寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】ただの寝取られプレイだったはずが、物凄い竿師に頼んでしまったために妻を完全に寝取られてしまった

2018/09/16 12:02


それまでは四十路の熟年夫婦になっても夫婦の営みがあり仲が良い夫婦でした
子供にも恵まれて幸せな4人家族だったんですが
私の寝取られ願望から良好な夫婦関係が完全崩壊してしまったんです
私は昔から妻を他の男性に寝取ってもらいたい願望がありましたが
どうしても言いだせない私はある寝取られサイトに募集をかけ49才の大場さんという男性と知り合いました
見かけは真面目なサラリーマンという感じで背も高く腹も出ていない体型で好感が持てる感じでしたがとんでもない竿師だったんです
当時の私は物凄い竿師だと知らずに大場さんに妻の写真を見せて
「ぜひお付き合いをしたい」
と言ってくれたのえ寝取られ計画を進めていきました
妻を寝取っていただくまでの計画を綿密に打ち合わせし、竿師の大場さんは私の会社の重要な取引先の人という設定にしました。
まず最初の出会いです
3人で出会うこととしたのですが
偶然の出会いがいいとのことである休みの日の昼に、私は妻を外食しようといって連れだしました
特に珍しいことでもないし妻も食事の準備をしなくていいので喜んで付いてきました。
そこである繁華街のスポットで予め打ち合わせの通り
偶然にも大場さんとバッタリ出会うこととなりせっかくだから3人で食事をすることとしました。
最初の出会いでの目的は
大場さんは私にとって大切な取引先の人であるということを妻に意識をさせることでした
それは、いずれ妻が身体の関係を迫られたときに、無碍に断れなくするためです。
私は食事中も終始大場さんに対して敬語を使い大場さんは上からの目線で私に接してもらいました
この作戦は後々見事に効力を発揮することとなりました
まったくいきなりの3人での食事会でしたが
妻はやや戸惑い緊張しつつも私と大場さんの会話に耳を傾けつつ大場さんへも適度に愛想よくしてくれました。
出会った時に軽く紹介しただけだったのですが私と大場さんの雰囲気で2人の力関係を察知したようでした
「あ~あ、疲れたわあの人、あなたの仕事で関係のある人なんだね」
「うん、せっかくの休みにすまなかったな大切な取引先の人だから、誘われたら断るわけにもいかないしね玲子がうまく振舞ってくれて助かったよ」
「そう?あんなのでよかったのかなでも気さくで感じのいい人だったから話しやすかったわ仕事もできそうな人ね」
妻は大場さんに対して良い印象を持ったようでした。
「あの人は今部長だけと来年あたりは取締役に昇進するって噂だよ俺もあの人と懇意にしてもらってるからこそ会社の中でもいい立場にいられるようなものだよ」
やや大げさにも思えるほど私は妻の前で大場さんを持ち上げました。
第1段階の出会いは予想以上によい出だしとなりました
妻と大場さんが顔見知りとなったことから、次は2人だけの場を設定する第2段階へと移行します。
大場さんとの昼食があった2週間後ぐらいのことです
私は妻がパートの休みの日に合わせて、1泊の出張が入ったことにしました
もちろんこれは嘘で、隣市のビジネスホテルに泊まっていたのです
昼前に私はいささか慌てた調子で妻の携帯へ連絡を取りました。
「玲子か、今どこにいるんだ?」
「なによ、そんなに慌てて。家にいるけどどうしたの?」
「大場部長に渡す書類を家に忘れてしまったんだよ今日中に渡さないといけないんだけど俺は今日帰れないから、悪いけど大場部長に届けてくれないか?」
私は会社のネーム入りの封筒を家の書斎にわざと置いていたのです。
「ええっ、そうなのわかったわ。昼からでもいいのかしら。」
「大場部長の携帯は○○だ連絡を取って渡すようにしてくれよ。大場部長には家内に持って行かせると伝えておくからそれと、お前からも大場部長に丁重に誤っておいてくれ」
やや手の込んだやり方でしたが
大場さんの携帯番号を自然と伝えることができ、大場さんと連絡を取ることで妻の携帯番号も大場さんが知ることとなりました
そして、妻は夕方に大場さんに無事に書類を渡しました
夕方にしたのは、わざわざ書類を持ってきてくれたお礼として、大場さんが妻を食事に誘うことにしていたからです
妻はこちらの寝取られ計画通りに、大場さんと食事をすることとなりました
妻と予定通り食事をすることとなったと大場さんから連絡があり、私は妻にメールを送りました
「どうだった?大場部長には渡せたのか?」
すると10分程度してから、妻が返信してきました。
「は~い、間違いなく渡しましたよ大場さん、助かりますって喜んでくださいました。頑張って持って行ったんだから、前から買いたかった服買っちゃうよ、いいでしょ?」
「了解!ありがとう」
そんなやり取りだったのですが、大場さんと食事をすることについては、妻は一言も言わなかったのです。
私は妻から来たメールを大場さんに転送しました。
すぐに大場さんから返信がありました
「なるほど、これはいいことですね。奥さん、私との食事をご主人には内緒にしておられるのですね。これからどんどん奥さんに秘密を作らせて追い込んでいきますよ。今、奥さんと料亭に入ったばかりです。また連絡します」
大場さんは高級料亭に妻を連れていったようでした
私は1人ビジネスホテルで大場さんからの報告を待ちました
私は悶々と、そしてドキドキしながら大場さんからの連絡を待ちました。
大場さんは今日は妻に指一本触れるつもりはないと言われてましたが、それでもやはりドキドキするものです
妻が私以外の男性と2人きりで食事をしているのです
どんな話をしているのか、こんなことならボイスレコーダーでも渡しておけばよかったと思いました
大場さんからメールを頂いてから3時間近く経とうとした時でした
ようやく、メールが来たのです
「お待たせしました。たった今奥さんと別れたばかりです。お時間がよろしければ、お会いして報告しますよ」
私は即座に大場さんに連絡を取り、直接話を聞くことにしました。
待ち合わせ場所の居酒屋に現れた大場さんは、すでに酒を飲んでおられる感じでした
「いい時間を奥さんと共有できましたよ。着々と奥さんをものにできる時が近づいている感じです」
大場さんは上機嫌でした。約束通り妻に触れることは一切なかったようで、お互いの家族のことや仕事のことなどを話して、信頼関係を増していったようでした。大場さんは最初の打ち合わせ通り、奥さんと死別されて1人暮らしであること(実際は大場さんは単身赴任です)、食事や洗濯などどうしてもいいかげんになってしまうことなどを話すと、妻が『私でよければお手伝いさせていただきます』と言ったようです。『そのお気持ちだけありがたく頂きます、またよろしければ食事をご一緒しましょう』大場さんはやんわりと妻の好意に応えられたようですが、打ち合わせた通りに事が進んでいくので、私は少し恐ろしいぐらいでした。「ここまできたら一気に・・・ですか」私は大場さんの顔を覗き込みながら言いました。「いえいえ、もう少し奥さんと食事をしたり買い物をしたりして、信頼関係を強いものにしていきます。奥さんは私に対して良い印象をもっていますが、少し親しくなったからといって、すくに身体の関係を迫るようなヘタなことはしませんよ。じっくり時間をかけて、十分に身体が熟成したところに、今まで経験したことのないセックスを味わってもらいます。奥さんは私なしではいられない身体になると思いますが、いいですね?」自信に充ち溢れた大場さんの言い方は、私がたじたじとなるぐらいでした。大場さんなしではいられなくなってしまう・・・どちらかといえば堅い妻がそんなことになるのか、その時は半信半疑でした。「ところでご主人、ひとつお願いしてもいいですか。ご協力いただきたいことがあるのですが」「はぁ、なんでしょうか?」「私がOKするまでは、今後奥さんとのセックスは控えていただきのです」「ああっ、そんなことなら、今でも数カ月に1度ぐらいですから、全然問題ないです。別に妻にも怪しまれないでしょうから」「じゃあ、約束ですよ。必ず実行してください」「・・・はい」私は大場さんに完全に主導権を握られてしまったのです。
最初に打ち合わせをした時、自分は寝取られマゾであること、もしうまくいけば妻を性処理奴隷にしてしまってほしいと話しましたが、大場さんは自分の思い通りにしようとしているようでした。この時にある程度歯止めをかけるべきでしたが、私は早く妻を寝取られたい一心だったのです。「言われたとおりにはしますが、それはどういう意味があるのですか?」私は薄々わかっていましたが、大場さんがどういう返答をするか聞きたくなりました。「もちろん、奥さんを禁欲状態にさせておくことが目的です。私が見たところでは、奥さんは相手次第でかなりのセックス好きに変貌すると思いますよ」「どうしてそんなことがわかるのですか?」大場さんはニンマリとしながら言いました。「まあ、あくまで私の勘ですけどね。奥さんのようなタイプの女性とは何人もお付き合いしましたから。ちょっと大人しくて控え目な感じですけど、こういうタイプには身体の中に本人も気づいていない淫靡なM性が潜んでいることが多いですよ。それを開花させてやれば、淫乱な雌と化していく・・・そして、開花させてくれた男性の言いなりになっていきます。従順な性奴隷として」自ら百戦錬磨であることを誇示するような言い方でしたが、私はにわかには信じられませんでした。「大場さんは今まで何人の女性とお付き合いされてきたのですか?」「う~ん、数えたことないですが、50人は下らないと思います」羨ましいような、それでいて嘘だろうと思うような話でした。「大場さんは確かに真面目で爽やかそうなイメ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【妹との告白体験談】実験:実の妹とキスしてみる
2016/01/27 08:52
2016/01/27 08:52
ある夏の日のこと。 俺は高2で妹は高1だった。 もちろん実の兄妹だが、そろってネジが緩めなのは読んだら分かると思う。 前の日、俺は独りで「バック・トゥ・ザ・フューチャー」第1作のビデオを観た。 簡単に言うと、昔にタイムスリップして両親の恋のキューピッドになる話なんだが、その中で主人公が若き日の母親からモーションをかけられるシーンがある。 で、将来の息子とは知らず無理やりキスした母親が言うんだな。 「なんか変な感じ。弟とキスしてるみたい」主人公は引きつった顔で「はは、そうだろうね…」なんて答えるわけだが、それを観ながら思った。 家族と家族以外でキスの味って変わるんか?俺は無類の…
【人妻】続・妻の生脚に・・・
2015/12/05 06:24
2015/12/05 06:24
妻の生脚写真やフェラ写真を見て興奮した私はもし目の前で妻が他人の肉棒をオマンコにぶち込まれている姿を見ると どうなってしまうんだろうと思いました・・・ この前は友人の1人が1活してフェラまでだけで終わったらしいのですが・・・ 私は〇ixiのサークル仲間の3人に連絡を取りました AさんBさんCさんです其の3人が以前妻に悪戯した3人です A「この前はすいませんでした奥さん綺麗だったから・・」 私「良いんですよ写真送って貰ったし私も興奮しました」 A「それにしても奥さんスタイル良いですね羨ましい」 私「いえいえ、それよりお願いが有るんですが・・」 A「え・何ですか?」 私「BさんCさん交えて妻を…
【近親相姦体験告白】 ミニスカエプロンの似合う兄貴の嫁さん
2016/05/05 10:51
2016/05/05 10:51
22歳で専業主婦をしている兄貴の嫁さんは何故かいつも黒いエプロンをしている。それにミニスカートが好きなもんだから細身の体とあいまってエロイ事この上ない。大学への推薦入学も決まり暇をもてあましている童貞野郎のオレには目の毒でしかない。義理姉の美香さんは色白美人で身長が高く、スタイルがとてもいい。 ミニスカートから伸びる長い足、形のいいヒップ…キッチンで料理をしているうしろ姿を見ながら、いつもいけない妄想ばかりしていた。「信一く?ん、ちょっとっ!早く来て?!」家族がみんな出かけている休日、キッチンから義姉の悲鳴が聞こえてきた。何事かと思って急いでいくと、戸棚にあった重いものを一人で下ろそうとし…
【レイプ・痴漢】高慢な女の上司(7)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/01 04:28
2017/06/01 04:28
最後にふっと視線を外すようにしてSさんが言いました。 まだ怒りを含んだ吐き捨てるような口調でした。 「本当に最低ね」 「わかったわよ、どうしてほしいの」 「どうせそんな(ネットに流す)勇気なんてないと思うけど、今日はあんたのいうこときいてあげるよ」 思ったとおりです、なんだかんだといってもこの高慢女は自分の体裁を保つためなら手段は選びません。 万に一つですが、本当に「勝手にしろ」と出て行かれることだけが心配の種でしたが、もう大丈夫です。 自信はありましたが心配でもありました。 ここまできて、やっと胸をなでおろす気分でした。> 「どうしてほしい?とかじゃなくて、この前はあんなに愛しあったじゃな…
【妹との告白体験談】 エビフライ
2016/08/01 06:22
2016/08/01 06:22
110:えっちな21禁さん:2005/06/25(土)00:44:37ID:9H+YBHgs0 俺が大学に合格したときのこと 俺と妹は特別仲がよかったわけじゃないけど、悪くもない 妹は俺と違って優等生とまではいかないものの、真面目で学校の先生の評判もそう悪いほうではなかったらしい 俺の前では結構世話の焼ける妹だったんだ CDが欲しいたら遊びに来ていく服が欲しいたら言うんで、俺が親に嘘ついて小遣いせびったり 合格発表の日、俺は一人で行こうと思ってたんだが、妹は一緒に行きたい、と言い出して、ついてきた 大学へは電車で40分ほど、乗り換え無し 休みだというのに電車はかなり混雑していた、すし詰めと…
鍵はかかっていなかったので玄関開けたら・・・
2016/10/09 20:01
2016/10/09 20:01
登場人物
全員同じサークル、同じ大学。
彼男 自分 フツメン?大学デビューなんとなく成功
彼女 NOと言えない子
間男 現在新部長21歳。シモネタ大好き
A子 間男彼女。すごい気が利いて大人しい
自分は高校の頃は女子からはキモい等まともに相手にされることは
なかったが、高校卒業後必死にファッション誌買いあさって
お洒落にして、初めての美容室で通称カリフラワーから
サラサラヘアーに変身して、なんとか大学デビュー成功

成功と書いたのは、いままで女からは相手にされることなんて
皆無だったけど、大学の新人コンパで今風の子に普通に話しかけられた
事やアドレス教えて~等、高校時代全く相手にされな…
AV男優と妻
2017/08/26 21:00
2017/08/26 21:00
妻はしばらく固まっていましたが、やがて下を向きながらもゆっくり手を動かし始めました。
すると男優はすごく気持ちよさそうな声をだして
「ああ、奥さんの手マジで気持いいよー、マジでいい」
と言っています。
百戦錬磨のAV男優に気持ちいいと連呼されたら、妻が勘違いして気分良くなって、サービス精神が出てしまわないか心配でした。
するとやはり妻はさっきよりも丁寧にシゴくようになっていました。

「奥さん、ちょっともう一回唾たらして」
「え?はい」
「あー、気持ちいい、女優なんかよりずっと気持ちいいよ、奥さんの手はすごいよマジで」
「・・・そんなことないですよ・・・普通ですよ・・・」

妻は時…
❤OLです童貞君を賞味しました
2017/08/11 14:56
2017/08/11 14:56
 ほぼ同時期に入社した5歳年下の男の子・池田君は、初めての就職で、未経験なことばかりのため、私が指導役で、仕事を教えることに。彼はマジメなため「早く仕事を覚えたい」と、二人で残業になることもたびたびありました。

 そんなある週末の日の事、残業中、たまたまTVをつけたままにしていたら、バラエティ番組の中からから聞こえてきたのは、お笑いタレントの「包茎」の話で、手術をしたとか、その結果どうなって、Hの時も自信がでてきたとか…。

 その内容に、私が笑いながら「男の子は大変ね~」と彼に声をかけると、彼は顔を真っ赤にしてうつむいていました。私はひょっとしてと思い多少のいたずら心から、

「ねぇね…
ヤリチンな友人の元カノだった彼女と付き合っています
2018/02/04 16:10
2018/02/04 16:10
おれは現在25なのだが、今の彼女とは半年ほど前に付き合い始めた。

おれと彼女は大学の時から知り合いで、おれが大学4年の時、2年だったテニスサークルの後輩だ。


当時彼女はおれの友人Kの彼女で、Kはすごいヤリチン男で、

「めちゃくちゃヤられてんだろな~」と当時はよく噂されていた。


大学4年の夏、サークルの合宿があったのだが、真面目に練習などするわけはなく、飲みばかりしていた。



合宿2日目の飲み会も盛り上がりを見せ始めた頃、友人Kが彼女(Aとする)に、

「なぁ、おれヤリたくなっちゃったよ」

などと言い始めた。
【近親相姦体験告白】 激しく乱れる義母と
2016/08/18 10:35
2016/08/18 10:35
これは私が若かりし遠い昔のことである。 次男坊である私は、一人娘である妻の家へ婿入りした。妻の父は2年前に亡くなり、義母は経済的生活安定のために喜んで迎えてくれた。  私が妻に惹かれたのは、大柄で胸と腰の大きな身体であった。結婚して、その身体を抱けることが何よりの楽しみで、若かったので、毎晩喜んで抱いていた。 だんだんと妻も性の喜びがわかってくると、声をあげるようになった。  私は、隣の部屋で寝ている義母に気兼ねして、口を押えたり、声を出さないように言ったが、こらえても、やはり自然に洩れるのである。 そのうちに、義母の態度がだんだんと、私と妻に辛くあたるようになってきた。  ある晩、義母が…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】出会い系で知り合った素人人妻はすでに他の男と不倫しているのに若い男とセックスをしたがっていた

・【熟女体験談】泥酔したブスおばさんを介抱するフリしてマンコキ痴漢

・不倫デビューは相談した事から

・【オナニー】妹の下手くそな手コキで発射しちゃいました

・驚愕!人間の女と交尾する海亀 2

・【痴漢】通学途中に満員電車で痴女にしごかれた僕のトラウマ

・【熟女体験談】厚化粧の口うるさい義母にキレて中出しレイプ

・2年付き合った彼女が浮気をしてた完

・つづきのつづき

・【人妻体験談】世話焼き女房のように尽くしてくれる母とドライブに出かけて屋外露出

・俺氏・・・遂に卒業に成功

・乱交クラブと言う未知の体験をしてみた

・【浮気】お嬢様な先輩の彼女のシャワーシーンに興奮して

・チエちゃんのハードな人生

・デリヘルにハマって貯金がやばいことになった

・後輩とえっち

・嫁から衝撃カミングアウトがあった・・・

・人助けしておいしい思いをした体験です

・主人があまりSEXしてくれないので

・【熟女体験談】単身赴任中にセックスレスな近所のおばさんを寝取りSEX

・【オナニー】パパとオナニーの見せっこ

・会社でエロエロな動作で男を誘うOL

・妹とずっと一緒 (妹の成人式)

・【Hな体験】修学旅行で乗った飛行機の機内で彼氏に初フェラ

・【人妻体験談】超淫乱で痴女な人妻歯科衛生士と診察台の上で寝取り中出しSEX

・【熟女体験談】近親相姦をするようになって30年の母と息子のSEX

・結婚相手に妻を選んだ理由

・【露出】女装ビキニでナイトプールに侵入

・奥さんも覚悟したのか、欲しくなったのか・・・

・浴室での排泄行為