寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】ただの寝取られプレイだったはずが、物凄い竿師に頼んでしまったために妻を完全に寝取られてしまった

2018/09/16 12:02


それまでは四十路の熟年夫婦になっても夫婦の営みがあり仲が良い夫婦でした
子供にも恵まれて幸せな4人家族だったんですが
私の寝取られ願望から良好な夫婦関係が完全崩壊してしまったんです
私は昔から妻を他の男性に寝取ってもらいたい願望がありましたが
どうしても言いだせない私はある寝取られサイトに募集をかけ49才の大場さんという男性と知り合いました
見かけは真面目なサラリーマンという感じで背も高く腹も出ていない体型で好感が持てる感じでしたがとんでもない竿師だったんです
当時の私は物凄い竿師だと知らずに大場さんに妻の写真を見せて
「ぜひお付き合いをしたい」
と言ってくれたのえ寝取られ計画を進めていきました
妻を寝取っていただくまでの計画を綿密に打ち合わせし、竿師の大場さんは私の会社の重要な取引先の人という設定にしました。
まず最初の出会いです
3人で出会うこととしたのですが
偶然の出会いがいいとのことである休みの日の昼に、私は妻を外食しようといって連れだしました
特に珍しいことでもないし妻も食事の準備をしなくていいので喜んで付いてきました。
そこである繁華街のスポットで予め打ち合わせの通り
偶然にも大場さんとバッタリ出会うこととなりせっかくだから3人で食事をすることとしました。
最初の出会いでの目的は
大場さんは私にとって大切な取引先の人であるということを妻に意識をさせることでした
それは、いずれ妻が身体の関係を迫られたときに、無碍に断れなくするためです。
私は食事中も終始大場さんに対して敬語を使い大場さんは上からの目線で私に接してもらいました
この作戦は後々見事に効力を発揮することとなりました
まったくいきなりの3人での食事会でしたが
妻はやや戸惑い緊張しつつも私と大場さんの会話に耳を傾けつつ大場さんへも適度に愛想よくしてくれました。
出会った時に軽く紹介しただけだったのですが私と大場さんの雰囲気で2人の力関係を察知したようでした
「あ~あ、疲れたわあの人、あなたの仕事で関係のある人なんだね」
「うん、せっかくの休みにすまなかったな大切な取引先の人だから、誘われたら断るわけにもいかないしね玲子がうまく振舞ってくれて助かったよ」
「そう?あんなのでよかったのかなでも気さくで感じのいい人だったから話しやすかったわ仕事もできそうな人ね」
妻は大場さんに対して良い印象を持ったようでした。
「あの人は今部長だけと来年あたりは取締役に昇進するって噂だよ俺もあの人と懇意にしてもらってるからこそ会社の中でもいい立場にいられるようなものだよ」
やや大げさにも思えるほど私は妻の前で大場さんを持ち上げました。
第1段階の出会いは予想以上によい出だしとなりました
妻と大場さんが顔見知りとなったことから、次は2人だけの場を設定する第2段階へと移行します。
大場さんとの昼食があった2週間後ぐらいのことです
私は妻がパートの休みの日に合わせて、1泊の出張が入ったことにしました
もちろんこれは嘘で、隣市のビジネスホテルに泊まっていたのです
昼前に私はいささか慌てた調子で妻の携帯へ連絡を取りました。
「玲子か、今どこにいるんだ?」
「なによ、そんなに慌てて。家にいるけどどうしたの?」
「大場部長に渡す書類を家に忘れてしまったんだよ今日中に渡さないといけないんだけど俺は今日帰れないから、悪いけど大場部長に届けてくれないか?」
私は会社のネーム入りの封筒を家の書斎にわざと置いていたのです。
「ええっ、そうなのわかったわ。昼からでもいいのかしら。」
「大場部長の携帯は○○だ連絡を取って渡すようにしてくれよ。大場部長には家内に持って行かせると伝えておくからそれと、お前からも大場部長に丁重に誤っておいてくれ」
やや手の込んだやり方でしたが
大場さんの携帯番号を自然と伝えることができ、大場さんと連絡を取ることで妻の携帯番号も大場さんが知ることとなりました
そして、妻は夕方に大場さんに無事に書類を渡しました
夕方にしたのは、わざわざ書類を持ってきてくれたお礼として、大場さんが妻を食事に誘うことにしていたからです
妻はこちらの寝取られ計画通りに、大場さんと食事をすることとなりました
妻と予定通り食事をすることとなったと大場さんから連絡があり、私は妻にメールを送りました
「どうだった?大場部長には渡せたのか?」
すると10分程度してから、妻が返信してきました。
「は~い、間違いなく渡しましたよ大場さん、助かりますって喜んでくださいました。頑張って持って行ったんだから、前から買いたかった服買っちゃうよ、いいでしょ?」
「了解!ありがとう」
そんなやり取りだったのですが、大場さんと食事をすることについては、妻は一言も言わなかったのです。
私は妻から来たメールを大場さんに転送しました。
すぐに大場さんから返信がありました
「なるほど、これはいいことですね。奥さん、私との食事をご主人には内緒にしておられるのですね。これからどんどん奥さんに秘密を作らせて追い込んでいきますよ。今、奥さんと料亭に入ったばかりです。また連絡します」
大場さんは高級料亭に妻を連れていったようでした
私は1人ビジネスホテルで大場さんからの報告を待ちました
私は悶々と、そしてドキドキしながら大場さんからの連絡を待ちました。
大場さんは今日は妻に指一本触れるつもりはないと言われてましたが、それでもやはりドキドキするものです
妻が私以外の男性と2人きりで食事をしているのです
どんな話をしているのか、こんなことならボイスレコーダーでも渡しておけばよかったと思いました
大場さんからメールを頂いてから3時間近く経とうとした時でした
ようやく、メールが来たのです
「お待たせしました。たった今奥さんと別れたばかりです。お時間がよろしければ、お会いして報告しますよ」
私は即座に大場さんに連絡を取り、直接話を聞くことにしました。
待ち合わせ場所の居酒屋に現れた大場さんは、すでに酒を飲んでおられる感じでした
「いい時間を奥さんと共有できましたよ。着々と奥さんをものにできる時が近づいている感じです」
大場さんは上機嫌でした。約束通り妻に触れることは一切なかったようで、お互いの家族のことや仕事のことなどを話して、信頼関係を増していったようでした。大場さんは最初の打ち合わせ通り、奥さんと死別されて1人暮らしであること(実際は大場さんは単身赴任です)、食事や洗濯などどうしてもいいかげんになってしまうことなどを話すと、妻が『私でよければお手伝いさせていただきます』と言ったようです。『そのお気持ちだけありがたく頂きます、またよろしければ食事をご一緒しましょう』大場さんはやんわりと妻の好意に応えられたようですが、打ち合わせた通りに事が進んでいくので、私は少し恐ろしいぐらいでした。「ここまできたら一気に・・・ですか」私は大場さんの顔を覗き込みながら言いました。「いえいえ、もう少し奥さんと食事をしたり買い物をしたりして、信頼関係を強いものにしていきます。奥さんは私に対して良い印象をもっていますが、少し親しくなったからといって、すくに身体の関係を迫るようなヘタなことはしませんよ。じっくり時間をかけて、十分に身体が熟成したところに、今まで経験したことのないセックスを味わってもらいます。奥さんは私なしではいられない身体になると思いますが、いいですね?」自信に充ち溢れた大場さんの言い方は、私がたじたじとなるぐらいでした。大場さんなしではいられなくなってしまう・・・どちらかといえば堅い妻がそんなことになるのか、その時は半信半疑でした。「ところでご主人、ひとつお願いしてもいいですか。ご協力いただきたいことがあるのですが」「はぁ、なんでしょうか?」「私がOKするまでは、今後奥さんとのセックスは控えていただきのです」「ああっ、そんなことなら、今でも数カ月に1度ぐらいですから、全然問題ないです。別に妻にも怪しまれないでしょうから」「じゃあ、約束ですよ。必ず実行してください」「・・・はい」私は大場さんに完全に主導権を握られてしまったのです。
最初に打ち合わせをした時、自分は寝取られマゾであること、もしうまくいけば妻を性処理奴隷にしてしまってほしいと話しましたが、大場さんは自分の思い通りにしようとしているようでした。この時にある程度歯止めをかけるべきでしたが、私は早く妻を寝取られたい一心だったのです。「言われたとおりにはしますが、それはどういう意味があるのですか?」私は薄々わかっていましたが、大場さんがどういう返答をするか聞きたくなりました。「もちろん、奥さんを禁欲状態にさせておくことが目的です。私が見たところでは、奥さんは相手次第でかなりのセックス好きに変貌すると思いますよ」「どうしてそんなことがわかるのですか?」大場さんはニンマリとしながら言いました。「まあ、あくまで私の勘ですけどね。奥さんのようなタイプの女性とは何人もお付き合いしましたから。ちょっと大人しくて控え目な感じですけど、こういうタイプには身体の中に本人も気づいていない淫靡なM性が潜んでいることが多いですよ。それを開花させてやれば、淫乱な雌と化していく・・・そして、開花させてくれた男性の言いなりになっていきます。従順な性奴隷として」自ら百戦錬磨であることを誇示するような言い方でしたが、私はにわかには信じられませんでした。「大場さんは今まで何人の女性とお付き合いされてきたのですか?」「う~ん、数えたことないですが、50人は下らないと思います」羨ましいような、それでいて嘘だろうと思うような話でした。「大場さんは確かに真面目で爽やかそうなイメ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【母】家庭教師で受け持った子の巨乳お母さんとセックス【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/06/28 07:15
2017/06/28 07:15
当時、僕は大学3年。家庭教師のアルバイトをしていた。 多穂子さんのお宅にうかがったのは初夏の頃。 小学校1年生の女の子を受け持つことになったからだ。   僕にとっては2人目の家庭教師ということもあり、 それほど緊張することもなく、初めての訪問をした。 玄関から出てきたのは、たぶんお祖母さんにあたる方。 案内されて、2階にある女の子の部屋へ行き、勉強をみてあげた。 初日はたんたんと終わり、帰路へつくことになったが、 ご両親の姿が見えなかったな~と少し感じたが、共働きなのかなと思った。 週に2度うかがうことになっていたので、翌々日、また訪問した。 その日もお祖母さんが応対…
スポーツジム
2018/02/10 22:28
2018/02/10 22:28
俺の名前は木戸律(きど りつ)。22歳。空手馬鹿。っていうか空手しか取り柄のない唯の馬鹿。 こんな俺でもこの春就職出来た。しかも外資系。というか上司がイギリス人ていうだけでなんてことないスポーツジムのインストラクターなんだけど。 学歴ナシ経験なしの俺がまともに(?)就職できただけ有り難い話で、文句が言えた義理ではないのだが、だがこの職場は正直しんどい。 何がしんどいって人間関係が。 先ず同僚が最悪。 主に面つきあわせて仕事するのは三人。 エアロビのインストラクターでイタリア人のロッド。 こいつはとにかく軽い。いつもへらへら笑っていて、人の上げ足ばかりとる。手も早くてジムの女性会員にしょっちゅう…
男友達にフェラテク出しきった
2017/03/20 22:19
2017/03/20 22:19
男友に初めてフェラした時の話です。 簡単に私と男友のスペック。 私:21歳、大学生。 男友:21歳、大学生、一人暮らし。 男友とは同じ大学ですが、学部は全く違います。 一人暮らしをしていたアパートが近かった事もあり、自然と仲良くなりました。 1週間くらい前に、久しぶりに男友の家にお泊まりしました。 テレビ見ながら他愛のない話をしたり、ふたりでベッドでゴロゴロしたりまったりと過ごしてました。 ふと男友を見ると谷間ガン見。 私「なに見てんの?」 男友「いや、デカいな、と」 私「ありがとう」 男友「触らしてー」 男友は胸触ったり揉んだりしてくるけど、それ以上はしてこないので…
【近親相姦】【不幸な結婚式】社長の娘の結婚式に無理矢理招待されたら…【体験談】
2016/09/07 18:36
2016/09/07 18:36
286:愛と死の名無しさん2011/06/12(日) 11:23:33.24 流れ読まずに投下。昔、ブラック会社に勤めてた時、社長娘の披露宴に若い社員全員(20代限定)が 休みを取らされて(NOT有給)無理やり招待された事がある。 ご祝儀は一律で3万円。場所は僻地のリゾートホテル。当然車代ナシ。 会場に着いたらロビーには見知った会社の奴らの顔しかなくて 新郎の親戚とかは居ない様子。287: 愛と死の名無しさん 2011/06/12(日) 11:26:16.34披露宴会場の入口の○○様××様披露宴会場って看板には社長の娘の名前とジャニタレ(キムラタクヤ)って書かれててそこからイヤーな予感満々だ…
【レイプ体験談】名古屋市の港で露出撮影中に、
2016/07/13 03:22
2016/07/13 03:22
少し前のお話しです。 当時付き合っていた彼と時々公園や人気の無い場所で露出撮影をしていました。 その日は「海を見ながらしたい」と彼にお願いされ仕方なくしました。 いつもは夜に撮影をするのですが、「港の方なら立ち入り禁止区域の場所なら昼間でも人はいないから」と言われ、明るい時は嫌だったけど 何度もお願いされたので 人に見られない場所でならとお願いし、一緒に向かいました。 明るいといってもお昼ご飯を食べてから向かったので港に到着したのはたぶん15時位だったと思います。 到着した場所は大きな船が何隻か停泊している埠頭で入り口の金網には「関係者以外立ち入り禁止」と書かれた看板が何枚もあり、金網は有刺…
妻は必死に声を押し殺して・・・
2017/09/27 20:01
2017/09/27 20:01
妻の大学時代の親友が、持病悪化による手術加療のため、この3月から少なくとも
3ヶ月入院が必要となってしまいました。。。

その親友は大学卒業後すぐ帰国し、イケメン一流会社サラリーマンと結婚、
すぐに赤ちゃんを授かり中学3年の長男、そして、流産を2度繰り返した後
ようやくできた保育園に通う次男。。。
妻と同じ大学の帰国子女同士で、家族ぐるみ(と言っても我々は結婚2年の
晩婚でまだ子宝に恵まれず夫婦のみ・・)のお付き合いをさせてもらっています。

夏は両家族でキャンプやプールに行ったり、冬ともなれば一緒にスキーや温泉に・・・

ご主人は私の妻をいたくお気に入りのようで、一方、妻もイケメンエ…
出会い系で釣れた人妻は、銀行マンの嫁だった。たっぷり入金しておきましたw
2018/02/23 08:05
2018/02/23 08:05
話は2、3ヶ月前の話になります。その日は仕事帰りにいつも使っている出会い系サイトで良い子を探していました。
するとMなのでたくさん突いて欲しいと書き込みを行っていた伸枝という子からメールが返ってきました。
わずか1時間位やりとりをしてアド&写メ交換をして逢う約束をしました。伸枝は29歳で銀行行マンの妻でした。



平日の昼間に待ち合わせ場所に行くと、写メよりも数倍可愛い子が立っていました。
俺は心の中で小さくガッツポーズすると、その子に「伸枝ちゃん?」と聞くと「うん」と答えてくれました。

車に乗り込み1時間位ドライブをしてから近くにあったファミレスで遅めの昼食を取りました。
そ…
キャリウーマンな女上司のアナルを見ながらバックでSEX
2016/01/16 15:15
2016/01/16 15:15
女上司の補助をしてます。

ただし、正規の職務としての
社命ではありません。

私はうだつのあがらないショボい30歳
独身男で勤続8年のサラリーマン

無遅刻無欠勤(但し、
労組指定の強制遊休除く)が唯一の特長です。


普段は居るのか居ないのか判らない存在なのですが、
年度末に表彰されるので

「いつも居る」

という前提で認知されているだけです。

上司は私より一つ若い女性の課長です。

国立大学の工学部電子工学科を出たキャリアウーマン、

「基本的な事はみんなわかっている」

という前提で指示を出すので、初めは大変でした(笑)

罵倒される事も憐れむ表情で説教された事もありました…
ねぇもう・・・だめ、お願いだから入れて・・【エッチな話】
2017/12/13 09:05
2017/12/13 09:05
つい先日夏休みの日
昼過ぎまで寝てちょいと買い物がてら街へ出てCDやら買い、晩飯を食った後ヘル
スへ行った
このヘルスが大失敗でかなり腹立ててたんだけど、そのまま帰って来て自分で処
置するのも悲しくなりデリヘルを使おうと
実家だからラブホへ出向く
途中ガイド誌を見ながら店を選ぶ、コスプレマニアなのでコスプレの出来る店
雑誌ではみんな顔にモザイクがかかっているから、身長とスリーサイズ、髪の長
さで候補を見つける
ホテルの近くのコンビニで車を停めて電話
候補の内マリだけが20分待ち、他は2時間以上とのこと
コース時間から考えてマリにしておかないと翌日がきつい
さっそく頼んでホテルへ一人入り待つ
【妹との告白体験談】 興味津々な姉妹
2016/06/28 23:55
2016/06/28 23:55
とある平凡な3人の姉妹と弟たちの家。長女の瞳と次女のゆうなは、とある話題で口論になった。瞳「ねえねえ、ゆうな知ってる? 男の子の金玉って、蹴ると『キーン!』って音がするんだって! おもしろいよね」ゆうな「違うよ。『キーン!』じゃなくて『チーン!』だよ」瞳「えーっ、違うよお。この前見たマンガでも『キーン!』って音になってたんだから」ゆうな「いーや、『チーン!』で間違いない。私はテレビで音聞いたもん」瞳「金玉っていうくらいだから『キーン!』で間違いないよ」ゆうな「それを言うならおちんちんとも言うから『チーン!』でもいいじゃん」瞳「うーん、それもそうだけど……」ゆうな「だろ。だから『チーン!』だ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・騙して中出し!そのままホテルに放置w

・【乱交】北海道行きの寝台特急の中で2人の男と

・先週初のハプニングバー体験 興奮と後悔と驚愕!

・【熟女体験談】オナニーを止められたが、我慢できないでいたら手伝ってくれた母

・#嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました【転載禁止】

・【人妻体験談】アナルにローターを入れられながら夫の父のチンポを咥えイチャイチャする妻

・中古妻エレジー

・お持ち帰りされる腰軽るなパート人妻です

・【SM・調教】スタイル抜群な女子にされた金玉いじめ

・毎日抱きたい年上妻

・さっきまで普通に仕事をしていた女性を僕が抱いている・・・

・【人妻体験談】嫌がる妻を説得して3P乱交を実行

・股も心も開いたメンヘラ女w

・30歳で未亡人とはモッタイナイですよね

・姉と僕の初体験の遠い思い出

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第3話]

・【人妻体験談】浮気三昧な妻を後輩に寝取らせ満足する夫

・【熟女体験談】妻が辱めを受けながら犯されるDVDを観ながら3Pをする最低な夫

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第2話]

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第1話]

・【熟女体験談】訪問営業でスキ者奥さんに大量中出し

・【人妻体験談】女性実業家と旅館の離れでエッチなことをして一日を過ごす

・妻の妄想スワップ

・旦那にばれるよりも数段マシ・・・

・【人妻体験談】パートの美人なおばさんに素股でせめるサラリーマン

・【熟女体験談】息子を誘惑し、お風呂の中で手コキしてきた母親

・幼馴染との思い出

・会社の若い子をセフレにしてスポーツみたいなセックス

・エロ出来るセフレが欲しくてほしくて

・【レイプ】悲しい成人式