寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[後編]

2018/09/23 22:00


彼女の肩には一応毛布を被せた。俺はジャケットを羽織った。この格好で人に見られると、下半身丸出しの俺の方がやばかったが、その時はプレーに夢中だった。50メートルほど歩かせ、熟年夫婦の泊まるバンガローの前まで来た。中は真っ暗なので寝ているだろう。
「よし、ここでいいか」
俺はローターのスイッチを入れた。
「あああん、はあ、あぁ」
「ん、さっきより声が小さいな~。気持ち良くないの?」
「あん、いえ、はあ、気持ちいいです」
「じゃあ、もっと聞かせてあげたら?あの親父、喜ぶよ」
「いや、ああ、もう、あぁ」
彼女は声を殺していたが、その表情からはさっき以上の快感によがっている様子が窺えた。
「よし、よく頑張ったな、ご褒美あげるから、そこに手をついて」
俺はローターを抜き、彼女に熟年夫婦のバンガローの入り口の手すりに手をつくよう指示した。
「何、するの?」
「ん?いいから、もっとケツを突き出せよ、それじゃ入んないだろ」
バックから挿入することに決定した。
「え、いや、だめだよ、ここじゃ」
「もう決めたんだよ、もっとケツを突き出せって言ってるやろ」
「は、はい」
ゴムをつけてゆっくりとお姉さんの背後から挿入した。
「ああ~、あっ」
締め付けてくる、吸い込まれるようだ。半分くらい挿入し、また言葉責め。
「入れてもらって嬉しい?どうして欲しい?」
「あああ、ちょうだい。ああん、もっとちょうだい」
「もっと声を出してごらん、あの夫婦、驚いて起きてくるかもな」
「いやあ、はあ、早く」
俺が腰を振らなくても夢中で腰を振ってくる。声は殺しているが、唸るような感じになってきた。ホントに起きてこないか、俺の方が心配になってきた。
「あっあっ、ああ、ダメああ、ん、イ、イク」
「まだだめだ」と言って腰を止める。
「はあ、はあ、お願いイカせて、ああ、あん、ううう」
腰を擦りつけてくるお姉さん。
「あの親父、たぶん聞いてるよ。もうあの窓から覗いてるかもな」
耳元で囁くと、ビクッと体で応えた。立ちバックでは時間がもたないので、自分たちのバンガローの前まで帰ってきた。彼女は少し朦朧として座り込んでいる。
「ビデオに撮ってるの知ってた?」
「え、うそ!」
「本当、これ見てみ」
「うそ、やめてよ」
お姉さんは泣き出しそうな顔をしている。しかし、ずっとビデオを回しているのだから知っていると思うのだが。まあ、どちらでもいい。認知させた以上、撮影を了承したようなものだ。俺はビデオを片手に持った。
「大丈夫、俺が個人で楽しむだけだから、それに俺も映ってるわけだし。すぐに消すから」
そう言いながら俺は正常位で挿入した。ゆっくりと深く腰を振った。液晶画面に映る彼女は苦悶の表情を浮かべて喘いでいた。夜空に向かってイヤイヤと首を振っているようにも見える。
「大事な部分も撮っとかないとな。ほら、結合してるところが映ってるよ。俺のに◯◯美の液体がまとわりついて糸引いてる」
「あっ、あっ、いやああ、ああん」
これほど興奮するとは思わなかった。自分もそうだが、彼女もすごい。夜空の星に照らされてするセックス。どんどん性欲が湧き出てくるような感覚がする。
一旦抜いて、四つん這いにさせた。カメラを持って俺は立ち上がる。少し離れて、四つん這いになったお姉さんの姿を撮影する。
「いやらしい格好だな。その格好のままじっとしてろよ」
お姉さんの目は半開きになっている。朦朧状態というか、ぼーっとしていて頭が働かないようだ。俺はお姉さんの表情をアップで撮ったり、肛門を撮ったりとしばらく撮影を楽しんだ。もちろん言葉責めをしたり、割れ目にタッチしながら。
「ああん、もう」
再び後ろから挿入した。最速で腰を振った。お姉さんは激しく喘いでいる。
「ああ、あっ、イクッ!」
イッたことを確認し、再び体を裏返し、正常位で挿入した。
「よし。俺もイクからな」
そう言いながら荒々しく腰を振った。彼女は、「ワ~」とか「ああ」とか、何やら言葉にならない声を発している。俺も決壊が近づいていた。
「うおー」
普段はイクときもほとんど声をあげたことはないのに、吼えてしまった。ペニスが彼女の中でドクドクと脈打っているのがわかる。彼女に被さったまましばらく休んだ。肌にかかるひんやりとした風が心地良かった。ゆっくりとペニスを抜いた。彼女は放心状態だったが、その瞬間、「あん」と小さく喘いだ。
小屋のベッドに彼女を寝かせてから、俺は後片付けをしに外へ出た。ハードなセックスだったが疲れはなかった。満たされていた。
午前1時。外でタバコを吸いながらビデオを再生してみた。暗闇の中、ランタンのぼんやりとした灯りに照らされて、男と女が真っ裸で揉み合っていた。絶えず女は声をあげ、男は動いていた。暗いので、残念ながら秘部ははっきりと映っていなかった。しかし、その微妙な暗さが、獣のような雰囲気が出ていてよかった。
俺は、今イッたばかりなのに勃起していた。小屋に入り、彼女を窺う。眠っている。そっと寄り沿い、毛布を捲って乳首を撫でてみた。ピクンと体が反応した。ゆっくりと下半身に指先を這わせる。
「はあ~」という声が漏れた。
目は閉じたままだ。アソコ全体に手のひらを押し当て、上下に揺すってみた。
「あ~」という声が漏れる。
「あん、あっ」
彼女の体は異常に敏感になっていた。そっと体に触れるだけでビクビクっと体を震わせる。そしてアソコに触れるとすぐにイッてしまうのだ。何度イッたのかわからない。そのうち俺も眠気に襲われ、気絶するように眠った。
翌朝、俺は5時に目が覚めた。疲れはなかった、朝陽の差す気持ちの良い朝だった。横でお姉さんはぐっすりと寝ていた。顔を洗おうと炊事場に行くと、熟年夫婦が食事の後片付けをしていた。挨拶してきた。今から山に登るのだという。昨夜のことは知られてないと思ったが、なんとなく気まずい。手短に歯を磨いて戻った。
まだ彼女は起きない様子なので、寝かせておくことに。その間、1時間ほど釣りに行くことにした。エサは川虫を捕った。しかし、落ち込みで1匹、小さなアマゴが釣れただけだった。
小屋に戻るとお姉さんはまだ寝ていた。体を揺すってみると、「うーん」と言いながら半分目を開けた。
「1匹釣れたよ」
そう言ってバケツに入ったアマゴを見せる。
「うわあ、ホントだ」
「疲れてない?」
「うーん、大丈夫」
簡単に朝食を済ませ、釣りに出かけた。はっきり言って釣れるとは思わなかった。渓流は初心者には難しい。それでもカワムツが釣れて嬉しそうだったので俺はホッとした。
細い流れだったので、これ以上は無理だと思いしばらく休憩することに。砂地にビニールシートを敷いて並んで座った。鳥の鳴き声、水の流れる音、新鮮な空気、木々の間から差し込む朝陽。
「そうだ、昨日のビデオ観てみる?」
俺はリュックからカメラを取り出した。食事の場面などが流れるが、早送り。ランタンの光に照らされ、バックから挿入されている場面でビデオカメラを渡した。少し戸惑っているのか、表情からは、どう感じているのかは読み取れない。食い入るように液晶を見つめている。
「可愛かったよ。心配いらないよ、しばらくしたら消すから」
そう言いながら俺は彼女の顔を引き寄せ、唇を重ねた。体を弄るとすぐに喘ぎだす彼女。まだ体には昨夜の余熱が残っているようだ。
「舐めてくれ」
そう言うなり、俺はリュックを枕にしてゴロンとビニールシートに寝転んだ。お姉さんは従順だった。ズボンのホックを外し、パンツをずらして俺のペニスを取り出し、手で擦ってきた。そして、ゆっくりとした動作で口に含んだ。心地よい感触が下半身に広がる。俺の手には、すでにビデオカメラがあった。
「袋を手で擦ってくれ」「口に含んで舌で転がしてみて」「ああ、いやらしい眺めだな」
起き上がり、ペニスを咥えている彼女の唇を擦った。
「ん、んん」
お姉さんの目は少しとろんとしてきた。
「じゃあ、お返しするから立ってみて」
俺は彼女のジーンズを脱がせて下半身をパンティだけにした。ふくらはぎから太もも、お尻をいやらしい手つきで撫でる。
「はあ、ああ」
パンティを剥ぎ取った。
「足を開いてみて。ああ、もう濡れてる。垂れてきそうなくらい」
「ああん、いやん」
「昨夜みたいに、自分で広げて見せてよ」
膝をついて彼女のアソコ全体を手のひらで揺すった。息が荒くなる。わざとピチャピチャ音を立てて舐めた。
「んんっ、はああ、気持ちいい」
俺の肩に手を置き、必死で耐えているのがわかる。ほどほどにして彼女を四つん這いにさせた。
「ねえ、自分でやってみてよ」
「え、それはいや」
「ダメだ、しろ」
「いや、許して」
「しろって言ってんだろ、ほら早く!」
少し荒っぽく彼女の手を取り股間に導いた。俺の剣幕に怯えたのか、お姉さんはゆっくりとアソコを摩りだした。
「ん、いつもそんないやらしい格好でオナニーしてるの?」
「あっ、ああん」
「ちゃんと見ててあげるから、イクまで続けろよ」
「ああん、ああ、はあ」
やはりM女だ。俺の言葉に体が反応している。次第に快感が高まっていってるのがわかる。
「どんな表情してるのかな~」
顎を掴み、顔を自分の方に向けてみた。
「ああ、いや、恥ずかしい、ああん」
「恥ずかしいだけじゃないだろ?」
「はい、ああん」
「見て欲しいんだろ?」
「ああん、は、はい」
俺は彼女の前に立ち、ペニスを突きつけた。
「舐めてみて。オナニーも続けて。どっちかがイクまでやめさせないから」
俺は少し中腰気味の姿勢をとらなければならなかったが、刺激的な光景だった。彼女は四つん這いになり、俺のペニスを咥えながらオナニーを続けた。…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
海女をやってる兄嫁のアワビに俺のナマコを生ハメ
2017/04/08 00:36
2017/04/08 00:36
ここは本土から2時間離れた島。
島民は漁で生計を立てている。
俺の兄に、海女やっとる真夕が嫁いできた。
体育大学でアメフトやっとる俺も、夏休みに島に戻って来とった。

「孝輔!暇やったら泳ぎに行かんや!?」

「よかですよ!?今から行くとですか?」

ということで、真夕姉と泳ぎに行くことになったんだよね!
真夕姉は女ふんどしが股間にきゅっと食い込み、その上から白い着物を羽織るだけじゃった!
俺がモッコリブーメランビキニを穿くと、「おお~、モッコリやね!?」と真夕姉。

「ここからは泳いでいくけん!もうちょうやけん!」

「もうちょいですね?」
素潜りでアワビやサザエを取り…
友人夫婦と温泉でスワッピング
2016/09/28 13:00
2016/09/28 13:00
もう数年前の話ですが、友人夫婦と一度だけスワップをしたことがあります。
友人と私は、ほぼ同時期に結婚して、家も近かったのでよくお互いの家で飲み会をしていました。家族ぐるみという付き合いをしていましたが、お互い子供はまだでした。
ある日その友人夫婦と温泉へ旅行に行くことになりました。旅館につき、お互い男女別れて温泉に漬かり、食事を楽しんだあと部屋でお酒を飲んでました。


その温泉には貸切露天が数箇所あり、そっちにも行ってみたいと妻たちが言い始めたので、じゃあ行ってみようと4人で連れ立って露天へ向かいました。

露天は予約制ではなく、入っているときは札を木戸にかけて鍵…
【母のエッチ体験談】下着は派手になってきた母の営みを盗撮してみた
2016/03/20 23:00
2016/03/20 23:00
俺が高校のときの話だ。 高校当時俺の家庭は母ちゃんと俺の二人暮しだった。 父は俺が小学校のときに交通事故の時に亡くなっていて、母ちゃんはそれから俺を女手ひとつで育ててくれた。 そんなすごい母ちゃんを俺は小さいときから尊敬していて、今でも少しマザコンの気がある。 母ちゃんの名前は千晶で歳は現在43歳で、俺が高校の時は38だった。 母ちゃんの身長は155ぐらいで少し小さいが胸がでかい。 母の手伝いで俺が洗濯をしていたのだが、そのときに見た母のブラカップはFだった。 太ってはいないので、ぴたっとしたTシャツを着るときとかには胸が強調されて俺でもどきどきするぐらいだった。 顔は客観的…
看護婦からのいたずら
2016/04/20 12:10
2016/04/20 12:10
その当時俺はひどい包茎(真正包茎)に毎日悩まされており(亀頭と包皮の間に恥垢が溜まり包皮がただれ炎症を起こしてた)悩んだあげくある日覚悟を決めて病院で治療うけることになった 地元の病院で治療を受ける手もあったのだがなにぶん治療をする「部分」が部分なだけに地元の病院で治療をするのは今回はやめて都市のとあるクリニックで治療を受けることにした 予約をとり数日してから当方のチンポの治療をしてくれるクリニックに出かけることになったクリニックはとあるビルの一室にある本当に小さなクリニックだった。 中に入ると受け付け嬢兼看護婦2人が出迎えてくれ最初に病状を聞かれ次に手術の説明をされて誓約書にサインすること…
工場の寮で
2017/01/11 20:05
2017/01/11 20:05
派遣会社から紹介された工場で働いてた。 2交代制で月の半分は夜勤のきつい仕事だった。 寮は一応個室だったが古い建物で冬は寒く、田舎でコンビニ も近くにない最悪の場所。 さらに責任者以外はほとんど派遣で、僕が一番若くて (当時21)あとはおっさんばかりだった。 その中で50代のおっさんがホモみたいで、 夜勤で働いていると、すれ違う時にチンコタッチされたり トイレでわざと横に立ってチンコを覗かれたりした。1月の寒い日だった。夜勤明けの日で布団に包まって爆睡していると 下半身に違和感を感じて目を覚ましたら、おっさんが パンツに手を入れて、チンコを触っていた。 びっくりで起き上がろうとしたら、口に手を…
バイト中に超美人のお姉さんをナンパして中出しエッチしましたwww
2017/12/10 20:02
2017/12/10 20:02
20歳の時、会社というかバイト先での体験です。

当時柔道をやっていたせいもあって体格の良かった俺は、

夏のバイトとして都内某高級ホテルのプール監視員をやっていました。

時給は安かったのですが、

水着の女性が見れるというスケベ心から始めたバイトでした。

そこにいつも、昼過ぎ頃に競泳水着を着てくる、

黒木瞳に似た超美人なお姉さんを見るのが日課になっていました。

その人は決まって2時間近く泳いだ後、

プールサイドでカクテルを注文して帰って行くのでした。

8月も終わりの平日の人が少ない時、

泳ぎ終えた彼女に思い切って声を掛けました。

(今思えば仕事中によくナンパできたなと思い…
山○線で・・【エッチ体験談】
2016/01/14 08:56
2016/01/14 08:56
初めまして。初投稿です。 今日、山○線で朝の8時頃に電車に乗ったら痴漢されちゃいました。 私はちょっとマゾでおじさんが大好きなので、ビックリしながらも少し嬉しいと思いつつ黙ってされるがままになってました。 初めはお尻とか腰に手があるなぁ・・位にしか思ってなかったのですが、スカートを捲くられ紺パンとパンツの間に器用に指が1本入ってきました。 前後に指が動いてちょっとガサついた太い指がクリトリスに当たるか当たらないかの所で寸止めされるので触って欲しい・・なんて思っちゃいました。(普段はバス登校なので、電車登校の通勤ラッシュにまだ慣れてなくて、お尻とかが汗だく…
【浮気】オカズにしていた友達の巨乳彼女と朝まで中出し
2015/10/10 06:00
2015/10/10 06:00
とうとう我慢できずに手をだしちゃったよ・・理性に勝てず・・orz エッチしたのは友達の友達の女。ちなみにみんな同じ大学ね。俺とその子は学部が一緒なんだけど、その子はマジ巨乳なんだよね。 そんでずっとヤリたかったってか、何ヶ月もオカズにしてた子だから理性に勝てなかったわ。 まずは、なんでエッチまで至ったかから書くと、俺の誕生日にその子(A子)に割り勘で良いからサシで祝ってもらえる約束をした。そんで家の近くの飲み屋に行って、いつの間にかいい感じになって、そのまま一夜を過ごしたって感じ。 とりあえず、A子は俺の友達B男の友達C太の彼女だったわけよ。俺らの関係を分かりやすく書くと…
W不倫をしている現場を夫の兄に見られた!それをネタに連続中出しレイプをされて妊娠するハメに……
2018/03/18 10:48
2018/03/18 10:48
W不倫をしていて、不倫相手のはいつもやさしく私を抱いてくれる。 「イクッ中に中出して」彼は男根を脈動させながらドックンドックンと温かな精液を私の中奥深くに何度も射精し、ザーメンを注ぎこみながら耳元でいつも「○代愛してるっ」とささやいてくれる私も「嬉しいイクッ」と彼を放さないようにしがみつく。 歓喜の最高の絶頂を味わうひとときです。 元々夫とは子供が生まれ事から夫婦喧嘩が多くなり、そしてこのW不倫の末一緒に生活するのが「もう無理!」と思うようになってきましたそして、触られるだけで鳥肌が立つようになった家庭内別居中の主人に離婚を伝えると激しいDVが始まり、子供を連れ実家に戻りました。 …
【人妻体験談】サークル仲間にレイプされたように回され乱交SEXしてしまったものの、また乱交SEXを望む背徳な主婦
2018/05/06 22:02
2018/05/06 22:02
結婚し、主婦になってからとある社会人サークルに夫婦で入ったんです 冬になると、毎年皆で集まってサークルメンバーで鍋パーティするんですが去年は仕事の関係で夫は来れず子供は実家の両親に預け私一人で参加しました それで、独身男性のマンションに集まりましたが 独身の女の子2人は夜に途中で帰って行きました みんな結構お酒が入っていて 「華ちゃんってお尻大きいよねー旦那さんが羨ましいよー」 とかHな話になってきて、わたしも酔っていて 旦那の友達の男の子でありサークル仲間でもある男性3人と女子は私1人の4p乱交SEXしてしまったんです その時のはすごかったですねー 3人に回されたときは一人後輩の子がいて周…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・温泉旅行先で会社の同僚に妻が大サービス

・ 寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ

・【不倫】工事服の男の巨大なシンボルに私の目は釘付けになった

・まぁ~義父さんたらHは元気ねぇーー

・人妻の加奈さんの旦那は、寝取られ性癖だった

・【人妻体験談】約束を破られたことに怒り、友達に乳首を見せて嫉妬させてくる妻

・【熟女体験談】母が寝た深夜、セクシーランジェリーで待つ兄嫁と母に気づかれないように正常位SEX

・【レイプ】宅配便を装った男にレイプされました

・精子、気力、体力を根こそぎ吸い取る人妻

・女だけど出会い系のアプリでヤリ捨てした話

・手取り足取り教えてくれる出会い系の人妻

・【Hな体験】奇跡のアラフォーヌードモデル

・【人妻体験談】セックスレスな友人の奥さんに誘惑され、ヨガる奥さんに高速ピストンで中出し

・【熟女体験談】若い頃はかなりの遊び人で調教もしていたヤリチン夫が妻の姉を口説かないか心配

・マンションの2階から人妻の手招き誘い

・妻と二人目の不倫相手

・授乳期のギャルママにこっそり中出し

・上司と嫁のラブロマンス・・・

・【初体験】ストリップ小屋でオバチャンと生板ショー

・私のメス猫ちゃん

・【不倫】6年続いたセフレを切った話

・自分の彼女が自分以外の人にされたHな話

・ヤクザのおもちゃにされた母

・【熟女体験談】エッチ話にも寛容な人妻に激しいバキュームでフェラをされ、思いっきり中出し

・※意地っ張りな俺は、嫁が昔のバイト仲間と会うのを許してしまった(転載禁止)

・【人妻体験談】夫に内緒で元メル友相手に心も身体も捧げ、性奴隷となっている

・連れが・・・

・【乱交】知らない男達に物のように扱われる歪んだ興奮

・妹の友達の誘惑

・寝ぼけて不倫エロを失言してしまいました