寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた(ブロマガ転載禁止)

2018/10/14 21:52


僕には、中学の時から付き合っている彼女がいます。もう、10年以上付き合っていて、そろそろ結婚かな? と、お互いに思っている感じです。
ただ、10年以上付き合っていると、正直倦怠期というか、何をするにも刺激が足りないと感じるのも事実です。こんな状態で結婚しても、続かないんじゃないか? 彼女には言えませんが、そんな心配をしています。

彼女の梨乃は26歳のOLで、身長160cm、Dカップでごく普通の体型です。ただ、脚が凄く長くて、身長では10cm高い僕と、腰の位置がほとんど同じです。その長い脚が、僕の好きなところでもあります。

ただ、倦怠期と言っても、仲が悪くなったわけでもないですし、合う頻度が減ったわけでもありません。良くも悪くも、男女というより、家族という感じになってきているんだと思います。

そんな倦怠期が、突然終了するような出来事がありました。
『最近、職場のアルバイト君がデートしてくれってしつこいんだよね。婚約者がいるって言ってるのに、一回だけで良いからデートしてくれって。上司に言いつけちゃおうかなって思ってるんだ』
家で一緒に夕ご飯を食べている時、梨乃が愚痴をこぼすように言いました。僕は、異常なほどドキドキしている自分に驚きながら、どんなヤツなの? と、質問していました。
『え? どんなって、大学生の男の子だよ。19歳とか言ってたかな?』
梨乃は、キョトンとした顔で言いました。僕が、もっと詳しく話を聞くと、
『すごく良い子なんだけどね。チャラい感じとかじゃなくて、どっちかって言ったら真面目な感じかな?』
と、答えます。僕は、ルックスのことを聞きました。
『う〜ん。今時の子って感じ? 女の子みたいな顔してるから、ゲイの人には人気かも』
梨乃は、おどけた感じで答えます。僕は、イケメンなの? と、聞きました。
『そうだね。イケメンっていってもいい感じかな? 私の好みではないけどね』
梨乃はそんな風に言います。僕は、なぜか興奮してしまい、勃起までしてしまいました。自分でも、どうしてそうなるのかわからないまま、僕は勃起しているのを隠すように足を組みました。

「梨乃は、ソイツのことどう思ってるの?」
僕が、平静を装いながら質問すると、
『どうって、可愛い後輩みたいな感じかな? すごくなつかれちゃってるし』
と、梨乃は答えます。僕は、会社でその大学生と仲良く会話をしている梨乃を想像し、激しく嫉妬しました。

僕は、食事もそこそこに、梨乃に激しくキスをしました。
『ど、どうしたの? こうちゃん、興奮してるの?』
ビックリした顔で言う梨乃。僕は、嫉妬して興奮しているとも言えず、無言で彼女の服を脱がせ始めました。
『こうちゃん、どうしたの? 違う人みたいだよ』
梨乃はそう言いながらも、嬉しそうな感じです。そう言えば、こんな風にセックスをするのは、数ヶ月ぶりだと思います。僕は、梨乃が大学生の男の子と仲良くしている姿を想像しながら、彼女の胸にむしゃぶりつくように舐め始めました。
『あっ、んっ、うぅ、こうちゃん、激しい、あっ、あぁんっ』
梨乃は、すぐにあえぎ声をあげ始めました。僕は、大学生の男の子に胸を舐められている梨乃を想像し、嫉妬で息が詰まりそうでした。

そして、僕もすぐに全裸になり、コンドームを装着すると、すぐに彼女の中に挿入しました。
『あっ、うぅっ、こうちゃん、激しいよっ、うぁうっ』
梨乃は、いつもよりも感じているようなあえぎ方です。僕は、彼女にキスをしながら全力で腰を振りました。他の男に奪われたくないという気持ちで、無我夢中で腰を振りました。
『あっ、あんっ、気持ちいいっ、こうちゃんのすごく固くなってるっ』
梨乃は、あえぎっぱなしになっています。多分、今までのセックスで一番声が出ているような感じです。そして、僕もいつも以上に高ぶっていました。普段から早漏気味な僕でしたが、今日はもう限界でした。
「ご、ごめん、もう出ちゃう」
僕が情けない声で言うと、梨乃は、
『イ、イッてっ! 私も、うぅぁっ、一緒に!』
と、僕にしがみつくように抱きつきながら叫びます。僕は、梨乃にキスをしながらスパートをかけました。すぐに射精を始めると、梨乃は僕に全力でしがみつきながら身体を震わせました。

しばらく荒い呼吸をしていた梨乃……。
『凄かったね。気持良かったよ。でも、どうしたの? 今日のこうちゃん、違う人みたいだったよ』
梨乃は甘えた仕草で僕にじゃれつきながら言いました。僕は、イッて冷静になった事もあり、梨乃に正直に気持ちを話しました。

すると、梨乃は笑い出しました。
『そんなに心配しなくてもいいのに。ホント、まだまだ子供って感じなんだから』
そんな風に言う梨乃。僕は、梨乃がその子と仲良くしているだけで嫉妬してしまうと言いました。
『ごめんね。でも、嬉しいな。焼きもち焼いてくれるんだね。もう、そう言う気持ちなくなっちゃったのかなぁって思ってた』
梨乃は、本当に嬉しそうです。僕は、言葉が思いつかず、ゴメンねと言うしかで来ませんでした。

『でも、そんなに焼きもち焼いてくれるなら、一回くらいデートしちゃおっかなぁ~』
梨乃は、からかうような感じで言いました。僕は、そんなのダメだよ! と、ムキになって言いましたが、言いながらも興奮している自分に気がつきました。

僕は、自分に寝取られ性癖があるとは思っていません。でも、強い嫉妬心が湧いているのは確かです。完全に自分のモノだと思っていた梨乃が、もしかしたら奪われてしまうかもしれない……。そんな風に思っただけで、こんなにも執着心が湧くのは不思議なものだなと思いました。

そんな事があって以来、梨乃はちょくちょくその男の子の事を話題にするようになりました。その度に、嫉妬して激しく彼女を求める僕を、梨乃は楽しんでいるような感じすらします。

『今日、アキラくんとお昼一緒に食べたんだ。野菜食べないから、ちゃんと食べるんだよって言ったら、ちゃんと食べてたよ。素直で可愛いよね』
梨乃は、完全に僕の事を挑発しているような口ぶりです。そして、僕も挑発に乗って彼女を押し倒すようにベッドに転がしました。
『こうちゃん、カチカチだよ。興奮してる? 嫉妬してる?』
梨乃は、うわずった声で聞いてきます。僕は、嫉妬していると言いながら、2人で食事をするのはダメだよと言ってみました。
『本当にそう思ってるの? 本当は、デートもさせたいんじゃない?』
梨乃は、興奮にうわずる声で言います。僕は、そんな事はないと言いながらも、デートをする二人を想像し、驚くほどあっけなく射精してしまいました。

『……本当に、デートしてみようか? して欲しいんでしょ?』
梨乃は、探るような口調で言ってきました。僕は、即答出来ずに黙ってしまいました。
『じゃあ、次に誘われたら乗ってみるね』
答えない僕に、梨乃はそんな風に言います。僕は、結局また何も言えず、黙ってうなずきました。

梨乃が、他の男とデートをする……。それは、考えただけでゾッとするほど絶望的な状況です。でも、僕はその絶望的な状況を楽しんでいる自分にも気がついていました。

それから2週間ほど過ぎたある日、
『こうちゃん、明日デートになったからね。また報告するからね。楽しみにしててね』
と、梨乃から電話がありました。僕は、そんなのダメだと言いかけましたが、言葉が出せませんでした。
『じゃあ、またね~』
梨乃は、軽い口調で言うと、電話を切ってしまいました。今日は、会う予定だったはずです。でも、あの口ぶりではそれもキャンセルなんだろうなと感じました。

そして、その夜は梨乃は僕の部屋に来ませんでした。僕は、何度も連絡を取ろうと思いましたが、プライドが邪魔をしているのか、結局出来ませんでした。

次の日、梨乃から短いメッセージが来ました。
『楽しんでくるね。今日は、動物園だよ』
そんな短いメッセージでした。僕は、とめさせようか迷いながらも、結局で返事も出来ませんでした。

それからは、色々と想像してしまいました。今頃、何をしているのか? 手を繋いだりしていないだろうか? そんな絶望的な気持ちのまま、時間ばかりが過ぎていきます。僕は、我慢出来ずに動物園に出かけました。

一人で訪れた事などありませんが、そんな事も言っていられません。僕は、見つからないように帽子をかぶり、二人の事を探しました。でも、ただでさえ広い動物園の事ですので、見つかる気配もありません。諦めかけていると、売店の建物越しに2人が歩いているのが見えました。僕は、見つからないように慌てて物陰に隠れました。そして、2人を観察します。

梨乃は、若い男の子と手を繋いで歩いていました。本当に楽しそうに笑っている梨乃……。男の子は、確かに中性的な雰囲気の線の細い男性でした。梨乃も足が長くてスタイルが良いので、2人が並んで歩いていると、モデルみたいだなと思いました。
そして、同時に、お似合いのカップルに見えてしまうなと思いました。

僕は、かなり距離をあけて2人の後を尾行します。まるで、探偵にでもなったようでドキドキしました。

2人は、手を繋いで歩いていますが、男の子の方はガチガチに緊張しているような感じです。観察していると、梨乃の方が積極的に話しかけているように見えます。

でも、梨乃は終始笑顔です。こんなにも楽しそうな梨乃は、最近見た記憶がありません。2人は、小動物の広場に移動…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【犯す】酔った勢いで昔好きだった女を犯して絶頂させるw
2016/01/19 07:18
2016/01/19 07:18
先週末の武勇伝を書いちゃいます。 事の始まりは高校の同級生と飲んだ日。 集まったのは男が4人に女が2人。 個人個人とは飲んだり連絡取ったりしてたけど、全員が集まるのは1年以上ぶりだった。 全員高1の時のクラスメイト。 互いの恋愛とかも知っている間柄なので、何でも喋りあってると思ってた。 実はこの集まりに来ていた優奈に高1から密かに好意を持っていた俺。 だけど先輩と付き合い出してすぐに手が届かない存在になっていってた。 俺が知る限り高校から今に至るまでに、彼氏は6人と聞いていた。 優奈は周辺の他高にも噂されるぐらい典型的な美形。 シャープな顔立ちで目も大きく、痩せてるのに自称Dカップという…
妻のコスプレに興奮する同僚と私【エッチ体験談】
2016/10/24 23:10
2016/10/24 23:10
私達は30代の夫婦です。


数年前から34歳の妻麻奈美をモデルにコスプレさせる様になりました。

衣装は主に通販などで買い揃えました。

近頃マンネリで新しい刺激を求めた末、満を持して私が公開コスプレやろうと妻に提案すると、あっさりとOKしたんです。

少し露出願望が有るのかも知れません。


改めて見る妻のアソコはドス黒くビラビラも大きく伸び、周囲にはややストレートぎみの陰毛がびっしり生え、若い娘には無い卑猥さが凝縮されています。

数日後、会社の同僚4人を呼びコスプレさせました。

同僚達は大喜びです。


チョット無理があるセーラー服は超ミニスカにルーズソックス、三十路女とのアンバラン…
【近親相姦体験告白】姉との初体験
2016/02/28 12:44
2016/02/28 12:44
今から十年ほど前の事なんですが、思い出しながら書きます。 当時の家族は父母、長姉(20)、三つ上の次姉(16)、僕(13)、僕が小六の夏休みのある日の日曜日、父母が親戚の法事があると言う事で夕方まで出かけました。 次姉は友達と約束あると午後三時頃帰ると出かけたんで、家には僕と姉ちゃん二人で留守番のような形で残ったというか、僕は何処行く宛もないし・・・毎日暇だしテレビゲームばっかりやってました。 その日もソファーに座りゲームをやってると、姉ちゃんが掃除機をかけながら邪魔だから終わるまでどいてと言うので、ソファーから立ち上がり邪魔にならないよう、あっちこっち移動した。 ソファーの下やテ…
【痴漢・レイプ】母とお通夜に行く途中に【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/17 12:46
2017/08/17 12:46
先日のGWに親戚で不幸があり、父は九州に単身赴任中の為、僕と母が代わりにお通夜のお参りに行くことになりました。親戚はクルマで1時間程の隣の県にあり、17歳で、免許のない僕は助手席です。喪服を着た母はまたいつもと違った雰囲気で、母親フェチの僕も新たな魅力を知ってテンションは上がりっぱなしでした。「お母さんの喪服姿 すごく似合ってるよ。」「喪服姿が似合ってるって言われても、なんとなくうれしくないわね。」「インナーは黒でしょ? あー見てみたいなー。 お母さんのパンスト越しに見える黒のパンティ」「何いやらしい事言ってんの? ダメよ。 絶対見せないから。」母は今年ちょうど40歳。 栗色のショートヘアに…
【痴漢・レイプ】女にアナルを犯される快感…
2015/11/12 06:11
2015/11/12 06:11
この日私はエリーに自分の全てをさらけ出した。まだ知り合って1ヶ月、会うのは2回目なのにメールであんな大胆なやり取りをして完全に先走り過ぎたことを後悔した。つくづく彼女は不思議な女性だなと思う。見た目は少し派手目な今風の若い女だが、時折母親のような男を安心させるオーラを放っていた。この人には自分のどんな恥ずかしいところを見られてもいい。そう思うと自分はまるでエリーの子供にでもなった感覚に陥った。そんなことを冷静に考えながら、私は椅子に座らされ、脚をМ字に開いたまま手すりに固定され後ろ手に縛られるという自分のあられもない姿を再確認した。「恥ずかしい…?」エリーは悪そうな笑みを浮かべて挑発するよう…
H体験談/性器は人妻であったことがウソのように綺麗だった
2018/05/07 22:43
2018/05/07 22:43
俺はバツ2で44歳のオヤジだ。 妻の真由子はバツイチで32歳、結婚して6年になる。 いろんな意味で相性がいい真由子とは、一生添い遂げられそうだ。 最初の元妻はアナルセックスが元で別れた。 元妻にアナルセックスを求めたらドン引きされ、「変態」と罵られたので力ずくで迫り、1時間近い抵抗の後、力尽きて無抵抗の元妻のアナルに肉槍を突っ込んだ。 ローションを塗っていたのに元妻の肛門が切れてしまい、医者に「アブノーマルな嗜好は慎んでください。」と言われ、あまりの羞恥に元妻が娘を連れて出て行ってしまった。 次の元妻は、拘束陵辱が元で別れた。 SMプレイを提案したが、またも「変態」と罵られ、抵抗されな…
貞淑な妻を演じる妻が・・・
2017/07/13 20:01
2017/07/13 20:01
もう約20年も前の話になります。当時、私(真司)は28歳、妻(久美子)は25歳でした。結婚して1年くらいの時の出来事です。私より10歳位年上の近所の山下さんが、両親と私たちがいつものように夕食を取っているときに自宅に訪ねてきました。
父は、いつものように晩酌をしていて、お酒の好きな父と一緒に飲もうと、友達からもらって、奥さんに料理をしてもらった魚料理と一升瓶のお酒をもってやってきました。めったにないことではありましたが、不自然な事ではありませんでした。
そして、父と山下さんはお酒が進み、妻は、母に頼まれ、簡単なつまみを作り接待をしていました。山下さんは、母にもお酒をすすめ、私や妻にもお…
【近親相姦体験告白】つよい三兄弟
2015/11/24 11:48
2015/11/24 11:48
長男常雄(つねお)中一長女洋子(ようこ)小四次男一郎(いちろう)小一三人の名前の頭文字を取ってつよい三兄弟!!主人公の洋子はショートヘアーの似合うボーイッシュな女の子。 お揃いの服を着て三人でお出かけするといつも男の子三人の兄弟と間違えられます。 いつも仲の良い三人ですが兄弟の中で洋子には女の子であるが故のハンデが有りました。 女の子のハンデそれは・・・オシッコ洋子の家の裏の公園には大きな木が有りました比較的死角になりやすく公園で遊んでいる男の子達にとってはオシッコタイムに格好の標的でした男の子のみならず酔っ払いのオジサン達も標的にしている様です。洋子の家のトイレは、ママから、男性軍…
エリカ様お仕置き(4)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/10/22 04:35
2017/10/22 04:35
「ククク……ははははっ」  彼女とのやり取りを終え、笑いが込み上げてくる。 (くくっ こんなに、上手くいくとは。本当に馬鹿な女だ!)  これほど簡単に事が運ぶとは思ってもいなかった。  心配していた自分が馬鹿らしい。  窓の外では夜の喧騒が聞こえ、空には月が輝いていた。  ――一週間前。  沢尻エリカお仕置き計画に見事成功した佐藤は、証拠の写真を例の飲み会参加者たちに披露していた。  参加者たちから佐藤に向けて、賛辞が述べられる。 「いやぁ、よくやったなぁ」 「ほんと、お前、こっちの仕事の方が向いてんじゃねぇの?」  実際、雑用係にしておくのは勿体ないほどの裏の仕事っぷりではあった。 …
【Hな体験】優しいトラック運転手のおじさんにお礼がしたくて
2016/06/01 18:00
2016/06/01 18:00
私は東北の某大学の2年の女子大生です。夏休みも終わりに近づいた8月末、私は中学時代の友達に会うために四国にいました。友達と遊んだあと帰る予定でしたが、夜遅くなってしまい、駆け込みでホテルに一泊したのですが、予定よりも高いホテルで、帰りの予算が不足してしまいました。 帰る方法は2つ。友達にお金を借りるか、ヒッチハイクで帰るか。友達に相談したのですが、彼女も地元の大学生のため貸せるだけのお金がありませんでした。ヒッチハイクで帰るしか方法が無くなりました。 幸い私は人見知りしない性格だったので、とりあえず交通量の多い国道まで行き、乗せてくれる車を待ちました。すると最初は40…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【初体験】17歳の私をビッチにしたイケメン外国人

・【人妻体験談】嫁の画像交換サイトで知り合った男性と嫁を貸し出すプレーした

・【熟女体験談】義姉との初めてのアナルセックスになんともいえない興奮を覚えた

・温泉混浴で注意書きを守らなかった罰

・▲初めてできた恋人は、黒髪巨乳で後ろまで調教済みだった3(転載禁止)

・淫獣の餌食たち・・4

・【混浴】混浴に妻をノータオルで入らせる罰ゲーム

・白髪を剃り落としたPaipan夫婦

・【初体験】超美人のクラスメイトと付き合うことになって

・【熟女体験談】熟女デリヘル嬢とセフレに発展し、大半は制服姿でSEXしている

・【人妻体験談】ポッチャリ体系な妻の母に媚薬を飲ませ、SEXにハマらせた

・お尻でイク

・人肌が恋しくなり出会い系で探した体験談

・出会い系の人と偶然会うなんて

・伯母と過ごした永遠の4年間

・小雪みたいな感じの顔のオバサンでしたが・・・

・【人妻体験談】睡眠薬とお酒で泥酔している母を襲って中出し射精

・【熟女体験談】妻との旅行で知り合ったご婦人たちに温泉でフェラ攻めされた

・SEXしても飽きない男性にゾッコンです

・【Hな体験】密かに想いを寄せていた文学少女に膝カックン

・【人妻体験談】父が再婚した義母に誘惑されたら、イキながらお漏らしした

・【熟女体験談】親が旅行でいない間、隣に住んでるおばさんにお世話をしてもらい童貞卒業

・抜かずの3発に腰も子宮も癒される不倫三昧

・【羞恥】キャバの面接で紹介されたヤバい裏風俗

・【近親相姦】田舎の祖母の家でぽっちゃり美人の母を夜這いレイプ

・非処女の妻は美しい

・【熟女体験談】未婚の親戚のおばさんで初エッチ童貞卒業

・【人妻体験談】お尻が大きい幼馴染の母親とのセックスの相性は抜群

・高校教師している彼女の教ええ

・男なら気になる妻は何人の男と寝たのか