寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【寝取られ】隣に住んでるおじさんに妻を抱かせてみた結果

2018/09/20 22:00


以前からスワッピングや3Pに興味があり、いつ妻を誘ってみようかと迷っていました。そしてとうとう勇気を出して妻にスワッピングサイトを見せて反応を見ました。妻は私以上に興奮して興味を持ちました。ちなみに妻は26歳で、小柄ですが結構グラマーで、大人しくて可愛いタイプです。
「もし、俺以外とプレイすることになったら、どんな男がいい?」
意外にも妻は、「40歳から50歳くらいのおじさんがいい」と答えました。どうしてと聞くと、脂ぎったおじさんに迫られて、「イヤイヤ」って嫌がりながらも体中を舐められて、だんだん自分がその気にさせられて、嫌いなタイプの男なのに体が男を求めて、最後は中に出されてしまう。そして嫌いなはずの男のことを好きになってしまうような妄想を、今までに何度もしたことがあると告白されました。私は興奮しました。
そして4ヶ月かかって、妻のタイプの男を見つけました。というよりも、すごく身近にいたんです。アパートの隣に住んでいる一人暮らしの52歳の男性でした。聞けば、私が仕事で留守の間に妻は何度か隣の家に呼ばれて世間話をしたりしていたのでした。専業主婦で暇を持て余している妻は時々そのおじさんの家に行って、いやらしい話をしたりエロビデオを観たりしていたのでした。私はそれを聞いてかなりムッとしましたが、模様替えと口実をつけてベッドを隣の部屋と隣り合わせの部屋に移し、セックスをしているときの妻の声が隣によく聞こえるようにしました。妻の喘ぎ声がかなり大きいので、必ず隣のおじさんに聞こえると思いました。私は、近い将来、妻がその男に抱かれるかもしれないと思うと興奮して毎晩のように妻を抱き、妻が狂ったようにむせび泣くまで犯すように抱きました。
やがてチャンスはやってきました。近くの温泉センターでその男と出会ったのです。サウナの中で男と話をしていると、男はしきりに私のペニスを見ていました。
「一人暮らしは気ままでいいですね、結構遊んだりしているんでしょ?」
話をそっちの方向に持っていくと男は、「いやいや結構不自由していますよ。それに比べてお宅は奥さんが美人だしいいですねぇー。毎晩激しい声が聞こえてきて、やもめ暮らしには毒ですよ」と言いました。
(やっぱり聞いていた)
私はぞくっとしました。
「今晩、家に帰ってから一杯飲みませんか?」
「いいですねぇ」
「うちは1歳の子供が寝ているからお宅に料理を持って行ってやりましょうよ。隣なら子供が急に起きても大丈夫だし」
「でも、奥さんに迷惑じゃないですか?」
「そんなことないですよ。うちの女房が時々遊びに行っているんでしょ?いつも面白い話をしてくれて優しいから好みのタイプだと言ってましたよ。なんならうちの女房を口説いてみますか?ハハハ」
男がゴクリと唾を飲み込んだのを私は見逃しませんでした。
「いやね、最近インターネットでスワッピングや3Pのページを見たりしているんですけど、あれってぞくぞくしますね。自分の妻が他の男に抱かれて精子を中に出されるなんて考えたら嫉妬と興奮で眠れなくなる時があるんですよ」
2人きりのサウナの中で、互いに暑さを我慢しながら興奮していました。今晩、目の前にいる男のペニスが妻の中に入り、そのペニスで悶える妻の中に白い精液がドクドクと注がれるかもしれないと思ったら勃起してしまいました。
「すみません、想像したら立ってきてしまいました」
「実は、妻が逝く前に2、3度、夫婦でスワッピングクラブに行ったことがありますよ。もう10年くらい前の話ですが、あれは興奮しますよね。でもね、いつも妻はすんなりと他の男に抱かれるんですけど、私は妻のことが気になって、入れるには入れるんですけどイケないんです。聞いたらそういう男って多いみたいです」
そんなことをしゃべってる男のペニスもかなり大きくなっていました。私とは太さも雁首の張り具合も違っていました。私はピンクで長くきれいな感じですが、男のものはずんぐりと黒く太く、特に雁首がものすごく張り出していました。この雁首で中をかき回されたら妻は泣きながら悶え狂うんだろうななどと考えると興奮が収まらず、私はピンと立ったペニスを隠そうともせずにサウナを出て水風呂に飛び込みました。
家に帰ると、さっそく妻に男と話したことを報告しました。妻は複雑な顔をしていました。妻は料理を作り、私は先に隣の家にお邪魔してお酒を飲み始めていました。やがて妻が料理を持って来ました。風呂上りの妻の真っ白い肌はピンク色に染まり、胸の開いたパジャマを着ていました。パジャマのお尻にはくっきりとパンティーの線が浮き出ていて、夫の私でも興奮するような格好でした。料理をテーブルに並べるたびに身体を曲げるので胸の隙間からおっぱいの谷間が丸見えで、男はじっとそれを見ていました。妻はその夜、私が実行に移すことを察していたのか、新品の下着を身に着けていました。
しばらく料理と酒と会話を楽しみました。しかし私の頭の中は、どうやって2人をセックスに結びつけるか、そればかりを考えていました。しばらくして子供の泣き声が聞こえてきました。妻が行こうとしたので・・・。
「いいよいいよ、俺が行ってくるから。寝かしつけてる途中でもし俺も寝てしまったら、2人で楽しんでいてもいいから」
そう言って自宅に戻りました。子供はすぐにまた眠りました。私はベッドの部屋に行って壁に耳をつけ、2人の会話を聞いていました。最初は普通の世間話でしたが・・・。
妻「私が木村さんの家に時々来ているって話したから、あの人、怒って失礼なこと言ったんじゃない?」
男「そんなことないよ、いい旦那さんだね。人が良さそうで好感が持てるよ」
妻「そう?私、木村さんとエッチなビデオを観たりしてるって言ってしまったから、ここに来るって言い出したとき、その話になって喧嘩でもするんじゃないかと思ってヒヤヒヤしていたのよ」
男「大丈夫だよ、それより旦那さんって立派なモノを持っているだね」
妻「えっ、あ、そうか。お風呂だから見えるわね」
男「サウナの中で色々と話していたら、2人ともあそこが立ってきてびっくりしたよ。あのチンポで毎晩やられたら美保子ちゃんも大声で喘ぐはずだよね」
妻「やだぁー、聞いてたのぉー、恥ずかしい。それよりお風呂の中で男同士で話をしてどうしてあそこが立つの?」
男「旦那さんが、今晩、美保子ちゃんを口説いてみないかって言うんだよ」
妻「まぁーあの人、またそんなことを言って」
男「美保子ちゃんが、俺のちんぽを入れられて悶えるところを想像したら立ってきたって・・・ちんぽがへそにつきそうなくらい立ってたよ」
妻「最近あの人、『私を他の人に抱かせてみたい』って言うのよ」
男「美保子ちゃんはどうなんだい?」
妻「私も興味があるから、『それもいいわね』って言ったわ。私ね、ファザコンの気があるのかしら?木村さんみたいにずっと年上の人にされてみたいって言ったの。あっ・・・それであの人、私をここに置き去りにしたのかな」
男「そうだと思うよ。だとしたらどうする?こんなおじさんとしてみるかい?」
妻「あははは、してみるかって面と向かって言われたら返事に困るわよ。じゃあ私、今晩、木村さんにやられちゃうんだ・・・どうしよう」
男「布団、出そうか?」
妻「・・・」
声が聞こえないということは、妻は頷いたようでした。すぐに襖を開ける音がしてバサッバサッと布団を出す音がしました。
妻「私、ちょっとだけ様子を見てくる」
妻が部屋に戻ってきました。私はベッドで寝ているふりをしました。
妻「ちょっと、あなた、起きているんでしょ?いいの?私やられちゃうわよ」
私「後で行くから鍵は開けておいてくれよ」
それだけ私は言いました。妻は寝室でブラジャーを外して、また向こうに戻っていきました。
男「おやっ、ブラを外してきたんだね。乳首がぷっくり浮き出ててセクシーだよ」
妻「私、乳首が大きめでしょ。子供生んだら黒くて大きくなったから」
男「いいんだよ、それが普通なんだから。コリコリしてやろう」
妻「あっ、いやぁーん・・・ああ」
男「もう、立ってしまってるよ、ほら」
妻「うあー、いきなりおちんちん出すの、エローい」
男「今から美保子ちゃんはこのちんぽでアンアン悶えて、この先の穴から俺の精液をいっぱい中に出されるんだよ」
妻「えっ、やっぱり中に出しちゃうの?なんだか変な気分」
男「安全日かい?まずようなら外に出してもいいよ」
妻「大丈夫だと思う、そろそろ生理前だから。途中で始まったらごめんなさいね」
しばらくの間、2人の声は聞こえなくなりました。代わりに、「はあーん」「あああ」という妻の声と・・・。
男「可愛いなあ、いつかこうなれたらいいとずっと思っていたよ。でも、こんな禿げたおじさんでいいのか?おおおっ、美保子ちゃんってちんぽの触り方が上手いな、舐めてくれないか」
そんな声が聞こえてきました。私は近くで見たい気持ちをぐっと抑えて、想像力を膨らませることにしました。妻が入れられるまで1時間くらいかかったでしょうか。
妻「お願い、もう入れて、おちんちん」
こんな声を数十回は聞きました。私のペニスからは透明な液体がどんどん溢れてきて、パンツがベトベトに濡れていました。
男「そろそろ、一つになろうか?」
妻「うん、早く、早くして、もう変になりそう」
それから1分ほどシーンと静まり返ったと思ったら・・・。
妻「はぁぁーーん、いい、きもちいいーー」
妻のとびっきり大きな声がして、私の待ち望んでいた世界が始まりました。声にならない声と甘くむせび泣くような妻の声が隣の部屋から聞こえるのです。いつもは私の目の前で白い太股を広げて真っ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
町内会のピチピチボディの奥さん
2015/11/19 21:00
2015/11/19 21:00
4月上旬に次の町内ゴミ拾いは誰が班長か? と決める近所の会合で知合った同じマンシュンの女性。30代前半で、黒木瞳をもっと若くさせたような感じの清楚感溢れてる人。
 こんな人住んでたっけ? と一応は挨拶したけど、何号室に住んでるか分らなかった。
 町内でのゴミ拾いとか正直メンドクサな感じなのだが、運悪く俺が班長でその女性(仮に瞳さんとしておこう)が副班長。


ここでお互い初めて「いやですね〜」とか「めんどくさいですね〜」とか話して一旦は別れた。

週末の掃除日に行くと、タンクトップの上に白いブラウスだけ羽織った瞳さんを見てドッキリ。
 ブ…
居酒屋の美人ママ
2018/01/11 08:35
2018/01/11 08:35
“なんていい女なんだ・・・” 腕枕で行為の余韻に浸っている女を見て、つくづくそう思った・・・。 女の名は喜美子。私と同い年の40歳。 もっとも30代前半と言っても通用しそうな感じである。美人というよりも可愛いといった方が彼女には合っている。私の家の近所の居酒屋のママである。 48歳のマスターと夫婦での経営。 この店が開店したのは今から約1年前。住宅街のど真ん中にこじんまりとした佇まいであるが、開店前にポスティングしたチラシの効果もあって初日から繁盛していた。 私も酒は大好きなので初日に行ってみたが、いかんせん店が小さく、中で飲むことは出来なかった。 初めて入ったのは5日目くらいだったと記憶…
セックス体験、ナンパに成功した美女の狭い膣に巨根を
2015/08/05 22:00
2015/08/05 22:00



数年前の冬の夜だった。一人でなんとなく人肌恋しくなってしまった僕は、車を出してとある繁華街に向かい、深夜の街を一人でブラブラ歩いていた。するときれいな洋服を着た、モデルのようなお姉さんが歩いてきて、横断歩道の赤信号のところで一緒になった。なんでこんな時間に、こんなきれいなお姉さんが一人で歩いているのだろう、と思いながらも、ダメもとで声をかけてみた。「あの、よかったら、これから遊びません?車もあるし...」
僕の顔をみたあと、彼女の口から出た言葉は
「いいわよ」 だった。
あまりにあっけなくできたことに、自分でも驚いてしまった。しかもこんなきれいな女性を。聞くと、キャバクラで働いている…
【痴漢・痴女】変態の俺が助けた女の子に惚れられてしまった
2015/12/01 00:24
2015/12/01 00:24
1:名無しの変態◆51u13yxyg6:2013/03/09(土)04:48:38.19ID:Zk8P/4o30 最初に言っておくけど俺は女装して外を歩き回る変態です 俺は小さい頃から「可愛い」とか「女の子みたい」とか言われてちやほやされてたもんだから 女の子になりたいとずっと思ってた 小学の時は親に隠れて口紅塗ったりとか 中学では小遣いで安い服買ったり しかし、高校一年の時に父親のDVが原因で親が離婚、母側に俺はついていった 母は俺の為に仕事を遅くまでしていた そこで1人になる時間が増えたもんだから バイトの金でカツラを買って誰にもばれない様に女装して外に出てみたりだの色んな事に挑戦してい…
合宿免許で
2016/02/17 03:05
2016/02/17 03:05
合宿免許で 削除依頼 投稿者:じょじょ 2006/05/20 10:36:05 (fqotvRTP) 投稿削除 大学のとき山形に2週間の合宿免許に行った。宿泊先はシーズンオフの古い温 泉宿で雪が2メートルくらい積もっていた。朝8時から夕方6時まで授業で 宿に帰ったらなにもすることが無い。唯一のたのしみは温泉だけ。一応混浴 だった。あるとき時間遅めに入ったら、宿屋の小学5,6年くらいの娘が母 親とふたりで入っていた。びっくりして出ようとすると「はすがしがらんで いいよ。はいり」と言ってきた。風呂場は湯気でなにも見えなかった。その せいではないが数日後おれは風邪で授業を一日休んだ。学校か…
想像を超えてハードだった初めてのSMクラブ
2017/07/06 20:49
2017/07/06 20:49
高校卒業と同時に風俗にドップリハマり、今まで色んな風俗に通ったが、SMだけは手を出したことがなかった。 痛いのは嫌いだし、M性感で細目のケツバイブ入れられてヒィヒィ言ってるのが俺の限界だと思ってた。 ある日、俺はいつものように風俗サイトの体験動画を漁っていた。 顔がタイプだったので、その中のひとつを何の気なしにポチッた瞬間が全ての始まりだった・・・。 それはハードもどんとこい系のSM店の動画だった。 男が若い女王様の前に正座させられ、「ポチ」と呼ばれている。 これ系は興味ないので画面を閉じようとしたとき、女王様がシュークリームを食べだした。 何するのか少し気になり、続きを見てると…
【父】父と妹が その1 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/09/23 09:35
2017/09/23 09:35
2013/04/19 22:34┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者自身の体験ではありませんが、近親相姦を目撃してしまいました。こう書くと余計嘘っぽくなるかもしれませんが、全部事実なんです。 俺は高校2年です。これは半年ぐらい前の話で、夏から秋の季節の変わり目でした。いつものように学校に行ったのですがだるくて、サボって帰ってきました。すると、親父の車が止まっていました。今41歳の親父は警察官なので、その日は非番だったようです。バレルといつものように口うるさく怒られるので物音を立てないようにそっと玄関を開け家の中に入って行きました。 するとちょうど風呂に入っていたみたいで安心…
【乱交】こんなに精子が好きな私は異常でしょうか?
2016/03/02 12:00
2016/03/02 12:00
私は24歳で某企業の受付嬢をしています。 私は異常なまでに精子が好きです。こんな私はおかしいのでしょうか? 精子の匂いが好きです。あの漂白剤のような青臭いような匂いを嗅ぐと異常に興奮します。体や顔にかけられるのが好きです。暖かくて粘り気があり、それを顔や体に塗り広げるのが好きです。全身がベタベタになり、時間が経つと乾いてパリパリになるとお肌に良い気がします。お口に出されて飲むのも好きです。他には無い特殊な味で、酸っぱいような苦いような甘いような・・・、あの不思議な感じが好きです。精子を味わうと、匂いを嗅いだ以上に興奮して、触られてもいないのにアソコが熱くなってビショビシ…
【愕然】ババアらのマンコ舐めまくってたらwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
2018/07/16 20:00
2018/07/16 20:00
【乱交】ちょっと気になる男友達と二人きりで飲むはずが・・・。
2017/05/28 18:00
2017/05/28 18:00
大学に入って仲良くなった男の家に遊びに行くことになりました。私は少しその人に気があったので、ワクワクしながら終電に乗って着いたら、彼の家に色んな酒があるので作って飲もうということになった。 初めはDVD見ながら、彼の作ってくれたカクテル飲んで喋ったりしてました。彼を『トシ君』としますね。 そしたらトシ君に電話が掛かってきて、近所に住んでる友達が暇だから遊びに行くと言ってきました。 (私はトシ君と二人っきりがよかったけど、まぁいっか・・) ってことで、私も面識のあるヒロ君とカズ君が来ました。みんなでぎゃーぎゃー騒ぎながら飲んでたんです。酔いも回って大丈夫なのかな~とか思いつ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・人妻の男あさりが止められません

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り

・完熟?女子中学生と…

・【熟女体験談】隣のデカチンな黒人と4p乱交していた寝取られ妻

・フィギャアスケート部員で男は俺一人

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・凌辱犯罪被害者の貧乳恥辱ロリ女と結婚した経緯

・ウブな女の子から大人の女に

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・ロリコンな幼馴染との奇妙な関係

・オヤジの愛人とデキて孕ませた子供は・・・

・思い出のお姉さん

・【人妻体験談】変態で下品なプレイを妄想し、実現させたくなるムッツリスケベな専業主婦

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・【不倫】とろけるようなキスが私の貞操観念を狂わせた

・親友の息子と愛し合う日々

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)

・職場の先輩 大学時代