寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

友達にレズられたこと

2018/09/21 05:01


先月の話。

学校の側に、サキという私の大学での一番の親友が一人暮らしをしていた。

サキの家は大学の近くでとっても便利が良く、実家住まいの私は
試験前やレポート提出前は何度も泊まらせてもらったりした。

サキの見た目は可愛く、サークルの男の子も何人か告ったりしていたが、
振られたり、付き合っても1カ月ぐらいで別れたり、全然彼氏らしい彼氏ができなかった。

で、先月の話に戻るわけだけど、
私(裕子)はテスト勉強のため、サキの家で一緒にすることになった。
適当にしゃべりながら、勉強もそこそこやり、ご飯を食べて、お酒も飲んだ。

(私の)彼氏の話とか、誰と誰が付き合ってるとか、そんな仕様も無い話だったと思う。
私は気が付いたら意識を失うように眠ってしまった。

どれぐらい寝ただろうか。目が覚めるとサキの部屋の天井が見えた。
「あ、寝ちゃったんだ・・・」そう思って周りを見渡しても、サキの姿が見えない。

あれ…?と体を起こそうとしたときに初めて気づいた。

体が動かせない。

動くには動くんだけど、体や首をひねるぐらいで、手も脚も大の字の形でつながれている感じ。口

には猿ぐつわ?みたいなものをはめられている。
私は寝ている間に強盗だか強姦だかに押し入られてこうなっているんだと思った。

サキは?可愛いから連れて行かれたのかもしれない。
頭の中でサキが車に押し込められて、男共に侵されている画が浮かんだ。

ぼーっとした頭で脱出方法を考えていると、サキが視界に現れた。
手には買い物袋が下げられている。

「あれ?もう起きたんだ。思ったより早かったんやね」

サキは出身の関西弁のイントネーションで言った。
私は理解ができなかった。
とにかく強姦でないことは分かった。
サキに事情を説明してもらおうと、口を開くが猿ぐつわで声が出せない。

「あ、ゴメン声出せへんよね。取るよ」

私の口の拘束は解かれた。

「サキ、どういうこと?どうなってんのこれ??」

悪い冗談と分かり、ちょっと面白半分で責めるような口調で聞いてみた。

「あ、うん。それ、つないでみてん。裕子、可愛いからちょっとつないでみたくなって」

「ちょ…シャレなってないって。早く外してよ。てか、トイレ行きたいw」

「うん…でも、その前にちょっと話聞いてくれへんかな。
 実は前々から言おう言おうと思ってたんやけど、言われへんことがあって。」

「え、何…?」

嫌な予感がした。
この体勢、サキの様子。
その先は聞きたくなかった。

サキは顔を寄せてきた。
サキの吐息が顔にかかるぐらい。
サキの吐息は何だか甘い匂いがした。
私は口から息がもれないように、息を止めた。

「私、裕子のこと好き……。」

友達への「好き」とは異質のそれ。
勘違いではなく、LOVEの意味合いと分かるぐらいの告白だった。

「あ、うん、私もサキのこと好きだよ。サキみたいな気の合う…」

「違う。」

更に顔を近づけると、サキは私のクチビルにキスをした。

「こういうこと。分かった?」

私は少し怖くなり、高速でうなずいた。

サキが離れて、しばらく無言が続いた。

「あの…サキの気持ちは分かったよ。嬉しい。
 もっと2人で話がしたいから、これ外してほしいな」

媚びる態度を出さないように。あくまで対等の立場にいるようにお願いをした。

「うーん…いいねんけど…外したら逃げるやん?それやったらもうちょっと楽しもうな。
 さっきのキス…良かったで。」

普段のサキは関西弁がばれないように、気を使って喋る。
イントネーションでバレバレなんだけど、自分では上手くごまかせてると思っている。
それが無口なサキを産み、男共にもてた。
今は、関西弁を隠そうとしない。

サキは私に再度近づき、キスをしてきた。
顔をそむけたら逆上させる気がして、私はサキのクチビルを受け止めた。

チュ…チュチュ…

エアコンの音に混じり、キスの音が部屋に響く。
なんだかすごく卑猥だった。

サキのキスは最初は控えめだったが、徐々にクチビルを求めるように動き、
2人の唾液が2人のクチビルを濡らした。

「裕子、エロ…体ピクンピクンなってる。キス気持ちいい?」

最後の「気持ちいい?」は「気持ちええ?」って感じの発音だった。
私は首を振り、拒絶を示した。
ここで認めたら、サキに調子づかせる。それだけはイヤ。

「なぁ、裕子。胸触ってもいい?」

「ダメ。サキ、気持ちは分かったけど、今日はまだ心の準備ができてない。
 だから一回帰らせて。それから話しよ。」

「うん、別に誘拐するわけちゃうしw。ちゃんと帰らせるってば。
 その前に、ちょっとイタズラさせてーな。」

「ダメ。彼氏いるし。ね?」

「えっと…うん…分かった。やっぱり拒否られるって思ったんだ。仕方ないよね」

サキはそう言うとキスをやめた。

タンスをごそごそしだしたかと思うと、戻ってきて私にアイマスクをした。

「これで、何も見えへんやろ。でな、これをな…。」

私の股間に急に手が伸びてきた。

私はビクンとなって、脚を閉じようとしたが大の字で固定されているため、
少し内またの体勢になっただけだった。

下着に手をかけると…

あれ?なんか私の下着と感触が違う。
やけにピッチリしてるし、肌触りがツルツルしている。
おまけに、紐みたいなものが付いている(紐パン?)

「あ、これな、エロい下着でな。ここのポケットにローターとか入れれるねんw」

??????
意味が分からず混乱した。

ローターの存在は知っていた。エッチのとき1度か2度、ふざけ半分で使った程度だ。

固いもの(ローターらしきもの)が、下着の中に入ってきた。
厳密にはクリのところにポケットみたいなのがついていて、
そこにローターが入るようになっているらしい。(後で確認した)

ローターが下着におさまると、いきなり振動が伝わってきた。

部屋に響く低いモーター音。

「どう?裕子。気持ちいい?」

気持ちいいより、恐怖というか気味悪さが勝っていた。
私は首をふる。
モーター音は更にうなりをあげ、震えている。
なんだかくすぐったい。
時折、敏感な部分に触れ反射的に体が痙攣する。

「じゃ、このままで待ってて。朝ご飯用意するから」

え?ちょっと冗談でしょ…?

ローターは股間でうなりをあげている。
私は、敏感な部分に触れないように体をよじってみたが、
あまりうまくいかず、かえって悪い位置にいったような気がした。

「サキ…ダメだって、これ、こんなのおかしいよ」

「…ん?何か言うた?」

「外して。外してってば」

「うーん…もうちょっと楽しませて。可愛いよ、体ピクンピクンって。」

私は自覚した。
このままじゃ、心が折れるまで責められ続けると。
それだけは嫌だ。
こんな蹂躙されるような真似…。

私は、体をよじり快感から逃れようとする。
悲しいこと、つらいことを思い出し、快感を感じないように努める。

それがどれだけ功を奏したかは分からないが、朝ご飯ができるまで、
私はイクこともなく耐えることができた。
が、下半身はビクビクなっており、声もかなり出てしまったと思う。

サキはローターのスイッチを止め、朝食を食べようと言った。
目隠しを外し、手錠をつけられ、体を起こしてもらった。

私の下半身は別の生き物のように、ピクンピクンと痙攣していた。

朝ご飯は、全てサキが私の口に運んだ。
時には手で、時には口移しで。

歯を磨かれ、体を拭いてもらった。
全身が敏感になっているせいか、何度もビクンとなってしまった。

トイレに行きたいことをつげると、体の下にバスタオルを敷かれた。
勿論、できるわけが無い。

朝食が終わると、サキの攻めが始まった。
またローターのスイッチが入れられた。
今回は、さっきのように中途半端な弱さでなく、
恐らく最大まで上げられていたと思う。

「あ…ダメ!強すぎる…!!」

私は我慢する暇もなく、強烈な快感に襲われてしまった。
さっきまで程良い快感が今度は一気に波のように押し寄せてきた。

「ほら、いっちゃってもいいよ。我慢しないで」

「ダメダメダメダメ!!サキやめて!!アッ…」

私は我慢する間もなくイってしまった。

イクと私は、暫く放心して動けない上に、体中が敏感になって
くすぐったくなってしまう。

私はぐったり倒れこむと、サキが私の胸にキスをしてきた。

優しいキス。敏感になった乳首を包み込むように、
愛でるように、クチビルを触れさせる。
私は、ゥンゥン…と体を何度も震わせてしまった。

「裕子…めっちゃ可愛いよ。このまま縛ったままでもいいんやけど、
 できればこの拘束といてあげたいんよね。」

「…」

「でも、逃げたり抵抗されたりは嫌やから、せーへんって約束してほしいねん」

私は頷いた。

なぜか、これがチャンスとは思わなかった。
事実、戒めを解かれた後、私はサキの首に抱きついてワンワンと泣いてしまった。

サキは慰めるように、頬をなで、涙を拭いてくれて、そしてキスをした。
私もそれに応じるようにクチビルを重ねた。

「裕子…ずっとこうしたかってん。」

「…」

サキは、私の体に指をはわせた。

腕、わき腹、首、背中…。

今の私は全てが性感帯みたいになっていた。

「ぁぁ…だめぇ…そこ、だめぇ…」

もちろん抵抗をする力は無い。

「裕子、私な、一人で寂しかってん。彼氏できてもすぐに別れてしまうし、
 男は私の中に何か幻想でも見てるんかなって。
 私、おしとやかでも、マジメでもないのに…」

サキは、あまりよく…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
幼稚園の教育実習生とエッチしたら処女でした
2018/05/12 12:21
2018/05/12 12:21
近所の幼稚園に毎年春と秋にやって来る教育実習生に狙いを付け、度々女子大生を家に連れ込んでいます。


昨年の春にやって来た敦子(20)は、教育実習期間内にモノには出来ませんでしたが、知り合って4回目のデートに誘い、待ち合わせ場所に行くと敦子はミニスカート姿でした。


ドライブへ出掛け、水族館等を見て歩く度にピンク色のパンティが見えました。


海岸沿いの道から脇道に入ると小高い丘に辿り着き、車を停めて敦子に抱きつきました。


ゆっくりとキスをし、胸を揉み始めると敦子が

「こんな場所は嫌だ」

と言い出したのでラブホへ連れて込みました。


私はまず風呂にお湯が溜まる間に服を脱ぎ…
嫁と思って抱きついたら嫁の友達だった【SEX体験談】
2018/05/16 06:10
2018/05/16 06:10
ハメ撮りビデオを観てオナろうとしていたら玄関が開いた。

お帰りが早いな?でも、グッドタイミング。

ドアの陰に隠れ、後ろから抱きつくと『キャー』という悲鳴。

オレが抱きついていたのは、嫁の友達の菜々だった。


『ゴメン。麻美と間違えた』

慌てて謝ったが、部屋にはバックで突かれカメラ目線で喘ぐ麻美のビデオが響き渡っていた。


『一人エッチしていたの?』

素っ裸でフル勃起の俺に尋ねる菜々。


何も言えずうつ向いていると

『麻美から聞いてはいたけど随分立派なのねー』

含み笑いをしつつ、奈々はオレのチンポを手に取ってそのまま咥えてきた。
大学時代にうっかりノーブラで電車に乗ったわたし。。。
2015/11/11 06:30
2015/11/11 06:30


大学時代の夏休み前の事です。




その日は寝坊して目を覚ましていつもより20分も遅く起きてしまい、慌てて顔を洗って化粧をして学校に向かいました。




私の家は駅がすぐ近くにあるので、家を出るとすぐに電車に乗る事が出来ます。





慌てて電車に乗ると、なんとかいつもの時間の電車に乗れました。




どうしても遅刻出来ない学校だったので、ホッと胸を撫で下ろしました。




私は電車の中ほどの釣り革に掴まり、前の座席にはサラリーマンらしき若い男が座っていました。




その男性がなんか私の胸の方…
好きに成った人妻さんは元風俗嬢だった… 其の一
2016/02/02 00:05
2016/02/02 00:05
好きに成った人妻さんは元風俗嬢だった… 其の一プロローグ 8年前の出来事です、僕は22歳で社会人1年生の時に就職先で知り合った、パート社員の美人な人妻さん当時(35歳)に一目惚れしてしまいました。 その奥さんは性格は明るくて優しい人で僕に仕事を教えてくれたり色々お世話をしてくれたり悩み事を聞いてくれたりしました。 会社でも人気者の女性で、皆が奥さんを狙っているような感じがします。 奥さんは気さくな感じで良いキャラです、会社の中で新人で一番若い僕と話している時は何時も自分の事を「オバチャンは…と言います」顔は黒木瞳に似ていますが身長は165cm有り、巨乳で少し豊満な感じですが決してデブではなく脚…
ブラ紐 (その他)
2015/10/04 07:30
2015/10/04 07:30
私が中学の時にさ、ブラのホックをはずすって遊びが流行ったわけよ クラブ帰りなんか体操服のまんまだからやりやすくてね こっそり後ろから近づいて軽く指で摘むようにすると案外簡単に外れる (コツはあるけどね) 女の子同士のイタズラで男子は外れたホックを必死で嵌めるのを見ながら喜んでた 正直やられた時はめちゃ面倒くさい、楽しくないし・・ だんだんエスカレートしてきて男子もやるようになったんだけど慣れてないから下手くそ (当たり前か) 私も帰りにパン屋さんで買い食いしてるときに 同じクラスのT君に狙われてクイッてホックのところ…
【人妻との体験】人妻への人工呼吸や心臓マッサージでムラムラしてしまい、妻に即挿入
2017/03/15 14:37
2017/03/15 14:37
俺はクロールで現場に行き、人を拾い上げる。 転落したのはPTA委員の恵子さんだった。 プールサイドに集まった園長やPTA委員に手伝ってもらい、日陰に仰向けで横たえる。 さっきから意識がないのが気になる・・・・「誰かナースの経験者または、人命救助が出来る方はいますか??」「・・・・・・」仕方ない。 俺がやってみるか。 「恵子さん、大丈夫ですか、大丈夫ですか?」俺は、両手で両肩を叩いて意識を確認する。 意識はない。 顔を横に向け、水を飲んでいないか確認する。 特に水は飲んでいないようだ。 「園長先生、救急車を手配してください」「はい」「主任さん、AED(自動体外式除細動器)はありますか?」…
E姉
2018/08/12 15:01
2018/08/12 15:01
夕べの飲み会で。 トイレ前で先輩(女)が空き待ち中。そこへ俺が並んだ時の事。 「酔った。やりてぇ。お前協力しろ。みんなには黙ってろよ。」 と俺のモノを要求。 先輩は綺麗でスタイルもよく、サバサバしてるけど人妻。俺も所帯持ち。 先輩のプライド守りながらやんわりと断ると「チッ」と舌打ちして 「5分でいいんだよっ、しゃぶらせろよ。悪い様にはしねぇからなっ」 と俺の肩に手をまわして全く周り気にせずトイレに連れ込もうとする。 まずいですよ…と言いかけたところで 「は?お前は何様のつもりだ?逃げようなんて考えてないよな?」 と、既にお怒り口調。もう訳わからない。ただ、とても酒に強い人なので酔っ払いではな…
【寝取られ】外国人従業員に輪姦されていた妻
2016/06/13 18:00
2016/06/13 18:00
農林高校を卒業した私は、ボランティアで植樹を教える為に海外に1年程行ったことがあります。東南アジアの地域で、現地農家の家に住み込みでした。そこでお世話になったのがヨギさんです。 生活は日本では考えられないほど貧しく、現地の生活が大変なのはすぐに分かりました。 日本に戻ってからもヨギさんとは何度か手紙のやり取りをしていました。木に関わる仕事を・・・と思い、農林組合で働き、35歳を過ぎた時に友人の勧めもあって造園業を営む事になったんです。当時付き合っていた彼女(32歳)とも結婚し、新たな人生の始まりを夫婦で共に頑張ろうと、子作りもせず2年が経ちました。造園業と言っても夫婦だけ…
【近親相姦体験告白】姉ちゃんのオッパイ
2015/10/01 19:28
2015/10/01 19:28
GWの初日、実家から姉が遊びに(東京へ)来ました。 姉は26歳ですが、昨年の夏に初の出産をしてから遊びに出掛ける余裕が無く、 今回の連休に思いっきり羽を伸ばす為に子供と旦那を置いてやってきました。     夕方近く、マンションのインターホンが鳴り大きなバックを抱えた姉がやって 来ました。姉と会うのは昨年の産後の病院以来です。 僕は驚愕と共に瞬間的に勃起してしまいました。何故なら、姉のその巨大過ぎる 胸に・・・もともと姉は爆乳でした。まだ実家で同居していた頃にオナニーのネタ に姉のブラを使っていた時に見たサイズは既にIcupでした。僕が重度の巨乳 マニアになったのは、姉の存在が影響していると…
女の告白、エッチの相性が抜群な男と居心地のよい男
2016/04/06 23:00
2016/04/06 23:00
 

私は38歳のバツイチです。
今、幸治という38歳の同級生と逢ってエッチしています。夜に近くの公園で逢って話すだけでしたが 成り行きで…
お互い知ってる同士で恥ずかしい感じでしたが、関係が続いてました。実は最近までまた別の孝司君という32歳の地元の子とエッチしてましたが、幸治といると毎回エッチしなくてもなんか落ち着く感じで、孝司君とセックスすると二回も三回もイカされてしまうし、彼はタフ過ぎ。孝司君とは理由を付けて逢わないでいました。ところが、幸治との関係に気づいた孝司君。
どうして…と言われると居心地だったんですが…それからも孝司君は毎日メールをくれましたが、半分しか返してな…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【浮気】友達の連れ子の前で友達の彼と獣セックス

・姉さん女房を寝取らせて3

・【Hな体験】18歳のちょいぽちゃヘルス嬢に中出しまくり

・子供を作られる人へ

・妻の体内に精液を生で射精する瞬間

・中学からの親友とセフレみたいになってしまった

・おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

・【人妻体験談】妊娠させた長身美人なシングルマザーが堕ろさずに他の男と結婚した

・MM夫婦調教の方法と理想。

・若いツバメとSEX汗を流しています

・【初体験】ポニーテールが似合う先輩にリードされながら

・忌むべき日常行事_3

・先生のリードでアソコがへと導かれる・・・

・【人妻体験談】隣の夫婦と婦交換し白目絶頂

・【熟女体験談】テレクラで人妻ナンパしてムッツリスケベな網タイツ熟女に生挿入中出し

・条件は・・オナニーだけは好きにさせて欲しい

・忌むべき日常行事_1

・勤務先の上司に躾けられていた妻

・【寝取られ】セックスレス解消とはいかなかったものの・・・。

・【人妻体験談】隣に住む若ハゲ旦那にビンタして無理やり中出し逆レイプをするドS主婦

・【熟女体験談】父と息子という血の繋がった二人の男性とファザコンの出戻り娘の近親相姦SEX生活

・中学生に寝取られた_終

・男性に綺麗と言われるって嬉しくエロへ

・一度のつもりが・・・

・【乱交】マグロな私を変えてくれた後輩男の豹変

・【Hな体験】嫁と元カレのエッチを想像すると異常なほど硬くなる

・中学生に寝取られた_9

・王様ゲーム2

・中学生に寝取られた_8

・【熟女体験談】電動バイブが壊れんばかりにオマンコに高速ピストンしてガチイキ絶頂していた変態チビ巨乳熟女