寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

無職夫のために・・堕とされた高嶺の花

2018/10/13 01:01


昨年リストラされて転職活動してきたが
箸にも棒にもかからず
OA機器の営業で15年やってきたけどどうにも潰しがきかない
他業種の営業にもチャレンジしてみたがやはり畑違いとのことで
門前払い受けることも多々あった
家族は妻と5歳の娘の三人暮らし
妻には失業してることも転職活動してることも内緒だった
今夜は妻の得意料理「ロールキャベツのボルシチ」が夕食
家族みんなで箸をつつきながらいつもの団らんを過ごしていたが
もう限界だった 俺は食事中泣いてしまいとうとう妻に打ち明けてしまった
でも妻は既に察していたというか気付かれていた
ここしばらく銀行口座に入金が無いからと
そして妻は来週から夜の仕事を始めるからとあまり思い詰めないでくれと言ってくれた
俺自身情けなさ過ぎるのと俺にはもったいないくらい出来た妻を持った幸せのあまり
妻の膝の上で数時間涙を流したのは2カ月前。

妻は33歳
そこそこ年齢はいってるが容姿には自信があったのだと思う
特別慌てた様子も緊張した様子もまったくなく
パートでレジ打ちやってるスーパーから帰宅後
雑誌片手に気楽に電話し始めた
しかし何度か電話を掛けるうちに自信満々だった妻の表情が曇っていくのが分かった
求人情報を探してPCに貼りついてる妻の背中を俺はぼんやり眺めることしかできなかった

そんなことが1週間ほど続いて妻から無事に夜の仕事が決まったと報告を受けた
普通のフロアレディだという
33歳未経験・・・
見事採用されたことは凄いが慣れない仕事をするのは非常に辛いのではないかと心配する俺に
「お酒飲んで馬鹿話してればお金がもらえる楽な仕事よ」と強がりを言う妻がいじらしかった
その翌日から妻は16時にスーパーから帰宅するとすぐに夕食の準備をして夜の仕事へ出かけるようになった
夜の仕事が妻を変えてしまうのではないかと
とても心配だった
しかし1週間が過ぎ2週間が過ぎても妻はいつもどうりの清楚で凛とした妻だった

ある晩
目が覚めてトイレへ行くと娘の部屋に薄明かりが点いていた
何気なく部屋の中を覗いてみると
そこに妻が居た
危うく声を出しそうになった
妻は泣いていた
娘の手を握りながら泣いていた
貯金は底をつき家のローンもある
夜の仕事が辛くても辞められないのだろう 
この時俺は1日も早く仕事を探そうと心に誓った

翌日から俺はプライドを捨て親類や友人などに頭を下げ
伝手を頼ることにした
今まで馬鹿にしていたハロワにも行くことにした

しかし死に物狂いで1か月頑張ったが求職活動は全くうまくいかなかった
俺がもたもたしているうちに
いつも活き活きと自信に満ちていた妻の表情は曇り
空元気だけが目立つようになっていった

プライドでは飯は食えない家族も守れない
思いきって学生時代の知人に連絡をすることにした

田近佳一
親から事業を引き継ぎ不動産や貸しビルなど手広くやっている男
俺はこの男に連絡した
予想に反してあっさりアポイントが取れた 
約束の時間に訪ねていくと
秘書が出てきて急な用事で田近は外出したと封筒を差し出してきた 
封筒の中身は会社案内で
その会社を応募してみろということだった
その会社は上場こそしていないが今流行りのエコ関連ビジネスで財務内容もしっかりしていた
俺は田近に感謝しながらその会社にすぐに連絡した
電話をすると社長が直接面接してくれるという話になって翌日面接に行った
社長は45歳だと言っていたが年齢よりも若く見える男だった
簡単な自己紹介から大塚○会での営業実績や苦労話などを語ると頷きながら真剣に聞いてくれた
そして帰り際に年収は前職と同じで前向きに話を進めると採用を匂わされた
会社を出てすぐに俺はお礼を言いたくて田近に連絡した
忙しいだろうからいいよと断ったが田近が会いたいというので会社にお邪魔した
久々に会う田近は学生時代と変わりない不敵な笑みを浮かべていた

「仕事決まりそうで良かったな」
「お前のおかげだよ、ありがとう。本当にありがとう。」
「いや、いいよ。それより菜緒ちゃんに夜の仕事は辞めさせてやれよ。」
え?!
これを聞いた瞬間に俺は頭をハンマーで殴られたかのような衝撃を受けた
「な、なんで知って・・」

「当然だろ。菜緒ちゃんに店を紹介したの、俺なんだから。」
「え?それ、本当なのか?」
「本当だよ。いくら仕事を探しても、まともな店は年齢言っただけで門前払いされると相談されてね。昔のよしみで紹介した。」

その後
何をどう話したか覚えていない
ただ1枚の名刺が掌に握られていた
私の妻 
菜緒の名刺だ 
源氏名も菜緒のままだった
「一度、菜緒ちゃんに気づかれないように様子を見に行ったらいいよ。会員制で一見じゃ入れないから、店には話を通しといてやる。」
田近の言葉を思い出しながら俺は名刺を握り締めた

夜になって店へ行くとママと思われる人が応対してくれた
既に田近から話を聞いているらしくフロアの一角に案内してくれた
俺はキョロキョロしながら妻の菜緒を探した

「真面目でウブな所が良いって、かなり人気あるのよ」
俺はママと思われる人が視線を向ける先を目で追った

そこに妻が居た
男二人に挟まれて座っていた
細い肩紐だけのワンピース姿で剥き出しの肩を抱かれていた

男の手がスカートの中に入る度に
愛想笑いを浮かべながら、さり気なく手を押し戻して必死にがんばっていた

俺は見ていられなくなって視線を逸らせた
何気なく隣のテーブルを見てみた
思わず目を見張った
隣のテーブルでは20代と思われる若い女性が胸を半分出したような服を着て
男に首筋を吸われていたのだ

「こ、この店はいったい・・」
「ご覧の通り、普通のバー。多少のお触りは有りだけどね。」
「多少って・・」
「決して無理強いはしないのが紳士のルール。全ては女の子の気持ち次第。」
唖然とした 妻がこんなところで働いていたなんて

「仕方ないんじゃないのかな??菜緒ちゃん年も年だし借金もあるんでしょ?」
「借金って?住宅ローン?」
「違うわよ? 前の店がちょっと問題のある店だったみたいね。これ以上は私からは言えないけど。」
「え?前の店って、この店いつから働いてます?」
「2週間ちょっとかな?」
俺は驚いた
妻は少なくても1か月は夜の仕事をしているはずだった
何か問題があって最初の店を辞めたのか、借金まで作って・・・
それで仕方なく田近に紹介してもらい、この店で働いてるというのか

突然
妻の席が盛り上がった
そちらを見ると
妻と二人の男が立ち上がっていた
「社長さんの登場よ」

え?!えー!?
社長だった・・・
俺が面接してもらった、あの社長だった
あの社長が二人の男に促されるようにして妻の隣に座った

社長は妻から水割りを受け取ると妻の耳元で何か囁いた
妻はそれを聞くとすぐに、社長の方へ身体ごと向けて丁寧に頭を下げた
社長がまた妻の耳元で何かを囁いた
「そろそろ帰った方が良いんじゃないの?」
ママの言葉が聞こえたのと同時に、妻がコクリと頷くのが見えた

次の瞬間、俺は我が目を疑った
社長の手が妻の胸へ真っ直ぐ伸び、ギュッと掴んだのだ
妻はその手を払いのけるでもなく、手をだらんと横に垂らしたままだった
社長は妻の顔を見ながら軽く頷くような仕草をした後、
左手で妻の肩を抱き、自分の方へ引き寄せた
そして、右手で妻の胸の形を確認するかのように、
ゆっくり手の平で包み込むように揉んだり
下から持ち上げるように揉んだり、左右の胸を好き放題にした
その間、妻は全く抵抗もせずに好きなようにさせていた
そして、ついに胸を揉みまくっていた社長の手が
胸元からスルッとワンピースの中に入った
この瞬間、妻が猛烈に抵抗し、社長は慌てて妻の胸元から手を抜いた

いったい、どうなるんだ?
妻が叱られるのではないかと不安に思ったが
社長は気分を害した様子も見えず、妻に水割りを作らせながら談笑している様だった

俺は身動きも取れずに、ただ息を飲んで見守るしかできなかった。
「本当にそろそろ帰った方が良いんじゃない?ここが変な店じゃないことは、充分に分かったでしょ?」

俺はママの声で我に返った
確かに、このままここに居ても今の俺にはどうすることもできない
帰ろうと腰を浮かしかけた時、
「お?!」とか「ヒュ?」という下卑た男の声が聞こえてきたような気がした
俺は慌てて妻のテーブルの方を振り向いた

妻がバンザイしていた、両腕を頭上に真っ直ぐ伸ばして・・・
剥き出しにされた妻の腋の下を社長はニヤつきながら、指でなぞっていた
まるで、腋の毛穴を一つ一つ確認するかのように

遠目にも妻が顔を赤らめているのが判別できた
学生時代から付き合っているのに妻のこんな表情を見たのは初めてだった

腋の下を撫でられて、たまらず腕を降ろした妻に
社長の部下と思われる二人の男のうちの一人が近づいていった
そして、すぐ隣までくると妻を身体ごと社長の方に向かせてから
手首を掴んで、頭上に高々と挙げさせた
再び腋の下を全開にさせた妻を見て
社長が軽く頷くと、部下の男は妻の手首を開放した
え?!違った!
解放したかと思ったが、違った
男は、社長に見せ付けるように妻の胸を背後から鷲掴みにした

それでも、妻は少し顔を歪めただけで、バンザイし続けていた

男は少しの間、自由に妻の胸を揉みながら耳元で何か囁いた後
妻から離れて、手拍子を打ち始めた
もう一人の男も同じように囃し立てた

社長は手拍子につられるように、妻の腋の下に、徐々に顔を寄せていった
鼻が妻の腋の下に、くっつくくらい、近づけられると手拍子が一層激しくなった


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【義家族】妻と義兄 5【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/08/17 14:26
2017/08/17 14:26
「あ、ああ」義兄の方が慌てています。 私も慌てて台に上り、欄間から覗きました。足がガクガク震えてきました。(ちょっと・・・) 綾が、カーテンの前に立っていました。きつく目を閉じて、両腕を交差させて、胸を隠す様にしていました。腕が震えています。深呼吸しているのかと思いましたが、震えながら、呼吸が早くなっていました。 胸のホックに、両手をかけました。寒気でもしているみたいに腕がますますガクガクふるえています。 目を開けましたが、口を開き、その激しい息ずかいが、私の耳にハッキリと聞こえてきました。 綾は目を閉じると、パチッ、パチッ 胸を開きました。義兄の影になっていますが、ブルンとむき出され…
新年会でやっちゃいました (泥酔状態での体験談)
2015/12/18 18:30
2015/12/18 18:30
818 :えっちな18禁さん:2008/01/17(木) 20:25:24 ID:n4wPNxdmO 新年会でやっちゃいました。男3、女3。一人、俺のタイプストライクな目くりくりのIちゃんが居てテンション上がった。男は1番可愛いIちゃんの争奪戦。 Iちゃんは誰狙いなのかわからんかった。 819 :えっちな18禁さん:2008/01/17(木) 20:29:24 ID:n4wPNxdmO 連れの家で飲んでいたので始めっからピンクなノリでゲームを開始。Iちゃんはゲーム弱いわ、酒弱いわですぐフラフラになった。ほっぺたがピンクで甘えたになった…
同級生の女の子②?女の子説明?
2017/08/17 20:19
2017/08/17 20:19
ある日 俺(龍司)と光と剛志の三人で俺の家に集まってある作戦を実行しようと企んでいた。 午後1:00あらかじめ家へ招待していた女の子三人が我が家のインターホンを鳴らす。 今回の作戦はこの子たちに悪戯をしようという計画だ。 わざと2,3度インターホンを鳴らさせたあとに慌てたように受話器をとる。 「はぃ!? もしもし どちらさんでしょうか??」『ぁの、金井ですヶど、龍司君居ますか??』可愛らしい声が聞こえる。 金井雪(仮名)は我が学校で先輩、後輩問わず告白されまくっている美女だ。 学校1可愛いと噂されている。 胸はあまりないが、細身で「綺麗」という言葉が相応しい。 今回のクラス替えで同じクラス…
【痴女】家出したド淫乱痴女人妻が既に調教済み⇒ハメまくったwww
2016/01/19 10:16
2016/01/19 10:16
俺が21歳の頃、ビルのメンテナンス管理会社に勤めていた、俺の担当ビルは、 歯科・眼科・旅行代理店と他に5社が入っている5階建ての総合ビルの管理業務でした。 9月末にある夜、帰る前のビル内点検で1階のトイレに居た家出女性を、俺のアパートに 連れていった時の話です。   その日は台風の影響でお昼ごろから雨が降っていました。 トイレから出てきた女性を見た瞬間声を失っていました。 髪はぼさぼさに近く、化粧もしていない様で、手には小さな紙袋を持って、 靴は汚れたスニカーを履いていました。 廊下まで出てきた女性は、ゆっくり俺の方を見ながら、 「すいません」 何か事情がありそうだと感…
混浴サウナに外人女性が全裸で登場wwwwwwwwww
2018/06/30 00:00
2018/06/30 00:00
深夜一時過ぎ

ホテルのサウナにいたら突然外国語が聞こえてきて

外国人女性の集団が入ってきた

俺がいるのを見ても平気な顔でどやどや入り込んできて来たのだ

その堂々した態度から俺は間違って自分が女性用を使っていたと考えたのだが、

さっきまで脱衣所に男が二人ほどいたことを思い出した

自分の間違いではなさそうだ

俺は彼女等にブロークンな英語で

「女性用は向こうにありますよ」

と言ったのだが、

向こうもひとりが

「女性用は終わってる」とちょっとカタイ感じの英語で返して来た

全員バスタオル一枚で、

しかもおっぱりがポロンしてても全然平気な様子で、

目のやり場に困ってしまった…
マッサージ店でイケメンのお客さんと興奮した体験談
2016/02/19 22:10
2016/02/19 22:10

普通のマッサージのお店で働いてます。

年齢は26で、顔は悪くはないと思いますがよくもないです。背は165センチくらいで、体重は50キロくらいで、同い年の彼氏がいます。彼氏がいますが、この前ちょっとえっちな仕事をしてしまいました。

うちのお店はアロマとかやってない普通のマッサージのお店なので、男のお客さんが結構きます。

仕事帰りのサラリーマンとかもいて、よくくる人とは世間話とかしながら施術したりしてます。

女だからっていうのもあるのかもですが、私を指名してくれるお客さんもわりといます。

で、そういうお客さんの中でYさんというサラリーマンの人がいて、この人が明るくて面白い人で、 年下…
海水浴で姉にしてもらった手コキ
2015/11/29 18:00
2015/11/29 18:00
俺が中3で、姉ちゃんが高2のとき。
「ねえ、なおくん、海行こうよ」俺がテレビ見てたら、姉ちゃんそう言ってきた。
「え? 俺と?」「うん。今日友達予定があって、誰も遊んでくれる人がいないんだもん。一人で行くのもなんだし」 「うん、いいよ、わかった」
俺は海に行く支度をした。俺は海の近くに住んでいて、自転車で5分の場所に、海水浴場があった。


きれいだけどそんなに人は多くない、穴場的な砂浜だった。
俺と姉ちゃんは自転車で海に行った。
シーズン中だったから、穴場の浴場でもそこそこ混でいた。
海の家に荷物を預けると、
「それじゃ、泳ご」
と、ビキニの水着姿…
【熟女体験談】会社の事務員と不倫中、相手が妊娠してしまった
2016/08/02 00:02
2016/08/02 00:02
2016/08/02 (Tue) 先週、会社の事務員のA子(32歳)が妊娠しました。


旦那は隣の課の主任ですが子供は俺の子供です。


A子と旦那の主任は結婚して2年目ですがA子と俺は結婚前からセフレの関係でした。


結婚してから関係を持つ回数は以前より減りましたが、それでも月に2~3回は会ってHしていました。


ほとんどの場合A子とはゴム着きでHしてますが、ちょうど妊娠がわかる前の月にHした時は生でした。


いつも郊外の公園の駐車場で会ってどちらかの車でラブホに行くのですが、その日はお互いに発情していて車の中で触りあいになりました。


A子もすごく感じてビショビショで俺も興奮…
【Hな体験】激カワ女子がスク水姿でしごいてくれた
2017/11/12 22:00
2017/11/12 22:00
今年も夏か・・・。 中学生の頃、水泳の授業があった。うちの学校は、よそもそうかもしれないが、更衣室とプールが離れにある。そこまで歩いていくのが、もうそれだけで苦痛だった。体育自体が苦痛だった。跳び箱もマットも、鉄棒も球技も出来やしないし、普段仲良くしてる友達に限って凄く良く出来るので、俺だけ取り残されてたのが嫌だった。 体育は特にそうだが、出来ないやつは大体キャラが固定していて、こいつとは一緒になりたくないという冴えない奴が固まっていた。俺らの年代は普通男女は体育はバラバラで、男子は陸上、女子はバレーみたいにするらしいが、うちは全然そんなことはなく、着替えだけ別々だった。…
大ファンだったAV女優がソープで働き始めて…【風俗体験談】
2016/09/17 12:10
2016/09/17 12:10
ストリップ大好きな35歳のリーマンです。

元AV女優Mちゃんの大ファンで、彼女の出るステージには必ず通い、いつも沢山ポラを撮っていました。
そのせいか名前を覚えてもらい、メアドを交換してやがてメル友になりました。

それからというものますます好きになり、プライベートでも会うような仲になりました。

彼女はとても小柄でちょっとロリロリしていますが、とても美人で自分なんかには高嶺の花といった感じのスターでした。



彼女のステージに通うこと約1年、色々な理由で彼女はストリップを引退し、ソープランドでお仕事をすることになりました。

僕にとっては天使のようなアイドルだった彼女が、風俗の頂点とも言…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・飲み会でお持ち帰りしたら同僚の彼女って打ち明けられ仰天した話2

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

・人妻の男あさりが止められません

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・男のオモチャの様に扱われた日々

・酒を利用して寝取った

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・泥酔女の話しを一つ

・【熟女体験談】隣のデカチンな黒人と4p乱交していた寝取られ妻

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・凌辱犯罪被害者の貧乳恥辱ロリ女と結婚した経緯

・ウブな女の子から大人の女に

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・ロリコンな幼馴染との奇妙な関係

・オヤジの愛人とデキて孕ませた子供は・・・

・軽いエロ遊びをSNSに書き込みしてみた

・思い出のお姉さん

・【人妻体験談】変態で下品なプレイを妄想し、実現させたくなるムッツリスケベな専業主婦

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・【不倫】とろけるようなキスが私の貞操観念を狂わせた

・親友の息子と愛し合う日々

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)