寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【ヤンキーのエッチ】学生時代の青春セックス

2018/09/16 16:10



登場人物の紹介

タカシ=俺
香織=長いスカート引きずってる、当時の言葉で言えばツッパリとか不良。
   今考えると不良に憧れ、そっちの道へ進み出してはいたけど、
   思いっきり不良というわけではなかった。
夏美=香織の仲間であり舎弟。少しポチャ。かわいい。同じクラス。
由美子=やはり香織の舎弟。一番性格はきつい。別のクラス。

香織のグループには他にも何人かいたけど、名前が出てくるのはこれだけ。

−−中学1年
俺は特にどのグループにも属していなかった。
クラスの大多数の連中と仲は悪くはないけど、特に積極的にも喋らず、
割とマイペースに日々を過ごしていた。
漠然とした思いの中に、将来は絵を描く仕事に就きたいと思っていて、
クラスの連中と喋ったり、廊下で走り回って騒いでいるなら、
絵を描いていたいという思いがあった。そんな中で、強いて言うならば、
生徒会役員をしているヤツを中心とした優等生グループとはよく話をし、
仲良くやっていた。そして香織を中心とした不良女子グループと仲良くやっていた。

−−晩夏
2学期に入り席替えが行われる。
俺は一番後ろの席になった。席を移動すると左隣には香織の姿がある。

「よお」と俺

香織は長身でスリム。しかも美人。
ちょっと突っ張っている女子を数人連れている姉御。

「冬まで隣だね。タカシが隣で良かった」と香織

普段突っ張っているくせにかわいらしい挨拶をしてくる。
授業中。俺は何となく授業を聞きながら、ノートを取るでもなく、
一番後ろの席からクラスの様子をスケッチする。
1学期は窓際だったので窓から見える風景を描いていた、
2学期になってからは一番後ろの席から授業の様子をスケッチする。

机の上に小さく折りたたまれたノートの切れ端が転がった。
香織の方を見ると目配せで読めと合図している。

小さく折りたたまれた手紙を開くと、そこにはとても綺麗な字で

「教科書見せて」

と書いてあった。どうやら教科書を持ってないらしい。
いつも机の中に置きっぱなししているはずだから、
他のクラスの誰かに貸してそのままになっているのだろうか。

机を少し左へ寄せ、香織のそばに寄る。
机の一番左側に教科書を置き、香織に見えるようにして、
「今、ここだよ」と指で教科書の一文を指す。

香織が指で俺をつつく。そして香織は自分のノートを右に寄せ、
目線で読めと合図する。

「タカシって彼女いるの?」綺麗な字でそう書いてある。

俺は自分のノートの片隅に

「いないよ」と書く。

それからしばらく、そんな些細なやりとりが始まった。
ノートに切れ端の手紙であったり、お互いのノートや教科書の隅に
メモ書きされたメッセージを覗き込んだりした。
香織と俺は別々の小学校だったため、お互いの小学校の時のことを話したり、
クラスの誰が誰と付き合っているとか、誰それは気に入らないとか
そんな下世話な話もした。

ある時、香織からいつものようにノートの切れ端が俺の机に転がってきた。

「タカシって、オナニーするの?」

唐突すぎるその一言に動揺を悟られないように

「バーカ」と答える。

「ちゃんと答えろよ」「ちゃんと答えないと痛い思いするぞ」
香織はしつこく追求してくる。

「するよ」
男らしくきちんと答えてやった。

「香織はオナニーするのかよ?」

「バーカ、タカシと違って相手がいるんだよ」

心臓の鼓動が早まる。ドキドキドキドキ。
(香織はやっぱしちゃってるのか…。)

それから数日。

「タカシさ、男の子のチンチンってどうなってるの?」

!?
またも唐突すぎるその一言にちょっとした疑問を投げかける。

「香織。なんでそんなこと聞くんだよ。相手いるんじゃなかったのかよ。
 さては…、本当は処女だろ?」

と疑問を投げかけた。内心は怒らせやしないかとドキドキしていた。

「ちげーよ。タカシのがどうなってるか気になっただけだよ。
 これ以上へんなこと言うと恐いぞ!」

そう返ってきた。

香織の方を見て、声を出さずに口を動かし
「え に か い て や ろ う か」と聞いてみる。
返事を待たずにノート代わりにしているクロッキー帳を一枚破る。

俺はクロッキー帳に絵を描いた。
さささっと普通の状態のを出来るだけリアルに描いて香織に送った。
横目で香織を見る。香織はシャーペンを手に取ると

「タカシのチンチン皮被り〜♪」

と書いて寄越した。そのとき皮が剥けることは知っていたけど、
皮が被っていていけないとは思っていなかったし、
その当時、大きくなっても先がちょろっと出るくらいだった。
ちょっと正直に描きすぎた。

「うっせー」

からかわれたことに恥ずかしくなりそう声を荒げる。

放課後、いつもなら掃除をばっくれてしまう香織が残っている。
夏美、そして別のクラスの由美子もその場にいて、
他に何人か、香織について回っている女子達もいる。

「タカシ。ちょっとこっち来て」
夏美はそう言うと俺の腕を掴んで、女子トイレへ引っ張り込む。

女子トイレで香織や夏美、由美子に囲まれる。

「タカシは皮剥けてないのかよ」
「大きくなっても剥けてないんだろー」
「そうだ、剥けてないんだろ」

と馬鹿にした笑いをしながら香織と由美子が交互に言う。

「風呂に入ったらちゃんと剥いて洗えよ」
「なんなら皮剥いてやろうか?」

「ギャハハハハ」

取り巻きの下品な笑い声が女子トイレに響く。
香織が俺の腕を捕り女子トイレの個室に引きずり込もうとする。

「ここで私たちが剥いてやるって言ってるだろ?」

「ちょ、ちょ、ちょっと待って」
「今日、帰って自分でするから」

「ったくー、仕方ねーなー。明日、ちゃんと報告しろよー」
「返事しないと無理矢理するぞ」

「ギャハハハハ」

周囲で夏美と由美子が笑う。

「ちょ、ちょ、ちょっと待って」
「明日、明日、報告するから許せ」

「ギャハハハハ」「タカシ、逃げてったよー」

その日、俺は家で皮を剥いてみた。
勃起した状態でそーっと皮を引き下ろす。意外と簡単に剥ける。
そっと触ってみる。「あう」強い刺激が走る。
その夜には風呂でも皮を剥いてみる。
シャワーをあて、その刺激に小さく声を上げる「うっ」
少し大人になった気分で、強い刺激を我慢してシャワーを当て手で触ってみた。

翌日、いつものように香織から脇腹をつつかれて、
ノートを見ろという目配せに香織のノートの片隅を覗き込む。

「どうだった?」

「なにが?」

「わかってて聞き返すなよ」

「じゃあ、また絵に描くよ」
俺はささっとノートに描く。そして香織に見せる。

「見栄張ってないか?」
「どう考えても見栄張ってるだろ?」

「張ってねーよ」

「ふーん」

俺は香織が素っ気なく「ふーん」と返事してくれたことに内心ホッとした。

その日の帰り、夏美が声をかける。
「一緒に帰ろ」

「夏美と?」「だって帰る方向違うじゃねーかよ」

「いいでしょ?ね、送ってよ」

靴を履き替えると、香織や由美子達に声をかけられる。
「タカシぃー、夏美と帰るんだろー。私たちとも一緒帰ろうぜー」

「え、え、え」

結局、香織、夏美、由美子、あと2〜3人くらいで帰った。
夏美の家まで来て
「じゃあ、俺、帰るから。じゃあね」
と引きつって挨拶すると、

「まさか帰れるとなんて思ってないよねー」
と言われる。結局、夏美の家へと寄らされる。

「夏美の家、夜にならないと両親帰ってこないから」

軽く嫌な予感がするも、どこか他人事のように考えていた。

「ねぇ、タカシ」

他人事はすぐに自分のことへと変わる。

「見せてよ」

「な、な、なにを」

「アレに決まってるじゃない。アレ」

「アレってなんだよ」

「分かってるのに分からない振りするって良くないなぁ」

夏美や由美子達に手足を押さえられる。

「まって、まって、ま」

仰向けに倒され、手足を押さえつけられる。
そして香織が身体の上に乗りしゃがみ込む。
「見せてくれるよね?」

「無理。ダメ。ヤダ。無理。やだやだ、勘弁して」

誰かの手がベルトを外し、学生ズボンのファスナーを下げようとしている。
こんな時、5〜6人の女子の前には無力であることを思い知る。
黄色い嬌声とも、ただの下品な笑いとも付かない笑い声の中で、
学生ズボンと下着をおろされる。

「もう大きくしているじゃないか」
「タカシはエロイことばかり考えてるんだろ」
「今は香織に乗られて大きくしちゃったの?」
「ギャハハハハ」

「タカシ、オナニーしてみろよ」
「手を押さえられてたらオナニーできないねー」
「あたしらがしごいてあげるよ」

上に跨って乗っていた香織が向きを逆にし、お尻をこちらへ向ける。
香織は長いスカートの裾をめくりあげると、俺の顔にスカートをぱさっと被せる。
埃っぽいニオイがする。

胸の上に香織の尻が乗る。
スリムな香織と言えども胸の上に体重がかかったら重くてしょうがない。

「重い、重いってば」
その声に、香織はきっと身体を前に傾げたのだろう。
お尻が少し持ち上がり、かかっていた重さが抜ける。
そしてすぐにお尻は段々顔の方へと近づいてくる。
洗濯することが少ない制服のスカートの埃くささと、
湿度の高い饐えたようなニオイがする。

スカートの中は別の世界のように感じられる。
スカートの外は遠くで声が聞こえてくる感じがする。とても遠いところのようだ。

「これって大きいのかな、小さいのかな」
「アタシのお父さんのはもっと大きかったよ」
「引っ張ったら皮剥けたー」
「ギャハハハハ」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
制服着衣の美形OLを車内でイカせまくった
2017/05/27 05:49
2017/05/27 05:49
俺:37歳、167cm、57kg、武豊似。 相手:21歳、OL、佐々木希似。 掲示板でドライブ募集をかけたところ、これからすぐ行けるとのこと。 横浜方面へ行こうと約束。 それ以外はたいした決め事も無く、不安要素たっぷりだが、それもまた楽しい。 非通知で事前に打ち合わせ。 「制服っぽい服装ですが良いですか?」と。 そんなもん全然OK、って言うかむしろ興奮! 渋滞のせいで多少遅刻するも、スムーズに合流。 でもスカートじゃないじゃん。 チノパンだし・・・。 だけどめちゃくちゃ可愛い。 顔ちっちゃくて、ショートカット、声と話し方が佐々木希みたい(以下のんちゃん)。 こっちは低…
Gカップの義姉とラブラブ種付けセックス[前編]
2018/07/18 00:13
2018/07/18 00:13
去年のお盆に嫁の実家に帰省した時の話です。

嫁と子供と義母で談笑してると、義兄家族が沢山のお土産を抱えてやって来ました。
俺が玄関で出迎え「持つよ」と手を差し伸べた時、前屈みになった義姉(仮名・久美ちゃん)の谷間が・・・。
推定Fカップはある胸がドーンと、サイズが合ってないブラのせいか乳首もコンニチワ。
もう目が釘付け!

それだけかと思ったら靴を脱ごうと脚を上げた時、短めのワンピースから白いレースのパンティが・・・。
レースだからまんこの毛が確認できて、またもや目が釘付け!
何か視線感じると思って顔を上げると義姉と目が合った。
二コッと・・・っていうより、ニヤッと微笑んだ。
引き…
【姉】授乳でIカップになった姉のおっぱいに貪りついて近親相姦した 長編 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/09/03 07:33
2017/09/03 07:33
GWの初日、実家から姉が遊びに(東京へ)来ました。姉は26歳ですが、昨年の夏に初の出産をしてから遊びに出掛ける余裕が無く、今回の連休に思いっきり羽を伸ばす為に子供と旦那を置いてやってきました。夕方近く、マンションのインターホンが鳴り大きなバックを抱えた姉がやって来ました。姉と会うのは昨年の産後の病院以来です。僕は驚愕と共に瞬間的に勃起してしまいました。 何故なら、姉のその巨大過ぎる胸に・・・もともと姉は爆乳でした。 まだ実家で同居していた頃にオナニーのネタに姉のブラを使っていた時に見たサイズは既にIcupでした。僕が重度の巨乳マニアになったのは、姉の存在が影響していると確信しています。姉は…
ビラビラマンコの五十路叔母はヤリマンで甥っ子と初体験【高齢熟女】
2016/06/06 21:06
2016/06/06 21:06
近所に伯母が住んでいて、私が学2年生の時に、伯母に筆おろしされました。
伯母は、母の姉で、母とは結構年が離れていて、当時55歳ぐらいの高齢の熟女だったと思います。この五十路の伯母は、離婚して、子供もなく、一人暮らしをしていました。
後から聞いた話では、伯母の浮気が激しく、相当な尻軽女なヤリマンだったらしく、それが原因で離婚されたようです

子供がないせいか、私は、伯母に可愛がられて、
近いこともあり、よく遊びに行っていました。
両親が法事などで旅行するときなどは、
泊まりにもいっていました。

伯母は、派手好きで、とかく噂の絶えない人でした。
よく出歩いたり飲みに行ったりして、
いきず…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】ヤンキー女にレイプされた話【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/14 09:42
2017/03/14 09:42
53x◆knhF0rmC.o[sage]2007/11/17(土)06:30ID:zNd1Htbd0厨房時代ヤンキー女にレイプされた話はここでいいでつか54x◆knhF0rmC.o[sage]2007/11/17(土)08:04ID:zNd1Htbd0調子に乗って長文書いちゃったんで、勢いに任せて書き込んでみる。あれは中二の頃だからもう20年ぐらいも昔の話。俺は都内の公立の中学校に通ってたのね。ウチの学校は、周辺の学校に比べるとヤンキーが多くて(と言っても、今から考えれば可愛いもんだが)イジメとかもまぁ割とあった。ていうか、イジメというか、暴れ者が何人かいて、気に入らない気分のときにその辺の…
先輩のAさん
2016/01/05 22:05
2016/01/05 22:05
去年の夏の話です。 やっとフリーターから脱却してようやく会社勤めを始めてすごい精神的に 参ってた時 元バイト先の社員の先輩のAさんと飲んで 社会の荒波についてすごい語り合ってしまいそのまま彼の家に行ってしまいました。 Aさんはもう30歳位だしすっかり落ち着いた感じの人だったから全然 警戒心がなくってシャワーも普通に借りちゃってさあ寝ようか、みたいになった時 Aさんはするっと私の腰を抱いてキスしてきました。キスは普通に唇を重ねる感じだったんだけどすごい柔らかくて温かくて テンション上がっちゃってたせいもあって普通にドキドキしてしまいました。 それよりスッピンを思い切り間近で見られることのが恥ずか…
中学の同窓会に行ったらセフレが出来ました
2018/03/11 18:54
2018/03/11 18:54
【熟女体験談】甥と叔母という禁断の関係が続き、甥の子供を妊娠してしまった
2017/11/24 00:02
2017/11/24 00:02
2017/11/24 (Fri) 甥に恋をしてしまった私

甥と叔母という禁断の関係が一年続いています

私、早苗は37才のバツイチの子持ちシングルマザーで
甥は大学生になります

何度も何度も甥と近親相姦しているうちに
もう甥なしでは生きていけない体になってしまいました

そして甥も叔母である私を本気で愛してくれて
愛欲まみれた淫靡な生活に溺れきってしまったんです

このまま永遠に続けばいいな

そう思っていた矢先、甥の子供を妊娠してしまったんです

一昨年の夏でした。

私は離婚したばかりで気楽になった反面、
幸せそうな夫婦を見ては淋しい思いをしていました。

そんな時、田舎で行われた…
露出する妻
2018/05/20 01:35
2018/05/20 01:35
私37歳、妻早苗32歳子供はおりません。 妻早苗の露出趣味について聞いて下さい。 私は会社人間で最近3年位は11時頃帰宅し、ご飯を食べて寝るだけの夫婦生活でした。 ここ半年くらいの間たまに早く帰ると早苗が家には居ないことが何度かありました。 帰ってくると、友達の所へ行っていたと言います。 そわそわした様子に気を止めずにいたのですが、先日妻を見張って見ました。 何度目かの見張りの日、妻は見知らぬワンボックスカーに乗り少し離れた公園の駐車場に行きました。 すると他の2.3台の車から男が早苗の乗った車に近づき、中を覗きはじめました。 しばらく様子を見ていると、外の男達はズボンからチ○ポをだし…
【SM・調教】先輩の人妻教師を出張先で調教[後編]
2017/11/07 22:00
2017/11/07 22:00
「恥ずかしいよ・・・ねぇ、敬ちゃん、ゆるして」 「だめだよ、動いちゃ」 僕は清美先生の儚い抗議に取り合わず、もう一方の肩紐も外して、両方の胸を露わにしました。締め付けていたブラジャーから解放されても、垂れることもなく、むしろ大きくなったように見えるおっぱいの頂点に、淡い色の乳輪と、そして小ぶりな乳首が、きゅっと収縮したように硬く、尖っていました。 「清美先生、おっぱいの先が硬くなってますよ」「いやぁ、そんな・・・」 「ほら、こんなに」「あっ、だめッ、よして、ねえ、敬ちゃん」 僕が背中から両手を回して双球の乳首を摘むと、さすがに清美先生はカラダをよじって抵抗しようとしまし…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・屈辱の診察(4)

・アンケートの電話からセクハラに

・男にとって都合の良い女

・【人妻体験談】出会い系で真面目そうな円光主婦に嘘をついて勝手に中出し

・【熟女体験談】猪八戒のようなデブな雌豚おばさんデリヘル嬢と姫始めをして後悔

・職場の後輩の主婦28歳との先週金曜日の出来事

・男勝りで無防備だった私は、気が付くと初体験なのに乱交に

・【Hな体験】ヤンキーが見せてくれた衝撃のアルバム[前編]

・屈辱の診察(2)

・【浮気】友達の連れ子の前で友達の彼と獣セックス

・姉さん女房を寝取らせて3

・こたつ手マン

・妻の体内に精液を生で射精する瞬間

・【熟女体験談】妻が二人の男と3p乱交SEXに励んでいて、初めて鬱勃起射精した

・中学からの親友とセフレみたいになってしまった

・【人妻体験談】妊娠させた長身美人なシングルマザーが堕ろさずに他の男と結婚した

・若いツバメとSEX汗を流しています

・【初体験】ポニーテールが似合う先輩にリードされながら

・忌むべき日常行事_3

・先生のリードでアソコがへと導かれる・・・

・町工場の職人技SEXに満たされています

・忌むべき日常行事_2

・【熟女体験談】テレクラで人妻ナンパしてムッツリスケベな網タイツ熟女に生挿入中出し

・【不倫】潔癖症の私が友達の旦那にお尻の穴を攻められて

・条件は・・オナニーだけは好きにさせて欲しい

・忌むべき日常行事_1

・勤務先の上司に躾けられていた妻

・ママ友とお互いにバイブで責め合って

・中学生に寝取られた_終

・男性に綺麗と言われるって嬉しくエロへ