寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】上司がスタイル抜群の人妻社員に誘惑され、フェラのあまりの気持ちよさに我慢しきれず一気に放出

2018/10/12 12:02


同じ職場にいる部下でショートヘアでスタイル抜群の人妻社員を寝取りエッチしました
私の役職は係長で年齢は38歳になります
そしてそのショートヘアの可愛い三十路熟女社員とはいつも一緒に仕事しているうちに親密になった
名前は安里紗といって子供は1人いるんだけど旦那さんが自営業で居酒屋をやっていて夜はほとんど時間が合わず、手伝いは行っているが子育てと仕事で忙しくて夫婦の営みがなくセックスレス気味だったらしい
安里紗を一緒に仕事をするのは3年前からでちょうど結婚、出産が終わって、転職してきた
明るい性格ですぐに仲良くなったがたまに家庭の愚痴とか聞いたり、仕事中に下ネタを言ったりとこれが私の妻なら最高だろうなーとずっと思っていた
私も結婚しているんだが恐妻で鬼嫁!
しかも年上なのだ
家に帰ると、明るく接してくれるが、夜の営みは月に2~3回くらいなのだが
たまに夫である私が疲れて寝てても、無理やり起こされてついでに股間も起こされて半ば強姦のように鬼嫁に逆レイプされながらの夫婦の営みになる
自分が選んだ女性なので、今でも愛しているがつき合っている頃は、セックスも積極的でエロくそれがよくて結婚した
それからしだいに変貌を始めたが、恐妻なだけにお金の管理とかはしっかりとしてくれて、お小遣いがなくなれば、だまって財布に1万円入れてくれていたりするので、その部分ではよその奥さんよりもいいと思っている
それでもストレスは溜まるもので、妻は最近太ってきて、20代のかわいらしさを感じなくなり迫力だけが増していく
そして、恐妻とくれば相手をしたくなくなってくる
これは男のわがままでしょうか
そんなことはいいとして、ショートヘアの若妻OLの安里紗はスレンダーだが、どことなくおっちょこちょいでかわいらしさがある
そして旦那とのエッチをたまに話してくれて、いつも私は、安里紗と高級ホテルに行きたいと言っているが、まあ、実現することはないと思う
そんなこんなで先日の金曜日に残業をしていた
会社は広告会社で私は営業で安里紗は制作で安里紗が作る広告はクライアントにも評判がいい
「男の人って大変ですね、特に奥さんが強いと・・」
「そうなんだよ、家に帰ればお願いじゃなくて命令だよ」
「へえ~、私は主人から命令されるほうなんですけど」
「え、どうして?」
「だって主人は料理人でしょだから私よりおいしく作るんです、だから、私が作るといちいちどこがまずいとか言われるんです」
「それは本職だからしょうがないね」
「でもエッチするときも命令されるんです」
「それもある意味しょうがないよ、けどそれがうれしいんだろ?」
「そんなことないですよ」
相変わらずかわいらしい若妻である
とそんな時、ラジオを聴いていたのですが、痴漢のニュースが流れてきた
「最近、痴漢とか多いみたいだな、友達からも聞くし」
「私も昔は痴漢されてましたよ」
「電車か、バスか、それとも」
私はニヤニヤすると、
「佐伯さん(私の名前)も痴漢したいですか?」
「そりゃあ~、ねえ、してみたいよね」
「やっぱりスケベなんですね」
「男はみんなスケベだよ」
「そしたら、私にも痴漢してみたいですか?」
「はい、お金を払いますからさせてください」
「え~、いくらで?」
「1000円くらいかな」
「安すぎますよ、せめて5000円くらいは」
「ほんと5000円なら今すぐ払うよ」
「冗談です、でも私って魅力ありますか」
癒し系で可愛い安里紗は笑顔でスカートを太ももが見えるくらいに見せつけてる
「どうですか、ムラムラきますか?」
正直驚いていた
安里紗は癒し系ですごくかわいいし、以前から抱きたいと思っていたが
それはあくまでも妄想の中だけで、実際に挑発してくるとは思わなかった
「ドキドキしました?」
「う、うん、でももう少し見たいな~」
安里紗はすぐにスカートを元の位置までもどした
それから1週間、締め切りまで多忙な日が過ぎていき、締め切り前日の夜8時くらいにすべての業務が終了して、大きな会社じゃないので、当然、残業組は私と安里紗だけ
用意しておいたビールを投げて渡し、乾杯した
これは広告出稿が終わったら恒例のことになっていた。
「疲れたな、なんか大手術が終わった外科医みたいだよ」
「男の人って、そんなときエッチするとすごく燃えるんでしょ」
「う~ん、相手にもよるな~うちの奥さんじゃ無理だな」
「じゃあ、私だったら燃えます?」
「もちろん、安里紗だったら燃え尽きて火傷するかもな」
そう言いながらブラインドを閉め終えて振り返ると、安里紗が私を見てニヤニヤしながらまたスカートを捲り上げて挑発してくる
「おいおい、ほんとに襲うぞ」
「え~、事務所でですか?」
「誰もいないからここでもいいけど・・・」
安里紗の太ももはスレンダーなので、すごくきれいな美脚
そして、なんとなくパンティが見えるか見えないかが興奮を高めた
私はすかさず安里紗の横に座り、
「おい、触らせろよ」
「え~、高いですよ」
そう言いながら私の手は安里紗の太ももの上だった。
「きれいだな~、もっと奥までいいかな~」
「もうだめです、ここは会社ですよ」
「挑発したのはおまえだろ」
「でもだめなんです」
私は少し強引に手を下着まで持っていった
「きゃっ、すけべな上司が私を襲ってる~」
「静かにしろ、もう逃げられんぞ」
「きゃ~、襲われる~」
安里紗はそう言いながらも手をどかそうとはしなかった
そして私はもうストップがきかない状態になっていて、癒し系激かわ若妻社員の安里紗を抱きしめ、そっとキスをした
「う、ううう・・・」
安里紗は最初は抵抗したが、舌で唇を舐めるとしだいに全身の力を抜いていった
そして舌と舌を絡ませ、ディープキスになっていた。
もう一度、手を下着の中に入れようとすると、抵抗するどころか、両足を少し開いていた
「いいのか?」
「ううん・・・・」
そう聞いてるうちに手はパンティの中に入り、指先でおまんこを触ってみると、なんとなく濡れているように感じた。
「う、うん~、あ~ん」
安里紗のエロい喘ぎ声がもれた
いけると思った
もう少しおまんこの中に指を入れてみると、力を入れていないにもかかわらず、指が半分くらいオマンコの中に入ってしまった
「あっ、いや~ん」
「安里紗、すごく濡れてるよ」
「もう~、その気にさせないで」
「じゃあ、俺のも、その気になってるかどうか見るか?」
安里紗は私の股間に手をあてると、
「わあ~、佐伯さんいやらしい~」
「安里紗がこんな風にさせたんだぞ、責任取れよ」
「勝手に大きくなったくせに・・・」
安里紗の表情が変わっているのがはっきりとわかった
小悪魔っぽくてエロ可愛い若妻になっている
私は絶対寝取ってやると決めた。
私と安里紗は、もうすでにブレーキがきかなくなっていた
そして私は事務所の電気を消すと、安里紗はすっと立ち上がった
「佐伯さん、ここで抱いて」
そういうと、ジャケット脱ぎ、ブラウスを脱ぎ、スカートも下ろし、パンティを脱ぎ、デスクの前で全裸になった
「あ~、きれいだ、子供を産んだなんて信じられないよ」
安里紗の体はすっきりとしてスレンダーで、そんなに無駄な肉もついてないわりに、おっぱいは少し垂れた感じではあるが、ぜんぜんいける大きさと乳首は小ぶりだが、ツンと立っているのははっきりとわかった
「す、すごい、安里紗、きれいだよ」
「佐伯さん、まだ大丈夫ですか」
「ぜんぜんいいよ、今すぐデジカメで撮りたいくらいだよ」
私も服を脱ぎ全裸になった
もちろん股間は、安里紗が1枚1枚服を脱ぐのを見て、完全に勃起していた
暖房は入れているので寒くはない。
激かわ若妻を抱き寄せ、キスをすると、やっぱり肌と肌の触れ合いは、ムラムラとくる
またまたディープなキスをしながら、股間が安里紗のお腹にあたる。
「当たってますよ、すごい大きいのが・・・」
「安里紗、きれいにしてくれるかな?」
すると安里紗はキスをしながら、私の乳首を舐め、だんだんと下に下がっていき、ペニスを握ると、何回かシコシコと手を動かし、私を見上げて、ニコっとしたかと思おうと、勃起したペニスを口に含んだ。
強烈なフェラチオで、これこそがバキュームフェラというものかと思いながら、生温かい舌が亀頭を舐め、吸いついたと思ったら、強烈な吸引と唾液がいっぱい出ていて、ビチャビチャと音が響いた。
「うう~ん、大きいですよ佐伯さん~」
「ちょ、ちょっと、すごいよ、こんなフェラ初めてだよ」
安里紗は顔をいろいろな方向に動かし、玉袋も揉み揉みしながら、早く動かしたかと思えば、今度はねっとりとソフトクリームを舐めるように、竿の根元まで、丁寧に舐めあげる感じのフェラチオが私の脳にまで電気を送り込んでいる感じがたまらなかった。
「安里紗、交代だ、もうだめだ」
「いや、気持ちいいんでしょ、もっとしてあげるから」
「お、おい、それ以上は・・・イキそうっ、あああああっ」
あまりの気持ちよさに、我慢しきれず、何日も溜まっていた精子を安里紗の口の中に一気に放出した。
こんなに気持ちいいのは、もう数年ぶりだった。妻とのお義理セックスとはだいぶ違う。
安里紗は射精した後のペニスをもう出ないくらいに搾り取るように、吸引し、私の方を向いて、精子でいっぱいの口を見せると、そのまま飲み干してしまった。
「あ~、おいしい、佐伯さんの愛がいっぱいね」
「あ~あ、安里紗と結婚すればよかったな」
「今からでもいいですよ、明日にも離婚届けを出しましょうか」
「じょうだん言うなよ」
冗談でもすごくうれしかった。
安里紗の笑顔は男をその気にさせる、そんなパワーがあると思った。
ただ、安里…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【痴漢・レイプ】先輩のお母さん【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/13 00:26
2017/08/13 00:26
僕の初体験、今年の夏です。相手は高校の先輩のお母さんでした。僕はまだ、高校3年生で、別の社会人となっている友達と飲みに行っていた時、街でバッタリであったのです。 先輩のお母さんなので、高校生で飲みに行っていることが、先輩(卒業し、現在は大学生)の耳に入ると恐ろしくて、どうしょうかと思いました。 でも、「黙っていてあげるから、今日は一緒にどう」の誘いに、2次会のカラオケに同行しました。 先輩のお母さんと女友達5人にカラオケへ連行されました。 友達のお母さんは42歳ですが、色っぽく、大変おしゃれでした。一緒に居た女性からはカラオケでは「若いってえいね」と大変羨ましがられました。 カラオケでは友達…
【レイプ】先輩とカラオケデートしてたらそのままレイプされた
2016/03/13 13:32
2016/03/13 13:32
623 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 09:42:33 ID:QH9kCAkrO [1/13] 高1の時にレイプされました。 先輩に告白されて初めてのデートでカラオケへ。 満杯になるまで曲を予約して、音楽流れ始めたら・・・ 外廊下を歩く人の姿は見えるのに、叫んでも誰も気がついてくれない。 とにかく怖くて、痛くて、悲しかった。 当然中だしされた。 終わってから呆然としていると先輩が誰かに電話をかけた。 「今終わったからさぁ、じゃああとで」 すぐに他の先輩たちもきた。 最初から他の部屋にいたみたいだった。 写メとかムービー撮られて、すごくイヤだけど、…
庭の隅に干からびたゴムを見つけた
2015/10/30 19:00
2015/10/30 19:00
庭の隅に干からびたゴムを見つけた うちは中学に隣接していて、体育館の裏手との境は背の高い植え込みだけなんだけど、ある日、庭の隅に干からびたゴムを見つけた。 そこで、たまの平日休みには、庭が見える部屋で読書しながら、カップルが来るのを待ってみることにした。 1ヶ月くらいしたある日の午後、がっちりした体格の男子生徒と、こちらも骨太な感じのするショートカットの女子生徒がやってきた。 まわりを警戒する雰囲気もなく、慣れた感じでうちの軒下に入ると、男子がズボンとパンツを脱ぎ、すでに勃起したモノを出した。 女子はしゃがんで、パクっとくわえ、いきなり激しい調子でフェラを始めた。 モノをしごきな…
尿道が突き抜けるような最高の射精をナンパした看護婦で体験できたエッチな話
2016/01/08 22:02
2016/01/08 22:02
昔、屋台村みたいな鉄板焼き屋や洋風居酒屋の集合したお店が、

アパートの目の前にあったので仕事帰りに週2くらいそこで飲んでた

ある夜、いつものようにそこに行くと初めて見る子が2人飲んでた

1つ席を空けて座って飲み物を注文すると、

25歳と20歳の看護婦さんで

時々飲みに来てくれるとマスターが紹介してくれた。

疲れてたので、こんばんはと愛想笑顔で挨拶だけしてすませて

軽く食べたら帰ろうと思っていたら

20歳の子が隣の空けた席に移動してきて

裕子(仮名)です、おにいさんかっこいいね、

うちら夜勤明けで明日も休みじゃけぇ飲みに来たんよと声をかけてきた。

疲れて声をかけられたくな…
夫婦円満の秘訣はカップル喫茶です
2017/10/06 22:10
2017/10/06 22:10
最近私は夫とカップル喫茶に行くのが楽しみでしょうがありません。

最初は夫の誘いからでした。

私も興味が無かったわけではなかったので、

一緒についていき、最初は相互鑑賞で満足していた私も

今ではスワッピングが無いと満足できない身体になっています。

今回は若いカップルがお相手でした。



私たちより10歳も若い20代のカップルで、

前回スワッピングをして興奮して今回が2回目のようです。

「私たちみたいなおじさんおばさんでいいの?」と聞くと、

彼女さんは「ご夫婦の方が安心します」と言ってくれました。

そうして最初はお互いのセックスを見せ合いっ子することにしました。

それも個室同…
代議士の奥さんの愛人に[前編]
2017/04/29 09:19
2017/04/29 09:19
あまりに昔すぎて、覚えてないことや記憶違いもたくさんあると思う。 俺の出身地は古い街だが、かなりの田舎。 親父はちょっとした土地持ちで、祖父から引き継いだ会社を経営してた。 いわゆる“田舎の名士”の端くれだったんだろう。 田舎の秀才だった俺は、東京にある某ものすごく有名な大学に進学したんだが、合格発表の翌日には『△△家の息子が×大に現役合格した』と集落中が知ってる。 それくらい地縁・血縁の濃い土地柄だった。 地元一帯は某保守政党の金城湯池で、両親とも某2世議員の熱心な支持者。 祖父と先代議員の時代からの付き合いで、後援会じゃそこそこ偉かったらしい。 俺も子供時代、何度か選挙集会…
【スワッピング】ドM夫婦をドSな美人妻と一緒に責めまくり
2018/08/02 02:00
2018/08/02 02:00
私は39歳、妻は32歳、結婚9年の夫婦です。妻はとても美形で、CMタレントの松木里菜によく似ていて、何度か間違えられたことがあります。お互いとても大好きで、結婚9年過ぎても愛し合う仲良し夫婦ですが、じつは私達はどちらもSで、これまでは代わりばんこにM役をしながら性生活を営んできました。 昨年、上の子が小学校に上がった時に、PTAで森崎さんというご夫婦と知り合いました。森崎夫婦は、ご主人が35歳、奥様が30歳、結婚8年のデキ婚夫婦。奥さんはエクボの可愛らしい女性です。昨年の夏、森崎夫婦と4人で飲みに出かけたとき性生活の話になって、森崎夫婦がM同士だと知り、酔った勢いでスワ…
【妹】弟みたいに思っていた、たっくんに 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/07 06:47
2017/07/07 06:47
1.いとこと…。 投稿者:女性投稿日:2012/05/17(Thu)12:51No.43 いとこのたっくん(そんなような感じの名)とのこと。 私より年下の男子。 たっくんというと小さい子供みたいだけど、 ただの昔からの愛称みたいなもの。 お互い、もう28、22歳。 オトコとして意識するようになったのは、手相の話題になったとき。 たっくんが、専門学校に通い始めて1年経つあたり。 昔、繋いだことがある小さかったたっくんの手が、私の手を余裕で越えてた。 私の手より、大きくてごつごつしてて。 ドキッとしてしまったのは、手の熱さも感じたから? 彼氏もいなかったせいかな。…
【泥酔】泥酔した大学の女先輩にムラムラしちゃって我慢できずに挿入w
2016/01/17 01:55
2016/01/17 01:55
数年前、大学時代の思い出を書きます。 バイトでお盆休み前の飲み会やった帰り道、 ちょっぴりいい気分で一人家路を歩いていると、 向こうの方で金網と格闘している女発見。 真夏の夜中の0:00頃。 よく分からんが、がっしゃーんと金網を何度も蹴ったかと思うと、 今度はもたれかかったり、また両手でがしゃがしゃと揺すったりしている。 「け~」とか「ぅえい!」「ばかぁ~」とか何か奇声に近い声まであげてらっしゃる。 関わらん方がいいなと思いつつ、通り道だし、怖いもの見たさもあるし、 知らーん顔して近づいていく。予想通り酔っ払っている模様。 チラチラと横目で見つつ、すれ違おうとした時、急…
出張先で田舎娘を出会い系で募集した
2018/09/25 22:53
2018/09/25 22:53
 1週間の出張が決まった。12月の事だった。出張はよく有る事なのだが今回の出張先は地方の田舎町だ。出張といってもさほど忙しくもなく、夜は自分の時間を持つことができた。

 そうなると夜は寂しく女が欲しくなってくる。僕は女の子を募集した。1週間の期間限定の出会い。後腐れも少ないと感じてくれたのか、多くの女性から返事が来た。
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・飲み会でお持ち帰りしたら同僚の彼女って打ち明けられ仰天した話2

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

・40歳のヌード

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・酒を利用して寝取った

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り

・完熟?女子中学生と…

・【熟女体験談】隣のデカチンな黒人と4p乱交していた寝取られ妻

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終

・フィギャアスケート部員で男は俺一人

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・凌辱犯罪被害者の貧乳恥辱ロリ女と結婚した経緯

・ウブな女の子から大人の女に

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・ロリコンな幼馴染との奇妙な関係

・オヤジの愛人とデキて孕ませた子供は・・・

・軽いエロ遊びをSNSに書き込みしてみた

・思い出のお姉さん

・【人妻体験談】変態で下品なプレイを妄想し、実現させたくなるムッツリスケベな専業主婦

・【不倫】とろけるようなキスが私の貞操観念を狂わせた

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)