寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

中学生に寝取られた_4

2018/10/15 21:01


(この子も脅えているのね……)
 雄太の肌は青ざめており、薄い脂肪にあばら骨が浮き出ていた。朱美はその一本一本を確かめるように指先を滑らせてゆく。
「あっ……」
 雄太の背筋がしなり、衰えを知らない男根が大きく揺れた。朱美の乳房も腕の動きにつれてたぷたぷと震え、その先では乳首はゆっくり回っている。
「ね、ねえ……。雄太くんも触っていいのよ」
 揺れる男根を見据えたまま促すと、雄太は回る乳首を凝視して応えた。
「ど、どこを触ればいいの?」
「どこでもいいのよ。好きなところを……」
「ど、どこでも?」
「ええ、どこでも……」
 手を伸ばそうとして、雄太が目を瞬いた。眼前の乳首がぷくっとふくれたのだ。ほんのわずかな膨張だったが、瞬きを忘れるほど凝視していたので見間違いではない。
「あ、朱美さんも気持ちいいの?」
「え?」
「朱美さんの乳首、ふくらんだよ」
 朱美の頬が引きつった。
「き、気のせいよ……。さ、雄太くん。わたしばかりじゃなんだから、ね、触って」
 気のせいなどではない。沸騰した血液が乳首から去ろうとしないのだ。お椀型の乳房全体も桜色に染まり、裾野から厚みを増している。体奥の炎がいよいよ体表をも焦がし始めていた。
「あ、またふくらんだ! 色も変わってきたよ!」
 残酷な無邪気さで雄太が喚き立てる。座り込んでいた邦夫たちも、どれどれと身を乗り出してきた。
(や、やだ! 見ないでよ!)
 乳首に注目が集まれば集まるほど、皮肉にも血液がどんどん流れ込み、まるで爆ぜた木の実のようにふくらんでしまう。心臓が脈動する度にじくじく疼くほどだ。
 慌てた朱美は自分から雄太に覆い被さった。
「ゆ、雄太くん、はやく……」
「え、あの、ど、どうしたら……」
「す、好きにしていいのよ。ほ、ほら、こうやったり……」
 雄太の胸板の上で乳房がひしゃげ、勃起状態の乳首はその中に埋没した。
「あ……」
 朱美の口から甘い吐息が漏れた。演技ではない。潰れた乳首がじんじん疼き、たまらず声を発してしまったのだ。照れ隠しに雄太と目を合わせてみる。だが、雄太は心ここにあらずだった。視線は宙を泳ぎ、硬直していた。
 代わりにかぶりつきで見ていた邦夫たちが静寂を破った。
「わはは! 雄太のやつ固まってるぜ!」
「もういっちまったんじゃねえのか?」
 床を叩いて大笑いする二人だったが、目だけは笑っていない。これから起こることのすべてを見逃すまいと、彼らも真剣なのだ。邦夫がベッドの前部に、康二は後部に移動した。
「へへっ、すげえな、おい……」
 後ろに回った康二の鼻息が、朱美の臀裂と雄太の陰嚢にかかった。朱美が腰を浮かしているため、滑稽なほどそそり立った男根は中空でひくひく揺れている。亀頭が指し示す先は、康二が初めて肉眼で見る女性器だ。
 陰毛は多く、そして濃い。内腿の白と陰毛の黒、淫裂の鮮烈な薄紅色のコントラストが目に焼きつく。あれは汗だろうか? 淫裂からはみ出た肉びらがかすかに光っている。
「た、たまんねえよな、実際……」
 康二はしみじみと嘆息を漏らした。目の前で生の女性器が息づいているのだ。長躯が震える。それは掛け値なしの感動だった。
「康二、そっちの具合はどうだ?」
 ベッドの前部から、朱美の顔を覗き込んでいた邦夫が声をかけてきた。
「え、具合って?」
「おまんこの具合だよ。三十三歳人妻のおまんこはどんな感じだ? やっぱり、びらびらはまっ黒でまん毛はもじゃもじゃか?」
 朱美の双肩が強ばった。いまこの瞬間も見られているのだ。火照っているあそこを……。とにかく隠さなければと、朱美は後先も考えず雄太にしがみついた。
(きゃっ!)
 しがみついた拍子に雄太の亀頭が下腹部に当たり、朱美の尻が大きく跳ね上がった。子供のものとは思えぬ灼熱の肉塊だった。
「わ! な、なんだなんだ?」
 尻を間近に見ていた康二がつられて体を上下させる。朱美の尻はパニックに陥っていた。背後の視線から逃れようにも、尻を落とせば男根に押し戻されてしまう。
(や、やだっ! 見ないでっ!)
 朱美の尻はヒステリックに上下動を繰り返し、やがて亀頭に触れるか触れないかの位置で静止した。朱美は亀頭に触れるよりも、視線に射られる方を選んだのだった。
 朱美の膠着を待って、再度邦夫が問いかけた。
「で、どんな感じだ?」
 宙に浮かんだ美尻をうっとり眺めていた康二がはたと我に返り、その感動を伝えるべく手振り身振りで話し始めた。
「と、とにかくでかいけつだ……。でっかくて真っ白で……」
「けつは白くても、おまんこはまっ黒か?」
「あ、いや、まっ黒なのはまん毛だ。肛門の方まで生えてる……。でもあれだな、もじゃもじゃだけど、すごく柔らかそうだ……」
 康二が顔を寄せたため、荒い鼻息が直に当たった。
(う、うそよ。濃くなんかないわ。わたしは普通よ。お願いだから、変なこと言わないで……)
 朱美は剥き出しの臀裂を晒す羞恥に身悶えた。奇しくも、そのわずかな動きで雄太との間で押しつぶされた乳房がうねり、しこった乳首も転がってしまう。
「あっ!」
「うっ!」
 二人の口からほぼ当時に吐息が漏れた。互いの肌はこれまでになく密着しており、一方がわずかに動くだけで、汗ばんだ肌にちりちりと電流が走るのだ。雄太にとっては初めての、朱美にとっては十五年来の疼きだった。
 康二が上擦った声で実況を続けた。
「び、びらびらはあれだな、えっーと、乳首みたいな色だ。へへっ、けつの穴も見えるぜ。けっこう毛が生えてやがる」
(いやっ! もう言わないで!)
「痔はあるか? いぼ痔とか切れ痔とか? まさか脱肛はしてねえよな?」
「だっこう……?」
「肛門から粘膜がはみ出てるかってことだよ。どうなんだ?」
「あー、それはないな。痔もないよ。きれいなもんだ。へへっ、ちょっと毛深いけど」
「あはは、そうか。そっちは処女ってわけだな」
「え?」
 康二がきょとんとしても、邦夫はあえて無視した。いまはそれどころではない。人妻を言葉で嬲るだけで男根がずきずき脈打っている。男根が続けろと急かしているのだ。
「びらびらはどうだ? びろーんとはみ出てるか? それとも毛深くて見えねえか?」
「あー、びらびらね……。んー、どうかな……」
 康二の顔がさらに近づいたのを感じ、朱美の巨尻はおののいた。
(い、いやよ! 見ないで! 言わないで!)
「そうだな……。びろーんてよりも、ぴろって感じだな。んー、きれいな方なんだろうな……。うん、きれいなおまんこだ」
 康二はメディアで得た性知識を総動員した上で、そう結論づけた。しかし、邦夫は納得していない。ますます語調を強めては、言葉で朱美を解剖しようとする。
「じゃあ、中身は見えるか? びらびらの奥、おまんこの穴だ」
「んー、閉じてるから見えねえな……」
「ぴっちりか? ぴっちり閉じてるのか?」
(お、お願い。もうやめて……)
「んー、ぴっちりじゃないな……」
「じゃ、どんな感じなんだよ?」
「そうだな、ふわっていうか、ふやけてるっていうか……」
(えっ! うそよ! そんなに濡れてないわ!)
「お、おい。まさか濡れちゃいないよな? まだなにもしてねえのに?」
「あ、でも、なんか光ってるぞ……」
(いやあっ! だめ! 言わないで!)
 上げても地獄、下げても地獄だった。進退きわまった朱美はほんの少しでも肌を隠そうと、雄太を抱き寄せて自ら正常位の体勢に持ち込んだ。
 驚いたのは少年たちだ。瞬時に上下が入れ代わったのを目の当たりにして、これが大人のセックスかと度肝を抜かれている。雄太に至っては右手にショーツを握ったままへっぴり腰になっていた。
「ご、ごめんね。びっくりした?」
 朱美は無理に笑って、雄太の背中に腕を回した。抱き寄せようとするが、雄太は四つん這いのまま踏ん張っている。見れば、康二が雄太の下肢を押さえ、朱美の股間を覗き込んでいるではないか。
(ちょっと! やだ! やめてよ!)
 力づくで引き寄せようにもそこは男の子、びくともしない。雄太は排便を我慢しているような顔をして、懸命に四肢を張っている。
(お、お願いよ! こっちにきて! だっこして!)
 そんな朱美の狼狽を、頭上の邦夫がにやけて見ていた。
「朱美、次はなんだ?」
「え、あの……」
「前戯は省略か? このまま、ぶすっていくのか?」
「あ、いえ……」
「雄太は初心者なんだぜ。少しはリードしてやれよ」
「あ、そ、そうね……」
 そう応えたものの、朱美になす術はない。前戯に移ればあそこが濡れていることを知られてしまうし、かといって前戯を省略しても同じことだ。性知識だけは異様に豊富な彼らのこと、間違いなく「淫らな女」のレッテルを張るに違いない。
(そんなつもりは全然ないのに……。もう、どうして濡れてしまうのよ……)
「股広げろよ」
「……え」
「とりあえず股広げろ」
 朱美の耳元で、邦夫がどすを利かす。
「雄太へのリードはそれとして、ほれ、康二にもサービスしてやれよ。さっきからあんたのおまんこにかぶりつきなんだぜ」
「あ、でも……」
「おいおい、まだ逆らうのか? やっぱり、旦那を性犯罪者にしたいわけ?」
「ち、ちがいます!」
「だったら股広げろよ。股広げながらでも前戯はできんだろ?」
(くっ、なんて子なの……)
 朱美は唇を結び、眉根を寄せ、邦夫を睨みつけた。体を与えるのはただの契約──それ以上でもそれ以下でもないと、意思を込めたつもりだった。
 邦夫は一瞬顔をしかめた後、不敵な笑みを浮かべた。
「あ、そう。性犯罪者の妻になりたいわけね。キング・オブ・性犯罪者──つまり、幼女レイプ犯の妻に?」
「レ、レイプ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
彼氏がいる女先輩と夏の河原で情熱的なH
2017/05/15 21:46
2017/05/15 21:46
95 :なまえを挿れて。:2010/10/29(金) 16:18:53 大学二年の夏。居酒屋でバイトしてた時のこと。 先輩たちと熱海の花火大会に行ったら、昔の彼女がいた。 凄い好きだったが、事情があり別れてしまった。その後他の人と付き合っても なんか気が向かず、別れてた。 元カノに会えて内心嬉しかったんだが、よく聞くと彼氏がいるとのこと。凹んだ。 それから一週間たって、バイトしてると浴衣を着た、元カノと彼氏が来店。 近場の花火大会があったとのこと、その話しにイラついて、なんで花火大会の日に バイトしてんだと思い、バイト仲間に今日花火しようと声をかけた。 けどみんな今…
園児がいる人妻とお酒に酔った勢いでセックス
2015/12/16 12:02
2015/12/16 12:02

あれは、4年ほど前の夏。
当時、20代最後の夏を謳歌したい欲求不満気味だった俺は、生命保険の出入りの兄ちゃんに、合コンセッティングをお願いしまくっていた。
この兄ちゃん(仮にN君)には、何度も合コンを過去にお願いしており、その都度、期待を大幅に裏切られていたわけだが、それでもN君に再びお願いしてしまうあたりに、俺のルックスの限界が分かるってもんだ。 数日後、N君から吉報が。
どうやら、数少ないコネから合コン相手をなんとか確保したようだ。
聞くと、相手は主婦とのこと。オッケー、オッケー。全然オッケーよ。
でも、一応年齢を確認すると、連絡をとったのは30代後半…
【近親相姦体験告白】 再婚した母  
2016/08/08 15:58
2016/08/08 15:58
僕は19歳。これまでずっとお母さんとセックスしていました。でも今年の春、お母さんは再婚しました。もう、お母さんとセックスすることはできません。 何時が最初だったのかは、憶えています。11歳か、12歳だったと思います。憶えているのは、夜中になると、お母さんが僕の体の上で、裸の体を揺り動かしている姿です。 僕の陰茎は、お母さんの口で大きくされて、お母さんがそれに腰を落とすようにして、自分の中に導き入れてくれて、後はお母さんに全て委ねる様にして、目を閉じて快感に身を任せる、それが、何時からか始まった2人の儀式でした。僕が小学4年生か、5年生の時に、お母さんと親父が離婚して、看護婦の資格を 持って…
彼氏持ちの子と京都の旅館でHした話
2017/02/07 22:01
2017/02/07 22:01
548 えっちな18禁さん[sage] 2012/04/30(月) 15:41:04.53 ID:prbK00560 1年半くらい前の体験を記憶が薄れる前に投下しとく。俺27、相手は20の短大生。 住んでる地域は全然違ったが、出身地が近く、mixiの地域系コミュで知り合った。 プロフィールでプリクラを晒しててまぁまぁ可愛いなぁ、なんて気にしてたら向こうからメッセで声かけてきて仲良くなり、メアドも交換してメールするようになった。 話を聞く限り、彼氏はいるが上手くいっていないと。 いつのまにか彼氏とのHが痛いとか、そんな話までするようになってた。 で、ある日。 mixiの日記で「今度京都に…
【痴漢・レイプ】山菜採りで起きた・・・【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/12 01:52
2017/01/12 01:52
最近起きた、出来事を書きたいと思います。 私45歳、妻42歳は子育ても終わり、この時期になると山に山菜採りに出かけます。 初めは、休日に暇を持て余し、家でゴロゴロしていたんですが、TVを見て 山菜採りに出かけてみる事にしたんです。始めてみると結構面白く、妻共々ハマってしまいました。我が家から車で20分位走った山道に車を止め、田んぼ道を進むと草木の多い茂った所に 山菜は生えていました。 私と妻はいつもの様に、2手に分かれ山菜を採り始めました。 夢中で採り続け、ふと気づけば2時間が過ぎようとしていて、私は妻と合流しようと辺りを探したんですが 見当たりませんでした。この辺の山は2人共良く把握してい…
夜中に枕元に立っていた恐怖の女ストーカー
2017/02/27 13:19
2017/02/27 13:19
なんか夜中に目が覚めたら人の気配がして、目を開けたら女が枕元に立ってんのよ。 怖すぎる。 それで、よく見たら俺足とか手とかベッドの柱に縛り付けられてて動けないの。 「何だお前人の家に勝手に入りやがって!!」って言ったらナイフ出されて「抵抗したらバッサリいくよ?」とか言ってんの。 俺は怖くなってあまり抵抗はしない事にしたんだが、金を取るわけでもないしこいつ何なんだ?とか思ってたら、その女、俺のチンポしゃぶり出したんだよ。 顔とかはまあ不細工じゃないが美人でもなく普通な感じ。 「おい!何やってんだコラ!」って言ったら首にナイフを当てられて、「もう一回言ってごらん」って物凄い冷静な無表情…
いなかでの葬式(続き)
2018/05/13 16:19
2018/05/13 16:19
 久しぶりに妹と会ってホテルでのセックスを書きたい。   昨日妹と別れた後にぼくは直ぐにメールをして会う約束をした。  妹夫婦が住む社宅から車で30分位の公園で待ち合わせをした。 朝8時に待ち合わせ、妹は夫に仕事の講習会と嘘をついて出てきたそうだ。  ぼくの車に乗り込みどこのホテルにしようかと聞いた。  「こないだ行ったとこにしようよ、安いし空いてるし」 半年くらい前に行ったホテルだ。  人妻が実の兄とホテルへ これも不倫だろう。 浮気の相手が兄は珍しいが。   「昨日は声が出そうでもうやばかったんだからー 前にうちの旦那はいるし。」 「いやぁ もう辛抱出来なくて、それに黒の礼服姿がまたも…
妻の肉体を蹂躙する男達
2017/11/19 15:31
2017/11/19 15:31
私は35歳、32歳になる妻と一人息子の3人で暮らしている平凡なサラリーマンです。妻は結婚以来ずっと専業主婦でしたが、今年に入ってから不況の関係で私の収入が減った為、子供を保育園に預けて独身時代同様派遣者社員として働き始めました。この不況のさなか、すぐに働き口が見つかったのは奇跡的でした。通勤に電車で1時間以上も掛かる会社ではありましたが、高望みはできません。ありがたく務めさせていただく事にしました。妻も、初めの内は久し振りの仕事に・・・というか外出する事自体に喜びを感じている様子で、毎日楽しそうに出勤をしていました。しかし。ある日を境に、以前の嬉々とした雰囲気は影をひそめ憂鬱そうな素振りを見せ…
キュウリを自分のおまんこに突っ込んだまま自転車に乗る私wwwwwwwwww
2017/07/11 10:02
2017/07/11 10:02
こんにちわww

この掲示板には初投稿です、17歳のかなですv

私は最近、キュウリを自分のオマンコに突っ込んだまま自転車に乗る!

とゆーオナニーがマイブームなんですが、

(やり方はオナニー専門の掲示板に書き込んでます。)

このあいだの早朝、

やっぱり突っ込んだまま自転車に乗って河へ散歩に行ったんです。

(その日は超ミニスカにTシャツを着てました)

その日はいつも通る道が工事中で、

砂利とかが転がってていつも以上に感じちゃって、

河へつくころにはすでにクタクタでした。

適当な草むらへ入ってキュウリを取り出し、

休憩☆当然ながらキュウリは愛液まみれ。

私はそのままそこで…
彼女浮気。相手は友達。
2017/06/15 22:28
2017/06/15 22:28
彼女が浮気してるという情報を親友から聞いた。 相手は俺の友達、というかサークルの先輩。 情報はかなり具体的で信頼性高い。 真相を本人から聞きたいが、どう言葉を作ればいいのかわからない。 彼女からは真相が聞き出せれば別れることになってもかまわない。 とりあえず詳細書き込む。 俺と彼女は大学のサークルで知り合った。 俺がひとつ年上。 付き合って1年と3ヶ月。 浮気情報は、俺の親友が直接相手の男から聞いたというもの。 相手の男も彼女持ち。その彼女もサークル構成員で年は俺と同じ。 俺と彼女と浮気相手とその彼女と4人で遊びに行ったことも何回かある。 俺は浮気相手の先輩は尊敬してるし(してたし)正直…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【近親相姦】俺は今、姉貴の奴隷です

・マンションで朝から夜まで

・もし未来穂香が学校でいじめにあったら?3

・【人妻体験談】正月にカワイイ系の義母に強引にキスして義母相姦レイプ

・40代の人妻を寝取る愉悦

・【浮気】彼氏の友人に下の口からお酒を飲まされて

・人妻とセフレ関係になったきっかけ

・上京したら中学生と友達になり… ?

・今は他人の妻なので・・・

・強姦された人妻の末路は

・【人妻体験談】ホームステイ先でオナニーしてたらおばさんに見られSEXしてしまった

・【熟女体験談】ノンアダルトの出会い系で知り合った無反応な全身網タイツなロボットおばさんとのSEX

・ロリ系 人妻ヘルスで中出ししてやった

・人ゴミを避けた静かなビーチが間違いでした

・ピンサロ店で中出し出来るなんて最高

・僕のセックス体験

・【乱交】現役JK2人組のダブルフェラは最高だった

・ある病院に勤めています

・【人妻体験談】夫婦喧嘩で家を飛び出した人妻が居酒屋で知り合った男性とランデブー

・強制中出しで援交娘を退治

・22歳童貞だが今日初ソープ行ってきたwwwwwwww

・【露出】頼んでもないのに露出してくれる女子大生のモデルさん

・先生も恐れる不良に処女を奪われた私

・女の子にたくさんいじめて貰った話を書いていく

・【熟女体験談】デブ美人な母が全裸でバイブオナニーをしていたのを見て近親相姦レイプ

・これが人間のすることか ネパール人暴行殺害事件

・同じアパートに住む知り合いの離婚人妻

・俺か出会い系で童貞卒業したときの話

・【人妻体験談】大きなたらいの中で巨乳な未亡人にパイズリされて対面座位挿入中出しSEX

・CFNM小学1年生の頃スカートめくりが流行っていました