寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

中学生に寝取られた_3

2018/10/15 20:01


「よ、よーし。最後はおれだな」
 邦夫はしならせた男根で太腿を叩きながら浴槽を出た。朱美と向き合い、睨みを利かせる。だが、たじろいだのは邦夫の方だ。
 朱美の潤んだ瞳は妖しく輝き、一心にこちらを見詰めている。それは他でもない。挑発する女の顔だった。
「ど、どうした? のぼせたのか?」
「ええ、なんだか雲の上にいるみたい……。ふふ、さっきからふらふらしているのよ」
 朱美の目尻が下がっている。ここにきて初めての笑顔だった。羞恥や恐怖が消え去ったわけではない。それを覆うほどの高揚感に支配されているのだ。いまや、あの夏の日を喚起させる精液臭が朱美を突き動かしている。
「そ、そうか。それじゃあ、ぶっ倒れないうちに頼むぜ」
「ええ、そうね……」
 そう笑った矢先、ボディソープを掴もうとして足を滑らせた。
「あっ!」
「わっ!」
 巻き添えを食った邦夫が最初に転び、そこへ朱美が倒れ込んだ。朱美の巨尻が邦夫の腹を押しつぶす。
「ぐっ!」
「え? やだ!」
「い、いててっ! は、はやくどけろ!」
「ご、ごめんなさい!」
 濡れた体は油を塗ったように滑り、朱美は手足をばたつかせるだけで起き上がれない。下敷きになった邦夫は痛いことは痛いのだが、柔らかい尻に敷かれてまんざらでもないようだ。
「あっ!」
「おっ?」
 朱美が両脚を踏ん張った拍子に、邦夫の男根が臀裂にぴたりと納まった。
「お、これいいな! た、たまんねえぞ!」
「や、やだ!」
 もはや擬似セックスの範疇を超えていた。ほんの少し位置と角度を変えるだけで繋がってしまうのだ。焦れば焦るほど足はもつれ、手がすべり、邦夫の男根を臀裂でこねくってしまう。
「おっ! おおっ! い、いいぞっ!」
 射精の予兆を感じ取り、朱美が慌てふためいた。
「ま、待って! ちょっと待って! ねえ、待ってったら!」
「で、でるぞーっ!」
「やだ! ちょっと!」
 間一髪、朱美は尻を持ち上げた。解き放たれた男根はぶるんとしなり、逃げる尻を打ち落とさんばかりに精液を発射する。鞭となった白濁は朱美の尻を真横から両断した。
「ひっ! いいいっ!」
 熱さは痛みでもあった。精液は尻を打ちすえただけでなく、臀裂の狭間にまで侵入してきたのだ。股間を汚されたショックに朱美はおののき、その場にうずくまってしまった。
「く、邦夫くん、やっちゃったの? ちんぽ、入っちゃったの?」
「ば、ばーか。入るわけねえだろ。ちょっと擦っただけだ」
 つまりは擦っただけで射精してしまったのだ。照れ隠しのつもりか、邦夫はうずくまったままの朱美に優しい言葉をかけた。
「よ、よお、大丈夫か? どこか痛くしたんじゃないのか?」
「あ、ごめんなさい。なんでもないの……。邦夫くんの方こそ怪我はない?」
「お、おれは平気だって。おまえ、ほんとに大丈夫か?」
「ええ、ちょっとびっくりしただけだから……」
 立ち上がりながら、朱美は自分の体に目を落とした。腹部を伝い陰毛を濡らす精液を手始めに、顎や乳房、果ては太腿までまんべんなく少年たちの欲望が塗り込められている。もちろん、臀裂の奥も例外ではない。
「ふーん、びっくりねえ……。よーし、じゃあ仕上げは顔面か?」
「あ、でも、続きを……」
「聞いてなかったのか? 顔面に出してやるって言ったんだ」
 邦夫は手早くシャワーを済ませると、仁王立ちになった。
「そこに座れ。正座だ。ザーメンシャワーはいやか?」
「い、いえ……」
 朱美は素直に正座した。三人分の精液がまぶされたこの体には、守るべき尊厳はもうどこにもないのだ。
「よーし、それでこそ美雪ちゃんが喜ぶってもんだ」
 邦夫が悪友たちに目配せする。阿吽の呼吸で雄太が立ち上がった。いまだ勢いを失わない男根を握っている。
「えへへ。朱美さん、今度はぼくがかけてあげるね」
 康二も慌てて後に続く。
「お、おれだってまだ出るぞ!」
「よーし、みんなでぶっかけようぜ」
 三人は扇形に朱美を取り囲んだ。腫れ上がった男根をものともせず、猛烈にしごき始める。狙うは打ちひしがれた人妻の美顔だ。
「朱美! 顔を上げろ!」
 男根をしごきながら、邦夫が怒鳴る。
「目はつぶっていいけど口は開けてね!」
 一番の巨根をゆったりとしごき、雄太が笑った。
「で、で、でるっ! く、く、くちっ!」
 康二ははやくも感極まって、ろれつが回らない。次の瞬間、一向に薄まらない精液が朱美のショートヘアにぶちまけられた。
「あーっ、くそっ! なんで顔を上げねえんだ! 次はちゃんと飲めよ!」
「つ、次はおれだ! 朱美、口で受けろ!」
 邦夫が少しずつ前進している。仁王立ちのままでも、腰の振動で前に出てしまうのだ。
「お、おいっ! 口開けろっ! 口だっ!」
 邦夫の絶叫は届かず、はぜた精液は朱美の頭頂部をかすめてしまった。邦夫は暴れる男根を力づくでねじ伏せ、断末魔の滴を朱美の頭にぼたぼたと垂らし始めた。
「こ、この野郎! 奴隷のくせに歯向かいやがって!」
 邦夫は朱美を足蹴にして倒すと、その顔を跨いだ。
「おら! おら! これでも食らえっ!」
 男根を根元から絞り込み、最後の一滴まで朱美の顔面に落としてゆく。
「ぼ、ぼくもっ!」
 そこへ雄太も加わった。勃起した男根が下を向かないため、少し距離を置いて朱美の顔面を狙っている。まさに肉の大砲だ。
「顔だ! 雄太! 顔を狙え!」
 邦夫はそう叫んで、朱美の喉元を踏みつけた。これでもう、顔を伏せることができない。
「やっ! いやあっ!」
「で、で、でるよっ!」
「いけえっ!」
 肉筒を構えた雄太が身を反らした。直後、白濁液が放物線を描き、朱美の左目を横切るや、見事唇に着弾した。
「ひっ!」
「朱美さん! 飲んで! ぼくの!」
「むっ! むむむっ!」
「飲んで! 飲んでったら! 飲んでよ!」
 混じり合った三種の精液が朱美の顔面を覆っている。深く息をすれば鼻を詰まらせかねない量だ。
(……お、終わったの?)
 目を塞がれた朱美は懸命に周囲の気配を探った。直後、邦夫の罵声が飛んできた。
「おまえ! もう帰れ!」
「え? あ、あの……?」
 精液溜まりの中で朱美はもがいた。取り急ぎその場に正座し、精液まみれの顔を声の方へ向けると、薄目越しに洗面所で体を拭いている少年たちの姿が見えた。
「ザーメンも飲めねえやつ用なしだ! さっさと帰れよ! おまんこ奴隷失格だ!」
 演技を差し引いてもかなりの激昂ぶりだ。精一杯奉仕したつもりが本気で怒らせてしまったと慌て、朱美は精液溜まりの中で土下座した。
「ご、ごめんなさい。つ、次はちゃんとやりますから……」
「次ってなんだ?」
「あ、あの、次の命令にはちゃんと従います。ですから、どうか……」
「けっ! どうせまた尻込みしちまうんだろ? 結局はお上品な奥様だからな」
「い、いえ。もう逆らいません。絶対に逆らいません」
「本当だな?」
「はい」
「もう次はないぞ?」
「はい。わかっています」
「よし。じゃあ五分だ。五分以内に体を洗って、二階に上がってこい」
「はい」
「部屋には裸でくるんだぞ。素っ裸だ。いいな?」
「は、はい」
「おっぱいやおまんこを手で隠したら承知しないぞ。できるか?」
「はい」
「本当か? 大丈夫か?」
「だ、大丈夫です」
「まあ、帰りたきゃ、帰ってもいいんだけどな」
「い、いえ。大丈夫です」
「おれたちのちんぽ、まだまだ硬いぜ。全然満足してねえんだ。満足させてくれるんだろうな?」
「……はい」
「すけべなことを手取り足取り教えてくれるんだよな?」
「は、はい」
「そうか、そりゃ楽しみだ。よし、上で待ってるから、おまんこをきれいにしてこいよ」
「……は、はい」
 言葉の鞭で朱美を打ちのめした邦夫は、仲間を引き連れて洗面所を出て行った。
(……ああ、みじめだわ)
 一人残された朱美はシャワーを全開にして、まずは顔面の汚濁から取り除いた。若さを持て余している少年たちが二度三度と精を放ったのだ。夫が一度に出す量に比べたら優に十倍を超している。
 視野が開けると、否応なしに鏡に映った自分を見なければならない。セックス奴隷に堕ちた現実はもはや夢でも幻でもなかった。
(わたし、これからどうなるの……)
 途方に暮れる朱美だったが、残された時間は少なかった。とにかく体中にこびりついた精液を落とすのが先決だ。と、朱美はあることに気づき、恐るおそる淫裂を指で探った。
(ああ、やっぱり……。でも、こんなに濡れるなんて……)
 火照った肉襞は煮崩れたように柔らかく、朱美の指先に絡みついてくる。しかも、お湯のような愛液がこんこんと湧いていた。
 おまんこをきれいにしてこいよ??。邦夫の言葉が脳裏を過った。
(ああ、もう!)
 頭髪に一分、全身に一分、そして性器には二分の時間を割り振って、朱美は洗浄に取り掛かった。中学生に犯されるために、膣の奥の方まで指を入れて中を掻き出し、ぬめりと臭いを取る。
 さらには陰毛の手入れは十分だったか? 毛深いと笑われるのではないか? そんなことを考えながら、肛門周辺にも指を伸ばした。そして不思議な気持ちになるのだ。夫に抱かれる夜、自分はこんなにも身だしなみに気を遣っていただろうか、と──。
(パパ、許して……。パパは一度も浮気しなかったのにね……)
 溢れる涙をシャワーで流し、朱美は浴室を出た。意外にも服とバッグがそのまま置かれている。その気になればここから逃げることができるのだ。少年たちに性の奉仕をしないで済む……。
(あっ!)
 衣類をかき集める朱美の手が止まった。逃げ出そうかと迷う朱美をからかうように、下着だけが持ち去られていたのだ。
(残酷ね、…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
彼女と友達のセックスを目撃、バイトを秘密にしたことを 激しく後悔した
2017/04/25 23:00
2017/04/25 23:00
 

  俺が大学生だったころ、ゆきという娘と付き合っていた。サークルで知り合って大学生にありがちなコンパで酔った勢いで付き合ったパターンだった。ものすごい好きだというわけではなく、でもなんとなく愛着のある彼女で他のサークルのメンバーと話しているとやきもちを焼いてしまうこともあった。見た目はちょっと永作○美を色っぽくしたような感じで、笑うと細くなる目と、白くてきれいな足が好きだった。俺はちょっと変態で彼女が寝てしまったあと服をまさぐってかってに愛撫し始めるのが大好きだった。「やめて~」という甘い声に萌え、黙々と身体を触りまくっていると眠そうな彼女の息がだんだん荒…
サークルの先輩に中だししてきたwwwwwwwwwwwwwwwwww
2018/06/30 11:41
2018/06/30 11:41
【レイプ体験談】元子は婚約者に会社の金横領してた俺に脅迫されてレイプされたって言ってるんだってさ
2016/09/28 09:52
2016/09/28 09:52
17名前:1/9[sage]投稿日:2010/05/22(土)15:53:13ID:YX6iF5zq0T山…俺、27歳元子…彼女、25歳俺と元子は同じ会社で、付き合って約半年位。ちょっと俺が忙しい時期だったんで、中々会えなかったけど会社では普通に会えるし、別におおっぴらにしてた訳でもないが社内では普通にカップルとして認識されてた。社内恋愛に関しては全くゆるい会社の上に、部署も違うし特に気を使われる事もなく、まあ自分としては満足してた。そんなある日、元子の部署の課長から連絡があり、元子が出社してないと聞かされた。携帯と家の電話に連絡しても出ないし、メールも返事がないと。元子は実家住まいなので寝…
上司が飲み会で女の子に迫られたと聞いて、嫉妬の炎が燃え上がりました
2016/09/12 12:20
2016/09/12 12:20
私は27歳の人妻で、広告代理店に勤めています。
夫は30歳、支店は違いますが同じ会社に勤務しています。
顔は自分で言うのもなんですが、人からよく小林麻耶に似て可愛いと言われます。

そんな自分がまさか不倫をしてしまうとは思いませんでした。
関係を持ってしまったのは私の上司なのです。
38歳の直属の上司で、出会ったのは一年半前。




前々から、かっこいいな~と思っていました。
でも、そういう気持ちは置いといて、ずっと仕事のみの関係でした。
しかし私とその上司は、二人一組のチームで仕事をしていたため、月イチぐらいで二人で飲み会を開いていました。
仕事の愚痴やお互いの家族のことなど…
彼しかイカない
2015/12/02 17:05
2015/12/02 17:05
下関市に住む46歳の主婦です。結婚して25年になる主婦ですが、はっきり言って旦那としてイッたことがありません。「私はイッた事がないから」と旦那には言っていますがウソです。12年ほど前に浮気をした時には彼の大きいアソコに突かれて何度もイってしまいました。出会い系で知り合ったのですが、秘密のメールが旦那にバレて、浮気が発覚し、泣く泣く別れました。当時は子供も小さくて、離婚はしたくなかったので、旦那に謝って、今では普通の夫婦生活に戻っていますが、どうしても彼のアソコが忘れられません。旦那は小さくて早いのですが、彼は大きくて持続力がありました。「浮気してもイカなかった」という言葉を旦那は信じていますが…
【痴漢・レイプ】ナイフを顔にあてられたんです【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/19 13:33
2017/06/19 13:33
毎日、毎日、子育てに追われて、主人とのエッチにもなかなか応じてやれなくて、だいぶ疲れきっていました。その日もいつものように公園デビューしてから、毎日のように出かけては、近所の奥さん達と話をすることが私の唯一の楽しみだったのですが、3時くらいで保育園に預けている奥さん達は、帰っていくのですが、その日も3時過ぎにみんなと別れたのですが、奥さん達全員が解散すると、公園もだれ1人いなくなり、また木々がたくさん茂っているので、道路からの見通しは悪く、市役所にみんなでもう少しどうにかならないかと言ってはいるのですが、この茂みはどうしようもありません。だからこの付近では夜になるとと痴漢が出てくるのです。私…
巨乳姉妹の妹に強引にパイズリさせた
2017/05/11 18:16
2017/05/11 18:16
前回の話 135 :106:2009/10/09(金) 20:53:46 中3~高1の話で内容も微妙なんですけど、その後の事をだらだらと書きます。 高1の夏休みの出来事なのでそれまで前振りが長くなると思います。 振られたことで俺はきまずく感じ、自分から麻衣に話かけることはなくなった。 それを気にしたのか、まだ委員会はあるからこの距離感が嫌だったのかはわからないが、 麻衣は俺によく話しかけてくれた。 そのおかげで夏休み前には普通に話せる感じに戻れ、あの体育館での一件を 話題にすることはなかった。 冬になり受験をむかえた。学校の成績は麻衣が上位10%で俺は15%ぐらいと お互い学…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】家に来た同級生と無理やりやった話【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/07 07:23
2017/03/07 07:23
2012/04/06 02:55┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者スペック俺19フリーター女の子高校の同級生浪人生可愛い当時、俺はフリーターでコンビニの深夜バイトしていた。まあ、他にも掛け持ちしてたけどそこで母の日ギフトっていうのがあって、コンビニのギフトの注文をとらなきゃならなかった。一人5件がノルマだったかな。まずは店に来た客に勧めるんだけど、深夜だとなかなか注文がとれなかった。そこで自分の友達やらにお願いをして頼んだりしていた。それで注文を頼んでくれた一人が高校時代のクラスメートの女の子だった。名前を麻衣とする。麻衣は高校時代にクラスメートと付き合ってて彼氏とも俺は仲良し…
【近親相姦】「タイムマシンとか、実際無理だろ」【体験談】
2016/09/01 06:39
2016/09/01 06:39
「ドラえもんとか、実際無理だろ」の続編のび太「え?」出木杉「いや、そう思わないかい?」のび太「まあ、2008年完成なら疑ってたかもしれない。けど、タイム・パトロールの話だと、未来が変わったせいでタイムマシンの発明はもっと遅れるらしいし……」 大学生協の食堂のテーブルに、野比のび太と出木杉英才が向かい合わせに座っている。  のび太が最近ようやくラーメンばかりの食生活を脱却したので、今日は二人ともカレーライスを食べていた。出木杉「遅れるっていうのはどれくらいなんだろう?」のび太「そこまではわからないよ……」出木杉「うん、まぁそうだろうけどさ。でも2008年に完成するはずが、2年前のあの未来テロリス…
【近親相姦】ビール缶のような極太サイズに目が眩んで
2019/01/07 22:00
2019/01/07 22:00
息子が社会人になり、新しい生活が始まりました。私もやっと静かな生活を送れるようになり、パートを続けていました。夜中に帰って来たり、酔って帰って来たり、息子も一人前の大人になったのかなと感じながら、日々食事の準備をしながら、早く結婚して欲しいと願う日が続きました。 その日、珍しく仕事から早く帰って来たものの、自分の部屋に閉じこもっている息子を、晩ご飯の支度ができたので呼びに行きました。ドアを開けると、下半身裸でベッドで仰向けになりオナニーをしていました。 「ご、ごめんなさい!食事の支度ができたわよ!」 私は慌ててドアを閉めました。しばらくすると息子が部屋から出てきて、食事…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】馬鹿な人妻を騙してセックスする塾講師

・【熟女体験談】夫婦交換大好きでスワッピング中毒な変態夫婦

・【Hな体験】ブスだけど気遣いのできる超絶テクニシャンのデリ嬢

・塾生の相談に乗り流れでラブホへIN

・ショッキングな愛妻の動画DVD

・おいしいかった社員旅行のハプニング

・【オナニー】ジャクジー風呂で男子高校生に露出しながら

・【人妻体験談】妻が浮気をしているようで、友人に監視してもらったら金持ちの男に寝取られていた

・【熟女体験談】ご近所さんの元芸能人おばさんの水着姿に興奮し、水着のままSEX

・【スワッピング】30歳の童貞キモオヤジに彼女を貸し出した結果

・【寝取られ】チャラい先輩とのセックスをブログ公開してた元カノ

・内妻の友達を旦那の前で

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・痴漢される妻を目撃8(映画館編)

・【熟女体験談】本屋で不倫物を立ち読みしている熟女を痴漢したら簡単に中出しさせてくれた

・社長のおちんちんを咥えています

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった

・交際初日に初SEX。そして・・・。

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[後編]

・スロベニアから来たシビルとのセックス

・亭主が寝ている横で、バックからつきまくった・・・

・【人妻体験談】痴漢にアナルまで弄られて感じる妻に興奮する夫

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[前編]

・【人妻体験談】ちんぽが大好きで手コキマニアな変態女上司

・職場で集団レイプを見せられた。

・【Hな体験】有名なエロレイヤーの処女をいただいた話

・【浮気】修学旅行の夜、先生に隠れて潜った布団の中で

・妻しか知らない私~初体験は非処女妻~

・【近親相姦】義父から性的暴行を受けていた実の娘と

・認知症の母と・・・