寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

林道で拾った夫婦と完

2018/10/14 00:01


由紀子さんと一緒に内風呂を出ると、ヒロシさんの指示通り由紀子さんにマッサージを始めた。

浴衣姿の由紀子さんをうつぶせに寝かせると、腰を中心に揉み始める。
ヒロシさんには好きなところを揉んでいいと言われているが、さっきまで童貞だった俺にそんな勇気はなく、内風呂のヒロシさんの事も気になってしまって、真剣にマッサージを続けた。

「あっ君、ホントに上手・・・ 気持ちいいよ。」
由紀子さんが、本当に気持ちよさそうに言う。

すると、ヒロシさんが風呂から出てきて、
「おっ!いいねぇ。気持ちよさそう!」
なんて言う。

「ヒロシさんもどうですか?」
そう聞くと、ヒロシさんは
「いや、いいよ。もう寝るから、ちょっと足もまだ痛いしね。ごゆっくりw」
意味ありげに笑うと、隣の和室に入ってふすまを閉めた。

「じゃあ、もう少しお願いしようかな?」
由紀子さんが熱っぽい目で言ってくる。
俺は腰を揉みながら、勇気を出して浴衣をまくり上げてみた。腰から下を徐々にまくり上げると、生足が見えて、その太ももの何とも言えないエロさに思い切り勃起してしまった。
そして、もう少しまくり上げると、下着のお尻が丸見えになった。
ピンク色の、ホットパンツみたいなパンティで露出は少ないのだが、お尻の肉のはみ出具合がめちゃめちゃエロくて、むしゃぶりつきたくなる。

浴衣をまくり上げて、パンツ丸見えの状態にされても、由紀子さんはうつぶせのまま黙っている。
下着と生足に、ハァハァしながら足裏からマッサージを始める。
テレビとかで良くある痛いヤツではなく、足の指に俺の指を絡めるように揉んでいくヤツだ。興味本位で読んだ、性感マッサージのサイトに書いてあったヤツだ。

「ん・・・ それ、気持ちいいね。 ホントにあっ君上手だね・・・」
由紀子さんの声に、甘い響きが混ざるようになってきた。

そして、足首からふくらはぎを丹念に揉んでさする。
そして、太ももに手を持って行く。
もう、ドキドキがMAXだ。

内ももを丹念に揉み、足の付け根の方に下から血行を促すように揉んでさすっていく。
特に足の付け根のあたりを重点的に揉んでほぐしていく。
「あ・・・  ん・・・   気持ちいいから、声でちゃうよ。」
照れたような口調で言う由紀子さん。嫌がるそぶりが全くないので、黙って浴衣を脱がせにかかる。
由紀子さんは、脱がされている時もまったく声を出さず、抵抗もない。それどころか、袖から腕を向く時に、体を動かしてやりやすいようにしてくれた。

そして、ブラとショーツだけになった由紀子さんを、そのままうつぶせに寝かして、背中や腕もマッサージを始める。

腕や肩をもみほぐしながら、背中を撫でるようにマッサージしていく。
ブラが邪魔になるので、思い切って外すことにした。といっても、ブラに直接触れるのも始めてなくらいなので、外し方がよくわからない。ホックのあたりを横に広げたり、縦にずらそうとしたり苦戦する。
「ふふ・・・  ホントに経験ないんだね。 可愛くてキュン死にしそうだよ・・・」
古くさいことをいいながら、うつぶせのまま器用に手を回し、自分でホックを外してくれる。
それを、俺が横に引き抜く。由紀子さんの大きな胸が、うつぶせで寝ることによってつぶれていて、上から見ると横に乳房がはみ出している。

パンツ一枚の由紀子さんを前に、さっき射精したばかりなのに、もうガマン汁がだらだらで、手も触れずにイキそうな感覚に襲われていた。

俺が、浴衣に不自然すぎるくらいのテントを張っているのに気がつかれないように、隠すように半身になって背中をさする続けると、いきなり俺のちんぽを由紀子さんがつかんだ。
俺の浴衣の中に手を突っ込み、パンツの上からチンポを握っている由紀子さんが
「ちょっと、ここ、こり過ぎなんじゃない?私がマッサージしてあげよっか?」
などと言いながら少ししごくと、あっけないほど簡単に射精してしまった。
「あぁぁっ! ダメです!」
などと言いながら、驚くほど大量の精子をパンツにぶちまけてしまった。

「あらあら、凄いね・・・  3回目でもこんなに・・・ もったいない・・・」
そう言うと由紀子さんは、俺のパンツをまくって、パンツにたっぷりとぶちまけられた精子をすすり始めた・・・
そして、あらかた吸い取ると、俺のチンポを口にくわえて、尿道に残っている精子まで吸い取っていく。

そして俺の方を向くと、俺の目を真っ直ぐに見つめながら、口を大きく開けて広げて見せた。
由紀子さんのセクシーな口の中には、真っ白な精子が池を作っていた。

それを、ゴクンと飲み込むと
「あっ君の、3回目でも濃いのね・・・  喉にまとわりついてくるよ。 美味しい・・・」
その言動にあっけにとられていると、由紀子さんはまたうつぶせに寝転んだ。
「ゴメンね、邪魔して・・・  もう少し、してくれる?」
さすがに鈍い俺でも、もう少しして欲しいというのが、ただのマッサージのことではないとわかった。

うつぶせに寝ている由紀子さんの腰のあたりにまたがると、横につぶれてはみ出ている乳房を揉み始める。
そして、手を胸と布団の間に差入れると、由紀子さんのコリコリに勃起した乳首に触れた・・・
「あ・・ん・・・ あぁ・・・」
吐息が漏れる由紀子さん。

そして、そのままの状態で胸を回すようにマッサージしていく。
ある程度やった後に、人差し指と中指で乳首をつまみながらマッサージをする。
「あっ! んんっ! ん・・・ ん・ はぁ・・ あっ・・・ 」
吐息に喘ぎ声が混ざる。

そのまま、乳首を指でつまんだりしてマッサージを続ける。
「あっ・・ あっ! ん! 上手・・だよ・・・ そう・・・ あっ!」
完全に感じて声が漏れている。さっきまで童貞だった俺が、女性をこんなにも感じさせることが出来るなんて、言いようのない自信のようなモノが生まれてくる。

そして、手を由紀子さんのアソコに移動させる。

パンツ一枚の由紀子さんのアソコを、パンツの上から触ると、すでにグチョグチョに染み出ていて、大変なことになっていた。

そこをそのまま押したりさすったりマッサージをしながら、
「ここ、凄く濡れてますよ・・・ ただのマッサージで、スイッチ入っちゃいました? 由紀子さん、エロ過ぎですね・・・」
キョドりながら、何とかそう言うと
「だってぇ・・・ あっ君、変なところばっかり触るから・・・  ヒロちゃんにチクっちゃおっかな?」
「えっ!あ・・その・・・ごめんなさい・・・」
「ふふふ・・・ 冗談よw ねぇ、もっと続けてくれるかな?」
「もちろんです!!」

そして由紀子さんのパンツに手をかかると、腰を微妙に浮かして手伝ってくれた。
するする脱がしていくと、アソコが丸見えになった。
さっきも風呂で見たが、イマイチ暗くてよくわからなかった。
明るい今の状況で、しかもこの体勢で見るアソコは、少しグロかったが、黒っぽいビラビラの中でうごめいているアソコは、すっごく鮮やかなピンク色で、しかも透明の液体が溢れ出ていてキラキラ光っていて、エロ過ぎて鼻血が出そうだった。

マッサージとかどうでもよくなってしまって、うつぶせで寝ている由紀子さんのアソコにむしゃぶりついた。
足を広げて顔を突っ込んで舐め始めたが、体勢に無理があってうまく舐められない・・・
すると、由紀子さんが腰を浮かしてくれて、舐めやすくなった。
夢中で舌をアソコに這わせると、メチャメチャに動かした。
初めて舐めるアソコは、熱くて少し塩っぽい味がした。
クリトリスを舐めてみると、乳首みたいに堅くなっていて、夢中で舐めた。
「あっ! あっ! んんっ!! あっくん・・・ 気持ちいいよぉ・・・  そこ、皮むいて舐めてぇ・・・ あっ!」

言われるままに、クリトリスの包皮を指でむくと、ピンク色のヌラヌラしたクリトリスが全部見えた。
その形や色や舌触りに、興奮が加速して夢中で舐め続けると、
「あっ・・くぅぅ・・・あっ! そこぉ・・ 良いよぉ・・ ハッ! ハッ! はぁぁっ! ん! くぅっ! あぁぁっ!」
由紀子さんがそう言いながら、ビクンと体を跳ねさせた・・・

「あーあ・・ チェリーナイツにイカされちゃったよ・・・ ホント、キミは筋いいね・・・ 末恐ろしいよ・・・」

そう言うと、由紀子さんが俺を押し倒してキスをしてきた。
そのキスは、全てを吸い取られてしまいそうなキスで、歯ぐきや舌の下側や、上あごなんかも舐められて、吸われた・・・
童貞だった俺は、セックスの中でキスなんて、きっとたいしたことないと想像していたけど、実際に由紀子さんにされたキスは、ただただ気持ちよくて驚いていた。

キスしながら、由紀子さんは器用に俺を全裸にしていく。
「今度は私がマッサージしてあげるからね。」
由紀子さんが、熱っぽい目で俺に言う。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
★恐怖を感じた痴漢達の行為
2015/07/28 22:39
2015/07/28 22:39
 5年位前だったかなぁーあの時私はオールで友達と遊んで、家に帰る途中だったんです。ちょうど通勤通学の時間帯で電車は結構混んでました。寝てなかったので 扉の近くでウトウトしちゃったんです。気が付いたら 周りを男子高校生に囲まれてました。

 私は背が小さいので 男の子たちの会話が私の頭の上を通過するかたちになっていたので なんか気まずくなって「ごめんなさい」って小さな声で言って移動しようとしました。でも 移動しようとした先にいた子が完全にガードになってて移動できなかったんです。
 たぶん それがスイッチだったんでしょう 男の子たちの手が一斉に伸びてきました。夏前だったので私の服装はミニスカー…
イケメン美容師にお金を貢ぐ五十路の淫語絶叫おばさん
2015/12/25 00:12
2015/12/25 00:12
五十路の主婦で夫は単身赴任中

現在娘と家で二人暮らし

いつも行く美容室で指名する貴之君26歳は、
爽やかな今風のイケメン美容師

会話も聞き上手で私の愚痴をよく聞いてくれました。

お互いワイン好きということが分かり
イケメン美容師と飲みに行くことになったのです。

娘ふたりはクラブの合宿でいない夏休みの時でした。

夫しかしらない私は彼とのデートに有頂天になってしまい、
ワインの酔いに任せて彼に誘われるまま
彼の部屋に行き抱かれてしまったのです。

結婚もしている五十路のおばさんの私が
イケメン美容師と甘い情事を体験出来るなんて夢みたい

その時は一夜限りの火遊びのつもりでした。…
パートさんを頂きました
2015/12/19 01:05
2015/12/19 01:05
会社のパートさんを昨日、頂いた23の勤労青年です! ゆりさんっていいます。36歳のスレンダー系で、雰囲気は仲間ゆきえで顔は もう少し細くした感じでタイプの人でした。性格はイケズ系....;ゆりさんとは音楽のことで盛り上がってウタダヒカルのCDを会社帰りに俺 の家まで取りに来ることになって。。。ワンルームだから、まぁ、お茶でも って、いって入ってもらうと、もうベットの横で便利だよね。ゆりさんに飛 び乗って、実は前から好きだったんですって、コクって乗っかってると、ダ メだよっ、とか、イタイイタイっていいながらも、完全に拒否しないからず るずるとやった。Tシャツの上から胸をもみ、キスをしながら、Tシ…
友達の結婚相手が数カ月前に援交した女性だった【エッチ体験談】
2015/12/12 18:29
2015/12/12 18:29
名無しさん(20代)からの投稿 ---- 俺の友人Mが結婚するって事で、仲間数名でお祝いする事になった。 嫁さんになる人とは会った事がなかったので、少し楽しみにしていた。 仲間内でよく行く居酒屋で集まる事になり、俺が店に着くと既に全員揃っていたいた。 M「おせ~ぞ~!河合!」 俺「わりぃわりぃ」 と言いながらMの嫁さんをチラッと見た。 あれっ?どこかで見た顔?誰だっけ? 次の瞬間、完全に思い出した。 3か月くらい前に出会い系で知り合ったホ別1.5の娘だ・・・。(ホテル代別の1.5万円) 顔は並だが、貧乳+マグロで不完全燃焼に終わった記憶がある。 俺が顔を…
伯父と母の情事 【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/28 13:27
2017/08/28 13:27
隣室からの話し声に突然目が覚めて、母の部屋を障子の隙間から覗くと、枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ている母を押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。 「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」 母はかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。 浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。 恥ずかしさから必死に乳房を覆い隠し、起き上がってその場を逃れようと…
★患者とナースがシコシコしてた
2017/04/17 14:44
2017/04/17 14:44
 私が入院していたときのことです。病院は消灯時間になると電気が消えてシーンとした雰囲気になるのはご存知ですか??そして何も聞こえないはずなのに聞こえてきた声、

「ダメよ、ダメ、あ…」こんな声、20代の私はすぐ感づきました。そして生まれたのが好奇心、私はそーっと声の聞こえる場所に行きました。すると階段の隅でナースと患者??らしきがやっぱりいました。

 しかし、なんだか状況がおかしいんです。よくよく思い出してみればさっきの声なんだか低くなかった??私はそっと目を凝らして暗闇の中の二人を除いた。

 するとナースが患者の背後に回り、後ろから患者のチンチンをギュウギュウに握ってシコシコ、患者は…
子供達のいたずら ?ver4 【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/22 09:56
2017/08/22 09:56
「あら、お相撲?」 わたしは二階で遊んでいる子供達に、ジュースをあげようと子供部屋のドアを開けました。 うちの息子と、遊びに来ていた近所の郁哉くんが、じゃれあっています。 息子の優貴は小学1年。郁哉くんは三年です。 わたしの「お相撲?」という言葉に郁哉くんが「違うよ、プロレスだよ」と答えました。 郁哉くんはその歳にしては比較的大きな子でしたので、なんだか息子がしがみついてるだけの ように見えます。 わたしは、「そうなの…とりあえず休憩したら?」とジュースを置きました。 子供達は、こちらに駆け寄りゴクゴクと美味しそうに、それを飲み干します。 「郁哉くん、強いんだよ。ぜ…
ブスな女の子…しかし
2018/02/23 11:31
2018/02/23 11:31
俺は今 45才 離婚して15年!! 昔は大の女でした!今は面倒が先…けど、先週の話しです。N大学の近くに住む俺は夜中に 腹が減りコンビニへ向かいました。大学のキャンパス近くにあるため いつも夜中でも誰かお客はいます。その日は雨風が酷く店員以外誰もいませんでした。 いろいろ買い物をして弁当の棚に 行った時に1人入ってきました。 常日頃、大学生の客ばかりだし気にも止めてませんでした! その客はお世辞にもかわいくない ブスよりな女の子… 芸能人なら…誰!?いない… その子も弁当を買いに来たのか 隣にきました。 その時ブスだったけどからかい半分で 「ネェ♪弁当買わないでさぁ~ご飯食べにいかない!?」…
塾のバイト講師とエッチ後の課外授業
2018/09/09 14:57
2018/09/09 14:57
 大学2年生のみなです!昨日、高校生の時にお世話になっていた塾のバイト講師、25歳の先生とエッチしちゃいました。先生はめちゃかっこよくて、おしゃれで、しかも医大生。塾でも人気の先生だったんです。

 もちろん頭も良くて授業もわかりやすい!生徒2対先生1の形式の授業で、私は当時先生に物理を教えてもらっていました。先生のお蔭で苦手だった物理も、30点から最後のテストでは80点まで上がったんです!なので最後の授業の時にメールアドレスを書いて、お礼の手紙をそっと渡しました。
友人に犯されて感じてしまった私
2017/01/15 14:19
2017/01/15 14:19
この間、友人に犯されました。 ただの友人ではなく大切な人です。 私は結婚2年目の25歳ですが、夫にとっても私にとっても大切な友人の1人なのだけに、ショックでした。 しかも心ならずも感じてしまった私も・・・。 久しぶりに仲間内で集まっての飲み会に盛り上がったその日、私と彼とが途中でお酒の買い足しに行ったのです。 その帰り、車の中で突然キスをされました。 何が起こったのかと驚いているうち、胸元から手を入れて揉まれ、乳首をいやらしく愛撫されました。 ぼぅっとしていたのが快感になったのと、起こっている出来事を理解したのは同時でした。 とっさに「やめて!!何すんの!?」と激しく抵抗しまし…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・飲み会でお持ち帰りしたら同僚の彼女って打ち明けられ仰天した話2

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・男のオモチャの様に扱われた日々

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・酒を利用して寝取った

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り

・完熟?女子中学生と…

・【熟女体験談】隣のデカチンな黒人と4p乱交していた寝取られ妻

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終

・フィギャアスケート部員で男は俺一人

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・ウブな女の子から大人の女に

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・ロリコンな幼馴染との奇妙な関係

・思い出のお姉さん

・【人妻体験談】変態で下品なプレイを妄想し、実現させたくなるムッツリスケベな専業主婦

・【不倫】とろけるようなキスが私の貞操観念を狂わせた

・親友の息子と愛し合う日々

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)