寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

中学生に寝取られた_7

2018/10/16 00:01


「……朱美、汚れてるぞ」
 それまで見物に回っていた邦夫がぽつりと言った。
「え? あっ……」
 たっぷり注ぎ込まれた精液が、淫裂からしとどに垂れている。朱美は精液と汗にぬめる太腿を閉じ、慌ててティッシュを探した。
「口でやればいいだろ」
「え?」
「自分のまん汁なら、舐めるのも平気だよな」
 つまりは康二の男根を舐めろと言っているのだ。
(じょ、冗談でしょう! ビデオの見過ぎじゃないの!)
 そう口に出せないのが辛いところだ。前戯としてのフェラチオは夫にも施すが、後戯となれば話は違ってくる。情交の後の男根は膣内の分泌物や精液でどろどろに汚れているのだ。
 断腸の思いで羞恥のハードルを越えても、またすぐに次のハードルが立ちはだかる──。まるで肉色の無間地獄だった。
「……きみだって汚れてるわよ。きれいにしてあげましょうか?」
「おれは後でいいよ。もう乾いちまったしな。おい、せっかくだから雄太もベッドの上に座れよ。朱美が舐めやすいようにな」
「う、うん」
「へへっ、頼むぜ、朱美」
 邦夫の発案に二人は嬉々として従った。だが、さすがに二人の男根は三割方の勃起にとどまり、荒淫の疲れが見え始めていた。朱美は少年たちと入れ替わりでベッドから降りた。
「おまんこ奴隷がなに座ってんだ! フェラ奉仕は四つん這いだ!」
 邦夫が正座しようとした朱美を怒鳴りつけた。それが琴線に触れたのか、朱美は猛然と振り返る。
「お、女にはね! 女には男にわからないプライドがあるのよ!」
 邦夫は驚いた風だったが、あえて言い返さず、なにやら考え込んでいる。無気味な黙考は十秒ほど続き、ふいに邦夫が引き出しの中を物色し始めた。
(な、なによ。なにをする気よ……)
「ま、こんなもんかな……」
 邦夫が取り出したのは、朱美が想像していたコンパスやダブルクリップとは違い、色とりどりの輪ゴムだった。輪ゴムの束を手に邦夫が立ち上がった。
「四つん這いになるのは女のプライドが許さないか?」
 朱美は黙っている。もとより反抗するつもりはなかったのだ。家族を盾に持ち出されたら、従うしかないではないか。つまり、そこが落とし所だ。
「プライドってのはよ、目に見えないから厄介なんだよな」
 邦夫は輪ゴムの束を千切れんばかりに引き伸ばした。打たれると直感した朱美は目をつぶり、その場にうずくまる。
(……え?)
 邦夫は伸ばした輪ゴムを朱美の首に通しただけだった。五本の輪ゴムはさながらチョーカー、いや首輪だ。輪ゴムとはいえ、束になると結構な締めつけになる。朱美は喉元を押さえて、邦夫を仰ぎ見た。
「な、なんのつもり?」
「そうだな、プライドカウンターとでもしておくか」
「な、なによ、それ?」
「別名、美雪ちゃんの操が危ないぞカウンターってとこかな」
「み、美雪……カウンター?」
「あんたが逆らう度に輪ゴムを一本引き千切る。で、ゼロになったらアウト。美雪ちゃんの処女はおれたちが頂くってわけだ。九歳のおまんこはきついんだろうなあ……」
「そ、そんなこと絶対させないわ!」
「だったら輪ゴムがなくならないように、せいぜい素直になることだな。じゃまなプライドは捨ててよ」
 このとき朱美は確信した。この邦夫は他の二人とは明らかに違う。支配欲が肥大した結果、性欲がねじ曲がっているのだ。中学生とあなどってはいけない。淫餓鬼ではなく、筋金入りの淫鬼なのだ。
(ま、まいったわね。この子には色仕かけが通用しない……)
 若き淫鬼を前に、朱美はあらためて覚悟を据えることになった。女のプライドはもちろん、人間のプライドも捨てる。なにもかも捨てて、邦夫が望むセックス奴隷になり切る。それしか一夜を乗り切る方法はない。
 覚悟を胸にしまい込んだ矢先、邦夫の手が伸びてきた。輪ゴムのひとつを摘まみ、思いっきり引っ張る。
「聞いてんのか、こら!」
「え? あ、ごめ……」
 考え事のあまり、邦夫の命令を聞き逃したようだ。輪ゴムは謝る間もなく千切れてしまった。
「きゃっ!」
 弾けた輪ゴムに喉を打たれ、朱美がうずくまる。
「どうだ、四つん這いになるか? この牝豚!」
「な、なります! なりますから!」
 朱美が叫ぶ。プライドは捨てたのだ。もう迷いはない。奴隷だろうが牝豚だろうが、堕ちるところまで堕ちてやろう。
「よーし、おまんこ奴隷は素直が一番だ」
 邦夫は満足げに笑い、いすに座り直した。脚を組んでふんぞり返る。
(王様ね、本物の……)
 そして自分は奴隷だ。その身分にふさわしく、朱美は四つん這いになった。豊満でありながら、締まるところは締まった見事な肉体がもっとも強調される姿勢だ。女は腰、尻、太腿の充実が大事だと気づかせてくれる、牝の姿勢だ。
「おやおや、朱美のおまんこ、ぐちゃぐちゃじゃねえか。久し振りのセックスで燃えたのか?」
(そ、それはあなたたちがコンドームをつけないから……)
「ま、倦怠期の欲求不満はおれたちのちんぽで解消するんだな。ほら、さっさとちんぽ様にご挨拶しろよ」
「あ、はい……」
 朱美は巨大な尻を揺すって、雄太の前へ進み出た。
「ゆ、雄太くん。お、おばさんが舐めてあげるね」
「う、うん」
 朱美は四つん這いのまま、半勃起の男根をくわえ込んだ。精液独自の苦みに混じり、酸っぱいような甘いような、もうひとつの味がする。味は初めてだが臭いはよく知っている。他でもない自分の愛液だ。
(あの子の言う通りね。わたしのあそこ、とろとろなんだわ……)
 突然、口中の男根がふくらんだ。朱美は過度に刺激しないよう、口腔内に唾をたっぷりためて、すすぐように汚れを落としてゆく。汚水となった唾液は飲み込むしかない。ごくりと喉を鳴らし、朱美は上目遣いで微笑んだ。
「はい、きれいになったわ。次は康二くんね」
「お、おう」
 朱美は四つん這いの姿勢を崩さず、康二の男根に移った。実のところ、康二は邦夫以上に苦手だった。多分に生理的な嫌悪感なのだろう。それでもにっこり微笑んで屈辱の奉仕に入るのは、奴隷の身分に徹しているからだ。
 康二の男根をくわえた瞬間、朱美は少なからず驚いた。あの味、自身の愛液の味が顕著になっている。想像以上に三十三歳の女体は反応しているらしい。朱美は口舌奉仕を続けながら、自分の下半身に意識を向けた。
(わたし、こんな子供たちにいかされちゃうのかしら……。さっきまで童貞だった子供たちに……)
 暗い予感を裏づけるように、子宮から膣口までの生殖器全体がひくっと痙攣した。体奥で火照り続けた性感が、朱美の心と重なった瞬間だった。
(ああ、いやよ……。いかされたくない……。こんな子供たちに……)
 心は体に影響を与え、体の変化は心をも変える。生殖器の痙攣は赤黒い疼きとして下半身にこもり、大きなアクメを迎えたいという肉の意思に成長してしまった。
「ん、なんか垂れてるぞ?」
 すぐ後ろから邦夫の声がした。いつの間にか朱美の臀裂を食い入るように覗き込んでいたのだ。 朱美の尻が羞恥によじれる。
(やだ、見ないで!))
「お、また垂れてきた。へえ、まん汁って一気に出るもんだな」
 今度は朱美にも股間を伝う熱い滴が実感できた。
(ち、違うわ。こ、これは精液よ。あ、後始末しなかったから……)
 そんな朱美の気持ちを見透かしたように、邦夫があざ笑った。
「おれたちの精子じゃねえぞ。涎のように透明だからな。この女、フェラチオしながらまん汁出しやがった」
(う、うそよ! あんなに出されたんだもの! 精液に決まってるわ!)
 そう否定すればするほど朱美の膣壁はじくじく疼き、澄んだ蜜を溢れさせていく。まるで素直になれない精神を肉体が戒めているようだ。
「ぼ、ぼくにも見せて」
 雄太がベッドから降りて、邦夫の隣に座った。視線が増えた分、股間の疼きも倍加したようだった。
(い、いやよ! そんなに見詰めないで!)
「お、また垂らしやがった。もう、止まらねえな、こりゃあ……」
「ほ、ほんとだ。きらきら透明で、とてもきれいだね……」
(ああ、だめよ。雄太くんまでそんな……)
 実際は、陰毛にまで精液をまぶされた朱美の股間は乾燥と湿潤を繰り返し、目も当てられないほど汚れている。だからこそ、にじみ出ている透明な愛液は掛け値なしに美しいのだった。
 康二も愛液まみれの女性器を見たくてうずうずしていたが、朱美がくわえた男根を離そうとしない。朱美は康二の股間に顔を埋めることで、羞恥から逃れようとしているのだ。
「よーし。素直になったご褒美を上げなくちゃな」
 邦夫が真っ赤な肉襞をすっとなぞり上げた。
「むっ……」
「見ろよ、こいつのおまんこ、どろどろに充血してるぜ。自分の出したまん汁を吸って、びらびらが膨張してるんだ」
(う、うそよ。そんなことないわ……。あ、やだ! 触らないで!)
 邦夫は媚唇をめくったり摘まんだり、ひとしきり感触を確かめた後、指先で膣口を探り当てた。盛り上がった桃色の肉の奥に漆黒が見える。光の届かない肉の洞窟だ。
「ここか、まん汁の湧く穴は? ぽっかり開いて、だらだら垂らしてやがる」
(う、うそばっかり! いい加減なことを言わないで!)
「よーし、ずっぷり塞いでやらねえとな。このままだと、雄太の部屋がまん汁で水浸しになるからな」
 桃色の肉を押し分けて、邦夫の指が沈む。
「ん! んっ……」
「お、熱いな……。気持ちいいのか、朱美? 気持ちいいから、こんなに熱いんだろ?」
(ち、違うわ! 気持ちいいわけないじゃない!)
 そう思うそばから膣壁はひくひく蠕動してしまう。朱美の意に反し、邦夫の指を奥へ引き込もうとするのだ。
「お! そうかそうか、そんなにうれしいか?」
 その喋り方はまるで…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
姉ちゃん【エッチ体験談】
2015/10/09 08:24
2015/10/09 08:24
 俺は中2です。お姉ちゃんは高3で、この前俺からふざけて姉ちゃんの大きな胸をさわったら、姉ちゃんもやる気になっちゃって、なりゆきでやっちゃいました。  一回年上の人ともやりたかったので結構よかった。 姉ちゃんが俺のあそこをなめてくれた時、もうイっちゃって、やっぱ年上はテクニシャンだと思った。  俺が、「姉ちゃんの胸結構でかいね。」っていったら、「彼氏がもんで、大きくしてくれたの。Dカップあるよ、でももっと大きくしたいから、直樹もモンでくれる?」とかっていってきたからたくさんもんでいじくってやった。 それから、姉ちゃんと今までのH経験の話とかして、結構盛り…
中3男子です。メールしてーくださいm(_ _)m
2016/09/11 09:01
2016/09/11 09:01
中3男子ですエッチなメールとかしたいです。 してくれるエッチな女性いませんか?10代〜30代までの女性がいいです 童貞です オナニー毎日してます 写メ交換とかしたいですlove-reggae.pwpwあっとマークdocomo.ne.jpメールください
【体験談】タイで日本人学校の女性校長と思い出の一夜
2016/07/02 15:30
2016/07/02 15:30

社の支援の一環で、毎年東南アジアの学校に家電を送ったり取り付けたりしていた。



去年、エアコンを取り付けに行ったタイに、ある日本人が建てた学校へ。



市街地から一時間、道が悪い山間部を行きたどり着いたら、そこに日本人の女性が居ました。



憲子さんという35歳の女性で、校長らしく一人で教育もしている。



生徒は身寄りがない子で、みんな学校の隣にある建物に住んでいる。



新しく寄付で建てられた校舎と宿舎にエアコンを取り付けに行った。



三人で行き、翌日もエアコンを取り付けて生徒は歓喜していまし…
中年夫婦のカーセックスを目撃した結果、初体験の時に凄く役立ったエッチ体験
2016/03/11 02:02
2016/03/11 02:02
俺の趣味は天体観測。

大学に進学し、東京に上京するまでの間

中学から高校まで、天体望遠鏡で

よく星の観察をしていた。

住んでいるのが田舎で、

実家は農家をやっていました。

実家の畑や田んぼは家から

500mほど林道を走ったところにあり、

そこの農作業の小屋から天体観測するには

うってつけの場所だった

日没後2・3時間ほど望遠鏡で西の空を観測して

記録をノートにつけ終えると、

林道を自転車やカブで帰宅する毎日でした。

高2の秋頃から観測を終えて林道を下って行くと、

途中のすれ違い用広場に同じ

近所のF井さんのパジェロが停まっているのを

妻を浮気男に奪われて・・・
2017/05/27 06:01
2017/05/27 06:01
僕ら夫婦がスワッピングを始めて体験したのが池田さんカップルとのスワップでした。
私がセックスが下手なので池田さんの奥さんは他のカップルをしたいと言い出し、池田さんのご主人が気の毒に思ったのかご夫婦のセックスのお手伝いをしている田中君という青年(と言っても31歳)を紹介すると言われました。
田中さんは散々他人のご夫婦にセックスのお手伝いをしていただけあってベテランだそうです。
しかも二枚目、セックスが上手いのが自慢なんでどんな人妻も田中さんに抱かれたいと心の底で思っているは明確でした。
他方、私は人も羨む美しい女性小枝子と結婚してまだ一年です。
小枝子は32歳、私は46歳と年が離れていま…
大人の私は我慢して…4
2016/08/06 09:01
2016/08/06 09:01
しばらくは、健全に…大人しく、お笑いDVDを見ていました。 だけど、頭のなかは、さっき見たえっちなDVDが、浮かんでは…浮かびます…。(浮かびっぱなしですー(><)。)私のすぐそばのソファーに座って、お笑いDVDを見てくつろいでいるたくちゃんの横顔に、 甘い吐息を洩らす想像のなかのたくちゃんの姿を重ねて、チラチラと見てしまいます…。(生のたくちゃんの理性的な姿とのギャップにむねがきゅんきゅんです…)私は、ソファーの後ろのベットに寝ころんでいて、まくら(小さいたくちゃん♪と思ってます♪)をだっこしながら、テレビとたくちゃんを交互に見ていたんですけど…、 他に誰もいない、恋人のたくちゃんと二人だけ…
【熟女体験談】昼間はヒステリックな鬼の女課長が、ベッドの上では甘えんぼうのエッチ大好きな淫乱女性に
2017/05/18 18:02
2017/05/18 18:02
2017/05/18 (Thu) 入社して2年目のペーペー平社員です。

自分が営業部にいるんだが、
会社のお荷物的存在になっている。

あまりにも営業成績が悪いので
社長が抜本的改革だ!と女上司を連れててき。

この女上司は紺色のタイトなスーツに
ふちなしのインテリ眼鏡のキャリアウーマン。

髪は後で結び、化粧は派手じゃない。

天海祐希を彷彿とさせる
その容姿と言動は周囲を恐怖に陥れた。

まさに学歴も凄くて
正真正銘のエリートキャリアウーマン

有名大学を卒業後語学留学。

経済学を学び博士号。

そして、性格がめちゃくちゃキツイw

年下の俺には容赦なく命令。

失敗す…
【体験談】アラフィフ熟女、ドラマのような本気の恋
2016/03/18 06:30
2016/03/18 06:30

49歳の専業主婦です。



来年50歳を迎え、夫との夫婦仲も良く、
家庭円満な家庭なんですけど、
メールで知り合った男性に恋に落ちてしまいました。



まさか五十路一歩手前の年齢で、
新しい恋が芽生えるなんて思いもしませんでした。



昼ドラとかでは熟年カップルの不倫ドラマとかありますけど、
あんなもの空想の中の話だけど思っていました。



でも彼とメールするようになって、
本気で恋をしてしまったんです。



それも会ってない男性に、メールだけど
こんなに胸がトキメクなんて・・・


その彼のメー…
女子高生のときエッチなテレビのせいで処女喪失しました
2016/10/05 21:00
2016/10/05 21:00
私は、高2の女です。いつも仲良くしてるミツルの家に遊びに行ったんです。
ミツルの家にはよく遊びに行っていて、その日は女友達と行く予定だったのですが、ずっと待っててもいっこうに来ません。「ゆみこはどうしたのかな~」「また彼氏となんかしてるんじゃないの」「そうだったらいいけど・・・・」そんな会話をしながらテレビを見てると、昼間によくある昔のサスペンスのドラマを見てて、キスシーンでした。


昔のサスペンスってけっこういやらしくて、
舌と舌が絡み合って、すごくエッチな場面になったんです。

思わず、私とミツルは見入ってしまって、なんか変な空気に
なってしまって、帰ろうかと…
19歳デブ【エッチ体験談】
2016/06/18 08:30
2016/06/18 08:30
1:名も無きひじき:2012/01/26(木)19:32:25.51ID:kSrZD7rP0やりたいだけのやつは出会い系やれ。 マジで捲るぞ。2:名も無きひじき:2012/01/26(木)19:34:05.93ID:kSrZD7rP0当方スペック 二十台後半痩せ型。170センチないくらい。 フツメン。出会い系暦は10年くらい。3:名も無きひじき:2012/01/26(木)19:41:06.22ID:kSrZD7rP018才擬似恋人編 スペック:165センチ 普通体型Cカップ。顔は木村沙織みたいな感じ。 オナニーはする?エッチは好き?などかなりガ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢】通学途中に満員電車で痴女にしごかれた僕のトラウマ

・2年付き合った彼女が浮気をしてた完

・つづきのつづき

・【人妻体験談】世話焼き女房のように尽くしてくれる母とドライブに出かけて屋外露出

・俺氏・・・遂に卒業に成功

・乱交クラブと言う未知の体験をしてみた

・チエちゃんのハードな人生

・デリヘルにハマって貯金がやばいことになった

・後輩とえっち

・人助けしておいしい思いをした体験です

・主人があまりSEXしてくれないので

・【人妻体験談】妻が妊婦になってからSEXを控えクリを愛撫して失禁絶頂させる夫

・【熟女体験談】単身赴任中にセックスレスな近所のおばさんを寝取りSEX

・【オナニー】パパとオナニーの見せっこ

・一回500円 1

・見知らぬ男たちと妻を共有する異常な劣情

・【Hな体験】修学旅行で乗った飛行機の機内で彼氏に初フェラ

・【熟女体験談】近親相姦をするようになって30年の母と息子のSEX

・俺の彼女はカウガール?

・彼氏の浮気に彼氏の後輩に報復浮気

・結婚相手に妻を選んだ理由

・【露出】女装ビキニでナイトプールに侵入

・【レイプ】甲子園の常連校だった野球部の横暴

・浴室での排泄行為

・【乱交】変態カップルさんのプレイに混ぜてもらって初体験

・身長体重測定

・お堅い女上司の意外な趣味

・【熟女体験談】理容師の爆乳おばちゃんに勃起したらおっぱいプレスに手コキの痴女責めをされた

・俺とビッチとの思い出

・男は欲情を理性で抑えているんですよ