寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

中学生に寝取られた_4

2018/10/15 21:01


(この子も脅えているのね……)
 雄太の肌は青ざめており、薄い脂肪にあばら骨が浮き出ていた。朱美はその一本一本を確かめるように指先を滑らせてゆく。
「あっ……」
 雄太の背筋がしなり、衰えを知らない男根が大きく揺れた。朱美の乳房も腕の動きにつれてたぷたぷと震え、その先では乳首はゆっくり回っている。
「ね、ねえ……。雄太くんも触っていいのよ」
 揺れる男根を見据えたまま促すと、雄太は回る乳首を凝視して応えた。
「ど、どこを触ればいいの?」
「どこでもいいのよ。好きなところを……」
「ど、どこでも?」
「ええ、どこでも……」
 手を伸ばそうとして、雄太が目を瞬いた。眼前の乳首がぷくっとふくれたのだ。ほんのわずかな膨張だったが、瞬きを忘れるほど凝視していたので見間違いではない。
「あ、朱美さんも気持ちいいの?」
「え?」
「朱美さんの乳首、ふくらんだよ」
 朱美の頬が引きつった。
「き、気のせいよ……。さ、雄太くん。わたしばかりじゃなんだから、ね、触って」
 気のせいなどではない。沸騰した血液が乳首から去ろうとしないのだ。お椀型の乳房全体も桜色に染まり、裾野から厚みを増している。体奥の炎がいよいよ体表をも焦がし始めていた。
「あ、またふくらんだ! 色も変わってきたよ!」
 残酷な無邪気さで雄太が喚き立てる。座り込んでいた邦夫たちも、どれどれと身を乗り出してきた。
(や、やだ! 見ないでよ!)
 乳首に注目が集まれば集まるほど、皮肉にも血液がどんどん流れ込み、まるで爆ぜた木の実のようにふくらんでしまう。心臓が脈動する度にじくじく疼くほどだ。
 慌てた朱美は自分から雄太に覆い被さった。
「ゆ、雄太くん、はやく……」
「え、あの、ど、どうしたら……」
「す、好きにしていいのよ。ほ、ほら、こうやったり……」
 雄太の胸板の上で乳房がひしゃげ、勃起状態の乳首はその中に埋没した。
「あ……」
 朱美の口から甘い吐息が漏れた。演技ではない。潰れた乳首がじんじん疼き、たまらず声を発してしまったのだ。照れ隠しに雄太と目を合わせてみる。だが、雄太は心ここにあらずだった。視線は宙を泳ぎ、硬直していた。
 代わりにかぶりつきで見ていた邦夫たちが静寂を破った。
「わはは! 雄太のやつ固まってるぜ!」
「もういっちまったんじゃねえのか?」
 床を叩いて大笑いする二人だったが、目だけは笑っていない。これから起こることのすべてを見逃すまいと、彼らも真剣なのだ。邦夫がベッドの前部に、康二は後部に移動した。
「へへっ、すげえな、おい……」
 後ろに回った康二の鼻息が、朱美の臀裂と雄太の陰嚢にかかった。朱美が腰を浮かしているため、滑稽なほどそそり立った男根は中空でひくひく揺れている。亀頭が指し示す先は、康二が初めて肉眼で見る女性器だ。
 陰毛は多く、そして濃い。内腿の白と陰毛の黒、淫裂の鮮烈な薄紅色のコントラストが目に焼きつく。あれは汗だろうか? 淫裂からはみ出た肉びらがかすかに光っている。
「た、たまんねえよな、実際……」
 康二はしみじみと嘆息を漏らした。目の前で生の女性器が息づいているのだ。長躯が震える。それは掛け値なしの感動だった。
「康二、そっちの具合はどうだ?」
 ベッドの前部から、朱美の顔を覗き込んでいた邦夫が声をかけてきた。
「え、具合って?」
「おまんこの具合だよ。三十三歳人妻のおまんこはどんな感じだ? やっぱり、びらびらはまっ黒でまん毛はもじゃもじゃか?」
 朱美の双肩が強ばった。いまこの瞬間も見られているのだ。火照っているあそこを……。とにかく隠さなければと、朱美は後先も考えず雄太にしがみついた。
(きゃっ!)
 しがみついた拍子に雄太の亀頭が下腹部に当たり、朱美の尻が大きく跳ね上がった。子供のものとは思えぬ灼熱の肉塊だった。
「わ! な、なんだなんだ?」
 尻を間近に見ていた康二がつられて体を上下させる。朱美の尻はパニックに陥っていた。背後の視線から逃れようにも、尻を落とせば男根に押し戻されてしまう。
(や、やだっ! 見ないでっ!)
 朱美の尻はヒステリックに上下動を繰り返し、やがて亀頭に触れるか触れないかの位置で静止した。朱美は亀頭に触れるよりも、視線に射られる方を選んだのだった。
 朱美の膠着を待って、再度邦夫が問いかけた。
「で、どんな感じだ?」
 宙に浮かんだ美尻をうっとり眺めていた康二がはたと我に返り、その感動を伝えるべく手振り身振りで話し始めた。
「と、とにかくでかいけつだ……。でっかくて真っ白で……」
「けつは白くても、おまんこはまっ黒か?」
「あ、いや、まっ黒なのはまん毛だ。肛門の方まで生えてる……。でもあれだな、もじゃもじゃだけど、すごく柔らかそうだ……」
 康二が顔を寄せたため、荒い鼻息が直に当たった。
(う、うそよ。濃くなんかないわ。わたしは普通よ。お願いだから、変なこと言わないで……)
 朱美は剥き出しの臀裂を晒す羞恥に身悶えた。奇しくも、そのわずかな動きで雄太との間で押しつぶされた乳房がうねり、しこった乳首も転がってしまう。
「あっ!」
「うっ!」
 二人の口からほぼ当時に吐息が漏れた。互いの肌はこれまでになく密着しており、一方がわずかに動くだけで、汗ばんだ肌にちりちりと電流が走るのだ。雄太にとっては初めての、朱美にとっては十五年来の疼きだった。
 康二が上擦った声で実況を続けた。
「び、びらびらはあれだな、えっーと、乳首みたいな色だ。へへっ、けつの穴も見えるぜ。けっこう毛が生えてやがる」
(いやっ! もう言わないで!)
「痔はあるか? いぼ痔とか切れ痔とか? まさか脱肛はしてねえよな?」
「だっこう……?」
「肛門から粘膜がはみ出てるかってことだよ。どうなんだ?」
「あー、それはないな。痔もないよ。きれいなもんだ。へへっ、ちょっと毛深いけど」
「あはは、そうか。そっちは処女ってわけだな」
「え?」
 康二がきょとんとしても、邦夫はあえて無視した。いまはそれどころではない。人妻を言葉で嬲るだけで男根がずきずき脈打っている。男根が続けろと急かしているのだ。
「びらびらはどうだ? びろーんとはみ出てるか? それとも毛深くて見えねえか?」
「あー、びらびらね……。んー、どうかな……」
 康二の顔がさらに近づいたのを感じ、朱美の巨尻はおののいた。
(い、いやよ! 見ないで! 言わないで!)
「そうだな……。びろーんてよりも、ぴろって感じだな。んー、きれいな方なんだろうな……。うん、きれいなおまんこだ」
 康二はメディアで得た性知識を総動員した上で、そう結論づけた。しかし、邦夫は納得していない。ますます語調を強めては、言葉で朱美を解剖しようとする。
「じゃあ、中身は見えるか? びらびらの奥、おまんこの穴だ」
「んー、閉じてるから見えねえな……」
「ぴっちりか? ぴっちり閉じてるのか?」
(お、お願い。もうやめて……)
「んー、ぴっちりじゃないな……」
「じゃ、どんな感じなんだよ?」
「そうだな、ふわっていうか、ふやけてるっていうか……」
(えっ! うそよ! そんなに濡れてないわ!)
「お、おい。まさか濡れちゃいないよな? まだなにもしてねえのに?」
「あ、でも、なんか光ってるぞ……」
(いやあっ! だめ! 言わないで!)
 上げても地獄、下げても地獄だった。進退きわまった朱美はほんの少しでも肌を隠そうと、雄太を抱き寄せて自ら正常位の体勢に持ち込んだ。
 驚いたのは少年たちだ。瞬時に上下が入れ代わったのを目の当たりにして、これが大人のセックスかと度肝を抜かれている。雄太に至っては右手にショーツを握ったままへっぴり腰になっていた。
「ご、ごめんね。びっくりした?」
 朱美は無理に笑って、雄太の背中に腕を回した。抱き寄せようとするが、雄太は四つん這いのまま踏ん張っている。見れば、康二が雄太の下肢を押さえ、朱美の股間を覗き込んでいるではないか。
(ちょっと! やだ! やめてよ!)
 力づくで引き寄せようにもそこは男の子、びくともしない。雄太は排便を我慢しているような顔をして、懸命に四肢を張っている。
(お、お願いよ! こっちにきて! だっこして!)
 そんな朱美の狼狽を、頭上の邦夫がにやけて見ていた。
「朱美、次はなんだ?」
「え、あの……」
「前戯は省略か? このまま、ぶすっていくのか?」
「あ、いえ……」
「雄太は初心者なんだぜ。少しはリードしてやれよ」
「あ、そ、そうね……」
 そう応えたものの、朱美になす術はない。前戯に移ればあそこが濡れていることを知られてしまうし、かといって前戯を省略しても同じことだ。性知識だけは異様に豊富な彼らのこと、間違いなく「淫らな女」のレッテルを張るに違いない。
(そんなつもりは全然ないのに……。もう、どうして濡れてしまうのよ……)
「股広げろよ」
「……え」
「とりあえず股広げろ」
 朱美の耳元で、邦夫がどすを利かす。
「雄太へのリードはそれとして、ほれ、康二にもサービスしてやれよ。さっきからあんたのおまんこにかぶりつきなんだぜ」
「あ、でも……」
「おいおい、まだ逆らうのか? やっぱり、旦那を性犯罪者にしたいわけ?」
「ち、ちがいます!」
「だったら股広げろよ。股広げながらでも前戯はできんだろ?」
(くっ、なんて子なの……)
 朱美は唇を結び、眉根を寄せ、邦夫を睨みつけた。体を与えるのはただの契約──それ以上でもそれ以下でもないと、意思を込めたつもりだった。
 邦夫は一瞬顔をしかめた後、不敵な笑みを浮かべた。
「あ、そう。性犯罪者の妻になりたいわけね。キング・オブ・性犯罪者──つまり、幼女レイプ犯の妻に?」
「レ、レイプ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
羽○○弦も経験したかもしれない?!スケート合宿のエッチな夜www
2017/12/22 08:19
2017/12/22 08:19
http://blog.r18matome.com/archives/38111444.html羽○○弦も経験したかもしれない?!スケート合宿のエッチな夜www フィギュアスケートって、女性には人気なんだけど、男性には全く人気が無くて、これほど おいしいスポーツはありません。 俺も今、大学生なんだけど、スケート部の中でフィギャア 部門は女子部員17人いて、男は俺1人。 モテナイ訳ないよね。 特にペアは、女の全身触りまくり、抱きまくりで楽しいよ。 そんな俺の初体験聞いてよ。 悲しくもあり、楽しくもあった高校時代です。 俺って自分でいうのも何だが、高校一年で身長が183センチ、体重72キロ、色白で…
合コンで会った美女と非常階段で
2017/04/03 18:49
2017/04/03 18:49
今は街コンとか流行ってるけどさ、それが流行る前に20対20ぐらいの合コンをした話。 年齢層は25~30歳ぐらいまでで集まるんだよ。 まぁそれだけ人が集まればさ、可愛い子も可愛くない子も居たわけだよ。 その中で俺はそれなりに可愛い子に目をつけて近くに座ったんだ。 年齢は29歳だけど北川景子似の美女だった。 お酒を飲むのが好きらしくてさ、日本酒だのワインだのドンドン飲むわけよ。 俺にも「飲みなよ~」とか言って日本酒をガンガンついでくる。 俺もまぁまぁ強いから、その子と飲み比べみたいになったわけさ。 で、結局お互い潰れはしなかったんだけど凄く意気投合しちゃってさ、景子も凄くベタベタし…
ノーパン直穿きレギンスやブルマ姿のデリヘル嬢と精子が出なくなるまで遊んだ話
2017/06/11 18:02
2017/06/11 18:02
けだるい毎朝の通勤。

唯一楽しみなのが、OLやJKを視姦すること。

JKの透けブラや、OLのタイトスカートとパンストを視姦しながら通勤。

勃起を隠すのが、大変。

どうしても我慢が出来なかったら、行きつけのデリヘル。

俺、外回りの営業マン。

時間は作ればいくらでもある。

今日も我慢が出来なくなったので、電話。

電話すると、いつもの兄ぃちゃんが対応。

オキニの嬢を予約。

そして、近くの駅で待ち合わせ。

しばらくすると携帯が鳴り、嬢の到着。

そしていつも利用してるラブホへ。

部屋に入るとまず嬢が店へ入店コール。

終わったら…
友人の幼馴染とエッチをしたらドМだった
2017/01/16 12:09
2017/01/16 12:09
この話は俺が大学2年の時。

当時の俺は経験人数5人ぐらいで、彼女はいなかったので誰かとセックスしたいなと考えていた。


そして、そのチャンスは突然やってきた。


その日は、同級生の仲良い友達AとAの家で宅飲みをしていた。

飲みはじめてから1時間ぐらい経過し、Aがトイレに行ったときでした。
「ピンポーン」急にチャイムが鳴りました。

俺「誰か来たけど?」

A「わるいけど、代わりにでてくれん!」
俺「はいはい」


俺が玄関を開けると、そこには知らない女の子Bが立っていました。

B「…あっ、間違えました」

俺「いや、Aの知り合いですか?」
B「はっ、はい」

俺…
出会い系で会った、感度良好よがりまくりの29歳【SEX体験談】
2018/04/03 16:10
2018/04/03 16:10
先日ある出会い系で知り合った29歳のY子と待ち合わせて即ホテルに行った。

どう見ても二十歳そこそこにしか見えないY子は舌足らずの話し方をする、やや頭の弱そうな女だった。


コートを脱がせると小ぶりの胸のふくらみに思わず興奮し、セーターの上から撫で回しながらスカートをたくし上げ、パンティの上からあそこをクリクリした。

そのうちにパンティもぐっしょりとぬれてきた。

好きな女だなあと思いつつも彼女が拒まないのをいいことにキスしながら舌を絡ませ、ブラの下に手を突っ込みパンティの横から指を入れ、もうやりたい放題。


一応シャワーを浴びにいってからベッドへ・・・

乳首やクリトリスをなめるのが大…
【熟女体験談】中年太りした三段腹の母親と筆下ろし近親相姦SEX
2019/01/29 18:02
2019/01/29 18:02
2019/01/29 (Tue) 19歳で脱童貞しました、

いやー初体験まで長かったです

オナニーは小学4年生からしてるのにw

そん時は何も考えずにシコシコしてたw

中学生ぐらいかな?

女性の裸に興味もって、
おっぱいやおまんこを見たくてなったの

俺の家族は、4人家族で、七歳上の姉が居たんだけど、
裸に興味を持ち出した時には、
仕事の都合で会社の近くに1人暮らし始めてしまって、
身近な女性は母親1人。

当時42歳で俺が近くに居ても平気で着替えて、
オッパイも何度見た事か、大きいけど垂れ乳で、
当たり前の様に見てたけど、
実母のおっぱいで興奮するような事は無かったのに

エッチ…
なんでも話せる仲のいい女友達と3PしてWフェラにめちゃくちゃ興奮した話
2016/04/04 14:02
2016/04/04 14:02
昨日初めて3Pを体験しました。

すごく良かったので書いちゃいます。

文章下手ですけどすいません。

昔から仲がいいK奈と飲みに行く約束をしていて、

俺はいつも通り2人だと思っていた。

ところが、K奈が友達(A香ちゃん)を連れてきてて、それが結構かわいい。

おれも、軽くテンションが上がってた。

それで楽しく3人で飲んでいてカラオケに行く事になり、

そのカラオケが盛り上がって・・・

延長延長でもう浮かれてたら、

終電に間に合わなくなってしまった。

おれの家はカラオケ屋から、

すぐ近くなので2人ともおれの家に泊まることになった。

K奈は何回か前にも泊まりに来たことがあって、…
倒産した会社で高嶺の花だった同じ課の同僚 【SEX話】
2016/02/13 09:33
2016/02/13 09:33

倒産して半年くらいたった頃、再就職がめでたく決まった俺は、自分自身で祝いを兼ねてデリヘルで遊ぶ事に。

ろくに顔写真も見ずに無指名でホテルで待つ事10分・・・そこに現れたのは、倒産した前の会社の同じ課にいた同僚で、まさに俺の高嶺の花だったY美。

勤めていた当時は何度か誘ってみたものの見事に玉砕して、どうにもならない俺はY美をズリネタしていたものだった。

向こうも俺に気が付いて、明らかに嫌な顔して

「ごめんなさい、チェンジしてもらった方がいいですよね」

と言って早々に帰ろうとする。

Y美の腕を引っ張り、

「まあ・・・中に入りなよ」

と強引に引きずり込んで、

「大変そうだね、な…
夫が淡白すぎるから元カレと濃厚中出しセックス
2017/05/22 05:31
2017/05/22 05:31
主人とのセックスは結婚前から淡白で物足りないと思っていました。
ただ私も30歳目前だったし、20代で結婚したかったので、迷いはしましたがセックスだけが全てじゃないと思って結婚しました。

でも案の定、結婚しても新婚というのに月に1回程度しかなく、日々欲求不満が溜まって行きました。
それでもすぐに子宝に恵まれ、長男が生まれると、その後はほとんどセックスレス状態になってしまいました。
まだ30歳前半だし、もっとセックスを楽しみたいと思っていましたが、主人にはもう期待できないことはわかっていました。 それで主人と結婚する前に付き合ってした元彼に連絡してみようと思いついたんです。
彼氏に別れを切り出すと連れて来た友達と集団レイプされた【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/10/06 14:11
2017/10/06 14:11
馴れない文章でおかしいし書いてたら情緒不安定になってきて、ごちゃごちゃしてきた。 読みにくいしまとまりないけど書き込みさせてもらいます。 だいぶ長い彼氏と別れるとか別れたくないとか3ヶ月以上ゴタゴタしてた。 私はその間に醒めきってて、どうすれば後腐れなく切れるかばかり考えてた。 彼氏とは生活圏も知人友人もだだ被りだったからFOできないし揉めたくない、 けどもう気持ちもないしさっさと終わりにしたいって思ってた期間でした。 若さ故か、間に彼友とか入れて何とか収めようとするのもうざくて 夏休み前に無理矢理FOに持って行こうと彼氏の着信総シカトでそこから1ヶ月位過ぎた。 彼氏ももうどうにもならな…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・塾生の相談に乗り流れでラブホへIN

・ショッキングな愛妻の動画DVD

・【人妻体験談】妻が浮気をしているようで、友人に監視してもらったら金持ちの男に寝取られていた

・【熟女体験談】ご近所さんの元芸能人おばさんの水着姿に興奮し、水着のままSEX

・未亡人はエロに飢えているんですね

・人妻美人課長のスーツの中

・【スワッピング】30歳の童貞キモオヤジに彼女を貸し出した結果

・【寝取られ】チャラい先輩とのセックスをブログ公開してた元カノ

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・痴漢される妻を目撃8(映画館編)

・社長のおちんちんを咥えています

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[後編]

・スロベニアから来たシビルとのセックス

・亭主が寝ている横で、バックからつきまくった・・・

・手マンから結局最後までいっちゃった

・【熟女体験談】還暦を迎えた母の黒の下着に興奮し、夜這いしてしまった

・スイミングスクールに妹を迎えに行ったら

・お祭りに参加していやらし事されぱなしでした

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[前編]

・【熟女体験談】同じ介護職場の熟女の薄く透けてたブラに興奮し、フェラしてもらった

・不倫相手との甘い甘いSEX行為の告白

・職場で集団レイプを見せられた。

・【Hな体験】有名なエロレイヤーの処女をいただいた話

・【浮気】修学旅行の夜、先生に隠れて潜った布団の中で

・妻しか知らない私~初体験は非処女妻~

・【近親相姦】義父から性的暴行を受けていた実の娘と

・認知症の母と・・・

・【熟女体験談】彼女のお母さんにマッサージをしてたらムラムラしてしまい、中出しフィニッシュ

・【人妻体験談】お隣の奥さんと出会った日にいきなりホテルでセックス