寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[後編]

2018/09/23 22:00


彼女の肩には一応毛布を被せた。俺はジャケットを羽織った。この格好で人に見られると、下半身丸出しの俺の方がやばかったが、その時はプレーに夢中だった。50メートルほど歩かせ、熟年夫婦の泊まるバンガローの前まで来た。中は真っ暗なので寝ているだろう。
「よし、ここでいいか」
俺はローターのスイッチを入れた。
「あああん、はあ、あぁ」
「ん、さっきより声が小さいな~。気持ち良くないの?」
「あん、いえ、はあ、気持ちいいです」
「じゃあ、もっと聞かせてあげたら?あの親父、喜ぶよ」
「いや、ああ、もう、あぁ」
彼女は声を殺していたが、その表情からはさっき以上の快感によがっている様子が窺えた。
「よし、よく頑張ったな、ご褒美あげるから、そこに手をついて」
俺はローターを抜き、彼女に熟年夫婦のバンガローの入り口の手すりに手をつくよう指示した。
「何、するの?」
「ん?いいから、もっとケツを突き出せよ、それじゃ入んないだろ」
バックから挿入することに決定した。
「え、いや、だめだよ、ここじゃ」
「もう決めたんだよ、もっとケツを突き出せって言ってるやろ」
「は、はい」
ゴムをつけてゆっくりとお姉さんの背後から挿入した。
「ああ~、あっ」
締め付けてくる、吸い込まれるようだ。半分くらい挿入し、また言葉責め。
「入れてもらって嬉しい?どうして欲しい?」
「あああ、ちょうだい。ああん、もっとちょうだい」
「もっと声を出してごらん、あの夫婦、驚いて起きてくるかもな」
「いやあ、はあ、早く」
俺が腰を振らなくても夢中で腰を振ってくる。声は殺しているが、唸るような感じになってきた。ホントに起きてこないか、俺の方が心配になってきた。
「あっあっ、ああ、ダメああ、ん、イ、イク」
「まだだめだ」と言って腰を止める。
「はあ、はあ、お願いイカせて、ああ、あん、ううう」
腰を擦りつけてくるお姉さん。
「あの親父、たぶん聞いてるよ。もうあの窓から覗いてるかもな」
耳元で囁くと、ビクッと体で応えた。立ちバックでは時間がもたないので、自分たちのバンガローの前まで帰ってきた。彼女は少し朦朧として座り込んでいる。
「ビデオに撮ってるの知ってた?」
「え、うそ!」
「本当、これ見てみ」
「うそ、やめてよ」
お姉さんは泣き出しそうな顔をしている。しかし、ずっとビデオを回しているのだから知っていると思うのだが。まあ、どちらでもいい。認知させた以上、撮影を了承したようなものだ。俺はビデオを片手に持った。
「大丈夫、俺が個人で楽しむだけだから、それに俺も映ってるわけだし。すぐに消すから」
そう言いながら俺は正常位で挿入した。ゆっくりと深く腰を振った。液晶画面に映る彼女は苦悶の表情を浮かべて喘いでいた。夜空に向かってイヤイヤと首を振っているようにも見える。
「大事な部分も撮っとかないとな。ほら、結合してるところが映ってるよ。俺のに◯◯美の液体がまとわりついて糸引いてる」
「あっ、あっ、いやああ、ああん」
これほど興奮するとは思わなかった。自分もそうだが、彼女もすごい。夜空の星に照らされてするセックス。どんどん性欲が湧き出てくるような感覚がする。
一旦抜いて、四つん這いにさせた。カメラを持って俺は立ち上がる。少し離れて、四つん這いになったお姉さんの姿を撮影する。
「いやらしい格好だな。その格好のままじっとしてろよ」
お姉さんの目は半開きになっている。朦朧状態というか、ぼーっとしていて頭が働かないようだ。俺はお姉さんの表情をアップで撮ったり、肛門を撮ったりとしばらく撮影を楽しんだ。もちろん言葉責めをしたり、割れ目にタッチしながら。
「ああん、もう」
再び後ろから挿入した。最速で腰を振った。お姉さんは激しく喘いでいる。
「ああ、あっ、イクッ!」
イッたことを確認し、再び体を裏返し、正常位で挿入した。
「よし。俺もイクからな」
そう言いながら荒々しく腰を振った。彼女は、「ワ~」とか「ああ」とか、何やら言葉にならない声を発している。俺も決壊が近づいていた。
「うおー」
普段はイクときもほとんど声をあげたことはないのに、吼えてしまった。ペニスが彼女の中でドクドクと脈打っているのがわかる。彼女に被さったまましばらく休んだ。肌にかかるひんやりとした風が心地良かった。ゆっくりとペニスを抜いた。彼女は放心状態だったが、その瞬間、「あん」と小さく喘いだ。
小屋のベッドに彼女を寝かせてから、俺は後片付けをしに外へ出た。ハードなセックスだったが疲れはなかった。満たされていた。
午前1時。外でタバコを吸いながらビデオを再生してみた。暗闇の中、ランタンのぼんやりとした灯りに照らされて、男と女が真っ裸で揉み合っていた。絶えず女は声をあげ、男は動いていた。暗いので、残念ながら秘部ははっきりと映っていなかった。しかし、その微妙な暗さが、獣のような雰囲気が出ていてよかった。
俺は、今イッたばかりなのに勃起していた。小屋に入り、彼女を窺う。眠っている。そっと寄り沿い、毛布を捲って乳首を撫でてみた。ピクンと体が反応した。ゆっくりと下半身に指先を這わせる。
「はあ~」という声が漏れた。
目は閉じたままだ。アソコ全体に手のひらを押し当て、上下に揺すってみた。
「あ~」という声が漏れる。
「あん、あっ」
彼女の体は異常に敏感になっていた。そっと体に触れるだけでビクビクっと体を震わせる。そしてアソコに触れるとすぐにイッてしまうのだ。何度イッたのかわからない。そのうち俺も眠気に襲われ、気絶するように眠った。
翌朝、俺は5時に目が覚めた。疲れはなかった、朝陽の差す気持ちの良い朝だった。横でお姉さんはぐっすりと寝ていた。顔を洗おうと炊事場に行くと、熟年夫婦が食事の後片付けをしていた。挨拶してきた。今から山に登るのだという。昨夜のことは知られてないと思ったが、なんとなく気まずい。手短に歯を磨いて戻った。
まだ彼女は起きない様子なので、寝かせておくことに。その間、1時間ほど釣りに行くことにした。エサは川虫を捕った。しかし、落ち込みで1匹、小さなアマゴが釣れただけだった。
小屋に戻るとお姉さんはまだ寝ていた。体を揺すってみると、「うーん」と言いながら半分目を開けた。
「1匹釣れたよ」
そう言ってバケツに入ったアマゴを見せる。
「うわあ、ホントだ」
「疲れてない?」
「うーん、大丈夫」
簡単に朝食を済ませ、釣りに出かけた。はっきり言って釣れるとは思わなかった。渓流は初心者には難しい。それでもカワムツが釣れて嬉しそうだったので俺はホッとした。
細い流れだったので、これ以上は無理だと思いしばらく休憩することに。砂地にビニールシートを敷いて並んで座った。鳥の鳴き声、水の流れる音、新鮮な空気、木々の間から差し込む朝陽。
「そうだ、昨日のビデオ観てみる?」
俺はリュックからカメラを取り出した。食事の場面などが流れるが、早送り。ランタンの光に照らされ、バックから挿入されている場面でビデオカメラを渡した。少し戸惑っているのか、表情からは、どう感じているのかは読み取れない。食い入るように液晶を見つめている。
「可愛かったよ。心配いらないよ、しばらくしたら消すから」
そう言いながら俺は彼女の顔を引き寄せ、唇を重ねた。体を弄るとすぐに喘ぎだす彼女。まだ体には昨夜の余熱が残っているようだ。
「舐めてくれ」
そう言うなり、俺はリュックを枕にしてゴロンとビニールシートに寝転んだ。お姉さんは従順だった。ズボンのホックを外し、パンツをずらして俺のペニスを取り出し、手で擦ってきた。そして、ゆっくりとした動作で口に含んだ。心地よい感触が下半身に広がる。俺の手には、すでにビデオカメラがあった。
「袋を手で擦ってくれ」「口に含んで舌で転がしてみて」「ああ、いやらしい眺めだな」
起き上がり、ペニスを咥えている彼女の唇を擦った。
「ん、んん」
お姉さんの目は少しとろんとしてきた。
「じゃあ、お返しするから立ってみて」
俺は彼女のジーンズを脱がせて下半身をパンティだけにした。ふくらはぎから太もも、お尻をいやらしい手つきで撫でる。
「はあ、ああ」
パンティを剥ぎ取った。
「足を開いてみて。ああ、もう濡れてる。垂れてきそうなくらい」
「ああん、いやん」
「昨夜みたいに、自分で広げて見せてよ」
膝をついて彼女のアソコ全体を手のひらで揺すった。息が荒くなる。わざとピチャピチャ音を立てて舐めた。
「んんっ、はああ、気持ちいい」
俺の肩に手を置き、必死で耐えているのがわかる。ほどほどにして彼女を四つん這いにさせた。
「ねえ、自分でやってみてよ」
「え、それはいや」
「ダメだ、しろ」
「いや、許して」
「しろって言ってんだろ、ほら早く!」
少し荒っぽく彼女の手を取り股間に導いた。俺の剣幕に怯えたのか、お姉さんはゆっくりとアソコを摩りだした。
「ん、いつもそんないやらしい格好でオナニーしてるの?」
「あっ、ああん」
「ちゃんと見ててあげるから、イクまで続けろよ」
「ああん、ああ、はあ」
やはりM女だ。俺の言葉に体が反応している。次第に快感が高まっていってるのがわかる。
「どんな表情してるのかな~」
顎を掴み、顔を自分の方に向けてみた。
「ああ、いや、恥ずかしい、ああん」
「恥ずかしいだけじゃないだろ?」
「はい、ああん」
「見て欲しいんだろ?」
「ああん、は、はい」
俺は彼女の前に立ち、ペニスを突きつけた。
「舐めてみて。オナニーも続けて。どっちかがイクまでやめさせないから」
俺は少し中腰気味の姿勢をとらなければならなかったが、刺激的な光景だった。彼女は四つん這いになり、俺のペニスを咥えながらオナニーを続けた。…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
若々しい義理の母に向かって肉棒を突き出した
2017/03/23 21:16
2017/03/23 21:16
70 えっちな18禁さん 2007/04/16(月) 22:28:35 ID:eLGqwvhNO 俺も義母との事書いてみたい。 義母44歳。 実際は30代といっても通用するくらい若々しいんだが。 今年幼稚園に入園する長女の通園を考えて、近隣のハイツに引っ越したのだが、新居につけるカーテンを義母が縫製して届けてくれることに。 水曜日で会社が休みだったこともあり、嫁の言いつけで俺はカーテンを取り付けに来てくれる義母を一人で迎えることになったわけだ。 嫁21歳は娘と幼稚園のオリエンテーションに行って、家に居るのは俺と義母の2人きりになる。 前から感じていた事だが、嫁よりも四十を越えた義母の方…
ご近所に住む旦那さんに車の中でレ●プされました
2018/03/17 20:38
2018/03/17 20:38
デカチンの友人と協力してFカップでミスキャンパスの里美と3Pした体験談
2017/09/09 23:31
2017/09/09 23:31
デカチンの友人と協力してFカップでミスキャンパスの里美と3Pした体験談 俺と幼馴染のタクはよく3Pをしてました。 タクとは幼稚園の時からの付き合いで、初めて3Pをしたのが高校の時。 いくらなんでも幼馴染が目の前にいる状態じゃデキないだろって思ってましたが、いざやってみると想像してた以上に興奮したんです。 それはタクも同じだったみたいでした。 俺とタク以上にクセになっちゃったのは女の子の方で、それ以来月1ペースで3Pしてました。 その女の子は別に彼女ってわけじゃなくて、ただクラスメイトのライブでナンパした女の子です。 男2人に攻められる快感を知っちゃったみたいで、確か大学1年の頃までに3P…
X7才最後の思い出作りに協力 【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/30 20:38
2017/08/30 20:38
先週X7才に中出しして来た。1月終わりでX8才になるらしい。 この時期三年生は気が緩んでヤラせる時期である。 imode伝言版で「ゴム付き、2回出しだと3万」と言って来た。 ——————————————————————————– まだ3人で合計4回しか経験が無いらしい。2人が援助で会っただと。締まっているとも言ってきた。 生理前だとも確認はしておいた。–生理だと出来ないから、教えて!!と優しそうに聞き出しておいた– 3万ねー、何とでも言ってろ、ホテルに入ればこっちのものだ。 そいつは学校帰りに制服で待ち合わせ場所に来た。 ラッキー制服犯しだ。 コ…
【近親相姦】夏は妹も大胆にする! 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/02 04:29
2017/07/02 04:29
もと:= 去年は梅雨明けが早くて夏休み前なのに気分はスッカリ夏休みだった妹…高校2年の17歳は、この夏こそは彼氏作るぞっ!と、意気込んでいた。 なのに夏休み最初の週末、俺に海へ連れて行けと駄々をこるね… 余りにもうるさいから連れて行った。ま、俺も彼女居ないからやれそうな娘が居たらって軽い気持ちで出掛けた… が、見事にカラ振り…(苦笑) 妹も一日粘ったが誰にも誘われなかったと悔しがっていた…(笑) 車で出掛けた俺達は帰りの渋滞にハマり腹も減ったので通り掛かったファミレスに入ろうとしたが、ここも混雑… 仕方ないのでコンビニで適当に食糧を買って車の中で渋滞が解消するまで待とうと思ったのだが、妹が…
[巨乳女性とのエッチ体験談] 会社の爆乳先輩とエッチ体験
2015/12/05 22:11
2015/12/05 22:11
高卒後…初めての就職先での出来事。 俺は某印刷会社に無事就職した。(当時19歳)そこには社内では噂の巨乳女子社員がいた。 総務課の敦子さん(当時24歳) 何しろ物凄い爆乳で伊藤沙織(北陽)似でぽっちゃりした感じ 俺は工場の人間で部署も違うのであまり彼女との面識も少なかった。 たまに給料明細や書類関係を届けてくれる程度で軽く話す(用件だけ)くらいだった。 その度に制服の上からでもハチ切れんばかりの胸元に俺も釘付けだった。 正直…顔はタイプではなかったし特別可愛くもなかったけど次第に俺は彼女の爆乳が気になって、気になって頭から離れなくなり次第に虜になっていた。 彼女と接した日は必…
古い友人に、お前の嫁さんを抱きたいと何度も言われて
2015/08/06 00:38
2015/08/06 00:38
古くからの友人から「お前の嫁さんを抱きたい」と何度も言われていました。気が進まないので聞き流していたのですが、結婚して20年が過ぎマンネリ化と、年齢からかオチンチンに力強さがなくなってしまったことと、嫁も昔は好きモノだったのに、誘ってこなくなっていたので、友人の話に乗ることにしました。






 確かに嫁はポッチャリタイプで友人の嫁はスリム。性格も嫁は大人しい方だが、友人の嫁は社交的、人に接する仕事をしているからセンスも磨かれている。お互いに結婚前から知っているので、一度4人で旅行しようと持ちかけ、高校生と中学生の子供を留守番させ一台の車で温泉に出かけました。
 
子供ができる時ははっきりと分かる 【エッチ体験談】
2016/03/16 00:07
2016/03/16 00:07
 お見合いで結婚、恋愛結婚、政略結婚、色々あるとは思うけど、出会い系で結婚というのもアリなのかなと思う。俺と嫁さんも出会い系でお付き合いを始めて、昨年デキ婚して今は3人で暮らしてる。  子供を授かるときはハッキリとわかる。去年の今ころ、二人で車に乗って小旅行。宿では嫁さんがネコのように身体を擦り付けてきたり、上目遣いでジッとこちらを見つめたりと、いつもとは違う不思議な雰囲気。思わず抱き寄せて激しくDキスしていた。  俺にまたがった嫁さんは、浴衣の帯を解くと前戯もそこそこに入れてきた。こっちも興奮してたのか、信じられない程硬直していて、出入りするたびに嫁さ…
【近親相姦】二つ年下の、ロリ痴女ミクにパコられて【体験談】
2016/09/05 06:35
2016/09/05 06:35
僕は21歳の大学3年で、思い切りインドア派です。ワイワイ騒いだりするのも苦手な感じで、一人でいることが多んですが、割と整った顔をしているので、女の子にはけっこうモテてます。 今も19歳の可愛い彼女がいます。彼女のミクは、背が150cmと低いこともあり、かなりロリっぽい感じです。 ミクは自分の見た目をよく理解していて、ロリっぽい可愛さが引き立つようなメイク、髪型、服装をしていて、マインさんになる前のマインちゃんみたいな感じです。 中身も本当に可愛らしくて、とても寂しがり屋なので、常に一緒にいるような感じです。昼に学食で合流するときも、長いこと会えなかったみたいな感じで 『ケンちゃん、寂しかったよ…
夫のいない夜、私は義父と義父の愛犬の慰みものに……
2018/03/30 01:00
2018/03/30 01:00
私(幸恵:45歳)は義父(68歳)に犯されました。
夫(45歳)は土建業で営業課長をしており、出張も多く休日も会社に出る事が多かったんです。
息子(22歳)は大学に進学と同時に家を出て1人暮らしをしています。
そんな訳で、家には義父と私の2人で過ごす事が多かったんです。



結婚当時は別に暮らしていた私達も、義母が病気で亡くなり仕方なく一緒に暮らす事になりました。
一緒に暮らして数年が過ぎた頃から、義父が私を厭らしい視線で見ている事を知りました。
息子が大学に合格し、家を出ると義父は淋しさからか?一匹の犬を飼いはじめたんです。
名前はルイ、雑種だと思いますが大型犬の…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・飲み会でお持ち帰りしたら同僚の彼女って打ち明けられ仰天した話2

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・男のオモチャの様に扱われた日々

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り

・完熟?女子中学生と…

・【熟女体験談】隣のデカチンな黒人と4p乱交していた寝取られ妻

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・凌辱犯罪被害者の貧乳恥辱ロリ女と結婚した経緯

・ウブな女の子から大人の女に

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・ロリコンな幼馴染との奇妙な関係

・オヤジの愛人とデキて孕ませた子供は・・・

・軽いエロ遊びをSNSに書き込みしてみた

・【人妻体験談】変態で下品なプレイを妄想し、実現させたくなるムッツリスケベな専業主婦

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・親友の息子と愛し合う日々

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)