寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

中学生に寝取られた_2

2018/10/15 15:01


熱さにうだった昼下がりの住宅街を、日傘で顔を覆った朱美が歩いていた。その周りには三人の少年が貼りついている。
 夫から引き離されてはや十分、朱美の不安は心臓が破裂するほど肥大していた。見知らぬ街で、見知らぬ少年たちに連れ回される恐怖。すれ違う善良そうな住人たちは、だれ一人として救いの手を差し伸べてくれないのだ。
「あ、そうだ」
 先頭を歩く邦夫が振り返った。
「あのさあ、奥さんを呼ぶとき、奥さんでいい? それとも名前で呼ぼうか? 朱美って」
「す、好きにすればいいわ」
「じゃあ、朱美。歳いくつ?」
「せ、先月で三十三よ」
「えっ! まじかよ? おれの母ちゃんも三十三だぜ! 世の中不公平だよな」
 そう嘆いてみせたのは長躯の康二だ。短躯の雄太も驚きを隠さない。
「三組の村田先生って二十六だっけ? 村田先生に楽勝だよね、朱美さんてさ」
「へえ、ズリネタ女教師・村田より七歳も年上なのか……。ま、村田はただ単にむちむちしてるだけだろ。その点朱美はさ、まろやかっていうか、ほんわかっていうか、なんか暑苦しくないていいよな」
「うん、清楚ってやつ? でも、意外とお尻でかくない? おっぱいは小さそうだけど」
 朱美の背筋に冷や汗が噴き出した。二十も歳の離れた少年たちに品評されることの屈辱は、恥ずかしさを通り越して怒りさえ感じる。
 ふと、長躯の康二が思い出したように、日傘の中を覗き込んできた。
「あ、とすると……職業はOL、セックスは週三回ってのはどうなんだ? あんた、OL?」
「ち、違うわよ……。しゅ、主婦よ」
「じゃあ、元OL?」
「ええ、まあ……」
「お、これで一敗一分けか。じゃあ、セックスは週何回?」
「な、なによ、急に……」
「だいたいの平均でいいからさ」
「そ、そんなこと聞かれたって……」
 朱美が口ごもると、先頭を行く邦夫が聞こえよがしに吐き捨てた。
「質問に答えるのも仕事のうちなんですけど」
「あ、でも……」
「あんたさあ、自分の立場わかってんの?」
「す、すみません……」
「謝る暇があったら、質問に答えろよ」
「あ、はい……」
 子供相手に敬語を使ってしまう自分が滑稽で、朱美は泣きたい気持ちになった。
「あ、あの、その、い……」
 康二が日傘の縁をくいっと持ち上げた。
「え? なに? はっきり言えよ」
「い、一、二回かと……」
「なーにが?」
「あ、その、一週間で……」
「なーにを?」
「あ、えっと……」
 朱美の耳たぶが真っ赤になる。
「だからさ、一週間に一、二回、なにをするの?」
「セ、セ……」
「せ?」
 邦夫と雄太も耳を寄せてきた。清楚な年上の女性にいやらしい言葉を言わせたくてうずうずしているのだ。それを察した朱美の心に小さな敵愾心が芽生えた。
(こ、この程度で尻込みしちゃだめ。これからもっと恥ずかしい目に遭うのよ。尻込みすればするだけ、この子たちを喜ばせるだけだわ)
 朱美は日傘の柄を握り締め、心持ち背筋を伸ばした。
「セ、セックスよ」
 その瞬間、少年たちはしてやったりとほくそ笑んだ。
「えー、三回じゃないのか? ほんとは三回なんだろ? 毎朝毎晩するやつだっているのに?」
「わ、わたしは違うわ」
「うそだろ? 正直にほんとのこと言えよ」
 少年たちの声がにわかに大きくなる。住民の人目を引かないよう、朱美は泣く泣く折れなければならなかった。
「そ、そうね。そういうことにしておくわ」
「よーし、これで一勝一敗一分けか。辛うじて予選通過だな」
「なんだよそれ。どこの予選だよ」
「へへっ、まあ、それはそうと、パレス・ユータにご到着だぜ」
 そこは三角屋根の一戸建だった。雄太が門扉をくぐり、玄関の錠を開けに走った。そして無邪気に手招く。
「はやくおいでよ。ぼくんちは共稼ぎなんだ。家にはだれもいないから心配ないよ」
「ほらほら、入った入った」
「きゃっ!」
 邦夫に腰を押された拍子に、朱美は悲鳴を上げてしまった。それなりの覚悟はしたつもりでも、赤の他人にいざ触られると体がすくんでしまう。邦夫は強引に腕を回してきた。
「ほら、こいよ」
「やっ! だめっ! は、離して!」
 あらがった勢いで日傘が宙を舞い、ハンドバッグは地面に転がった。
「こ、この! ガキじゃあるまいし、なに照れてんだよ! あんまり騒ぐと近所中のババァが集まってくるぞ!」
 邦夫は、朱美がひるんだ隙に力任せに抱き寄せ、有無を言わさず引きずった。二人の背丈はほぼ同じなので、互いの頬がくっついてしまう。
「んー、ぷにぷにだぜ。あとでキスさせてくれよな」
「やっ! だ、だめっ!」
 汗臭い少年と密着するおぞましさに、朱美は自分の立場も忘れて暴れ出した。駄々っ子のように手足をばたつかせ、身をよじる。手を焼いた邦夫は、朱美を突き飛ばした。
「やってらんねえな! こんなくそ女、放っておこうぜ!」
 邦夫は現金入りの封筒を惜しげもなく朱美に投げつけると、仲間たちを引き連れて玄関に入ってしまった。
「それは返しとく! 恐喝でパクられたくねえからな!」
「え? あの……」
「いまから一一〇番するんだよ!」
「あ! ま、待って!」
 朱美は閉ざされたドアにすがりついた。だが、ドアノブを掴んだ右手がどうしても動かない。ドアを開ける勇気が出ないのだ。朱美は目をつむり、歯を食いしばり、大きく息を吸った。
(開けるの! 開けるのよ! 開けなくちゃならないの!)
 そう念じれば念じるほど体が硬直する。朱美は一旦ドアから離れると、路上に散らかった封筒やバッグ、日傘を拾い集めながら気持ちを整えた。乱れた髪を直しつつ、再度ドアの前に立つ。
(パパ、美雪ちゃん。ママを守ってね……)
 震える指先がインターホンのボタンを押した。
「だれ?」
「あ、わたし……です」
「あれ、帰ったんじゃないの?」
「あ、あの、さっきはごめんなさい」
「なにしにきたんだよ。用がないなら帰れよ」
「な、中に入れて」
「やだね。また暴れるんだろ?」
「も、もう、暴れないわ。だから中に……」
「おとなしくするか? じゃなきゃ一一〇番だぞ?」
「ええ、おとなしくするわ」
「命令に服従できるか? すけべな命令ばかりだぞ?」
「え、ええ」
「ほんとか? ちょっとでも歯向かったらすぐ一一〇番だぞ?」
「わ、わかってるわ。だから一一〇番だけは……」
「よーし、それなら中に入ってこい。鍵は開いてる」
「は、はい」
 朱美は体の強ばりを振り切るようにドアを開けた。湿気を含んだ外気が朱美の体臭を乗せて屋内に流れ込む。
(美雪ちゃん、ママがんばるからね……)
 少年たちは横一列に並んでいた。小鼻をふくらませて、嗅覚と視覚で朱美を出迎える。外では化粧の匂いにまぎれていた汗や皮脂の臭いが、いまは手に取るようにわかるのだ。女家族と同質の臭いでも、朱美の清楚な容姿がそれを香しい匂いに変化させていた。
 仁王立ちの邦夫が勝者の笑みを浮かべた。
「セックス奴隷になる覚悟はできたか?」
 朱美は直裁過ぎる表現に青ざめた。だが、もう後には引けないのだ。夫のため、娘のため、奴隷だろうが家畜だろうが、どこまでも堕ちる覚悟だった。
「……は、はい」
「じゃあ、二階に上がれ。そこがセックス奴隷の仕置き部屋だ」
 少年たちが行く手を開けた。朱美を先に上がらせて、臀部や下肢を仰ぎ見ようという魂胆なのだろう。すでに嬲りは始まっているのだ。朱美は絞首台に向かう女囚の面持ちで階段を上り始めた。
「隠すなよ。隠したら後でひどいぞ」
「わ、わかってるわ……」
 案の定、下からの眺めは格別だった。膝上数センチのミセス用ワンピースから、素肌のようなストッキングに包まれた太腿が覗けている。体全体は華奢な印象だったが、やはり太腿の肉づきは熟れた人妻だ。その揺れ方はまるで搗き立ての餅を思わせる。
 それ以上に少年たちを刺激したのは、ゆさゆさ揺れる豊穣な臀部だった。いまにも落ちてきそうな重量感に圧倒されながらも、少年たちは引き込まれるように後をついてゆく。
「ババァにしてはきれいな脚してるな」
「へへっ、でけえけつ」
「右の部屋だよ」
「あ、はい」
 そこは東側に面した八畳ほどの洋室だった。漫画本の詰まった本棚、壁のインテリアになっているサッカーのユニフォーム、朱美の知らない家電品の数々──。子供然とした部屋だけに、ここで嬲り者になるのかと思うと悔しさもひとしおだ。
 少年たちは朱美を部屋の中央に立たせたまま、各々いすやベッドに腰かけた。部屋の主を差し置いていすにふんぞり返った邦夫が、エアコンのリモコンを朱美に突きつけて命じる。
「さあて、セックスの夏期講習、始めようぜ」
 エアコンが動き出し、まだ冷えていない送風が朱美の汗ばんだうなじをくすぐった。
「あれれ? さっきの誓い、もう忘れたのか?」
「あ、いえ……」
「じゃあ、さっさと始めろよ」
「あ、はい」
 返事はしたものの、手始めになにをすればいいのかわからない。これは明らかにレイプだ。だが、ただのレイプではない。目をつぶっていることは許されず、自ら進んで陵辱を乞わなければならないのだ。それは目眩いがしそうなほど難しい課題だった。
「こら、固まってんじゃねえよ。いつも旦那とやってることをおれたち相手にやるだけだろ?」
「あ、はい……」
「じゃあ、雄太。場所代ってことでおまえが先発だ」
「え! ぼ、ぼく? あ、後でいいよ。やり方わかんないし……」
「おいおい、だから朱美に教わるんだろ。おれたちも後で混ざるから心配すんな。ほらほら、時間がもったいないぞ」
「う、うん……」
 雄太は顔を真っ赤にして立ち上がった。陰毛が生えた生えないで大騒ぎする年頃だ。初体験を見物され…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
雀荘の豊満な身体の奥さんとのエッチ体験
2015/08/21 09:14
2015/08/21 09:14

ある地方都市で大学生だったころの話です。
浪人時代を東京で過ごし、すっかり麻雀にはまってしまいました。

大学生活をすることになっても、すぐに雀荘を探し、
授業が終わると、毎日のように通っていました。

そこは平日は1卓、土日でも2卓回れば良いくらいのとても小さな雀荘でした。
年配のお客さんばっかりで、ただ1人若かった私は常連客の皆さんにずいぶんかわいがってもらいました。
40代くらいのご夫婦が経営されていたのですが、
旦那さん(マスターと呼ばれていました)はひどい腰痛持ちで留守のことも多く、そんな時は奥さんが1人で留守番をしていました。
麻雀はできない人で、ゲー…
一夜のM奴隷交換
2019/01/18 22:04
2019/01/18 22:04
女子大生M奴隷あいことのプレイを投稿させてもらっているSです。 (万引き女子大生の末路?  万引き女子大生の末路?  万引き女子大生のその後  万引き女子大生が堕ちるまで  女子大生M奴隷を他人に貸し出し?  女子大生M奴隷を他人に貸し出し? 前回のYさんへの貸し出し体験後しばらく投稿はしていませんでしたが、することは続けていますので、またちょっとずつ投稿させてもらいたいと思います。 まず今回は、旅先で出会ったカップルとのスワッピングの報告です。 ==============================================================…
【妹との告白体験談】従姉妹の みっちゃん(5)  ▲近親相姦▲
2015/12/26 21:37
2015/12/26 21:37
 高校2年のときに付き合っていた1年下の女の子とは、それはそれはプラトニックな(古い?)関係でした。僕ははっきりいって面くいだったので、かなりの自慢の彼女でした。 みっちゃんと再び会う直前の夏休み、僕らはお互いにとって初めての相手となりました。 それはもちろん普通のSEXで、彼女の家に遊びに行ったとき、彼女の家族がいないタイミングを見計らって事に及んだものです。 彼女は本当に可愛らしいコで、完全に虜になっていましたから今思い返しても、とても大事にしていたことに、間違いはありません。 ただ、初めてのSEXはそんなにうまくいきませんでしたし、家族がいないという機会はそうそうあるわけではなく、家…
【レイプ体験談】幽霊強姦
2015/10/27 17:25
2015/10/27 17:25
「あなた四天王といわれて天狗になっているでしょう」 恭佳が徹に吐き台詞を喋り立ち去りとそこに隆雄が来た。 「ずいぶん言われたな、あの女は生意気だからな」 「お前に頼みがある手を貸してくれないか」 二人は耳打ちしてひそひそ話をする。 数日後、徹たちは恭佳を呼び出した。 「何か用かしら、くだらない話・・・」 後ろから隆雄が布に湿らせた薬で恭佳を眠らせる。 箱の中に恭佳を入れると盗んできた軽自動車で運び出した。 「着いたぞ、これからこの女がどうなるか楽しみだな」 そこは無人の病院で今は廃墟となっている。 恭佳を手術台に乗せ大の字に手錠で縛り二人はその場を立ち去 った。 3日後、恭佳は学校のトイ…
彼と別れてから
2017/09/03 23:19
2017/09/03 23:19
異動で地方へ赴く彼に、前日激しく愛され ました。 翌日会社で、大嫌いな上司に首筋のキスマー クを見られてしまったようで、 その夜無理矢理食事に誘われ、お酒に薬を 入れられてフラフラにされ、気づいた時には 上司に激しく腰を動かされていました。 何回も生で犯され、子宮に濃厚な欲望を 放出されてしまいました。 以前から私を狙っていたらしく、彼と別れ た私は、上司と望まない不倫関係を 強いられています。
【近親相姦体験告白】 イメクラで母子相姦(2)
2016/08/19 07:25
2016/08/19 07:25
おれは今のリサさんの言葉でかなり緊張が解け、「お、お母さん、毎日勉強ばっかりでおれもうやってらんねえよ。そんなに勉強してほしかったらおれの欲求不満を解消してくれよ!」 と、多少声が震えたがスムーズに言えるようになった。「欲求不満って・・・お、お母さんになにをしろって言うの?」「だからさ、裸になれって言ってるんだよ」「お母さんが裸に・・・まこと、それ本気で言ってるの」「本気だよ。おれのことをそんなに心配しているんだったら、裸になってあそこを見せてくれよお母さん」 リサさんにうまく誘導されながらおれは何とかそこまで言えた。  小説では何度も書いている場面だったが、例えプレイにしろこんなことを生…
清楚な外見とのギャップが凄かったHな派遣社員体験談
2017/11/07 20:07
2017/11/07 20:07
25歳の派遣の女の子は、

なぜか俺に話しかけることが多い気がしてた。

先日、帰ろうとすると後ろから声を掛けられ、

駅まで歩いて帰ることになった。

せっかくだからと食事に誘い、

食べながら飲んで、会話も楽しかった。

店を出てダメ元でホテルに誘うと、

立ち止まり、下を向いたので、

やっぱりだめかと思い「冗談だよ」と言うと、

彼女は俺の腕を組んできた。
「OK」とのこと。

彼女は清楚な感じでうぶっぽく、細身で胸は大きい。

髪もロングで俺好み。

ホテルに入り、2人でワインを飲み、

肩を抱くと頭を俺に預けてきた。

キスをすると彼女から舌を入れてき…
夫婦と3P!?また誘われたらどうしよう。。(^^;
2016/03/10 12:01
2016/03/10 12:01
少し前の話になるが… 某サイトで知り合った既婚の男性がいる。。 何度かチャットで話して親しくなったのだがとても変わった性癖の持ち主だった 彼だけではなく奥さんも。。寝取られ願望…。。この夫婦は普段からカップル喫茶やハプバーによく行くらしい。。 スリルや他人に見られたりすると興奮するようで 旦那さんだけでなく奥さんも旦那さんの薦めで最近ハマったらしい。。まあ、こういうカップルは知り合いにもいるからなんらおかしくはない どういったことで興奮するかは人それぞれだから。。あるとき旦那さんからこう切り出された「うちの妻を私の前で寝取ってもらえません?」ちなみに旦那さんは42歳、奥さんは36歳。。「どうい…
攻めたがるドエロの遠距離彼女との極上SEX【エッチ体験談】
2017/01/27 22:10
2017/01/27 22:10


20代後半男

175cm 65kg(多分今はもう少し重い)

フツメンより下だと思う。

関東在住

彼女

俺と同い年

170cm 体重不明(どれだけ聞いても絶対に教えてくれない)

彼氏の色眼鏡かかってるが、めちゃくちゃ綺麗。ハイスペック過ぎて俺にはもったいない

関西在住



スペックの所で分かると思うが、遠距離なんだ。

なので2ヶ月に1回会えたほうがいいというかんじで、会う前からどんなセクロスをするのか色々電話で話すのが、俺たちのルールみたいになってきている。

大切なことを忘れてた。

彼女のパイはC。時々Dって時もあるが、おてごろサイズだ。

いつもは俺がSっ気全開で…
風俗嬢の元カノと、元カノの友達と一緒に3人でセックスした話
2017/02/20 10:02
2017/02/20 10:02
◆登場人物

あっこ→17歳当時風俗嬢。

ホスト通い、新人男を騙して喰うのが日課。

何人もの男と○股状態。

あやか→17歳であっこの親友。

こちらも風俗嬢。

男関係は真面目で当時フリー。

俺(ケイタ)→22歳。

普通のサラリーマン。

あっこと別れて数ヶ月。

別れた時はお互い喧嘩別れだったが、

某ホストクラブで久しぶりの再開。

元々仲のよかった俺、あっこ、

あやかの3人で深夜に遊ぶ生活がまた始まった。

遊びと言っても、俺の友達がホールリーダーをしていたため、

ちょくちょくみんなで飲みに逝くことが多かった。


「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】馬鹿な人妻を騙してセックスする塾講師

・【熟女体験談】夫婦交換大好きでスワッピング中毒な変態夫婦

・【Hな体験】ブスだけど気遣いのできる超絶テクニシャンのデリ嬢

・塾生の相談に乗り流れでラブホへIN

・おいしいかった社員旅行のハプニング

・【人妻体験談】妻が浮気をしているようで、友人に監視してもらったら金持ちの男に寝取られていた

・【熟女体験談】ご近所さんの元芸能人おばさんの水着姿に興奮し、水着のままSEX

・人妻美人課長のスーツの中

・【寝取られ】チャラい先輩とのセックスをブログ公開してた元カノ

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・痴漢される妻を目撃8(映画館編)

・【熟女体験談】本屋で不倫物を立ち読みしている熟女を痴漢したら簡単に中出しさせてくれた

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった

・交際初日に初SEX。そして・・・。

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[後編]

・あんなイイ思いは何だったのか不思議

・スロベニアから来たシビルとのセックス

・亭主が寝ている横で、バックからつきまくった・・・

・手マンから結局最後までいっちゃった

・【人妻体験談】痴漢にアナルまで弄られて感じる妻に興奮する夫

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[中編]

・スイミングスクールに妹を迎えに行ったら

・【熟女体験談】同じ介護職場の熟女の薄く透けてたブラに興奮し、フェラしてもらった

・不倫相手との甘い甘いSEX行為の告白

・職場で集団レイプを見せられた。

・【Hな体験】有名なエロレイヤーの処女をいただいた話

・【浮気】修学旅行の夜、先生に隠れて潜った布団の中で

・妻しか知らない私~初体験は非処女妻~

・【近親相姦】義父から性的暴行を受けていた実の娘と

・認知症の母と・・・