寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】母に挿入無しの手コキ近親相姦をしてもらった息子

2018/10/12 22:02


大人チンポになる直前、仮性包茎になりかけの時にチンポ見せれるチャンスのお陰で母と挿入無しの近親相姦できたわ
俺がチンポを母親に見せたのは湿布を貼ってもらう為だった
股関節を痛めてしまい母親に湿布を貼ってもらおうとチンポを露出したんだよ
そしたら、母は、
「昔とはこんなに違うんだねぇ」
と息子である俺のチンポを感慨深けに握ってた
そのときはボッキしたらやめたけど
それから母の手の感触がずっとチンポに残っていた
その後、どうしても母にチンポを触ってシコシコと手コキしてもらいたくて
ある日、チンポに違和感があると母に訴えたら、またちゃんと見てくれた
「大きくなったら痛いの?それともふつうのときに?」
「先っぽの皮がしめつけられてるんじゃないの」
とか色々質問してきた
もうすでに、パンツの中で半立ち状態だったので
「勃起したときに痛いんだ」
とオレは答えた
母はどれどれと言ってオレの勃起チンポを見た
そして
「これ痛い?」
と聞いてオレの亀頭の先の皮を下に下ろした
オレは黙って痛さをこらえるふりをしていた
「あんた、全部は剥けてないからねぇ。お風呂でちゃんと剥かなきゃダメよ石鹸つけて洗ってごらん」
と、オレを風呂場に導いた
予想外の展開に、心臓がバクバクした。
そしてまずは自分で母の言う通りに石鹸をつけて亀頭を洗ってみた。背後から母が「どう?痛い?剥けた?」
とか聞いてきた。
「自分でやると痛いよ」
と答えると、母はどこかへ消えた。
やがて今度は昔着ていたショートパンツに着替えて現れたのだ
久しぶりに見る母の白い太ももが艶かしかった。
余計にチンポが立った。
ショートパンツ姿の母はオレの前に座り、チンコを優しく両手で握ってから半剥けの皮を剥こうとした。
オレは目をつむり、痛さと快感を同時に感じた
目をあけると、ショートパンツから伸びる母の白いフトモモが目の前にあった
その瞬間、オレは激しく射精した。
スペルマは母の首元まで飛んでぶっかけ射精してしまった
母は
「いやっ!!」
と顔をそむけたが、ドクドクと脈を打つオレのチンポをそのまま握っていた。
それからは地獄の日々が続いた
母子相姦セックスをするまでには至らなかったが母を性の対象から変えるには相当の時間がかかった
そのときオレはすでに高1。
母に包茎のチンコをケアしてもらった代償は小さくはなかった
母はあの日以来、何事も無かったかのように振舞った
が、オレはあのときを思い出して何度も何度も自慰をした
母が平静を装おうほど、オレはその欲望を強くしたのだ
あれから何日か後のこと。
母はのときに着ていたショートパンツを履いていた
あのときでさえも、実に何年かぶりのものだったはずなのに
だから母の真意が理解できなかった。
2人に生じたわだかまりに変化を与えるつもりだったのだろうか
おそらく母は自分の脚がオレの性欲をかき立てていることに気づいていなようであった。
しかしそれはオレにとっては逆効果であった。
おまけに、そのショートパンツがそれから何日かおきにお目見えすることになったのだ。
母の白いフトモモはムッチリして同世代の女の子には無い熟女な色気があった
オレは見て見ないふりをしながらも、トランクスの中を膨らましていた
もう一度あのフトモモを前に母に両手でチンコを包まれたい
そんな欲望が日に日に募っていったある日…
暑い夏休みの真っ只中だった。母はまた、あのシヨートパンツを朝からは履いていた。そして昼からは無防備に太ももをさらけ出してTVを見ていた。オレは母のお尻のあたりを後ろから凝視しながら、硬くなった股間に手をあてていた。勃起は最高潮に達していた。我慢できなくなったオレはついに「お母さん…また痛いよ…」と母に寄り添った。
「どうしたの?」
「また、チンコが痛いんだよ」
「えっ?…でも、もう駄目よ」
「どうして?」
「どうしてって、ねぇ…。あんた出しちゃうでしょ。そんなの親子でダメダメ」
「今度は大丈夫だからさぁ」
「自分でお風呂は入ったとき、石鹸つけて洗ってる?」「自分で洗うと痛いんだよ」「今はなんで痛いの?普段からいつも痛いの?」「…」
オレはショートパン姿の母の白いフトモモを目の前に鼓動が高鳴った。Tシャツに包まれた胸もとても豊満感があった。
「大きくなったときに痛いんでしょ?」母の突然の言葉にドッキリした。そしてオレはその言葉にうなだれるしかなかった。母はしばらく何かを考えているようだった。そして「やっぱり、男の子なんだから自分で洗いなさい」と、そっけなく言ったのだ。
それからというもの、母に性の意識を強げながらもオレは母に反抗的な態度をとり続けた。ヘボな自尊心を傷つけられた気がして。必要意外は口もきかなかった。そんな日がしばらく続いた。
夏休みも終わりに近づいたある昼下がりのこと。午前中から外出していたオレはシャワーを浴びていた。風呂の外から母の声がした。「ねっ、もう痛くないの?」突然のことに驚いたが、オレは寡黙を通した。
それから何分後だったろうか。母がこともあろうに浴室に入ってきたのだ。そしてその格好に衝撃を覚えた。な、なんとオレが消防の頃に母とプールに行っていた頃の水着姿だっのだ!!
時は10年を費やして、あの頃とは全く異なる欲情感をそる艶やかな黒の水着であった。母の白い肌とのコントラストがいっそうに艶かしい。オレの目はまさしく、点になった。
母はそれでも、つとめて冷静をたもっている様子で自分のその格好には触れず、「どうせまだ、自分で洗うと痛いんでしょ?だからといってそのままじゃあね...」と言って、オレを風呂の椅子にすわらせた。
はち切れんばかりのムッチリしたボディーの母はオレの前に座った。胸も白いフトモモもまたオレのすぐ目の前にある。「いい?変なこと考えちゃダメよ。私に少しでも触れたらやめるからね」母は私に釘をさしてから、石鹸に手をつけ、そっとオレのチンポを包んだ。すでに大きく勃起していた。が、あえて母はそれをわざと見ないように、オレの顔に視線を向けて洗い出した。それが何とか瞬間の射精を防いでくれた。母は勃起しても尚、半包茎のオレのチンポの皮をやや強引に剥いた。痛みを感じる以上に、恥ずかしさと快感がまた走った。
「あんた、また出ちゃいそうなら、自分で出す?」母の手が止まり、そして意外な言葉にオレは驚きを隠せなかった。「私がやっているときに出されるとね...なんか変でしょ。だからいっぺん出しなさいよ。後ろ向いててあけるから。それとも私が風呂から出た方がいいかしら?」
オレは予想外の展開に頭の中が真っ白になった。「い、いや、大丈夫。母さんはここにいていいよ。大丈夫。う、うん...」とにかく勃起したチンポを握った。母はそれを見ることなく後ろを向いて立ち、オレから少し離れた。オレはシコりはじめた。母のお尻のあたりを見ながら...
すんません、今夜はもう眠いです。もしご希望がございましたら、また明日の夜にでも続きをカキコします。長々とおつきあい頂きすんません。
黒い水着を食い込ませた母のヒップはオレを早々と昇天させるるのには充分な標的だった。オレは息づかいも荒く、そしてあろうことか、白いマグマを母の尻に向けてめいっぱい噴射させたのだ。母はオレの生暖かいマグマを肌で感じたのか、一瞬のけぞった。しかしあとはオレが完全に逝ってしまうまで静止したままだった。
そして終わった瞬間、あらためてオレの方を向いた。そこではじめてオレのアレを見たのだ。そして何事もなかったかのように、再び手に石鹸をつけオレ自身を洗いはじめた...
そんなやりとりが数日おきに始まった。
オレには父親がいたが、一年前から九州で事業を始めると言ったまま、何日も家を留守にすることが多かった。兄弟もいなかったため、基本的には母と二人暮らしであった。だからその異質な行為を妨げる障害は何もなかった。だからこそ、お互いのブレーキ、特にオレのブレーキが必要だったのである。
オレはもう、母親が浴室に入るまでに激しく勃起するようになっていた。母は自分の手でオレが射精することをとても嫌った。それは母が設定した一定のルールであった。母の前で自慰をして射精した後に包茎処置をしてもらっていたのである。
しかし、そういった行為はじょじょにエスカレートしていくものでもあった。最初は後ろ向きに立たせていた母を前向きにさせた。オレは母の眼前で、母の白いフトモモをなめるように凝視して射精した。母も最初は横を向いていたが、そのうちオレのイチモツをじっくり観察するように見てくれるようになったのだ。
母に見られながら射精する快感は、言葉では言い表せない特別な達成感を感じ、またその行為後は、母の胸にオデコをつけるようにグッタリと体を委ねたのである。
やがて秋らしい鯖雲が目立つようになる頃、オレ自身を狂わせる事が起きた。
母がそろそろその行為をやめることを持ちかけてきた。母のおかげでオレ自身はかなり自然に剥けるようになっていた。自分でケアすることも充分可能になっていた。
予想していた事態ではあったので、オレは母に最後を哀願したのだ。そしていつものように自慰をした。母のこの艶かしい水着姿やも見納めなのか。そう思った瞬間に母の太ももに手が伸びてしまったのである。これは母に絶対に禁じられた行為である。
母の太ももは想像通りスベスベしていた。それを感じるか否かの瞬間、母はオレの勃起を激しく叩いた。「あれほど言ったでしょっ!!」
また再び、母との関係にわだかまりが生じた。オレには母との約束を破った後悔の念と、指先に残る母の太ももの感触とが同居していた。でも母に対する性的な意識は低下することなく…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】首輪の使い方教えてください【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/21 19:25
2017/03/21 19:25
627名前:恋人は名無しさん[sage]投稿日:2009/09/13(日)01:48:47ID:lsRfCMRl0誰か、首輪の面白い使い方教えてください(彼女から)興味があるって言われたんで、大型犬用のリードと首輪買って来たんだけどどう遊んでいいのかイマイチ分からん彼女に首輪付けて室内引き回しながら「メス犬だな」とか言うだけでいいのか?それから、何周ぐらい引き回せばいいんだ?首輪で引き回すプレイから、次のプレイに移すにはどうすれば無理なく移れるんだ?正直、俺自身が首輪に興味ないんで彼女がどういう責めを求めてるのかよく分からない。経験者の方、助けてください628名前:恋人は名無しさん[sage…
娘と姉妹に見られて喜ぶ四十路おばさんのエロい告白
2018/01/06 06:10
2018/01/06 06:10
19歳の娘を持つ40歳の専業主婦です。

夫とは娘の手前、
夫婦の営みも年に数回程度で
ほとんどセックスレス状態。

私も四十路を迎え、
すっかりおばさんしてましたが、
この間名古屋まで娘と一緒に出かけました。

娘の服を借りて髪の毛も
娘と同じストレートにしました。

買い物途中に男の人25歳ぐらいの
2人にナンパに合い、姉妹に見られて嬉しかったです。



それから、若く見られた事と
ナンパにあった嬉しさで、
服も下着も買いそろえて、
ナンパされることえお期待して
街に出かけるようになりました。

何回か出かけたある日、
30歳前の男の人にナンパに合い、
お茶してからカラオケBOXに行き、…
温泉旅行に行ったとき、好きだった彼女が上司にハメられてた
2017/02/18 16:00
2017/02/18 16:00
あれは3年前のことだけど、会社の同僚と上司で温泉旅行に行くことになった。
(ちなみに同僚はほとんどが同期で男女半々。上司は35歳くらいの、慕われてるけど冴えない感じの人。お世話になった上司を囲む会みたいな。)
その同期の中に雅子っていう女の子がいて、おれはその子のことをかなり好きだった。


好きと言っても純粋な気持ちではなく、おれにとって雅子は「普段すましてる同僚と一発やりたい」という欲求の対象だった。

雅子は本当に巨乳だった。何カップとかは知らないけど、相当でかかったのは確か。身長は150~155くらいかな?

ちょっとぽっちゃりめ(デブでは無い)のくせに細身…
甥のアパートに行くのが日課
2017/02/20 17:19
2017/02/20 17:19
子供を幼稚園に送った後、私は甥のアパートへ向かう。 浪人生の甥、守は都内の予備校に通うため上京して一人暮らし。 姉に頼まれて食生活などの世話を見てやっている。 私が嫁ぐまでは実家に一緒に暮らしていて、年齢もあまり変わらないから弟のようで可愛い。 こうして昼間、掃除・洗濯をしに行くのが日課になっている。 「ま?た昼間から寝てて・・・起きなさいっ!」 「んん・・・、美里さん、まだ9時だよ、もっと寝かせてよ」 「昼型の生活にしなきゃ駄目でしょ。頭回らなくなるよ」 「わかったよ・・・、でも後10分寝かせて、オバサン」 「20代の女性に向かってオバサン呼ばわりしないでよっ!」 だらだ…
高校
2016/04/03 08:09
2016/04/03 08:09
581 :亜紗実 ◆Z9uhKoaOow :03/07/31 11:28高校2年の時、友達と多摩川の花火大会に行きました。そしたら、同じクラスの 男たちに偶然あって、そのままみんなで花火をみました。タコ焼きを買ったり、 ビールを買ってのんだりしながら花火をみました。 花火大会が終わってみんなで一緒に駅まで歩いてたんだけど、先頭を歩いていた ヒロくんと私がみんなからはぐれてしまいました。 PHSで一緒に来てた友達に電話しようとしたけど、PHSがありませんでした。 花火大会の会場でおとしてしまったようでした。 「ピッチ落としちゃったみたいだから戻って探してくる」と…
【近親相姦体験告白】浪人生のエッチ体験談
2016/03/01 17:54
2016/03/01 17:54
「あ~、またやっちまった」俺は何時も終わった後にそう思っている。 今はこんなことしている場合じゃないのに・・・。 一浪して今年こそはと思っているのだが、ベランダには叔母の下着が干され、叔母の目を盗んでは、そっとその下着で一物を包み日に3回のペースで自慰にふけっていた。 最近は叔母の下着もかなり派手な物が増え、男がいるのかもしれないなんて思っている。 俺の叔母(母の妹)は今年40歳。 いまだ独身でとある大手銀行に勤めている。 顔は美人で年齢よりかなり若く見える。 そして何よりスタイルが最高。 とにかくエロい!!休日の日に叔母と話をしていたときの事。「今年こそっていったらプレッ…
最近初めて嫁を他人に抱かせたんだが Part09【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/08 02:56
2017/09/08 02:56
の続き 前回は6月に報告させてもらいましたけど、最早俺君と名乗った方が通りがいいですかね。 一通りスレッド見させて貰いました。 少し報告できる事がありましたので報告します。 (今日、まとめて書けるか判りませんので途切れたらすみません。) その前にまずは自分自身の近況報告なのですが、少しどたばたしていました。 何かというと夏場、前回の報告直後に少し体調崩して2週間程入院していました。 (最初に言っておくと今は元気になってます。) 死ぬような状態じゃなかったんですけど延々と二日酔いが続くような体調で、 一日中頭痛いわ気持ち悪いわで最中は死ぬかと思いました。 元々いい加減な人間+不摂生し…
【体験談】親友に最愛の彼女を寝取られるところを覗き見てしまった
2016/03/09 23:30
2016/03/09 23:30

私は22歳で21歳の彼女がいます。



彼女とは学生の時にアルバイト先が同じでそこで仲良くなって付き合いました。



彼女は私が言うのも何ですが、
かなり可愛くて芸能人でいうと新垣結衣を少し小柄にして
さらに笑顔を可愛くした感じです。



付き合い当時は彼女は19歳で
過去に付き合ったことがないと言っていたので恋愛には奥手のタイプかもしれません。



いろいろと聞くと何度か告白もされたし言い寄られたことはあるようですが、
強引な感じがして怖いというトラウマがあったようです。



私と付き合えたのは私…
夫が単身赴任に行ったのに、私は義弟とセックスをしてしまい
2015/11/15 20:00
2015/11/15 20:00
はじめて投稿します。
 38歳、結婚9年目の主婦です。
 去年の秋に夫が突然の転勤で仙台に転勤になりました。




 子供もまだなので一緒に行こうとも思ったのですが新居を建てたばかりなのと、転勤といっても1年間の研修みたいなものだから
ということで夫は単身赴任することになりました。

私たちは自分で言うのも何ですが仲が良く、旅立つときにはお互い本当につらくて泣いてしまったくらいです。
 やさしい夫は、なるべくたくさん帰るからということで、最初のうちは頻繁に帰っていたのですが、やっぱり無理があったようでひと月半ほどで過労でダウンしてしまいました。
 そんなことが…
【痴漢・レイプ】レイプ願望のある黒木瞳似の淫乱女と
2016/05/06 01:31
2016/05/06 01:31
4月上旬に次の町内ゴミ拾いは誰が班長か?と決める近所の会合で知合った同じマンションの女性。 30代前半で、黒木瞳をもっと若くさせたような感じの清楚感溢れてる人。 こんな人住んでたっけ?と一応は挨拶したけど何号室に住んでるか分らなかった。 町内でのゴミ拾いとか正直メンドクサな感じなのだが、運悪く俺が班長でその女性(仮に瞳さんとしておこう)が副班長。 ここでお互い初めて「いやですね~」とか「めんどくさいですね~」とか話し一旦は別れた。 週末の掃除日に行くとタンクトップの上に白いブラウスだけ羽織った瞳さんを見てドッキリ。 ブラの線とかモロでてるし、ジーパンもピチピチで尻のボリューム感感も妙にエロイ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・ローラ父、20年前から日本で犯罪

・【人妻体験談】隣の若妻のパンティを拝借していたらバレてしまい、半ばレイプに近い感じで童貞喪失

・【熟女体験談】ネットカフェでレイプされ、中出し輪姦され満足した毎日を送っている変態主婦

・【Hな体験】素人ビデオに出ていた同じアパートのシンママと

・JC集団が一人になったところを狙ってレイプ

・人生初のモテ期が35歳で到来した。

・【人妻体験談】お風呂に入ってきた叔母に勃起し、ベッドで筆下ろし

・【熟女体験談】旅行先で妻のスカートの奥を覗き込む男たちを発見し、ビデオで撮影されながら犯されている妻の横で興奮する夫

・同期との結ばれぬ恋

・【不倫】一回りも若い男性と動物のように激しく

・外注先の女に会社でストリップをさせた

・【浮気】美人課長の美脚をストッキング越しに舐め回す!

・妄想の中で妹と一線を超えてエロいことした

・旦那の連れ子

・【初体験】マッサージの先生に咥え方や舌の使い方を教わって

・△妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました完(転載禁止)

・入院した看護師と病室で

・絶倫男に何度もイカされて思わず懇願

・【熟女体験談】ロレツも怪しいぐらい酔っているおデブなおばさんを車で自宅まで送る間に中出しカーセックス

・先輩とカラオケデートしてたらそのままレイプされた

・友達の彼女寝とったったwwww

・【人妻体験談】パート熟女と飲み会の後、マンションに連れていきたっぷりと中出しSEX

・主人はエリートサラリーマンですがアッチの方は

・【不倫】酔った勢いで従姉の息子に胸を触らせてあげたら・・・。

・処女を頂くまではオナニーでガマン

・ココロとカラダ

・【CFNM】ちん見せの思い出?小6の時のこと

・浮気してくれてありがとう・・・

・エッチの為に遠征してきたメル友

・【人妻体験談】切ない両親のセックスを目撃し、泣いてしまった息子