寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

中学生に寝取られた_10

2018/10/16 09:01


 ドアの開閉する音に、朱美は浅い眠りを覚まされた。邦夫が洗面器とタオル、ミネラルウォーターを手に立っている。
「……あ、ごめんなさい。いつの間にか寝ちゃったわ」
 朱美たちは睦み合ったまま寝てしまったのだ。すでに日付は変わり、カーテン越しにも日の出が近いことがわかる。
 洗面器を置いた邦夫は、Tシャツとトランクスを脱ぎながらぼそりと言った。
「雄太が九回で、康二が十一回だ」
「え?」
「あいつらがいった回数だよ。で、あんたは七、八回ってとこか? 演技でなきゃな」
「か、数えてたの?」
「ああ、ずっと見てた。結局、成功しなかったな」
「ええ、三人同時は難しいわ……」
「それとそうと、ザーメン臭いぞ。さっさと洗えよ」
 邦夫は面倒臭そうに言って、いすに腰かけた。
「え? あ、ありがとう……」
 朱美はベッドから降りて、荒淫の跡も生々しい体を拭き清め始めた。濡れタオルで腕や脚を拭うふりをしながら、こっそり膣や直腸に指を入れて、中にこびりついた精液を掻き出す。
「く、邦夫くん。どうして四人一緒にこだわるの?」
「別にこだわってるわけじゃないさ。ただ面白そうだし、想い出にもなるし……」
「想い出? 夏休みの? それとも中学時代の?」
「うーん、ちょっと違うな。まあ、あいつらと一緒に遊んだっていう想い出かな、たぶん」
「そう、わかるような気がするわ。友達って大事だものね」
 相槌を打たれたことが気恥ずかしいのか、邦夫はぶっきらぼうに立ち上がった。
「それ、捨ててくるから、うがいもしとけ」
「あ、はい」
 そのためのミネラルウォーターだったのだ。朱美は口をすすぎながら、淫鬼の意外な一面に感心していた。
 忍び足で出て行った邦夫が忍び足で戻ってきた。
「あんた、疲れてるだろ?」
「さすがに……ちょっとね」
 熟睡している雄太たちにタオルケットをかけていた朱美がはにかむ。
「4Pは明け方にするから、それまで寝てていいぞ」
「この時間なら起きていた方がいいわ。それに邦夫くんの練習がまだだし……」
「お、おれはいいよ。雄太たちと違って、ただのフェラチオだし……」
「じゃあ、練習抜きってことでどう? いまなら二人きりよ。こっそりやりましょうか?」
「な、なんだよ、やけに絡むな……。おだててもなにも出ねえぞ」
「だって邦夫くん、お風呂を出てからら全然じゃない。もう、おばさんとやるのは飽きちゃった?」
 朱美が嫣然と笑う。画策など微塵もない、心からの笑顔だった。
「そ、そんなことないけど……。あ、でも、本当はやり過ぎで痛いんだろ? やっぱり、明け方まで休んでろよ」
「えーっとね、前の方は平気なの。伊達に人妻を十年もやってないわよ。ね、だから……」
 脚をやや開き気味にして立つ朱美は生々しい肉の塑像だった。仄白い肌の下では荒淫の気だるさと情欲の火照りが拮抗しているのだろう。そんな柔肉の危うさを見ていると、無性にしがみつきたくなる。
「しょうがねえなあ……」
 そう言いつつ邦夫は立ち上がったが、本当は二人きりになる機会を窺っていたのだ。あえて3Pに混ざらなかったのも、わざと物音を立てて朱美を起こしたのも、差しでじっくり抱き合いたかったからに他ならない。
 二人は毛布を床に敷いてベッドの代りにした。雄太たちに対する気後れから、照明を補助灯に落とす。途端に密会じみた雰囲気になり、どちらともなく笑いがこぼれた。二人は立ったまま抱き合った。
「なあ、ちゃんと教えてくれないか、セックス……」
「もう教えることなんてないわ」
「お、女が喜ぶセックスだよ」
「あら、わたしは彼女の実験台?」
「そ、そんなんじゃないよ。あんたが気持ちいいと、多分、おれも気持ちいいと思うから……」
「ふふ、それがわかっていれば十分よ」
 二人は再び抱き締め合い、朱美のリードで毛布の上に横たわった。朱美が下になり、邦夫の首に腕を絡ませる。
「……あのね、激しいセックスもいいけど、その前に必ずムードを盛り上げなければならないの。前戯をきちんとして、言葉も交わして……。後はそうね、例えばじらしたりとか」
「あー、なかなか入れなかったりする、あれか?」
「それもあるけど、例えばおっぱいを触るにしても、いきなり揉んだりしないで、周りを指でなぞったり、そっと押したり、さすったりとか……。そきときは小さな刺激から始めるの。ね、ちょっとやってみて」
 朱美は邦夫の手を取り、薄い歯形や淡いキスマークの残る乳房に導いた。邦夫はこのときばかりは神妙な顔になり、乳房の裾野をそっとなぞってみた。
「こ、こんな感じか?」
「そう、いいわよ。これはね、いろいろ応用が効くからよく覚えててね。女はね、なにもあそこだけが性感帯じゃないのよ」
「ふーん。で、順番はあるのか?」
「特にないわ。でも、あそこから遠いところから始めて、徐々に近づくようにするといいかも……。ま、これはわたしの好みだけどね」
「じゃあ、ちょっとやってみるけど……笑うなよ」
「笑わないわよ。真剣な人、わたしは好きよ」
 邦夫の鼻息が荒くなった。
「こ、子供扱いするな。いいか、あんたはおれ専用のセックス奴隷なんだぜ」
 朱美は首をすくめて見せる。
「そうね、ごめんなさい。じゃあ、あなた専用のセックス奴隷をちゃんと歓ばせてね。言っとくけど、演技はしないわよ」
「わ、わかってるって。見てろ、ひいひい言わせてやる」
 そう笑ったのも束の間、邦夫は引き締まった表情になった。まずは左の乳房を基点に、利き腕の五指だけで刺激を与えてみる。するとどうだろう。レイプまがいのセックスでは見落としていた朱美の呼気の変化、微妙な発汗、筋肉の動きが感じ取れたのだ。
(へえ、おもしろいけど、なかなか難しいな……)
 右の乳房に移った。同じ刺激にならないように注意しつつ、指先の運びを工夫する。と、邦夫の腕を握る朱美の手に時折力が入った。これはなんのサインかと考えながら、さらに愛撫を続けてゆく。
(よ、よし。これならどうだ?)
 満を持して左の乳房に戻った。乳首には触れず、乳輪にも触れず、その周囲に指先で円を描く。途端に朱美の体がよじれた。縋る手は汗ばみ、り汗ばんだ太腿を擦りつけてくる。
「か、感じてきたのか?」
「ええ、いい調子よ。続けて……」
 邦夫の指が乳輪の縁を回り出した。二度三度と回るうちに、乳首がぴくぴくしこってくるのがわかる。
(ああ、そろそろ乳首にタッチして……。摘まんでもいいのよ。引っ張っても……)
 朱美の肉の声が届いたのか、邦夫が乳首に触れてきた。乳房全体をてのひらで覆い、乳首を乳輪の中に押し込む。そうやって左の乳房をじらしつつ、右の乳房へ唇をつけた。
 邦夫の下唇が乳輪の周りをくるくる回る。何度も執拗に回り、時折舌先を伸ばしては白肌と乳輪の境界に唾を塗り込めた。
(あっ……。これ、いい……)
 唇の回転の輪は徐々に狭まり、乳首を擦るようになった。散々じらされた乳首は痛いほどに勃起し、舐め続けられた乳輪は乳房全体を引っ張るように膨張している。
「はむっ……」
「あっ!」
 邦夫が乳首に吸いついた。吸い出しては唇で挟み、舌先でちろちろと舐めて転がす。
「あ、ひっ……」
 朱美が初めて喘ぎを漏らした。それでも邦夫は気を抜かない。朱美の表情を上目遣いで確かめながら、左の乳房に置いていたてのひらをゆっくり回しす。押し込まれている乳首が、臼に放り込まれた木の実のように転がった。
「はあ……。いいわ……わかるでしょ、乳首立ってるの?」
「ああ、こりこりだ」
「ねえ、吸って、こっちも……」
 声の半分は甘い吐息だ。
「それ、演技か?」
「演技はしないって言ったでしょう……。本当に吸ってもらいたいのよ……。ね、はやく……」
「やだって言ったら?」
「お願いよ。それ、とってもいいの……」
「舐めた後、キスするぞ?」
「いいわ、キスしましょ……」
「舌を入れるぞ?」
「入れて、なんでも入れて……」
「よ、よし。そこまで言うなら、舐めてやる」
 乳首の感触の残るてのひらをどけて、左の乳首を吸い、挟み、たっぷり唾をまぶした。
「はあ……ん。いい、いいわよ……」
 身悶える朱美の乳房がふるふる震える。邦夫は左右の乳首をそれぞれ親指で封をしてから、首筋、喉元へ唇を這わせていった。舐める場所を変える度に、親指の下の乳首は転がされて、ずきずきするほどの快感を与え続けた。
「く、邦夫くん。さっきのあれ、じらしたつもり?」
「あ、みえみえだったか?」
「いいえ、合格よ……。わたし、我慢できずにおねだりしちゃった」
 微笑む唇同士が重なった。邦夫にとっては記念すべきファーストキスだ。舌を絡ませ、唾液を交換し、一度離れてまた重なる。何度かそれを繰り返しているうちに、朱美が耳元で囁いた。
「下も……ね」
「あ、ああ……」
 邦夫は左腕で朱美の肩を抱き、右手を下半身へ滑らせた。たったそれだけの愛撫で、腕の中の朱美はひくひく震えている。じらす側も自制が求められた。邦夫は焦る手を止め、まずは陰毛を撫でさすった。
「はあ……」
 次に尻をまさぐった。
「あふ……」
 臀裂の始まり──渓谷の入り口──に指を置き、沢を登るように指を進めてゆく。肛門のふくらみをわざと迂回して、泉が湧いている膣口も避けて、陰毛がまばらに生えているのり面を進む。
(い、言わせたいのね……。でも、まだ言ってあげない……)
 邦夫の指はそこから谷底を覗き込むように身を乗り出し、あわや落ちそうというところで向かい側に跳び移った。たまらないのか、朱美がひしと身を寄せてくる。邦夫は軽く口づけを交わしてから、いよいよ谷底を目指した。
(ああ、まだよ……。まだ言ってあげない……)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【熟女体験談】家族ぐるみで お付き合いをしていた夫婦と・・・
2016/09/11 12:02
2016/09/11 12:02
2016/09/11 (Sun) 長男の幼稚園が縁で知り合ったT夫妻。

年齢も近く生活環境も似ていることから何となく気が合い、一緒にカラオケに行ったり夏休みに旅行をしたりと家族ぐるみでお付き合いをしていた。

1年前。

子供たちがキャンプでお泊まりの夜、T宅で飲むことになった。

子供たちがいない気楽さから酒宴は盛り上がり、かなり際どい話まで出てくるようになった。

男同士で女の趣味の話をしていたらT氏は私の妻がかなりタイプだと言う。

私もT夫人に自分の妻には無い肉感的なイヤラシさ(私の妻はスマート、というかガリ)を感じていたトコロもあり、一度夫婦交換をしてみようということになった。…
AV出演した素人主婦がAV男優に思いっきり抱かれまくる
2016/09/10 00:12
2016/09/10 00:12
27歳主婦です。私には旦那が知らない秘密があります。
アダルトビデオに出演しているんです。素人参加企画に応募して、2年間で6本出ました。
この先も気が向けば、本数増えるかもしれません。最初のビデオは。面接やカメラテストの最中にスタッフに×××される内容でした。
と、言っても本来、シナリオがあるわけですが・
現場に臨場感があって、私はスタッフが怖くなって本気で泣いているので。
<実録、人妻×××>と言う感じのタイトルになってます。

最初、監督に個室に通されて、旦那とのセックスの内容などをインタビューされました。
好きな体位とか、夫とセックスレスに近い事など説明。
私は「絶頂感がどういう…
モームスのチケットと交換に・・・
2016/02/21 23:20
2016/02/21 23:20
623 名前: おもらし 投稿日: 03/03/05 22:40 ID:uIpeW9lh学園祭でのモームスのチケットを私は持っていた。(もう一つトーコも持っていた)僕がアパートでのんびりしていたら一人の女友達裕美がやって来たモームスのチケットを高値で譲ってくれとのこと僕はもちろん断りました。さらに言うならば私はその女が好きではなかった、たしかに美人でスタイルは良かったが性格が、、、「ねえお願い、何でもするから」そう言うので冗談で「じゃあ体で払って」と言うとしばらくの沈黙の後「本当にそれやったらくれる?」 私は「えっマジでいいの?」と交渉成立私は前々から目を付けていた裕美のケツを触りたかったの…
■犯されたのに女の弱さを露呈
2018/05/25 11:37
2018/05/25 11:37
 27歳のOLです。仕事は運送会社で総務・経理を担当しています。そして昨日の残業中に、社内に残っていた別の部署の課長に犯されました‥最初とても怖くて 最期まで嫌でした…けれども途中から混乱してしまい

(本当は久しぶりの男性に反応してしまい…)最期に課長が腰使いの激しさを増しながら『いくぞ!膣内に出してやるからなあ、タップリ味わえよぉ!!』と言われました。

★嬉しかったスリムで美脚
2015/09/17 12:32
2015/09/17 12:32
 この前の土曜日の午後、やることもな無く1人だし暇だったので、久しぶりにてれくらへ行ってきました。案の定、電話の鳴りは少なく、また鳴っても早取りに勝てず二時間が過ぎようとした頃、何気にスピーカーボタンを押したら…繋がっちゃいました。

 慌てて話し掛けると、相手も慌てていてお互いにドモリ…何となく慣れていない様子。聞くと、初めてだと… 珍しいと思い、怪しみながら探りをいれてみたら、なんと先生。しかも中学の音楽の! 言いづらそうに宴と! このパターンと額は初めて!終わり時間も迫っていた為とりあえずアポ。
 外は暗く初めてじゃ不安だと思い、コンビニの駐車場で待ち合わせ。まあガセでも妄想出来た…
ナポレオンフィッシュみたいな女とセクロスした
2018/12/09 21:01
2018/12/09 21:01
スペック 俺 19 180の60だ フツメンだと思う キョロ充 ナポ子 21 170くらい?体重はわからん ナポレオンフィッシュ ナポ子とはバイト先が一緒なんだ ちなみに飲食な ナポ子はナポレオンフィッシュに似ているがなんか雰囲気美人なんだ 身長もそこそこ高いしな ちなみにCカプくらい しかも高飛車な感じで俺みたいな年下はお子ちゃまねみたいな感じで見てくる なんとなく、痴女だな。と思ってた ある日めずらしくナポ子とシフトが一緒で仕事が早く終わったんだ 定時あがりですらめずらしいので俺は心の中でハイテンションになっていた そーいえば冷蔵庫の中身なんもないなと思ったので買い物に行くこ…
【熟女体験談】子どもも大きくなったパートのおばちゃん熟女とセックスしちゃった
2016/03/23 00:02
2016/03/23 00:02
2016/03/23 (Wed) 相手は職場のパートのおばちゃん。

年は53くらいで既婚者。


ハタチ前後の子どもが2人いるらしい。


いつも元気で面白くて、笑顔が結構かわいくて、俺はこのおばちゃんがとても気に入り、


ちょくちょく遊びや飲み食いに誘ったり、


ことあるごとにプレゼントを贈ったりして、そのうちにカラダをいただいてしまった。


少しぽっちゃりだけど抱き心地は良いし、


穴は肉厚で締まりも悪くないしでますます気に入り、2人で会えば必ずハメる仲になった。

で、今年の姫始め。

俺は元日の朝に急に思いついて、


『姫始めするから、今からそっちにいくぞ』…
【寝取られ体験談】妻の過去…寝取られ
2016/04/14 02:14
2016/04/14 02:14
4月3日夜11時…今現在私の目の前で起こっている出来事を書きます!私は愛する妻の美幸を酔った勢いも有りまして友人に貸し出してしまいました…今妻…の美幸が私の目の前で友人に下から激しく巨大な一物で突き上げられています。 私の物よりも遥かに大きい肉棒が胎内に侵入を繰り返して美幸を狂わせています。 友人の突き上げ高速ピストンは秒間5回以上の早さで…もう2千回以上掻き回されています。 肉棒が抜けたアソコは赤く充血して…白濁液がメレンゲ状態ですし…膣穴が伸ばされて…ガバガバのグロマン状態です…今も美幸は大股を開かされ背面騎乗位状態で私の目の前でメチャクチャにされています。 そして…玩具(ダッチワ…
【レイプ】女子友3人と全裸で肝試し
2016/09/21 06:00
2016/09/21 06:00
去年の夏の話です。 私は当時大学4年生でした。高校の時からの友達だった仲良しの子2人と地元で遊ぶ事になりました。私は地元の大学に通ってましたが、友達2人は東京と千葉で大学生活を送ってました。 友達は『沙耶(さや)』と、『愛美(まなみ)』という名前です。3人で会うのは久しぶりだったので、あーでもないこーでもないと、ことのほかガールズトークは盛り上がりました(笑)で、学生生活も最後だし、社会人になったら会える機会も少なくなるし、せっかくだから今のうちに3人で遊んで思い出でも作ろうかって事になりました。と言っても私の地元は田舎も田舎で、近くに女子が遊べるような場所なんてありませ…
元カノが子供を連れて歩いていた
2017/04/28 09:16
2017/04/28 09:16
727 :えっちな18禁さん :2012/03/11(日) 23:37:58.65 数年前に別れた彼女の住んでた街に、たまたま仕事で行ったとき。 元彼女が子供あやしながらお茶飲んでるのを偶然見かけたんだ。 もしかしたら俺の子か、っていう直感みたいなのが凄くあった。 子供から、まるでアムロばりに、プレッシャーみたいなのを感じたよw 思い当たる節はあるけど、確証もクソもないんだけどな。 元彼女が、子供の目線を追っかけて俺に気付きやがったから逃げてきた。 ま、きっと俺の勘違いだろう。 元記事:http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hne…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・映画館でレイプした人妻と

・他部署の上司との生セックスが病みつきに

・【Hな体験】密かに想いを寄せていた文学少女に膝カックン

・【人妻体験談】父が再婚した義母に誘惑されたら、イキながらお漏らしした

・【熟女体験談】親が旅行でいない間、隣に住んでるおばさんにお世話をしてもらい童貞卒業

・「3Pお願いします」と頻繁に見かける書き込み

・【近親相姦】田舎の祖母の家でぽっちゃり美人の母を夜這いレイプ

・非処女の妻は美しい

・【Hな体験】ゴムが破けるハプニングで知った生中出しの快感

・映画館の女子トイレで

・【熟女体験談】未婚の親戚のおばさんで初エッチ童貞卒業

・【人妻体験談】お尻が大きい幼馴染の母親とのセックスの相性は抜群

・男なら気になる妻は何人の男と寝たのか

・女子体操選手のレオタードのシミ

・妹とフェラ三昧

・間違いなくあのままでは犯される・・・

・【熟女体験談】夫婦交換大好きでスワッピング中毒な変態夫婦

・塾生の相談に乗り流れでラブホへIN

・ショッキングな愛妻の動画DVD

・【オナニー】ジャクジー風呂で男子高校生に露出しながら

・【人妻体験談】妻が浮気をしているようで、友人に監視してもらったら金持ちの男に寝取られていた

・未亡人はエロに飢えているんですね

・人妻美人課長のスーツの中

・【スワッピング】30歳の童貞キモオヤジに彼女を貸し出した結果

・【寝取られ】チャラい先輩とのセックスをブログ公開してた元カノ

・内妻の友達を旦那の前で

・【熟女体験談】本屋で不倫物を立ち読みしている熟女を痴漢したら簡単に中出しさせてくれた

・社長のおちんちんを咥えています

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった

・交際初日に初SEX。そして・・・。