寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】母に挿入無しの手コキ近親相姦をしてもらった息子

2018/10/12 22:02


大人チンポになる直前、仮性包茎になりかけの時にチンポ見せれるチャンスのお陰で母と挿入無しの近親相姦できたわ
俺がチンポを母親に見せたのは湿布を貼ってもらう為だった
股関節を痛めてしまい母親に湿布を貼ってもらおうとチンポを露出したんだよ
そしたら、母は、
「昔とはこんなに違うんだねぇ」
と息子である俺のチンポを感慨深けに握ってた
そのときはボッキしたらやめたけど
それから母の手の感触がずっとチンポに残っていた
その後、どうしても母にチンポを触ってシコシコと手コキしてもらいたくて
ある日、チンポに違和感があると母に訴えたら、またちゃんと見てくれた
「大きくなったら痛いの?それともふつうのときに?」
「先っぽの皮がしめつけられてるんじゃないの」
とか色々質問してきた
もうすでに、パンツの中で半立ち状態だったので
「勃起したときに痛いんだ」
とオレは答えた
母はどれどれと言ってオレの勃起チンポを見た
そして
「これ痛い?」
と聞いてオレの亀頭の先の皮を下に下ろした
オレは黙って痛さをこらえるふりをしていた
「あんた、全部は剥けてないからねぇ。お風呂でちゃんと剥かなきゃダメよ石鹸つけて洗ってごらん」
と、オレを風呂場に導いた
予想外の展開に、心臓がバクバクした。
そしてまずは自分で母の言う通りに石鹸をつけて亀頭を洗ってみた。背後から母が「どう?痛い?剥けた?」
とか聞いてきた。
「自分でやると痛いよ」
と答えると、母はどこかへ消えた。
やがて今度は昔着ていたショートパンツに着替えて現れたのだ
久しぶりに見る母の白い太ももが艶かしかった。
余計にチンポが立った。
ショートパンツ姿の母はオレの前に座り、チンコを優しく両手で握ってから半剥けの皮を剥こうとした。
オレは目をつむり、痛さと快感を同時に感じた
目をあけると、ショートパンツから伸びる母の白いフトモモが目の前にあった
その瞬間、オレは激しく射精した。
スペルマは母の首元まで飛んでぶっかけ射精してしまった
母は
「いやっ!!」
と顔をそむけたが、ドクドクと脈を打つオレのチンポをそのまま握っていた。
それからは地獄の日々が続いた
母子相姦セックスをするまでには至らなかったが母を性の対象から変えるには相当の時間がかかった
そのときオレはすでに高1。
母に包茎のチンコをケアしてもらった代償は小さくはなかった
母はあの日以来、何事も無かったかのように振舞った
が、オレはあのときを思い出して何度も何度も自慰をした
母が平静を装おうほど、オレはその欲望を強くしたのだ
あれから何日か後のこと。
母はのときに着ていたショートパンツを履いていた
あのときでさえも、実に何年かぶりのものだったはずなのに
だから母の真意が理解できなかった。
2人に生じたわだかまりに変化を与えるつもりだったのだろうか
おそらく母は自分の脚がオレの性欲をかき立てていることに気づいていなようであった。
しかしそれはオレにとっては逆効果であった。
おまけに、そのショートパンツがそれから何日かおきにお目見えすることになったのだ。
母の白いフトモモはムッチリして同世代の女の子には無い熟女な色気があった
オレは見て見ないふりをしながらも、トランクスの中を膨らましていた
もう一度あのフトモモを前に母に両手でチンコを包まれたい
そんな欲望が日に日に募っていったある日…
暑い夏休みの真っ只中だった。母はまた、あのシヨートパンツを朝からは履いていた。そして昼からは無防備に太ももをさらけ出してTVを見ていた。オレは母のお尻のあたりを後ろから凝視しながら、硬くなった股間に手をあてていた。勃起は最高潮に達していた。我慢できなくなったオレはついに「お母さん…また痛いよ…」と母に寄り添った。
「どうしたの?」
「また、チンコが痛いんだよ」
「えっ?…でも、もう駄目よ」
「どうして?」
「どうしてって、ねぇ…。あんた出しちゃうでしょ。そんなの親子でダメダメ」
「今度は大丈夫だからさぁ」
「自分でお風呂は入ったとき、石鹸つけて洗ってる?」「自分で洗うと痛いんだよ」「今はなんで痛いの?普段からいつも痛いの?」「…」
オレはショートパン姿の母の白いフトモモを目の前に鼓動が高鳴った。Tシャツに包まれた胸もとても豊満感があった。
「大きくなったときに痛いんでしょ?」母の突然の言葉にドッキリした。そしてオレはその言葉にうなだれるしかなかった。母はしばらく何かを考えているようだった。そして「やっぱり、男の子なんだから自分で洗いなさい」と、そっけなく言ったのだ。
それからというもの、母に性の意識を強げながらもオレは母に反抗的な態度をとり続けた。ヘボな自尊心を傷つけられた気がして。必要意外は口もきかなかった。そんな日がしばらく続いた。
夏休みも終わりに近づいたある昼下がりのこと。午前中から外出していたオレはシャワーを浴びていた。風呂の外から母の声がした。「ねっ、もう痛くないの?」突然のことに驚いたが、オレは寡黙を通した。
それから何分後だったろうか。母がこともあろうに浴室に入ってきたのだ。そしてその格好に衝撃を覚えた。な、なんとオレが消防の頃に母とプールに行っていた頃の水着姿だっのだ!!
時は10年を費やして、あの頃とは全く異なる欲情感をそる艶やかな黒の水着であった。母の白い肌とのコントラストがいっそうに艶かしい。オレの目はまさしく、点になった。
母はそれでも、つとめて冷静をたもっている様子で自分のその格好には触れず、「どうせまだ、自分で洗うと痛いんでしょ?だからといってそのままじゃあね...」と言って、オレを風呂の椅子にすわらせた。
はち切れんばかりのムッチリしたボディーの母はオレの前に座った。胸も白いフトモモもまたオレのすぐ目の前にある。「いい?変なこと考えちゃダメよ。私に少しでも触れたらやめるからね」母は私に釘をさしてから、石鹸に手をつけ、そっとオレのチンポを包んだ。すでに大きく勃起していた。が、あえて母はそれをわざと見ないように、オレの顔に視線を向けて洗い出した。それが何とか瞬間の射精を防いでくれた。母は勃起しても尚、半包茎のオレのチンポの皮をやや強引に剥いた。痛みを感じる以上に、恥ずかしさと快感がまた走った。
「あんた、また出ちゃいそうなら、自分で出す?」母の手が止まり、そして意外な言葉にオレは驚きを隠せなかった。「私がやっているときに出されるとね...なんか変でしょ。だからいっぺん出しなさいよ。後ろ向いててあけるから。それとも私が風呂から出た方がいいかしら?」
オレは予想外の展開に頭の中が真っ白になった。「い、いや、大丈夫。母さんはここにいていいよ。大丈夫。う、うん...」とにかく勃起したチンポを握った。母はそれを見ることなく後ろを向いて立ち、オレから少し離れた。オレはシコりはじめた。母のお尻のあたりを見ながら...
すんません、今夜はもう眠いです。もしご希望がございましたら、また明日の夜にでも続きをカキコします。長々とおつきあい頂きすんません。
黒い水着を食い込ませた母のヒップはオレを早々と昇天させるるのには充分な標的だった。オレは息づかいも荒く、そしてあろうことか、白いマグマを母の尻に向けてめいっぱい噴射させたのだ。母はオレの生暖かいマグマを肌で感じたのか、一瞬のけぞった。しかしあとはオレが完全に逝ってしまうまで静止したままだった。
そして終わった瞬間、あらためてオレの方を向いた。そこではじめてオレのアレを見たのだ。そして何事もなかったかのように、再び手に石鹸をつけオレ自身を洗いはじめた...
そんなやりとりが数日おきに始まった。
オレには父親がいたが、一年前から九州で事業を始めると言ったまま、何日も家を留守にすることが多かった。兄弟もいなかったため、基本的には母と二人暮らしであった。だからその異質な行為を妨げる障害は何もなかった。だからこそ、お互いのブレーキ、特にオレのブレーキが必要だったのである。
オレはもう、母親が浴室に入るまでに激しく勃起するようになっていた。母は自分の手でオレが射精することをとても嫌った。それは母が設定した一定のルールであった。母の前で自慰をして射精した後に包茎処置をしてもらっていたのである。
しかし、そういった行為はじょじょにエスカレートしていくものでもあった。最初は後ろ向きに立たせていた母を前向きにさせた。オレは母の眼前で、母の白いフトモモをなめるように凝視して射精した。母も最初は横を向いていたが、そのうちオレのイチモツをじっくり観察するように見てくれるようになったのだ。
母に見られながら射精する快感は、言葉では言い表せない特別な達成感を感じ、またその行為後は、母の胸にオデコをつけるようにグッタリと体を委ねたのである。
やがて秋らしい鯖雲が目立つようになる頃、オレ自身を狂わせる事が起きた。
母がそろそろその行為をやめることを持ちかけてきた。母のおかげでオレ自身はかなり自然に剥けるようになっていた。自分でケアすることも充分可能になっていた。
予想していた事態ではあったので、オレは母に最後を哀願したのだ。そしていつものように自慰をした。母のこの艶かしい水着姿やも見納めなのか。そう思った瞬間に母の太ももに手が伸びてしまったのである。これは母に絶対に禁じられた行為である。
母の太ももは想像通りスベスベしていた。それを感じるか否かの瞬間、母はオレの勃起を激しく叩いた。「あれほど言ったでしょっ!!」
また再び、母との関係にわだかまりが生じた。オレには母との約束を破った後悔の念と、指先に残る母の太ももの感触とが同居していた。でも母に対する性的な意識は低下することなく…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ゴルフに勝ったご褒美は、旦那さん公認のデート
2017/12/18 21:10
2017/12/18 21:10
楽しいラウンドが終わりました。
18番グリーンからクラブハウスに戻る途中・・

「今日は楽しかったわ」
「ああ、夢・・最後のパットは気合いが入っていたな」
「本当ね、夢ちゃんの気合い勝ちね」
「ありがとうございます。麻里さんのお蔭です」
「さあ、約束通り・・3時間デートをしていいぞ」

クラブハウスに戻り、1分、1秒でも長く、麻里さんと一緒にいたくて着替えもせずに、車に乗り込みました。

麻里さんはシャワーだけでもと言いましたが、直ぐに温泉に入れるからと無理にお願いしました。



ホテルまで約30分、思わず笑みがこぼれます。
「何、ニヤニヤしているの?・・夢ちゃん」
「嬉しくて、本当にデート…
ネットで知り合った中年のおじさんと居酒屋でエッチしてたら、3Pまでいった
2016/02/04 22:35
2016/02/04 22:35
私は処女を中2で喪失しました。

当時の彼氏とエッチをしまくり、クリが非常に敏感ですぐお漏らしをしてしまう体になりました。

家で普通にエッチ…も好きですが、少しアブノーマルなエッチが好きです。




エッチが大好きで、彼氏がいなくてもセフレは絶え間なくいる私ですが、

22歳の時に1度ネットで出会った人とエッチしました。

ある日暇なのでチャットをしていると

私「こんにちは~22歳です(^-^)」

男「こんにちは、56歳です。大丈夫かな?」

正直、56!?ないわ..と思いました(笑)

でも、彼は誠実でとても話しやすく、楽しくチャットをしていました。

そして、アドレス…
【姉との告白体験談】色白のお姉さま 続続続編
2017/12/22 10:36
2017/12/22 10:36
前編は以下のとおりMさんは起き上がり「じゃあ、そろそろいれてみよっか」とベッド脇の引き出しからゴムを持ってきた。 俺を仰向けに寝せて、また、ち○ぽをくわえて、ゆっくりと深く頭を動かした。 ち○ぽをたくさん濡らしてから、Mさんはゴムを取り出し「ゴム、つけるね。私もつけてあげたこと無いからわからないけど。」と言いながらも無事装着。 Mさん「どうしよ、このまま私が上で入れてもいいかなぁ?」俺「俺はいいですけど、Mさん辛くないですか?」Mさん「大丈夫だよ~じゃあ入れてみるね」と、Mさんは俺の上に股がり、ま○こにち○ぽを当ててゆっくりと腰を落とした。Mさん「はぁっ、んっ、はいったよぉ、わかる?奥まで…
パチンコ屋で友人の巨乳妻と会って…【人妻体験談】
2016/09/01 21:10
2016/09/01 21:10
昨日の事です。
私は仕事が終わった後、いつものようにパチンコ店に行きました。
スロットと飲み友達探しが目的で、週末・休みの前の日はいつもパチンコ店。

飲み友達がみつかる事は稀で、閉店までスロットを打って負けて帰宅というパターンがほとんど。

しかし昨日は運が良く、スロットの北●の拳という機種で投資四千円でバトルボーナス25連!!
その後もなかなかイイ感じで、ハマってもバトルボーナスの継続率が良く、気づけばドル箱三箱半以上!!・・・かなり浮かれてました。


そんな久し振りの好調に夢中になっていると、突然隣に一人の女性が・・・友人の36歳になる巨乳妻でした。

彼女は私と目が合うと「凄い出てる…
【人妻との体験】お向い夫婦と温泉の中居
2015/09/20 11:55
2015/09/20 11:55
スレでやれ!続きをお願いします等、色々なコメントありがとうございます。板は自由に使用させて頂きます。否定的な方ご容赦願います。 由利が朝食を持ってきた。俺たちは、素っ裸のまま由利に飯をよそわせ、疲れて眠り込んでいる嫁たちより先に腹ごしらえを済ませ、旦那に「まずは、うちの嫁から始めるよ、良く見ておいて、恵美ちゃんにやるんだよ」「なんか夢見てるみたいだな、本当にうまくいくんですか?」「心を鬼にしないと失敗するよ」由利に嫁を座椅子にM字開脚の形で拘束し、起こしてやるように命じた。 嫁は身体を自分で動かす力も残っていないため、由利にされるがまま目覚めた。「いやっ!いつまでこんなこと続けるのよっ!ほ…
★見るだけで幸福になる女性
2017/10/31 12:45
2017/10/31 12:45
 頼まれたヨーグルトを買いに近所のスーパーにいった時のことです、目的のヨーグルトが一つしか無くてこれかなぁ?と商品を手に取り見ていると隣に似たような商品を手に持った若奥さんがいました。

 お互いの顔の間は距離して20センチ程…推定24歳位で、ほっぺはスベスベで唇もプリッとして若さ溢れるいい匂いがして思わず見惚れてしまいました。ヨーグルトを手に持って横の若奥さんを見てる40歳の僕
『どうかされました?』と聞かれた時はおもわず…


『綺麗な人だなぁと思って見惚れてました』と正直に答えてしまって(・_・;でも意外にも『ありがとうございます』と答えてくれて、おまけに笑顔も素晴らしい(^-^)/…
露出願望を抑えられなかった私はやはり痴女なのでしょうか
2018/01/26 20:33
2018/01/26 20:33
泥酔女子にぶち込んだがイクのに苦労した
2016/03/27 12:12
2016/03/27 12:12
715 :えっちな21禁さん:04/09/11 12:54:16取引先の課長に飲みに行こうと誘われまして、担当の女子社員と課長と私の 3人で飲みに行くことになりました。 6時に駅の近くのこ洒落た飲み屋で集合。しばらくは仕事の話やたわいない話を していたんですが、課長が突然あるところにTEL。  登場人物 課長・A女子社員・私Z  717 :えっちな21禁さん:04/09/11 13:27:58 課長が電話したのは、1ヶ月前に退社したB子。私が関わっている仕事の 元担当者です。(今はA子が担当なのですが) 課長と…
先輩女子によるお仕置き
2015/10/18 20:05
2015/10/18 20:05
俺が小5で、生活委員で放課後各教室の清掃状況チェックをしていた時の話。その時、一緒に各教室を回ってたのは、一つ上の学年で俺の憧れの女子の先輩でした。先輩が階段を登った時、スカートが捲れて、パンツが見えました。 先輩は俺の方を振り返り 「ちょっと来て」 と言って空教室に連れていかれました。「今、見たよね?」 と先輩が問いつめられ、俺が認めると「そう、それならお仕置きが必要ね」 と言って、先輩はいきなり俺の穿いてる半ズボンとパンツを下ろしてきた。そして、俺が抵抗するよりも早く半ズボンとパンツは先輩に奪われた。俺はチンポを隠して座り込んでしまったが、先輩は俺を立たせると、俺のチンポを手コキしはじめた…
温泉旅行
2016/06/26 01:05
2016/06/26 01:05
私は40歳、妻は36歳の夫婦です。 先日、久しぶりに夫婦水入らずで温泉旅行に行ってきました。 夕食を終え、ゆっくりしたところで旅館のカラオケクラブに二人で行きました。 しばらくするとちょっと離れた席に座っていた男性グループ(私と同じくらい)のひとりが、 妻に「ダンスのお相手を願えますか?」と聞いてきました。 妻は私の手前、一旦は断ったのですが、私は妻が他の男と身体を密着させて踊る姿を見てみたく、 「いいじゃない、踊って来いよ」と妻を促しました。 「ご主人のお許しも出たし、お願いしますよ奥さん」と男は妻の手を引っ張ります。 妻は私の顔を見ながら、ダンスフロアに消えていきました。 私はウイスキーを…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

・人妻の男あさりが止められません

・40歳のヌード

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・男のオモチャの様に扱われた日々

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り

・【熟女体験談】隣のデカチンな黒人と4p乱交していた寝取られ妻

・フィギャアスケート部員で男は俺一人

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・凌辱犯罪被害者の貧乳恥辱ロリ女と結婚した経緯

・ウブな女の子から大人の女に

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・ロリコンな幼馴染との奇妙な関係

・思い出のお姉さん

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・【不倫】とろけるようなキスが私の貞操観念を狂わせた

・職場の先輩 大学時代