寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

友達にレズられたこと

2018/09/21 05:01


先月の話。

学校の側に、サキという私の大学での一番の親友が一人暮らしをしていた。

サキの家は大学の近くでとっても便利が良く、実家住まいの私は
試験前やレポート提出前は何度も泊まらせてもらったりした。

サキの見た目は可愛く、サークルの男の子も何人か告ったりしていたが、
振られたり、付き合っても1カ月ぐらいで別れたり、全然彼氏らしい彼氏ができなかった。

で、先月の話に戻るわけだけど、
私(裕子)はテスト勉強のため、サキの家で一緒にすることになった。
適当にしゃべりながら、勉強もそこそこやり、ご飯を食べて、お酒も飲んだ。

(私の)彼氏の話とか、誰と誰が付き合ってるとか、そんな仕様も無い話だったと思う。
私は気が付いたら意識を失うように眠ってしまった。

どれぐらい寝ただろうか。目が覚めるとサキの部屋の天井が見えた。
「あ、寝ちゃったんだ・・・」そう思って周りを見渡しても、サキの姿が見えない。

あれ…?と体を起こそうとしたときに初めて気づいた。

体が動かせない。

動くには動くんだけど、体や首をひねるぐらいで、手も脚も大の字の形でつながれている感じ。口

には猿ぐつわ?みたいなものをはめられている。
私は寝ている間に強盗だか強姦だかに押し入られてこうなっているんだと思った。

サキは?可愛いから連れて行かれたのかもしれない。
頭の中でサキが車に押し込められて、男共に侵されている画が浮かんだ。

ぼーっとした頭で脱出方法を考えていると、サキが視界に現れた。
手には買い物袋が下げられている。

「あれ?もう起きたんだ。思ったより早かったんやね」

サキは出身の関西弁のイントネーションで言った。
私は理解ができなかった。
とにかく強姦でないことは分かった。
サキに事情を説明してもらおうと、口を開くが猿ぐつわで声が出せない。

「あ、ゴメン声出せへんよね。取るよ」

私の口の拘束は解かれた。

「サキ、どういうこと?どうなってんのこれ??」

悪い冗談と分かり、ちょっと面白半分で責めるような口調で聞いてみた。

「あ、うん。それ、つないでみてん。裕子、可愛いからちょっとつないでみたくなって」

「ちょ…シャレなってないって。早く外してよ。てか、トイレ行きたいw」

「うん…でも、その前にちょっと話聞いてくれへんかな。
 実は前々から言おう言おうと思ってたんやけど、言われへんことがあって。」

「え、何…?」

嫌な予感がした。
この体勢、サキの様子。
その先は聞きたくなかった。

サキは顔を寄せてきた。
サキの吐息が顔にかかるぐらい。
サキの吐息は何だか甘い匂いがした。
私は口から息がもれないように、息を止めた。

「私、裕子のこと好き……。」

友達への「好き」とは異質のそれ。
勘違いではなく、LOVEの意味合いと分かるぐらいの告白だった。

「あ、うん、私もサキのこと好きだよ。サキみたいな気の合う…」

「違う。」

更に顔を近づけると、サキは私のクチビルにキスをした。

「こういうこと。分かった?」

私は少し怖くなり、高速でうなずいた。

サキが離れて、しばらく無言が続いた。

「あの…サキの気持ちは分かったよ。嬉しい。
 もっと2人で話がしたいから、これ外してほしいな」

媚びる態度を出さないように。あくまで対等の立場にいるようにお願いをした。

「うーん…いいねんけど…外したら逃げるやん?それやったらもうちょっと楽しもうな。
 さっきのキス…良かったで。」

普段のサキは関西弁がばれないように、気を使って喋る。
イントネーションでバレバレなんだけど、自分では上手くごまかせてると思っている。
それが無口なサキを産み、男共にもてた。
今は、関西弁を隠そうとしない。

サキは私に再度近づき、キスをしてきた。
顔をそむけたら逆上させる気がして、私はサキのクチビルを受け止めた。

チュ…チュチュ…

エアコンの音に混じり、キスの音が部屋に響く。
なんだかすごく卑猥だった。

サキのキスは最初は控えめだったが、徐々にクチビルを求めるように動き、
2人の唾液が2人のクチビルを濡らした。

「裕子、エロ…体ピクンピクンなってる。キス気持ちいい?」

最後の「気持ちいい?」は「気持ちええ?」って感じの発音だった。
私は首を振り、拒絶を示した。
ここで認めたら、サキに調子づかせる。それだけはイヤ。

「なぁ、裕子。胸触ってもいい?」

「ダメ。サキ、気持ちは分かったけど、今日はまだ心の準備ができてない。
 だから一回帰らせて。それから話しよ。」

「うん、別に誘拐するわけちゃうしw。ちゃんと帰らせるってば。
 その前に、ちょっとイタズラさせてーな。」

「ダメ。彼氏いるし。ね?」

「えっと…うん…分かった。やっぱり拒否られるって思ったんだ。仕方ないよね」

サキはそう言うとキスをやめた。

タンスをごそごそしだしたかと思うと、戻ってきて私にアイマスクをした。

「これで、何も見えへんやろ。でな、これをな…。」

私の股間に急に手が伸びてきた。

私はビクンとなって、脚を閉じようとしたが大の字で固定されているため、
少し内またの体勢になっただけだった。

下着に手をかけると…

あれ?なんか私の下着と感触が違う。
やけにピッチリしてるし、肌触りがツルツルしている。
おまけに、紐みたいなものが付いている(紐パン?)

「あ、これな、エロい下着でな。ここのポケットにローターとか入れれるねんw」

??????
意味が分からず混乱した。

ローターの存在は知っていた。エッチのとき1度か2度、ふざけ半分で使った程度だ。

固いもの(ローターらしきもの)が、下着の中に入ってきた。
厳密にはクリのところにポケットみたいなのがついていて、
そこにローターが入るようになっているらしい。(後で確認した)

ローターが下着におさまると、いきなり振動が伝わってきた。

部屋に響く低いモーター音。

「どう?裕子。気持ちいい?」

気持ちいいより、恐怖というか気味悪さが勝っていた。
私は首をふる。
モーター音は更にうなりをあげ、震えている。
なんだかくすぐったい。
時折、敏感な部分に触れ反射的に体が痙攣する。

「じゃ、このままで待ってて。朝ご飯用意するから」

え?ちょっと冗談でしょ…?

ローターは股間でうなりをあげている。
私は、敏感な部分に触れないように体をよじってみたが、
あまりうまくいかず、かえって悪い位置にいったような気がした。

「サキ…ダメだって、これ、こんなのおかしいよ」

「…ん?何か言うた?」

「外して。外してってば」

「うーん…もうちょっと楽しませて。可愛いよ、体ピクンピクンって。」

私は自覚した。
このままじゃ、心が折れるまで責められ続けると。
それだけは嫌だ。
こんな蹂躙されるような真似…。

私は、体をよじり快感から逃れようとする。
悲しいこと、つらいことを思い出し、快感を感じないように努める。

それがどれだけ功を奏したかは分からないが、朝ご飯ができるまで、
私はイクこともなく耐えることができた。
が、下半身はビクビクなっており、声もかなり出てしまったと思う。

サキはローターのスイッチを止め、朝食を食べようと言った。
目隠しを外し、手錠をつけられ、体を起こしてもらった。

私の下半身は別の生き物のように、ピクンピクンと痙攣していた。

朝ご飯は、全てサキが私の口に運んだ。
時には手で、時には口移しで。

歯を磨かれ、体を拭いてもらった。
全身が敏感になっているせいか、何度もビクンとなってしまった。

トイレに行きたいことをつげると、体の下にバスタオルを敷かれた。
勿論、できるわけが無い。

朝食が終わると、サキの攻めが始まった。
またローターのスイッチが入れられた。
今回は、さっきのように中途半端な弱さでなく、
恐らく最大まで上げられていたと思う。

「あ…ダメ!強すぎる…!!」

私は我慢する暇もなく、強烈な快感に襲われてしまった。
さっきまで程良い快感が今度は一気に波のように押し寄せてきた。

「ほら、いっちゃってもいいよ。我慢しないで」

「ダメダメダメダメ!!サキやめて!!アッ…」

私は我慢する間もなくイってしまった。

イクと私は、暫く放心して動けない上に、体中が敏感になって
くすぐったくなってしまう。

私はぐったり倒れこむと、サキが私の胸にキスをしてきた。

優しいキス。敏感になった乳首を包み込むように、
愛でるように、クチビルを触れさせる。
私は、ゥンゥン…と体を何度も震わせてしまった。

「裕子…めっちゃ可愛いよ。このまま縛ったままでもいいんやけど、
 できればこの拘束といてあげたいんよね。」

「…」

「でも、逃げたり抵抗されたりは嫌やから、せーへんって約束してほしいねん」

私は頷いた。

なぜか、これがチャンスとは思わなかった。
事実、戒めを解かれた後、私はサキの首に抱きついてワンワンと泣いてしまった。

サキは慰めるように、頬をなで、涙を拭いてくれて、そしてキスをした。
私もそれに応じるようにクチビルを重ねた。

「裕子…ずっとこうしたかってん。」

「…」

サキは、私の体に指をはわせた。

腕、わき腹、首、背中…。

今の私は全てが性感帯みたいになっていた。

「ぁぁ…だめぇ…そこ、だめぇ…」

もちろん抵抗をする力は無い。

「裕子、私な、一人で寂しかってん。彼氏できてもすぐに別れてしまうし、
 男は私の中に何か幻想でも見てるんかなって。
 私、おしとやかでも、マジメでもないのに…」

サキは、あまりよく…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
小学5年の夏休み
2017/11/01 22:49
2017/11/01 22:49
私が小学年生の夏休みの時の話です。 夏休み中は学校で水泳教室があって私も参加していました。皆家で水着を着て 帰りのパンツをバッグに入れて持って行くのが普通で、私もそうしていたので すが、ある日、水泳が終わって着替えるときにパンツがないのに気がつきまし た。きっと来る時にどこかで落としてしまったと思い、仕方がないのでパンツ 無しでスカートを履いて更衣室から出ると、知らないおじさんが大事な落し物 を拾ったのでこちらに来て下さいと声を掛けてきました。私は間違いなくパン ツだと思い友達と別れておじさんに付いて行きました。おじさんは学校の階 の教室に入って、これ君のでしょうと言って私のパンツを取り出しま…
【人妻体験談】トイレ掃除のおばさんに勃起したペニスを見せてみた
2015/10/07 12:02
2015/10/07 12:02
10代の時って毎日SEXの事しか頭にない。 そんな学生時代にトイレ掃除のおばさんにチンコを見せた事がある。 場所はホームセンター。 前々からよくトイレを掃除している熟女とのエロい妄想をしていた。 そして、色っぽいお掃除おばさんがいるのを見つけ、男子トイレに入ったので、後をつけて自分も入ったら、他の客が誰もいない。 そして、トイレに入ったとき、一瞬おばさんと目があったような気がした。 掃除のおばさんは45才くらいで髪はセミロングの細身の人だった。 おばさんは一番奥の小用便器を中腰で掃除中だった。 俺はひとつ離れた小用便器の前に立った。 それもわざとおばさんに見えるように、不自然と思えるくらい便…
セフレとセックス!彼氏がしてくれないクンニが凄く気持ちよかったです。。。
2016/12/11 18:02
2016/12/11 18:02
私には中学1年生のころから3年間付き合った年上の彼氏がいました。

そして別れた後もきちんとけじめをつけることが出来ず、

遊ぼうと言って会ってはエッチを繰り返す、

中途半端な関係が続いていました。

切ない・・・。

私はまだ好きだったんです。

でもそれも、1年前に彼に彼女が出来たことがきっかけで終わり、

それからしばらくは彼氏もできませんでした。

それから1年ほどたった今年の夏。

18歳になりました。

一応年上の人とエッチしても(法的に)問題なくなったのと、

1年以上エッチしてないのでどうしても寂しくなって、

今まで怖くて使ったことのなかった出会い系に登録してみることにし…
【H体験談】しがないリーマンの俺がセックスできたのは、その日電車に乗っていたからだ
2016/08/30 20:18
2016/08/30 20:18
2ヶ月程前のとある週末の事、



何時もよりちょっと早目の帰宅で電車に乗った時の事、



何時もの時間帯でないので意外に混雑していたが何とか座る事が出来、



自分の下りる駅までこのまま座っていられる喜びに浸っていた♪



あ、俺今年30歳になる極々フツーのリーマン… 独身…彼女居ない歴…以下略

 

更に嬉しい事が!





乗ってから3つ目の駅で右隣に座っていた男性が下車し、



代わりに20代前半位の可愛い女の子が座って来た。




俺は心の中で思わずガッツポーズをした♪



何処まで一緒なのか分からないが、



日々変化の少ない通勤において、

村西とおる監督が上原美優さまの死の真相を斬る
2018/05/31 12:01
2018/05/31 12:01
原美優さまがお亡くなりになられました。 自ら命を絶たれた自殺でございます。 24歳という、まだいくらでも夢と希望もあるお年頃でございましたのに、 残念でございます。 彼女を死に追いやった真相とはどのようなモノであったでしょうか。 ことの真雁はさだかではございませんが 事情通が噂するところの「真相」とは次のようなものでございます。 美優さまが所属していたプロダクション「プラチナム」は 業界では知る人ぞ知る有名な悪徳プロダクションでございます。 経営者は先の海老さまへの傷害事件で名をハセた 「なんとか連合」出身の元暴走族でございます。 このプロダクションのヤリ口、悪どさは …
親友の奧さんにしがみついたら、実は相性バッチリだった
2016/08/12 21:00
2016/08/12 21:00
妻と結婚して6年になりますが、共働きのため、まだ子供はいません。
それどころか、仕事が出来る妻は、海外出張に出たのです。私はというと、ひとり淋しく過ごすことになってしまいました。
1~2ヶ月くらい経ったある日、親友の柚木から電話があり、夕食をご馳走になったのです。柚木も結婚しており、25歳のかわいい嫁の愛さんがいます。


自分を不憫に思った愛さんは、たまに私を食事に誘ってくれました。
そんなのが何回か続いた時、柚木に急用ができ、愛さんと2人きりになってしまいました。

そのとき少し話しはしたのですが、すぐに無言になって、気まずい雰囲気になったので、そろそろ失礼しよ…
結婚するまで続いた元カノA子とのセフレ関係
2017/02/02 10:19
2017/02/02 10:19
友人夫婦に誘われ、居酒屋に行くと元カノのA子も来ていた・・・。 しかも新しい彼氏と。 私は酒をほとんど飲まないんで食べるのみ。 帰りは友人の奥さんが皆を送ってくれました。 まずは一番近かったA子の彼氏が降りたんで、私が「甘いモンでも食べに行かない?」と言うと皆行く事に。 パフェを食べながら話していると・・・酔いのせいもあるのか、A子といい雰囲気に。 甘いモノも食べ終わり、次に近いのはA子だったが、私を先に送ってもらう事に。 私はA子の耳元でコッソリと・・・ 「すぐに迎えに行くから少し遊びに行かない?」 A「・・・」 私「少し待ってて、嫌なら帰ってて良いから」 ・・・と言っ…
「初夜 Ⅱ‥(媾合の初夜①)」
2018/04/26 22:31
2018/04/26 22:31
翌朝‥女房は爽やかに 明るく振る舞います。 数日前まで他人だった男と 初めて丸裸で抱き合い、マラの裏筋でオメコのクリを擦られ気をヤッたことなど 忘れたかのようです。 コソコソと隠れて処理するマスと違い 受身でイカされるのは、アクメで取り乱しても‥全く心の負担になら無いのでしょうか?。 女の順応性には 驚かせられます。 (続く)(承前)翌‥3ヶ日目は 午前中は支笏湖へ往復し、午後は バスで札幌市内の遊覧でした。 支笏湖は天気が悪く 気温も下がり、樽前山も見えない位に 霧が掛かって残念でしたが、女房は湖畔で奇麗な落ち葉を拾って居ました。 戻っての市内の遊覧はお極まりのコースで、まだ移設前の…
酔いつぶれた人妻のアナルをゴルフクラブで拡張したったwww
2016/03/26 10:02
2016/03/26 10:02
私の職場には170cmのすごく綺麗な人妻がいる。

胸は小さいがそこは十分顔でカバーできるし、

すらっとしてて子供が二人いるとは、

どこからみても思えない。

ある飲み会の日にチャンスが訪れた。

俺はまったくお酒は飲めないが飲み会には参加するほうで、

その日も参加していました。

めったに飲み会なんかに参加しないその人妻が参加してて、

飲みなれてないのか、

すっかり酔っ払って、一人で歩けない状態。。。。

俺はお酒が飲めないから2次会は不参加なので、

みんなは俺の車にその人妻を乗せこんで2次会へ。。。

俺はその時は、何も考えてなかったんですけど、

送っていく途中に吐き出す…
人の目を気にせず彼と出張不倫旅行
2017/03/16 21:22
2017/03/16 21:22
私は今年で29歳になりました。私と主人とは結婚5年のセックスレス夫婦です。
でもセックスの欲求は、ここ数年は不倫している彼で満たしています。

彼も奥さんがいるので、私とは不倫の関係です。俗に言うW不倫です。
私は専業主婦なので、彼の仕事の終わる時間や昼間の営業に合わせてビジネスホテルなどで密会しています。


この間も彼が出張で京都へ行くというので、主人には実家に帰ると言って一緒について行きました。
人の目を気にせず彼との1泊不倫旅行です。


東京駅でお弁当を買ってから新幹線に乗り込み、まさに旅行感覚で一層お互いの気持ちを高ぶらせました。

指定席に座り、昼間の時間帯なので周りに…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・JC集団が一人になったところを狙ってレイプ

・人生初のモテ期が35歳で到来した。

・黒人のペニスは期待したよりも凄かったーー

・【初体験】「おっぱいを揉まれてみたい」と女子から相談されて

・【人妻体験談】お風呂に入ってきた叔母に勃起し、ベッドで筆下ろし

・【熟女体験談】旅行先で妻のスカートの奥を覗き込む男たちを発見し、ビデオで撮影されながら犯されている妻の横で興奮する夫

・主人の義父は床上手でアレも素敵

・【不倫】一回りも若い男性と動物のように激しく

・外注先の女に会社でストリップをさせた

・妄想の中で妹と一線を超えてエロいことした

・旦那の連れ子

・【初体験】マッサージの先生に咥え方や舌の使い方を教わって

・△妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました完(転載禁止)

・絶倫男に何度もイカされて思わず懇願

・【熟女体験談】ロレツも怪しいぐらい酔っているおデブなおばさんを車で自宅まで送る間に中出しカーセックス

・友達の彼女寝とったったwwww

・【人妻体験談】パート熟女と飲み会の後、マンションに連れていきたっぷりと中出しSEX

・【CFNM】ちん見せ(だけじゃない!)の思い出?中2の時のこと

・主人はエリートサラリーマンですがアッチの方は

・【不倫】酔った勢いで従姉の息子に胸を触らせてあげたら・・・。

・処女を頂くまではオナニーでガマン

・【CFNM】ちん見せの思い出?小6の時のこと

・浮気してくれてありがとう・・・

・【人妻体験談】切ない両親のセックスを目撃し、泣いてしまった息子

・【熟女体験談】農家に婿に入り、老婆な義母とほぼ毎日SEX

・スイミングクラブの夜

・修羅場にならなかった悪戯

・お互いの息子を交換して性処理

・【初体験】3人の処女との体験を語る[前編]

・【人妻体験談】念願のマイホームを新築し、隣の綺麗な奥様を盗撮していたら誘惑された