寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【オナニー】急な階段を上がる叔母のムチムチなお尻

2018/10/15 22:00


今年は最悪の夏だと思っていた。でも自分にとっては最高の夏休みになった。その経緯を、下手な文章で書いてみようと思う。
自分は◯川県に住む、現在高校2年生の17歳です。チビでちょいデブ、引っ込み思案で大人しく、顔もたいしたことのない情けない若者です。男子高に通っており、彼女いない歴17年。もちろんキスさえしたことのない、ちょい悲惨な人間。
だけど、性欲だけは人一倍ある。唯一の趣味は、部屋でエロビデオを観ながら、ひたすら右手を使うこと。オナニーを覚えたのが結構遅かったせいか、毎日3~4回はしてしまうサルのような人間です。
そんな自分でも夏は楽しみだった。特に夏休み。1日中ゴロゴロしながら大好きなオナニーを好きな時間にできるから。それに、告白するのは恥ずかしいのだが、人混みが多いイベントやプールがあるので痴漢もできる。もちろん、エロビデオに出てくるような犯罪的な痴漢ではありません。そんな度胸はないです。あくまでも軽く女性のお尻に手の甲を触れさる程度の痴漢。全く女性と触れ合う縁のなかった自分には、それでも十分に興奮できる楽しみだった。
しかし、そんなささやかな楽しみさえ、今年は奪われてしまうことになったのです。父親が早くに他界したことがあり、現在自分は母親と2人きりの生活。母親が看護婦の仕事をして家の生計を立てていた。その母親が8月1日から1ヶ月間、資格を取得するために東京へ研修に行くことになったのである。
自分は当初、心の中で物凄く喜んだ。いつも小言ばかり言う母親がいなくなるから。もう17歳だから、お金さえあれば何の問題もない。
(やったー自由だ!)と思った。
しかし、それは非常に甘かったのである。なんと母親が、研修の間だけ自分を叔父の家に預けると言いだしたのです。自分はもちろん断固反対した。貴重な夏休みの自由を奪われるなんて信じられないことです。人権の侵害だとも思った。
しかし、しょせんそこは養われの身。あまり強くは抵抗し続けられなかった。それに日頃の行いも悪かった。ほっとけば本当に1日中ゴロゴロしているだらしない性格。しかもつい最近、たくさんのエロビデオを隠し持っていることがバレ、呆れ果てられていた。だから自分は泣く泣く承諾した。
その日は叔父に車で迎えに来てもらい、とうとう行きたくもない叔父の家に向かった。叔父は母より年下で35歳。ラフな格好に髭を生やしており、見た目の通りすごいアウトドアな人。自然がものすごく好きで、わざわざ田舎の家を買いとって住んでいると前から聞いていた。
「なんもないけどなぁ、自然がきれいで空気がすっごい美味しいぞー、ハハハッー」
「・・・はぁ」
アホちゃうかと思った。
叔父は5年前に結婚して、現在4歳の男の子と奥さん(叔母さん)と、3人で暮らしているらしい。叔父とは年に1回ぐらい会う機会があったが、叔母さんやその息子には今まで会った記憶がなかった。叔父の家は隣県とはいえ遠かった。最初はまだ道沿いにショッピングセンターがあったが、そのうち辺りが田んぼばかりの景色になり、非常に不安になった。道はそのうち完全に山道になった。
(大丈夫!あの山を越えたらたぶん町があるんだ)
ひたすら車の中で自分を励ましていたと思う。
「ほら、ここが◯◯村だよ」
叔父の呼びかけに車の外を見て、愕然としてしまった。見わたす限り広がる田んぼと山、その間に家的なものがポツリポツリ。本当にビックリした。コンビニさえなかった。レンタルビデオ屋のない生活など考えられない自分には本当に呆然とした。ここで1ヶ月も暮らすなど信じたくはなかった。さらに叔父の家は、思いっきり村の外れの山沿いにあった。完全なる木造の古い家。叔父の家に着くと、玄関から小さな男の子が出てきた。どうやら息子さんらしい。僕は叔父に言われるまま、重たい荷物を持ちその玄関に向った。
「・・・誰ぇ?」
「こんにちは」
ゴリラ的な叔父とは違い、えらい可愛い男の子だった。しかし、予想外だったのは初めて会う叔母さんだった。
「あら、いらっしゃい、のんちゃん(俺)」
ゴリラ的な叔父だから、叔母さんもゴリラ的な容姿だと自分の頭の中でキャラクターができていた。しかし目の前に現れたのは、自分の想像とは全くと言っていいほど別人な存在だった。
「久しぶりね。大きくなってぇ、あーんなに小さかったのに」
どうやら昔、会ったことがあるらしい。全く記憶がない。とりあえず叔母は、想像とは違ってなかなかきれいな人だった。後で知ったのだが年は33歳。細身でスラリとして、顔が深津絵里って女優にそっくり。
「こ、こんにちは・・・」
女性に免疫のない俺は、予想外の叔母にすごい照れながら挨拶をし、それどころか叔母の姿を間近で見て、すぐに目線を逸らした。叔母は膝丈ぐらいまでのラフなワンピースの格好をしていた。別に普通の格好だと思うのだが、よく見ると明らかにその服の下はノーブラと思われ、ワンピースの胸の辺りには黒い2つの突起がモロに浮き出ていた。ビックリした。話しかけられてもそこばかり気になり、その後も叔母を直視できなかった。
「じゃー、のんちゃん、部屋を用意したからね」
そのうち叔母は居候の間、自分が使う部屋を案内してくれた。部屋は2階、しかし階段を上がる叔母に、自分は鼓動が速くなった。大人の女の人独特のムチムチなお尻。しかも結構急な昔の階段なので、案内してくれる叔母のそのお尻が、自分の目の前の至近距離にあって、まともに見上げる格好になったのである。
真っ白な太ももチラチラ。ワンピースがお尻に張り付き、お尻の形がはっきり。黒っぽいパンティーを穿いているらしく、思いっきり透けまくってもいた。自分はそれだけでもう股間がパンパンになってしまった。
「しばらくしたらご飯にするね。それまでゆっくりしててねー」
自分は結構マニアックです。同級生のギャル系よりも、どちらかというと年上の女性が好みです。ガキのくせに、30代の女性のエロビデでも十分に抜けます。ていうか逆にそっち系のほうが抜けます。たぶんこれは中学生のときに先生の着替えを偶然覗いて、すんごい興奮した経験が引き金なのかもしれない。それに痴漢。痴漢も自分がする相手は、ほとんどママさんかちょいおばさん系が多い。なぜなら、ギャル系は少しぶつかるだけですぐ睨むから。しかしママさん系は軽くお尻に手が当たっても、あまり振り返ったりしなかったからだ。
とりあえず叔母は自分にとって十分過ぎるほどストライクゾーンだった。思いっきり性的な対象だった。自分のテンションはいっぺんに上がった。
夕食中、叔父も叔母も子供も、自分がいるせいかすごい楽しそうだった。しかし自分は、そのときもノーブラでずっといる叔母の黒いポッチが気になって気になって仕方がなかった。
その夜は叔母のポッチを思い出して何度もシコった。これから1ヶ月間、オカズに困らないと思うと、母の英断に俺は心から感謝した。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
酔った勢いで家飲み仲間にフェ◯チオしてもらった
2016/02/09 01:00
2016/02/09 01:00
酔った勢いで家飲み仲間にフェ◯チオしてもらった 家飲み仲間(男女複数)がいたんだけどいつも今回は○○の家でなと決めて 訪問者達が酒を持ち寄り集合してた。 その日は男子一番人気のR子の家が集合場所。 時間にだけは正確な俺が一番乗りしていつもと同じように始めだした。 ところが集合時間1時間過ぎても2時間過ぎても誰も現れない。 それどころか途中ポツポツとキャンセル連絡が入りだし結局2人飲みで4時間以上が 経過して日付も変わってた。周囲にはビール缶が散乱しテーブルには空に なったワインボトルが何本も。   前日から一生懸命に料理を用意したRと出張先から予定変更してまで長距…
【姉】OLのお姉様【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/04/04 15:19
2017/04/04 15:19
学生の頃の話だから、今から十年以上も前の事になる。 多少記憶が曖昧なところもあるが、最初の頃の事は、比較的鮮明に覚えている。 この話は、当時、四年生の某大学に通う学生だった俺が体験した話だ。 俺は親元を遠く離れ、一人アパートでの下宿生活をおくっていた。 高校卒業後、大学に進学した俺は、そこで初めての一人暮らしを経験する事にな る。 男なので、親はそれ程心配していなかったが、それでも「学校に近いと友人達の溜 まり場になり易くなる」とか「遠いと通うのに不便だ」など俺としては、どうでも 良い事を気にしていた。 俺は、贅沢なんて言わない。 安ければ良いと思っていたのだ。 孝行息子の俺は、親に余計な…
★何で妻がハゲオヤジに抱かれる事に・・2/2
2016/01/10 11:42
2016/01/10 11:42
 妻がお風呂から出てくる音が聞こえたので一旦打ち切り、その日からまた新たにメモリーを増やして撮影を続行して行きました。次の日、仕事の合間を見て満喫へ行き、ヘッドフォンをしながら全ての映像を見ました。妻はフェラチオの後、自ら進んでテーブルに手を付き、ケツを出して「入れて」と懇願。

 口を手で押さえつつも喘ぎ声は漏れていて、初めて見る妻の絶叫しながらの昇天。床にへたりこむ妻を置いて、吉井はソファーへ悠々と移動。座ると妻が這いながらやってきて、またもやフェラチオが再開された。玉袋まで顔を突っ込んで舐めているようで、吉井はその間に煙草まで吸い出してた。
 俺にはあんなに文句を言う妻が、何も言わず…
家庭教師の恥辱(3)
2017/11/30 18:19
2017/11/30 18:19
今度は上半身に掛けてもらった布団を剥ぎ取ると私の身体を起こしながら 後ろ手を解きます 康平君の温かい胸と私の汚された裸体が接触しながらです やっと頑丈に縛られていた手が解けるといきなり康平君が 「ごめんね!ボクが映画に誘ったから…」と私を抱いて突然泣きだしました 私も自分がハダカであることを忘れ康平君に抱きついて泣きました それがいけなかったのか康平君にそのままベットに寝かされるといきなり キスをされたんです!康平君の目が血走っているように感じ、なにを求めて いるのかはっきりわかりました 「イヤッ…康 平君!」 「ダメッ!ダメだよ?」と顔を振ってキスから逃れます だけど高校生とい…
【近親相姦体験告白】酔っ払った母  ○近親相姦○
2016/01/03 07:35
2016/01/03 07:35
僕の母さんは今年34になります。 1月16日が誕生日だったので僕はプレゼントを買って帰りました。 親父が今は福岡にいるので、家には僕と妹の江美と母さんの3人だけです。 母さんはワインが好きなので、そんなに高くはないですが3千円のワインとケーキを買って帰りました。 高校に入るまではバイトできないので、じいちゃんにもらったお年玉で買いました。 去年は親父がケーキを買って来たり、プレゼントを上げたりしてたので、今年は何も無いと思ってたらしくて、すげえ喜んでくれました。 3人でパーティーみたくなって、このパソコンでカラオケまでして盛り上がりました。 僕も妹もワインをグラス1杯だけ飲んで、母さんはワ…
【寝取られ体験談】他の男の匂いでオナる彼女
2017/03/18 20:43
2017/03/18 20:43
当時俺は大学二年生、大学で知り合った同学年の彼女:ユカがいました。 ユカはかなりかわいくて高校の時は学校案内のモデルを頼まれたり、大学に入ってからは二度ほど雑誌に載ったりと自慢の彼女でした。 二年生の春からユカは居酒屋でバイトを始め、気が利く性格も併せてお客さんからも人気者だったそうです。 ただバイト終わるとクタクタでメールが返ってこなかったり、バイトが終わってから 深夜営業の店で飲み会があったりと少し心配な事もありましたがユカとの仲は変わらず、順調に過ごしていました。 二年生の学年末試験期間中の雨降りの日の事です。その日は選択科目の試験で俺だけ大学に来ていました。 …
彼女の父親がカメラマンで彼女の無修正ヌードを撮っていた件
2017/02/14 00:00
2017/02/14 00:00
学生時代の変態な思い出を投稿します

中3の時のことです、

僕の行っていた中学は私立大学の付属だったから

高校進学もほとんどの生徒がエスカレーター制で付属高校に進学だったので

受験勉強も無くて気楽だったんですよ。

クラスの中では男女は仲が良くて

和気藹々の雰囲気で僕も楽しくすごしていたんですよ。

それで中3の2月のバレンタインの時だったけど、

僕はそれまで余り話しもした事の無かった女の子から

チョコをもらってしまった。

前の年までは1つももらえなかったけど、

初めてバレンタインのチョコをもらえたんです。

僕は本当に嬉しかったです、

それで彼女と話しをするようになって次…
自慰休暇
2016/08/02 03:05
2016/08/02 03:05
自慰休暇  明日から三連休という週末、男のいないヒマな女三人でビアガーデンに行って飲み倒した。終電ぎりぎりに飛び込んだ電車は蒸し暑いわおっさんのべたべた肌はくっつくわ サラのヒールは踏まれるわお尻触られるわでモラル無しのサルを満載した貨物列車状態。せっかくビールで洗い流した背骨や首筋の隙間にべったりとこびり付いた心の垢みたいなものがまたじわじわと溜まってゆく。本格的に落とさなきゃ私はどうかしてしまうに違いない。   座れた頃にはガラガラの車内。ボックス席に足を伸ばしてぼうっとしていたらなにやらむずむずと淫靡な気持ちがわき上がってきた。よし、今日はゆっくり寝て、あしたの朝から調達しよ。 最高のオ…
【痴漢・レイプ】りりこ2
2015/09/21 00:39
2015/09/21 00:39
2004/06/05 01:46┃登録者:もえたろう◆67dk/ra6┃作者:名無しの作者 464 えっちな21禁さん りりこ New! 04/05/23 14:01 ID:VsVRqGMO 前にココに高校生時代の痴漢体験を書いたりりこです。  私が大学に入学して東京に出てきてからあった痴漢さんのお話をします。  電車の中とかじゃないので、ちょっと違うかなぁって思ったりもしたのですが書いちゃいます。  東京に出てきて始めての大型連休の時でした。  彼氏は地元の大学に通っていたので遠距離恋…
浴衣美人をレイプしちゃいました
2018/04/02 15:26
2018/04/02 15:26
私(30歳)にはエリ(22らしい)というメル友がいて、会ったり写メ送ったりはしないんですが、メルHとかテレHとかを1年くらい続けています。といってもエリをレイプした話ではないのです。 先週の仕事帰り22時頃、そんなに混んでない電車に乗っていると、花火帰りらしい浴衣姿の女子高生風が3人乗ってきました。そのうち2人の子は美人系で、特に一番背の高い子は170近くあり体つきも大柄でおいしそうなスタイルでした。私は座ってて、彼女たちはすぐそばのドア前に立っておしゃべりし てました。ムラムラした私はエリにメールしました。 「今、目の前にすげえおいしそうな浴衣女がいる。犯りてえ~」エリは仕事終わって…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・驚愕!人間の女と交尾する海亀 2

・驚愕!人間の女と交尾する海亀

・【熟女体験談】厚化粧の口うるさい義母にキレて中出しレイプ

・2年付き合った彼女が浮気をしてた完

・【人妻体験談】世話焼き女房のように尽くしてくれる母とドライブに出かけて屋外露出

・乱交クラブと言う未知の体験をしてみた

・【浮気】お嬢様な先輩の彼女のシャワーシーンに興奮して

・チエちゃんのハードな人生

・デリヘルにハマって貯金がやばいことになった

・嫁から衝撃カミングアウトがあった・・・

・人助けしておいしい思いをした体験です

・主人があまりSEXしてくれないので

・【人妻体験談】妻が妊婦になってからSEXを控えクリを愛撫して失禁絶頂させる夫

・【オナニー】パパとオナニーの見せっこ

・一回500円 1

・会社でエロエロな動作で男を誘うOL

・妹とずっと一緒 (妹の成人式)

・【人妻体験談】超淫乱で痴女な人妻歯科衛生士と診察台の上で寝取り中出しSEX

・俺の彼女はカウガール?

・彼氏の浮気に彼氏の後輩に報復浮気

・結婚相手に妻を選んだ理由

・【露出】女装ビキニでナイトプールに侵入

・奥さんも覚悟したのか、欲しくなったのか・・・

・今日メル友と会ってきた報告するよ

・浴室での排泄行為

・【乱交】変態カップルさんのプレイに混ぜてもらって初体験

・お堅い女上司の意外な趣味

・【熟女体験談】理容師の爆乳おばちゃんに勃起したらおっぱいプレスに手コキの痴女責めをされた

・俺とビッチとの思い出

・男は欲情を理性で抑えているんですよ