寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

弟みたいに思っていた、たっくんに

2018/10/13 21:01


いとこのたっくん(そんなような感じの名)とのこと。
私より年下の男子。

たっくんというと小さい子供みたいだけど、
ただの昔からの愛称みたいなもの。
お互い、もう28、22歳。

オトコとして意識するようになったのは、手相の話題になったとき。
たっくんが、専門学校に通い始めて1年経つあたり。
昔、繋いだことがある小さかったたっくんの手が、私の手を余裕で越えてた。
私の手より、大きくてごつごつしてて。
ドキッとしてしまったのは、手の熱さも感じたから?
彼氏もいなかったせいかな。

意識してしまうようになってから、好きになってしまうまで時間は掛からなかった。

いとこだからかもしれないけど、
いつもさりげなくそばにいてくれてた感じ。
そして、優しい。

弟みたいに思っていたたっくんに、周りのたっくん同年には感じられない余裕も感じていた。
たっくんの性格なのかな。

ある日、たっくんがつぶやくように言った。
「はー、そろそろ彼女欲しいな、姉ちゃん(たっくんは昔から、私を姉ちゃんと呼ぶ)みたいな…。」
聞き間違えてないよね、私みたいな…?ってドキーッとしたけど、態度に出さず、
「へえー、たっくん、年上好きなんだね?」
「年上?まあね。…つうか、好きなのは…」
「なによ、私の知ってる子」
「よく知ってると思うよ。…本人だから。」

時が止まった気がした。

その日から、お姉ちゃんとたっくんは、ただのいとこじゃなくった。
恋人として、二人の時が動き出したのだ(笑?)。

「気のせいならごめん。姉ちゃんも俺と、…同じ気持ちな気がするんだ。」
どうして…。
たっくんのお姉ちゃん、してたつもりなのに…。

いろんなことを考えた。
私は、本当は、自分に自信がないこと。
たっくんの思うようなお姉ちゃんじゃない私と付き合っていくうちに、すぐにがっかりされてしまうかもしれない。
お互いの家族のことも考えた。
頭の固い家族同士。
テレビでの、性同一性の人々や、同性婚の人々、不倫してる人々、を、死ねばいいというような、人の道を…など、言うような人達だ。
いとこ同士なんて、分かってくれる…?

「…」
たっくんが、好き…。
なのに、いろいろ考えると、私と付き合ったたっくんが、幸せでいるような未来が私には見えなくて、答えにつまった。
つらい思いをして、悲しい顔をしてるようなたっくんが脳裏に浮かぶ…。

「…」
でも、たっくんが好きで…、好きで…。

…お姉ちゃんの私より、女の私が勝ってしまった…。

「…そうだよ。私も…たっくんと…ずっと同じ気持ちだったよ…。
付き合ってみようか…。家族に、内緒で…。」

相談出来たり、優しくしてくれる、オトコになったたくんを、どうしても手離せなくて、認めてしまった、受け入れてしまった。
たっくんがいなくなるのは、嫌だった。
たっくんが、誰かのものになるのも…。

「おう!固い家族どもだからな!気をつけような。」

たっくんは、ほんわかなようで、気が利く。
わざと明るく言ってくれたようだ。

こうして、私とたっくんは恋人同士になった。

「…姉ちゃんじゃ、なくなったんだよな。俺、彼女と、…キスしてみたい(笑)」
「なによ、たった今、関係が変わったばかりだし、…キスって…。」
ドキドキして顔が熱くなってきてた。

ソファーに座ってた私の隣にたっくんが座ってたきた。
「な…なに…」
「二人だけのとき、まみ(私)って呼んでいい…?」
「…」
「まみ…」

ぐっと引き寄せられて、
「…」
キスされてた。

唇がぷにゅってあたってた。
舌もぬるるって、入ってきて…。
舐めあうように、重ねた柔らかい唇の中で、優しく、れろれろ…しあった…。
キモチイイ…って、ぼうっと、たっくんの舌を舐めてた…。
たっくんの舌、大きい気がしてた…。

やっと唇が離れたとき見えた、糸みたいな唾液が、恥ずかしかった…。
「はあ…、はあ…、」
って、お互いなってたのも恥ずかしかった…。
「まみとのキス、やばいくらいキモチイイ…。」
「うん…。私も…。」
こんなこと言いあったのも恥ずかしかった…。

キスしたら、もっとたっくんが好きになった…。

たっくんに抱き締められてるとき、痩せてる…とは言えない、ぽちゃな私の体は、
すっぽりとたっくんの体に覆われてて、厚みのある大きい体に、たっくんにまた、オトコを感じた…。
自分は女で、たっくんが男だって感じさせられるたび、たっくんを、オトコとして好きなんだと痛感した…。

それからたくさんの月日が過ぎた。
月日は過ぎても、やっぱり今も、たっくんが大好きだ。
たっくんは、彼氏でいてくれて、相変わらずソバにいてくれて、笑ってる。

今は、二人だけの時は、私が年上なのに、彼氏のたっくんに甘えてしまう、普通の恋人同士みたいになってる(恥ずかしい)。

普通の結婚は望めないかもしれない…。
それでも、たっくんと、ずっと一緒にいたいと願ってしまうんだ。

ずっと、たっくんだけが好きなのに…。

こんなこと、たっくんには言えなくて、書き込みました。
ありがとうございました。

私は、一人暮らししてる。
たっくん(彼氏)も今は、社会人で一人暮らし。
お互いの職場は近い。

たっくんが実家にいたころ(専門学校通学中)は慎重に付き合ってた。…私たちは、いとこだし、お互いの家族は頭が固い…。
会えることや、彼女でいれることが、一番大事だから…。

一人暮らしを始めたのは、たっくんと付き合い始めたことがきっかけ。
職場は実家からもなんとか通える距離だった(電車乗り継ぎ有り)し、必要ないかって思ってたけど、職場は近くなるし、一人暮らししてみたいし、たまたまいい部屋発見したし、近所に信頼できる友達もいるし…っていうことにして、たっくんの専門学校から2駅の町で一人暮らしを開始。

専門生だったたっくんは、バイトもしつつ、(合鍵で…)寄っていってくれたり、友達の家に泊まりということにしてくれて、泊まったりしてた。

 たっくんが社会人になった今は、お互い予定とかない日は、どっちかの部屋に泊まるのが習慣になっていて半同棲みたいになってる。
付き合い始めてから今まで、たくさんたくさん月日が過ぎた。

たっくんとは、ずっと仲良しだし、ずっと好きでいてくれて、私もずっとたっくんが好きで、堂々とはできなかったけど…、付き合い始めてから私は、いつもいつも幸せ。初めてのエッチは、恥ずかしすぎて、年下のたっくんにリードされちゃったけど、恥ずかしかったけど、幸せだった…。

そんな、いとこで彼氏で大切なたっくんのこと。
気のせいかなって、そのときの話の流れでかなって、気にしないようにしてたけど…。
たっくんから、結婚の話題が出たりする…。周りの子が、結婚したりしてるからかな…。

「してみたいなー、たっくんと結婚ごっこ…」
「おう!…しよう!まみ、今から俺の嫁さんな!」
「…うん。じゃあ、今からたっくんは、私の旦那さまだね…。」
…胸がジーンってなった。

なんて呼ぼ?なんて呼ぶ?って相談から始まって…
たっくん「まみ」
私「だーりん、…あなた?…たっくん、…たかくん?」
たっくん「子供いたら…ママ?」
私「いいな、たっくんは…パパ」

私「おはようと行ってきますのキスは…」
たっくん「いいね!してして!してくらさい!」
たっくん「俺の嫁さんの、エプロン姿だ…」
私「いつものエプロンだよ…、裸エプロンじゃなくてごめん」

たっくん「まみ…」
私「たっくん…」

旦那さまのたっくんとキスして、舐めあって…気持ちよくて…幸せ。

結婚ごっこは幸せで、そっと子供が生まれたら…?って、想像してた。
男の子は、小さいころのたっくんにそっくり。
たっくんの子供時代を見てるようで…可愛くて可愛くて、私死んじゃう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
嫁の行ってる料理教室にセックスした相手が4人
2017/04/22 12:16
2017/04/22 12:16
30 :名無しさん@ピンキー :2011/12/16(金) 04:16:51.34 田舎は怖い。 嫁の行ってる料理教室に、俺とHした相手が4人いる…。 俺 28 結婚三年目。 なお 33 9年前に不倫してた年上の人妻。 絢子 26 6年前に居酒屋で知り合って半年付き合い、結婚前までセフレ 麻友美 28 高校の同級生で2年付き合った お互い初めての相手 公美 23 彼女が大学生の時に知り合ったセフレ そして、嫁 27 ちなみに、なおと公美は、竿姉妹であることを知ってる。きわどい話もしていて、 なおには「お尻の穴を舐められるの好きだったもんね。公美ちゃんにも させてたんだって…
福岡最高!!【エッチ体験談】
2015/12/19 12:54
2015/12/19 12:54
旅行ではなかったんですが、営業で福岡に出張したときの出来事です。 九州での出張二日目、ホテルは博多駅近くに取ってたんですが、その日は大分回り。 その日は、大分で思った契約とれず、高速で福岡に戻るにも気が引けて、結局福岡に戻ったのは夜の11時半過ぎ。 信号が赤で止まってると、どこからともなく、助手席の窓を”コンコン”と。見ると、20歳前ぐらいのいわば、ヤンキー系の女性。 窓を半分まで下ろすと、 「おじさん天神方面?」 『いや、博多駅だけど』 「途中まで、乗っけてくんない」 『えっ、別にいいけど』 「ほんとに、わー良かった」 というと、 「乗っけてくれるっ…
【熟女体験談】雨でずぶ濡れになった人妻の同僚がノーパンだとカミングアウトしてきたので…
2015/09/21 12:02
2015/09/21 12:02
2015/09/21 (Mon) 先月、雨の降った日のこと。


職場で結構仲のいい女(24歳人妻、バレーの大友にちょっと似てる、かなりおバカ)が、

そんなに職場内寒くないのにガタガタ震えていた。


俺「寒いの?風邪でもひいたのか?」

女「いや、今朝会社来る時駐車場のところで転んじゃってずぶ濡れになっちゃったんですよ…」

俺「あ〜そりゃ大変だ。」

傘差して携帯みながら歩いていたら滑って水たまりにスライディングしたとのこと。

俺「んじゃ服もビショビショなんだ。」

女「そ〜。

制服無かったら家帰ってましたよぉ〜」

うちの工場は事務の女の子は、水色のスカートとベスト…
裕樹のこと、ちゃんと好きになるから
2016/03/13 23:22
2016/03/13 23:22
169 :TRIPLE-DES :05/29 00:51 俺の昔話でも書くか。 俺が大学2年のころ、親父の会社が倒産して、お袋が家出してしまった。 家も売り払うことになり、親父は公団アパートに移った。 俺と姉貴は住むところがなくなったので、姉貴と折半でアパートを借りて住んだ。 姉貴はOLやっていたので金はもってたし、俺も大学ではちゃんと単位をとってたので 家の事情もあり、授業料を免除してもらえた。170 :TRIPLE-DES :05/29 00:52 で、実は俺は中学の頃から姉貴のことが好きだった。 好きだったというより性欲の対象だっただけかもしれない。 姉貴の隣同士の部屋…
セクシーなクラブのママとマットプレイで童貞喪失
2017/08/23 19:11
2017/08/23 19:11
当時の俺は四国の某大学に通っていました。
週末、実家に帰ります。
高速艇で帰ることが多く、その日も高速艇に乗る為、ターミナルで待ってました。

するとバイト先の喫茶店の常連であるユカさんが待合室に現れました。
ユカさんは市内のラウンジのママさん。
大抵の日は俺のバイト先でランチを食べて隣の美容院に行き出勤されるので、俺に気づき、隣の席に座りました。
ユカさんのプロフ身長160~163センチ、スレンダーで50キロ前後。
胸はそんなに大きくなく80+α位
有名人に例えると、かとうかずこをエロくした感じです。

妹さんの所に行ってたとのこと。
乗船時間になり船内に入りました。
ウォーキングで美人若妻と仲良くなった結果
2017/11/05 22:08
2017/11/05 22:08
一年位前から運動不足解消の為、ウォーキングを始めました。
そのことが、不倫をするきっかけになるとは思いませんでした。
しかも、相手は20代の若妻、美人妻なんです。

心も身体もアソコも元気になっていくのがわかります。

ダイエットも兼ねたウォーキングでした。
近くを散歩程度だったのですが、段々と距離が延びました。
休日は往復一時間~二時間位歩くようになったんです。

自然と顔見知りも出来、挨拶を交わすようになりました。
その中に、あるご夫婦と知り合いになりました。
ご主人は初老、奥さんは若妻と言う、
一見親子にも見えそうな、年の差夫婦でした。
ご主…
お前が他の男に抱かれている所を見てみたい・・・
2015/12/20 08:01
2015/12/20 08:01
とうとう妻に私の気持ちを告白しました。

「お前が他の男に抱かれている所を見てみたい」と

妻は思ったよりも冷静でした。
妻はベットで私の愛撫を受けながら

「私が感じて悶えていても怒らないでくれる?」
「ああ」
「知ってる人にされるの?」
「どっちがいい?」
「どっちでもいいけど知り合いなら恥ずかしいな」
「どんなタイプがいい?」
「うーん、Tさんみたいなタイプ」
「お前、あんなタイプが好きだった?」
「なんだかエッチが上手そうじゃない?」
「Tさんを誘ってみようか」
「ほんとに?」

妻は嬉しそうに私に抱きついてペニスをまさぐり始めました。
「Tさんのおちんちん舐めさせられるの…
デリヘルを呼んだが快楽には遠かった体験談
2018/02/22 13:10
2018/02/22 13:10
まずチャイムと共に嬢が来たわけだ。
迎え入れながらも顔をチェック。
写真とは恐らく別人だが、可愛さ指数的には2割減程度、問題ない。
デブでも無かったし。
とりあえずどうしていいか分からず雑談を始めた。

嬢「何でここ選んだんですか?高いですよ」
俺「適当に片っ端から電話しました」
嬢「私実はSMクラブもやってるんですよー」

などと言いながら縄やム◯を取りだした・・・。
特にオプション料金は必要ないらしいが、俺はノーマルなので丁重にお断りし、レッツシャワータイム。

俺「シャワーは隣人とこ近いんで静かにしてね☆」
嬢「はーい☆」

嬢はやかましかった。
オニンニンをよく分からない消毒液で消毒…
【昏睡】その男、昏睡中(13)
2016/01/09 13:16
2016/01/09 13:16
山本は矢継ぎ早に俺の悪口をあることないことまくし立てた。 英子はもう、うんざりしていた。 この二日間、いろいろなことがありすぎた・・・ 一日目、秀樹に寝ている間にレイプされる・・・しかもなかだしされた・・・ しかも、あそこのなかだけではなく、顔や胸、お腹の上にも射精された・・・ 二日目、秀樹が酔いつぶれた村上の事をレイプする。しかも、なかだしした・・・ そして、山本にはいろいろ連れまわされたあげく部屋に帰ることができなくなり ラブホに泊まる事になった。そこで聞かされた秀樹の言った私の悪口・・・ 最後には、秀樹は酔ったのではなく計画的に私と村上さんをレイプした・・・ 「大丈夫?英子ちゃん」…
相撲部屋の奥さんと狂ったようにセックスしまくった話
2017/10/17 14:02
2017/10/17 14:02
僕がスカウトされて、相撲部屋に入ったのは16歳の時でした。

実家は秋田市内で、郷土料理店「秋田藩」を開いていました。

両親も相撲好きで、僕は小学生のころから相撲の選手で、

15歳で背も165cm近くあり体重も80キロはありました。

が、その頃にはもう童貞を失っていました。

うちの店で働く仲居さんが、

小学校の頃から物凄く気に入られて、

オモチャやお小遣いなどをよくくれたのです。

バツ一で、41歳で独身でお店の近所のアパートに住んでいました。

学校から帰るとお菓子やおもちゃの誘惑に負けて、

毎日オバちゃんの家に遊びに行っていました。

夏休みでお昼ごろから遊びに行き、

「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・男のオモチャの様に扱われた日々

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り

・【熟女体験談】隣のデカチンな黒人と4p乱交していた寝取られ妻

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終

・フィギャアスケート部員で男は俺一人

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・凌辱犯罪被害者の貧乳恥辱ロリ女と結婚した経緯

・ウブな女の子から大人の女に

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・ロリコンな幼馴染との奇妙な関係

・オヤジの愛人とデキて孕ませた子供は・・・

・軽いエロ遊びをSNSに書き込みしてみた

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・【不倫】とろけるようなキスが私の貞操観念を狂わせた

・親友の息子と愛し合う日々

・職場の先輩 大学時代