寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

中学生に寝取られた_終

2018/10/16 12:01


ベッドを見やった朱美は小さく叫んで、肩をすくませた。雄太たちがベッドに座り、にやにや笑ってこちらを見ていたのだ。遅れて振り向いた邦夫もぎくりとする。
「い、いつから見てたんだよ!」
「舌を入れるぞってところから、えへへ」
「あ、この、笑ったな!」
 邦夫は弾かれたように朱美から離れ、動揺を鎮めるためか、部屋中を歩き回り始めた。五周目でやっと立ち止まり、照明を元の明るさに戻す。
「よ、よし。なら話ははやいな。さっそく始めるぞ」
「え? なにを?」
 朱美の白い裸体に見とれていた雄太たちが、すがめた目を邦夫に向けた。あの3Pが4Pに向けた練習だったことを、すっかり忘れているようだ。
「よ、4Pに決まってんだろ!」
「あ、そ、そうだよね」
 慌てて相槌を打ったものの、その表情はさえない。結局のところ、三人同時の絶頂すら成功していなかったのだ。
「で、でも、難しいよね……
「わかってるよ。だから、朱美が知恵を貸してくれたんじゃないか」
「あっ! そういうことか!」
 察しのいい雄太は気づいたようだ。
「え、なに? なんのこと?」
「あのね、朱美さんはね──」
 耳打ちしてもらっても、康二は半分も理解できなかったようだが、連続アクメと聞いて目を輝かせている。
「へへっ、連続アクメかあ……」
「まあ、そういうことだ。とりあえず、シーツを替えようぜ」
 夜明けが迫っている。中学最後の夏休みは残すところ数時間──。クローゼットにシーツの替えがなかったため、少年たちは新しいタオルケットを代用にして、神聖なるベッドを整えた。
 雄太は自分が4Pの要とばかりに、さっそく大の字になった。と、朱美が済まなさそうに声をかける。
「あ、ごめんね。体位を変えた方がいいと思うの。後背位じゃなく、正常位に……」
「あ、そうか。いつも旦那さんとやってる体位だね?」
「ええ、正常位だと、あの、ちょうどよく当たるの。だから、雄太くんは、その、お口で……」
 新しく膣担当になった邦夫も、心底申し訳なさそうだ。
「わ、悪いな、雄太」
「いいよ。ぼく、たくさんしたから」
「ま、そりゃそうだ」
「ふふ、じゃあ、みんないい? おばさんがこつを教えるわ」
 まるで降臨した性の女神のように、朱美はその一言一言で少年たちを驚かす。本人もその辺りを自覚しているらしく、真剣な物言いながら目が笑っていた。
「大事なのは最初のアクメなの。だから邦夫くんの責任は重大よ」
「お、脅かすなよ……」
「ふふ、ぶっつけ本番ね」
 二人は手を取り合ってベッドに上がった。朱美の体を横たえて、邦夫が寄り添う。雄太たちは正座といかないまでも、床の上にあぐらをかき、「儀式」の成り行きを見守っている。
「ちょっと照れるわね」
「ま、まあな」
 見詰め合った後、邦夫は朱美の肩に手を回して、包むように抱き締めた。首筋に唇を這わせつつ、内腿を撫でる。中断があったにも関らず、朱美の体はほとんど冷えていなかった。汗ばんだ肌に触れるだけで、体奥の熱が感じられるほどだ。
 もしやと思い、邦夫は乳首に触れてみた。
「あっ……」
「こりこりだな……」
「そう、ずっと疼きっぱなし……」
 潤んだ瞳に急かされて、邦夫は恥裂に指を滑らせた。じらしのテクニックなどくそ食らえだった。そもそも、その必要がないほどに朱美の溝は蜜で溢れていた。肉びらを開くだけで、くちゅくちゅと音が漏れる……。
「とろとろだな……」
「ええ、自分でもびっくりするくらい……」
 おでこを寄せた朱美はそう囁き、邦夫の太腿をなでさすった。
「……もうじらさなくてもいいのよ」
「あ、ああ……」
 邦夫は唾を飲み込んだ。4P達成の鍵を握っているだけに緊張もひとしおなのだ。それを察した朱美が自ら進んで両脚を開く。さらに邦夫の肩に預けんばかりに下肢を持ち上げた。
「ふふ、いつもこうしてるのよ。ね、手で持って」
「よ、よし」
 朱美の両足首を掴むことで、互いの性器が上を向いた。濡れ光る朱美の肉溝はふっくらとほつれ、ごくわずかな収縮を繰り返している。誘っているのだ。邦夫は意を決し、朱美の両脚を肩に担いだ。女性器はさらに起き上がり、薄紅色の膣口が真上を向く。
「い、いいか?」
「ええ、きて……」
 荒淫で芯までとろけた女性器に、瑞々しい男根が押し当てられた。
「あ、あん……」
 灼熱の亀頭が膣口を押し広げ、肉襞をなめすように埋没してゆく。邦夫の背に回った朱美の手に力がこもり、爪が食い込んだ。担がれた下肢は引きつり、つま先が宙を掻く。
「は……あん」
 夫と寸分違わぬ形状の男根で膣が満たされた。肉襞の一枚一枚がぴたりと吸いつき、少し動いただけでも膣鳴りがするほど密着している。
「ああ、そう……。そこがいいの……」
「よ、よし……」
 歯を食いしばり、邦夫が動き出した。担いだ下肢をばね代わりに、ゆっくり、深く、緩慢な抜き差しを繰り返す。互いの性器は夫婦のように馴染んでいるが、唯一の違いは邦夫の若さだ。
「くっ! で、出るぞ!」
「あ、あんっ!」
「うー、まだまだ……」
 勢いあまって一分も持続しない。だが、終わりは始まりなのだ。朱美の中で男根は見る間に復活し、さらに持続力を増強させて挑んでゆく。それが二度三度と繰り返され、朱美の体内に精液の海が生まれた。
「あん……ああっ、いいっ、いいわ……あっ」
 たまった精液は抜き差しの度に掻き出され、その一部は子宮の中に押し込まれた。発情した子宮が下りてきて、亀頭の突き上げに当たりやすくなっている。朱美の体は連続アクメの準備をすでに終えていた。
 邦夫が四度目の射精を迎えたのを機に、朱美は担がれていた下肢を自分で外した。
「ねえ、康二くんに入ってもらって……」
「い、いけそうなのか?」
「ええ、いけるところまでいってみるわ……」
 邦夫はしがみついてくる朱美を抱き寄せ、一時的に対面座位の形をとった。
「康二。いいぞ、入ってくれ」
「お、おう」
 長躯の邦夫がのそりと立ち上がり、ベッドに這い上った。男根をくわえ込んだ朱美の巨尻は圧倒的な量感だった。結合部からあふれた大量の精液と愛液が、タオルケットに大きな染みを作っている。
 結合部分のすぐ上ではすみれ色の肛門がひくひく蠢き、康二を誘っている。散々繋がった肛門だ。何度も精を注ぎ込んだ直腸だ。康二は自分の所有物であることを確かめるように、朱美の排泄器官を覗き込んで唾をなすりつけた。
「あん!」
 指で探るまでもなく、そこは男根を待ち望んでいた。
「へへっ、まずは3Pだな」
「きて……康二くん」
 康二は腰のくびれを鷲掴みにした。男根に付着したままの蜜が乾いてごわごわしていたが、どうせすぐとろけるのだ。一気に突き入れる。
「あふっ!」
 のけ反った朱美のあごから汗が落ちて、邦夫の頬を濡らした。
「あっ! あっ! あっ!」
 康二の本格的に抜き差しが始まった。雄太と組んで十一回もアナルで達した康二だ。その腰使いは堂に入っている。
「あん! あん! あん!」
 朱美はのけ反り続けている。
「こ、康二、とりあえず下になってくれ」
「わ、悪い。一発抜いときたいんだ。このけつを見ると、どうにも我慢できねえよ」
「わ、わかった。続けてくれ」
 直腸担当の康二は下になれば思う存分動けなくなる。だからこそ、邦夫は好きにさせた。もっとも、よがる朱美を見上げているだけでも楽しいし、一体化した三人の腰は快感を共有している。邦夫にとってもありがたい休憩だった。
「康二くん、どう? 気持ちいい?」
「ああ、最高だ……やっぱいいわ……あんたのけつは……」
「ほんと? うれしい……もっと動いていいのよ……」
「お、おう! こ、これでどうだ?」
「そう、そうよ……はやく……ふかく……」
「おっ! うっ! はっ!」
 三十秒と保たず康二が精を放った。同時に朱美も叫ぶ。
「く、邦夫くん、始めて! い、いまならいけそうな気がするの!」
「よ、よし! 康二、そのまま横になれ!」
「お、おう!」
 邦夫は朱美を抱えて起き上がった。康二を敷き布団に見立てて、その上に朱美を押し倒す。もちろん、三人はひとつに繋がったままだ。邦夫は朱美の両足首を支え持つことでバランスを保ち、康二に負けじと膣への抜き差しを始めた。
「あんっ! いいわ……そこ……そうよ! 手前を擦るように! そう……もっと深く!」
「こ、こうか? ここか?」
「そう、そうよ! そのまま突いて! どんどん突いて! ああっ、子宮に当たってる! そこがいいの!」
「よ、よし! わかった!」
 朱美の腰が小刻みに動き出した。膣はぐちゅぐちゅ鳴っている。邦夫はV字に開いた下肢を縦横に操り、最適な角度で渾身の一撃を加えていった。
 朱美の尻に敷かれた康二も役割を心得ていた。朱美の上体を支えながら乳房を揉み立てて、ときおり乳首をきゅーっと引っ張っている。腰を思い通りに動かせない分、指先で乳房の堪能し、うなじを舌で味わい、赤い輪ゴムをくわえてはぱちんと弾いている。
 朱美は顔を真っ赤にして雄太を呼んだ。
「ゆ、雄太くんもきて! お、お口で! お口でしてあげる!」
「う、うん!」
 喜び勇んでベッドに飛び乗ったものの場所がない。すると、朱美は片手で上体を支えながら、雄太の股間に手を伸ばしてきた。陰嚢をそろりと撫で上げて、呼び寄せる。
「ゆ、雄太くんは、よ、横からきて!」
「う、うん!」
 朱美は突き出された男根を握り締めた。いよいよ視界に桃色の膜がかかり、なにかにつかまっていないとどこかに落ちてしまいそうだ。薄れつつある理性の中、少年たちにはっぱをかける。
「み、みんな! わ、わたしがおかしくなっても、び、びっくりしないでね!」…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【悲報】ワイ「出るよ出るよ、赤ちゃん誕生の瞬間だ!!!」 嬢「→結果wwwwwwwwwwwww
2018/05/08 15:21
2018/05/08 15:21
 ワイ「出るよ出るよ、赤ちゃん誕生の瞬間だ!!!」 

嬢「うわ気持ち悪」ボソッ 

もうブチ切れですわ 
俺を怒らせると怖いぞ2::2018/03/01(木) 23:22:21.00 ID:pHnW6uR6F.netどう怖いんや?   
みぞおちに膝を一発 
間髪を入れずに鼻の下にパンチよ 
死を感じさせる13::2018/03/01(木) 23:23:52.03 ID:5J8PLXQ/a.net 
勝手にやってろよ 
出禁程度じゃすまんからな21::2018/0…
【女×女】ジャンケンで負けた方が男役ね
2016/03/12 03:00
2016/03/12 03:00
私立小学校の女子校に通っていました。性に関しては全く無知でしたが、たまにお友達の家に集まっては、アソコを見せ合ったり触り合いをしてた。でも、それがどういうことなのかは判りませんでした。 中学生になってようやく、セックスについてちょっとだけ判ってきました。 ちょうど中学3年生になった頃でしょうか、お友達の家に泊まりに行きました。お友達の両親が旅行に行ってしまい、「1人ぼっちで家にいるのが寂しい」という理由。で、夜も同じベッドで寝たんだけど、まだ経験のないエッチの世界の話をお友達がしてくるんです。 友達「キスってしたことある?」 もちろん興味はあったけど、まだしたことなかった…
【大学生】美沙先輩【体験談】
2015/10/19 03:18
2015/10/19 03:18
俺の大学時代の話なんだけど、 所謂ツーリングサークルに入ってた。 自転車で旅とかする奴ね。 自転車といっても良いやつになれば 100万以上とかかける場合もあるので (無論通常はもっと安い)馬鹿に出来ない。 まあうちはのんびりサークルだったので 皆安いやつ乗ってたけど。 週末になると箱根まで走ったり、 長期休暇はキャンプ道具抱えて遠くに行ったりって活動。 やってる事は男臭いんだけどのんびりサークルで週末はキャンプ! みたいな謳い文句は女の子には魅力的らしくって 結構人数は多いサークルだった。 男女比も男7:女3と 俺のいたような大学にしては悪くなかった。 …
ブスだけど可愛かった彼女
2016/02/16 10:00
2016/02/16 10:00
学生の時にバイトしてたコンビニでの、バイト仲間の女子大ブスを抱いた事ある。
テキパキ仕事する店長からも信頼の厚いブス、さすがに女性ということもあって、夜中勤務は、無かったんだが、急に夜中勤務の奴が風邪でこれなくなって、急遽ブスと勤務になった。俺が昼間勤務の時に何度か一緒に勤務をした事はあったんだが、夜中は初めてだった。


その日は、雨と言う事もあって暇な勤務だった。
暇ななかでも、ブス子は品出し、掃除と動き回ってた。

トイレ掃除をしている後姿、形のいいお尻を突上げて掃除する姿に、品出ししながらチンポが硬くなっていた。

一通り片付けを終え色々話をすると、…
夫婦の旅行先で起こった出来事の話
2018/11/20 17:11
2018/11/20 17:11
 結婚して1年経ち、最近主人とセックスレスになってしまいました。私は淋しくてそれが悩みとなっていましたが、そんな主人とお正月に旅行に行く事になりました。その時に起こった出来事を話します。旅行先は箱根の温泉です。

 まだ子供もいないので、久々に2人きりのデートです。恋人同士に戻った気分で私は甘えていましたが、主人は人前でイチャイチャするのはなんだか恥ずかしそうな雰囲気でした。泊まる旅館は湖の目の前でとても景色が良いところでした。
旅行に行けなくなった友達の代わりに姉と沖縄行ったら、姉の自己流フェラ凄すぎwwww
2016/10/21 12:02
2016/10/21 12:02
先週金から月曜まで、

3泊4日で姉貴と二人だけで沖縄へ旅行に行ってきました。

元々、俺と男友達の二人で行く予定だったのですが、

友達がツアー直前になって原チャリ事故・・・

足を14針縫うケガをしてしまい旅行はムリ。

でもツアー代は払うから別の人して行ってくれ。

との事で姉貴を誘うことにしました。

姉貴はバツイチで10ヶ月ほど仕事はしていません。

「安いツアーなんだけどさ~・・・姉ちゃんは自分のお土産代だけあれば良いんだけど一緒に行く?」

と誘ったら二つ返事でOKしてくれました。

俺は十代の頃から姉貴に対して萌えだったし、

姉貴と二人で旅行なんてしたことが無かった為、

万引き発見し 【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/24 23:28
2017/08/24 23:28
684名前:悪人投稿日:02/07/1105:17ID:Q05MKLMX 先日何気なくスーパーへ買い物に行きました。 中で買いたい物を探していると、ふと一人の高校生に目がいきました。 ついでだから、お尻でも触っていこうと思い近づきました。 近くに行くと、その子は周りをチラチラ見ています。 おかしいなと思い、少し離れて見ているとその子は万引きしているじゃありませんか・・・ そして移動しようとしていたので、私は買い物カゴを下に置きついていきました。 レジの横を堂々と通ってその子は外へ・・・そしてその子は自転車置き場に歩いてます。 私は周りに人がいないのを確認して、その子に声を掛け…
【姉との告白体験談】初めてをあげました。
2015/10/07 13:25
2015/10/07 13:25
1:投稿者:あき 2011/07/0723:30:48  私には1つ違いの弟がいます。  私と弟は昔から仲がよかったんですが、高校くらいになっても仲良しのままだったので、夜とかは毎日のようにお喋りしたりしていました。弟と恋愛話とかをしていたら、唐突に弟に「俺は姉ちゃんのことが好きだ。」と告白されてしまいました。  本気にしていなかったので、「私も弟のこと好きだよ。」とか、言っていたら弟に急に抱きしめられて、キスしようとしてきました。びっくりしたのでちょっと抵抗したら、すぐに離してくれて、弟に「ごめんね」と謝られて、その日はちょっと微妙な空気を残したまま分かれて眠りました。…
【近親相姦】○○(俺の名前)からせんずが欲しかったんだ【体験談】
2017/01/04 00:53
2017/01/04 00:53
百年の恋も冷めた瞬間! 83年目 http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1243387193/685 :おさかなくわえた名無しさん:2009/06/11(木) 22:25:46 ID:VwhnHbea 今日あった事を書きます、夕方仕事中に彼女から電話があって出れなかったので、すぐにメールが来て 「仕事中?○○駅から一緒に帰らない?」ときた 仕事中とだけメールを返しました、そしたら ごめんね!!頑張ってね^^と返信きた。 それでさっき電話したら、「○○(俺の名前)からせんずが欲しかったんだ」と言ってました、全く意味がわからなかったの…
【熟女体験談】51歳でインポテンツになって妻を寝取られても全然嫉妬も興奮もしない枯れた中年男の悲しい告白
2017/04/13 18:02
2017/04/13 18:02
2017/04/13 (Thu) 51歳になりインポテンツになった。

一時期海外の有名サッカー選手がEDのCMを
テレビでやってたが、自分にもとうとう
インポになったかと老いを感じ、少しさびしくなった

妻は50歳だが、
まだまだ性欲旺盛の絶倫な五十路熟女。

EDになってから欲求不満な嫁に悪いと思い、
他の男で発散しても
良いよと言うと、マジ怒りしてた。

そんな嫁も半年後には
立派に抱かれてくるようになりました。

俺、寝取られ属性ありだと思ってたのに、
何も感じない。

興奮もしないし、ムカつきもしない。

嫁には絶対に既婚者はダメだと言っている。

本人もその辺りはよく理解してる…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】義母と一緒にお風呂に入り、湯船の中でお互いに言い訳しながら生挿入SEX

・義父と嫁のセックス 05

・【寝取られ】バイト先のイケメン大学生に孕まされた嫁

・透けた競泳水着

・綺麗な妻には過去がある

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・叔父の奥さんに憧れていた若き俺のエロ歴

・日曜日のタダマン中出し

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【Hな体験】好きだった人妻先生に無理やりキスしたら・・・。

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・「わたしが教えてあげようか」から3Pへ

・彼が私の中で果てたとき・・・

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[後編]

・※妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活

・【熟女体験談】熟女が大好きで、かなりの人数とヤりまくるドMのド変態男

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[前編]

・持病

・【初体験】伝言ダイヤルで知り合った年上女性と童貞卒業

・人妻としての魅力

・【乱交】温泉旅行で代わる代わる3人の男に犯され続けた

・姉弟の話

・高校ボクシングの試合の計量

・悲鳴とともにのけぞり、又しても失神・・・・・・

・【人妻体験談】野獣のようにSEXのに没頭し、歯止めが効かないくらい連絡してきたエロい人妻

・クビになるよりマシだもんねと色気で

・【不倫】学芸員をしている真面目な主婦ですが・・・。

・タオルバリアー

・ラブホテル

・息子の部活をバックアップするつもりが、コーチと肉体関係を……