寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

温泉でマセタ子供に痴漢された2

2018/10/15 20:04


偶然ってあるんでしょうか?
以前、友人に日帰り温泉のチケットを貰って家族で遊びに行った際、マセタ小学生に出会い
温泉で痴漢された事がありました。
小学生に痴漢された何て言える筈も無かったし、二度と会う事もないと思い心の中に閉まっていました。
神の悪戯なのか?先日、同じ温泉で偶然にも、あの小学生に再会してしまったんです。 「なぁ、久々に温泉でゆっくり寛いで来ないか?」
 「温泉?」
 「前に行った温泉…覚えてるか?」
 「ん~チケット貰って行った所でしょ」
 「あそこ中々良かったし、半日位ゆっくりして来ようよ」
夫の誘いもあり、家族で久々に温泉へ出掛ける事になったんです。
夕食を兼ねて温泉に出掛ける事にしたので、現地に着いたのは午後3時頃でした。
 「土曜だと言うのに今日は車も少ないなぁ」
 「前に友人から聞いたんだけど、近くに新しい温泉施設が出来たらしいから、その影響かなぁ」
 「そうなんだ!まぁゆっくり出来そうだし、場所も空いて居そうだな」
 「そうね」
夫と息子と別れ、私は女湯へ向かうと脱衣場で服を脱ぎ、温泉へ向かいました。
中に入ると大浴場に数人と身体を洗う人達を含めても10人程でしょうか?
大きな風呂に入りながら普段の疲れを癒していると、外の露天風呂から戻って来る人影。
一瞬でしたが、明らかに股間辺りにぶら下がる異物!男だと思いました。
”女風呂に男の子?変な事思い出させるわ”そう思った瞬間!目の前に先程の男の子が仁王立ちで
立って私をチラチラ見て来たんです。
顔を上に向けると”ゾッと”しました。
見覚えのある体格の良い男の子は、以前私に痴漢して来たマセタ小学生だったんです。
男の子はニヤニヤしながら辺りを気にする事も無く、一気に飛び込んで来て水しぶきが私に掛ったんです。
 「ちょっと…」
 「おっぱいデカイお姉ちゃんだ」
男の子は図々しくも私の隣に来て、体に触れて来ました。
辺りを見ると他の客は露天風呂に行った方が多く、サウナや一部奥の小さなジャグジーに数人居るだけで
大きな風呂には私と彼だけでした。
その事を良い事に小学生は私のお尻に手を当てて来たり、胸に触れて来て”また濡れてるんでしょ”と
厭らしい言葉を発してきたんです。
 「そんな訳無いでしょ…お母さんは何処?叱って貰うわ」
 「ここには居ないよ!もう先に出たし」
 「あなた男の子でしょ!ここは女湯よ!恥ずかしくないの」
 「別に!裸見放題だから最高だし!」
 「信じられないわ!」
そんな事言っている最中も男の子は私の陰部へ手を伸ばして来て、何度もマンコに触れて来ていたんです。
 「もう止めて…本当に怒るわよ」
 「ここで大声出せばお姉ちゃんが僕を虐めているって思われると思うよ。僕泣けるし」
 「あなたね!」
 「お姉ちゃん、ヌルヌルしたの出てるよ。感じてるんでしょ」
 「違うわ…」
恥ずかしい話、私は彼に何度も触られている内に、エッチな気分になって汁を溢れさせていました。
彼から逃げる様に露天風呂へ向かったんですが、虚しくも露天風呂に使っていた数人が私と入れ替わる
様に中へ戻って行ってしまい、結局露天風呂には彼と2人きりになってしまったんです。
 「何で付いて来るのよ」
 「お姉ちゃんのおっぱい見たいし、僕に触られて気持ちいいんでしょ」
 「気持ち良くないし…あっちへ行って」
 「嘘だ!ほらこんなにヌルヌルしている!」
 「ちょっと触らないで…本当に怒るわよ」
 「そう言っているけど、怒らないでしょ…ほら」
彼に全て見過ごされている感じがして、怒る事も出来ませんでした。
こんな所で小学生相手に本気で怒れば、辺りからは私が悪いとしか見えないでしょうし、小学生が
私の陰部を弄って来るなんて言ったって誰も信じないでしょう。
 「もういいわ、好きにしたらいいわ」
 「ん~じゃ好きにするからね!お姉ちゃんが良いって言ったんだからね」
小学生は図々しくも私の胸を鷲掴みして”おっきいし柔らかい…”とブツブツ言いながら満足げな表情を
浮かべていました。
やがて私は寝ながら休める湯船へ移動すると、小学生も付いて来て私の横に寝ていました。
この風呂は露天風呂からも中の浴場からも死角となっておりある意味無法地帯だったんです。
うつ伏せで寝ていた私のお尻に手が伸びて来て、やがて太腿の間へ挿し込まれて行きました。
”ハッ”とした瞬間には、男の子は指を私のマンコへ入れて来て、クネクネと動かされました。
 「ちょっと何するの?そんな事しちゃダメでしょ」
 「良いって言ったじゃん…こんなにヌルヌルさせてエッチだなぁ」
 「もう止めて…お願いそれ以上動かさないで…」
 「気持ちいいんでしょ!ほらクチュクチュと音がする」
 「あぁ~本当にダメ!そんなに弄らないで…」
こんな場所で小学生に弄られて逝く姿を見せる訳にはいかない…そう思っていたんですが、小学生は
弄る事を止めてくれなかったので、我慢の限界でした。
 「ん~あぁ~逝っちゃう…」
 「お姉ちゃん気持ち良すぎてガクガクしてる」
 「見ないで…お願いだから見ちゃ嫌…」
まさかこんな場所で、小学生に逝かされるなんて思いもしませんでした。
まだ体がヒクつく中、小学生は指を動かして止めようとはしません。それ処か男の子は私の足を大きく開かせ
指の本数を増やし、更にはヌル着いたお尻の穴へも指を差し込んで来たんです。
 「そっちは駄目…お尻は汚いから…」
 「指が食いちぎられそうだよ!お尻の穴も気持ちいいんでしょ」
 「そんな事誰に聞いたの?」
 「だって近所のお兄ちゃんが言ってた…お兄ちゃんにお姉ちゃんの事言ったら良いなぁって言ってた」
 「言っちゃダメ!これは2人だけの秘密にしよう!ね…お願い」
 「ん~何で…良いじゃん」
 「ダメよ!」
 「じゃ、お尻も弄って良いんだよね」
 「分かったわ、好きにしていいから絶対に内緒にしてね」
 「うん!」
もう何の抵抗も出来ませんでした。何度も何度もお尻とマンコへ指が出し入れされ、小学生の目の前で
私は何度も逝く姿を曝しただけでなく、潮まで吹いてしまったんです。
 「お姉ちゃん…こんな所でオシッコしちゃダメでしょ!」
 「違うの!これは…違うのよ」
 「言っちゃおうかなぁ!オシッコ漏らしたって」
 「お願いだから言わないで…好きなだけ弄らせたんだから…約束でしょ」
 「じゃ、今度はサウナへ行くよ」
もう彼に逆らう事は出来ません。
言われる通り、一緒にサウナへ向かうと誰も入っていない状態で、そこでも彼にマンコとアナルを弄られ
胸を絞られ続けたんです。
息を荒らしグッタリする私を横目に”母ちゃん心配するとイケないから…またね”と言って男の子は
満足な表情を浮かべながらサウナを出て行ったんです。
私もガクガクする膝を何とか動かし、脱衣場まで来ると長椅子に座り火照った体を冷ましていました。
 「ママ?」
息子が心配して脱衣場へ迎えに来てくれたので、急いで着替えを済ませ夫の待つ大広間へと向かいました。
 「随分長いから、倒れているのかと思ったよ」
 「ごめんなさい!久しぶりだったから、色々な湯にゆっくり浸かってたの」
 「そうか!まぁいいけど…お腹空いたみたいだから、ちょっと早いけど夕食食べようよ」
 「そうね!ごめんなさいね」
ふと大広間の奥を見ると母親らしき人と一緒に、さっきの小学生がこっちをチラチラ見ていて、隣に居る
同い年位の男の事と何かを話している様でした。
少し前まで、あの子に散々弄られ何度も逝かされ続けたなんて…しかも逝く姿や潮まで噴き上げる姿を
見られていたんだわ。あの子、その事を…そう思うと顔から火が出そうでしたし不安を感じました。
息子を連れ食事を選ぶと、家族3人でちょっと早めの夕食です。
美味しそうに食べる息子を見て、ホットする一方で遠くから感じる視線に恐怖を感じていたのも確かです。
夕食を食べ終えると、夫と息子は別館のゲームコーナへ向かって行き、私は1人寛ぎルームのマッサ―ジ機に
座って寛いでいました。
 「お姉さん…」
 「誰?」
 「お姉さんエッチなんでしょ!」
 「何言ってるの?あなた誰?」
 「友達がお姉さんがおっぱい揉ませてくれるって言ってたけど、本当?」
 「そんな訳無いでしょ」
 「何だ!お前なぁ嘘じゃないか?」
 「嘘じゃ無いよ」
そう言うといきなり胸を鷲掴みして来たんです。
 「ほら!嘘じゃないだろう」
 「良いのかよ。そんな事して」
 「ちょっと…」
 「言っちゃおうかなぁ!お姉ちゃんが俺に…」
 「約束でしょ…」
 「好きにしていいって言ってたよね…それも約束でしょ」
 「それは…」
 「もう一回風呂に行こうよ!そしたら全部忘れて上げる」
 「もう一回って……分かったわ」
私は携帯で夫に連絡をしてもう一度風呂に行く事を連絡しました。
脱衣場へ向かうと、夕食時だった事もあり人気が無く、小学生が2人ニヤニヤしながら待っていました。
居服を脱ぐのを急かされ、全裸になると手を引かれ外の寝る湯船へと連れて行かれたんです。
 「良いぞ!好きなだけ触って…」
 「良いのかよ本当に」
 「うん!お姉ちゃん触られるの好きだからね」
男の子達は私の胸を揉み始め、乳首を転がす様に弄り始めました。
 「誰か来たら大変だから、少しだけね」
 「少しじゃ満足出来ないでしょ!ほらこっちはもうヌルヌルじゃないか!」
 「そこはもう終わりにして…お願いおっぱいは好きにしていいから」
 「ん~お姉ちゃんここ弄って欲しい癖に、我慢して」
 「違うわ…お願いそこは弄らないで…」
 「もうこんなにヌルヌルさせているのに、ほら」
 「ダメ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
勿体無いほど美形の人妻 破局
2016/07/03 00:05
2016/07/03 00:05
私はS子から携帯と車を取り上げることにしました。男から掛かってきた電話に出て“今度かけてきたら殺すぞ!”と男を脅かしました。 S子と私の間に白々しい雰囲気が生まれました。 私は早く忘れて仲良く遊ぼう!と言いましたが、S子の返事は上の空です。 S子を抱いても反応が鈍く、まるで人形を抱いているようなSEX・・・楽しいはずもありません。 何とかS子の笑顔を取り戻したい・・・心からそう思いました。 私はS子を心から愛していたのです。 こう書けば変に思われる方も多いことでしょうね・・・。 じゃあ何故ほかの男とSEXさせたりするのか?ですよね? 初めて会ったとき、大げさな言葉ですが天使が舞い降りてきた!と…
排卵日を調べマンションの人妻にレイプし強制種付けしてやった【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/08 15:14
2017/12/08 15:14
深夜、合い鍵で堂々と侵入(不用心にもポストの裏側に磁石で留めてあるのを知っていたので、コピーするのは簡単だった) 奥さんの入浴中を狙ったタイミングだ、直ぐには出てこない。 まるで俺のために肉体を清めているように思えて勃起した。 俺は奥さんの寝室に侵入すると、衣類を脱ぎ全裸になり、ベットに奥さんを辱める為の道具を準備した。 そして、寝室の扉の死角に隠れてその瞬間を待つ。 やがて風呂から上がった音がして、バスタオルを巻いた奥さんが寝室に入ってきた。 俺は後ろから近付き羽交い締めにした。 驚いて声にならない悲鳴をあげて気を失ってしまった、当り前か(笑)まっ、取りあえず心臓は動いている(笑) 予…
★高速のPAでドアを突然ノックされた・・2/2
2017/02/28 14:48
2017/02/28 14:48
 口に含んで転がすと俺のを口から放して「いく!だめいく!」そろそろ頃合だろうと向き直って正常位の位置に移動。だけれどここで真矢が言う「本番だめですよしゅうさん♪」あら?これ交渉しとくべきだったなぁと後悔。ダメならダメでまぁスマタでも良いや〜と諦めかけていた。

「判りました」と残念顔を隠しつつ…「じゃスマタでいいのでこすらせて!」とお願い。亀頭裏側を左右にくにくにとクリに擦り付ける。「あぁだめ!きもちい!しゅうさんそれ凄い!」「凄いね真矢、クリ固く尖ってるよ」
 そのまましばらくやってると腰がくねくねと動き、ちんちんをわざと入れられる体位に持ち込もうとする。相手の腰が浮くので入口あたりを左…
30歳になりムチムチなって色っぽくなった妻と混浴露天風呂で羞恥プレイ
2015/08/31 12:02
2015/08/31 12:02
私は32歳になる妻(美奈)と5歳の子供(衣月)の父親です。

最近私達は、旅行に出かけ温泉宿に宿泊したんです。

夕方旅館に到着し、部屋で旅館案内の広告を見ていると、

混浴露天という文字を見つけました。

「お~この旅館に混浴があるんだなぁ、行って見ようか?」

「珍しいわね、でも恥ずかしくない?」

「折角だし、タオルで隠して入るんだから・・・大丈夫でしょ」

「ん~、いっちゃん大丈夫かな?最近うるさいし」

「僕もお風呂行きた~い・・・僕大人しくするよ」

「本当?うるさくすると怒られるんだよ」

「大丈夫だもん」

「じゃ、夕食前に入りに行こうか」

「そうね!ちょっと汗かいたし・・…
美巨乳な彼女の詳細な浮気報告をブログで読んだ
2017/12/14 10:11
2017/12/14 10:11
中に出され旅行をしてた18歳の夏
2018/09/04 13:00
2018/09/04 13:00
18才の時の夏から。2~3年前の事です。
「中に出され旅行」をしていました。
地方都市に住む私は、周囲の県の大きな町へ泊まりで行っていました。
1年半位の間していました。
 
大学に入ってすぐに付き合った彼とする事で、中出しの良さを知りましたが、夏に別れて無性に中出しされたくなって、こんな事をしていました。
脈打ちながら精液が中に出されるといっちゃうんです。
あの感覚が大好きで思い立ちました。
彼と付き合っている時から基礎体温を測っていたので、安全日に入った週末にその旅行に出かけます。
金土日での2泊3日が多かったです。



毎月安全日が来ると、隣の町に出掛けます。
テレクラに電…
【熟女体験談】母の友人がやっている整体師にジェルマッサージをしてもらった思わず勃起してしまい・・・
2017/08/24 00:02
2017/08/24 00:02
2017/08/24 (Thu) 肩凝りが酷く、苦しんでいたら
母親が、マッサージ師を紹介してくれた

そこは、母の友人がやっている整体

俺は、その整体に行くと、
母の友達である五十路ぐらいのおばさんが出てきて
施術してもらう事になった

肩と背中と顔をしてもらって、
ついでに足もしてもらう事になり、
ベットの上で全裸になり、チンポの上に
小さく畳んだ蒸しタオルを載せてくれた。

ジェルを塗った後、
なぜるように押し当てる機械が
タオルの下の玉や竿の付け根に滑り込み、
反応してきてしまった。

生き物がいるように蠢く蒸しタオル。

その周りをぬるぬるとした液を塗る、
五十路おばさんの手と…
うちの32歳になる妻が鬼畜男に寝取られた
2017/09/14 12:02
2017/09/14 12:02
私は35歳、32歳になる妻と

一人息子の3人で暮らしている

平凡なサラリーマンです。

妻は結婚以来ずっと専業主婦でしたが、

今年に入ってから不況の関係で私の収入が減った為、

子供を保育園に預けて独身時代同様派遣者社員として働き始めました。

この不況のさなか、

すぐに働き口が見つかったのは奇跡的でした。

通勤に電車で1時間以上も掛かる会社ではありましたが、

高望みはできません。

ありがたく務めさせていただく事にしました。

妻も、初めの内は久し振りの仕事に・・・

というか外出する事自体に喜びを感じている様子で、

毎日楽しそうに出勤をしていました。

【エッチ体験談】部屋の鍵がキッカケで仲良くなった隣の部屋の女性
2016/08/11 03:05
2016/08/11 03:05
私は44才で妻40才、子どもが10才と8才の女の子が2人います。現在、東海地区に単身赴任しています。
単身赴任で借りた社宅は2DKのマンションの二階、202でした。
ここに暮らし始めてもうすぐ2年目になります。

事の始まりは昨年の6月に遡ります。
その日は残業で、社宅に着いたのは夜の9時くらいでした。
私の部屋の隣り201に女性が一人、持っているカバンの中で何かを探しているみたいでした。
はて、誰だろう?そう思いつつ、声を掛けてみました。
「こんばんは、どうかされました?」と。

顔を上げた女性を見て、ドキッとしました。
芸能人の瀧本○○に似た女性でした。

「こんばん…
旦那が仕事だから昼間から呼び出して・・・
2017/12/16 20:01
2017/12/16 20:01
俺は型枠大工をしてる30才の男で、結婚はしてない。

この前の年始の休みに、何人かいるセフレにアポってヤリまくろうと思ってたら、どいつもこいつも旅行に行ってやがっって、しょうがねーからスロットでも行った。
そんで2万円負けて最悪な感じで車で帰ってた。
そしたら前から白のスッテ○ワゴンが来たんだけど、俺とすれ違う瞬間に、いきなり俺の車に寄って来て、俺のグ○リアのフロントにぶつけやがった。
年末にアルミ入れて洗車もしてたからマジでキレて、「てっめ、くらぁああああ」と怒鳴りながら車を出て行ってやった。
そしたら意外にイケてる人妻が出て来てマジでビビった。
今までギャル系としかヤって無かった俺…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】義母と一緒にお風呂に入り、湯船の中でお互いに言い訳しながら生挿入SEX

・義父と嫁のセックス 05

・【寝取られ】バイト先のイケメン大学生に孕まされた嫁

・高身長を気にしてた同級生の女子大生と一緒の布団で寝た

・綺麗な妻には過去がある

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・日曜日のタダマン中出し

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【熟女体験談】毎朝立ち寄るコンビニの小奇麗なおばさんと中出ししてハメた

・【Hな体験】好きだった人妻先生に無理やりキスしたら・・・。

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・大嫌いだった従姉妹の話する

・彼が私の中で果てたとき・・・

・オーナーの指導を色々受けているバツ1女です

・※妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活

・【人妻体験談】人妻とスローセックスを楽しみながら中出しして何度もイキまくる

・【熟女体験談】熟女が大好きで、かなりの人数とヤりまくるドMのド変態男

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[前編]

・持病

・【初体験】伝言ダイヤルで知り合った年上女性と童貞卒業

・姉弟の話

・高校ボクシングの試合の計量

・【熟女体験談】根気強く店に通ってスナックの熟女を口説き、ホテルに持ち込んで中出しSEX

・悲鳴とともにのけぞり、又しても失神・・・・・・

・他人の妻を逝かせた

・クビになるよりマシだもんねと色気で

・ラブホテル

・彼氏より俺のがいいだろ・・・

・パート先の仕事でレジ打ちをしている主婦です

・息子の部活をバックアップするつもりが、コーチと肉体関係を……