寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

林道で拾った夫婦と完

2018/10/14 00:01


由紀子さんと一緒に内風呂を出ると、ヒロシさんの指示通り由紀子さんにマッサージを始めた。

浴衣姿の由紀子さんをうつぶせに寝かせると、腰を中心に揉み始める。
ヒロシさんには好きなところを揉んでいいと言われているが、さっきまで童貞だった俺にそんな勇気はなく、内風呂のヒロシさんの事も気になってしまって、真剣にマッサージを続けた。

「あっ君、ホントに上手・・・ 気持ちいいよ。」
由紀子さんが、本当に気持ちよさそうに言う。

すると、ヒロシさんが風呂から出てきて、
「おっ!いいねぇ。気持ちよさそう!」
なんて言う。

「ヒロシさんもどうですか?」
そう聞くと、ヒロシさんは
「いや、いいよ。もう寝るから、ちょっと足もまだ痛いしね。ごゆっくりw」
意味ありげに笑うと、隣の和室に入ってふすまを閉めた。

「じゃあ、もう少しお願いしようかな?」
由紀子さんが熱っぽい目で言ってくる。
俺は腰を揉みながら、勇気を出して浴衣をまくり上げてみた。腰から下を徐々にまくり上げると、生足が見えて、その太ももの何とも言えないエロさに思い切り勃起してしまった。
そして、もう少しまくり上げると、下着のお尻が丸見えになった。
ピンク色の、ホットパンツみたいなパンティで露出は少ないのだが、お尻の肉のはみ出具合がめちゃめちゃエロくて、むしゃぶりつきたくなる。

浴衣をまくり上げて、パンツ丸見えの状態にされても、由紀子さんはうつぶせのまま黙っている。
下着と生足に、ハァハァしながら足裏からマッサージを始める。
テレビとかで良くある痛いヤツではなく、足の指に俺の指を絡めるように揉んでいくヤツだ。興味本位で読んだ、性感マッサージのサイトに書いてあったヤツだ。

「ん・・・ それ、気持ちいいね。 ホントにあっ君上手だね・・・」
由紀子さんの声に、甘い響きが混ざるようになってきた。

そして、足首からふくらはぎを丹念に揉んでさする。
そして、太ももに手を持って行く。
もう、ドキドキがMAXだ。

内ももを丹念に揉み、足の付け根の方に下から血行を促すように揉んでさすっていく。
特に足の付け根のあたりを重点的に揉んでほぐしていく。
「あ・・・  ん・・・   気持ちいいから、声でちゃうよ。」
照れたような口調で言う由紀子さん。嫌がるそぶりが全くないので、黙って浴衣を脱がせにかかる。
由紀子さんは、脱がされている時もまったく声を出さず、抵抗もない。それどころか、袖から腕を向く時に、体を動かしてやりやすいようにしてくれた。

そして、ブラとショーツだけになった由紀子さんを、そのままうつぶせに寝かして、背中や腕もマッサージを始める。

腕や肩をもみほぐしながら、背中を撫でるようにマッサージしていく。
ブラが邪魔になるので、思い切って外すことにした。といっても、ブラに直接触れるのも始めてなくらいなので、外し方がよくわからない。ホックのあたりを横に広げたり、縦にずらそうとしたり苦戦する。
「ふふ・・・  ホントに経験ないんだね。 可愛くてキュン死にしそうだよ・・・」
古くさいことをいいながら、うつぶせのまま器用に手を回し、自分でホックを外してくれる。
それを、俺が横に引き抜く。由紀子さんの大きな胸が、うつぶせで寝ることによってつぶれていて、上から見ると横に乳房がはみ出している。

パンツ一枚の由紀子さんを前に、さっき射精したばかりなのに、もうガマン汁がだらだらで、手も触れずにイキそうな感覚に襲われていた。

俺が、浴衣に不自然すぎるくらいのテントを張っているのに気がつかれないように、隠すように半身になって背中をさする続けると、いきなり俺のちんぽを由紀子さんがつかんだ。
俺の浴衣の中に手を突っ込み、パンツの上からチンポを握っている由紀子さんが
「ちょっと、ここ、こり過ぎなんじゃない?私がマッサージしてあげよっか?」
などと言いながら少ししごくと、あっけないほど簡単に射精してしまった。
「あぁぁっ! ダメです!」
などと言いながら、驚くほど大量の精子をパンツにぶちまけてしまった。

「あらあら、凄いね・・・  3回目でもこんなに・・・ もったいない・・・」
そう言うと由紀子さんは、俺のパンツをまくって、パンツにたっぷりとぶちまけられた精子をすすり始めた・・・
そして、あらかた吸い取ると、俺のチンポを口にくわえて、尿道に残っている精子まで吸い取っていく。

そして俺の方を向くと、俺の目を真っ直ぐに見つめながら、口を大きく開けて広げて見せた。
由紀子さんのセクシーな口の中には、真っ白な精子が池を作っていた。

それを、ゴクンと飲み込むと
「あっ君の、3回目でも濃いのね・・・  喉にまとわりついてくるよ。 美味しい・・・」
その言動にあっけにとられていると、由紀子さんはまたうつぶせに寝転んだ。
「ゴメンね、邪魔して・・・  もう少し、してくれる?」
さすがに鈍い俺でも、もう少しして欲しいというのが、ただのマッサージのことではないとわかった。

うつぶせに寝ている由紀子さんの腰のあたりにまたがると、横につぶれてはみ出ている乳房を揉み始める。
そして、手を胸と布団の間に差入れると、由紀子さんのコリコリに勃起した乳首に触れた・・・
「あ・・ん・・・ あぁ・・・」
吐息が漏れる由紀子さん。

そして、そのままの状態で胸を回すようにマッサージしていく。
ある程度やった後に、人差し指と中指で乳首をつまみながらマッサージをする。
「あっ! んんっ! ん・・・ ん・ はぁ・・ あっ・・・ 」
吐息に喘ぎ声が混ざる。

そのまま、乳首を指でつまんだりしてマッサージを続ける。
「あっ・・ あっ! ん! 上手・・だよ・・・ そう・・・ あっ!」
完全に感じて声が漏れている。さっきまで童貞だった俺が、女性をこんなにも感じさせることが出来るなんて、言いようのない自信のようなモノが生まれてくる。

そして、手を由紀子さんのアソコに移動させる。

パンツ一枚の由紀子さんのアソコを、パンツの上から触ると、すでにグチョグチョに染み出ていて、大変なことになっていた。

そこをそのまま押したりさすったりマッサージをしながら、
「ここ、凄く濡れてますよ・・・ ただのマッサージで、スイッチ入っちゃいました? 由紀子さん、エロ過ぎですね・・・」
キョドりながら、何とかそう言うと
「だってぇ・・・ あっ君、変なところばっかり触るから・・・  ヒロちゃんにチクっちゃおっかな?」
「えっ!あ・・その・・・ごめんなさい・・・」
「ふふふ・・・ 冗談よw ねぇ、もっと続けてくれるかな?」
「もちろんです!!」

そして由紀子さんのパンツに手をかかると、腰を微妙に浮かして手伝ってくれた。
するする脱がしていくと、アソコが丸見えになった。
さっきも風呂で見たが、イマイチ暗くてよくわからなかった。
明るい今の状況で、しかもこの体勢で見るアソコは、少しグロかったが、黒っぽいビラビラの中でうごめいているアソコは、すっごく鮮やかなピンク色で、しかも透明の液体が溢れ出ていてキラキラ光っていて、エロ過ぎて鼻血が出そうだった。

マッサージとかどうでもよくなってしまって、うつぶせで寝ている由紀子さんのアソコにむしゃぶりついた。
足を広げて顔を突っ込んで舐め始めたが、体勢に無理があってうまく舐められない・・・
すると、由紀子さんが腰を浮かしてくれて、舐めやすくなった。
夢中で舌をアソコに這わせると、メチャメチャに動かした。
初めて舐めるアソコは、熱くて少し塩っぽい味がした。
クリトリスを舐めてみると、乳首みたいに堅くなっていて、夢中で舐めた。
「あっ! あっ! んんっ!! あっくん・・・ 気持ちいいよぉ・・・  そこ、皮むいて舐めてぇ・・・ あっ!」

言われるままに、クリトリスの包皮を指でむくと、ピンク色のヌラヌラしたクリトリスが全部見えた。
その形や色や舌触りに、興奮が加速して夢中で舐め続けると、
「あっ・・くぅぅ・・・あっ! そこぉ・・ 良いよぉ・・ ハッ! ハッ! はぁぁっ! ん! くぅっ! あぁぁっ!」
由紀子さんがそう言いながら、ビクンと体を跳ねさせた・・・

「あーあ・・ チェリーナイツにイカされちゃったよ・・・ ホント、キミは筋いいね・・・ 末恐ろしいよ・・・」

そう言うと、由紀子さんが俺を押し倒してキスをしてきた。
そのキスは、全てを吸い取られてしまいそうなキスで、歯ぐきや舌の下側や、上あごなんかも舐められて、吸われた・・・
童貞だった俺は、セックスの中でキスなんて、きっとたいしたことないと想像していたけど、実際に由紀子さんにされたキスは、ただただ気持ちよくて驚いていた。

キスしながら、由紀子さんは器用に俺を全裸にしていく。
「今度は私がマッサージしてあげるからね。」
由紀子さんが、熱っぽい目で俺に言う。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
電話勧誘で
2016/12/24 01:05
2016/12/24 01:05
電話が鳴っている。出ない?女房がトイレ? 仕方なく2Fの電話機を取る。そうだ!女房は出掛けると言っていたのを忘れていた。 「こちらは・・・・・・の・・・ゼリーのご案内を致しております」と落ち着いた感じの 女性だった。40歳前後か?女房の事を思い出し、前半部分を聞きも漏らした。 普通この手の勧誘電話は適当に応えお引き取り願うが、この時は何故か違った。 ゼリーですか?ゼリーなら使ってますよ。最近内のが潤いが無くなってきたもんで。 「あのー・・・こちらはxx養蜂のローヤルゼリーのご案内ですが?」 それは新しいゼリーですか?・・・あのー?・・・夫婦の間で使うゼリーとは違うんですか?「はい!食品の方のゼ…
義姉に精子の全て抜かれた体験談
2018/10/27 20:44
2018/10/27 20:44
 お世辞にも美人とは言えない義姉は23歳で結婚、26歳で離婚以来、一人でパートをしながら育てたという。その娘も高校を卒業するや、一人暮らしをしながら会社勤めをしており、義姉は一人1ルームマンションで暮らしている。

 義姉の最初の印象は、世の男性から見ると失礼だが声をかけて彼女になってもらい、デートする気持にはなりにくい。しかし私の強烈な印象は、大きな胸と言っても丸く思わず触りたくなる、
親友の義姉
2017/12/14 05:19
2017/12/14 05:19
僕には運命共同体と言える親友がいる。ただ、友情には色々な関係がると 思うが、僕等の場合は少し公にする事ができない「真友達」だ。 「真友達」と出会ったのは、僕がバイトをしていたスーパーだった。 バイト仲間で、当時そんなに親しくなかったカズが、日用雑貨の商品棚を隠 れる様にして見ている風景を見つけ、「何やってんの?」と声をかけた所か ら始まる。 カズは僕を見て人差し指を口の前で立てて「しーっ、静かに!」と言い、小 声で日用雑貨が置かれている商品棚を指差した。 そっと覗くと、OLっぽい女の人がノートをぱらぱらめくりながら商品を物 色している、そのOLの後ろに30代後半くらいの鬱蒼とした感じ…
その後です
2017/08/26 19:19
2017/08/26 19:19
コメントの車庫証明は不明ですが…。 母親が風呂場に行ってる間の行為だったのですが、たぶん母親は知っていたと思います。 その後、私はわざとらしく母親が風呂場に行ってる間に手や口で精子を受け止めさせられました。 口に出された時は全て飲むように教えられ。 手で出した時は射精後に舌で舐めたり。 やがて小さな膣で受け入れる事になりました。 裸の私は足を広げ、膝の裏を持ち膣内に入ってくるチンチンを見つめていました。 時間を掛け、ローションの潤滑に助けられて小学生の私はおじさんと一つになってしまいました。 抱きしめられ下半身を動かされ、私の膣内に射精されました。下腹部に熱い液体がほとばしる感がわかる程の量を…
❤会社のトイレには男性の臭いが
2017/07/13 21:49
2017/07/13 21:49
 会社で毎週火曜日の朝にみんなで清掃の時間があるんだけど、ついさっきまたやられてたよぅ・・これで三週間連続(;_;)私はこの一ヶ月間はトイレ担当なんだけどウチの会社は共同トイレ・・

 掃除の朝にいつものように掃除に行くとトイレの中に入るとまたあのニオイ・・(>_
デカチンを見たら表情が変わった彼氏持ちの女 1【エロ体験談】
2018/05/03 21:10
2018/05/03 21:10
自分は35歳の独身男。寝取られM男以外は読んでいて気分が悪くなると思うのでスルーして。

2ヶ月程前にセフレの女から面白そうな話を持ち掛けられた。
何やらセフレとセフレの友達がシンガポールに旅行する予定だけど、男っ気が無くてつまらないから俺の友達誘って旅行に参加しないかということだ。

セフレの友達の彼氏が相当嫉妬深いらしくて、せっかくの海外なのに男と遊ぶことも出来なそうでつまらないとのこと。

その女に男と一緒に行こうと伝えれば間違いなく拒否されそうだということだったので、少し計画を練り、現地で偶然を装って俺達と合流するということにした。俺は早速よく一緒に女遊びをしている友人に声を掛けてセフ…
弟に勝負ビキニを見せたのが間違いの始まりだった
2017/03/20 12:59
2017/03/20 12:59
(よし!これに決まり!大胆過ぎるカットだけど、これで勝負よ!)

この夏に着る水着を買いに来ていた私は、思い切って一着のビキニを手にレジへ向かう。
来週、クラスの仲良しグループで、海水浴に行くことになったんだけど、私が密かに憧れているT君も一緒なの。
この悩殺水着でノックアウトさせちゃうつもり。

水着を手にし、家に帰って来た私だが、ふと不安になってきた。
本当にこの水着で勝負になるのかしら?
自分では十分だと思ったんだけど、実際のとこ、どうなんだろう。
今、私は気分がかなり高揚しているから客観的に見ることができない。
居間に入ると弟がテレビを見ていた。
あっ、そうだ、いいこと、思い…
セーラー服を堪能【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/27 22:44
2017/09/27 22:44
です。ご無沙汰してます。 何か話題にしてもらってるようでありがとうございます。 賑やかしになってれば嬉しいです。 実際の所、考える事があって少し時間を空けていたのですがAさんとは会っていますし、 やはり色々とあったのでここで報告したいと思ってます。 考える事といっても暗い話ではなくて、こうやって気持ちをまとめる事も それに対して好きな感想を言って貰ってそれを読む事も結構楽しいなあと思っています。が、現実の話を書く事に対してやっぱり不安感みたいなものも大きいのと、 後は結構頭の中を整理する事に時間が掛かるため、 単純ないわゆる普通の事じゃない事をしているっていう事に対する不安だったり 頭の中が…
結婚を意識したMの彼女は他の男(複数あり)とヤリまくっていた
2016/05/16 12:01
2016/05/16 12:01
<人物> 俺当時23歳、現在27歳。 元彼女...ここではAとします。当時23歳。 身長160cmくらい。体系・普通、胸C。 顔・白石ひより激似。(別れてからこのAV嬢知ったんだが本人かと思った。声まで一緒。) 髪型・肩に少し掛かるくらいのストレ−ト。黒髪。 まずは馴れ初めから。 Aと知り合ったのは12月初めキャバクラで。友人数人と行ったんだがラスト1タイムで俺につき意気投合、見た目は全然ケバく無く色白美人でかなり天然系で天然好きな俺としては ど真ん中ストライクで即行メルアド交換してその日は帰った。それから何度か連絡取り合ったが営業行為は全く無く、気取ったところも無くておしとやかな凄く感じの良…
自宅の車庫の中で男と妻は・・・
2016/12/19 21:19
2016/12/19 21:19
私は45歳、妻は40歳になります。 結婚したのが35歳ですから丁度10年になり、子供は8歳と6歳になります。 妻と男の関係を私が知ったのは1年ほど前です。 私の出張が1日短くなり深夜に帰宅したときでした。 妻には別に言う必要もなく、また深夜帰宅ですから、起きててもらうのも悪いと思い、そのまま自宅へと向かいました。 私の住むところは田舎で、田んぼに囲まれた家々が点在する田舎町です。 駅からタクシーにて自宅へ向かい、自宅近くの辻で降ろしてもらいました。 家の門まで歩くていくと見なれない車が車庫の脇に停まってました。 一瞬門の脇にの身を隠すと、妻が玄関よりトレーニングウェア姿で出てく…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】後輩の妻がいい女すぎてノックアウトされてしまい、寝取りレイプをする鬼畜

・【熟女体験談】引っ越してきた新妻に誘惑され、初めてのセックスを体験し強く腰を振って射精

・義父に恥ずかしい行為を見られて

・義父に女の喜びを その1

・▲初めてできた恋人は、黒髪巨乳で後ろまで調教済みだった2(転載禁止)

・【乱交】黒タイツ女装男子の淫乱バレエレッスン

・主婦としての貞操を最低限、守り抜こうと・・・

・中学2年の時に祖母にセックスを教えてもらった

・【盗撮・覗き】夜の公園で大学生の彼氏にフェラしてた純情JK

・「私の計画実行2」の続編が見たいです。

・【熟女体験談】小学校の頃、友達のお母さんで筆下ろしを経験した

・運送会社に勤めていた頃の話

・【人妻体験談】セックスに興味なかったウブな人妻がレイプされ、セックスの虜になった

・【Hな体験】美大を目指す生徒のためにヌードモデルを引き受けた

・制服姿の女の子のきつい女穴に挿入

・浮気とは違うと思っています・・・

・△出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた(転載禁止)

・【熟女体験談】母が再婚した義父に妻が寝取られていることに興奮している変態夫

・【Hな体験】初めてのテレクラで潮吹きエロ娘をゲット!

・妹の手コキ(オナホール使用)から始まった兄妹相姦 (妹の生ホール体験)

・ご近所の付き合いは大切です勿論エロも

・興味本位で出会い系に登録した体験談

・【露出】露出マゾの母娘って変ですか?

・【熟女体験談】面白いおじさんだと思っていた隣のご主人にレイプされた

・【SM・調教】変態女とホモマッチョに囲まれて・・・。

・【SM・調教】捕らわれて縛られるヒロインに感じてSMの世界へ

・身体の芯に火がつき始めていた妻は・・・

・学校のPC室のエロ

・【不倫】逞しい彼の体に夢中です

・【人妻体験談】新妻幼なじみにアナルプラグをつけさせたらドヘンタイに進化した