寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

中学生に寝取られた_2

2018/10/15 15:01


熱さにうだった昼下がりの住宅街を、日傘で顔を覆った朱美が歩いていた。その周りには三人の少年が貼りついている。
 夫から引き離されてはや十分、朱美の不安は心臓が破裂するほど肥大していた。見知らぬ街で、見知らぬ少年たちに連れ回される恐怖。すれ違う善良そうな住人たちは、だれ一人として救いの手を差し伸べてくれないのだ。
「あ、そうだ」
 先頭を歩く邦夫が振り返った。
「あのさあ、奥さんを呼ぶとき、奥さんでいい? それとも名前で呼ぼうか? 朱美って」
「す、好きにすればいいわ」
「じゃあ、朱美。歳いくつ?」
「せ、先月で三十三よ」
「えっ! まじかよ? おれの母ちゃんも三十三だぜ! 世の中不公平だよな」
 そう嘆いてみせたのは長躯の康二だ。短躯の雄太も驚きを隠さない。
「三組の村田先生って二十六だっけ? 村田先生に楽勝だよね、朱美さんてさ」
「へえ、ズリネタ女教師・村田より七歳も年上なのか……。ま、村田はただ単にむちむちしてるだけだろ。その点朱美はさ、まろやかっていうか、ほんわかっていうか、なんか暑苦しくないていいよな」
「うん、清楚ってやつ? でも、意外とお尻でかくない? おっぱいは小さそうだけど」
 朱美の背筋に冷や汗が噴き出した。二十も歳の離れた少年たちに品評されることの屈辱は、恥ずかしさを通り越して怒りさえ感じる。
 ふと、長躯の康二が思い出したように、日傘の中を覗き込んできた。
「あ、とすると……職業はOL、セックスは週三回ってのはどうなんだ? あんた、OL?」
「ち、違うわよ……。しゅ、主婦よ」
「じゃあ、元OL?」
「ええ、まあ……」
「お、これで一敗一分けか。じゃあ、セックスは週何回?」
「な、なによ、急に……」
「だいたいの平均でいいからさ」
「そ、そんなこと聞かれたって……」
 朱美が口ごもると、先頭を行く邦夫が聞こえよがしに吐き捨てた。
「質問に答えるのも仕事のうちなんですけど」
「あ、でも……」
「あんたさあ、自分の立場わかってんの?」
「す、すみません……」
「謝る暇があったら、質問に答えろよ」
「あ、はい……」
 子供相手に敬語を使ってしまう自分が滑稽で、朱美は泣きたい気持ちになった。
「あ、あの、その、い……」
 康二が日傘の縁をくいっと持ち上げた。
「え? なに? はっきり言えよ」
「い、一、二回かと……」
「なーにが?」
「あ、その、一週間で……」
「なーにを?」
「あ、えっと……」
 朱美の耳たぶが真っ赤になる。
「だからさ、一週間に一、二回、なにをするの?」
「セ、セ……」
「せ?」
 邦夫と雄太も耳を寄せてきた。清楚な年上の女性にいやらしい言葉を言わせたくてうずうずしているのだ。それを察した朱美の心に小さな敵愾心が芽生えた。
(こ、この程度で尻込みしちゃだめ。これからもっと恥ずかしい目に遭うのよ。尻込みすればするだけ、この子たちを喜ばせるだけだわ)
 朱美は日傘の柄を握り締め、心持ち背筋を伸ばした。
「セ、セックスよ」
 その瞬間、少年たちはしてやったりとほくそ笑んだ。
「えー、三回じゃないのか? ほんとは三回なんだろ? 毎朝毎晩するやつだっているのに?」
「わ、わたしは違うわ」
「うそだろ? 正直にほんとのこと言えよ」
 少年たちの声がにわかに大きくなる。住民の人目を引かないよう、朱美は泣く泣く折れなければならなかった。
「そ、そうね。そういうことにしておくわ」
「よーし、これで一勝一敗一分けか。辛うじて予選通過だな」
「なんだよそれ。どこの予選だよ」
「へへっ、まあ、それはそうと、パレス・ユータにご到着だぜ」
 そこは三角屋根の一戸建だった。雄太が門扉をくぐり、玄関の錠を開けに走った。そして無邪気に手招く。
「はやくおいでよ。ぼくんちは共稼ぎなんだ。家にはだれもいないから心配ないよ」
「ほらほら、入った入った」
「きゃっ!」
 邦夫に腰を押された拍子に、朱美は悲鳴を上げてしまった。それなりの覚悟はしたつもりでも、赤の他人にいざ触られると体がすくんでしまう。邦夫は強引に腕を回してきた。
「ほら、こいよ」
「やっ! だめっ! は、離して!」
 あらがった勢いで日傘が宙を舞い、ハンドバッグは地面に転がった。
「こ、この! ガキじゃあるまいし、なに照れてんだよ! あんまり騒ぐと近所中のババァが集まってくるぞ!」
 邦夫は、朱美がひるんだ隙に力任せに抱き寄せ、有無を言わさず引きずった。二人の背丈はほぼ同じなので、互いの頬がくっついてしまう。
「んー、ぷにぷにだぜ。あとでキスさせてくれよな」
「やっ! だ、だめっ!」
 汗臭い少年と密着するおぞましさに、朱美は自分の立場も忘れて暴れ出した。駄々っ子のように手足をばたつかせ、身をよじる。手を焼いた邦夫は、朱美を突き飛ばした。
「やってらんねえな! こんなくそ女、放っておこうぜ!」
 邦夫は現金入りの封筒を惜しげもなく朱美に投げつけると、仲間たちを引き連れて玄関に入ってしまった。
「それは返しとく! 恐喝でパクられたくねえからな!」
「え? あの……」
「いまから一一〇番するんだよ!」
「あ! ま、待って!」
 朱美は閉ざされたドアにすがりついた。だが、ドアノブを掴んだ右手がどうしても動かない。ドアを開ける勇気が出ないのだ。朱美は目をつむり、歯を食いしばり、大きく息を吸った。
(開けるの! 開けるのよ! 開けなくちゃならないの!)
 そう念じれば念じるほど体が硬直する。朱美は一旦ドアから離れると、路上に散らかった封筒やバッグ、日傘を拾い集めながら気持ちを整えた。乱れた髪を直しつつ、再度ドアの前に立つ。
(パパ、美雪ちゃん。ママを守ってね……)
 震える指先がインターホンのボタンを押した。
「だれ?」
「あ、わたし……です」
「あれ、帰ったんじゃないの?」
「あ、あの、さっきはごめんなさい」
「なにしにきたんだよ。用がないなら帰れよ」
「な、中に入れて」
「やだね。また暴れるんだろ?」
「も、もう、暴れないわ。だから中に……」
「おとなしくするか? じゃなきゃ一一〇番だぞ?」
「ええ、おとなしくするわ」
「命令に服従できるか? すけべな命令ばかりだぞ?」
「え、ええ」
「ほんとか? ちょっとでも歯向かったらすぐ一一〇番だぞ?」
「わ、わかってるわ。だから一一〇番だけは……」
「よーし、それなら中に入ってこい。鍵は開いてる」
「は、はい」
 朱美は体の強ばりを振り切るようにドアを開けた。湿気を含んだ外気が朱美の体臭を乗せて屋内に流れ込む。
(美雪ちゃん、ママがんばるからね……)
 少年たちは横一列に並んでいた。小鼻をふくらませて、嗅覚と視覚で朱美を出迎える。外では化粧の匂いにまぎれていた汗や皮脂の臭いが、いまは手に取るようにわかるのだ。女家族と同質の臭いでも、朱美の清楚な容姿がそれを香しい匂いに変化させていた。
 仁王立ちの邦夫が勝者の笑みを浮かべた。
「セックス奴隷になる覚悟はできたか?」
 朱美は直裁過ぎる表現に青ざめた。だが、もう後には引けないのだ。夫のため、娘のため、奴隷だろうが家畜だろうが、どこまでも堕ちる覚悟だった。
「……は、はい」
「じゃあ、二階に上がれ。そこがセックス奴隷の仕置き部屋だ」
 少年たちが行く手を開けた。朱美を先に上がらせて、臀部や下肢を仰ぎ見ようという魂胆なのだろう。すでに嬲りは始まっているのだ。朱美は絞首台に向かう女囚の面持ちで階段を上り始めた。
「隠すなよ。隠したら後でひどいぞ」
「わ、わかってるわ……」
 案の定、下からの眺めは格別だった。膝上数センチのミセス用ワンピースから、素肌のようなストッキングに包まれた太腿が覗けている。体全体は華奢な印象だったが、やはり太腿の肉づきは熟れた人妻だ。その揺れ方はまるで搗き立ての餅を思わせる。
 それ以上に少年たちを刺激したのは、ゆさゆさ揺れる豊穣な臀部だった。いまにも落ちてきそうな重量感に圧倒されながらも、少年たちは引き込まれるように後をついてゆく。
「ババァにしてはきれいな脚してるな」
「へへっ、でけえけつ」
「右の部屋だよ」
「あ、はい」
 そこは東側に面した八畳ほどの洋室だった。漫画本の詰まった本棚、壁のインテリアになっているサッカーのユニフォーム、朱美の知らない家電品の数々──。子供然とした部屋だけに、ここで嬲り者になるのかと思うと悔しさもひとしおだ。
 少年たちは朱美を部屋の中央に立たせたまま、各々いすやベッドに腰かけた。部屋の主を差し置いていすにふんぞり返った邦夫が、エアコンのリモコンを朱美に突きつけて命じる。
「さあて、セックスの夏期講習、始めようぜ」
 エアコンが動き出し、まだ冷えていない送風が朱美の汗ばんだうなじをくすぐった。
「あれれ? さっきの誓い、もう忘れたのか?」
「あ、いえ……」
「じゃあ、さっさと始めろよ」
「あ、はい」
 返事はしたものの、手始めになにをすればいいのかわからない。これは明らかにレイプだ。だが、ただのレイプではない。目をつぶっていることは許されず、自ら進んで陵辱を乞わなければならないのだ。それは目眩いがしそうなほど難しい課題だった。
「こら、固まってんじゃねえよ。いつも旦那とやってることをおれたち相手にやるだけだろ?」
「あ、はい……」
「じゃあ、雄太。場所代ってことでおまえが先発だ」
「え! ぼ、ぼく? あ、後でいいよ。やり方わかんないし……」
「おいおい、だから朱美に教わるんだろ。おれたちも後で混ざるから心配すんな。ほらほら、時間がもったいないぞ」
「う、うん……」
 雄太は顔を真っ赤にして立ち上がった。陰毛が生えた生えないで大騒ぎする年頃だ。初体験を見物され…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ体験談】台風の中のバス停
2015/10/16 15:19
2015/10/16 15:19
554えっちな21禁さんsageNew!04/09/3001:55:14ID:vNjBAzKA 台風で思い出したんだが、俺がまだ会社に勤めて2年ぐらいして、帰りに台風に遭った。 俺の家は山手の田舎でバスに乗るのだが、1時間に2・3本しか来ない。 しかも乗り継ぎしないといけないので、やたら待ち時間が長かった。 んで、話を戻すが経由するバス停でバスを待ってた訳だが、バス停の明かり以外は真っ暗で、 ポツンと俺一人バスを待って居た。小さな小屋みたいなのが有ったけど、台風の風雨は防げなかった。 30分待ってたら、バスが一台やって来たが、俺が乗って来た次の便のバスで、 JKが一人降りて来…
プールでの淫行(1)
2016/05/01 19:38
2016/05/01 19:38
去年の夏の出来事です。 当時大学2年で、4人でプールに行ったときのことです。 メンバーは俺(隆志)、友達の俊宏、女友達の史奈、女友達の加奈子の4人です。(全て仮名です。) 俺達は中学から同じクラブで同じ高校に行き、エスカレーター式で同じ大学に入ったこともあり、とにかく仲が良かったです。   最初は女として見ていたのは事実ですが、大学に入ってからは仲の良いメンバーとしてよく飲みに行ったり、キャンプに行ったりしていました。 高校から大学にかけてみんなそれぞれ彼氏や彼女ができたのだけど、4人で会って遊ぶことは続けていました。 お互いの彼氏、彼女の愚痴なんか話すのも楽しかったです。 俺は大学…
【Hな体験】寝たふりをしてたら運転手さんにイタズラされた
2018/08/03 02:00
2018/08/03 02:00
つい最近の出来事です。友達数人とお酒を飲んだ帰りのこと。家の方向が同じ子とタクシーに乗ったんだけど、その子、凄い酔ってて、運転手さんに「酔った子が寝ちゃったら触ったりする?」とか、色々変な質問ばかりしてたんです。 で、その子が先に降りて、運転手さんに、「あの子、凄い酔ってて・・・すみません」って謝ったんです。でも、寝たらどうするのか、実は私も気になってたんですよね。運転手さんもちょい悪オヤジって感じでカッコ良かったし。 助手席の後ろで膝を運転席の方に向けて、少しだけ脚を開いて寝たふりをしたんです。行き先は家のそばの公園と伝えてたから、着く頃には目を閉じて、どんな対応か様子…
【いとこ】従妹と友達が遊びに来た 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/31 05:32
2017/07/31 05:32
俺「5日もかよ!ガキンチョの相手なんかめんどくせーよ」 母「そう言わずに、ちょっとお金送っとくから」 当初は本当にお守なんか面倒だった。 当日、新宿駅まで迎えに行く。 人ごみの中、愛子を探していると 「哲兄!」 日焼けしたショートカットの垢抜けないが可愛い少女…、愛子だった。 愛子と会うのは二年半ぶり。最後に合ったのは愛子がまだ小学生のときだった。 俺 「おー、ひさしぶり。なんだ、お前まっ黒じゃん。田舎者まる出しw」 愛子「陸上部だからね。もう引退だけど…って、自分だって田舎もんでしょ!」 俺 「やれやれ、無事着いたか。おのぼりさんのガキンチョだから心配したよ」 愛子「…
男3人で混浴温泉行ったら露出プレイのカップルにあてられた
2017/04/25 17:00
2017/04/25 17:00
男3人で水着着用の混浴温泉に行ったときの事だ。
ロビーでチェックインしていると、カップルがやってきた。女は20代半ば位で色白、スタイルもそこそこ。まぁ顔は好みが分かれるが美人の部類だと思う。俺はすぐに女の脚に視線が釘付けになった。

というのも、かなりのミニスカで、スラッとした脚は生脚だった。俺はすぐ他の2人に合図をすると3人でチラチラと盗み見をしていた。その後、カップルは部屋に行くようだったが、俺たちは部屋には行かず直接温泉に向かった。俺たちは水着に着替えると温泉に向かった。

平日ということもあって、人はほとんどいなかった。俺たちが貸しきり状態の温泉を満喫していると、先ほどのカッ…
クリスマス暇だったから合コンに参加した結果⇒マジで可愛い女の子ゲットォォォwww
2017/10/09 10:02
2017/10/09 10:02
クリスマス目前の23日に連れからメールが来た。

「クリスマス暇な奴は返信よろしく。合コンやるぞ」

まぁ当然返事するよなw

俺は彼女と同棲してんだけど、

その日は会社の忘年会でいないことが確定済み。

夕方には出発してるから、

顔合わせることもないだろう、と。

3ヶ月ほど前から彼女とは喧嘩しまくってたので他の女が欲しかった。

最低だな、俺w

それはともかくとして、

まぁ当日は何もなしに終わったのよ。

数人の子と連絡先交換して、

その日は大人しく家に帰った。

・・・で、また喧嘩してゲンナリしてたわけだが。

次の日の午前中に…
【人妻体験談】バイトの依頼主と
2016/06/09 11:28
2016/06/09 11:28
もう10年以上前のことなんだけど年上の人妻とつきあっていたことがある。 その人は、森下愛子(古いか?)を、きりり&清楚にした感じだったので、愛子さんとしときます。 共通の知人(女性)を通じて、俺にあるバイトをやらないかという話がきたのが知り合うきっかけ。 その頃、俺は新卒後に勤めた会社を一年未満でやめて、もう一度美術系の専門学校に通っていた。 学費は親から借りたんだけど、家賃とか生活費は、自分で稼がなければならなかった。 そのバイトの依頼主が、愛子さん(28歳)だった。 彼女は、お嬢さま系の大学を出て、広告代理店に勤めていたんだけど、結婚して退社。 それでも専業主婦がいやで、知り合いのやっ…
【熟女体験談】大胆にも縁側でセックスおっぱじめた人妻を双眼鏡で覗いている
2016/02/17 12:02
2016/02/17 12:02
2016/02/17 (Wed) 六階建てマンションの5階に住んでる俺。


ベランダから見ると下に庭付きの豪邸がある。


(どんな人が住んでるんだろ)と思いながらも特に気にしなかった。


夏場はベランダで煙草吸ってた。


何気なく下の豪邸を見たら、女性が洗濯物干してた。


遠くてよくみえない


競馬観戦のため双眼鏡を持ってたので急いで取りにいって見た。

40代みたい。


男物も干してたので、人妻だと思う


それから覗きが日課になった。


旦那の趣味なのか、派手な下着、エロい下着あった。


豪邸の周りは高い塀で囲まれるので、外からみえないって安心感があるのか…
若い人妻と夢のような日々を暮らしました
2018/10/24 19:26
2018/10/24 19:26
 大学はもうすぐ夏休みという7月のある朝。午前中の講義が休講で、部屋にいた私は、洗濯物を干そうと、ベランダに出ました。すると「ブーン」という、電気カミソリのような音が聞こえるのに気づきました。どうも、隣の部屋からのようです。

 隣は若夫婦と、3歳ぐらいの男の子の3人家族。旦那は30歳ぐらいのサラリーマン風で、いつも朝早く、夜遅い帰宅です。20代後半と思われる奥さんは、スーパーか何かでパートの仕事をしているらしく、8時頃に子供を保育園に預けに行き、いったん帰ってきて10時頃にパートに出勤というパターンでした。
車のディーラーの接客スタッフをしています
2018/08/13 23:40
2018/08/13 23:40
 忘れもしない、7月30日pm 2時頃、ハイ○ースのバンに乗って、男2人女1人のお客様が来店されました。皆営業に出かけいて、営業スタッフは、わたしだけでした。少しガラの悪そうな感じで嫌いなタイプでしたが、仕方なく接客に出ました。

「外にある車が、いいのだが…」ショウルームに同じ車の展示が無く、カタログを持って外に出ましたが、ハイ○ースがショウルームから死角になるような位置に停めてあるのです。
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】義母と一緒にお風呂に入り、湯船の中でお互いに言い訳しながら生挿入SEX

・義父と嫁のセックス 05

・【寝取られ】バイト先のイケメン大学生に孕まされた嫁

・高身長を気にしてた同級生の女子大生と一緒の布団で寝た

・透けた競泳水着

・綺麗な妻には過去がある

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・叔父の奥さんに憧れていた若き俺のエロ歴

・日曜日のタダマン中出し

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【熟女体験談】毎朝立ち寄るコンビニの小奇麗なおばさんと中出ししてハメた

・【Hな体験】好きだった人妻先生に無理やりキスしたら・・・。

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・彼が私の中で果てたとき・・・

・オーナーの指導を色々受けているバツ1女です

・※妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活

・【人妻体験談】人妻とスローセックスを楽しみながら中出しして何度もイキまくる

・【熟女体験談】熟女が大好きで、かなりの人数とヤりまくるドMのド変態男

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[前編]

・【初体験】伝言ダイヤルで知り合った年上女性と童貞卒業

・【乱交】温泉旅行で代わる代わる3人の男に犯され続けた

・姉弟の話

・高校ボクシングの試合の計量

・悲鳴とともにのけぞり、又しても失神・・・・・・

・【人妻体験談】野獣のようにSEXのに没頭し、歯止めが効かないくらい連絡してきたエロい人妻

・クビになるよりマシだもんねと色気で

・タオルバリアー

・ラブホテル

・彼氏より俺のがいいだろ・・・

・息子の部活をバックアップするつもりが、コーチと肉体関係を……