寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

ショートパンツを見ると

2018/09/23 23:01


これは僕が大学生だった頃のお話です。
自画自賛という訳ではありませんが
僕はイケメンです。勉強も良くできました。
しかし、僕がそれまでの人生、
幸せだったかというと、全くそんなことはありません。
なぜなら、僕は高校までの間、虐めにあっていたからです。
それはもう酷い虐めでした。

しかし、そんな僕にも大学では友達ができました。
入学式で、たまたま隣の席だった群馬出身のA君
語学の席が隣だった茨城出身のH君などです。
僕の傷ついた心は、彼らによって癒されていき、
GWが明ける頃には笑顔で他人と話せるようになり、
そして、夏休みになる頃には、彼女ができました。

これから語るお話は、その彼女、優佳についてのお話です。
優佳との出会いは、まるで漫画のようでした。

4月に行われた親睦会は立食形式でした。
A君、H君が別の人達と話していたため、
一人でぼうっと突っ立ていると、非常に可愛いい子が声を掛けてくれました。
僕は、何を話して良いやら分からなかったので
「は、はじめまして、」と挨拶しました。
「はじめましてじゃ、ないですよぉ。忘れちゃいました?」
「え?」
僕は女の子の顔をまじまじと見ました。

黒目がちな目は大きすぎず、唇も厚すぎず知的で上品な雰囲気
少し童顔ながら整った顔立ち。

「あ!」少ししてピンときました。

メイクをきちんとしていたので、以前と雰囲気が全く違ったため気づきませんでしたが、
肩まである真っ直ぐな黒髪と色白な肌が、とても印象的だったため、ようやく思い出すことができました。

彼女と初めて会ったのは受験の当日でした。
僕は、地下鉄の出口付近でキョロキョロしている彼女、優佳に声を掛けられました。
「あのぉ、すみません、道を教えてください。○○大学の戸山キャンパスへ行きたいのですが・・・」
彼女は青森から出てきて、受験前日に新宿のホテルに1泊したのですが、
地下鉄の出口を間違えてしまって、他の受験生も居なくてキョドってしまったようでした。

僕は地元出身で、たまたま、その出口が自宅から受験会場までの通り道だったのですが、
僕の受験会場は、彼女とは別のキャンパスでした。
僕は腕時計を見ました。『戸山キャンパスまで行っても間に合うかな』

「戸山キャンパスは、少し方向が違います。僕も受験生ですので、良かったら途中まで一緒に行きますよ。」

彼女は飛びっきりの可愛い笑顔で『ありがとうございます』と頷きました。

歩きながら、彼女が青森出身であること、僕と同じ学部が第一志望であることなどを話しました。
少し歩くと受験生達の波に合流できたので、僕の受験会場は違うキャンパスだからと言って彼女と別れました。
別れ際、彼女は「え?違うキャンパスだったのですか?そんなぁ、どうして言ってくれなかったのですかぁ?」と
少し騒いで、周囲の人達にジロっと見られたので、僕は慌てて「じゃあ、頑張りましょう」と言って逃げるように立ち去りました。

そんな出来事があって、二人とも無事に合格して4月に再会を果たしたわけです。

優佳と付き合うまでの間には、優佳に数人の男が言い寄ったり、
僕の方も、入ったサークルで3年の先輩に言い寄られたりなど、紆余曲折があって
結局、優佳から告白される形で、交際がスタートしました。

優佳は地方出身者特有のお洒落さがなく、地味な恰好を好む傾向がありました。
その当時も現在と同じように、丈の短いショートパンツが流行っていましたが、
優佳は恥ずかしがり屋なのか、足をモロに露出するようなショートパンツを履くのは嫌だったらしく
他の女子大生とは違って、いつも膝丈くらいのスカートかズボンを履いていました。

しかし、ある時、何度目のデートだったか覚えていませんが、
優佳は、ライトブラウンのショートパンツを履いてきました。
太ももの上の方までが完全に露出する短いものでした。
現在のようにレギンスが流行っていなかったので、白い綺麗な脚が眩しく
黒のシャツとの組み合わせも良く似合っていて
僕は見惚れてしまい「今日の服、とてもいいね。」なんて言ってしまいました。
優佳は「勇気を振り絞っちゃった」なんて言って照れてました。

恵比寿周辺を散策して楽しい時間を過ごしましたが、広尾の方まで足を伸ばしたのがいけませんでした。

あいつらに出会ってしまったのです。高校時代、僕を虐め抜いた村松と高野達です。
頭の悪い奴らではないのですが、高校生でありながら、箱と称してクラブのような場所に出入りしては酒を飲んでいるような者達でした。

彼らは僕を見つけると当然のように、近寄ってきました。
奴らを前にすると、僕はトラウマから蛇に睨まれた蛙になってしまいます。
まだ16時くらいだというのに飲みに行こうと誘われました。
もちろん優佳も一緒にです。
会った時から、優佳を舐めるように見ていることにも気づいていました。
それでも僕は断れず、優佳に「どうする?」と尋ねて、選択を優佳に委ねてしまいました。
優佳は僕の様子がおかしいことに気付いたのでしょう、「少しだけなら」と了承しました。

そして
渋谷の外れにある高校時代の同級生がバイトをしているというバーに連れていかれました。

着いて早々に「あれやってよw」と言われ、高校時代にやらされたことがある瓶ビール一気飲みをやりました。
優佳と何処で知り合ったかなど、どうでも良いことを話しながら、優佳も僕もカクテルなどを飲まされました。
話が途切れると、再度「あれやってよw」と言われ、ビール瓶に手を伸ばすと「違う」と言われました。

僕はウィスキーの角瓶を口に咥えながら、横目で優佳を見ました。
不安そうな顔をする優佳に、村松が「こいつ、酒、めっちゃ強いんだよ」と言っているのを聞いた所で
吐き気に耐えられなくなりトイレに駆け込みました。
どれくらいの時間、トイレに籠っていたのか分かりませんが
戻ってきた僕の目に飛び込んできたものは、
僕の正気を失わせる程のものでした。

あのライトブラウンのショートパンツ。
優佳のショートパンツの隙間に
村松の手が潜り込んで、モゾモゾと動いていました。
「な、何やってんだよ!!」
僕は冷静ではいられず、村松に怒声を浴びせてしまいました。

「見て分かるだろ?w 優佳ちゃんと遊んでるんだよ。」

優佳を見ると、明らかに様子がおかしく
目をしっかり開けているのに、ぐったりしていて、村松を払いのける様子もありません。

「ふざけるな!!優佳に何をしたんだよ!!」

「こいつ、怒ってるよw どうするよ?」
「放っておいていいでしょw」

僕は優佳を連れ出そうとして、へらへらしている、村松達の輪に割って入りました。
しかし、すぐに押さえ付けられてしまいました。

「無粋なことをw」
「そうそう、人の恋路を邪魔する奴は、死刑だぞw」

村松は優佳のショートパンツから手を抜いて
今度は胸に手を伸ばしました。
嫌々っと優佳の手が緩慢に動きましたが、村松がその手を払いのけると
そのままダラリと無抵抗になってしまいました。

「優佳!!大丈夫か!!」
明らかに優佳の様子がおかしく、僕は大声で叫びました。
しかし、優佳は僕の方へ目を向けただけで返事はありませんでした。

「心配するな、これだよ」
粉末が入っている袋を見せられました。

「こいつ理科大の薬学部だから、ってわけじゃないけど、すぐに動けるようになるから安心しな」

「その前に、だいぶ気持ち良くなるけどなw」
言いながら村松は、優佳のシャツのボタンを外していきました。

「ヤ、ヤメロ!!」
止めようと必死になっても二人掛かりで抑えられていて身動きができません。

「こんなカワイイ子、お前だけの彼女じゃ勿体ないよ」
言いながら、今度は高野が優佳の膝から太ももまで手を這わせました。

僕は喚きながら暴れました。

「多少のBGMは心地良いけど、あまり煩いのは勘弁w」

村松がそう言うと、腹と顔に衝撃を受けました。

「当然だけど、あの薬、違法薬な。お前が騒ぐと優佳ちゃんも困るんじゃないか?」
「将来有望、一流大学だしね」

殴られ脅されても喚き続けていた僕は、倒されて床に押し付けられ、
店のバイトが近づいて来て、ダスターを僕の口の中に突っ込みました。

「肌、白いね?ツルツル。18だっけ17だっけ?」
知らない男の声が聞こえましたが、床に頬ずりさせられた状態では状況が分かりません。

『ぽとっ』と音を立てて
あのショートパンツが、床に落ちました。
この時、弱い自分が情けなくて涙が出ました。

「おら!」
突然、僕は無理やり上半身を起こされました。
状況を把握できるようになりましたが、
今までソファに座っていたはずの優佳が居ませんでした。

「こっちこっちw」
村松の声がする方を見ると・・・

「な、なんということを・・」

優佳は一人掛けのソファに座らされていました。
全裸に剥かれて、大きく開かされた脚が、肘掛けに乗せられていました。

村松はニヤニヤしながら優佳の両手を持って、
万歳のように頭上へ上げさせ、
僕に見せつけるように二の腕の辺りから胸まで、ゆっくり手を這わせてから乳房を揉みました。

僕は必死に目を閉じて、首を振りまくり、虚しい抵抗をするだけでした。

村松、高野、中原、、、と、次々に優佳を嬲り者にしました。

散々弄んだ後で、村松達は「優佳ちゃんは送ってあげよう」と言って
車で出ていきました。

僕は、一人店に残され、ただ呆然としていました。

その日以降、優佳が僕に話しかけることはありませんでした。
村松と付き合ったという話も聞きませんでしたが、
時々会…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
バイト先で知り合った高校生にガッチガチのチンポをフェラしてもらったwww
2016/09/18 18:02
2016/09/18 18:02
俺が大学に入りたての頃、バイト先で知り合った子がいた。

その頃俺はバイト先を探していて、面接回った挙句、

駅前のレンタル屋に決まったんだ。

CDとかDVDのレンタルね。

シフトは曜日によって変わるんだけど大体夕方から深夜にかけて。

店は深夜一時までだったから、

そこまでいる時もあるし、

次の日授業が早い時には

十一時くらいで帰らしてもらう時もあった。

仕事には大体、四、五人入っていて人員的には余裕があったからだと思う。

その日の都合で、昼に連絡して遅くに行ったり、早上がりさして

もらえるのは正直助かった。理解ある店長のおかげだろう。

店長は四十代なかばの日焼けした短髪…
この世で一番最低な行為・・・それはお掃除フェラ
2016/06/18 05:01
2016/06/18 05:01
僕には彼女がいます。 僕は結婚を前提に付き合っているので、すごく大事にしています。 記念日のプレゼントも欠かしませんし、家事まがいの事もさせずに優しくしています。 彼女が苦労したり、辛かったり、疲れたりしてるし姿をしてるのが見るのがいやです。 甘いと言われると思いますが、彼女のために出来ることがあれば僕がどんなに疲れていてもやります。 それはエッチの時でもそうです。 彼女がしたくないことは絶対にしません。 最近ではフェラすらもアゴが疲れるということでしてくれません。 体位も彼女がなるべく動かない体位で気を使っています。 それでも一緒にいると楽しいので、これからもずっと大事にして…
出会い系で知り合った人妻は、子供と同じ幼稚園のママさんだった
2015/11/18 19:32
2015/11/18 19:32
ミカ(34歳)とは、出合い系サイトで知り合い、半月程メールで話しをしてたのだが、話しの中で子供が同い年でしかも同じ幼稚園だと知った時はお互いビックリした。
既に写メ交換も済み、お互い気になっていたのでそのまま進行して会う事になった。




メールでかなりいやらしい女だと言う事は白状させていたので、初めて会った日からエッチする事は決まっていた。
しかも野外で。

ミカは結婚前に3P、海での水中SEX、などを体験してると言う事だったので僕も体験してみたかった野外エッチをすんなりと受け入れてくれたのだ。
夜の9時に待ち合わせ、僕の車に乗り込むとニコニコと嬉しそうにして話しも弾み、ど…
朝から晩までエッチして、ちかはヘトヘトです
2017/02/05 07:49
2017/02/05 07:49
昨日、朝からバイトくんの家に行きました。 バイトくんは友達と一緒に住んでいるんだけど友達は外出していて、自然にエッチになりました。 2回したあとバイトくんが眠ってしまったので、飲み物を取りにタオルを巻いて部屋から出ると、友達がテレビを見ていました。 気まずくて会釈して飲み物を取って戻ろうとすると「こっちきませんか?」って。 なんとなく側に座って話をしました。 私のことはバイトくんから聞いてしっているそうです。 で、どうやら私たちがエッチしているときから座っていたそうです。 友達は私の頭を撫でながらゆっくり愛撫して、やさしくキスします。 ソファーに横になって全身を舐められるうちに…
ナースにオナニー現場を見られたがそのままセックス
2017/05/24 20:16
2017/05/24 20:16
45 :えっちな21禁さん:2006/02/27(月) 05:36:28 つたない文章ではありますが、以前入院をした時の看護婦さんとの体験を書きますm(__)m 46 :(45):2006/02/27(月) 05:56:34 俺は高校生の時、部活時の怪我で左手首を骨折してしまったことがあった。 ところが折れ方が少しまずかったようで手術をすることになり、もれなく入院もついてきた。 なんとか手術も無事終わり、後は回復を待つのみ…病室が一緒のおじさん達とも 仲良くなり、何気に入院ライフを楽しみつつあった。 しかもその病棟には珍しく若い患者だったらしく、看護婦さん達数人がいつも 構…
あだ名が巨パイっていう会社の後輩にパイズリしてもらって顔射した話
2016/06/05 16:02
2016/06/05 16:02
巨パイさん

22歳・女

身長150cm台半ば。体重普通。
 
巨パイさんというのは俺が勝手に作った言葉で、会社の後輩のあだ名です。

本名にも微妙にかかったあだ名ですが、もちろん本名は非公開です。

あだ名って言っても俺が頭の中で勝手に呼んでるだけです。
 
巨パイっていうのは巨大オッパイって意味ではなく、

いや実際巨乳なんだが、その上パイパンなので巨パイさん。

巨パイさんは白人系の在日○世らしいが、

その遺伝っぽい特徴は巨乳と色の白さと、

乳首が真っピンクなところくらいで、

背は低いし顔は純和風美人だし、髪も黒い。

天然パイパンではなく、

ほっとくと濃いのが生えてくる。
正面座位で失神ガチイキする五十路のパートおばちゃん
2017/02/01 20:19
2017/02/01 20:19
俺36歳独身で

先日会社帰りに駐車場に行くとき、
五十路グラマーなパートの高齢おばちゃん『寛子』と出会い
「家まで送ろうか」というと、ニコニコして助手席に乗ってきた。
家は正反対ではあるが俺は家に帰ってもしょうがないので
いい時間つぶしになると思い、気軽に乗せてやりました。

しばらく走っていると、
「どこかドライブに連れて行って」というのでいきました。
『寛子』はしばらく走っていると、寄り添ってきてきましたので、
俺は肩に手を廻しました。
そうすると、彼女は俺の手を自分のバスとに持っていきました。
寛子の胸はEカップでもみ心地は最高です。
しばらく胸をもみ、次にスカートの中に手を…
酔いつぶれて寝ている私の妻に巨根を挿入した私の先輩社員
2017/05/03 18:00
2017/05/03 18:00
妻を寝取られた(寝取らせた?)時の事です。
妻は29歳で2歳の子供が1人います。
胸はCカップで、身長は小柄、どちらかと言うと可愛いタイプです。
私にNTR願望があり、色々試してみた中の話です。その日は私が職場の飲み会、妻も友人と久しぶりにお酒を飲むという事で、子供を実家に預けてそれぞれ出かけました。

私の方は職場の飲みという事もあり、つまらない限りでした。
しかも途中から面倒な先輩に捕まってしまい、さらに帰りたい気分倍増です。
その先輩(以降、井上とします)というのが50代前半で結婚歴なし、風体は芸能人でいえば温水さんをもう少し不細工にした感じです。

以前から職場の同僚へ…
上司となった高校時代の同級生が今では俺のダッチワイフ化している【エッチ体験談】
2016/04/27 03:25
2016/04/27 03:25
俺:34歳。

転職し初めての営業職。

妻あり子なし。




妻:25歳。

生保職員(ファイナンシャルプランナーとやら)。




彼女:同い年。

勤続12年。

課長で俺の直属の上司。




前の会社で上司と衝突し、勢いで辞めてしまった俺。




妻の方が高収入で、



子どもはまだいなかったから収入が途絶えて生活苦に陥るという事は無かったけど、



俺の小遣いが途絶えてしまった。




妻に言えばもらえたけど、使用用途を言わなければならないのが辛かった。




妻に言えない事にお小遣いを使っていたから、今まで失業して3ヶ月、



今働いても収入となるのはその…
出産入院中の娘に頼まれ、アナルまで使ってお婿さんのお世話をしました
2017/04/09 21:00
2017/04/09 21:00
私は56歳、主人は58歳の二人暮らしです。
夫婦の営みは少なく多くて月に2回が限度、主人は弱いようですが外に女が居るそうです。
昨年私も不倫して、一年足らずの間に十数お遊びを致しましたが、余りにも心優しい方で情が移るのが怖くなり、お別れをしたのです。そして昨年の11月、とついだ娘も無事に出産し、初孫(女の子)見たいし娘婿さんの食事等の世話の為、喜び勇んで京阪神のアパートに駆けつけましたの。予定は娘が退院するまでと決めて出かけました。


まずは病院に行き可愛い孫を見て安堵し、2年も妊娠しなかった娘を褒めたたえました。
嫁に出せば初孫の顔が見たいのは、親ばかな考えですが…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・綺麗な人妻の顔が快感に歪む

・【不倫】初めての浮気は幼稚園のパパ友でした

・【熟女体験談】厚化粧なスナックのママとお店のボックス席でセックス

・モモとノンタン

・【人妻体験談】大親友の幼馴染に妻のオマンコを生で見せて、SEXまでさせてあげた

・男は女とヤル事で頭の中がいっぱい

・妻と兄の情事は・・・

・輪姦される事で体に性の快感が

・【人妻体験談】サービスとばかりにパンチラする天然な妻のおかげで後輩に慕われるようになった夫

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[後編]

・羽を伸ばしたいという出会い系の人妻

・大学生男女の飲み会の末は乱交SEX

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[前編]

・【人妻体験談】近親相姦をした息子が嫉妬してくれることに愛おしく思う母

・【熟女体験談】寝ている息子に夜這いをかけ、息子と近親相姦をしてしまい、息子の人生を狂わせてしまった母

・シナ人によりアフリカ内戦を激化 象は絶滅の危機

・人生初の乱交パーティーでしたがエロ勝手が

・あけおめパンティ?ことよろパンティ?

・【浮気】女の悦びを蘇らせてくれたスーパー銭湯のバイト君

・彼女がほかの男に弄ばれ感じている・・・

・【初体験】処女なのに乳首イキさせられた

・二股かけてたJKに年上彼女を寝取られた

・【不倫】もはや童貞食いは私の趣味と言ってもいいかも

・いい人を演じる予定だったけど…

・元カノとの再会が…

・温泉旅行先で会社の同僚に妻が大サービス

・【人妻体験談】出会い系で知り合った子持ちママをイカせたら、中出しの許可が出た

・妻に淫らな体験をさせ興奮する私。

・【不倫】工事服の男の巨大なシンボルに私の目は釘付けになった

・下着好きな俺が若い子の脱ぎたて下着を撮影した話をする。