寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【熟女体験談】SNSで仲良くなったエロい素人デブおばさんと短い時間で激しくSEX

2018/09/23 00:02


2018/09/23 (Sun) SNSでデブで痴女な
素人熟女と仲良くなりました

どうやら露出フェチな人妻のようで
会う前からライブチャットでオナニーを見せてくれたり
かなりエロい素人デブおばさんでした

そんなスケベなデブ人妻さんでしたが
ご主人とはすっかりSEXレスだというんです

こんなエロデブスケベなババアなら
いくら抱いても飽きなそうなのに

旦那は違うらしい

それで浮気したけど
車の免許を持っていないし
狭い土地で地元だと顔見知りに会いやすくて

とても浮気なんて出来ないと
いつもこぼしていました

そしてあるときいつものように
メッセで話していると

ご主人と東京に来る事になったということで
東京には僕という知りあいもいる事だし

どうにかして、
エッチな事をしてみたいという話になった

でもこちらに来るとは言っても
主人と一緒だから無理かな?

と淫乱デブおばさんは
若干諦め気味だったのですが

話を聞いてみると2泊するホテルも
決まっているということだったので
考えた末ある提案をしてみました

それは同じホテルに僕が部屋を取り
ご主人のスキをみて、こちらの部屋に来て
エッチしようと言うものでした

しかし、必ずしもチャンスがある限らないので
場合によっては僕がホテル代だけ払って
待ちぼうけの空振りという危険もありましたが

そんな不安は、ご主人同伴で旅行中の
デブ人妻さんを抱けるかもしれないと思った瞬間に、
僕のスケベパワーが不安を完全無視しました

「もしもの時悪いし」

というデブおばさんに、
それだけ抱きたいって事だよと言うと

「なんかうれしい」

と寝取り作戦OKのお返事

そして・・・僕はと言えば、

早速翌日には向こうの日程に会わせて休暇を
とってホテル予約!

この辺スケベパワーのなせる技

デブ人妻が東京にやってくるのを
ワクワクしながら待ったのです

そしてとうとう
欲求不満なデブ人妻が東京に来る日がやってきました

夕方着の人妻ぽちゃさん待ちで
昼からホテルへINして待ちかまえていましたが

予定の時間より早く
15時頃ホテル入りのメールが有りました

夫婦の部屋は6Fで僕の部屋は5Fです

到着のメールが来てからは
もうドキドキです

でもさすがにすぐは来ないよね

と思っているとメールから20分後なんと
スケベなデブ人妻は
こっそりご挨拶に来てくれました!

いつもはWEBカメラごしに見て
欲情していた豊満な体が目の前に

ご主人との久しぶりの旅行に着てきた素敵な
ブラウスの胸元から覗く胸の谷間

スカートを押し上げるムッチリとした
熟尻どれもがたまらなく僕を欲情させました

部屋の扉が閉まるか閉まらないかのうちに
デブ人妻をハグして、首筋にキス

それだけで甘い吐息をもらす敏感熟女

顔をこちらに向けたデブ人妻に
キスをすると唇が開きうごき出す甘くやわらかい
舌の感触に下半身はガチガチに勃起していました

たまらずにデブ人妻の腰に
回した腕を引き寄せて硬くなったペニスを
彼女の下腹部に押し当て片手で
彼女の尻肉を鷲づかみにしました

興奮で体をふるわせながら体をずらし
僕の下半身に指をはわせ

「すごい」

と押し当てられた物の硬さに
陶然とする淫乱デブ人妻

時間あるの?と聞くと「今はあまりないの」

というデブ人妻を入り口近くのイスに座らせると
デブ人妻の目の前でズボンのチャックを降ろし
勃起した物を取り出して見せました

「すごい大きい」

とつぶやくとまるで当たり前のように
唇をよせ先端に舌をはわせて
ディープスロートしてくる

上目遣いに見上げながら
男の欲情したペニスを口に含むデブ人妻

いやらしいほんの数分前までご主人と
一緒にいた人妻さんが

ご主人と同じホテルの中で会ったばかりの男の
ペニスにしゃぶりついているんですから
いやらしくないはずありません

さっきまで、ご主人と
一緒に仲良くしていた人妻さんが会ったばかりの
男の欲情したチンポにしゃぶりつく姿を見て
すぐに興奮で犯したくてたまらなくなった僕は

デブ人妻を立ち上がらせスカートを
焦りながらめくりあげストッキングをはいていない
彼女の下着を引き降ろしベッドに手をつかせると
むき出しの陰部に指をはわせました

「あ、や、はずかしい」

と言うデブ人妻それもそのはず

おまんこはもうグチュグチュに濡れまくり
で大洪水

指で開いた瞬間あふれ出すような
状態にまで濡れきっていました

「いつから濡らしてたの」

「・・・あさからずっと」

「ご主人の横でおまんこ濡らしてたんだ?」

「うん、はぐ・・・」

話しながら、突き出された彼女の大きな
ムッチリと色っぽい色白の尻をなでながら
ペニスの先で濡れきったおまんこを
なでるようにして刺激します

ぐっと腰を突き出すとすぐに
先端が熱いぬめりに入り込みそうでした

膣奥まで貫きたいのを必死で
我慢しながら欲情したペニスの先端で
ヌルヌルのアソコを刺激してゆきます

デブ人妻は腰をモジモジと動かしながら
自分から犯されようと尻を後に突き出してきます

「うん?欲しいの?」

「うぅぅ、ずっと欲しくてはぁん」

まだ、会って10分も経っていない実際には

初対面の男に、ペニスで陰部を刺激され、
セックスされたくてむき出しの下半身を突き出している
豊満な痴女人妻があまりのいやらしさに、
自分も我慢が効きませんwww

デブ人妻の望み通りに、
欲情しきったペニスを押し入れていきました

欲情しきったペニスが、
熱く濡れた彼女の中にズブズブとはいっていきます

「太いのぉ・・・あああぁぁあ!」

ペニスが奥までズッポリと
はまりこんだ時にはすでに軽く
いってしまった様でした

でも、もちろん僕の方はこれからです。

ゆっくり押し込んだペニスを
デブ人妻の中を楽しむように

ゆっくり引き抜き、入り口付近で浅く細かく腰を使い、
抜けるぎりぎりまで引き出しておいて
入り口から奥まで一気に突き入れ
長いストロークのピストンでたっぷり中の感触を楽しんでから
奥まではめ込んで置いて細かく奥を突き上げて
反応を楽しみます

「ダメまたいっちゃう!」

今度は、ビクビクと体をふるわせ
背中を反らせながら絶頂しました

さらに、そのまま腰を動かし
続けようとすると

「ごめ、ちょっ・・・気持ちよすぎ」

これ以上、いきまくっちゃうと
時間忘れそうだし、ご主人のところに戻って
普通に出来ないからとのことで

いったん中止orz

また来るから!

と言いながら身支度を整えると
部屋を出て行きました

この間、わずか20数分w

まだ、下半身をカチカチに立たせたままの僕を残して
ドアの外に消えるぽっちゃり太った淫乱素人人妻

念願の人妻ぽちゃさんにペニスをはめ込んだ満足感と、
しかしまだ上り詰めていないカチカチのままの
ペニスもてあましながらいつ来るかもわからない
次のチャンスを待ったのでした

最初の「ご挨拶」にきた

人妻ぽちゃさんにおちんちんを
しっかり挿入した物の十分に
楽しみきる前に脱出されてしまった僕は
しかたなく再度の訪問を待つことにしました

とはいっても、
そうすぐにはこられないだろうからと

まだ昼飯を食べていなかったので
食事でもするかと思ったのですが
聞いてみるとルームサービスがない

留守中に来られてもこまるのでしかたなく外出の旨、
デブ人妻にメールして部屋を出ました

そしてホテルのレストランで食事しているとなんと、
ついさっき僕のチンポを入れられていたあの服のまま、

ご主人と一緒にレストランに入ってくる
痴女なデブ人妻を発見

着替える理由がないからそのままなのは
当たり前なのかもしれませんが

なんか、すごくエロく感じました

デブ人妻とご主人

仲の良さそうな夫婦が
お茶をしている姿も
さっきの寝取りエロエロプレイの光景を
思い浮かべながら眺めると興奮してきます

デブ人妻さんの方は、
とっくに気づいていてこちらに時々ご主人の肩越しに
視線をおくってはテーブルの下の膝を
すりあわせるような仕草をします

食事の終わった僕は

デブ人妻にアイコンタクトをしながら
彼女のテーブル横を通って部屋に戻りました

仲むつまじくしてる姿で興奮する自分に
少々あきれながらも部屋で彼女を待ちました

そして・・・それから約1時間後

デブ人妻がまた部屋に現れました

デブ人妻が部屋に入るなり抱き寄せつつ
スカートを指先でたくし上げて下着へと
指先をはわせるとはいてない!

それじゃ・・・とばかりに
そのまま中心に指をはわすと
もうすっかり準備できていました

耳元で「すごいね」

というと「ずっとほしくて・・・」

とキスをしてくるデブ人妻

キスしながらも堅くなったペ二スから手が離れません

「あのね、あまり時間無いから・・・」

そういいながらチャックをおろすデブ人妻

「うん?もう入れちゃっていいの?」

「・・・うん、お願い入れて」

初対面の時よりさらに挿入まで短時間ですw

かなり盛大に濡れてるのでスカートを
汚さないようにたくし上げておいて
今度は正常位で彼女に被さって行きました

そして、彼女のいやらしくぬれたあそこを、
すっかり欲情しきったペ○スの先端でヌチヌチと刺激し、
クリを中心に刺激したあと

中心にあてがって小刻みに腰を振って入り口を、
わざといやらしい音をたてて犯し彼女の羞恥心を煽りながら・

耳元で

「おま○こ、すごく嫌らしくなってるよ」

「…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【痴漢・レイプ】ヒトメボレ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/23 03:38
2017/06/23 03:38
恋なんて、幻みたいなもんだと思ってた。帰り道でいつもすれ違う同じ学校の制服を着た女の子……彼女を、気にし始めるまでは。授業中、食事中、果ては寝る前までも。彼女の事ばかりを考えてしまう日々が続き、僕は確信した。これは俗に言う一目惚れというやつだと。それも、かなりの重症だ。きっと、僕が生まれて初めて体験した恋愛感情だったんだと思う。動悸がおさまらなくて、頭の中は真っ白で……すれ違う一瞬が永遠のように長い時間に感じられた。好きだ、と言いたかった。何度か話しかけようとはしたのだが、無理だった。僕は毎日、口を貝のように閉ざしたまま彼女の後姿を見送っていた。直接言うなんて出来やしない。古典的な方法だが、…
社員旅行で山梨の温泉に行った時のこと
2017/05/12 03:04
2017/05/12 03:04
4年前の話。 おれが会社に入社して5年目の時、短大を卒業したばかりの由紀子がうちの課に配属された。 まだ二十歳そこそこの由紀子は、男ばかりの職場にとって花のような存在だった。 顔は普通よりちょっとかわいいくらいだったが、スタイルが抜群によかった。 特に大きい胸と、くびれたウエストのギャップがたまらなかった。 当然彼女はチヤホヤされた。 競争率は高かったが、おれは猛烈にアタックした。 その甲斐あって、2ヶ月ほどしておれと由紀子は付き合うことになった。 ただ、一つだけ由紀子には心配な事があった。 というのも、彼女は酔うと場の雰囲気に流されやすくなる性質だったのだ。 本人も「飲むとHな気分にな…
二十歳の時、ソープランドで脱童貞した結果www【SEX体験談】
2016/08/11 00:22
2016/08/11 00:22
俺の脱童貞体験を。

ハタチまでに捨てておきたかった童貞を捨てられず、

連れに誘われたのを機に風俗で構わんからとりあえず捨ててしまおうと決意。

HPの写真から一番若くておっぱいの大きな子を選んで、

連れに予約を取ってもらった。


当日姫に会うまでのことは正直余り覚えていない。

ただ必死でオナ禁をしていたことは覚…
欲求不満で耐えきれなかった人妻が夜行バスの中でオナニーしちゃった【エッチな話】
2016/06/01 08:29
2016/06/01 08:29
31歳、結婚1年目、子供無しの主婦です。

主人が半月ほど海外出張をしていたときの話です。

海外出張の間、私は実家に戻っていました。
実家の私の部屋はもう無く、寝るときは居間に布団を敷いて寝ます。


そろそろエッチしたい・・・って思ったのですが、
浮気はしたくないので主人が居なければ当然できず、
かといって実家ではそんな状況なので
一人で気持ちよくなることもできず、悶々とした日々を過ごしていました。

結婚する前は、若干浮気性だったので、
欲求不満を感じたことはありませんでした。
でもこのときはかなり、欲求不満だったんだと思います。

エッチな妄想が頭から離れず、一人になる隙があると、
寝たふりをすると手コキしてくる親戚のおばさん
2017/03/10 13:19
2017/03/10 13:19
忘れもしない小4の夏の事です。 法事か何か?そこの記憶は曖昧だが、家には身内が集まっていました。 どこもそうでしょうが、子供達にしてみればこういう状況は、久し振りに会う従兄弟等とワイワイ楽しく遊ぶだけのイベントです(笑) 当然僕も、兄弟や従兄弟と、大きなテレビのある部屋でテレビゲームをして遊んでいたんですが、そうしている内に、ちょっとだけ眠くなってきました。 (直ぐに眠くなるのは今も同じですが・・・笑) 結局一人だけ部屋の隅で眠る事になりました。 皆のはしゃぐ声を聞きながら、段々と意識が薄れ、心地良い眠りに落ちていったその時・・・。 当時、家の廊下等ですれ違う度に、一人だけ、子供…
どんと祭での出来事    続き
2016/09/26 22:01
2016/09/26 22:01
地元の割烹料亭の座敷で、打ち上げは行われた。 総勢40人程が集まり、テーブルを囲んでいる。 男性が多く、奥様方は2割程度といった感じだった。 私達夫婦の隣には、齊藤さん夫妻が座ってきた。 ”先ほどはどうも・・・”軽く会釈をする。 彼女を見ると、透けた体が頭をよぎり何だか興奮していた。 それと同時に、男達の目線が妻に向けられている事も感じ取れたのだ。 妻の巨乳と透けた股間を見たのだから仕方がないが、怒りとは別に興奮もしていた。商工会会長が挨拶を手短に済ませ、会が始まったのだ。 祭りの勢いが冷めない中、男達は酒をドンドン注いで飲み干していた。 私達にも酒は注がれ、ほろ酔い気分になっている頃だった。…
夫婦の自画撮りの個人撮影エロビデオを友達にレンタルしてみた
2015/08/14 00:05
2015/08/14 00:05
私達は30代の
結婚3年目の夫婦です。

私も昔からプチNTR願望があり、
何とか妻の裸を他人に見せ、
皆に鑑賞されながら恥ずかしがる姿を
見てみたいという願望がありました。

あまり大胆なこともできないので、
とりあえず考えたことはAVのように
妻のビデオを個人撮影するという事

そこで日々それとなく示唆しつつ
時間をかけてお願いしたら

「いい」という返事くれました。

ビデオの内容は、
全裸で台の上で四つんばい、指姦、
フェラ、M字開脚、オナニー、69などさせました。

私も驚いたんですが、
妻は最初の四つんばいからもうびっしょりです。

四つんばいでフェラチオさせ
後ろから撮っ…
【近親相姦】一方的に出ていった嫁【体験談】
2017/03/05 23:44
2017/03/05 23:44
が帰ってきたから追い返したったww7:名も無き被検体774号+:2012/02/11(土)22:41:58.84ID:KxN/12sg0 とりあえずスペックは以下 俺 50台 ガラス工業の職人息子 中2 東方とPCと同人とボカロ大好き8:名も無き被検体774号+:2012/02/11(土)22:43:08.66ID:mQRZA4Xo07 結婚生活ながいの?12:名も無き被検体774号+:2012/02/11(土)22:47:03.17ID:KxN/12sg0 8 かなり長いと思う10:名も無き被検体774号+:2012/02/11(土)22:45:48.72ID:KxN/12sg0 簡単に書く…
お母さんのワレメの中にチューブが入っていった
2017/05/18 06:46
2017/05/18 06:46
866 :えっちな18禁さん:2013/09/15(日) 14:58:11.30 小学校の3~4年の頃、母親が子宮がんで3ケ月以上入院したことがあった。 休みの日は病室で付き添っていたが、ある日病室へ行くと母は寝ているような感じで 一人部屋であったが、ベッドの中央に母の下半身が入口からは見えないようにカーテンが してあった。カーテンはベッドの上だけであったので、ベッドの横を通りカーテンの奥に 入って母を見ると母親の両脚はM字に開かれた状態で器具に固定されており、ワレメも器具で 開かれて、横につるされた点滴の袋から点滴用のチューブがワレメの中に入っていた。 器具で開か…
【不倫】大学生にも見えるバイトの人妻を自宅に連れ込んで
2018/10/15 18:00
2018/10/15 18:00
大学2年から入っていた本屋のバイトに、新しい人が来ることになった。バイトの1人が卒業してしまうために、欠員を補充する形で入ってもらったのだ。チェーン店とはいえ、国道から少し外れた小規模な店だったので、店長夫婦と、日替わりで入るバイト1人の3人でまわしていた。 バイトは全部で4人だったが、同じ日に入ることは殆どないため、お互いに連絡ノートでしか面識がないという程度の付き合いだった。 新しく入った人は、店の中に貼ってあったバイト募集の張り紙を見て申し込んだらしく、俺が入っていた日に研修をかねて初めて店に顔を出した。なぜか知らないが店長は俺を信用していて、俺にその人の指導役を頼…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・飲み会でお持ち帰りしたら同僚の彼女って打ち明けられ仰天した話2

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

・人妻の男あさりが止められません

・40歳のヌード

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・男のオモチャの様に扱われた日々

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り

・完熟?女子中学生と…

・【熟女体験談】隣のデカチンな黒人と4p乱交していた寝取られ妻

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終

・フィギャアスケート部員で男は俺一人

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・凌辱犯罪被害者の貧乳恥辱ロリ女と結婚した経緯

・ウブな女の子から大人の女に

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・ロリコンな幼馴染との奇妙な関係

・思い出のお姉さん

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・【不倫】とろけるようなキスが私の貞操観念を狂わせた

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)