寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

△出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた6(転載不可)

2018/09/22 23:46




嫁は、人が変わってしまったように私にキツい言葉を投げつけてくる。
『昔からそうだったの? ずっと、私に隠してたの?』
嫁は、手についたザーメンをティッシュで拭き取りながら質問してきた。私は、そんな事はないと言った。今回のことで、そんな性癖が目覚めたのかもしれないと説明した。
『ふ~ん。でも、良かったね。本当の自分に出会えたんだね』
嫁は、馬鹿にしたような感じで言う。
『でも、私もだよ。御主人様に犯されて、私も自分の性癖がわかったんだ』
私には敬語が多かった嫁……。一歩も二歩も下がったような態度をしていた。それが今は、汚いものでも見るような目で私を見ている。



スマホの中からは、嫁の絶叫が響き続けている。アナルにペットボトルを突っ込まれ、それを足で押し込まれ続けている。あんなに大きなペットボトルが、1本全部入ってしまいそうなほどだ。

『イギッ! ギィッ! ケツマンコ壊れるぅっ!』
ベッドに胸を突っ伏した状態で、お尻だけが持ち上がった状態の嫁……。容赦なく足で押しこまれ続けた嫁は、悲鳴と絶叫が入り混じっている。そして、ひときわ大きく叫んだ後、堪えきれないような感じでお尻を下に下げた。ほとんどうつぶせで寝転がったようになった嫁。すると、アナルの中のペットボトルが勢いよく飛び出した。ロケットのような勢いで飛び出したそれは、壁に音を立てて当った後、床に転がった。

画面は、嫁のアナルのアップに変わる。ポッカリと穴が空いたようになっていて、腸内のピンク色の肉壁がうごめいているのがわかる。

『すごいでしょ。私、ケツマンコの方が気持ち良いの。でも、御主人様に出会わなければ、一生知らずに過ごしてたと思う。本当に、御主人様に出会えて幸せだわ』
嫁は、うっとりとしたような顔で言う。私への愛情はどうなったのだろう? もう、消えてなくなってしまったのだろうか? そんな事ばかりを考えてしまう。

画面からは、松井さんの声が響く。
「よし、ほぐれたな。どうする? 欲しいのか?」
冷たい口調で質問する彼。ベッドにグッタリと倒れ込んでいる嫁は、後ろ手に手を回してポッカリと拡がっているアナルをさらに拡げた。
『下さい。御主人様の拳、桃子のケツマンコに突っ込んで下さいっ』
嫁は、興奮しきったような声でおねだりをした。すると、松井さんはすぐに嫁のアナルに拳を押し込み始めた。
と言っても、拳と言いながら指を伸ばしてすぼめたような形にしている。考えてみれば、握った拳をそのまま押し込めるはずがないと思う。

松井さんの指は、すでに4本入ってしまっている。そして、親指も入っていき、一番太いところが引っかかっているような感じだ。
『うぅっ、凄い……裂けちゃうぅ』
苦しげな声をあげる嫁。アップになっているアナルは、本当に裂けてしまいそうな感じだ。
「ほら、息を吐いてみろ」
松井さんは、感情の高ぶりもない感じで言う。私は、不思議になってしまった。彼は、なんのためにこんな事をしているのだろう? 彼自身は興奮しているのだろうか? 快感を感じているのだろうか? 私は、彼の目的が見えないなと思っていた。

『アガッ!! ンオォオオォ』
嫁は、断末魔の悲鳴みたいな声をあげる。松井さんの拳は、完全に嫁のアナルに入ってしまっている。まるで、手品みたいに手首から先が消えている……。

「よし、裂けてないな。動かすぞ」
松井さんはそう言うと、拳を動かし始めた。ただ、さすがに滑らかにピストンが出来るわけでもなく、短いストロークで動かしているだけのような感じだ。それでも、嫁は泣き叫ぶようにあえぎ、シーツをグチャグチャに掴んでいる。

「こんなにガバガバにして、どうしようもない淫乱だな」
『はい。桃子は淫乱な牝ブタです。もっと、メチャクチャにして下さい。後戻り出来なくして下さいっ』
嫁は、そんな言葉を吐く。
「よし、後で墨を入れてやるぞ。それに、貞操帯も特製のヤツをくれてやる」
『ありがとうございます。桃子は、御主人様の所有物です。どんな風にされても幸せです』
嫁は、感極まったような口調で言う。そして、松井さんはさらに乱暴に嫁のアナルの中の拳を動かし始めた。
『アギッ! んぐぅっ! んおぉおお゛お゛お゛ぉっ! イグッギウゥギウゥイグゥッ!』
嫁は、ほとんど何を言っているのかわからないような声をあげている。カメラは、嫁が堪えきれずにお漏らしを始めたところまで撮している。
「こんなに漏らして。本当にオマエは牝ブタだな。恥ずかしくないのか?」
松井さんは、お漏らしを続ける嫁に、冷たくそう言う。

『ご、ごめんなさい。でも、とまらないです。あぁ、ダメぇ、御主人様、許して下さい。うぅあぁ、とまらない、とまらないのぉ』
松井さんの拳の動きにあわせて、嫁のお漏らしはどんどん酷くなっていく。あっという間にシーツはビチョビチョになってしまった。

すると、唐突に松井さんが拳を引き抜いた。すると、嫁のアナルがめくれ上がったようになり、少しはみ出たようになった。嫁は、
『がぁっ、かはぁぁ、うぅあぁ、あぅあぁ』
と、目を剥いて身体を痙攣させている。松井さんは、嫁のアナルに入っていた手の指先を、容赦なく嫁の口の中に突っ込んだ。
すると、嫁はすぐにそれを舐め始める。愛おしそうに、心を込めて舐めていく……。汚いとか、そんな感情は持っていないようだ。

そして、その後嫁はアナルに再びペットボトルを差し込まれ、そのままの状態で松井さんに膣も犯された。当然のように中に出された嫁は、幸せそうな顔で松井さんにお礼を言っていた……。
動画はそこで終わったが、その後、ピアスを開けられたり入れ墨を入れられたようだ。

『あなた、まだ興奮してるのね。私がこんな身体になったのに、喜んでるのね……』
嫁は、私のペニスを握りながらそんな事を言ってくる。あらためて嫁の身体を見ると、本当に現実とは思えない。胸の薔薇の入れ墨はまだしも、恥丘の肉奴隷という入れ墨は、正気の沙汰とは思えない。
『でも、ごめんなさい。あなたとはセックス出来ないの。どうしてもしたいなら、御主人様にカギを借りてきて下さいね』
嫁は、優しい口調で言う。でも、その目は私を見下げているような感じだった……。

次の日、嫁はいつも通りだった。
『あなた、おはようございます。朝ご飯出来てますよ。いっぱい食べて、今日も頑張ってね』
優しい顔の嫁……。昨日のことがウソのようだ。私は、自分がパラレルワールドに迷い込んでしまったような気持ちになりながら朝食を摂った。

息子と三人での朝食は、慌ただしいながらも楽しいものだ。今日は公園に行くとか、幼稚園の予定を嬉しそうに話してくる息子。そして、エプロンを着けて食事を運んできたりする嫁。どう見ても、幸せな家庭だと思う。
でも、嫁はそのエプロンの下にとんでもない秘密を隠している……。私は、動揺したまま出社した。

心ここにあらずの状態で仕事をし、帰宅すると、やはりいつも通りの感じで嫁と息子が出迎えてくれる。そして、夜になり、息子が寝た後、嫁がいきなり私の股間をまさぐってきた。

『ふふ。やっぱり興奮してるのね。何を想像してたの?』
嫁は、妖艶とも言えるような口ぶりで私に尋ねてくる。私は、素直に今日の昼間は何をしていたのか質問した。
『御主人様の所に行ってたよ。これからは、昼間は御主人様のところにいるからね』
嫁は、当たり前だとでも言うような口ぶりだ。
『フフ。ビクンってなったよ。興奮しすぎじゃない? とめたりしないの?』
嫁は、私のペニスを弄びながら言う。私は、その質問には答えずに、何をしていたのか聞いた。
『何って、ご奉仕よ。オマンコとケツマンコ使って、いっぱいご奉仕してきたんだよ』
嫁はそんな風に言う。私は、そんなのは浮気じゃないかと言ってみた。
『浮気じゃないわ。本気よ。あなた、忘れたの? あなたは私を御主人様に貸してもらってるだけなのよ。忘れちゃダメよ。ほら、貸してくれてありがとうって言ってみて』
嫁は、私のペニスをしごくようにしながら言う。私は、嫉妬と興奮に感情がグチャグチャになっていく。そして、
「あ、ありがとうございます。桃子を貸してくれて、感謝しています」
と、言ってしまった。でも、それを口にした時、私はイキそうな程に強い快感を感じてしまった。

『フフ。よく言えました。じゃあ、今日もご褒美あげないとね』
嫁はそんな風に言う。何が起こるのだろう? と、ドキドキしている私の前で、嫁はテレビのスイッチを入れた。そして、テレビのサイドフレームのSDカード挿入口にSDカードを差し込むと、動画を再生し始めた。

カメラは固定アングルで松井さんの食卓を撮している。嫁は、全裸にエプロンを着けただけの状態で給仕をしている。昼ご飯を作っているような感じだと思う。
「相変わらず料理は上手だな。よし、ご褒美をやるぞ」
松井さんはそんな風に言う。すると、嫁は嬉しそうに松井さんの横に移動し、膝立ちになる。そして上を向く。
松井さんは、おかずを自分の口に入れて咀嚼を始める。少しすると、松井さんは上からかぶせるように嫁にキスをした。それは、キスと言うよりは口移しで食事を与えているような感じだ。
『美味しいです。もっと欲しいです』
嫁は、興奮しきった声でおねだりをする。すると、松井さんはご飯を同じようにして嫁に口移しで与え始めた。嫁は、嬉しそうに口移しで食事を与えられ続けていく。
何回か繰り返すうちに、嫁は股間をまさぐり始めた。オナニーをしながら食事を与えられる嫁……。私は、嫁が完全に隷属しているんだなと諦めに似た感情を持った。

すると、私の股間を握っている嫁が、
『すごく固…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
久しぶりのセックスの相手は友人のご主人[後編]
2017/03/26 09:49
2017/03/26 09:49
細田さんからメールが届いたのは、10時過ぎでした。 今日一日の出来事を振り返り、これからのことを思い悩んでいた時でした。 『今日は、お疲れ様でした。瞳さんとあんなに親密になれるなんて夢のような一日でした。今、僕の心は、あなたでいっぱいです。近いうちに食事にでも行きましょう。由紀子ですが、熱も平熱に戻り体調も良くなったと言っています。ご心配なく。では、また連絡します』 (ああ、どうしよう・・・) 私は、今日の自分の軽率な行動を後悔しながら、今後のことには触れず、マラソン大会に連れて行ってくれたお礼のみを返信しました。 翌日、また細田さんからメールが届きました。 予想どおり食事のお誘い…
【痴漢・レイプ】結構、カッコいい人で
2015/11/13 14:57
2015/11/13 14:57
相手は20代後半か30ちょっとのリーマン。いつも乗ってる電車がすごく混んでいて、乗ったら身動きできない状態。初めて痴漢された時は、ジャケットの下にニットを着てたんだけれど、ジャケットのニットの上から胸を揉まれてから、「あっ」と思ったら、次にお尻をなでられた。「誰?」と思っても、後ろを振り向けなくて。。うつむいてたら、両足を彼の足で広げられて、スカートの上から太ももをサワサワと撫でられた。 緊張してたんだけれど、すごく感じてしまって、、うつむいたまま。駅に止まって、人が少し動いてホッとしたら、その人が私の正面に来て、電車が動いてからすぐに、今度はスカートの下から手を入れられて太ももを撫でられて…
変態浮気相手
2016/07/13 01:05
2016/07/13 01:05
私は今年、32歳になる男です。今は結婚して、妻も子供もいます。今の妻になってからは浮気などは一度もなく、相手の両親にも大変気に入られ、ほんとに誠実な夫をしている私ですが、若い頃はかなりの遊び人で地元でも結構有名でした。合コンをすれば、かならずお持ち帰りは当たり前、そして彼女の他に常に女が4人くらいいてほとんど毎日のように、女をとっかえひっかえ状態でした。 一人の女がいなくなると補充みたいな感じで、今おもえば最低なヤツだったなと思います。 ちなみに、そんなにかっこよかったのか!?と言われると、そうでもなく。 まぁ、普通くらいだと思います。 ただ、私はどんな女の人にもスゴく優しく、何時間でも話しを…
ヤンキーの女先輩に誘惑されて筆おろしされたエッチ体験談
2016/01/28 15:00
2016/01/28 15:00
中1の夏休みに友達と夜フラフラしてたら、1つ上の女の先輩2人が コンビに前でシンナー吸ってたんだ。 【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました 1人は学校にはほとんど来ないT先輩。暴走族のアタマと付き合って いて、危険なにおいがいつも漂っていた。 もうひとりは超美人で有名なS先輩。斉藤由美に似てんだけど、斉藤由美 本人よりも美人だから、ホントに超美人。 そんで、オレ達、このチャンスをなんかものにしなければと思ったんだ。 「センパ~イ。シンナーはダメですよ~。カラダに悪いから、ファンの 俺達のためにも止めてくださいよ~」って甘えた口調で言ったら、 「カワイ…
バーベキューで【エッチ体験談】
2016/03/12 02:07
2016/03/12 02:07
ある夏、友達とその連れとその知り合いと・・・てなぐあいで 総勢20名でコテージ借りて、バーベキューという企画に参加しました。 私はその後、就職で遠くに行くことが決まっていましたので、 この仲間ともこうして遊べなくなるな~なんて気持ちに浸りつつも、 「この際、あたしが主役!ぐらい思いっきりあばれてやるゼ」 ってないきおいでシタ。 夜も遅くなって、それぞれお酒がじゅーぶんにマワって酔っ払ってきた。 話の内容も恋話+エッチ話、下ネタに、いー感じに移行していきました。 私は(ちょっとこの子、かっわいーんじゃない?)っていうトロめの男の子(以下トロ男)とアウトオブ…
おじさん狙いの女子校生【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/12 21:58
2017/09/12 21:58
満員電車には痴漢がいっぱい。でも、痴女も確かにいるのよ。わざと男性の性器にお尻を押し付けたりして興奮させ、勃起するのを面白がったり… そんなことを繰り返しているうちに、男性の方で「この娘、俺に気があるんじゃないかな…」なんて思うおじさんもいて、わざわざ毎日のように同じ車両に乗り込んできてはお尻を触ったり、ペニスを押し付けてくることもあるのよね。 でも、女の子には身勝手な子もいてね。最初にわざと男性に自分のお尻を押しつけて、ご丁寧にお尻を揺らせてズボンの中で射精までさせておきながら、痴漢呼ばわりしておじさんを鉄道公安官や警察官に突き出す子もいるわけ。 わたしね、そういうのって嫌なの。だか…
弟のザーメンを飲みたがる精飲フェチの姉wwwwww
2018/06/09 22:02
2018/06/09 22:02
姉に

「ねぇ、○○?。ちょっと、一緒に飲まない?」

と一緒に酒を飲もうと誘われたんです

あれは午後11時過ぎで

シャワーから出ると

リビングにいた姉から呼び止められた

「えっ?で、でも俺、まだ未成年だし・・・。」

「いいの、いいの。堅いこと、言わないで。

今日は、パパもママも旅行で居ないんだしさ、

アタシたちだけで、ゆっくり楽しもうよ。」

俺は、バスタオルを腰に巻いたまま、ソファーに腰を下ろす。

「はい、まずは一杯、さ、どうぞ。」

そう言って、姉は、コップにビールを注ぐ。

「それじゃぁ、カンパーイ!」

風呂上りのビー…
★パンチラ見るなら野外ライブ
2017/10/18 11:36
2017/10/18 11:36
 この前、とある野外ライブに行ってきた。イベントものに行くと、女の子って無防備でパンチラ見放題ですよね(´`*)この時も整理番号順に並ぶ時も、体育座りやあぐらかいて座ってるギャルの黒いワンピースから見えるゼブラ柄パンツや、

 女子高生2人組の赤いパンツと水色のパンツ、おとなしそうな女の子の黒いフレアミニのピンクのパンツなど見ながら順番待ちしたり。ライブ中はもちろんスカートの中に手を入れて、5人ほどちょいちょい生パン触ったりしてましたが 笑

 ライブ終わってからもパンチラパラダイスで、疲れたのか青いボディコン風のピチっとしたミニスカギャルが、体育座りで顔を膝に伏せてたので、黒いパンツをじ…
結婚式場探しで出会ったウェディングプランナー【浮気体験談】
2016/02/19 20:10
2016/02/19 20:10

ある結婚式場を回っていたときに出会ったのがウェディングプランナーの彰子(24)さん。

僕は貧乳好きでまさに微乳っぽい感じの女性でした。

3回くらい説明を受けたのですが、条件が少し合わずに他の式場を回り始めました。

彰子さんはまだ入社したてらしく、すごく真面目で大人しい感じです。携帯に連絡があって何とか条件を合わせるので来て下さい、と・・・。

「今日の夜、一緒にご飯行ってくれたらいいよ。」と返事。
「本当ですか?分かりました。仕事終わったら連絡しますね。」

いろいろと仕事の話を聞いて、いわゆる営業だから数字達成が厳しいのと同業他社が多くてお客の取り合いになってると言っていました。
真面目だと思ってた妹がオナニーでアヘ顔にwwwwwwwwwwwwwwww
2016/12/10 00:00
2016/12/10 00:00
学校が春休みになったが、俺には一切休みがない

何故なら運動部に入っているから春休みも部活があるのだ

部活はバドミントン部で結構真面目にやってる方。

俺「愛ー!もう寝ろよー」

妹の愛に夜になったら歯磨きさせて寝させろ、

と両親に頼まれてる。

ちなみに両親は春休みに実家の方に

泊まってなんだかわかんないけど宴会でもしてるらしい。

今日中には帰っては来ないだろう。

愛「…」

俺「返事なしかよ…まあ良い。たまには自由にさせるか」

俺はまだ○校生なのだが、

もし結婚して子供を作ったら、子供に悪いことは悪い。と、

ある程度だけしかって、あとは、

のびのびとさせてやろうと考えて…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】後輩の妻がいい女すぎてノックアウトされてしまい、寝取りレイプをする鬼畜

・【熟女体験談】引っ越してきた新妻に誘惑され、初めてのセックスを体験し強く腰を振って射精

・義父に恥ずかしい行為を見られて

・▲初めてできた恋人は、黒髪巨乳で後ろまで調教済みだった2(転載禁止)

・【乱交】黒タイツ女装男子の淫乱バレエレッスン

・主婦としての貞操を最低限、守り抜こうと・・・

・【レイプ】公園のトイレで1万円札を握らされて

・中学2年の時に祖母にセックスを教えてもらった

・【熟女体験談】小学校の頃、友達のお母さんで筆下ろしを経験した

・運送会社に勤めていた頃の話

・【人妻体験談】セックスに興味なかったウブな人妻がレイプされ、セックスの虜になった

・息子夫婦の新婚旅行で、息子の巨根に牝堕ちした私

・【Hな体験】美大を目指す生徒のためにヌードモデルを引き受けた

・制服姿の女の子のきつい女穴に挿入

・浮気とは違うと思っています・・・

・【人妻体験談】PTA行事で知り合った息子の友だちの父に公園でSEXを強要された

・【Hな体験】初めてのテレクラで潮吹きエロ娘をゲット!

・妹の手コキ(オナホール使用)から始まった兄妹相姦 (妹の生ホール体験)

・ご近所の付き合いは大切です勿論エロも

・興味本位で出会い系に登録した体験談

・【人妻体験談】隣に引っ越してきたチンピラ風の男にレイプされるところを想像するM女

・【熟女体験談】面白いおじさんだと思っていた隣のご主人にレイプされた

・パイパンが主人にバレてしまいました

・マセガキの俺が女子高生にやったイタズラ

・【SM・調教】捕らわれて縛られるヒロインに感じてSMの世界へ

・身体の芯に火がつき始めていた妻は・・・

・学校のPC室のエロ

・【不倫】逞しい彼の体に夢中です

・【熟女体験談】熟年夫婦の初めてのスワッピング体験

・妻が愛していた俺の親友