寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

36歳の巨乳処女OL

2018/10/07 22:04


俺は29歳の中小企業に勤務するサラリーマン。
うちの部署は全員で6名おり、俺と定年間近の課長を除く他の4人は全て女性だった。
そのうちの一人が寿退社で空席が出来てしまった。その為、他の部署から小林(仮名)さんという女性が穴埋めとしてやってきた。
彼女は36歳独身。少し地味で平岩紙に似た顔をした、決して美人とはいえない女性でした。
口数が少なく控えめな性格で、他の女性社員とも余り仲良くなろうとせずに一人でいる事が多かった。
そんな彼女が気になる様になった切っ掛けは、暑い夏のとある日。
連日続いた猛暑で俺もその日は、上はワイシャツ一枚という格好で、彼女も男性が俺と課長だけだったせいか、制服用のベストを脱ぎ、いつもは留めてあるワイシャツの上のボタンも外し、無防備な格好で過ごしていた。
会議の資料作りのため、俺は必死にパソコンを打っていた。
「ねえ、麦茶いる?」
「ああ、お願いします」
彼女が気を利かせて麦茶を持って来てくれ、前屈みになりテーブルに置こうとした時。
彼女の乳房が鉛直に大きく垂れ下がり、ボタンを外したワイシャツの胸元から深い谷間の絶景が覗かせた。
(・・・・・・で、でけぇ)
どうやら彼女は着痩せするタイプらしく、制服の上からは想像も出来ないくらいの隠れ巨乳の持ち主でした。
普段は身に着けているベストが抑え付けているせいか、平均程度に見えていたが、それを外すと平均を大きく上回っていた事が判明した。
その後も汗でワイシャツが透け、そこから浮き出るブラジャーの艶欲な姿を見続けた。
俺はその日の彼女の事が頭から離れなくなった。
「あのちょっといいかな。この資料について聞きたいんだけど」
「ええ、いいですよ」
以前から接する機会が多く、彼女も些細な事でも積極的に話し掛けて来て、面倒見の良い性格の俺は質問に事細かに答えてあげた。
その過程で俺と彼女は徐々に打ち解け合っていき、いつしか仕事とは全く関係ない談笑までする様になった。
数ヶ月が経ち、俺と彼女の二人だけが残業という絶好のチャンスの日が回ってきた。
いつもの様に質問ついでに、誘いを掛けてみた。
「今度の日曜、二人で映画でも見に行きませんか?」
「いや、そんな事したら松田(俺:仮名)くん、彼女に怒られるんじゃないの?」
彼女は俺がすでに他の女性と交際していると思い込んでいた。
「俺、彼女いないんですよ。・・・それで改めて聞きますけど、一緒に行ってくれます?」
「でもいいの、こんなおばさんとデートだなんて?」
「おばさんだなんてとんでもない、小林さんはまだ十分若くて魅力的な女性ですよ」
「・・・そんな事言われると私、ちょっと嬉しいなあ」
俺の褒め言葉にちょっぴり嬉しそうな表情をする彼女に、更に手を合わせて頼み込む。
「お願いします。一緒に行って下さい」
「・・・いいわよ、その代わりちゃんとリードしなさいよ」
渋々了承した彼女に、待ち合わせ場所と時間を告げた。
当日、俺は約束の場所に30分前に到着し、彼女を今か今かと待っていた。
約束の時間5分前、十数メートル先に彼女の姿を発見した。
彼女はグレーのカーディガンを羽織り、黒いロングスカートを着こなし、いつもは後ろで束ねている髪も解いて肩に下ろしていた。
いつもとは全く違う印象で、いつも制服の上からでは分かりにくい巨乳がはち切れんばかりにカーディガンを強く押し上げ存在感をアピールしていた。
「おまたせ、待った?」
「いや、時間通りですよ」
「そう、じゃあ行きましょう」
くるりと方向転換し、映画館へ向かおうとする彼女を引き留める。
「小林さん、待って下さい。その前に腕を組んで下さい」
「え?」
「今日は俺がリードしろって、小林さんが言ったじゃないですか」
「・・・ええ、そうだったわね」
彼女は俺の腕に抱き付き、自分の身体に引き寄せる。
引き寄せられた腕が彼女の谷間にすっぽりと挟まれ、二の腕に柔らかい豊乳の感触が伝わってきた。
映画館に到着し、幾つかの作品が同時上映されていた。
「小林さん、何の映画にします?」
「何でもいいわよ。松田くんが好きなの選んで」
俺は雰囲気を盛り上げようと恋愛ものを選んだ。
映画が始まると彼女は興味津々に食い付き、夢中になって見入っていた。
感動シーンに差し掛かり、彼女の目は潤んだ瞳へと変化していた。
そんな彼女に俺はポケットティッシュを差し出す。
「これどうぞ」
「・・・う、ありがとう」
映画が終わり帰ろうとするが、彼女の感動はまだ終わっておらず、涙をティッシュで拭いていた。
「小林さん、ご飯食べに行きましょう」
「そうね、ご馳走になるわ」
「いいですよ。何が食べたいですか」
「んー、そうね。イタリアンがいいかな」
こうして最寄りのイタリアンレストランに足を運ぶ。
注文した料理が運ばれ、それを口にしながらさっきの映画の話になる。
「いい映画でしたね」
「そうね、私もああいう風な恋愛してみたかったなあ」
「そういえば、小林さんは今までどんな人と付き合ってきたんですか?」
「・・・実はね・・・私・・・今まで男性の方と・・・その、お付き合いした事ないの」
俺は驚愕の事実に目を丸くする。
「小林さんみたいな綺麗な方がですか?」
「綺麗だなんて、そんな。・・・私ね、中学高校とずっと女子高に通ってて、大学に進学して男女共学になってからも、地味で根暗だから全然モテなくて、今の会社に就職して前の部署に配属された時も全員女性だったから・・・結局36歳なるまで彼氏が出来なかったの」
彼女の過去を知り、彼氏が出来なかった理由に納得する。
「だからね、部署移動の後に松田くんが優しく接して来てくれて、嬉しかったのよ。
今まで誰も私の事何か気に掛けてくれなかったから、だから、今日デートに誘ってくれてのも凄く嬉しかったの。生まれて初めて男性に誘ってもらって」
そんな涙ながらの彼女の言葉を聞き、俺は自分の中に秘めた想いを口にする。
「小林さん、俺と付き合ってください」
「いやでも、やっぱりあなたには、もっと若くて可愛い女の子の方がいいわよ。こんなアラフォーのおばさんよりも」
「俺は本気です。本気で小林さんを愛しています」
「・・・本当?・・・あなたより7歳も年上なのよ」
「はい、恋に歳の差なんて関係ありません。だから、俺の彼女になって下さい」
俺の発言を聞いて彼女は俯き耳を真っ赤にしながら答えた。
「・・・・・・こ、これから、よろしくお願いします」
「はい、こちらこそ」
俺達はこの時、恋人同士になった。
「で、この後、大丈夫ですか?」
「だ、大丈夫って何が?」
「一緒にホテル行きません?」
「?」
俺の直球過ぎる発言に彼女は顔を真っ赤にし、再び俯いてしまった。
「・・・・・・いくら何でも、急過ぎない?」
「いやでも、俺達もう恋人同士なんですよ」
恥ずしさを照れ隠す小林さんを尻目に、テーブルに置かれてる彼女の手を静かに取る。
「・・・分かったわ、行きましょ。」
俺達は夕食を終えて店を出た後、近くのホテル街の一角に入った。
「どの部屋がいいですか?」
「・・・どの部屋でも、やる事は一緒でしょ」
そういって一番安い部屋を選び、ロビーで受付を済ませてカギをもらい部屋へ向かう。
部屋に入り鍵を閉めた瞬間、俺は小林さんを思いっきり抱きしめた。
胸板に彼女の大きな二つの膨らみの柔らかさが伝わってきた。
「小林さん、愛してますよ」
「や、優しくしてね。私・・・そ、その・・・初めてだから」
「分かってます」
小さく、薄れゆく小林さんの声を俺ははっきり聞いた。
彼氏がいないという段階で確信してはいたが、改めて言われると結構興奮してしまう。
彼女への愛を確認し、彼女の唇を奪う。
「ん?・・・うぅん・・・んぐっ・・・」
最初は目を見開き驚いていたが、次第に目を閉じ、身体を俺に預ける様になってきた。
舌を彼女の口内に入れると何の抵抗もなく受け入れてくれ、俺の舌に絡め合わせてくれた。
俺は彼女の腰に巻いた右手を離し、手前に引いて徐々に上体の方へ持っていき、豊かな膨らみを鷲掴みにする。
「むぅ?・・・ひぅ・・・ぁ、ぁ、ぁ」
一瞬ビクンッと反応するが、彼女は俺から離れ様とせず、揉ませ続けてくれた。
掌で練熟した巨大な果実が溢れながらも瑞々しく弾けまくり、指を動かすと豊満な乳房は膨張と萎々を繰り返しながらも、少しでも力を抜くと元に戻ろうとする弾性力が働き、指先を強く圧迫してきて最高に気持ち良かった。
俺は服の上からでは満足できなくなり、彼女のカーディガンのボタンを外し始めた。
カーディガンを脱がすと今度は、その中に着ていたストライプシャツのボタンを外す。
全て外し終わるとワイシャツの襟元を両手で掴み、ガバッと左右に広げた。
勢いよく開かれたワイシャツから純白のレース入りブラジャーに包まれた二つの豊かな膨らみが、ブルンッという擬音と共に出現する。
「恥ずかしいから、そんなにジロジロ見ないでよ」
「こんなセクシーな下着を着けて来るなんて・・・さては、期待してましたか?」
「・・・・・・一応、万が一の時の為に備えてきたの」
「って事は・・・この下着、小林さんの勝負下着ですか?」
「・・・・・・うるさい」
弱々しく抗議する彼女を無視し、ワイシャツを肩から肘そして手首を通して完全に脱がす。
目線を下ろし、腰で留めてあるロングスカートのベルトに手を掛ける。
ベルトを外されたスカートはストンッと落ち、ブラジャーとお揃いの純白のレース入りのパンツが姿を現す。
俺は彼女の背中に手を回し、ブラジャーを留めているホックを外す。
ホックを外されて事により、肩紐がダラリと垂れ下がる。
俺は肩紐を引っ張ると、するりと彼女の身…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
思い出【エッチ体験談】
2016/02/14 02:25
2016/02/14 02:25
GW海に行く予定が私の寝坊でダメになり、ラブホデートに変更になりました。  2人で行った事のないラブホを開拓。  外装はかわいいのに、中は狭くて…。  でも、浴室は広くて、しかもラブマット有り!ローションも一回分の分包ではなく、ボトルサービスでした。  まずは浴槽にお湯を溜めながらベットでイチャイチャ。  ブラのホックを外され、タンクトップの脇から抜かれました。  レースのスケスケタンクトップの下に着ていた、チューブトップを下にずらして、レースの上から乳首を舐められました。  私はうつ伏せになり、わざと谷間を見せながら触らせないような体勢に!  彼は私の…
【人妻・浮気・不倫】妻とキャンプに(2)
2016/02/02 03:34
2016/02/02 03:34
「奥さんこっちだよ。早くしろ」 そんな命令口調に逆らえず、妻は「はい、今すぐ」と答えていた。 「何だ何だ!何て言う遊びなんだ!」 私の声にびっくりしたのか?馬乗りになっていた学生2人が直ぐに降りこっちに向かってきた。 「負けた人が、馬になる約束でゲームしてたんです」 「そうなんだ!面白そうだな!」 「手伝います」 「いいんだよ!遊んでて!気にしないで続けて」 流石に気まずそうだったので、火を起すと「あっ忘れ物」とその場から去った。 気の陰に隠れ、彼らの様子を伺う事にした。 私が、居なくなるのを確認すると「続きだからな!早く馬に成れ!」。中心的な男が妻に命令した。 妻も「えっまだやるの?」と…
【痴漢・レイプ】赤ずきん【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/10/20 06:14
2016/10/20 06:14
 むかしむかし、あるところに赤ずきんという女の子がいた。 赤ずきんは礼儀正しく、優しく、誰からも愛される女の子だった。 ある日、赤ずきんは母親に頼まれて森を抜けたところにあるお婆さんの家に お見舞いに行くことになった。 母親は赤ずきんにこう言った。 「外に出たら誰も信用してはいけませんよ」 赤ずきんは元気な声で「わかったわ」と言った。 赤ずきんが鼻唄を歌いながら、森を進んでいると 一匹の狼が寝転がっているのに出会った。 「狼さん、そんなところで何をしているの?」 赤ずきんが尋ねると、何年も体を洗っていないような不潔な臭いとともに狼が答えた。 「何もすることがないから、こうして昼寝をしているの…
友達の彼女と、なりゆきで高級なラブホに入ることになった
2016/05/17 20:00
2016/05/17 20:00
友達の彼女とやった。

友達と3人で飲もうって話になってたんだけど、友達の仕事が終わらなくて先に飲んでた。
17時の開店と同時に入り、友達が2時間以上かかるとのことで友達の彼女と2人で安い居酒屋の飲み放題で飲みまくり。

結局、2時間経っても友達の仕事は終わらず、友達「今日はお流れという事で、ホントゴメン」と。

「どーするよ?」と、俺も友達の彼女も朝まで飲む気マンマンだったので「2人でもうちょっと飲もうか?」って話になって、次の店へ。

2軒目はちょっとおしゃれな感じのバーへ。




「いつもS(友達)とこういうとこ来るの?」
「いや、一回も来た事無いから、ドキドキする」とM…
寝取られるために、19歳の子を処女のままじっくり育てた
2018/08/01 14:04
2018/08/01 14:04
俺32才、普通の会社員。 彼女19才、派遣、鈴木心春似。 当時モバゲーで1年くらい仲の良い状態が続いてた19才派遣の子がいた。・彼女の浮気相手がイケメンで巨根ww ・自然なパ○チラに興奮フルボッキwお洒落が好きで処女ってことは知ってたんだけど、西と東で遠いし、何よりこちらは既婚なので友達状態が続いていた。 彼女の写メも見たことなかったし。 もちろん既婚だなんて話す訳ないんだけど。 ある日、彼女が新しく買った洋服を着て、モバに写メをアップしてくれたんだけど、めっちゃスタイルが良くてドストライクだったので、一気に落としにかかった。 男に免疫のない彼女は、あっさり落ちたよ。 それまでもモバの男達から…
腰痛治療のレントゲン室で
2016/02/18 01:05
2016/02/18 01:05
腰痛発作。久しぶりだ、腰の使いすぎか? いつもの医院でいつもの診断。 そして、いつものレントゲン撮影で・・・・・・・・・・・・・白衣のレントゲン技師は代わっていた。40歳前ぐらいでだいぶ若返ったみたい。その白衣さんに手伝ってもらい、漸く全面透明の台に乗る。 ジーンズの又ボタン等が邪魔になるらしく、ジッパーを下ろし少しジーンズを下げろとの事。 ジッパーを下ろすも、ジーンズが下がらない・・・白衣さんが両手で下げると・・・ジーンズの下はあのスーパービキニだった。 薄い布地の上から亀の頭がくっきり・・・「あらっ!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ おしゃれなパンツ!・・・・・」その目…
★出張で甘えたい看護師と
2017/09/16 12:23
2017/09/16 12:23
 長野県南部に住む23歳の看護師さんと、出張のついでに会う事になりました。仕事のストレスが多いみたいで『誰かに凄く甘えたい』とメールで言っていました。

 嫌がってましたが、白衣と白いパンストも持ってきてもらう約束でした。だいぶメールで話をしてたので15分ほどドライブで緊張をほぐしてから、当然のような顔をしてスルッとホテルに入りました。

 少しほぐれた状態でお互いシャワーに入り、渋るのをなだめ白衣に着替えて貰ってベッドイン!嬉しかったのは、ベッドでは外されちゃったけど、普段はあまりしないというナースキャップも持ってきて、着けて見せてくれてたことでした。

『ギュってして』と言う約束でした…
母ちゃん浮気するなよ (浮気・不倫の体験談)
2015/09/21 00:30
2015/09/21 00:30
小学校の時にPTAのオヤジと母ちゃんがやってました。 最初は偶然だったんだけど、そのうちになんとなく パターンが読めてきて、狙って覗いてました。 ソフトボールの練習があるとか言っておくと 結構ひっかかってくれて、自分の部屋のサッシを開けておいて 隠れていたら、オヤジがわざとらしく書類持ってきたりとか。 それでも昼から来たりするので、部屋の押し入れの上のトコ(天袋?)に 漫画とかを準備して、ヒマをつぶせるようには日頃から準備してました。 本当のオヤジのほうはトラックの運転手で、ちょうど4~5日の出張に 毎週出ているような状態だったので…
巨根な紳士に尻コキする四十路熟女
2016/04/20 13:01
2016/04/20 13:01
私は43歳の人妻です。



40代にみえないってよく言われるのが自慢なんです。



そんな私にある日、知らないアドレスから携帯に

「何してる?久しぶりだねー元気?」

とメールがきた。


全く見覚えがないアドレスで、検討もつかなかったので
「誰ですか?」と送っても、
それ以降メールが来なく次の日になり携帯を見たら
またあの知らないアドレスからメールが。



「誰ですかって、俺だよwAだよw」仮にAとします。



私はそんな人知らずわからないと言いました。



どうやら間違いメールみたい。







何をどうしたら登録しているアドレスを間違えるのが
わかりませんが…
【浮気体験】可愛い後輩のエッチな雰囲気に負けてセックスをしてしまった話
2016/01/21 12:02
2016/01/21 12:02
5年ぐらい前、俺は地方のホテルのフロント係をしていた。

ホテルといっても名前だけで、旅館に近い所だった。

男の俺は夕方出勤し朝帰る、いわゆる夜勤ばかりしていた。

そんな俺も、た~まに朝出勤し夜退社する日勤に入ることもあった。

そんな時は、後輩を連れてメシをj食うと称して飲みに行ったりしていた。

その日は、たまたま日勤で夕方に帰ろうとしていると

同期のYと1つ下のSが帰ろうとしていた。

Y&S「お疲れ様~」

俺 「おぅ、お疲れ~。

今上がり?」

Y&S「そうですよ~」

俺 「俺も久し振りにこの時間に上がりだから、3人で飯でも食いにいかない?」

Y&S「奢りですか?(笑)…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・浮気をしていた妻が一段と綺麗に・・・

・夫の寝取られ願望を叶えていますが

・寒いから

・【洒落怖】同窓会に参加して、ローションプレイ4Pセックスをする人妻

・初めて行った銭湯で、いきなり露出プレイをする貞淑な妻

・アイマスクされて大勢に挿入されたのに、こんな快感味わったことがありません

・誰でも良いからSEXしたいアラフォーな人妻

・俺の初体験。

・【レイプ】彼氏を逆恨みした男に処女を奪われて輪姦撮影までも

・【Hな体験】本番強要ぐせがあるというパイパンのオジサン

・父の養分にされた息子

・中○生にパンチラだけでなく

・落ち着いた大人の女性と出会いたいと思って登録した出会い系

・【熟女体験談】夫がいないときに息子と近親相姦する母親

・性の知識が全くない巨乳で可愛い天然の同級生にマッサージを頼まれた

・男なら興味津々な女医の妖しい行動

・【人妻体験談】義母と一緒にお風呂に入り、湯船の中でお互いに言い訳しながら生挿入SEX

・義父と嫁のセックス 05

・【寝取られ】バイト先のイケメン大学生に孕まされた嫁

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・叔父の奥さんに憧れていた若き俺のエロ歴

・日曜日のタダマン中出し

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【Hな体験】好きだった人妻先生に無理やりキスしたら・・・。

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・「わたしが教えてあげようか」から3Pへ

・大嫌いだった従姉妹の話する

・彼が私の中で果てたとき・・・

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[後編]

・※妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活