寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

△出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた5(転載不可)

2018/08/21 19:00




嫁は、松井さんとキスをしたまま腰を振り続けている。しがみつくように抱きつきながら、夢中で舌を使う嫁……。身体だけではなく、心まで奪われてしまったように見える。
でも、夢中な感じの嫁に対して、松井さんはさほど熱が入っているようには見えない。どちらかというと、受け身と言ってもいい感じで嫁のキスを受け止めている。

『あぁ、太いの、本当に大きいの。御主人様、気持ち良いですか? 桃子のオマンコ、気持ち良いですか?』
嫁は、媚びた口調でそんな質問をする。
「気持ち良いよ。ちゃんとトレーニング続けているようだね」
松井さんは、そんな事を言う。



『はい。毎日スクワットと重りをぶら下げるトレーニングを続けています。ちゃんと締まってますか? 桃子のオマンコ、緩くないですか?』
嫁は、そんな事を言いながら腰をなまめかしく動かし続ける。私は、嫁がそんなトレーニングを続けていた事にショックを受けながらも、ペニスをしごく手がさらに早くなっていく。

「よく締まってるよ。じゃあ、ケツマンコの締まりも確かめようか?」
松井さんがそんな風に言うと、嫁は嬉しそうな笑みを浮かべながら、
『入れて頂けるんですか? 桃子のケツマンコ、ちゃんと綺麗にしてあります。御主人様のぶっといおチンポで、メチャクチャにして下さい』
嫁は、嬉しそうにそう言った。そして、立ち上がって膣からペニスを抜くと、すぐに彼のペニスをアナルに押し当てていく。嫁は、ローションもなにも塗った様子はないのに、そのまま腰を降ろしてペニスをアナルに押し込もうとする。

『うぅ、太いです、裂けちゃうぅ、うぅあぁっ』
嫁は、苦しげな声を上げる。でも、腰を降ろすのをとめようともしない。すると、一気にストッパーが外れたような感じで、彼の太いペニスが嫁のアナルにズルンと入ってしまった。

『ンギィッ、ケツマンコ壊れるぅ』
嫁は、痛そうな顔でうめくように言う。
「腸液が分泌されるようになったね。本当に、桃子さんはセックスのために生まれてきたような女性だ」
松井さんは、得意気と言っても良いような表情で言う。
『はい、桃子はセックスのために生まれてきました。御主人様とのセックスのために生まれてきました』
嫁は、夢の中にいるような顔で言う。完全に洗脳状態に陥っているように見える。でも、そんな様子を見ながら狂ったようにオナニーをする私も、洗脳状態になっているのかもしれない。

「よし、御主人の前で、ケツマンコでイクところを見せてあげなさい」
松井さんが指示すると、嫁は腰を上下に動かし始める。あんなに太くて長いペニスが、小さなアナルに出入りしている。肛門がめくれ上がったりするのが、とても生々しい。

『ンッ、ンギィッ、うぅあっ、気持ち良いっ! ケツマンコ気持ち良いですっ。御主人様のおチンポ、子宮に届いてますぅ』
嫁は、あえぎ声と悲鳴が入り混じったような声で鳴き続ける。嫁は、どう見てもアナルに入れられている時の方がリアクションが大きい。本当に気持ち良さそうで、表情が笑顔になっている感じがする。

「どんな風に気持ち良いのか、御主人に説明しないと。その方が、御主人も喜ぶだろ?」
松井さんは、とことん私をバカにするつもりのようだ。でも私はさっきまでの殺意は消えてしまっていた。さっきまでは、彼を包丁で滅多刺しにしてやるつもりだった。でも、嫁のとろけた顔、幸せそうな顔を見て、私は敗北を認めてしまった。

『あなた、御主人様のおチンポ、アナルの奥に届いてるの。結腸の入り口も通り越えて、腸ごと子宮を刺激してるの。こんな快感、忘れられないです。もう、このおチンポなしじゃ、生きていけないです。あなた、許して。月に1回……ううん、2回で良いです。松井さんに抱かれるのを、許して下さい』
嫁は、とろけきった顔で私を見つめながら、真剣にお願いをしてきた。私は、その言葉に怒りを感じるどころか、より興奮を高めてしまっている。

「そんな事を言って御主人を困らせるなんて、悪い奥様だ。そんな悪い牝犬には罰がいるな」
松井さんは、ゾクッとするような冷たい声で言う。私は、その言葉に不安を感じるどころか、期待をしてしまっていた。嫁は、どんな事をされてしまうのだろう? そんな想像で、ドキドキするほど期待している。

『はい、罰を下さい。悪い牝犬に、御主人様の罰をくださいぃ』
嫁は、罰を下さいと言いながらも、声が興奮に震えているようだ。

「よし、行くぞ」
松井さんはそんな事を言うと、思い切り嫁のお尻を平手で叩いた。バチンッ! と、激しい音がすると、嫁はのけ反りながら、
『イギィッ!! うぅあぁ、イッちゃった、イッちゃいましたぁ』
と、とろけきって弛緩したような顔で言う。私は、女性がこんな顔になるのを見た事も聞いた事もなかった。

松井さんは、再び嫁のお尻を叩く。鋭い音が響き、嫁はのけ反りながら果ててしまう。松井さんは、それを何度も繰り返す。みるみる嫁のお尻は真っ赤になっていき、次第に紫色に変色していく。

『ギィイッんっ! も、もうダメぇ、イキすぎて死んじゃいますぅ』
嫁は、泣き声で言う。もう、完全に泣き声になっている。私は、泣きながらも腰を動かし続ける嫁を見て、歯を食いしばりながら射精していた……。

結局、嫁はセックスをやめなかった。何度果てても、夢遊病の人のように松井さんのペニスを求めてしまっている……。
「御主人、お子さんの事もあるでしょうから、先に帰ったらいかがですか? 奥様は、責任を持ってお返ししますから」
松井さんにそう言われ、私は心が折れたように彼の家を出ていった……。玄関で靴を履いている間も、ずっと嫁の嬌声は響き続けていた……。

自宅に帰ると、お義母さんが息子に食事をとらせていた。
『お帰りなさい。お疲れ様。まだ帰ってきてないのよ』
お義母さんが心配そうに言う。私は、嫁と連絡がついて、もう少しかかると聞いたと伝えた。そして、お義母さんにお礼を言って、今日の所は帰ってもらった……。

結局、その日嫁は帰ってこなかった。次の日、私は子供を幼稚園に送り出すと、慌てて会社に向かった。上司に嫁が体調を崩したと説明し、帰りも早くしてもらった。

幼稚園に迎えに行く私……。夕方まで預かってもらえるシステムが、こんな形で役に立つとは思っていなかった。息子は、さすがに母親がいない事に不安を感じ始めているようだ。
私は、どうしたら良いものかと迷いながら、息子に夕ご飯を食べさせた。と言っても、冷凍食品ばかりだ。申し訳ないなと思う。

すると、嫁が帰ってきた。私は、ホッとしながら彼女を出迎えた。
『ごめんね~。寂しかった? 本当にゴメンね』
と、息子に謝る嫁。私は、笑顔で母親にじゃれる息子を見ながら、胸が痛くて仕方ない気持だった。

息子が寝付いた後、どうしたのかと聞いた。
『ごめんなさい。ずっと罰を与えられていました。あなた、私もう戻れない……』
ボロボロと泣きながら嫁が言う。私は、強い不安を感じながらも、引っ越しをしようと提案した。でも、嫁は泣きながら、
『戻れないの……。戻れない身体になったの……』
と、言いながら服を脱ぎ始めた。私は、一気に全裸になった嫁の身体を見て、息が止りそうになってしまった。
嫁の胸には、薔薇の入れ墨が入っていた。そして、すっかりと剃り上げられた恥丘には、肉奴隷と漢字の入れ墨まで入っている……。
「な、なんでそんな……。本物なのか?」
私は、そんな質問をしながらも、少し腫れたようになっている皮膚を見て、本物なんだなと理解していた。
『はい。松井さんのお友達に彫ってもらいました』
嫁は、泣きそうな顔で答える。私は、どうしてそんな事をしたのかと聞いた。
『御主人様の所有物になったからです。その証しです』
嫁は、そんな風に言った。その顔には、罪悪感ではなく、誇らしげな表情が浮かんでいた。
私は、腰が抜けたように床にへたり込んでしまった。すると、嫁のアソコに光るものが見える。
「な、なんだそれは? なにをつけてる?」
私は、嫁の秘部を凝視しながら聞いた。すると、彼女は脚を軽く広げ始めた。すると、彼女の左右の陰唇にはリングがつけられていた。そして、そのリングを南京錠が繋いでいる。
『はい。勝手にセックス出来ないように、御主人様につけてもらいました』
嫁は、上気したような顔で言う。どう見ても、興奮している顔だ。私は、なんでそんな事を? と、聞いた。
『御主人様の所有物だからです。誰ともセックスしちゃダメだからです』
嫁は、うわずった声で言う。私は、彼女が本当に後戻り出来ないところにいるのを感じていた。
入れ墨を入れ、貞操帯のようなものまでつけてしまっている。もしも、息子に見られたらどうするのだろう? 急に病院にかかったりしたら、どうするつもりなのだろう? 
私は、脚が震えて絶望のどん底にいるような気持ちになっていた。すると、嫁が歩み寄り、私の目の前に立つ。そして、あっけに取られている私の股間をいきなり踏んだ。

『凄く勃起してる。やっぱり興奮するのね』
そんな事を言いながら、グイグイとペニスを踏みつける彼女。私は、目の前の肉奴隷の文字やピアスに、目を奪われていた。そして、激しい興奮と、踏まれている快感でうめいてしまった。

『良かった。あなたも喜んでくれるのね。見える? もう、あなたとはセックス出来ないの。でも、こうやって踏んであげる』
嫁は、そんな事を言いながらさらに強く踏んでくる。言葉づかいも、すっかりと変わってしまった。まるで、彼女の方が立場が上になったような感じだ。

私は、そんなのダメだと言った。もう、松井さんとは会わない約束だったはずだと指摘…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ・痴漢】姉のレイプ計画(1) 【エッチな体験談・レイプ、強姦】【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/03 08:54
2017/01/03 08:54
僕の姉は、僕の同級生にレイプされた。犯った奴等の主犯格は、高木・柿崎の2人。僕は私立の男子高校普通科の2年生だが、その2人は工業機械科。工業機械科は学校の中でもガラの悪い生徒が群れなしており、僕ら普通科の生徒はかなり虐げられていた。高木と柿崎の2人は特にガラの悪い中心グループの主要格で、工業科の3年生と仲が良く1年生に慕われていた。 主犯格の高木・柿崎は許せないが、もっと最悪に許せないのが、僕と同じ中学校出身で、友達だと思っていた前川。前川は中学校時代、僕の家にたまに遊びに来ては、僕の姉に勉強を教えてもらったりしていた。前川はいつも「美人なお姉さんがいていいなぁ・・」と、僕を羨ましがり、僕を…
【痴漢】上司に電車で中だし痴漢されちゃった
2016/02/29 00:56
2016/02/29 00:56
2006/03/03 23:02┃登録者:もえたろう◆67dk/ra6┃作者:ぽち387 名前: ポチ  投稿日: 03/03/03 10:52 ID:IBwOOBJK     上司に電車で中だし痴漢されちゃった  投稿者:mika  投稿日:7月10日(水) 20時08分10秒 削除     OL1年目のみかです。     先日会社でちょっと遅い歓迎会があり、か…
【エッチ体験談】中学のときにお姉ちゃんの覗きがバレておかげでHできた近親相姦エロ体験談
2016/03/12 12:00
2016/03/12 12:00
今から12年前の出来事ですが、実話を記憶を辿りながらですので途中フィクションも交じると思いますが勘弁してください。




当時、両親、長姉(20)次姉(16)僕(13)の5人家族で暮らしていました。




僕が中1の今頃の時期、母が夕飯の仕度をしていて、テレビを見ている僕に



「マサト裏へ行ってネギ2、3本採ってきて」



と言われました。




裏の畑と言っても家庭菜園にもならない様な小さい畑です。




勝手口から出ると、風呂場で水の音がするのに気づき、振り返ると窓が3分の1ほど開いてます。




誰かな思い、基礎工事と外壁の間にある淵に片足で上がって中を覗くと、…
バイトで雇った現役女子大生が最高の名器だった話【エッチな話告白】
2015/12/19 08:14
2015/12/19 08:14
僕は和食の職人で店を持っています。

近くには女子短期大学があり、僕はいつも女子大生をバイトに雇っていました。

あるとき2名の女の子をやといました。2人ともよく働いてくれます。

僕はそのアルバイトの女の子の一人と関係するまでを告白します。

その女の子は千晶さんと言います。

おしりが大きく、身長も高く、後ろ姿は日本人とは思えないプロポーションです。

スポーツをしていると聞いていたので、きっと体の締まりもいいはずだと妄想する日々が続きました。
そんなある日、店を締め、後片付けをしている時、彼女の皿洗いの後ろ姿に見とれてしまいました。

そして僕は思わず、「おつかれさま! ボールでも飲ん…
同級生に脅されて・・【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/10/28 20:45
2017/10/28 20:45
の姉は、僕の同級生にレイプされた。 犯った奴等の主犯格は、高木・柿崎の2人。 僕は私立の男子高校普通科の2年生だが、その2人は工業機械科。 工業機械科は学校の中でもガラの悪い生徒が群れなしており、僕ら普通科の生徒はかなり虐げられていた。 高木と柿崎の2人は特にガラの悪い中心グループの主要格で、工業科の3年生と仲が良く1年生に慕われていた。 主犯格の高木・柿崎は許せないが、もっと最悪に許せないのが、僕と同じ中学校出身で、友達だと思っていた前川。 前川は中学校時代、僕の家にたまに遊びに来ては、僕の姉に勉強を教えてもらったりしていた。 前川はいつも「美人な姉さん">お姉さんがいていいなぁ・・…
友達の主婦たちと男1人女3人の4Pエッチ体験談
2017/01/05 12:10
2017/01/05 12:10
週末に敬子(36歳)と敬子の知り合いの主婦、友美(34歳)と3人で某温泉宿にsex旅行に行ってきた。

敬子の車で知美を迎えに行ってもらい友美の旦那には女2人旅行という事になっている。


友美とは初対面だったが、165cmほどの背が高めで「本上まなみ」のような清楚な感じだった。

かなりストライクゾーンに入ったのでこの時点でチンポは半起ち。

車の中ではすぐに打ち解けて初めからエロい下ネタの連続。

途中「暑くなってきた」と友美が上着を脱ぐと体のラインが判るタイトなシャツ。

シートベルトが胸の谷間に挟まりこれがまたエロい。
敬子が友美に

「友美さん、今日は旦那のことは忘れて3人で楽しみま…
仲良しの娘と…2お泊り
2016/08/14 15:01
2016/08/14 15:01
2ヶ月ほどしたころでした。何気なくいつも の腕まくら状態で「りなはさおりと似て可愛い な」と言いました。後で思えばこの言葉が招い たのかもしれない… 妻は、可愛いけど、私に似てる~?( ´ ▽ ` )ノ といい、りなは、ただ笑ってました。 その日は、りなが泊まっていくというので、 私「部屋はりなが出てったときのままだから 寝るとこはあるぞ!ほこりはかぶってるかも」 りな「じゃあパパとママと寝る~」 私「じゃあ俺はベットの下に布団敷いて寝るから 妻子仲良く寝なさい」 妻子「は~い。」 これが娘が家を出て最初のお泊りだった。 まありなの旦那が遠くに営業行ってたおかげだな…
中〇生の妹とのエッチが心の支えになっています
2018/05/25 23:05
2018/05/25 23:05
やっと休みが‥
2017/11/14 09:19
2017/11/14 09:19
貰えました。ずっとは店に出され、オムツ生活にも慣れてきた自分が悲しい。銀行のカードは返して貰ったのですが、最初の給料は全額引き出された後。誕生日が暗証番号だったので簡単にバレたみたい。制服の下はショーツなし。家では裸かオムツだけのでした。遂に店長にバレ、閉店後に 残されてまたお説教かと思ったら、最初から一枚かんでたみたいで、反省文 書かされていると後ろから胸を揉んできて、字が曲がると「反省の気持ちが足らん書き直し」と言われ結局時間かかっても出来ないので、「文章じゃなく、反省を体で示せ」と命令されました。もうその頃はアソコは大洪水 でスカートにシミがでっかくついていたと思います 。店のカウンター…
フランスで出会った、まだ幼いソフィーと
2017/08/01 08:00
2017/08/01 08:00
 外資系のとある会社に入社して一年目、私はパリ支社の末席に席を置くことになった。
フランスのデザイン事務所と日本企業をコーディネイトするのが主な仕事である。
仕事は忙しかったが、フランスは当時から週休2日と有給90日の完全消化が徹底していたため、
日本からの緊急連絡待ち以外の日は、9時-5時の仕事さえしていればなんの問題もなかった。
最初の半年ぐらいは引継などでバタバタしたが、半年もたつと完全にフレンチナイズされ、
日本人である私は、ヒマを持て余すようになっていた。
 そんなヒマな時間を持て余しはじめた頃、私は上司であるカトリーヌ(女性)の家に招かれた。
部屋の模様替えの完成記念パーティーと…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・騙して中出し!そのままホテルに放置w

・先週初のハプニングバー体験 興奮と後悔と驚愕!

・【熟女体験談】オナニーを止められたが、我慢できないでいたら手伝ってくれた母

・#嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました【転載禁止】

・中古妻エレジー

・【SM・調教】スタイル抜群な女子にされた金玉いじめ

・さっきまで普通に仕事をしていた女性を僕が抱いている・・・

・羽振りの良い社長に紹介された女性

・【人妻体験談】嫌がる妻を説得して3P乱交を実行

・【熟女体験談】バイト先の店長を酔わせてレイプしたらかなりの変態M女なのが発覚し、初アナル体験もさせてもらった

・股も心も開いたメンヘラ女w

・姉と僕の初体験の遠い思い出

・【人妻体験談】浮気三昧な妻を後輩に寝取らせ満足する夫

・【熟女体験談】妻が辱めを受けながら犯されるDVDを観ながら3Pをする最低な夫

・会社の女の子達ミニスカートの魔力

・好きな人に彼氏のフリしてもらったらそのままやっちゃいました。

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第2話]

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第1話]

・【オナニー】インターネットで何本も注文しちゃいました

・【熟女体験談】訪問営業でスキ者奥さんに大量中出し

・妻の妄想スワップ

・【不倫】元カレと大好きなバックで繋がった夜の田舎道

・旦那にばれるよりも数段マシ・・・

・SEXで体がトロけたいので男を探す私

・【人妻体験談】パートの美人なおばさんに素股でせめるサラリーマン

・【Hな体験】私がこれまでに会った2人のエロいメル友

・幼馴染との思い出

・会社の若い子をセフレにしてスポーツみたいなセックス

・エロ出来るセフレが欲しくてほしくて

・【レイプ】悲しい成人式