寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

△出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた6(転載不可)

2018/09/22 23:46




嫁は、人が変わってしまったように私にキツい言葉を投げつけてくる。
『昔からそうだったの? ずっと、私に隠してたの?』
嫁は、手についたザーメンをティッシュで拭き取りながら質問してきた。私は、そんな事はないと言った。今回のことで、そんな性癖が目覚めたのかもしれないと説明した。
『ふ~ん。でも、良かったね。本当の自分に出会えたんだね』
嫁は、馬鹿にしたような感じで言う。
『でも、私もだよ。御主人様に犯されて、私も自分の性癖がわかったんだ』
私には敬語が多かった嫁……。一歩も二歩も下がったような態度をしていた。それが今は、汚いものでも見るような目で私を見ている。



スマホの中からは、嫁の絶叫が響き続けている。アナルにペットボトルを突っ込まれ、それを足で押し込まれ続けている。あんなに大きなペットボトルが、1本全部入ってしまいそうなほどだ。

『イギッ! ギィッ! ケツマンコ壊れるぅっ!』
ベッドに胸を突っ伏した状態で、お尻だけが持ち上がった状態の嫁……。容赦なく足で押しこまれ続けた嫁は、悲鳴と絶叫が入り混じっている。そして、ひときわ大きく叫んだ後、堪えきれないような感じでお尻を下に下げた。ほとんどうつぶせで寝転がったようになった嫁。すると、アナルの中のペットボトルが勢いよく飛び出した。ロケットのような勢いで飛び出したそれは、壁に音を立てて当った後、床に転がった。

画面は、嫁のアナルのアップに変わる。ポッカリと穴が空いたようになっていて、腸内のピンク色の肉壁がうごめいているのがわかる。

『すごいでしょ。私、ケツマンコの方が気持ち良いの。でも、御主人様に出会わなければ、一生知らずに過ごしてたと思う。本当に、御主人様に出会えて幸せだわ』
嫁は、うっとりとしたような顔で言う。私への愛情はどうなったのだろう? もう、消えてなくなってしまったのだろうか? そんな事ばかりを考えてしまう。

画面からは、松井さんの声が響く。
「よし、ほぐれたな。どうする? 欲しいのか?」
冷たい口調で質問する彼。ベッドにグッタリと倒れ込んでいる嫁は、後ろ手に手を回してポッカリと拡がっているアナルをさらに拡げた。
『下さい。御主人様の拳、桃子のケツマンコに突っ込んで下さいっ』
嫁は、興奮しきったような声でおねだりをした。すると、松井さんはすぐに嫁のアナルに拳を押し込み始めた。
と言っても、拳と言いながら指を伸ばしてすぼめたような形にしている。考えてみれば、握った拳をそのまま押し込めるはずがないと思う。

松井さんの指は、すでに4本入ってしまっている。そして、親指も入っていき、一番太いところが引っかかっているような感じだ。
『うぅっ、凄い……裂けちゃうぅ』
苦しげな声をあげる嫁。アップになっているアナルは、本当に裂けてしまいそうな感じだ。
「ほら、息を吐いてみろ」
松井さんは、感情の高ぶりもない感じで言う。私は、不思議になってしまった。彼は、なんのためにこんな事をしているのだろう? 彼自身は興奮しているのだろうか? 快感を感じているのだろうか? 私は、彼の目的が見えないなと思っていた。

『アガッ!! ンオォオオォ』
嫁は、断末魔の悲鳴みたいな声をあげる。松井さんの拳は、完全に嫁のアナルに入ってしまっている。まるで、手品みたいに手首から先が消えている……。

「よし、裂けてないな。動かすぞ」
松井さんはそう言うと、拳を動かし始めた。ただ、さすがに滑らかにピストンが出来るわけでもなく、短いストロークで動かしているだけのような感じだ。それでも、嫁は泣き叫ぶようにあえぎ、シーツをグチャグチャに掴んでいる。

「こんなにガバガバにして、どうしようもない淫乱だな」
『はい。桃子は淫乱な牝ブタです。もっと、メチャクチャにして下さい。後戻り出来なくして下さいっ』
嫁は、そんな言葉を吐く。
「よし、後で墨を入れてやるぞ。それに、貞操帯も特製のヤツをくれてやる」
『ありがとうございます。桃子は、御主人様の所有物です。どんな風にされても幸せです』
嫁は、感極まったような口調で言う。そして、松井さんはさらに乱暴に嫁のアナルの中の拳を動かし始めた。
『アギッ! んぐぅっ! んおぉおお゛お゛お゛ぉっ! イグッギウゥギウゥイグゥッ!』
嫁は、ほとんど何を言っているのかわからないような声をあげている。カメラは、嫁が堪えきれずにお漏らしを始めたところまで撮している。
「こんなに漏らして。本当にオマエは牝ブタだな。恥ずかしくないのか?」
松井さんは、お漏らしを続ける嫁に、冷たくそう言う。

『ご、ごめんなさい。でも、とまらないです。あぁ、ダメぇ、御主人様、許して下さい。うぅあぁ、とまらない、とまらないのぉ』
松井さんの拳の動きにあわせて、嫁のお漏らしはどんどん酷くなっていく。あっという間にシーツはビチョビチョになってしまった。

すると、唐突に松井さんが拳を引き抜いた。すると、嫁のアナルがめくれ上がったようになり、少しはみ出たようになった。嫁は、
『がぁっ、かはぁぁ、うぅあぁ、あぅあぁ』
と、目を剥いて身体を痙攣させている。松井さんは、嫁のアナルに入っていた手の指先を、容赦なく嫁の口の中に突っ込んだ。
すると、嫁はすぐにそれを舐め始める。愛おしそうに、心を込めて舐めていく……。汚いとか、そんな感情は持っていないようだ。

そして、その後嫁はアナルに再びペットボトルを差し込まれ、そのままの状態で松井さんに膣も犯された。当然のように中に出された嫁は、幸せそうな顔で松井さんにお礼を言っていた……。
動画はそこで終わったが、その後、ピアスを開けられたり入れ墨を入れられたようだ。

『あなた、まだ興奮してるのね。私がこんな身体になったのに、喜んでるのね……』
嫁は、私のペニスを握りながらそんな事を言ってくる。あらためて嫁の身体を見ると、本当に現実とは思えない。胸の薔薇の入れ墨はまだしも、恥丘の肉奴隷という入れ墨は、正気の沙汰とは思えない。
『でも、ごめんなさい。あなたとはセックス出来ないの。どうしてもしたいなら、御主人様にカギを借りてきて下さいね』
嫁は、優しい口調で言う。でも、その目は私を見下げているような感じだった……。

次の日、嫁はいつも通りだった。
『あなた、おはようございます。朝ご飯出来てますよ。いっぱい食べて、今日も頑張ってね』
優しい顔の嫁……。昨日のことがウソのようだ。私は、自分がパラレルワールドに迷い込んでしまったような気持ちになりながら朝食を摂った。

息子と三人での朝食は、慌ただしいながらも楽しいものだ。今日は公園に行くとか、幼稚園の予定を嬉しそうに話してくる息子。そして、エプロンを着けて食事を運んできたりする嫁。どう見ても、幸せな家庭だと思う。
でも、嫁はそのエプロンの下にとんでもない秘密を隠している……。私は、動揺したまま出社した。

心ここにあらずの状態で仕事をし、帰宅すると、やはりいつも通りの感じで嫁と息子が出迎えてくれる。そして、夜になり、息子が寝た後、嫁がいきなり私の股間をまさぐってきた。

『ふふ。やっぱり興奮してるのね。何を想像してたの?』
嫁は、妖艶とも言えるような口ぶりで私に尋ねてくる。私は、素直に今日の昼間は何をしていたのか質問した。
『御主人様の所に行ってたよ。これからは、昼間は御主人様のところにいるからね』
嫁は、当たり前だとでも言うような口ぶりだ。
『フフ。ビクンってなったよ。興奮しすぎじゃない? とめたりしないの?』
嫁は、私のペニスを弄びながら言う。私は、その質問には答えずに、何をしていたのか聞いた。
『何って、ご奉仕よ。オマンコとケツマンコ使って、いっぱいご奉仕してきたんだよ』
嫁はそんな風に言う。私は、そんなのは浮気じゃないかと言ってみた。
『浮気じゃないわ。本気よ。あなた、忘れたの? あなたは私を御主人様に貸してもらってるだけなのよ。忘れちゃダメよ。ほら、貸してくれてありがとうって言ってみて』
嫁は、私のペニスをしごくようにしながら言う。私は、嫉妬と興奮に感情がグチャグチャになっていく。そして、
「あ、ありがとうございます。桃子を貸してくれて、感謝しています」
と、言ってしまった。でも、それを口にした時、私はイキそうな程に強い快感を感じてしまった。

『フフ。よく言えました。じゃあ、今日もご褒美あげないとね』
嫁はそんな風に言う。何が起こるのだろう? と、ドキドキしている私の前で、嫁はテレビのスイッチを入れた。そして、テレビのサイドフレームのSDカード挿入口にSDカードを差し込むと、動画を再生し始めた。

カメラは固定アングルで松井さんの食卓を撮している。嫁は、全裸にエプロンを着けただけの状態で給仕をしている。昼ご飯を作っているような感じだと思う。
「相変わらず料理は上手だな。よし、ご褒美をやるぞ」
松井さんはそんな風に言う。すると、嫁は嬉しそうに松井さんの横に移動し、膝立ちになる。そして上を向く。
松井さんは、おかずを自分の口に入れて咀嚼を始める。少しすると、松井さんは上からかぶせるように嫁にキスをした。それは、キスと言うよりは口移しで食事を与えているような感じだ。
『美味しいです。もっと欲しいです』
嫁は、興奮しきった声でおねだりをする。すると、松井さんはご飯を同じようにして嫁に口移しで与え始めた。嫁は、嬉しそうに口移しで食事を与えられ続けていく。
何回か繰り返すうちに、嫁は股間をまさぐり始めた。オナニーをしながら食事を与えられる嫁……。私は、嫁が完全に隷属しているんだなと諦めに似た感情を持った。

すると、私の股間を握っている嫁が、
『すごく固…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
同じマンションの五十路奥さんと…【熟女体験談】
2016/03/16 12:10
2016/03/16 12:10

俺は、マンションの管理組合の会長に選ばれてしまった。
一人暮らしなので、できないって言っても、順番だからっておばさんたちに押し切られてしまった。

最初の仕事が、マンション敷地近辺の違法駐車に対する警告ビラをワイパーに挟み込むことだった。
これがまた、夜中にやるって言うんだな。 たまんねえよ。俺、朝早いのにさ。
そこんとこは考えてくれて、休みの前、つまり金曜の晩遅くに副会長の奥さんと回ることになった。
風呂に入って、湯冷めしないように厚着にして待っていた。

ピンポ~ン♪ 来た来た。
「はい」
「横山です」
副会長さんの奥さんの声がドア越しにした。
旦那さんは単身赴任中だとか…
【近親相姦】彼「こんな猫なんか捨ててこい!」私「お前を捨てるわ」【体験談】
2016/04/24 11:59
2016/04/24 11:59
269:おさかなくわえた名無しさん2010/01/18(月) 20:56:56 ID:xEwK6dSq 10代の頃、就職して初めて一人暮らしして、初めて猫を飼った ベタベタに可愛がっていたわけでもないが、ツンデレのかわいいやつ数年後できた元彼はその猫が気に入らなかったらしく、ある日 コンビニに行った隙に蹴りやがった ちょうど蹴ってる時に帰ってきて、慌てて全身で抱きかかえたら、 元彼は「家具で爪研ぎしやがった!」とほざいた(うちの家具ですが何か猫に怪我がないか泣きながらなで回してると、泣いてることを 誤解したらしい元彼が急に優しい声になり 「俺の言うこと分かるだろう?すぐに捨ててきたら俺だって怒…
【レイプ/犯された私】バイト帰りに…後日談【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/24 18:58
2017/01/24 18:58
駐輪場でチンピラにまわされた時から数週間 後…バイト先の喫茶店 閉店作業を終えて用事ある からと先に帰ったマスターミルが戸締まりをして帰る前に最後の火の点検 をしてると カランコロン… 誰かが店 に入ってきた…「すみません閉店なん…」言葉が消えた あの三人のチンピラが… いや…今夜は一人増え て…四人…「淫乱姉ちゃんこんばんはまた、やりにきま したよ」 「今夜はここでゆっくり楽し ませてもらうから」ニヤニヤ笑いながらミルに近づいてくる 一人が ミルのいるカウンターの中に入ってきた…その横を走り抜けようとするも…「いやっ帰って出てけいやあ」 あっけなく捕まるミル男三人がかりでテーブルの上に押し…
単身赴任で女に飢えた50過ぎのおっさんに妻を寝取らせてみた結果
2017/03/13 22:10
2017/03/13 22:10
40歳の妻は若いイケメンとの単独デートを希望しましたが、私はどうしてもイヤラシくて、しばらく女を抱いてない飢えた50代の男に妻を抱かせてみたくて、なんとか口説き落しました。

更にホテルの別室を希望する妻を振り切って、自宅の寝室の隣の和室部屋を選びました。
襖一枚隔てたところで、妻の喘ぎ声を聞きながら何をされているか想像し、覗きたい願望を我慢しながら自分の股間が破裂寸前まで疼き、のたまうのを味わいたかったのです。


年末にその願望はやっと叶いました。
一年がかりです。

最初は嫌がっていた妻でしたが、最近のAVでは「義父に犯される人妻」シリーズが多くあったので、寝室で妻に見せながらその気にさ…
妹のおっぱいを揉んでから気まずい関係になってしまった。
2017/09/16 20:36
2017/09/16 20:36
中学の時、一度だけ思う存分妹の身体を堪能した事があるわw
今は痩せてるけど当時の妹はぽっちゃり(女の言うポチャではなく、細身ではない程度)してて、女としては見てなかったけど、ある日を境に女体として興味を抱いて毎晩のようにこっそり妹が寝てる部屋へ触りに行ってたな。


パジャマの上から妹の胸に手を当ててみたり、乳首を引っ張ってみたり、その位なら妹は起きなかったんだけど、一度、乳首の周りを人差し指で円を描くようになぞってそれを速くしていくと引っ張ったりしてないのに乳首がムクムクと固くなった。
調子に乗ってその指の運動をずっとしてると妹がガサっと動いた。


反射的に手を引っ込…
【近親相姦体験告白】妹と  
2015/09/26 21:27
2015/09/26 21:27
俺も一回だけ妹とHしたことあるなー、いつものように友達同士で家の離れで飲んでて、 凄い盛り上がって、みんなガンガンに飲んでてさー、で酔いつぶれたら、 隣の部屋にいって、飲んでる人に迷惑かけないように寝たりするんだけど、 そん時妹も飲んでて、一番最初につぶれたのが妹だった、んで妹以外誰も潰れずに飲んでたら、 今度は俺が潰れたんで、隣の部屋に行ったわけよ、妹が寝ててさー、なんかH話でさっきまで盛り上がってて ついムラムラときて、Tシャツの上から乳首とか触ってたりしたら、 いても立ってもいられなくなったので、それで、まあ結局キスしてたら、向こうも酔ってたんだろうね、いきなり 舌を入…
フェラしたことのないウブ人妻にゴックンさせた【不倫体験談】
2018/02/23 22:10
2018/02/23 22:10
私の愛する女性は佳苗という。

私は佳苗と結婚したいんだが問題があるのだ。


それは佳苗が他の男の奥さんで、人妻だということ。


そして、私も別の人の夫であり、W不倫の関係にある。


しかし私は人妻の佳苗を本気で愛していて、本当の妻にしたいのだけれど、そう簡単に行く訳も無く、もう8年程付きあっている。


佳苗は、私より少し年上


その割には子供っぽいところもある。無邪気な主婦。


そこも大好きだけど、なによりもSEXがよく合い、体の相性が抜群。


もちろんすごーく、愛し合っている。


考え方や価値観が違うのに、こんだけ長く付き合えるのは、自分でも驚くしかない。
【体験談】子供を置いて出て行った嫁の母と、今では付き合っています
2016/04/09 08:30
2016/04/09 08:30

出来婚で、結婚した妻が、結婚6年目を迎えた頃から、
不倫して、男と出て行ってしまいました。



一年ぐらい前から浮気をしている気配はあったので、
別に未練はないのだけれど、
もうすぐ5歳になる息子が
「ママ~、ママ~」と泣くのはつらい。



 知り合いのツテで保育園はすぐに入れたのですが、
送り迎えが大変です。



残業ができないのでホトホト困っているところに、
逃げた嫁の義母から電話がありました。



娘のしでかしたことを懸命に謝るので
気の毒になるくらいでした。





「○○ちゃんは元気にして…
【近親相姦体験告白】彼女とお義兄さん夫婦
2017/11/21 21:21
2017/11/21 21:21
自分自身は近親相姦ではないですが、変わった経験をしたので書きたいと思います。 自分(康司)は24歳、付き合っていた彼女(優)は23歳、1年くらい普通の付き合いをしてい ました。(スレンダーで胸はCカップ、かわいいタイプでおしゃれなコでした) 彼女には結婚している兄がいて、兄夫婦(誠、かよ、共に27歳)が実家に遊びに来ているとい うこともあって、ご両親も含め紹介したいと言われ遊びに行きました。 実家に行くと、優のご両親はじめ、お兄さん夫婦達はすごく優しく出迎えてくれました。 特にお兄さん達は自分に興味津々と言った様子で、いろんな質問をしてきましたがすごく明る い人達で大変楽しい…
【熟女体験談】コンビニのスレンダー巨乳な熟女店員とドライブし、いい雰囲気になったので、いきなりキスしたら・・・
2018/05/09 12:02
2018/05/09 12:02
2018/05/09 (Wed) 近所で良く行くコンビニに
スレンダー巨乳な熟女店員がいるんです

年齢は四十路前後で
顔は地味だけど上品なおばさんで

俺は密かにこのパート主婦が
お気に入りだった

それで、いつも同じ銘柄の煙草を
3個頼むんだが

そのスレンダー巨乳な熟女店員は
私が行くと何も言わなくても

「これもですよねぇ」

と煙草三箱もってきて
私の事を覚えてくれるようになった

そんなある日、
その熟女店員はレジでなく
商品の配列をして私が来ると

「いつもありがとうございます」

と挨拶してくれた

少し前屈みになり
胸元が空いた格好でもしかしてと思い
胸元を見…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り

・完熟?女子中学生と…

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終

・フィギャアスケート部員で男は俺一人

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・オヤジの愛人とデキて孕ませた子供は・・・

・軽いエロ遊びをSNSに書き込みしてみた

・思い出のお姉さん

・【人妻体験談】変態で下品なプレイを妄想し、実現させたくなるムッツリスケベな専業主婦

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・親友の息子と愛し合う日々

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)

・職場の先輩 大学時代