寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

中学生に寝取られた_10

2018/10/16 09:01


 ドアの開閉する音に、朱美は浅い眠りを覚まされた。邦夫が洗面器とタオル、ミネラルウォーターを手に立っている。
「……あ、ごめんなさい。いつの間にか寝ちゃったわ」
 朱美たちは睦み合ったまま寝てしまったのだ。すでに日付は変わり、カーテン越しにも日の出が近いことがわかる。
 洗面器を置いた邦夫は、Tシャツとトランクスを脱ぎながらぼそりと言った。
「雄太が九回で、康二が十一回だ」
「え?」
「あいつらがいった回数だよ。で、あんたは七、八回ってとこか? 演技でなきゃな」
「か、数えてたの?」
「ああ、ずっと見てた。結局、成功しなかったな」
「ええ、三人同時は難しいわ……」
「それとそうと、ザーメン臭いぞ。さっさと洗えよ」
 邦夫は面倒臭そうに言って、いすに腰かけた。
「え? あ、ありがとう……」
 朱美はベッドから降りて、荒淫の跡も生々しい体を拭き清め始めた。濡れタオルで腕や脚を拭うふりをしながら、こっそり膣や直腸に指を入れて、中にこびりついた精液を掻き出す。
「く、邦夫くん。どうして四人一緒にこだわるの?」
「別にこだわってるわけじゃないさ。ただ面白そうだし、想い出にもなるし……」
「想い出? 夏休みの? それとも中学時代の?」
「うーん、ちょっと違うな。まあ、あいつらと一緒に遊んだっていう想い出かな、たぶん」
「そう、わかるような気がするわ。友達って大事だものね」
 相槌を打たれたことが気恥ずかしいのか、邦夫はぶっきらぼうに立ち上がった。
「それ、捨ててくるから、うがいもしとけ」
「あ、はい」
 そのためのミネラルウォーターだったのだ。朱美は口をすすぎながら、淫鬼の意外な一面に感心していた。
 忍び足で出て行った邦夫が忍び足で戻ってきた。
「あんた、疲れてるだろ?」
「さすがに……ちょっとね」
 熟睡している雄太たちにタオルケットをかけていた朱美がはにかむ。
「4Pは明け方にするから、それまで寝てていいぞ」
「この時間なら起きていた方がいいわ。それに邦夫くんの練習がまだだし……」
「お、おれはいいよ。雄太たちと違って、ただのフェラチオだし……」
「じゃあ、練習抜きってことでどう? いまなら二人きりよ。こっそりやりましょうか?」
「な、なんだよ、やけに絡むな……。おだててもなにも出ねえぞ」
「だって邦夫くん、お風呂を出てからら全然じゃない。もう、おばさんとやるのは飽きちゃった?」
 朱美が嫣然と笑う。画策など微塵もない、心からの笑顔だった。
「そ、そんなことないけど……。あ、でも、本当はやり過ぎで痛いんだろ? やっぱり、明け方まで休んでろよ」
「えーっとね、前の方は平気なの。伊達に人妻を十年もやってないわよ。ね、だから……」
 脚をやや開き気味にして立つ朱美は生々しい肉の塑像だった。仄白い肌の下では荒淫の気だるさと情欲の火照りが拮抗しているのだろう。そんな柔肉の危うさを見ていると、無性にしがみつきたくなる。
「しょうがねえなあ……」
 そう言いつつ邦夫は立ち上がったが、本当は二人きりになる機会を窺っていたのだ。あえて3Pに混ざらなかったのも、わざと物音を立てて朱美を起こしたのも、差しでじっくり抱き合いたかったからに他ならない。
 二人は毛布を床に敷いてベッドの代りにした。雄太たちに対する気後れから、照明を補助灯に落とす。途端に密会じみた雰囲気になり、どちらともなく笑いがこぼれた。二人は立ったまま抱き合った。
「なあ、ちゃんと教えてくれないか、セックス……」
「もう教えることなんてないわ」
「お、女が喜ぶセックスだよ」
「あら、わたしは彼女の実験台?」
「そ、そんなんじゃないよ。あんたが気持ちいいと、多分、おれも気持ちいいと思うから……」
「ふふ、それがわかっていれば十分よ」
 二人は再び抱き締め合い、朱美のリードで毛布の上に横たわった。朱美が下になり、邦夫の首に腕を絡ませる。
「……あのね、激しいセックスもいいけど、その前に必ずムードを盛り上げなければならないの。前戯をきちんとして、言葉も交わして……。後はそうね、例えばじらしたりとか」
「あー、なかなか入れなかったりする、あれか?」
「それもあるけど、例えばおっぱいを触るにしても、いきなり揉んだりしないで、周りを指でなぞったり、そっと押したり、さすったりとか……。そきときは小さな刺激から始めるの。ね、ちょっとやってみて」
 朱美は邦夫の手を取り、薄い歯形や淡いキスマークの残る乳房に導いた。邦夫はこのときばかりは神妙な顔になり、乳房の裾野をそっとなぞってみた。
「こ、こんな感じか?」
「そう、いいわよ。これはね、いろいろ応用が効くからよく覚えててね。女はね、なにもあそこだけが性感帯じゃないのよ」
「ふーん。で、順番はあるのか?」
「特にないわ。でも、あそこから遠いところから始めて、徐々に近づくようにするといいかも……。ま、これはわたしの好みだけどね」
「じゃあ、ちょっとやってみるけど……笑うなよ」
「笑わないわよ。真剣な人、わたしは好きよ」
 邦夫の鼻息が荒くなった。
「こ、子供扱いするな。いいか、あんたはおれ専用のセックス奴隷なんだぜ」
 朱美は首をすくめて見せる。
「そうね、ごめんなさい。じゃあ、あなた専用のセックス奴隷をちゃんと歓ばせてね。言っとくけど、演技はしないわよ」
「わ、わかってるって。見てろ、ひいひい言わせてやる」
 そう笑ったのも束の間、邦夫は引き締まった表情になった。まずは左の乳房を基点に、利き腕の五指だけで刺激を与えてみる。するとどうだろう。レイプまがいのセックスでは見落としていた朱美の呼気の変化、微妙な発汗、筋肉の動きが感じ取れたのだ。
(へえ、おもしろいけど、なかなか難しいな……)
 右の乳房に移った。同じ刺激にならないように注意しつつ、指先の運びを工夫する。と、邦夫の腕を握る朱美の手に時折力が入った。これはなんのサインかと考えながら、さらに愛撫を続けてゆく。
(よ、よし。これならどうだ?)
 満を持して左の乳房に戻った。乳首には触れず、乳輪にも触れず、その周囲に指先で円を描く。途端に朱美の体がよじれた。縋る手は汗ばみ、り汗ばんだ太腿を擦りつけてくる。
「か、感じてきたのか?」
「ええ、いい調子よ。続けて……」
 邦夫の指が乳輪の縁を回り出した。二度三度と回るうちに、乳首がぴくぴくしこってくるのがわかる。
(ああ、そろそろ乳首にタッチして……。摘まんでもいいのよ。引っ張っても……)
 朱美の肉の声が届いたのか、邦夫が乳首に触れてきた。乳房全体をてのひらで覆い、乳首を乳輪の中に押し込む。そうやって左の乳房をじらしつつ、右の乳房へ唇をつけた。
 邦夫の下唇が乳輪の周りをくるくる回る。何度も執拗に回り、時折舌先を伸ばしては白肌と乳輪の境界に唾を塗り込めた。
(あっ……。これ、いい……)
 唇の回転の輪は徐々に狭まり、乳首を擦るようになった。散々じらされた乳首は痛いほどに勃起し、舐め続けられた乳輪は乳房全体を引っ張るように膨張している。
「はむっ……」
「あっ!」
 邦夫が乳首に吸いついた。吸い出しては唇で挟み、舌先でちろちろと舐めて転がす。
「あ、ひっ……」
 朱美が初めて喘ぎを漏らした。それでも邦夫は気を抜かない。朱美の表情を上目遣いで確かめながら、左の乳房に置いていたてのひらをゆっくり回しす。押し込まれている乳首が、臼に放り込まれた木の実のように転がった。
「はあ……。いいわ……わかるでしょ、乳首立ってるの?」
「ああ、こりこりだ」
「ねえ、吸って、こっちも……」
 声の半分は甘い吐息だ。
「それ、演技か?」
「演技はしないって言ったでしょう……。本当に吸ってもらいたいのよ……。ね、はやく……」
「やだって言ったら?」
「お願いよ。それ、とってもいいの……」
「舐めた後、キスするぞ?」
「いいわ、キスしましょ……」
「舌を入れるぞ?」
「入れて、なんでも入れて……」
「よ、よし。そこまで言うなら、舐めてやる」
 乳首の感触の残るてのひらをどけて、左の乳首を吸い、挟み、たっぷり唾をまぶした。
「はあ……ん。いい、いいわよ……」
 身悶える朱美の乳房がふるふる震える。邦夫は左右の乳首をそれぞれ親指で封をしてから、首筋、喉元へ唇を這わせていった。舐める場所を変える度に、親指の下の乳首は転がされて、ずきずきするほどの快感を与え続けた。
「く、邦夫くん。さっきのあれ、じらしたつもり?」
「あ、みえみえだったか?」
「いいえ、合格よ……。わたし、我慢できずにおねだりしちゃった」
 微笑む唇同士が重なった。邦夫にとっては記念すべきファーストキスだ。舌を絡ませ、唾液を交換し、一度離れてまた重なる。何度かそれを繰り返しているうちに、朱美が耳元で囁いた。
「下も……ね」
「あ、ああ……」
 邦夫は左腕で朱美の肩を抱き、右手を下半身へ滑らせた。たったそれだけの愛撫で、腕の中の朱美はひくひく震えている。じらす側も自制が求められた。邦夫は焦る手を止め、まずは陰毛を撫でさすった。
「はあ……」
 次に尻をまさぐった。
「あふ……」
 臀裂の始まり──渓谷の入り口──に指を置き、沢を登るように指を進めてゆく。肛門のふくらみをわざと迂回して、泉が湧いている膣口も避けて、陰毛がまばらに生えているのり面を進む。
(い、言わせたいのね……。でも、まだ言ってあげない……)
 邦夫の指はそこから谷底を覗き込むように身を乗り出し、あわや落ちそうというところで向かい側に跳び移った。たまらないのか、朱美がひしと身を寄せてくる。邦夫は軽く口づけを交わしてから、いよいよ谷底を目指した。
(ああ、まだよ……。まだ言ってあげない……)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【人妻体験談】綺麗なシングルマザーに筆下ろしされて自分の人生に希望が持てるようになった初体験
2018/09/17 12:02
2018/09/17 12:02
可憐で綺麗なシングルマザーに僕は筆下ろししてもらいました 同じ職場のパートさんで童貞な僕に優しくしてくれて 彼女がいたことがないSEXもしたことがない と話すと 私で良かったらエッチさせてあげようか? と筆下ろししてくれる事になったんです しかし、その日はシンママなので子供がいるので遅くなれないというので 会社の飲み会がある時、娘を両親に預けるのでその日に初体験させてくれるとのこと そして、初体験当日 会社の飲み会では酒と食事を控えめにして美人なシングルマザーとホテルへいきまいsた 部屋に入ってからは暫くソファーに座って緊張している僕に 美人シングルマザーがキスをしてきて 「おっぱい触って」…
【近親相姦】少女の花びら ②【体験談】
2015/12/23 06:27
2015/12/23 06:27
『 第二章 絶望の放課後 』 、 放課後、部活動募集の学校内放送にかかわらず以外にも少なかった裕子を含む 男2人・女5人・計7人の生徒が集まった 他部活とか塾とかで放課後は忙しいだろうか 俺は教壇に立ち「じやぁ 今日はパソコンでお絵かきします」 「は〜い♪」と心純粋の清らかな声の小学生達 女子生徒を改めて見てみると以外にも可愛い生徒が集まっている 舞子(仮名)137cmと小柄で胸元は未だ膨らんでいない細身の身体 俺は舞子の細い肩に腕を回しマウスを握っている小さい舞子の手の上に 手の平を添えながら教えた こんな近くでロリに触れる事が出来るとは 思わなかったぜ 裕子もいいけど舞子もいいなぁあの子も…
エッチな専務【社内不倫体験談】
2016/04/07 10:10
2016/04/07 10:10

ある日の飲み会に、私、みわ先輩、パートさん二人(40代)、男性社員6人の計10人が参加した時です。
二次会はラウンジ?でした。
みんな軽く酔って、盛り上がったころ、踊ろうってことになりました。
踊りって言ってもチークなんですが。

誘われるまま数人と踊りました。
その時の男性はみんなチン○が硬くなってきて、ブラウスの下から手を入れられ乳首コリコリされながら踊ったり、チン○握らされそうになったり、トイレに行く通路でキスされて胸揉まれたり…は、また別の話し。笑


その時のメンバーに専務(30代社長の息子、超真面目)がいました。
その専務に踊ろうかと誘われた時、思わずドキッとしてしまいました。…
酔っ払った彼氏の友達にコクられて、キスだけって頼まれ許したら…
2018/04/30 06:10
2018/04/30 06:10
昨日の事ですが、会社の人と居酒屋に行った帰りに、彼氏の友達と偶然会いました。

まだ9時位だったんですが、彼友はかなり酔っぱらっていて、普段はあまり話さないタイプなのに、ハイテンションでランに声をかけて来ました!
ランも良く知っている友達なので、一緒に駅まで帰りました。


普通に会話しながら歩いていると、彼友が「ごめん、ちょっと休んでイイ?気持ち悪い」と言い出したので、一緒に休める所を探して、小さな公園のベンチに座りました。
ランはコンビニで水を買って来てあげたので、少し落着いたみたいでした。


しばらくそこでお話をした後、「ちょっとトイレに行って来る」って言って彼友が立上がったんですけど…
おじさんのセックステクニックが凄すぎてたまらないのだが
2015/11/07 06:30
2015/11/07 06:30


昨日の人はテクがすごかった 


指入れたらすぐ前立腺見つけてクリクリ、


引っ掻くようにしたり擦ったりとか指の前立腺責めだけで初めてイッた 


そのあと挿入されたけど、


前立腺に当てて掘り続けてトコロテンするわドライするわで喘ぎまくり 


今日声が枯れてる


相手40の単身赴任のおじさん 


俺、25 


アナニー好きから掘られたいになり、


おじさんで二人目、


おじさんのテクに溺れて昨日会ったの3回目

指だけで責められてて、ああああっ…
人生色々(元夫に愛されて)ver.2
2018/02/24 01:31
2018/02/24 01:31
自慢めいた話から始まることをお許しください。 小学校の高学年ごろから、近所の大人たちから色白でかわいいとよく言われるようになり、中学生になると、何人もの男子生徒から告白されるようになりました。若い頃にモデルをしていたことのある母親に容姿が似たせいかもしれません。胸も人並み以上に大きく、それも魅力だったようです。性に好奇心が強かったせいか、私は高校生の時、一度だけ悪い友人に誘われて、20代の会社員の男性といけないデートをしたことがありました。生まれて初めてのセックスの経験でした。ホテルへ連れて行かれると、当然のようにフェラチオをさせられ、顔の上に男の人が跨ると、肛門も舐めさせられてしまいました。…
【レイプ体験談】中1の妹に性的乱暴する最低最悪な鬼畜兄③
2016/07/08 16:31
2016/07/08 16:31
ここ、と指定したのは妹の学習机。 「うん…」と力無く返事し、抵抗せずに机の上に座り、m字開脚し、まんこのびらびらを広げて見せる妹。 流石に恥ずかしいのか顔を背けてぎゅっと目を閉じて羞恥に耐えているようだった。 俺は学習机と対になっている椅子に座り、まんこ観賞会を始めた。 改めて見るとグロいもんだと思った。 ちんこのほうがよっぽど可愛らしいフォルムをしてる。 俺「なあ、ここ触られると気持ちいいんだろ?さっき触られてどうだったんだよ?」 机の上にあったボールペンのペン先とは逆の方でクリトリスを突ついてみる。 妹は敏感に反応して「んっ…」と小さい声を漏らした。-----妹「ど、どうって…わかん…
お祭りの夜で
2017/10/28 23:49
2017/10/28 23:49
私が、小学校3年生の夏の夜でした近所にお祭りが有って、私は母に浴衣を着 せてもらい一人で、お祭りに行きました。 色々な夜店を見てぶらぶらしてると、優しそうなおじさんに声をかけられ私 はおじさんとお祭りを楽しむと、おじさんはイカ焼きやわた飴など色々と買 ってくれて、焼きそばをおじさんのワンボックスの中で食べました。 エンジンをかけてクーラーを入れると涼しい感じで焼きそばを食べました。 焼きそばを食べ終わると、おじさんがイイ事して遊ぼうと言いました・私は 意味も解からず返事をすると、おじさんはめぐみのオシッコの出る所を見せ てといいました、私はウンと言うとおじさんはいすを倒して私を寝かせて ワンピ…
【妹との告白体験談】妹・みゆ  ○近親相姦体験○
2015/12/02 23:24
2015/12/02 23:24
131:なまえを挿れて。 :2009/09/27(日)00:31:10ID:hwpZRd0W0とりあえず、体験談うpしていいですか?今じゃ俺も妹も30前後で、もうずっと昔の話だけど。 ずっと心の中に重く残ってた負の記憶なんだけど先週妹が結婚し、なんか安心したのと、なんだか凄く寂しいってのがあるのでメモ帳に書いてみました。 短時間に分けてうpしたいのですが、あんまり連続でやると、連続投稿で規制されてしまうと嫌なので、「ネタくせえ」でもなんでもいいので定期的にレスしてくれると助かります。 133:なまえを挿れて。 :2009/09/27(日)00:32:50ID:hwpZRd0W0そ…
【近親相姦】外国人は乱交好き?【体験談】
2017/02/05 23:23
2017/02/05 23:23
423:名無しさん@ピンキー:2008/12/05(金)16:26:13 今年は、コロンビア♀2人と3Pを二回。 最近したうちの一人、一本しかないからイったら 交代だよと言っておいたのに、騎上位でイっても入れっぱなし 結局4回ぐらいイってから、やっと、もう一人と交代した。 その間、漏れは、一人を腰の上に乗っけて、もう一人は顔の上に 乗っけてた。重かった。424:名無しさん@ピンキー:2008/12/09(火)07:18:39 今年一番の思い出といえばイタリア女2、ブラジル女2、スペイン女1、チェコ女1、 イタリア男2、イラン男2、スペイン男1、日本男1で乱交したことかな。 最初は普通のホームパ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【近親相姦】俺は今、姉貴の奴隷です

・マンションで朝から夜まで

・【熟女体験談】通勤電車で密着した同僚の美魔女社員に本格的な痴漢プレイ

・もし未来穂香が学校でいじめにあったら?3

・【人妻体験談】正月にカワイイ系の義母に強引にキスして義母相姦レイプ

・40代の人妻を寝取る愉悦

・ハロウィンの夜男達に悪戯された体験談

・人妻とセフレ関係になったきっかけ

・強姦された人妻の末路は

・【熟女体験談】ノンアダルトの出会い系で知り合った無反応な全身網タイツなロボットおばさんとのSEX

・【不倫】家庭訪問に来た女教師を酔わせて

・ロリ系 人妻ヘルスで中出ししてやった

・人ゴミを避けた静かなビーチが間違いでした

・僕のセックス体験

・【乱交】現役JK2人組のダブルフェラは最高だった

・ある病院に勤めています

・【人妻体験談】夫婦喧嘩で家を飛び出した人妻が居酒屋で知り合った男性とランデブー

・【熟女体験談】息子とオムツプレイをしてオチンポ注射で中イキ絶頂

・【浮気】彼氏がいるのに無理やりされて感じる自分に興奮して

・クリバキューマーで夫婦円満

・【羞恥】全裸サイクリングのトラウマ

・先生も恐れる不良に処女を奪われた私

・女の子にたくさんいじめて貰った話を書いていく

・旦那の誕生日に他の男性に抱かれて上げました・・・

・【熟女体験談】デブ美人な母が全裸でバイブオナニーをしていたのを見て近親相姦レイプ

・同じアパートに住む知り合いの離婚人妻

・俺か出会い系で童貞卒業したときの話

・【人妻体験談】大きなたらいの中で巨乳な未亡人にパイズリされて対面座位挿入中出しSEX

・CFNM小学1年生の頃スカートめくりが流行っていました

・【レイプ】小柄で茶髪のJKを雑木林に押し倒して