつけた。
「あん!」
 指で探るまでもなく、そこは男根を待ち望んでいた。
「へへっ、まずは3Pだな」
「きて……康二くん」
 康二は腰のくびれを鷲掴みにした。男根に付着したままの蜜が乾いてごわごわしていたが、どうせすぐとろけるのだ。一気に突き入れる。
「あふっ!」
 のけ反った朱美のあごから汗が落ちて、邦夫の頬を濡らした。
「あっ! あっ! あっ!」
 康二の本格的に抜き差しが始まった。雄太と組んで十一回もアナルで達した康二だ。その腰使いは堂に入っている。
「あん! あん! あん!」
 朱美はのけ反り続けている。
「こ、康二、とりあえず下になってくれ」
「わ、悪い。一発抜いときたいんだ。このけつを見ると、どうにも我慢できねえよ」
「わ、わかった。続けてくれ」
 直腸担当の康二は下になれば思う存分動けなくなる。だからこそ、邦夫は好きにさせた。もっとも、よがる朱美を見上げているだけでも楽しいし、一体化した三人の腰は快感を共有している。邦夫にとってもありがたい休憩だった。
「康二くん、どう? 気持ちいい?」
「ああ、最高だ……やっぱいいわ……あんたのけつは……」
「ほんと? うれしい……もっと動いていいのよ……」
「お、おう! こ、これでどうだ?」
「そう、そうよ……はやく……ふかく……」
「おっ! うっ! はっ!」
 三十秒と保たず康二が精を放った。同時に朱美も叫ぶ。
「く、邦夫くん、始めて! い、いまならいけそうな気がするの!」
「よ、よし! 康二、そのまま横になれ!」
「お、おう!」
 邦夫は朱美を抱えて起き上がった。康二を敷き布団に見立てて、その上に朱美を押し倒す。もちろん、三人はひとつに繋がったままだ。邦夫は朱美の両足首を支え持つことでバランスを保ち、康二に負けじと膣への抜き差しを始めた。
「あんっ! いいわ……そこ……そうよ! 手前を擦るように! そう……もっと深く!」
「こ、こうか? ここか?」
「そう、そうよ! そのまま突いて! どんどん突いて! ああっ、子宮に当たってる! そこがいいの!」
「よ、よし! わかった!」
 朱美の腰が小刻みに動き出した。膣はぐちゅぐちゅ鳴っている。邦夫はV字に開いた下肢を縦横に操り、最適な角度で渾身の一撃を加えていった。
 朱美の尻に敷かれた康二も役割を心得ていた。朱美の上体を支えながら乳房を揉み立てて、ときおり乳首をきゅーっと引っ張っている。腰を思い通りに動かせない分、指先で乳房の堪能し、うなじを舌で味わい、赤い輪ゴムをくわえてはぱちんと弾いている。
 朱美は顔を真っ赤にして雄太を呼んだ。
「ゆ、雄太くんもきて! お、お口で! お口でしてあげる!」
「う、うん!」
 喜び勇んでベッドに飛び乗ったものの場所がない。すると、朱美は片手で上体を支えながら、雄太の股間に手を伸ばしてきた。陰嚢をそろりと撫で上げて、呼び寄せる。
「ゆ、雄太くんは、よ、横からきて!」
「う、うん!」
 朱美は突き出された男根を握り締めた。いよいよ視界に桃色の膜がかかり、なにかにつかまっていないとどこかに落ちてしまいそうだ。薄れつつある理性の中、少年たちにはっぱをかける。
「み、みんな! わ、わたしがおかしくなっても、び、びっくりしないでね!」…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
友だちの家で初対面の人とセクロスした
2018/04/21 15:39
2018/04/21 15:39
【人妻体験談】今から考えても、あれほどエロイ人妻はいませんでした
2016/02/16 12:02
2016/02/16 12:02
出会い系で知り合った相手は、34歳・既婚子有・確か155/50くらいだったと思った。メールしてたら、線路を挟んで駅の向こう側に住んでるとのこと。 何度かTELセックスをした後に初対面。見た目はちょっと童顔かな。初回は、相手に時間が無かったので軽く飲み&ビルの裏で手マン。 2回目は、雑居ビルのトイレで対面座位→口内発射(ごっくん)3回目は、昼間にサービスタイムで貪り合い→口内発射(ごっくん)×2回 という流れを経て、4回目の時です。前回同様、その日も貪り合うようなセックス。 相手が大丈夫な日らしく生でOK、しかもガーターベルトを装備してきており、自分も小型マッサージ器を持参していたので…
【性的虐待体験】里子に行った家で【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/29 19:59
2017/01/29 19:59
私は歳まで親の無い子供の施設で育ちその後里子に行きました小学校年生の春から里子として貰われて行った先は現在で言うロリコンの家だったのです。里親は父も母も小学校の教師の家庭で、衣食住には困らず育てられたのですが、父親が子供が趣味で私が里子に行った日から始まりました。父も定年を迎えた頃に又 里子が貰われて来ました。何も不自由が無いので私も妹も父の性癖は語りません。私と妹は里親の所から離れて二度と行くことは無いでしょう三人目の女児は可哀想ですが、父に女にされる事でしょう幼女 女児愛者は自在してます子供に対しての性的虐待を超えた中で育てられ、私は結婚はしませんでも 父に教えられた快楽は忘れられずに自…
【レイプ体験談】転勤先での事
2016/03/29 23:59
2016/03/29 23:59
2005/04/08 09:08┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者  私は、主人の転勤で、4年前に関東のある都市に引っ越ししました。  そこでの1年間は私にとっては地獄の1年でした。幸い、1年でまた転勤となり今のところにすんでいます。けど、私のために犠牲になった彼女はどうなっているか、心配です。  私は、転勤で社宅に住んでいましたが、親しい友人もいなく、寂しかった。ある時、スーパーで買い物をしていて、万引きをしました。何故そうしたのか、今でもわかりません。店を出でて、ある男性に呼び止められました。彼は、私が万引きするところを見ていたのです。私は気が動転してしまい、彼の車の中で必…
【痴漢・レイプ】公園で目撃した逸物【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/12 10:38
2017/06/12 10:38
■公園で目撃した逸物(人妻の告白) 長男が幼稚園の頃でした。公園に行き、遊んでいると子供がおしっこがしたいと言い出し、公園内のトイレに行き、そこでさせることにしました。そのトイレは小さくて男性用は一人づつの隔て板が無く、先に用をしていた男性の傍で並んでする格好になりました。 突然子供が「おじちゃんのおちんちんすごく大きい」と大きな声で言うので反射的に隣の人の方に顔を向けました。丸見えでした。すぐその恥ずかしさに気がついて、子供がおしっこを済ませると外に出ました。子供は先ほど遊んでいた滑り台で楽しそうに遊んでいます。 私は少し離れたベンチに腰をかけて見ていました。いつのまに来たのか、先ほどの男…
綺麗な顔して隠語連発するスタイル抜群な30代の人妻と浮気セックス!
2017/03/26 00:00
2017/03/26 00:00
会社の上司デブ課長36歳の奥さん裕子31歳との話です。

奥さんと課長は美女と野獣の言葉がぴったりといった感じで、

奥さんは米倉○子似ですごく綺麗でスタイルも抜群。

一方課長はデブの多汗症。

誰が見ても何でこんな綺麗な奥さんにこの旦那と思う夫婦。

会社の飲み会にて、泥酔になった課長を送ることになった。

普段から酒に弱い課長を何度か送ったこともあり、

奥さんとの面識はあった。

家に到着しインターホンを鳴らすと

奥さんが出迎えてくれた。

泥酔状態の課長を抱えているのを見て、

「山口くんいつもごめんね」

「とんでもないです。いつも以上に飲んだみたいで。寝室まで運びましょうか…
遠い昔の出来事 紙芝居屋のおじさんに
2017/08/31 08:49
2017/08/31 08:49
昭和の40年頃に 東京の下町の公園に2週間に一度位 紙芝居屋さんが来ました トントントントン太鼓が鳴ると私と妹で公園に行って遠くから紙芝居を 見てたのです。 家庭が貧しかったのでお小遣いがもらえなくて、友達は水飴や水飴をウエハ ースに挟んでそれを食べながら紙芝居を見てたのを羨ましい感じで、妹と見 てたある日のことです。 紙芝居も終わりおじさんは紙芝居を片付けてたその時でした。 公園には私と妹だけが遊んでると、紙芝居のおじさんが ねー そこの お嬢ちゃん こっちに おいで 私と妹を手招きで呼んだのでおじさんのそばに行くと お嬢ちゃんたちは いつも 遠くで見てるね 前に来て見ればいいのに 私はお金…
【痴漢・レイプ】見ず知らずの男にレイプされ妊娠してしまいました
2016/05/07 14:35
2016/05/07 14:35
私は都内在住の24歳になる主婦です。 夫は3歳年上で某メーカー勤務です。 すごく優しい人で、なんの不満もありません。 でも、私はこの夫には決して言えない秘密があります。 あれは2年前、夫が新婚早々海外工場視察のため1週間出張に出掛けた夜の事です。 入浴を終え、寝室に戻ってタオル1枚で汗がひくのを待っていまし た。 その時、玄関の方で物音がしました。 私は『夫が帰ってくるはずないのに・・・』と思い玄関を覗きました。 しかしそこには夫ではなく、見知らぬ男が立っ ていました。 迂濶でした、夫が居ないのに癖で鍵をかけていなかったのです。 男はタオル1枚の私を見てニヤっと笑うと私私に襲い掛かりました。…
義理妹への悪戯
2018/07/25 21:01
2018/07/25 21:01
俺の部屋には小さな冷蔵庫があってその中に当時マイブームだったカクテルバー(瓶)がぎっしり入ってた 冷蔵庫からそれを取り出し飲んでると彼女がそれ美味しいの?と聞くから 「うん最高!」 と答えたすると 「一口飲みたーい」 と俺がゲームしてる最中勝手に飲んだ 「…美味しい!これジュースじゃん!」 恵と弘子ちゃんにも進め2人はえ?!?と言いながらも一口飲んでみる 「ホントだ美味しい」 とか言うもんだから彼女が調子にのり 「色々種類あるんでしょ? 他のも飲ませて」 と催促俺はそんな一気に飲まないから次のはまだダメと言うと 「じゃ全部飲むから1本ちょーだいよ飲みたいよねー!?」 と…
【母】単純で浅はかで淫乱だった母 其の十【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/11/08 04:31
2017/11/08 04:31
私は素っ裸の母を後ろ手に縛るといつもの様に胸にも縄を掛けました。そんな母をうつ伏せに寝かせると、右足首を取りお尻まで引き上げ後ろ手縛りに繋げて絞りました。 そうしてから今度は母の体を左足が上にくるように横向きにして、左足首に縄を打ち天井の滑車に掛け引き上げて行きます。母は横向きの姿勢のまま左足が段々高く上げられて行き、綺麗に脱毛された白い股間が私の目の前に晒されるのでした。 母の股間にはヌメヌメと濡れた女唇がパックリと口を開け、ピンク色の穴が息づいてアヌスと一緒に収縮を繰り返して降ります。 母の足が程よく上がったところで私は縄尻を柱に結び、母の顔を上に向けました。左足を吊られている為、下…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【近親相姦】俺は今、姉貴の奴隷です

・マンションで朝から夜まで

・【熟女体験談】通勤電車で密着した同僚の美魔女社員に本格的な痴漢プレイ

・もし未来穂香が学校でいじめにあったら?3

・【人妻体験談】正月にカワイイ系の義母に強引にキスして義母相姦レイプ

・40代の人妻を寝取る愉悦

・人妻とセフレ関係になったきっかけ

・ホテルの夜勤中の出来事

・上京したら中学生と友達になり… ?

・今は他人の妻なので・・・

・強姦された人妻の末路は

・【人妻体験談】ホームステイ先でオナニーしてたらおばさんに見られSEXしてしまった

・【不倫】家庭訪問に来た女教師を酔わせて

・ロリ系 人妻ヘルスで中出ししてやった

・人ゴミを避けた静かなビーチが間違いでした

・ピンサロ店で中出し出来るなんて最高

・僕のセックス体験

・ある病院に勤めています

・【熟女体験談】息子とオムツプレイをしてオチンポ注射で中イキ絶頂

・強制中出しで援交娘を退治

・【浮気】彼氏がいるのに無理やりされて感じる自分に興奮して

・クリバキューマーで夫婦円満

・【羞恥】全裸サイクリングのトラウマ

・先生も恐れる不良に処女を奪われた私

・女の子にたくさんいじめて貰った話を書いていく

・【熟女体験談】デブ美人な母が全裸でバイブオナニーをしていたのを見て近親相姦レイプ

・これが人間のすることか ネパール人暴行殺害事件

・同じアパートに住む知り合いの離婚人妻

・【人妻体験談】大きなたらいの中で巨乳な未亡人にパイズリされて対面座位挿入中出しSEX

・CFNM小学1年生の頃スカートめくりが流行っていました