寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【浮気】その名器に死角はなかった

2018/09/24 14:00


あれは26、7歳の頃だったか。仕事にも余裕で慣れ、合コン三昧の日々を過ごしていた。そんな酒池肉林の中で出会った女。それが佳子だった。
見た感じは身長155センチほど、鈴木杏に似てややぽっちゃりの微妙なルックスだったが、合コンの席で甲斐甲斐しく世話を焼いていたので気に入った。あとFカップの巨乳も、もちろん気に入った。
オレは合コンで電話番号を交換して、ちまちまと連絡を取り合って後日デート、なんてまどろっこしいことはしない。普段は一次会の最中で獲物を見定め、とっととフケる。
「オレんちで飲み直そう」
そう佳子に耳打ちすると、多少戸惑いを見せたものの黙ってオレについて来た。ま、やや強引に腕を引っ張ってやったのだが。
家路に就くタクシーの中、オレは徐々に佳子へのスキンシップを増やしていった。運転手を気にしてか佳子は声を押し殺していたが、オレの愛撫を拒絶しなかった。もう落としたも同然なので、部屋に帰ったらどんなプレイをしようかと考えていた。スムーズにいきそうな場合、飲み直しとか言わないでさくっとラブホに連れ込むことが多い。後腐れないようにあまり部屋には連れ込まないのだが、なんとなく佳子は部屋に連れ帰りたかった。
部屋に入るや否やオレは佳子の唇を奪った。ぽってりとした肉厚の唇はやや甘いルージュで味付けされ、非常に美味だった。佳子の舌がオレの口腔に入ってきた。それがオレの舌と絡まった瞬間、オレの身体はびくんと震えた。
(なんだコレ?メチャクチャ気持ちいい!)
特にテクがあるというわけではない。むしろその動きはたどたどしい。だが佳子の舌の感触はこれまでに味わったことのないほど甘美だった。これはまさに天性の素材の良さに他ならない。キスが上手い女に恍惚になったことは何度もある。だが、こちらが吸っているにも関わらずこんなに気持ちいいなんてのは初めてだった。吸っても吸われても快感。これはなかなかレアだ。こんな唇と舌でされるフェラチオは相当気持ちいいに違いない。
逸る気持ちを抑える術を知らぬ20代のオレは、一気に服を脱ぎ去った。そして引きちぎらんばかりに佳子の服を脱がしていった。
「いやぁ・・・」
言葉とは裏腹に佳子はさしたる抵抗もせず、すぐに生まれたままの姿になった。オレは早速ペニスを佳子の口にぶち込もうとした。しかし全裸になるや否や、佳子はくたくたとへたり込んでしまった。
たまに感じすぎてこのような状態になる女がいるが、まだキスをして脱がしただけだ。さっきまでしっかり歩いていたから酔い潰れたわけでもない。感じやすいのか?だとしたら鬱陶しい域の感度だ。ぽっちゃりめなのでお姫様抱っこは不可能だった。オレは肩を貸すように佳子を抱きかかえると、大して距離のないベッドまで運んだ。(当時は1Kの狭いマンションに住んでいた)
佳子は豊かな胸をゆっくり大きく上下させていたが、相変わらずぐったりとしていた。体調が悪いような感じではない。やっぱり、ただ脱力しているだけに見える。調子は狂うが仕方ないので愛撫することにした。驚くほど柔らかい乳房を揉み、やや大きめの乳輪を絞り込むように摘みながら赤みがかった乳首を吸った。
「はあぁ・・・ふうぅぅん・・・」
激しく胸を揉み、乳首を吸うオレの頭に手をまわし、髪を梳くように頭を撫でる。オレは噛み付くように片方の乳首を咥えながら、佳子の股間に手を伸ばした。俗に言うデルタゾーンの毛は黒々としていたが、クリトリスの位置から下、大陰唇の周りは一切の無毛だった。まるで男のために手入れしたかのような秘部に、オレは軽い感動を覚えた。そしてすでに潤って照明を受けててらてらと光る花びらは、この上なくエロく美しかった。ルックスはB級だが、見た目では分からない部分はなかなかだ。オレは中指を佳子の膣に押し入れた。そしてオレは今日2回目の震えを感じた。
(超気持ちエエ!!!)
佳子の膣内はきつく、柔らかく、熱く、そして生き物のように蠢いていた。指を抜こうとすると吸いつき、捻じ込もうとすると押し出そうとする。この矛盾が女体の奥深さと多様性と神秘性を生み出しているのだろう。オレの股間がズキズキと猛る。なんと手マンをしているだけなのに、気持ち良すぎてイキそうな気分なのだ。こんなことは初めてだった。中指の第一関節を曲げ、膣壁を激しく擦り上げると佳子はあられもない声をあげ始めた。そしてオレ自身も思わず声が出そうになるほど興奮していた。どっちが責めているのか分からないと錯覚するほど、オレの指に絡みつく肉襞の感触は素晴らしかった。
(このオマンコに入れたらどれほど気持ちいいのだろう・・・)
オレの息子は久々にありえないほど先走り液を滴らせ、オレと目が合うほど反り返っている。いつもなら時間の長短はあれど、必ずフェラさせてから挿入するのだが、今回はその時間すら惜しかった。オレは初めての中坊のように胸を躍らせ、しかし大人の冷静さで枕元のコンドームを装着した。
佳子のオマンコはまさに名器中の名器だった。三擦り半とまではいかなかったが、2ケタ腰を動かす前にオレは発射していた。意図した射精ではなく、“漏らした”に近いだろう。イッた後も搾り取るような膣壁の収縮に、オレはドクドクと精を放出していた。実際そこまで時間がかかったわけではないが、強烈な快感のせいでしばらく射精が続いたかのような錯覚に陥ったのだ。勝負であれば完全なる敗北だった。
カズノコ天井、ミミズ千匹、タコツボ、巾着・・・。
名器と言われるものには様々な呼称がついている。そしてその名の由来に基づく特徴がある。上記全ての名器を経験したわけではないが、知識としては知っている。佳子の膣内は複数の名器の特徴を兼ね備えていた。入り口と中間と亀頭の3箇所を締め上げる、奥深く吸い込まれ逃げられない、ツブツブが亀頭を刺激する、そして多数のヒダヒダが肉茎に絡みつく。
筆舌に尽くしがたいほどの快感をもたらす佳子にオレはハマってしまった。こっちから何度もお願いするように身体を求めたのは佳子が初のような気がする。ガキだった頃に、ただ出したいから「ヤラせて」と頼むのとはわけが違う。佳子(のオマンコ)とヤリたいから懇願したのだ。他の女じゃダメだった。
だが、佳子とは滅多に会えなかった。佳子には特定の彼氏がいたのだ。
「それなのになぜオレと?」などという無粋な質問はしなかったが、なかなか心の裡を明かさない不思議な雰囲気をまとった女ではあった。
佳子はエクスタシーを感じたことがないと言う。これだけの名器ならそりゃそうだろう。また、どんなに濡れてても指では痛くてダメなのだそうだ。オレも手マンに自信があったわけではないから、それで無理にイカそうとは思わなかった。これまで経験した男は入れた瞬間にイッてしまうヤツも多く、ほとんどが持って1分程度だそうだ。何度か身体を重ね、だいぶ佳子の膣圧に慣れてきても、オレも持って5分だった。付き合って4年という佳子の彼氏も、いつも3分くらいでイッてしまうと言う。
「シュウはかなりスゴイ方だよ」
そう佳子は言ったが、素直には喜べなかった。このオレがたった5分しか持たないだと!?プライドが傷ついたぜ!!・・・などとは思わなかった。セックスは長く楽しめるに越したことはないが、オレは気持ちよく出せればそれでいい。長時間持たないほどの名器であるなら、長期間楽しめばいいだけだ。無理に我慢などする必要はない。
佳子の肉体に溺れながらも、快楽至上主義のオレは、佳子の名器を最も効果的に楽しむことを考えていた。バツグンの名器と言えども、体位によって気持ちよさは異なる。佳子のオマンコで一番具合がいいのは対面系だ。特に一発目に正常位で激しくヤルと10秒も持たない時もあった。オレの好きなバックでは、それほどでもなかった。と言っても、5分も持たないほど気持ちいいのだが。
そして運命の日は訪れた。オレはこの日のことを一生後悔するかもしれない。いつものようにオレの部屋に佳子を呼び、いつものように即ハメした。とりあえず正常位で一発抜き、コンドームに溜まった驚くほどの精液を眺めながら2回戦に向けて佳子にフェラチオさせた。佳子のフェラテクは未熟だが、口腔自体の品質はバツグンなので勃起させるには十分だった。
オレは新しいゴムを付け、佳子のケツを掴みバックから挿入した。一発目で十分に解れた膣が、オレのペニスに絡みつく。デカいケツに爪を立てながら、オレは憑かれたように腰を振った。さっき大量に出したばかりだというのに早くも絶頂感がこみ上げる。さすがに早すぎると思って、オレは腰の動きを止めた。止めているのに佳子の名器はオレのペニスに吸いつき、たまらない快感をもたらしてくる。男を休ませてくれない魔性の性器だ。これで佳子が腰のくねらせ方を覚えたら、最強というより最凶だ。だが幸いなことに、佳子は自らの快楽を主張しない受身の女だった。もうちょっとこの身体に馴染んだら、腰の動かし方を仕込んでやろうと考えていた。
だが、その考えは杞憂に終わった。大量に1回目を放出した後とはいうものの、縦横無尽にペニスに絡みつく佳子の肉襞に翻弄され、オレは早くも襲い来る射精感に必死に堪えていた。ちょっとでも気を抜くと漏らしそうになる。それほど佳子の中は気持ちよかった。細いとは言えない腰を掴んで、ペニスの抽送のペースを調整する。勝手に佳子に動かれて予想外の刺激を受けたらイッてしまいそうなので、佳子の動きを封じる意味もある。膣圧に慣れ、やっと調子よく腰を振り出したところでオレはあることを考えた。名器中の名器である、佳子の極上オマンコ。特に薄さを強調しているわけでもないコンドームでもこの気持ち良さ。
(では、…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【熟女体験談】バイト先で惚れた人妻の吸引力はすごかった
2016/07/19 00:02
2016/07/19 00:02
2016/07/19 (Tue) バイト始めたのは3カ月前

友達から電話かかってきたのが始まりだった。


以下Sと書く

S「バイトの人がいきなり辞めてすげー困ってるから新しい人入るまでやってくんね?」

俺は当時ニート

んで貯金も尽きて金も欲しかったし承諾したわけだよ。


そんでまあ履歴書書いて店に持って行って店長と面接

バイト先はでっかいスーパーね

店側からしたら猫の手も借りたいレベルだろうと思って

短パン、サンダル、Tシャツで面接受けた

それで落ちたら笑い話にでもなるだろうとね

面接中店長は携帯いじったりあくびしたり態度が凄く悪かった


まあそこは何も…
出会い系で知り合った熟女は恩師の奥さんだった【体験談】
2016/02/24 23:10
2016/02/24 23:10

年上の女性が好きで出会い系サイトを利用しています。

6ヶ月程前、ある出会い系サイトで僕が募集したスレにメールをくれた女性がいて1ヶ月位メールのやり取りをし会う事になりました。

相手は46歳の既婚女性で、メールの内容からとても好感が持てました。
1ヶ月ほぼ毎日のようにメールのやり取りをしていたのですが、出会い系と言う事もあり警戒しているみたいで、彼女の素性については、「パートで仕事をしており子供は居ない」くらいしか解りませんでした。
もちろん写真も無しです。


会う当日はどんな女性が来るか不安でしたが、待ち合わせ場所にやって来た人は細身の美人でした。
年齢より若く見え、髪型も毛先が巻き…
【人妻体験談】長期停電で妻が隣の旦那に
2016/02/19 01:16
2016/02/19 01:16
これは数年前に起きた話です。 我が家は、街からちょっと離れた所で、山間に出来た住宅地にあります。 週末の午後7時位に、仕事を終え自宅に向かっていると、いつもは家の明かりがいっぱい点いている筈なんですが、何処の家も暗く不気味な雰囲気を醸し出していました。 我が家も例外では無く、明かりは点いていません。 車を止め、玄関を開けようとしても鍵が掛っていました。 その時です。 隣の家から妻が出て来たんです。 「貴方、お帰りなさい!」「どうしたんだ?」「停電なの!」妻に呼ばれお隣さんへ向かうと、隣の武田さん夫婦と子供達(お互いの子供が同級生)それに妻がリビングでロウソクの明かりの中、時間を過ごして…
■ありきたりの不倫の話です
2018/05/14 17:53
2018/05/14 17:53
 37歳になる主婦ですが、1ヶ月前にパート先のスーパーの主任と不倫関係になってしまいました。今は夫への復讐を遂げた気持ちと後ろめたさと、忘れかけていた女の喜びが入り混じった複雑な心理状態ですが、誰にも相談できません。

 …1年くらい前から夫がやたらと携帯をいじるようになったので、もしかして浮気?と疑うようになりました。 あるとき夫がお風呂に入っているとき携帯の照明がチカチカしているのを見て、気になって仕方なくなり悪いこととは知りながら、ドキドキしながら携帯を開いて開封済みのメールをチェックしてみたら、やはりそうでした。

渋滞中に触ってたら我慢できなくなってきた
2017/03/29 23:16
2017/03/29 23:16
140 :えっちな18禁さん [sage]:2011/05/14(土) 16:53:49.88 ID:Mkf55VRu0 連休中に渋滞ハマって助手席の彼女とイチャつきながらパンツの上から触って 濡らして楽しんでたら彼女がその気になって来た、それでも焦らしながらサワサワ 触ってたら我慢出来なくなり膝を立てて自分で直接触りオナりだした、オレも我慢 出来なくなりラブホでも探そうと脇の細い道に入ったが中々ラブホが無い、しかし 彼女は一人でオナりながら悶えてるし、そのうち少し広くなった場所が有ったので 止めて彼女を押し倒し車内でスッポンポンでハメまくってたら大きなクラクションが 後ろで響く…
Life
2017/09/05 11:31
2017/09/05 11:31
「今日だっけ陽人?妹がこっちに引っ越してくるの」 一緒に昼食をとっていた橋本雅月が陽人に話しかけてくる。雅月は高校からの友達で、陽人の親友でもある。 陽人「そうなんだよ。あの狭い家に3人も住むんだよ」 白石陽人は姉の麻衣と一緒に住んでいた。 ?「おまえの妹も乃木坂大学なのか?」 ?「白石くんって妹もいたんだ」 一緒に昼食をとっていた伊藤大樹と生田絵梨花が二人の会話に入ってくる。二人は大学に入学してからできた友達だ。陽人は大学に入ってから、雅月、大樹、絵梨花の3人と一緒にいることが多い。 陽人「おまえの妹も?大樹の妹もこの大学にくるの?」 大樹「そうなんだよ。だからおれも今日から…
バイクを弁償する代りに彼女を犯された・・・Vol.2【エッチ体験談】
2015/11/14 08:44
2015/11/14 08:44
川幹夫です。 この前の続きです。 僕の幼馴染みで、お嬢様育ちのヒロは先輩に粗末に扱われて、挙げ句にイカされてしまいました。 ヒロは僕が隣の部屋にいる事を知りません。 でも、ヒロは感じて無いし、エッチも好きじゃ無いような素振りを見せていましたけど、明らかに僕とのセックスより大きな声が出ていました。 しかも僕とのセックスの時はヒロはイカないのに・・・ 先輩は問い詰めるように、「ヒロちゃんイッてんじゃんよ!気持ちイイの?え?」と聞いています。 ヒロは「違います・・・知りません・・・」と認めようとはしなかった。 「ヒロちゃん本当はセックス好きでしょ?」と言うとヒ…
私は妻の行動に注意深く成りました・・・ 2
2015/10/07 20:02
2015/10/07 20:02
私は日曜の夕方に家を出て赴任先に戻り、妻も月曜の夜にはこちらに来ました。私は完全に口を利きません。
これからどの様な展開が待ち受けているのかは分かりません。
佐野達の意見を受け入れる形には成りましたが、それは私の気持ちの中にまだ踏ん切りが付かない部分が有っただけで、その辺の整理が出来れば結論は決まっています。
佐野からの電話も頻繁に入りましたが、私は特別伝える事は有りませんでした。
そんな或る日、また彼女が出張でやって来ました。
「次長、来月はまた同じ職場でご一緒出来ますね。楽しみにしています。今日も何か食事の用意をして上げましょうか?お口に合えばの話ですが。」
「有難う。気持ちが…
【H体験談】見分けのつかない妻の一卵性の双子の妹との中出し体験談
2016/08/25 21:40
2016/08/25 21:40
去年の年越し、私達は妻の実家で過ごした。

妻の実家には両親だけが住んでいます。

だからたまに帰省する私達を両親は待ち望んでいる様です。

妻には、双子の妹がいるんですが、

実家から通うのは不便と言う事で、

アパートで独り暮らしをしています。

そんな妹も年越しは帰省していました。

妹と妻は、一卵性の双子で顔・スタイルがすっかり一緒!
まぁ部分的に微妙な違いは あるんですが、

パッと見では分かりません。

今まで私も何度も間違えた事がある位です。

その夜、私は義父と一緒に酒を飲み、すっかり酔っていました。

妻も妹も付き合って酒を飲んでいました。

23時を回…
【レイプ体験談】上司に犯されて中出しされたエッチ体験
2016/03/22 04:56
2016/03/22 04:56
私は,仕事で新しいプランを提出することになっていました。自分が中心になるのは初めてで不安だらけだったときに,その隙をつかれたのです。わらにもすがる思いだった私は,「相談に乗る」という声に,疑いもなく出かけ,そして犯されてしまいました。最初は,きちんと仕事の話をしていたのです。でも,部長は必要以上に私の身体に触れだんだん妙な動きをするようになりました。そのイヤらしい動きに,私が堪えきれなくなって立ち上がってお茶をいれようとしたとき,私は後ろから抱きすくめられていました。 私は悲鳴を上げました。でも,抵抗しようにも腕も動かせず,身体をねじろうと暴れてみても部長の腕に私の身体はしっっかりと抱きしめ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【浮気】友達の連れ子の前で友達の彼と獣セックス

・姉さん女房を寝取らせて3

・こたつ手マン

・【Hな体験】18歳のちょいぽちゃヘルス嬢に中出しまくり

・子供を作られる人へ

・妻の体内に精液を生で射精する瞬間

・【熟女体験談】妻が二人の男と3p乱交SEXに励んでいて、初めて鬱勃起射精した

・中学からの親友とセフレみたいになってしまった

・おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

・【人妻体験談】妊娠させた長身美人なシングルマザーが堕ろさずに他の男と結婚した

・MM夫婦調教の方法と理想。

・先生のリードでアソコがへと導かれる・・・

・町工場の職人技SEXに満たされています

・忌むべき日常行事_2

・【人妻体験談】隣の夫婦と婦交換し白目絶頂

・【熟女体験談】テレクラで人妻ナンパしてムッツリスケベな網タイツ熟女に生挿入中出し

・【不倫】潔癖症の私が友達の旦那にお尻の穴を攻められて

・条件は・・オナニーだけは好きにさせて欲しい

・ママ友とお互いにバイブで責め合って

・【寝取られ】セックスレス解消とはいかなかったものの・・・。

・【人妻体験談】隣に住む若ハゲ旦那にビンタして無理やり中出し逆レイプをするドS主婦

・【熟女体験談】父と息子という血の繋がった二人の男性とファザコンの出戻り娘の近親相姦SEX生活

・男性に綺麗と言われるって嬉しくエロへ

・【乱交】マグロな私を変えてくれた後輩男の豹変

・中学生に寝取られた_9

・王様ゲーム2

・【Hな体験】風俗嬢になったと噂の美少女同級生を探し出して

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編

・【熟女体験談】電動バイブが壊れんばかりにオマンコに高速ピストンしてガチイキ絶頂していた変態チビ巨乳熟女

・中学生に寝取られた_7