寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【女×女】近所のお姉さんに処女のお尻を愛された[後編]

2018/10/13 22:00


「律子ちゃん・・・?」
「・・・」
「ねえ、怒っているの?乱暴でひどいことしてる?」
心配そうに上気した聡美さんの顔が下りてくる。近々と息が触れるほど。あたしには声なんか出せない。 だって聡美さんは語りかけながら、同時にお尻の穴と前を開く指がくねって、悶絶しそうになってしまうから。今だって必死に快感の喘ぎをこらえているのに、声を出したら、もうあたし、我慢、できない。変だよう・・・こんなヒクヒクして、自分の指とは全然違う。狂わされちゃう、おか、おかしく、なっちゃぅぅぅ・・・。
あからさまに目を逸らすと、途端に指がいじわるく激しくなり、かといって情欲に濡れる瞳を睨み返すなんて無理。LOVEじゃないけど、憧れ続けていた女性に裸の肌を重ねられて、「こんなの変」だと叫ぶ理性なんか吹っ飛ぶほどあたしは濡れて感じまくっているから・・・。こうして太ももの辺りからサワサワと充血した下腹部を弄られちゃったりするだけで、聡美さんの指も手首もビショビショに雫で汚しちゃって、弁解することも訴えることもできず、視線を奪われて目を潤ませているのだ。
「ねえ、嫌かな、私じゃ?お願い、本当にやめて欲しいなら・・・今、そう言って」
切羽詰まった声で聡美さんが囁きかける。でないと、もう我慢が利かない。そういうニュアンスをこめているのだ。いつの間にか聡美さんはあたしの裸体の上に跨がり、痛いほどこわばった未熟な乳首がキャミソール越しに重なる体に変に擦れて甘く痺れが走っていく。
太ももに絡んだ聡美さんの下半身・・・。無意識にそこに目が行った瞬間、ゾクゾクっと妖しい快感が火花を散らして背筋を駆け上がった。あたしなんかの比じゃなく本気で滴ってる、聡美さんの、乱れた大人のいやらしい唇。
(あたしを見てこんなに感じてくれている。エッチに乱れてくれているんだ)
その卑猥さに、頭のどこかがバチっと激しくショートした。
「あ、あたし・・・恥ずかしい・・・」
拒絶ではなく嫌悪でもなく、そう口から漏れたのは聡美さんへの屈服の合図だった。
「いいの?私だって恥ずかしい・・・でも嬉しい」
「さ、聡美さん」
名前を呼ぶ、ただそれだけの行為が、まるで甘いおねだりのようだった。2人して真っ赤な顔を見つめ合い、それでも視線は逸らさない。妖しく鼻と鼻を触れあわせ、エッチな雫で濡れた手で顎を摘まれると、芳しく唇が色づいてあたしの唇をぴっちり塞いだと思う間もなく、再びぬるりと彼女の舌に侵入されて瞳孔を見開いてしまう。
彼女の瞳の中には、これ以上ないほどいやらしく上気したあたしの姿。例えようもなく淫靡なハーモニーが滴った。唾液と唾液がぐちゃぐちゃに攪拌しあって淫らな汁音をあたしの口の中で奏で、酸欠で意識が遠のくまで口の中を蹂躙しつくされ、混じり合う2人分の粘液を一滴もこぼすことなく、聡美さんの舌技に導かれていじわるく、とろりとろり飲まされていく。
何もかも受身で無抵抗。すべて聡美さんにされるがままでいることが総毛立つような快楽をもたらし、2本に増えた指がみりみりと括約筋を割り裂いて潜り込んでくるのを懸命にお尻で噛み締め、ビクビクっとお尻の穴を締め付けて味わう。ジェルでひやりとした指は内側からみちりみちりと直腸を引っ掻いて、排泄物が引っかかり逆流してくるようなその独特の感触に、だらりだらりと汗がこぼれる。
そう、この感触。この倒錯感。
必死に絞りあげて阻止しようとするお尻の穴を嘲笑うかのようにあたしを責めたて、今にも意識が飛びそうなのに、膜がかかったように最後の一線を越えられず、必死になって聡美さんの指に指を絡めてしがみつく。その手をぽんと振り解かれ、聡美さんが本格的にあたしを嬲りだした・・・両手で。
それは劇的な変化だった。2倍の刺激どころじゃない、全身が溶けていく。ねば~っと唾液のアーチを引き伸ばしながら離した唇で耳たぶを甘く噛み、胸を胸に擦らせつつ指が潜り込んで痛痒く乳首を捻り潰し、一方で3本目の指をお尻にねじ込みながら親指が割れ目の包皮を押し上げ、過敏な突起をさらけ出す。まな板の上で跳ね回るだけのあたしを、徹底して火照らせ、下ごしらえしていくのだ。
「全体にちょっと上付きなのね、律子ちゃんは」
「ん、ぃう・・・し、知りません」
言葉でも恥ずかしがらせながら、コリコリと親指の先が、真っ赤にただれているだろう神経の塊を弄りだすと電撃が駆け抜け、かはっと息を詰まらせた一瞬のうちにあたしは立て続けに3度もイッてしまった。完全に脱力してるのに、後ろのすぼまりは、未だ根元までいやらしく刺さった聡美さんの指を噛みしめていて、まだアクメが止まらない。
「さっ、聡美さん、イク、イッ、イキま・・・」
「他人行儀じゃなく、昔みたいに『お姉さま』って呼んで?」
甘えるようにねだられ、しかもこんなに愛されて、身も心も抗えるはずがない。
「おっ、お姉さま・・・すご、すごく、て・・・お姉さまの指・・・感じちゃ・・・」
「嬉しいわ。その言葉を待っていたの」
あとはもう言葉じゃなかった。たぶん盛りのついたエロエロなメス猫の悲鳴だ。よがり狂ってギリギリと穴を窄め、内側の壁をぐいっと拡張する3本の指に仰け反らんばかりの快感を励起され、とろんと垂れる腸液さえ感じられそうなほど、どころか締めあげるその場所には4本目を埋めようとして、しかも痛みもなく緩みきったお尻はあっさりと小指の先を咥えこんでしまい、どっと変な衝撃がカラダを押し流した。たゆたゆと未成熟な胸を聡美さんと擦り合わせ、意識も飛びそうなほどの快感と悦びを彼女にもなすりつけて、肌の触れ合いで伝えるのだ。
「私、胸が薄いのがコンプレックスなのよ。律子ちゃんの胸、羨ましいわ」
「はひ、ん、聡美さ・・・お姉さまこそ、きれい、です・・・」
いつの間にか上半身も裸になっていた聡美さんは、ほっそりした顔を傾けて微笑んだ。確かに見た目はあたしの方がボリュームがあるけど、でも聡美さんの胸は膨らみ方が上品で、つんと控えめに尖った乳首と、小さ目の乳輪の色づき方がすごく情欲をそそるギャップを醸し出しているのだ。桜色にゆだる女性の肌が、同じ女のあたしをこうもおかしく誘惑するなんて。その指が4本も、あたしのお尻をみっしりと占領してる、なんて・・・。
「ふわぁ」
想像と現実のシンクロでお尻がひくんと弾み、子宮の底からカラダがねじれた。聡美さんの指がアナルを探索し、さらにもう片手でぎゅぎゅっと外からお尻の肉を揉まれてしまい、しかも同時に親指の先で痺れきったクリトリスまで弾かれて、カラダを駆け上る熱さと快感は電撃さながら、口から涎がこぼれているのだって気づけないぐらい。
(お尻、ゆるゆる・・・もっと、もっと深くにまで、この捲れるような刺激を欲しい・・・)
聡美さんの目が淫蕩に揺れて、あたしの声無きおねだりはすべて伝わっていた。あっと思ったときにはお姫様抱っこをされていて、あたしは聡美さんの乳房の間(谷間というほどじゃない控えめな膨らみ)に、顔を埋めている。
「最後は、もっと涼しい部屋で、ね」
言葉を区切ったけど、その先は聞かずとも分かる。だから、おだやかな表情と裏腹にドクドクと昂ぶる聡美さんの鼓動を聞きながら2階の寝室に運ばれ、ぎしりとベッドに沈みこんだ。鼻を埋め、シーツに残る聡美さんの匂いをくんくんと嗅いでしまう。
「いけない子。何を調べているの?」
「だって、お姉さまの匂いが、しみついて・・・」
「動物みたいなのね、ふふ」
覆い被さってきた聡美さんの口づけを今度こそ自分の意思で受け入れて、さえずるようについばみながら唇をうなじや頬に這わせていく。聡美さんの指がまたも下腹部へと伸び、羞恥心をこらえて力を抜くと、まるでそれが当たり前のように長い指先がヌプヌプとお尻の中へ沈んできた。顎を反らし、目を閉じ、逆流するような異物感を楽しむ。
(すごい、いくらでも感じちゃう、濡れて溢れてしまう、聡美さんもこの感触を・・・?)
初めて、あたしは自分から指を伸ばした。
「あっ、律子ちゃん、何を・・・っ!?」
「お姉さまのも、見たいから」
聡美さんの声が思わぬ動揺の色を帯び、艶かしい喘ぎを滲ませる。あたしの指が聡美さんの下腹部を、あたしよりも生え揃った茂みをなぞり、そこから下へと遠慮なくつぷんと潜り込んだせいだ。
湿ったヒダにとろりと雫が絡みつき、ざわめいて指を深くへ引き込んでいく。もう片方の手をお尻にまわすと、あのお尻に埋まったリングに指が触れ、それをきゅっと引っ張ると、初めて喉を鳴らして聡美さんが嬌声をあげた。あとは2人とも無我夢中だった。足を絡め合い、互いの指を互いの下腹部に沈め、前と後ろをひたすらに弄りっこして慰め合う。
お互いの性器(とお尻)を弄る指は、一秒だって離したくない。そのぐらい発情してて、だから手を使えぬままでもどかしく、唇を這わせたり肩を甘噛みして痕をつけたり。あっという間に身体が疼き、火照り、燃え上がっておつゆが溢れ出してきた・・・。
フウフウという喘ぎにまみれた聡美さんが持ち出した器具に、目がとろけた。そのいやらしい形状には見覚えがあったし、使用方法も知っていた。・・・レズ用の、ペニスバンドだ。装着する人の側にも男性を模した突起があって、甘く呻きながら聡美さんが自分側のディルドを割れ目に挿入して腰に沈めると、下半身から黒々した男性のニセモノが反り返っている。
「律子ちゃんは、えっと、男性経験はないのよね?」
「はい、バージンですから・・・聡美さんが最初の人です」
躊躇う口ぶりだったのですぐピーンと来て、あたしの返事は甘えるような、少し挑発的なものになる。すると聡美さんは意外なことを口にした。
「嬉しいこと言…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
乱暴にされて気持ち良くなってしまう【寝取られ・屈辱】
2015/11/10 18:05
2015/11/10 18:05
某ウエディングホールに勤めている22歳です 専門学校を卒業し就職して3年になりますがいま真剣に退職を考えています実は誰にも話せなかったのですが 私の勤める式場は規模が大きくそれなりに人気があるようで週末は半年先ま で予約で埋まっている状態が続いているんです 担当別に1~4課まであり私は男性3名と女性8名の1課でした 直接の上司に金山という自慢話とエロトーク連発でウザい40歳の正直 私が苦手なタイプの男でしたが 上層部やお客様の前では180度変身し 礼儀正しくとても気さくで優しそうに振る舞うんで受けがいいんです だけど私には時々変な目で私を見たり異常に接近してくるんです。 うまく…
妻が大学生と不倫!ムカついたから後輩に寝取らせて堂々と動画撮ったったwww
2016/12/28 10:02
2016/12/28 10:02
自分は40才になり、

某住宅メーカーの営業課長をしています。

事の始まりは妻(M美)34才の浮気からでした。

自分が怪しいと思い始めたのは3ヵ月前、

服装や化粧が今までより派手になり、

仕事の日数が増えた事でした。

妻はホームセンターでパートをしていますが、

労働時間の関係で日数がいきなり増える事は考えられません。

自分は怪しいと思い、

興信所に妻の事を依頼しました。

1ヵ月後担当の方から報告を受けましたが、

やはり「クロ」でした。

相手は妻の仕事先の同僚で22才の大学生でした。

2人で食事しているところ、買い物をしているところ、

そしてホテルから2人で出てくると…
歯科助手に
2016/01/09 15:01
2016/01/09 15:01
36 歯科助手に 削除依頼 投稿者:こばやし ◆bzNp4jPlIw 2010/04/29 00:41:21(jLq.luw.) 投稿削除今日は、仕事帰りに予約していた、歯医者に行きました。 以前、治療していた差し歯が抜けた為だ。幸運な事に担当は、若い女医だった。顔は、一青窈に似ているが、かなりの巨乳だ。助手は、おばさんだが、こちらも、胸はでかそうだった。治療帰り始まると、予想通り、2人の胸が、俺の頭に押し付けられる。その感触を味わっていると、股間がムズムズしてきた。二人が俺のところから離れた時、俺は、ズボンに手を入れ、パンツをずらし、もっこりがわかるようにした。そして、治療再…
【姉との告白体験談】姉の柔肌2  
2015/11/21 18:38
2015/11/21 18:38
前編:姉の柔肌1「・・・賢ちゃん・・・姉さんビールが欲しいな・・・」「あぁ・・じゃ先に行ってて・・・俺ビール持って直に行くから・・・」風呂から上がった二人は全裸のままリビングを通り、由紀が結婚した後もそのままにしてある由紀の部屋に向かおうとしていた。 賢治は全裸のまま階段を上る由紀の桃のような尻を見上げ、由紀の姿が見えなくなるまで尻の中心の翳りを凝視していた。 (・・・やっと・・・憧れの姉さんと・・・)賢治は期待と興奮で勃起したままの肉棒をぶらぶらと揺らしながらキッチンへ向い、冷蔵庫から冷えた缶ビールを取り出した。 (・・・俺も飲んじゃおうかな・・・)賢治は手に取った缶ビールを一気に…
昔の話  年上の女性
2016/02/15 14:05
2016/02/15 14:05
高校生の頃田舎の汽車で通学していた  40ぐらいの女性に朝お尻に高校生のカチカチのものを一瞬押し付けた       後ろを見られて少しニヤッとしたようだった  帰りも同じ汽車で田舎だから向かい合わせの4人掛けで偶然か朝の女性が   靴を脱いであしを伸ばして寝たようだった  ドキドキしながらつま先の匂いをクンクンした 周りをきょろきょろしながら2回目クンクン顔上げた瞬間女性の目がかっと開いたその時耳元でどんな匂いしたって聞かれて  小さい声で良い匂いですと答えたらナニガドクドク白いの出た  女性がそのひざ下ストッキングを脱いでプレゼントされた
新入社員の彼と満足した幸せな体験【人妻・浮気】
2016/02/23 12:05
2016/02/23 12:05
私は今36歳で、子供にも手が掛からなくなった5年位前からパートで働き始めました。 そこに新入社員の彼(21歳)が私の職場に配属されました。 スポーツマン(野球)の礼儀正しくハキハキとした態度に、好感を持ち始めました。 その頃、主人は深酒の毎日で夫婦生活も月一度程度有るか無いかで、欲求不満の毎日が続く頃でした。 寂しさの余り、彼を月に一度位、ドライブに誘い気を紛らす様になりました。 回数を重ねるに連れ、彼が身体を求める様になり悩みました。 でも「30歳半ばで女をやめるなんて嫌」と開き直り、一度しかない人生、自分の気持ちに素直に生きて行こうと心に決めました。 それからは、彼の気持ちにも素直…
行きずりの男に中出しされて排卵が遅れて困っている主婦
2017/11/04 11:16
2017/11/04 11:16
去年の夏、夫婦仲が険悪になり
他の男性を出会い系で探し、メールをしていました。

その中で、一人、比較的家が近くて4歳年上の男性と親密になりました。



主人に対する不満や、イヤなことを彼にぶつけて、彼はいつもそんな私をメールで慰めてくれました。

私を女に戻すような言葉もいっぱいいってくれたし、主人との間のことでヤケになっていた私…。

その彼と出会い、10日ほどで会う約束をしました。

実は、主人以外のモノを入れたことがなかったので、罪悪感に襲われながらも期待でいっぱいで、彼に会いに行きました。

彼に会ったとき、少しガッカリしました。私、面食いなんですけど…

ちょっとへちゃむ…
某有名巨乳タレントとエッチした話 2【セックス体験談】
2018/01/05 23:10
2018/01/05 23:10
そろそろ夜も22時過ぎてたしIに

「時間大丈夫なん?」

と言いました。

「明日も休みだし、そっち大丈夫ならアタシは全然平気だよー」

なら一緒にとことん飲もうってなりました。

僕も汗かいたりで臭いのでシャワー浴びてくると告げて浴室に行きました。

するとIが、またも悪ふざけで

「お背中流しましょうか?(笑)」

なんて言ってくる…………。

「背中流されたら、無理襲うからダメ」

「背中ダメなら身体拭いてあげるわ(笑)」

と言いました。

ホントに自分は遊ばれてるなぁとか感じましたが。

浴室から出たらIがバスタオル持って来ました。

僕は驚きましたし、全裸見られましたよ。
【熟女体験談】結婚して人妻となった昔のGカップ恋人としたセックス体験談
2016/02/26 18:02
2016/02/26 18:02
2016/02/26 (Fri) 去年の夏に、前に付き合っていた彼女と1年振りに電車でばったり出くわした。


トントンと肩を叩かれ、少しビビりつつ横を見やると、


「久しぶり」


と、前カノのはにかんだ笑顔。


キョドリながらも、


「お、おう」


と返すのがやっと。


顔もまともに見れずに、横に並んで吊革に掴まること数秒…。

「…どうしたの?」


と顔を覗き込んでくる。


「いや、いや、久しぶりやなぁ」


と今更テンションを上げてみる。


元カノは不信な顔をしつつ

「元気だったかな」

と、今度は前を見て彼女が言う。


「こっちはまあ、そっちは?」…
妹の胸
2017/07/31 21:28
2017/07/31 21:28
もう2年も前の話だが、当時18の妹に初めて彼氏ができた。 口が悪くて憎たらしい妹ではあるが、顔はかなり可愛くて、今までフリーだったのが不思議だった。 少し複雑な気持ちではあったが、反対する理由もないし、幸せにはなってほしい。 「男ができたのは祝ってやるけどさ、ちゃんと避妊はしろよ?」とからかってやると 「バカ!エ、エッチなんかさせるかよ!何言ってんだよ!」と顔を真っ赤にして期待通りの反応をする。 「だってお前、いまどきエッチもさせないで付き合ってるとかありえないだろ。すぐ振られるぞ?」 と追い撃ちをかけると「・・・できないものは・・・できないの・・・。」と表情を少し曇らせる。 ちょっと様子が変…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・飲み会でお持ち帰りしたら同僚の彼女って打ち明けられ仰天した話2

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り

・完熟?女子中学生と…

・【熟女体験談】隣のデカチンな黒人と4p乱交していた寝取られ妻

・フィギャアスケート部員で男は俺一人

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・凌辱犯罪被害者の貧乳恥辱ロリ女と結婚した経緯

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・オヤジの愛人とデキて孕ませた子供は・・・

・軽いエロ遊びをSNSに書き込みしてみた

・思い出のお姉さん

・【人妻体験談】変態で下品なプレイを妄想し、実現させたくなるムッツリスケベな専業主婦

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)