寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

中学生に寝取られた_10

2018/10/16 09:01


 ドアの開閉する音に、朱美は浅い眠りを覚まされた。邦夫が洗面器とタオル、ミネラルウォーターを手に立っている。
「……あ、ごめんなさい。いつの間にか寝ちゃったわ」
 朱美たちは睦み合ったまま寝てしまったのだ。すでに日付は変わり、カーテン越しにも日の出が近いことがわかる。
 洗面器を置いた邦夫は、Tシャツとトランクスを脱ぎながらぼそりと言った。
「雄太が九回で、康二が十一回だ」
「え?」
「あいつらがいった回数だよ。で、あんたは七、八回ってとこか? 演技でなきゃな」
「か、数えてたの?」
「ああ、ずっと見てた。結局、成功しなかったな」
「ええ、三人同時は難しいわ……」
「それとそうと、ザーメン臭いぞ。さっさと洗えよ」
 邦夫は面倒臭そうに言って、いすに腰かけた。
「え? あ、ありがとう……」
 朱美はベッドから降りて、荒淫の跡も生々しい体を拭き清め始めた。濡れタオルで腕や脚を拭うふりをしながら、こっそり膣や直腸に指を入れて、中にこびりついた精液を掻き出す。
「く、邦夫くん。どうして四人一緒にこだわるの?」
「別にこだわってるわけじゃないさ。ただ面白そうだし、想い出にもなるし……」
「想い出? 夏休みの? それとも中学時代の?」
「うーん、ちょっと違うな。まあ、あいつらと一緒に遊んだっていう想い出かな、たぶん」
「そう、わかるような気がするわ。友達って大事だものね」
 相槌を打たれたことが気恥ずかしいのか、邦夫はぶっきらぼうに立ち上がった。
「それ、捨ててくるから、うがいもしとけ」
「あ、はい」
 そのためのミネラルウォーターだったのだ。朱美は口をすすぎながら、淫鬼の意外な一面に感心していた。
 忍び足で出て行った邦夫が忍び足で戻ってきた。
「あんた、疲れてるだろ?」
「さすがに……ちょっとね」
 熟睡している雄太たちにタオルケットをかけていた朱美がはにかむ。
「4Pは明け方にするから、それまで寝てていいぞ」
「この時間なら起きていた方がいいわ。それに邦夫くんの練習がまだだし……」
「お、おれはいいよ。雄太たちと違って、ただのフェラチオだし……」
「じゃあ、練習抜きってことでどう? いまなら二人きりよ。こっそりやりましょうか?」
「な、なんだよ、やけに絡むな……。おだててもなにも出ねえぞ」
「だって邦夫くん、お風呂を出てからら全然じゃない。もう、おばさんとやるのは飽きちゃった?」
 朱美が嫣然と笑う。画策など微塵もない、心からの笑顔だった。
「そ、そんなことないけど……。あ、でも、本当はやり過ぎで痛いんだろ? やっぱり、明け方まで休んでろよ」
「えーっとね、前の方は平気なの。伊達に人妻を十年もやってないわよ。ね、だから……」
 脚をやや開き気味にして立つ朱美は生々しい肉の塑像だった。仄白い肌の下では荒淫の気だるさと情欲の火照りが拮抗しているのだろう。そんな柔肉の危うさを見ていると、無性にしがみつきたくなる。
「しょうがねえなあ……」
 そう言いつつ邦夫は立ち上がったが、本当は二人きりになる機会を窺っていたのだ。あえて3Pに混ざらなかったのも、わざと物音を立てて朱美を起こしたのも、差しでじっくり抱き合いたかったからに他ならない。
 二人は毛布を床に敷いてベッドの代りにした。雄太たちに対する気後れから、照明を補助灯に落とす。途端に密会じみた雰囲気になり、どちらともなく笑いがこぼれた。二人は立ったまま抱き合った。
「なあ、ちゃんと教えてくれないか、セックス……」
「もう教えることなんてないわ」
「お、女が喜ぶセックスだよ」
「あら、わたしは彼女の実験台?」
「そ、そんなんじゃないよ。あんたが気持ちいいと、多分、おれも気持ちいいと思うから……」
「ふふ、それがわかっていれば十分よ」
 二人は再び抱き締め合い、朱美のリードで毛布の上に横たわった。朱美が下になり、邦夫の首に腕を絡ませる。
「……あのね、激しいセックスもいいけど、その前に必ずムードを盛り上げなければならないの。前戯をきちんとして、言葉も交わして……。後はそうね、例えばじらしたりとか」
「あー、なかなか入れなかったりする、あれか?」
「それもあるけど、例えばおっぱいを触るにしても、いきなり揉んだりしないで、周りを指でなぞったり、そっと押したり、さすったりとか……。そきときは小さな刺激から始めるの。ね、ちょっとやってみて」
 朱美は邦夫の手を取り、薄い歯形や淡いキスマークの残る乳房に導いた。邦夫はこのときばかりは神妙な顔になり、乳房の裾野をそっとなぞってみた。
「こ、こんな感じか?」
「そう、いいわよ。これはね、いろいろ応用が効くからよく覚えててね。女はね、なにもあそこだけが性感帯じゃないのよ」
「ふーん。で、順番はあるのか?」
「特にないわ。でも、あそこから遠いところから始めて、徐々に近づくようにするといいかも……。ま、これはわたしの好みだけどね」
「じゃあ、ちょっとやってみるけど……笑うなよ」
「笑わないわよ。真剣な人、わたしは好きよ」
 邦夫の鼻息が荒くなった。
「こ、子供扱いするな。いいか、あんたはおれ専用のセックス奴隷なんだぜ」
 朱美は首をすくめて見せる。
「そうね、ごめんなさい。じゃあ、あなた専用のセックス奴隷をちゃんと歓ばせてね。言っとくけど、演技はしないわよ」
「わ、わかってるって。見てろ、ひいひい言わせてやる」
 そう笑ったのも束の間、邦夫は引き締まった表情になった。まずは左の乳房を基点に、利き腕の五指だけで刺激を与えてみる。するとどうだろう。レイプまがいのセックスでは見落としていた朱美の呼気の変化、微妙な発汗、筋肉の動きが感じ取れたのだ。
(へえ、おもしろいけど、なかなか難しいな……)
 右の乳房に移った。同じ刺激にならないように注意しつつ、指先の運びを工夫する。と、邦夫の腕を握る朱美の手に時折力が入った。これはなんのサインかと考えながら、さらに愛撫を続けてゆく。
(よ、よし。これならどうだ?)
 満を持して左の乳房に戻った。乳首には触れず、乳輪にも触れず、その周囲に指先で円を描く。途端に朱美の体がよじれた。縋る手は汗ばみ、り汗ばんだ太腿を擦りつけてくる。
「か、感じてきたのか?」
「ええ、いい調子よ。続けて……」
 邦夫の指が乳輪の縁を回り出した。二度三度と回るうちに、乳首がぴくぴくしこってくるのがわかる。
(ああ、そろそろ乳首にタッチして……。摘まんでもいいのよ。引っ張っても……)
 朱美の肉の声が届いたのか、邦夫が乳首に触れてきた。乳房全体をてのひらで覆い、乳首を乳輪の中に押し込む。そうやって左の乳房をじらしつつ、右の乳房へ唇をつけた。
 邦夫の下唇が乳輪の周りをくるくる回る。何度も執拗に回り、時折舌先を伸ばしては白肌と乳輪の境界に唾を塗り込めた。
(あっ……。これ、いい……)
 唇の回転の輪は徐々に狭まり、乳首を擦るようになった。散々じらされた乳首は痛いほどに勃起し、舐め続けられた乳輪は乳房全体を引っ張るように膨張している。
「はむっ……」
「あっ!」
 邦夫が乳首に吸いついた。吸い出しては唇で挟み、舌先でちろちろと舐めて転がす。
「あ、ひっ……」
 朱美が初めて喘ぎを漏らした。それでも邦夫は気を抜かない。朱美の表情を上目遣いで確かめながら、左の乳房に置いていたてのひらをゆっくり回しす。押し込まれている乳首が、臼に放り込まれた木の実のように転がった。
「はあ……。いいわ……わかるでしょ、乳首立ってるの?」
「ああ、こりこりだ」
「ねえ、吸って、こっちも……」
 声の半分は甘い吐息だ。
「それ、演技か?」
「演技はしないって言ったでしょう……。本当に吸ってもらいたいのよ……。ね、はやく……」
「やだって言ったら?」
「お願いよ。それ、とってもいいの……」
「舐めた後、キスするぞ?」
「いいわ、キスしましょ……」
「舌を入れるぞ?」
「入れて、なんでも入れて……」
「よ、よし。そこまで言うなら、舐めてやる」
 乳首の感触の残るてのひらをどけて、左の乳首を吸い、挟み、たっぷり唾をまぶした。
「はあ……ん。いい、いいわよ……」
 身悶える朱美の乳房がふるふる震える。邦夫は左右の乳首をそれぞれ親指で封をしてから、首筋、喉元へ唇を這わせていった。舐める場所を変える度に、親指の下の乳首は転がされて、ずきずきするほどの快感を与え続けた。
「く、邦夫くん。さっきのあれ、じらしたつもり?」
「あ、みえみえだったか?」
「いいえ、合格よ……。わたし、我慢できずにおねだりしちゃった」
 微笑む唇同士が重なった。邦夫にとっては記念すべきファーストキスだ。舌を絡ませ、唾液を交換し、一度離れてまた重なる。何度かそれを繰り返しているうちに、朱美が耳元で囁いた。
「下も……ね」
「あ、ああ……」
 邦夫は左腕で朱美の肩を抱き、右手を下半身へ滑らせた。たったそれだけの愛撫で、腕の中の朱美はひくひく震えている。じらす側も自制が求められた。邦夫は焦る手を止め、まずは陰毛を撫でさすった。
「はあ……」
 次に尻をまさぐった。
「あふ……」
 臀裂の始まり──渓谷の入り口──に指を置き、沢を登るように指を進めてゆく。肛門のふくらみをわざと迂回して、泉が湧いている膣口も避けて、陰毛がまばらに生えているのり面を進む。
(い、言わせたいのね……。でも、まだ言ってあげない……)
 邦夫の指はそこから谷底を覗き込むように身を乗り出し、あわや落ちそうというところで向かい側に跳び移った。たまらないのか、朱美がひしと身を寄せてくる。邦夫は軽く口づけを交わしてから、いよいよ谷底を目指した。
(ああ、まだよ……。まだ言ってあげない……)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦体験告白】 妊娠した母と公園で(3)
2016/08/21 10:26
2016/08/21 10:26
コートの前を開け放ったことで、母の妊娠でより大きくなった胸があらわになる。「あぁ、、だめぇ、、」ギャラリーが多いので、声を出すと注目されると思ってか、小声で言う母。だが、それで十分だったようで、ギャラリーの注目が集まる。「でけぇ。」「妊娠してね?」「パイパンだ。」そんな言葉が浴びせられる。 「イヤぁぁ、、 恥ずかしいよぉ、、」そんなことを言いながらモジモジする母。俺は母の後ろに回り込むと、胸を揉み始める。すでにカチカチの乳首を指で強くつまんだりしながら責め始めると「あっ、くぅフゥアァ、、 ダメぇ、、、 そんなにつまんだら、あぁ、、 くぅあぁ、、、」 俺は、後ろから胸を揉み、絞り出すようにす…
また妻と性感マッサージの先生が愛し合っている所を目撃(見せつけられた)しました
2017/06/10 12:02
2017/06/10 12:02
以前にも投稿しましたが、

また妻と性感マッサージの先生が愛し合っている所を

目撃(見せつけられた)しました。

あれから、もうすっかり先生の女にされてしまった妻は、

私とのノーマルなSEXでは満足できなくなってしまい

私がどんなに妻を攻め立てても、喘ぎ声すら出してもらえません。

それどころかSEXの最中、妻は

「私が先生にイヤらしい性感マッサージを受けている所を、あなたにもう一度見られたい」

と私にしつこく誘ってくる始末です。。

当然、それを聞いて激しい嫉妬心が込み上げてきますが、

それよりも診療所でのあの出来事!!

私が見ている前で、

初対面の男に妻が寝取られてしま…
露天風呂で会ったおじさん達とエッチな事を…【体験談】
2015/12/23 00:30
2015/12/23 00:30

去年の10月にひとりで東北の方へ行ったときのお話をしたいと思います。

この時は普通の週末だったんですけど、土曜の朝5時ごろに早起きして車をビュウ~ンってとばして行きました。

目的地に着いたその日に3軒の露天風呂をハシゴしてしまいました!


1・2軒目とも結構良かったんですけど何と言っても3軒目の温泉がサイコ-でした。

そこへは午後の1時頃に着いたんですが、わたしが露天に入ったときには、わたしのほかにはおばあちゃんがひとりいるだけで、しかもすぐに出て行ってしまったのでもう貸し切り状態でした!

その温泉は『玉子湯』っていうんですか、湯の花がお湯にものすごい量プッカプカ浮いてて、ほんと…
スワップがベテランの夫婦と初心者の妻と私
2015/12/25 14:00
2015/12/25 14:00
バックスタイルで和也を受入れた妻は、ベッドの上でシーツを握り締めて絶頂に達しようとしていました。
隣のベッドでは私が、和也の奥さんである好美を上に乗せて下から突き上げていました。
妻との営みの最中に何度となく妻にスワッピングの話をしてきたのですが、事後承諾のような形で先に相手を探し、日程を決め、ようやく妻を口説き落としました。そしてついにその日がやって来たのです。


妻は、私以外の男性経験の無い(妻の供述)、平凡な女でした。
和也婦は数回のスワップ経験が有り、私達をリードしてくれました。

ちょっと洒落たレストランで食事をしてホテルに向かいました。ホテルに入…
近親相姦、姉を犯そうとしたら母が身代わりになって3年になります
2016/10/20 12:00
2016/10/20 12:00
 

  母とのの関係が始まって3年になります。抵抗する母を無理やり犯すように始まった関係ですが、最近では僕以上に母の方がはまっています。特に変態なプレーがしたいと言うと、母の目つきが変わります。ノーパンで買い物にいかせたり、リモコンバイブを装着して買い物にいかせようとすると、家の玄関で靴を履いた時には、もう濡れています。全裸でオマンコの中とクリトリスに2つのリモコンバイブを仕込んで近所を散歩して家に戻った時には、玄関のドアを閉めると「おちんぽちょうだい」と涙目で訴えてきました。「ここじゃあ嫌だよ、庭ならいいけど」「またおまわりさん来ちゃう」「来ても大丈夫だった…
【初体験】友だちもできないような童貞と処女の初体験
2018/04/24 06:00
2018/04/24 06:00
大学時代、よくゼミで一緒になる女(まゆみ)がいた。お互い友達がおらず、独りぼっちの時が多かった。たぶん、僕と同じで田舎から出てきた感じで、ブサイクではなかったけど、化粧っ気もなくて地味で目立たず、周りの子に比べれば断然落ちる感じだった。 僕も似たようにファッションに鈍感だったので、何となく親近感を感じていた。それでも挨拶をするくらいで、会話もなければ、ゼミの教室以外で会うこともなかった。 それから月日が流れた。学校は面白くないし、親からの仕送りもなくバイトだけでは無理が出てきたのもあって、辞めようか悩んでた。親に言う前にまゆみに相談してみようと思って、帰り際に誘ってみた。…
26歳の人妻宅でSEX中に旦那が帰宅した絶体絶命体験談
2017/09/02 07:55
2017/09/02 07:55
営業サラリーマンの俺が、

外回りの際に公園でサボっていると、

26歳のイケてるヤンママが、

1歳児を連れて遊びに来た。

すぐ隣のベンチに座り込んだ為、ちょっくらナンパ。

「お子さん可愛いですね~」

「ありがとうございます」と世間話が始まった。

名前は、あけみ(仮名)と聞き出し、

しばらくして、ベンチを移動して隣に座った。
「こんな可愛いお子さんだと、

旦那もイケメンなんでしょ?」

「イケメンすぎて、

女遊びが激しくて困ってるんでです」

「そっか、じゃああけみちゃんもしちゃえば?」

「なかなか相手がいないよ~」

「そんなに可愛いなら、

ヤリタイ…
【痴漢・レイプ】パニックになって、「うおおぉぉぉぉーーー!」と叫び声ながら痴漢を追いかける自分【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/07/07 18:33
2017/07/07 18:33
65 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2013/09/22(日) 22:25:42 ID:O>58その悲鳴、大正解だと思うなぁ子供が学校で指導されたのは、そういう声の出し方らしいよ66 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2013/09/22(日) 22:40:43 ID:0>65そんな指導されるのか。確かに痴漢も明らかに動揺してたし、効果はありそうだ。しかし、麗しき20代前半の乙女としてはキャーも言えない自分に対して非常に複雑な気持ちである。67 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2013/09/22(日) 22:43:15 ID:0声…
【痴漢・レイプ】サークルの美人先輩が卒業する直前に4人でまわした。
2016/06/14 13:27
2016/06/14 13:27
514:えっちな18禁さん:2007/10/07(日)23:37:25ID:JVPBFdz90サークルの美人先輩が卒業する直前に4人でまわした。 高飛車な言動から美人だけどかなり嫌われていて、取り巻きの男数人以外からはほとんど無視されてる(というか、先輩の方が無視してる)感じの人だった。 先輩がマンションのカギを部室に放置してった時があって、その時に合鍵を作った。 バイブや電マやピンクローターを人数分持ち、夕方に忍び込んで待機。 夜、帰ってきた先輩を着衣のままガムテープで拘束。 ピアノを入れるぐらいの防音のあるマンションなんで、ちょっと叫んでも通報されないのが助かった。 最初はおびえてた…
【人妻】小金持ちの人妻と不倫してヒモになった体験談 【エッチな体験談 人妻、不倫】
2016/10/26 20:38
2016/10/26 20:38
1:えっちな18禁さん:2012/04/15(日)13:53:25.86ID:1JOIlrDe0 昨日で、コンビニのバイト辞めたった。 定期で会う度にお小遣いくれる人妻(40歳)と知り合ったんだw 話聞きたい? 2:えっちな18禁さん:2012/04/15(日)14:00:46.30ID:hT6EQHccc ハイハイ、妄想乙! 5:どふえも◆pcRyjd1.tuF4:2012/04/15(日)14:04:15.84ID:Ycx2g6JuY 逆援助交際ってやつか? 6:えっちな18禁さん:2012/04/15(日)14:08:34.11I…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】義母と一緒にお風呂に入り、湯船の中でお互いに言い訳しながら生挿入SEX

・義父と嫁のセックス 05

・高身長を気にしてた同級生の女子大生と一緒の布団で寝た

・透けた競泳水着

・綺麗な妻には過去がある

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・叔父の奥さんに憧れていた若き俺のエロ歴

・日曜日のタダマン中出し

・【Hな体験】好きだった人妻先生に無理やりキスしたら・・・。

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・「わたしが教えてあげようか」から3Pへ

・大嫌いだった従姉妹の話する

・オーナーの指導を色々受けているバツ1女です

・※妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活

・【熟女体験談】熟女が大好きで、かなりの人数とヤりまくるドMのド変態男

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[前編]

・【初体験】伝言ダイヤルで知り合った年上女性と童貞卒業

・人妻としての魅力

・姉弟の話

・高校ボクシングの試合の計量

・悲鳴とともにのけぞり、又しても失神・・・・・・

・【人妻体験談】野獣のようにSEXのに没頭し、歯止めが効かないくらい連絡してきたエロい人妻

・他人の妻を逝かせた

・クビになるよりマシだもんねと色気で

・【不倫】学芸員をしている真面目な主婦ですが・・・。

・タオルバリアー

・ラブホテル

・彼氏より俺のがいいだろ・・・

・パート先の仕事でレジ打ちをしている主婦です

・息子の部活をバックアップするつもりが、コーチと肉体関係を……