寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

36歳の巨乳処女OL

2018/10/07 22:04


俺は29歳の中小企業に勤務するサラリーマン。
うちの部署は全員で6名おり、俺と定年間近の課長を除く他の4人は全て女性だった。
そのうちの一人が寿退社で空席が出来てしまった。その為、他の部署から小林(仮名)さんという女性が穴埋めとしてやってきた。
彼女は36歳独身。少し地味で平岩紙に似た顔をした、決して美人とはいえない女性でした。
口数が少なく控えめな性格で、他の女性社員とも余り仲良くなろうとせずに一人でいる事が多かった。
そんな彼女が気になる様になった切っ掛けは、暑い夏のとある日。
連日続いた猛暑で俺もその日は、上はワイシャツ一枚という格好で、彼女も男性が俺と課長だけだったせいか、制服用のベストを脱ぎ、いつもは留めてあるワイシャツの上のボタンも外し、無防備な格好で過ごしていた。
会議の資料作りのため、俺は必死にパソコンを打っていた。
「ねえ、麦茶いる?」
「ああ、お願いします」
彼女が気を利かせて麦茶を持って来てくれ、前屈みになりテーブルに置こうとした時。
彼女の乳房が鉛直に大きく垂れ下がり、ボタンを外したワイシャツの胸元から深い谷間の絶景が覗かせた。
(・・・・・・で、でけぇ)
どうやら彼女は着痩せするタイプらしく、制服の上からは想像も出来ないくらいの隠れ巨乳の持ち主でした。
普段は身に着けているベストが抑え付けているせいか、平均程度に見えていたが、それを外すと平均を大きく上回っていた事が判明した。
その後も汗でワイシャツが透け、そこから浮き出るブラジャーの艶欲な姿を見続けた。
俺はその日の彼女の事が頭から離れなくなった。
「あのちょっといいかな。この資料について聞きたいんだけど」
「ええ、いいですよ」
以前から接する機会が多く、彼女も些細な事でも積極的に話し掛けて来て、面倒見の良い性格の俺は質問に事細かに答えてあげた。
その過程で俺と彼女は徐々に打ち解け合っていき、いつしか仕事とは全く関係ない談笑までする様になった。
数ヶ月が経ち、俺と彼女の二人だけが残業という絶好のチャンスの日が回ってきた。
いつもの様に質問ついでに、誘いを掛けてみた。
「今度の日曜、二人で映画でも見に行きませんか?」
「いや、そんな事したら松田(俺:仮名)くん、彼女に怒られるんじゃないの?」
彼女は俺がすでに他の女性と交際していると思い込んでいた。
「俺、彼女いないんですよ。・・・それで改めて聞きますけど、一緒に行ってくれます?」
「でもいいの、こんなおばさんとデートだなんて?」
「おばさんだなんてとんでもない、小林さんはまだ十分若くて魅力的な女性ですよ」
「・・・そんな事言われると私、ちょっと嬉しいなあ」
俺の褒め言葉にちょっぴり嬉しそうな表情をする彼女に、更に手を合わせて頼み込む。
「お願いします。一緒に行って下さい」
「・・・いいわよ、その代わりちゃんとリードしなさいよ」
渋々了承した彼女に、待ち合わせ場所と時間を告げた。
当日、俺は約束の場所に30分前に到着し、彼女を今か今かと待っていた。
約束の時間5分前、十数メートル先に彼女の姿を発見した。
彼女はグレーのカーディガンを羽織り、黒いロングスカートを着こなし、いつもは後ろで束ねている髪も解いて肩に下ろしていた。
いつもとは全く違う印象で、いつも制服の上からでは分かりにくい巨乳がはち切れんばかりにカーディガンを強く押し上げ存在感をアピールしていた。
「おまたせ、待った?」
「いや、時間通りですよ」
「そう、じゃあ行きましょう」
くるりと方向転換し、映画館へ向かおうとする彼女を引き留める。
「小林さん、待って下さい。その前に腕を組んで下さい」
「え?」
「今日は俺がリードしろって、小林さんが言ったじゃないですか」
「・・・ええ、そうだったわね」
彼女は俺の腕に抱き付き、自分の身体に引き寄せる。
引き寄せられた腕が彼女の谷間にすっぽりと挟まれ、二の腕に柔らかい豊乳の感触が伝わってきた。
映画館に到着し、幾つかの作品が同時上映されていた。
「小林さん、何の映画にします?」
「何でもいいわよ。松田くんが好きなの選んで」
俺は雰囲気を盛り上げようと恋愛ものを選んだ。
映画が始まると彼女は興味津々に食い付き、夢中になって見入っていた。
感動シーンに差し掛かり、彼女の目は潤んだ瞳へと変化していた。
そんな彼女に俺はポケットティッシュを差し出す。
「これどうぞ」
「・・・う、ありがとう」
映画が終わり帰ろうとするが、彼女の感動はまだ終わっておらず、涙をティッシュで拭いていた。
「小林さん、ご飯食べに行きましょう」
「そうね、ご馳走になるわ」
「いいですよ。何が食べたいですか」
「んー、そうね。イタリアンがいいかな」
こうして最寄りのイタリアンレストランに足を運ぶ。
注文した料理が運ばれ、それを口にしながらさっきの映画の話になる。
「いい映画でしたね」
「そうね、私もああいう風な恋愛してみたかったなあ」
「そういえば、小林さんは今までどんな人と付き合ってきたんですか?」
「・・・実はね・・・私・・・今まで男性の方と・・・その、お付き合いした事ないの」
俺は驚愕の事実に目を丸くする。
「小林さんみたいな綺麗な方がですか?」
「綺麗だなんて、そんな。・・・私ね、中学高校とずっと女子高に通ってて、大学に進学して男女共学になってからも、地味で根暗だから全然モテなくて、今の会社に就職して前の部署に配属された時も全員女性だったから・・・結局36歳なるまで彼氏が出来なかったの」
彼女の過去を知り、彼氏が出来なかった理由に納得する。
「だからね、部署移動の後に松田くんが優しく接して来てくれて、嬉しかったのよ。
今まで誰も私の事何か気に掛けてくれなかったから、だから、今日デートに誘ってくれてのも凄く嬉しかったの。生まれて初めて男性に誘ってもらって」
そんな涙ながらの彼女の言葉を聞き、俺は自分の中に秘めた想いを口にする。
「小林さん、俺と付き合ってください」
「いやでも、やっぱりあなたには、もっと若くて可愛い女の子の方がいいわよ。こんなアラフォーのおばさんよりも」
「俺は本気です。本気で小林さんを愛しています」
「・・・本当?・・・あなたより7歳も年上なのよ」
「はい、恋に歳の差なんて関係ありません。だから、俺の彼女になって下さい」
俺の発言を聞いて彼女は俯き耳を真っ赤にしながら答えた。
「・・・・・・こ、これから、よろしくお願いします」
「はい、こちらこそ」
俺達はこの時、恋人同士になった。
「で、この後、大丈夫ですか?」
「だ、大丈夫って何が?」
「一緒にホテル行きません?」
「?」
俺の直球過ぎる発言に彼女は顔を真っ赤にし、再び俯いてしまった。
「・・・・・・いくら何でも、急過ぎない?」
「いやでも、俺達もう恋人同士なんですよ」
恥ずしさを照れ隠す小林さんを尻目に、テーブルに置かれてる彼女の手を静かに取る。
「・・・分かったわ、行きましょ。」
俺達は夕食を終えて店を出た後、近くのホテル街の一角に入った。
「どの部屋がいいですか?」
「・・・どの部屋でも、やる事は一緒でしょ」
そういって一番安い部屋を選び、ロビーで受付を済ませてカギをもらい部屋へ向かう。
部屋に入り鍵を閉めた瞬間、俺は小林さんを思いっきり抱きしめた。
胸板に彼女の大きな二つの膨らみの柔らかさが伝わってきた。
「小林さん、愛してますよ」
「や、優しくしてね。私・・・そ、その・・・初めてだから」
「分かってます」
小さく、薄れゆく小林さんの声を俺ははっきり聞いた。
彼氏がいないという段階で確信してはいたが、改めて言われると結構興奮してしまう。
彼女への愛を確認し、彼女の唇を奪う。
「ん?・・・うぅん・・・んぐっ・・・」
最初は目を見開き驚いていたが、次第に目を閉じ、身体を俺に預ける様になってきた。
舌を彼女の口内に入れると何の抵抗もなく受け入れてくれ、俺の舌に絡め合わせてくれた。
俺は彼女の腰に巻いた右手を離し、手前に引いて徐々に上体の方へ持っていき、豊かな膨らみを鷲掴みにする。
「むぅ?・・・ひぅ・・・ぁ、ぁ、ぁ」
一瞬ビクンッと反応するが、彼女は俺から離れ様とせず、揉ませ続けてくれた。
掌で練熟した巨大な果実が溢れながらも瑞々しく弾けまくり、指を動かすと豊満な乳房は膨張と萎々を繰り返しながらも、少しでも力を抜くと元に戻ろうとする弾性力が働き、指先を強く圧迫してきて最高に気持ち良かった。
俺は服の上からでは満足できなくなり、彼女のカーディガンのボタンを外し始めた。
カーディガンを脱がすと今度は、その中に着ていたストライプシャツのボタンを外す。
全て外し終わるとワイシャツの襟元を両手で掴み、ガバッと左右に広げた。
勢いよく開かれたワイシャツから純白のレース入りブラジャーに包まれた二つの豊かな膨らみが、ブルンッという擬音と共に出現する。
「恥ずかしいから、そんなにジロジロ見ないでよ」
「こんなセクシーな下着を着けて来るなんて・・・さては、期待してましたか?」
「・・・・・・一応、万が一の時の為に備えてきたの」
「って事は・・・この下着、小林さんの勝負下着ですか?」
「・・・・・・うるさい」
弱々しく抗議する彼女を無視し、ワイシャツを肩から肘そして手首を通して完全に脱がす。
目線を下ろし、腰で留めてあるロングスカートのベルトに手を掛ける。
ベルトを外されたスカートはストンッと落ち、ブラジャーとお揃いの純白のレース入りのパンツが姿を現す。
俺は彼女の背中に手を回し、ブラジャーを留めているホックを外す。
ホックを外されて事により、肩紐がダラリと垂れ下がる。
俺は肩紐を引っ張ると、するりと彼女の身…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ささいな気持ちから・・・
2016/12/29 07:05
2016/12/29 07:05
当時16歳、高校2年だった妹は暇があれば友達と携帯でメールをやっていた。 メールの相手は学校の友達だと思うのだがいつも携帯をいじくり回してた。 家で食事をしてる時にでも携帯を手元に置き食事中にも関わらず相手からメールが 届いたらすぐに返事を送り返していた。 親から携帯のパケット通信の使用料が高過ぎるから控えるように言われてもメールを 止めない。携帯を持った当初は携帯の料金は自分のこづかいで賄うはずだったのに いつの間にか親から足りない分を出してもらうようになっていた。 だが親もそうは甘くない。あんまり程度が悪いから料金の補てんをストップしてしまった。 そして矛先は俺に向けられた…
【性的虐待体験】クリーニング店のおじさんに【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/29 17:43
2017/01/29 17:43
 それは私が中学年のことでした。うちの学校は都内区にある公立中学校で冬・夏ともに制服はセーラー服で私はとても気に入っていて、大切に着ていました。だから、初めての衣替えになったときに今まで着用していた冬のセーラー服をクリーニングに出したかったので、お母さんに「セーラー服、クリーニングに出して」とお願いしたら、お母さんに「もう中学生なんだから、制服ぐらい自分で出しに行きなさいっ二千円もあれば足りると思うからっ」と言われ、二千円を手渡されました。その日はもう夜も遅かったので、開校記念日でお休みの翌日にクリーニング店に行くことにしました。翌日、寝坊もしたことと家でダラダラと過ごしていたので、近所のク…
毎年彼氏が変わっていた妻
2016/10/12 20:51
2016/10/12 20:51
結婚して10年になる40歳の会社員です。妻は37歳で、テレビ東京の大江麻理子アナウンサーに似た清楚なスレンダー美人です。 私は、妻が大学を出たばかりの新入社員だった頃から憧れていましたが、競争率が高く、すぐにイケメン社員に取られてしまいました。 あのイケメンには敵わないと諦めて、ごく普通の恋に恋するバイトの女子大生と付き合ていましたが、その女子大生も卒業してお別れした頃、今度はパートの人妻と不倫していました。 職場の飲み会で、酔った勢いでラブホに入ったのがきっかけでしたが、それまではパートのおばちゃんくらいにしか思っていなかった、20歳近く年上の40代後半の人妻の熟れた体の魅力にドップリ浸って…
童貞だった俺を男にしてくれた女の子との体験談
2017/03/06 21:00
2017/03/06 21:00
大学入学当時DTだった俺は、その当時毎日のようにアクセスしていた携帯チャットサイトの友達である美紀と、他数名のチャット友達とで大阪OFF会をした。


美紀は俺より一つ年下の高3。

とても背が高く凛とした顔立ちの美少女だった。

当然、血気盛んな俺は鼻息を荒くしていた。

一目惚れだった。


 
その晩、みんなで酒を飲んでから解散ということになっていたのだが、
俺はカッコつけて酒をガバガバ飲んで、ダウンしてしまった。

あまり記憶に残っていないが、なんとか電車に乗せてもらったらしく、
途中まで路線が同じだった彼女が介抱してくれたのだそうだ。


その詫びをしたいということもあっ…
クビになるよりマシだもんねと色気で
2019/01/15 22:39
2019/01/15 22:39
 3ヶ月ほど前の話ですが、私の勤めている会社でリストラの話が持ち上がりました。ずいぶん前から業績が落ち込んでいた上に、去年の金融恐慌のせいもあってさらに業績が悪化。

 当時男性社員が6人、女子社員が4人(上から29歳、26歳、23歳、そして22歳の私)がいたのですが、そのうち男性社員2人、女子社員を一人解雇することになったのです。
元教え子達に中出し
2016/06/02 20:12
2016/06/02 20:12
124 :えっちな21禁さん:04/05/20 23:30 新規、書いちゃってもよかですか?  128 :えっちな21禁さん:04/05/20 23:40 俺が教育実習生だった大学4年。小学校へ行った。配属は小6。地元の田舎の 学校だったので、人擦れしてなくて、平気で飛びついてきておんぶやだっこをねだった。 小6♀だと、もう胸が膨らんでいて大変。勃つことがよくあった。 中でも活発なM美とA子は、二人がかりでやってきて、俺の股間を握って遊ぶことしばしだった。教育実習が終わって、M美やA子とは会えなくなったが、手紙のやりとりをしたり、 進路相談…
飲んで爆睡していた姉のクリちゃんを撮影
2017/03/02 18:31
2017/03/02 18:31
209 えっちな18禁さん[sage] 2013/03/20(水) 07:39:35.24 ID:FS1gZTSt0 大学生の姉貴が春休みと墓参りのため帰省した。 家族ですき焼き食べて、しこたま酒を飲んだ姉貴はシャワーを浴びた後、裸のまま2階の自室のベッドで寝てしまってた。 親も寝静まった頃、心臓ドキドキバクバクで姉貴の部屋へ入った。 体を揺すっても起きないのを確認して、まずオッパイを揉んだ。 フワフワだ。Bカップぐらいだけど形も柔らかさも最高だ。 乳首は小さ目。チューチュー吸っても全く起きない。 開いた太腿の薄目の陰毛の間から小陰唇が見えてる。 もう俺のチンポはビンビンで痛い。 子どもの…
親睦旅行
2018/01/05 07:31
2018/01/05 07:31
今週始め、新入社員も入ったしと言う事で、社員全員で親睦旅行に行った訳だ。 まぁ、成人ばかりの集まりという事もあり、特に何も無く集合から宴まで 滞りなく進行し、宴もたけなわですがという事で、お開き。 とはいっても、それで済む訳無いよね。大人の世界。 社長は管理職クラスを引き連れて特別室(死ねよ)へ。 犠牲にならなかった者達は各々方々へ散った。 で、俺も漏れる事無く親しい先輩方の酒の相手をするハメに。 で、会社の方針についてあーでもない、こーでもないとか 業界の勢力がどうの、これから必要とされるのはこうゆう商品だの 愚痴と熱い話交えながら、それぞれ酒を楽しんでいたんですよ。 で、22時頃かなー…
❤やめられない止まらない不倫
2018/01/25 14:47
2018/01/25 14:47
 あるコンビニでパートをしている、41歳のごく普通の人妻です。毎朝私は7時出勤で、カウンター内のフランクやら、フライドチキンを揚げたり、そのあと、洗い物をします!!いつも責任者の佐藤さんと、一緒で、この頃佐藤さんの視線を感じて、私の大きなお尻を見ているような気がしていました。

 私は思わずキャッ!!女の子のような声をあげてしまいました。私の上ある物を取ろうとした佐藤さんのアレが私のお尻に押し付けられたようになり、それが主人のより、硬くて大きいんです!?


 主人のアレで一度も逝って事が無かった私は思わずコレを入れられたら…想像だけでパンティが濡れてしまいました。二日後、私は、相談歯たい…
セクハラおやじのごとくいやらしい笑みをうけべる小学四年生のエロガキ①
2018/04/23 17:35
2018/04/23 17:35
その子はまだ小学4年生ぐらいの子で、どうも典型的な放置子のようです。 また母子家庭らしく、その母親というのが特殊な仕事をしているようで大体が夜遅くに帰ってきたり時には数日間家にも帰ってこないケースもよくあるようでした。 ただお金のほうはどうも子供が持つには多額の金額を与えられているようで、コンビニで大量の弁当やお菓子を買い込んできたり、ピザや寿司なども宅配で頼んだりしているのを見たことがありました。 これだけでしたら非常にかわいそうな子だと思うのですが、問題となっているのはその子がとんでもないマセガキというか。。 エロガキなのです。 最初は私達若い主婦を見かけると、隙を見て抱きついてき…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】嫁の画像交換サイトで知り合った男性と嫁を貸し出すプレーした

・【熟女体験談】義姉との初めてのアナルセックスになんともいえない興奮を覚えた

・淫獣の餌食たち・・4

・【盗撮・覗き】トラウマとなった恍惚とした母の顔

・主人が「俺以外の男に抱かれたくないか」と言い出した・・・

・白髪を剃り落としたPaipan夫婦

・【初体験】超美人のクラスメイトと付き合うことになって

・突然部下が結婚するといってきて、彼女のことを奪いたくなった

・【熟女体験談】熟女デリヘル嬢とセフレに発展し、大半は制服姿でSEXしている

・【人妻体験談】ポッチャリ体系な妻の母に媚薬を飲ませ、SEXにハマらせた

・人肌が恋しくなり出会い系で探した体験談

・【Hな体験】胸の小さな妹の頼み事[後編]

・出会い系の人と偶然会うなんて

・伯母と過ごした永遠の4年間

・小雪みたいな感じの顔のオバサンでしたが・・・

・【人妻体験談】睡眠薬とお酒で泥酔している母を襲って中出し射精

・【熟女体験談】妻との旅行で知り合ったご婦人たちに温泉でフェラ攻めされた

・SEXしても飽きない男性にゾッコンです

・他部署の上司との生セックスが病みつきに

・【人妻体験談】父が再婚した義母に誘惑されたら、イキながらお漏らしした

・【熟女体験談】親が旅行でいない間、隣に住んでるおばさんにお世話をしてもらい童貞卒業

・抜かずの3発に腰も子宮も癒される不倫三昧

・【近親相姦】田舎の祖母の家でぽっちゃり美人の母を夜這いレイプ

・非処女の妻は美しい

・【Hな体験】ゴムが破けるハプニングで知った生中出しの快感

・映画館の女子トイレで

・【熟女体験談】未婚の親戚のおばさんで初エッチ童貞卒業

・【人妻体験談】お尻が大きい幼馴染の母親とのセックスの相性は抜群

・高校教師している彼女の教ええ

・男なら気になる妻は何人の男と寝たのか