寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

中学生に寝取られた_5

2018/10/15 22:01


「邦夫くん? それとも康二くん? はやい者勝ちよ」
 邦夫と康二は顔を見合わせた。邦夫が顎をしゃくって、先に行けと促す。康二は頷いたものの、明らかに腰が引けている。
 いや、少年たちは最初から怯えていたのだ。人妻を監禁することを含め、なによりも生身の女体に触れること、初体験することに──。そしていま、雄太の撃沈を目の当たりにして、その恐怖は現実のものになった。
「どうしたの? やらないの?」
 朱美は腰に両手をあてがい、むっちり張った尻をひねって見せた。股間から流れ出た精液は二つに分かれて、内腿の中ほどまで筋を作っている。
「や、やるに決まってるだろ……」
 康二はベッドに上がり、大の字になった。雄太の二の舞になるのは怖い。怖いが、朱美のとろけるような肉体になら、食い殺されても構わないとも思う。
「あら、あなたも騎乗位でいいの?」
「お、おう。あ、あんたのおまんこがよく見えるしな」
「ふふ、それもそうね……」
 朱美は臆するどころか、ふいに康二を跨いだ。そして、なんのためらいもなく腰を落とす。意表を突かれた康二は思わず逃げ腰になったが、朱美は男根をむんずと掴むと、一気に尻を沈めた。
 ぶぴっ! 根元までくわえ込んだ拍子に膣から空気が漏れ、白濁の残滓が噴き出てきた。朱美は康二の胸に両手を置いて、舌なめずりする。
(さあ、いくわよ!)
「わ、わっ、わあっ!」
 ずちっ! ぐぷっ! 膣が鳴る。朱美は腰を二度上下させて、次に大きな「の」の字を二つ描いた。
「うっ、ひいっ!」
(ほらほら、これでお終いよ!)
「ひゃああっ!」
 とどめは素早い上下動と「の」の字の合わせ技だった。挿入からわずか四秒。康二の筆下ろしは絶叫に始まり、絶叫のうちに終わってしまった。
(ふふ、きみも呆気なかったわね……)
 膣の中で男根が痙攣している間、朱美はあえて動かずにいた。美顔を勝利で紅く染め、敗残者の惚け顔を見下ろしている。やがて男根の脈動も収まり、康二の脳に血がめぐり始めたのを確認してから、目顔で問いかけた。
(どう? このまま続ける?)
 引くに引けない康二も視線で返した。
(つ、続けてもいいけど、ゆっくりやれよ……)
(わかったわ。ゆっくりね……)
 朱美は目尻をゆるめて微笑んだが、はなからその願いは黙殺するつもりだった。豊満な尻が再び踊り狂う。「の」の字を男根が抜けないぎりぎりまで大きく描き、上下動は入り口でしごくように小刻みに、射精直後の過敏な亀頭をとことん責め立てた。
「おっ! うおうっ!」
 双臀はプリンがずっしり詰まった風船のように跳ね、うねり、弾んで、ぴちぴち、ぺたぺたと淫らな音を奏でて止まない。康二の脊髄は三秒と保たずにみしみしと軋んだ。
(ほら! ほら! ほら!)
「やっ! やっ! やめえええっ!」
 それは吐血のような射精だった。やはり快楽などではない。脊髄が勝手に反射しているだけだった。
 邦夫と雄太が口をあんぐり開けている。朱美の豹変も驚きだが、その腰遣いは輪をかけて驚きだった。肉のみっちり詰まった尻をああも自在に操る、大人の女の底知れぬ淫靡さを垣間見た思いだった。
 康二の痙攣がやっと収まった。全身汗だくで死んだようにぐったりしている様は、まるでレイプの惨状だ。
 朱美は互いの太腿をぴっちりと重ね、ゆるゆると動かしながら再度目顔で尋ねた。
(ふふ、まだ満足できない? もう一回、どう?)
「も、もういい! もういいよ!」
 康二は顔を歪めて朱美を押しのけると、腰が抜けたままの情けない格好でベッドから転げ落ちた。
「あら、もういいの? じゃあ、次は邦夫くんね」
 あっさり二勝を収め、ますます助長した朱美は膝立ちの姿勢で尻を後方に突き出した。こうもあからさまに邦夫を挑発できるのは、柔肌を紅く染める高揚感に駆られてのことだ。
 挑まれた邦夫は表情を引き締めて立ち上がった。
「開き直りやがったな」
「そうさせたのはあなたたちよ。それともなに、貞淑な人妻じゃなくて不満?」
 朱美も負けじと睨みつける。
「貞淑な人妻なんてこの世にいるわけねえじゃねえか。貞淑なふりをした人妻は腐るほどいるけどよ」
「あら、言うわね。女のことはなんでも知ってるみたい」
「減らず口はもういい。ちょっとそこをどけ」
 邦夫は朱美を追い払い、空いたスペースに腰をかけた。騎乗位と座位を合わせたような、浅く座り、膝下を垂らす姿勢だ。
「あんたは正面を向け。あいつらに繋がっているところをよーく見せるんだ」
「まあ、残酷ね……」
「おれたちを騙した罰だからな。せいぜい恥ずかしがってくれ」
 朱美の奥歯が鳴った。それでも毅然と立ち上がる。
 持ち上がった豊臀に、雄太と康二の視線が突き刺さった。散々な目に遭わされたその尻を、次こそはやっつけてやろうと考えているのだろう。二人の若い男根は見事に復活していた。
(な、なによその目は……。子供のくせに大人の女をどうこうできると思ったら大間違いよ)
 少しでも弱音を吐けば、解放される明日の朝まで隷従を強いられるだろう。そして、その惨めな記憶は一生ついて回るに違いない。だからこそ、女の武器を最大限に利用するしかないのだ。女の矜持を守るためにも。
 朱美は笑みさえ浮かべて邦夫を跨いだ。股間からあふれ出す精液を隠しも拭いもせず、白亜の太腿をこれ見よがしに一文字に開いて、邦夫の男根を握る。
(みてなさい。あなたもすぐに終わらせてあげるわ。五秒、いえ三秒で……)
 だが、邦夫は機先を制して朱美の尻をぺちっと叩いた。
「おい、ゆっくりやれよ。こっちは童貞なんだぜ。あんただって、初体験のときは優しくしてもらったんだろ?」
「ゆ、ゆっくりって、どれくらい?」
 作戦を読まれた朱美は動揺を隠せないでいる。邦夫は待ってましたとばかりに、朱美の肛門に人差し指をあてがった。
「や、やめなさい! そこは……」
「騒ぐな。入れやしねえよ」
「ど、どういうつもり?」
「へえ、けっこうぷりぷりしてるんだ。ここも美味そうだな……」
「そ、そこでしたいの? は、初体験がそんなところでいいの?」
「そうびびるなって。とりあえずここは操作ボタンにするだけだからよ」
「ボ、ボタン?」
「そう、ボタン。おれの指に合わせてけつを動かすんだよ。上げたり下げたり、回したりな」
 しんがりの強みがここに出た。人柱となった雄太たちの賜物だ。
「す、好きにすればいいわ……」
「ああ、好きにするよ。ちょっとでも逆らったら、いきなり差しちゃうからな。覚悟しろよ。あ、ところでアナルは処女なのか?」
「し、知らないわよ……」
「ま、いいか。じゃ、始めるぞ」
 まずは肛門のすぼまりに指を引っかけて、巨大な尻を降下させる。尻越しに雄太たちと目が合った邦夫は、余裕のウィンクをして見せた。
 次に、淫裂から垂れた肉びらと亀頭の先が触れたところで一旦停止する。ここからは徐行だ。焦らず急がず、深呼吸でもして落ち着かなければならない。主導権を握ってみたものの、童貞には違いないのだ。
 実際、男根を朱美に掴まれているだけで、いまにも達してしまいそうだった。もちろん、二、三度の射精は覚悟の上だったが、雄太たちの二の舞にならないためにも、ここは慎重を期さねばならない。
「ちゃんとついてこいよ」
 邦夫が指先を動かすと、一拍遅れて朱美の下半身が反応し、亀頭の先端が熱い膣口に触れた。そのまま巨臀を降下させる。膣口が若干抵抗したものの、あふれ出す二人分の精液が潤滑剤となり、亀頭部分がつるりと中に潜り込んだ。
(お、たまんねえ! たまんねえぞ、こりゃ!)
 邦夫が心中で叫ぶ。熱く、柔らかく、突き刺すというより、飲み込まれる感じがする。亀頭部分がすっかり隠れたところで一旦止めて、邦夫はため込んでいた息を大きく抜いた。
(くっ! もう、出ちまいそうだ……。しかたねえな。とりあえず出しとくか……)
 そのとき、邦夫の迷いをあざ笑うかのように、亀頭部分がきゅっと締めつけられた。
(わっ! な、なんだ!)
 それは引き込むように、きゅっ、きゅっと何度も締めつけてくる。本気で千切ろうとしているかのようだ。
「こ、こら! 動かすなって!」
「う、動かしてないわよ」
 朱美はうそぶきながらも、執拗に締め続けた。
「う、動かしてるじゃねえか! や、止めろって! けつ穴ほじくるぞ、こら!」
「そ、そんなこと言ったって、自分じゃどうしようもないのよ!」
 朱美は笑いが止まらない。子供の浅知恵を嘲りつつ、夫にもめったに使わない淫技をこれでもかと繰り出してゆくのだ。
「ち、ちくしょう!」
 反撃する間もなく、邦夫はあえなく達してしまった。ぷっ、ぷぴっと肉びらを震わせて、粘膜の隙間から精液が噴き出した。
「うっ、くそっ……」
(え? あ、やだ……)
 男根の痙攣に合わせるように、膣壁が収縮しだした。今度はわざとではない。朱美の意に反して、膣が勝手に反応しているのだ。
(か、感じてきてるの、わたしも……)
 ほんの一瞬、二人の快楽が重なった瞬間だった。童貞でも三人が束になることで、ついに小さなアクメをお見舞いしたのだ。しかし、当の邦夫はそのことに気づいていない。
 全身にうっすら汗を浮かべて、朱美が吐息混じり言った。
「ね、ねえ? まだ続ける?」
 太腿を横一文字に開いた姿勢はかなりの負担だった。朱美の膝はかくかく笑い始めている。
「も、もちろん……。辛いなら手をついてもいいぜ」
「あ、ありがとう」
 朱美が前屈みになろうとすると、邦夫は肛門に当てていた指先で突っついた。
「そっちじゃねえ。後ろだ。おれの肩に手を乗せろ」
「え?」
「え、じゃねえよ。ほら、はやくしろ」
 指先は…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ほんの5秒だけど、学年一可愛い女子の肛門を見た
2017/05/25 09:49
2017/05/25 09:49
本日の時点では、あの日が僕の人生のピークです。 僕が高校3年の時、クラス対抗の創作ダンス大会がありました。 その練習の時、思いがけないハプニングによって、学年で一番可愛い女子のケツの穴を見ることが出来たのであります。 恐らくあんなに可愛い子のケツの穴を生で見られる事なんてもう2度とないでしょう。 その創作ダンスは男女一緒にやるものなんですが、衣装が各クラスそれぞれ特色を出していました。 僕のクラスは、男子はフィギアスケートの男子選手が着るような衣装で、女子はチアリーダーの衣装で、ダンスの内容自体も結構本格的なものでした。 具体的には、チアリーディングでやるような内容を男女混合でやっ…
【レイプ体験談】俺にタブーはない。(姉をレイプした話)
2015/11/10 14:14
2015/11/10 14:14
2009/10/26 17:25┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者 45 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2006/12/10(日) 08:37:00 ID:hTVfhfjG0 俺が高1で、姉が高3の頃。  俺が当時はやっていた美里真理のビデオを友達から借りて、今でオナニーしていた。  当時はまだ今にしかビデオがなかったから。  「あっ!」  そこに、学校から帰宅した姉が、足音も立てずに入ってきた。  「てめっ! なに入ってきてるんだよ!」  おれはテンパって逆切れしてし…
【レイプ体験談】虐めから守ってくれた先生をレイプ中だしセックス
2016/03/23 12:46
2016/03/23 12:46
中学の三年間、僕はイジメにあっていました。小さい頃から引っ込み思案で、友達も少なく、そういうところに原因があったんだと思います。イジメといっても、僕の場合は主にハブ・シカトという形で、カツアゲやリンチなど、幸い暴力的なものはありませんでした。囲まれたりこづかれたりすることはあったけど、世の中には僕より辛い思いをしてる人がたくさんいるはずで、そういう人達のことを想えば、僕の受けた仕打ちなんて大したことではありませんでした。そんなみじめな学校生活を送っていた中三の春、若い女の英語の先生が副担任として赴任してきました。 芸能人みたいに綺麗な人で、少し勝ち気なところもああるけど性格も良くて、すぐに皆…
旦那に浮気された美人人妻と一回限りのエッチ
2018/10/25 09:01
2018/10/25 09:01
(1)自分のスペックや知り合った場所など ♂都内 32歳 社会人 175/77 江口似とよく言われる ワクワクメール (2)相手のスペック ♀都内 26歳社会人 153/?細い 写メ等は無し (3)出会うまで 凄い暇だったから空爆 すぐに返事来て電話番号もあっさり交換 向こうからエッチは無しで会うのもこれっきりって 約束させられたからちょっとガッカリ だけど暇だし他の返事も来ないんでとりあえず飯でも行く事に (4)出会い体験談 服を聞いて駅で待ち合わせ それほど期待せず探してたらそれっぽい服装の子が ヤイヤ違うだろ可愛すぐる・・ 電話してみたらなんとその子が電話とった? やった…
水着姿がに欲情してバツイチのシンママに中出し
2018/09/08 01:01
2018/09/08 01:01
海の日の前日に嫁の父親が骨折して嫁が病院に看病に行くことになりました。
海の日は子供会で市民プールに行くことになっており、嫁が行けなくなったので私が代わりに子供を連れて行きました。
バスに乗ると子供は友達と座ったため、私は1人で座っていました。
そろそろ出発の時間にギリギリ間に合った親子がいました。


その子供も友達の所に座ったのでお母さんが

「となりよろしいですか?」

と言うので「どうぞどうぞ」
と言い座ってもらいました。 色々話をしているとそのお母さんは若林さんと言う私と同じ36歳でバツイチでした。

とても素朴な普通の奥さんです。
旦那の暴力で別れ…
中学受験
2017/06/23 13:28
2017/06/23 13:28
現在私35歳、妻 香澄32歳。若くして結婚しすぐに子宝にも恵まれました。 息子は現在中学2年生。 中学受験を経験して現在、偏差値の高い有名な私立中学に通っています。 この話は一昨年の中学受験の頃からの話となります。 中学受験を間近に控えた頃、息子が通っていた進学塾では最終的な志望校 の決定をする為に、最終テスト結果を元に子供と保護者で三者面談を実施 していました。 息子の第一志望校は非常に偏差値の高い有名校なのですが、最終テスト結果で は合格率が非常に低く、2ランクぐらい落とした学校を塾からは勧められましたが やはりどうしても第一志望校に行かせたい故に、第一志望校を無理を承知で受験 して…
【Hな体験】中出し好きな巨乳OL
2018/01/31 18:00
2018/01/31 18:00
最近、会社の飲み会で他の部署の女の子と近くになり、一緒に盛り上がって店を出た。ヒトミは2つ年上の28歳。顔はイマイチだが服の上からもハッキリとわかる巨乳ちゃんで、ムチムチっとしたエロい体をしている。わざとみんなとはぐれ、近くの公園のベンチでヒトミと話をしていると話題はどんどん下ネタへ。 ヒトミはここ数年彼氏がいなくて、「ずいぶんご無沙汰」だと言っていた。しかも会話がかなりエロい。グイっとヒトミの肩を抱き寄せ巨乳を揉むが抵抗はない。 俺「ヒトミちゃん、エッチしちゃおっか?」 ヒトミ「・・・うん、してもいいかも・・・」 俺「俺も最近溜まってるから、最低3回はしたいな」 ヒト…
会う度にAVみたいに激しくなっていく人妻に惚れたかも
2016/10/27 15:00
2016/10/27 15:00
最近とあるサイトでメル友募集をしました。
内容はいたってまじめです。
決して出会い系のようなサイトでもないし
内容も真面目なメル友募集だったのですが募集出してから、
メールがくるわくるわで全部で20通近くきました。
まぁほとんどが30代前半から40代の主婦なんですがね。


その中で最初からご主人への不満を訴えるメールをくれた35歳の人妻なんですが、
向こうから会ってみたいと誘いを受けました。

こちらとしてはどんな人が来るかわかりませんので、
軽く食事をしてお喋りをする程度の軽い気持ちで出掛けたわけです。

待ち合わせ場所に行ってみたら、
見た目は20代後半にしか…
【父】父さえ居れば地獄に墜ちても構わない・・・【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/11/06 16:46
2017/11/06 16:46
話は3年半前まで、逆上ります。4月になって間もない頃、父の職場から電話がありました。 それは、作業現場から転落し、病院に搬送されたというものでした。 幸いにも、左腕の骨折だけで済み、命に別条はありませんでした。 しかし、父と母はいわゆる『熟年離婚』をした直後であり、職人気質で亭主関白の父は、家事どころかお茶の一つも入れられない程。 その上、骨折しての不自由な生活という事で、数年ぶりに実家に戻りました。 実を言うと、その当時、すでに私と夫は完全に冷め切っており、酒に溺れては手を上げる夫から逃げる様に出て来たのです。 当初、父はかたくなに「お前の助けなどいらん」と頑固に言い張っていましたが、…
上半身は細身なのに、お尻がムッチリ大きい女子社員【エロ体験談】
2017/01/25 12:10
2017/01/25 12:10
うちの会社にはとても素晴らしいお尻の持ち主がいる。

彼女は年は30過ぎだが髪の毛はサラサラにパーマをあてて顔も少し童顔なのでとても若く見え、その上スタイルもいい。

何と言っても上半身は細身なのに、お尻がとてもムッチリとしていて大きいのだ。

みんな同じ作業着を来ているのだが、作業着っていうのは普通動きやすいように少し余裕を持って作ってある。

それなのに、その子とほぼ同じ体型の女性社員はお尻のラインが出ることはさすがにない。

よほど太っているおばちゃんやデブの人ならまだしも、彼女は若いし細身でスタイルがいいのだからいかにお尻が大きいか分かる。

いつも自分の仕事場から彼女は約4メートルく…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・綺麗な妻には過去がある

・叔父の奥さんに憧れていた若き俺のエロ歴

・日曜日のタダマン中出し

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【熟女体験談】毎朝立ち寄るコンビニの小奇麗なおばさんと中出ししてハメた

・【Hな体験】好きだった人妻先生に無理やりキスしたら・・・。

・「わたしが教えてあげようか」から3Pへ

・大嫌いだった従姉妹の話する

・彼が私の中で果てたとき・・・

・オーナーの指導を色々受けているバツ1女です

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[後編]

・※妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活

・【人妻体験談】人妻とスローセックスを楽しみながら中出しして何度もイキまくる

・【熟女体験談】熟女が大好きで、かなりの人数とヤりまくるドMのド変態男

・腰が立たなくなるまで攻める旦那の後輩

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[前編]

・持病

・人妻としての魅力

・姉弟の話

・【熟女体験談】根気強く店に通ってスナックの熟女を口説き、ホテルに持ち込んで中出しSEX

・悲鳴とともにのけぞり、又しても失神・・・・・・

・【人妻体験談】野獣のようにSEXのに没頭し、歯止めが効かないくらい連絡してきたエロい人妻

・クビになるよりマシだもんねと色気で

・【不倫】学芸員をしている真面目な主婦ですが・・・。

・タオルバリアー

・ラブホテル

・彼氏より俺のがいいだろ・・・

・パート先の仕事でレジ打ちをしている主婦です

・息子の部活をバックアップするつもりが、コーチと肉体関係を……

・【人妻体験談】コンパニオンを待っていたら妻の友人が来て、騎乗位状態の素股から本番中出しをさせてくれた