寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

中学生に寝取られた_8

2018/10/16 01:01


「せっかくだから、サラダも持って行きなさい」
 雄太の母が盛りつけているのは、具がたっぷりのチキンカレーだ。
「本当はご飯どころじゃないんだよ。お腹が空いたら勝手に冷蔵庫をあさるからさ、心配しないで」
「もう、だから言ったじゃないの。お盆前に終わらせなさいって」
「ぼくはやったよ。でも、ほら、あの二人がね」
 意味深に笑って、雄太はキッチンを後にした。手にしたトレイにはカレーライスが三皿とコップとスプーンが三つずつ。小脇にミネラルウォーターのペットボトルを抱え、軽い足取りで階段を上がってゆく。
 足音に気づいたのか、中から邦夫がドアを開けてくれた。Tシャツ、ハーフパンツ姿の雄太に比べて、邦夫は全裸だ。
「おまたせ。あ、家に電話した?」
「ああ、きちんとお礼しとけって言われた」
「康二くんも?」
 同じく全裸の康二は、床に散らばったティッシュを摘まみ拾いしていた。半端じゃない量のティッシュがくずかごに山を作っている。
「おれも言われたぜ。お礼しとけって」
「あはは、どこの親も言うことは同じだね」
 三人はトレイを囲んで車座になった。コップにミネラルウォーターを注いで、いざ乾杯となったとき、ふと雄太がベッドの方を見た。
「朱美さんもお腹空いたでしょ?」
 全身の筋肉を弛緩させた朱美が、ぴくりとも動かずにベッドに伏している。乱れたシーツは四人分の体液を吸って、まるで濡れ雑巾のようだ。
 返事のない朱美を心配して、雄太が寄ってきた。脂汗に滑る肩を揺する。
「ねえ、ぼくの分、半分こしようか?」
「……ありがとう。でもいいわ」
 朱美は突っ伏したまま、眼球だけ動かした。
「……飲み物、ある?」
「うん、ちょっと待ってて」
「おい、雄太。ちょっと耳貸せ。康二も──」
 邦夫が目配せした。そのまま三人は顔を寄せ合い、なにやら談合を始める。
「──な、面白そうだろ?」
 邦夫は机に向かい、引き出しの中から没収していたピルを一錠取り出した。それをコンパスの針でみっつに砕き、一粒ずつ仲間に手渡した。次に、三人のは横一列に並んだ。雄太が脱衣するのを待ち、邦夫が朱美に声をかける。
「おい、朱美。喉が乾いたんだろ? 飲ませてやるからこいよ」
 朱美がのろのろと頭を上げた。横一列に並んだ少年たちは、それぞれあぐらをかいていた。先頭が雄太、次に康二、邦夫と続いている。朱美は嫌悪に顔を歪めた。
「……おしっこなら、いらないわよ」
 一番奥の邦夫がミネラルウォーターの入ったコップを振って見せた。
「ばーか、おれたちはそこまで変態じゃないって。ほらこれ、ここまできたら飲ませてやる」
「断れば……輪ゴムを引き千切るの?」
 首に食い込む四本の輪ゴムを摘まんで、朱美が自嘲気味に笑う。
「もちろん。でも、それだけじゃないぜ。おれたちのちんぽをよく見ろよ」
「え?」
 それぞれの男根の先に小さなかけらが載っている。ピルだ。正直、やられたと思った。普段、朱美は昼食時にピルを飲んでいた。陵辱は明日の朝まで続くから、いまピルを飲んでおかないと妊娠の危険性が高まるのだ。
 ごていねいにも、ピルのかけらは奥へ行くほど大きくなっていた。ここまでお膳立てをされては笑うしかない。朱美はため息を漏らし、のろのろとベッドから降りた。
「四つん這いだぞ」
「ええ、わかってるわ」
 最初は雄太だ。その表情からこの悪戯に乗り気でないことがわかり、朱美もいくぶん心が安らぐ。朱美は心配そうにしている雄太に「大丈夫よ」と笑いかけてから、しなびた男根を頬張った。まずはひとつめのかけらを嚥下する。
 と、雄太の腰が切なげによじれた。筆下ろし早々、朱美が覚えているだけで五度──実際はその倍──も挑んできた男根は、ずる剥けさながらに腫れ上がっていたのだ。
(まあ、こんなになるまで……)
 朱美は離れ際に優しくキスをした。だが、次に移った康二はさらに重傷だった。粘膜が腫れ上がるどころではない。亀頭と包皮の境目に小さな水泡すらできている。
「康二くん、大丈夫?」
「だ、大丈夫だ。ちょっと休めば……」
 朱美に挑んだ回数は雄太と同じだが、力任せに腰を使った分、男根に無用の負担をかけてしまったのだろう。おぼろげながら、朱美も康二の責めが一番力強かったことを覚えている。朱美はそっと男根を咥えた。
(そう、痛いのを我慢してまでわたしが欲しかったのね……)
 康二に対する嫌悪感は払拭できないが、それを補って余りある愛おしさを感じる。ピルのかけらを嚥下した後も、薬を塗布するように唾をまぶすのだった。
 最後は鬼門の邦夫だ。人妻監禁陵辱を仕組んだ恐るべき淫鬼──。この少年によって、朱美は生涯忘れることのない性地獄に堕とされたのだ。憎くないと言えばうそになる。だが、いまの朱美には別の懸念があった。
(きみを男と見込んだのよ。約束は守ってね)
 朱美は疲労困憊の巨尻を振り、邦夫の股間に進んだ。男根はだらりと垂れ、先が床を向いている。さっきまでそこにあったピルが見当たらない。よくよく探すと、鈴口の部分に付着しているのが見えた。おそらく唾液で貼りつけたのだろう。
(よくもまあ、いろいろ考えるわね……)
「どうした? はやく飲めよ。妊娠したって知らないぞ」
 朱美は上目遣いに睨みつつ、舌先だけでピルのかけらをすくい取った。精一杯の反抗だ。邦夫は怒るどころか笑っている。
「おれだけフェラチオサービスはなしか。嫌われたもんだな。ま、それはそうと、ごちそうさまを忘れてるぞ」
「ご、ごちそうさまでした」
「白目剥くほどまわされたら、けっこう素直になったじゃねえか。後半戦もその調子で頼むぜ、朱美」
 邦夫は約束通りコップを与え、自分はカレーライスの残りをかっ込み始めた。朱美はコップを両手で持ち、ちびりと唇をつけた。
(美雪ちゃん、きちんとご飯を食べたかしら? あ、そうそう、水着の洗濯……。パパ、ちゃんとやれたかしら?)
 気がゆるむと家族の顔が脳裏に浮かぶ。娘と夫の幻影がはやく帰ってきてと呼んでいる。
(待っててね。明日の朝に帰るから。大丈夫よ。ママ、がんばれそうだから……)
 朱美はミネラルウォーターを一気に飲み干した。口腔と咽喉に残留していた精液が溶け出して、朱美の胃を満たしてゆく……。
 食事が終わる頃、階下から声が掛かった。
「雄太。パパが帰ってきたわよ。先にお風呂に入っちゃいなさい」
 部屋の隅で丸くなっていた朱美がはっと顔を上げた。助けを求めるためではない。汗と精液にまみれた体がエアコンの冷気にさらされて乾き、不快この上なかったのだ。雄太に目線のサインを送ってしまう。
 サインを受け取った雄太は、リーダーの邦夫に同じく目線でお伺いを立てた。邦夫は鷹揚に頷いた。
「よーし、みんなでひと汗流すか」
「うん、そうだね」
 全裸の雄太はドアを半開きにして、首だけ外に出した。
「みんなで入るから長くなるけど、いい?」
「いいわよ。はやく入っちゃって」
 邦夫と康二も調子に乗り、ドアの隙間に首を並べる。
「おばさーん! カレー、ごちそうさまでした!」
「おじさーん! おじゃましてまーす!」
「やあ! 宿題がんばれよ!」
「はーい!」
 人妻を全裸に剥いて監禁しておきながら、その声はあどけない。その反動からか、ドアを閉めるなり邦夫たちは浮き足立った。
「ふりだしに戻って、お風呂で洗いっこパート2ってやつだな」
「へへっ、おれたちのちんぽはパワーアップしてるんだ。覚悟しろよ、朱美」
「ねえ、パパたちがいるんだから、ほどほどにしてよね」
「おれに言うなって。よがるのは朱美なんだからよ。それはそうとはやく行こうぜ。風呂から上がったら、朝まで乱交パーティだからな」
「えへへ、乱交パーティか……。いい響きだね」
「へへっ、しかも徹まんだぜ。うー、もうちんぽがずきずきしてきやがった」
 どうせすぐ裸になるからと、少年たちは朱美にTシャツだけを与え、自分たちはパンツ一枚の姿で部屋を後にした。

 濡れたTシャツを体に貼りつかせて、朱美が一人洗い場に立っている。
 一方、朱美に体を洗わせた少年たちは、浴槽の中でぎゅうぎゅう詰めになりながら、荒淫の疲れを癒していた。
「素っ裸もいいけど、こういうのもいいよな。チラリズムってやつ?」
「へへっ、朱美はよ、太腿が色っぽいんだよなあ。でかいけつもそそるしよ」
「あはは、乳首が透けちゃってる」
 好き勝手にのたまう少年たちを、朱美は恨めしげに睨んだ。
「いいわね、きみたちだけすっきりして」
「あれ、朱美もすっきりしたいの?」
 また難癖つけられると朱美は身構えたが、すぐに肩の力を抜いた。延べにして二十回近く男根を突き立てられたこの体だ。いまさら凌辱を拒んだどころでさほど意味はない。なにを言われても素直に従うつもりだった。
「え、ええ……」
「じゃあさあ、ポーズはおれたちが指定するけど、それでもいいか?」
「ポーズ?」
「体を洗うときのボーズだ」
「い、いいわよ」
「恥ずかしいからパスってのはなしだぞ?」
「こ、このままでいるよりはましよ」
「よーし。じゃあ、Tシャツを腰のところで結べ」
「え?」
「ばかか、おまえ! けつとおまんこがよく見えるようにTシャツをめくるんだよ!」
 怒鳴る邦夫の脇腹を、雄太が小突いた。
「く、邦夫くん、声大きいよ」
「あ、悪い悪い。朱美があんまりばかだからつい……」
 ばかと言われては朱美もむきになる。いびるのが目的の邦夫の期待を削ぐように、あえてあっけらかんとTシャツをめくり上げ、ついでに頼まれていない乳房までも露出して、脇の下で絞ったのだった。
「次は?」
 もちろん、邦夫もむきになる。
「よ、よし。じゃあ、ここに足…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
出会いはバスの一番後ろの一番端っこの席[第1話]
2017/05/03 06:49
2017/05/03 06:49
ちょうどテスト期間が終わった金曜日の事だった。 テストがあったから、予備校の授業に出れてなかった。 だから、テスト最終日の金曜日に一気に一週間分出る事にした。 予備校を出ると、もう時間は10時半を越していた。 補導時間までには絶対に帰れないなって思った。 予備校からは大体家まで1時間は掛かる。 だからもう諦めてゆっくり歩いて駅へ向かった。 時間が時間だからか、かなり混んでた。 それは関係ないと思うけど、なんか凄い時間かかった。 家の最寄駅に着いた頃には、もう0時になりそうだった。 だから最終のバスが無くなる前にと、バス停に急いだら、ちょうどバスが出たとこだった。 もうバス…
会社の備品倉庫で若い事務員と2連発
2018/09/10 12:16
2018/09/10 12:16
 美智子と初めて会ったのは、今から5年前転勤で着任した事務所だった。美智子は柴咲コウみたいな感じのきれいな顔立ちだった。何より驚いたのは、脚がきれいな事だった。

 制服のスカートからのぞく太ももは適度に肉付きがよく、ふくらはぎから足首にかけてきゅっとしまっており、脚のモデルとして十分やって行けるのではと思うくらいだった。
H体験告白。。男友達を押し倒してフェラ、騎乗位で上に乗って
2016/04/28 16:39
2016/04/28 16:39
男友達とのsex。友達以上恋人未満くらい

部屋に遊びにいって良い雰囲気になって
いちゃいちゃしてたらしたくなった

彼は年下ですごく大人しい子で、普段は私のほうが立場が上な感じ
押し倒してフェラしたらガチガチに立ってきたから、上に乗って入れた

もうすごく濡れてたからすぐに入った

騎乗位でしてると、彼も乗ってきて、突き上げるように腰を動かしてきた
思ったより激しくて、体力あるんだなと思った

それで胸を鷲掴みにして強く揉んできた
私は隠れMなので興奮して大きな声だしてしまった

強く胸を揉まれて、乳首を左右に向けて引っ張られて
恥ずかしい形にされた

次の日にみたら胸が…
彼女を白い紐で縛って男2人が襲いかかる
2017/05/28 00:26
2017/05/28 00:26
僕たちは変態カップルで
アブノーマルなプレイが大好き


前から自分の彼女が他の男に・・・という妄想ばかりしてました。

そんなある日のこと、彼女の友達カップルと一泊旅行に出掛ける事になりました。

僕は33才、彼女は24才(Eカップ)の可愛い感じです。

友達の彼氏は25才のサーファーで、見た目は怖い感じでした。

海で遊んだ後、ホテルの部屋に分かれてくつろいでいると彼女の友達から電話があり、親戚が近くにいるから夕食は3人で食べて欲しいとの事でした。

3人で夕食を済ませてカラオケBOXに行き、歌とお酒で盛り上がってきたころ、友達の彼氏S君から過去の体験談をいろいろ聞きました。

内…
俺は大きな声で、睨みつける姉に対し、レイプ宣言をした【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/28 21:57
2017/09/28 21:57
俺は大きな声で、睨みつける姉に対し、レイプ宣言をした③ 俺がのしかかった体重と、秘部の違和感から、姉は目を覚ましたのであろう 「んぅ~・・、ん?」 と少し苦しそうな声を出した後、眠そうに目を開けた。 すると、目の前には、脂汗でヌルヌルで、ヨダレを垂らす醜男の顔が。 そう、自分の上にのしかかり、腰を振る弟と対面したのだ。 俺は姉の秘部にグリグリと亀頭を押し付けながら、目があった姉に 「おっ、おっ、おあよう、ォエイチャン」 と目覚めの挨拶をした。 俺は上手く発声出来ずに池沼みたいになってるが、訳いるか? 目を覚ますと、いきなり弟の顔が目の前にある。 寝起きであっても、すぐにその状況が異…
【姉との告白体験談】暇なので姉にメールを送ろう 第一弾
2015/11/04 22:51
2015/11/04 22:51
590名前:(‘A)投稿日:04/09/0222:37 「 いちいち愛しいんだよバカ 」 654名前:(‘A)投稿日:04/09/0222:44 ねーちゃんに590を送ったんだが、実況は必要か? 665名前:654投稿日:04/09/0222:45返信キタ 「金か?」 …コイツツマンネ… 674名前:(‘A)投稿日:04/09/0222:46 よし。それじゃ俺も590で突入する! 682名前:654投稿日:04/09/0222:48 「そういう風にいつも俺のこと心配してくれるから愛しいっつってんだこのヴォケが」 って送ってよいか? っつかねーちゃん落とそうかなw …
温泉旅行に行った際に、流れで実の妹と近親相姦セックスをしてしまいました。
2015/10/05 21:59
2015/10/05 21:59

温泉旅行に行った際に、流れで実の妹と近親相姦セックスをしてしまいました。【イメージ画像1】


晦日に彼女と一緒に熱海の温泉へ行って、そこで初日の出と姫初めを・・・の予定だったけど、俺はクリスマスの前に彼女と別れてしまった。
そこで、妹の彼氏にプレゼントしてやろうと「妹と行ってこいよ」と電話したら、「実はもう別…
妹に見せた日
2015/10/27 19:57
2015/10/27 19:57
俺には2つ下の妹がいる。

普通に仲が良かったが、妹が中学1年ごろから思春期のためか、お互いに気まずくなり、あまり話とかしないようになった・・・。
でもお互い高校生になり、同じ学校だったのでまた会話するようになった。
俺が高校3年、妹が2年の時にはお互い、結構仲良かった。
俺は1度タバコがバレて謹慎になっていたので親はもう認めていたが、妹は親に内緒にしてたのでよく俺の部屋にタバコを吸いに来ていた。

ある土曜日に妹からメールが着た。
「暇だから帰りにビデオ借りて来て」と・・・
「何が見たい?」と返事を出すと
「8mmっていうのが見たい」
【姉】俺は大きな声で、睨みつける姉に対し、レイプ宣言をした【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/09/30 12:29
2017/09/30 12:29
俺は大きな声で、睨みつける姉に対し、レイプ宣言をした③ 俺がのしかかった体重と、秘部の違和感から、姉は目を覚ましたのであろう 「んぅ~・・、ん?」 と少し苦しそうな声を出した後、眠そうに目を開けた。 すると、目の前には、脂汗でヌルヌルで、ヨダレを垂らす醜男の顔が。 そう、自分の上にのしかかり、腰を振る弟と対面したのだ。 俺は姉の秘部にグリグリと亀頭を押し付けながら、目があった姉に 「おっ、おっ、おあよう、ォエイチャン」 と目覚めの挨拶をした。 俺は上手く発声出来ずに池沼みたいになってるが、訳いるか? 目を覚ますと、いきなり弟の顔が目の前…
ヤリマンのセフレのお姉ちゃんを雑に犯して中出し
2017/10/29 23:28
2017/10/29 23:28
この前も少し話した、元カノのヤリマンセフレ「優子」とそのおねーちゃんのお話です。 優子はお姉さんと一緒に住んでいて、私は普段、優子の家に行く事は有りませんでした。 この前話は、お姉さんが旅行中に内緒で忍び込んだのですが、今回はお姉さん公認で泊まる事が出来たのです。 なぜかと言いますと、私が優子の家の近くで友人と飲んでいて、帰るのが面倒になって泊めてもらおうと考えたのですが、「ねーちゃんが許さないよなー」と思い、終電が無くなるまで飲み続けて、「泊まる所が有りません!」って事で、半ば強引に泊めてもらったのです。 優子の家に行くと二人ともパジャマ姿で迎えてくれました。 ねーちゃんも「今回だけ!」…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【近親相姦】俺は今、姉貴の奴隷です

・マンションで朝から夜まで

・【熟女体験談】通勤電車で密着した同僚の美魔女社員に本格的な痴漢プレイ

・もし未来穂香が学校でいじめにあったら?3

・【人妻体験談】正月にカワイイ系の義母に強引にキスして義母相姦レイプ

・40代の人妻を寝取る愉悦

・ハロウィンの夜男達に悪戯された体験談

・ホテルの夜勤中の出来事

・上京したら中学生と友達になり… ?

・今は他人の妻なので・・・

・強姦された人妻の末路は

・【人妻体験談】ホームステイ先でオナニーしてたらおばさんに見られSEXしてしまった

・【熟女体験談】ノンアダルトの出会い系で知り合った無反応な全身網タイツなロボットおばさんとのSEX

・【不倫】家庭訪問に来た女教師を酔わせて

・人ゴミを避けた静かなビーチが間違いでした

・ピンサロ店で中出し出来るなんて最高

・僕のセックス体験

・【乱交】現役JK2人組のダブルフェラは最高だった

・ある病院に勤めています

・【人妻体験談】夫婦喧嘩で家を飛び出した人妻が居酒屋で知り合った男性とランデブー

・【熟女体験談】息子とオムツプレイをしてオチンポ注射で中イキ絶頂

・強制中出しで援交娘を退治

・【露出】頼んでもないのに露出してくれる女子大生のモデルさん

・クリバキューマーで夫婦円満

・先生も恐れる不良に処女を奪われた私

・女の子にたくさんいじめて貰った話を書いていく

・旦那の誕生日に他の男性に抱かれて上げました・・・

・同じアパートに住む知り合いの離婚人妻

・俺か出会い系で童貞卒業したときの話

・【レイプ】小柄で茶髪のJKを雑木林に押し倒して