寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【熟女体験談】セフレの淫乱痴女でドスケベなおばさんと残業中に会社でガチイキ絶頂SEX

2018/09/25 00:02


2018/09/25 (Tue) もう5年も性ペットして飼っている
セフレの六十路の高齢おばさん?老婆がいる

出会って頃はまだ50代だったがが
還暦を過ぎても男に甘えるしか脳がない
メンヘラなぽっちゃりオバサンで
俺は可愛がっているんです

ちなみに62歳のおばさんはバツ2で独身で
普段は清掃員のバイトをしている

それで俺が残業をしていると
メンヘラ還暦熟女からメールがきた

「今日はとっても会いたい
抱かれたい
近くにいるんだけど・・」

とストレートにエロエロメールがきた

職場にはもう僕しかいないから

「じゃあ、来なよ」

ってメールしたら

ガチャってドアが開き
ぽっちゃり豊満で厚化粧のセフレ熟女が
入ってきた

すでに会社が入っている
雑居ビルの入り口にいたようだ

とりあえずもう少し仕事をしないとヤバイ

と還暦熟女に伝えると

「わかった待ってる」

といってソファに座ってまっていて

パソコンでで書類を作るにも
色気ムンムンのセフレが気になりはかどらないww

こうなりゃ一発抜いてからと

僕は休憩する事にして

63歳の豊満熟女の隣に座ると
大きく背伸びをした

するとすかさず淫乱痴女でドスケベなおばさんが
ズボンの上からちんぽをギュッとにぎってきた

「ここは会社だよ」

と僕が意地悪いうと
もう我慢できないってエロい顔をしながら

「誰もいないからいいじゃん」

そういってズボンのファスナーをおろそうとした

今日はやたら積極的だなぁ
まぁいっか

と僕はされるままズボンを脱がされた

ムクムクと大きくなったちんぽを
握り締められながら
セフレババアとキスをした

舌を激しくからめあいながら

僕は服の上からセフレの垂れたおっぱいを揉んだ

淫乱高齢熟女はもう片方の手で
僕の頭をおさえさらに唇を押しつけてきた

服の下から手を入れて

ブラジャーを上にずらして
巨大乳首をつまむと

体をビクンとさせ

「あぁといい」

激しく舌をからませてきた

セフレ熟女と向かい合い
垂れたおっぱいの上まで服を持ち上げ

巨大乳首に吸い付き

舌で乳首を舐め回したり

軽く噛んだり

還暦熟女はちんぽの先から出てきたガマン汁を
親指でのばしながら
ちんぽの先をグリグリいじってる

「あぁおっきくなったちんぽ舐めたい」

と淫語をいってくる

僕はソファーにもたれかかり足をのばし

彼女はシャツとブラジャーを脱ぐと
ギンギンにかたくなって真上をむいている
ちんぽの根元をにぎり

うれしそうにちんぽをくわえ
自らイラマチオしてくる

おおきくほおばり
根元までくわえると

ゆっくりと頭を動かし
ちんぽをあじわいながらしゃぶりはじめた

僕はちんぽをしゃぶられながら
60代熟女の垂れた巨大おっぱいをもんだり
デカイ乳首をつねったり

そのたびおばさんは体をビクンと震わせた

彼女は頬がへこむくらい強く吸いながら
ゆっくり舌先でちんぽの先やカリを
小刻みに舐め回したり

激しくジュルジュルとエロい音を
たてながら大きく頭を動かした

僕自身の淫乱熟女の激しい口淫プレイに
ビクビクしながらイカされるのを我慢した

「おまんこグチュグチュになっちゃってるから入れたい」

とパンツを脱ぎ

僕にまたがり
ヌルヌルオマンコにちんぽをあてがい
ゆっくりと腰をおろした

「あぁ…すごい…気持ちいい」

と根元までオマンコでくわえこんだ

ちんぽをくわえたオマンコは
ヒクヒクとちんぽを締め付けてきた

僕は動かないでと
彼女を抱き締めキスをしながら

お尻を両手でかかえ広げて
アナルに指を突っ込んだ

そしてドスケベ熟女におっぱいを突きだたせ
乳首を舐めた

セフレ熟女はクリを押しつけ
ゆっくりと腰を動かしながら
目をつぶり

「あぁん」

と顔をしかめながら
とっても気持ちよさそう

キスをしながらしばらくそのまま
オマンコの暖かさを感じたあと

おまんこ舐めてあげるよ
ソファーにもたれかかり

「足を大きくひらいてごらん」

と言うと、スカートを脱ぎ捨て
ビチャビチャになっているオマンコをひろげた

僕は両手でオマンコを広げ
口を強く押しつけ

クリトリスを吸いながら
舌をとがらせて激しく動かした

見事なまでに超エロい63歳の痴女熟女は
僕の頭を両手で押さえ付けクリを押しつけて

「あぁ…すごい…あぁ気持ちいい」

と喘ぎまくり

クリトリスを舐めながら
指を2本奥まで突っ込み

お腹側のザラザラしたGスポットをを
激しくこすると

彼女は

「あぁ~」

って大きくあえぎ

太ももで僕の頭を締め付け
体を大きくのけぞり

「あぁ…イクッ…あぁ」

とオマンコをヒクヒクさせガチイキ絶頂した

さらに反対の手の指を2本突っ込み
お尻側の奥も同時に4本で一緒にこすりながら
クリを激しく舐めると

「あぁ出ちゃうなんか出ちゃう
あぁ…ダメ…ピュッ…ビュ」

…と僕の顔に熱い大量潮吹き噴射をした

顔が還暦熟女の潮吹きで
ビチャビチャになりながら

さらに激しくおまんこをかき回すと

「あぁダメ…イク…イッちゃう…あぁ」

と腰を持ち上げながら
体をビクビクさせて
またマジイキ絶頂した

「入れたい…ちんぽ入れたい」

と小さな声で淫語を言うので

「オマンコにちんぽ入れてくださいでしょ
ってちゃんと言わないと入れてあげないよ」

って言うと

「わたしのオマンコにおっきいちんぽ入れてください」

と言ったので…両手で足を大きく開き
床に膝をついて…ソファーの上の彼女の
真っ黒なおまんこにちんぽを突っ込んだ

「あぁ…気持ちいい…いっぱい突いてくださ
…おまんこグチュグチュにしてくださいぃ」

という彼女の腰を押さえ付け
ゆっくりと腰を動かし

いやらしく出入りするちんぽを淫乱熟女に見せたり

激しくピストンしながらおっぱいを
わしづかみにして荒々しく揉みしだいた

激しくピストンするたびに

「あぁ…あぁ」

という彼女のあえぎと

クチュクチュというエロい音が
オマンコから聞こえてくる

僕もすっごく気持ちよくて

「おまんこもギュッと締まってこのままイキそう」

「いいよ…さっき気持ち良くしてくれたから
好きにイってもいいよ」

僕はおまんこの奥まで
ちんぽを突っ込み

クリをこするように腰を押しつけ動かした

「あぁダメ…あぁ気持ちいい
クリこすれて気持ちいい
あぁまたイキそう」

「あぁ…僕もイキそう」

腰を大きく動かしながらちんぽでオマンコの中と
恥骨でクリをこすった

「あぁイク…いっしょに」

「あぁでる…イクあぁ」

部屋の中に二人の声が響き

「イクッ…あぁ~~イク~」

と僕は真っ黒な還暦おまんこに
思いっきり中出し射精した

そしてチンコを抜き出すと
よろよろとゾンビのように起き出して
エロい顔をしながらお掃除フェラをしてくる
六十路のドスケベ熟女

その後、残業を終えて
一緒に御飯を食べにいき
ラブホでまたいっぱい抱いてやりました



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
同窓会で女友達に再会したらアナルにチンコ欲しがるヤリマン女だった件
2018/02/15 16:02
2018/02/15 16:02
こないだ中学の同窓会があった。

同級生のみんなと会うのは卒業以来だったので、

少し緊張したが、そこはやはり昔の友達、

すぐ打ち解けることができた。

驚いたのが女子の変わり様!

昔は全く可愛くなかった子も大人びて美人になっていて、

みんな目移りするほどだった。

化粧の力?(笑)

懐かしさもあり、一次会で皆かなりのペースで飲んで、

いい感じに酔ったところで側で話してたTに少し触れてみた。

Tは昔はパッとしない女子だったが、

今ではギャル系で可愛くなってたので、

飲み始めた時から気になっていた。

肩に手を回して胸を揉んだ。

【母】イメクラで母子相姦(4)【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2016/12/18 07:38
2016/12/18 07:38
単なる風俗嬢の指と、頭の中で母親の指だと思い込んでいるリサさんの指では、擦ってもらうその感触も気持ちの良さもまったく違うものだった。  ピンサロなどでこんなに気持ちが良かったことは一度もない。  母親だと思い込めるのは、リサさんが熱心に母親の役を演じてくれたおかげだった。  とにかくおれは、リサさんの指が触れた途端、ビリッと肉棒に電流が走ったような気がし、思わず「ああっ」と呻き上げたほどだった。  何度もしつこく書くが、これはおれのお母さんの指なのだ。おれは今、お母さんがめいっぱい押しつけてくるおま×こに顔を埋めながら肉棒を指で擦られている。お母さんの熱い吐息を下腹部に感じながら、シコシ…
27の話③ (妹との体験談)
2015/10/14 23:00
2015/10/14 23:00
前編:27の話② (妹との体験談) http://www.seilogs.com/archives/1021480076.html その夜は結局そこまで。 そのまま洗濯籠に入れるわけにはいかない為、自分の部屋で着替え 再度妹の部屋に向かった。 妹はそのままの姿勢で寝ており、妹の布団まで引きずっていき 布団に寝かせて電気を消して部屋を後にした。 自分の部屋に戻ったとき、時刻は3時を回っていた。 自分も布団に入ったが思い出して眠れなくなり、 結局もう1発抜いて4時頃眠りに付いた。 翌朝、起きてきた妹にこっちから話しかけた。 電…
淫乱坊主
2016/08/20 01:05
2016/08/20 01:05
叔父さんの葬式で富山まで行き、お通夜の晩にそこのお寺の坊さんにナンパされて、性交の快感をたっぷりと味わいました。彼の陰茎は弓削道鏡並みで、物凄いすりこぎみたいな男根でした。 弓削道鏡とは大阪の八尾市の生まれで、その時の女帝である孝兼天皇に取り入って、その馬並みの男根を使って誑かしたといわれていますが、いまだに真相は解らないとか。 またロシヤでもラスプーチンという怪僧が、その時の女帝に取りいって、物凄い男根で狂わせたそうです。その話は知ってはいましたが、彼がそれだったのです。 弓削道鏡みたいなかなりのデカマラで、それを振り回して私の膣の中に挿入するのです。 昔の私なら、簡単に拒否するところですが…
【近親相姦】人妻専門のデリヘルで働いていたパイパン母さん
2016/09/03 15:00
2016/09/03 15:00
僕の母さんは人妻専門のデリヘルで働いています。自分の小遣い欲しさに働いている為、父さんも姉さんもこの事は知りません。故に仕事も平日の昼間だけです。 源氏名は恭子。実年齢は45歳なのに、35歳だと10歳も年を偽っています。もっとも童顔で背の低い母さんは、35歳と言ってもギリギリ通用するみたいです。 僕は20歳の会社員なのですが、毎週水曜日が休みで、休みの日には昼間からよくデリヘルを利用していました。たいていが普通のデリヘルなのですが、時々年上の女性に甘えてみたくなり、人妻専門のデリヘルも利用してたのです。 その日も今日は年上の女性っていう気分で、ホテルから人妻専門デリヘル…
俺の友だちの風呂場動画が全世界に発信されていた。。。【エッチ体験談】
2016/04/27 19:33
2016/04/27 19:33
興奮で、手がリアルに震える・・・・今日、生まれて初めてそんな経験をしました。




僕が盗撮画像・動画マニアになってもう10年近くになりますが、



ついに僕の女友達が盗撮動画に登場しているのを発見しました。




その動画は民家の風呂盗撮で、有名な某盗撮動画ダウンロードサイトや、



某盗撮DVD販売サイトでも入手可能な代物です。

(僕は前者のダウンロードサイトで入手しました)



彼女の登場時間は1分程度と短いものですが、シャワーの時に彼女の全裸が隅々まで拝め、



最後には盗撮バレで彼女が屈辱の叫び声を上げるという、なかなか美味しい動画です。






初めて見…
❤私の夫の性に関する話
2017/06/22 21:37
2017/06/22 21:37
 夫の田舎町の実家に入り4年。介護していた高齢な義母は2年前死去。私達は二人暮しとなりました。倦怠期だった私達。昨年初め、夫の要望でヌード撮影を始めた。夫はカメラやビデオが大変大好きで、モデルを綺麗に撮影してくれます。

 私は胸も小さく痩せ気味で、スタイルに自信はないですが、夫に乗せられてしまった。でも慣れてくると気分も悪くない。私も楽しめるようなると夫は私を野外に連れ出して撮影をしました。

 野外で裸になるのはとても勇気がいりますが、一度してしまえば・・私はその気持よさに驚きました。暫くすると私は夫のカメラの前で、自分の濡れた性器をパックリ開いていました。8年前、夫の無精子がわかりま…
女子大生に誘われて乱交に参加しちゃった熟女です
2016/05/04 09:00
2016/05/04 09:00
私は今は婦人服関係のお店に勤めているのですが(39歳、独身女)、実質店長のような仕事を任されています。でも、結構経営が厳しいんです。値段下げないと売れないし、下げると儲けは少なくなるし・・・。
 そんなことを考えるとストレスばっか・・・。ストレスを解消するにはセックスが一番なんだけど・・・


若い時は男が言い寄ってきたけど、おばさんになるとこっちからアプローチしないとどうにもなりません。

 ということで、うちに服などを卸してくれている会社の若い男の子にちょっかい出したりして食べたりしていました。
彼女もいるようだけど、最近の女の子って結構わがままなので付き合いの…
【痴漢・レイプ】調教
2018/07/13 02:35
2018/07/13 02:35
 安全に女を犯したいって思ったことありませんか? 自由になる女が欲しいと思ったことはありませんか?俺はいつも考えていました。 色々考えやっと1つの方法を考えつきました。 安全っと言ってもかなりのリスクは有ります。 そして、成功しました。   まず考えたのは、自由になる女=女の弱みを握る という事です。 そこで万引き女を探すことにしました。  大変、根気のいる事でした。 時間がある平日の昼間(私は営業なので比較的時間が出来ます)デパートなどを見回ります。 なるべく若い女の子が万引きするような、しかも、男がいてもおかしくない本屋を見回ることにしました。  ターゲットが現れるまで2ヶ月近くかか…
エロい若妻と(^-^)
2016/09/07 16:20
2016/09/07 16:20
出会ってまだ間もない若妻が、いきなり誘って来た(^-^) 『貴方って、本当に私に興味あるの❓私を満足させてくれるの❓』と、 やや、大胆な発言で誘って来た(^-^) 俺は彼女に『まぁまぁじゃないですかね〜(^-^)約束は守りますよ(^-^)』彼女の絶対条件に反応する(^-^) 待合せしたのは彼女が準備したホテルだった(^-^) 続きを読む
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・屈辱の診察(4)

・アンケートの電話からセクハラに

・男にとって都合の良い女

・【Hな体験】ヤンキーが見せてくれた衝撃のアルバム[後編]

・【人妻体験談】出会い系で真面目そうな円光主婦に嘘をついて勝手に中出し

・屈辱の診察(3)

・男勝りで無防備だった私は、気が付くと初体験なのに乱交に

・【Hな体験】ヤンキーが見せてくれた衝撃のアルバム[前編]

・【浮気】友達の連れ子の前で友達の彼と獣セックス

・姉さん女房を寝取らせて3

・こたつ手マン

・【Hな体験】18歳のちょいぽちゃヘルス嬢に中出しまくり

・子供を作られる人へ

・妻の体内に精液を生で射精する瞬間

・【熟女体験談】妻が二人の男と3p乱交SEXに励んでいて、初めて鬱勃起射精した

・中学からの親友とセフレみたいになってしまった

・【人妻体験談】妊娠させた長身美人なシングルマザーが堕ろさずに他の男と結婚した

・MM夫婦調教の方法と理想。

・若いツバメとSEX汗を流しています

・忌むべき日常行事_3

・先生のリードでアソコがへと導かれる・・・

・町工場の職人技SEXに満たされています

・【人妻体験談】隣の夫婦と婦交換し白目絶頂

・【不倫】潔癖症の私が友達の旦那にお尻の穴を攻められて

・条件は・・オナニーだけは好きにさせて欲しい

・忌むべき日常行事_1

・勤務先の上司に躾けられていた妻

・【寝取られ】セックスレス解消とはいかなかったものの・・・。

・【人妻体験談】隣に住む若ハゲ旦那にビンタして無理やり中出し逆レイプをするドS主婦

・男性に綺麗と言われるって嬉しくエロへ