寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

△出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた5(転載不可)

2018/08/21 19:00




嫁は、松井さんとキスをしたまま腰を振り続けている。しがみつくように抱きつきながら、夢中で舌を使う嫁……。身体だけではなく、心まで奪われてしまったように見える。
でも、夢中な感じの嫁に対して、松井さんはさほど熱が入っているようには見えない。どちらかというと、受け身と言ってもいい感じで嫁のキスを受け止めている。

『あぁ、太いの、本当に大きいの。御主人様、気持ち良いですか? 桃子のオマンコ、気持ち良いですか?』
嫁は、媚びた口調でそんな質問をする。
「気持ち良いよ。ちゃんとトレーニング続けているようだね」
松井さんは、そんな事を言う。



『はい。毎日スクワットと重りをぶら下げるトレーニングを続けています。ちゃんと締まってますか? 桃子のオマンコ、緩くないですか?』
嫁は、そんな事を言いながら腰をなまめかしく動かし続ける。私は、嫁がそんなトレーニングを続けていた事にショックを受けながらも、ペニスをしごく手がさらに早くなっていく。

「よく締まってるよ。じゃあ、ケツマンコの締まりも確かめようか?」
松井さんがそんな風に言うと、嫁は嬉しそうな笑みを浮かべながら、
『入れて頂けるんですか? 桃子のケツマンコ、ちゃんと綺麗にしてあります。御主人様のぶっといおチンポで、メチャクチャにして下さい』
嫁は、嬉しそうにそう言った。そして、立ち上がって膣からペニスを抜くと、すぐに彼のペニスをアナルに押し当てていく。嫁は、ローションもなにも塗った様子はないのに、そのまま腰を降ろしてペニスをアナルに押し込もうとする。

『うぅ、太いです、裂けちゃうぅ、うぅあぁっ』
嫁は、苦しげな声を上げる。でも、腰を降ろすのをとめようともしない。すると、一気にストッパーが外れたような感じで、彼の太いペニスが嫁のアナルにズルンと入ってしまった。

『ンギィッ、ケツマンコ壊れるぅ』
嫁は、痛そうな顔でうめくように言う。
「腸液が分泌されるようになったね。本当に、桃子さんはセックスのために生まれてきたような女性だ」
松井さんは、得意気と言っても良いような表情で言う。
『はい、桃子はセックスのために生まれてきました。御主人様とのセックスのために生まれてきました』
嫁は、夢の中にいるような顔で言う。完全に洗脳状態に陥っているように見える。でも、そんな様子を見ながら狂ったようにオナニーをする私も、洗脳状態になっているのかもしれない。

「よし、御主人の前で、ケツマンコでイクところを見せてあげなさい」
松井さんが指示すると、嫁は腰を上下に動かし始める。あんなに太くて長いペニスが、小さなアナルに出入りしている。肛門がめくれ上がったりするのが、とても生々しい。

『ンッ、ンギィッ、うぅあっ、気持ち良いっ! ケツマンコ気持ち良いですっ。御主人様のおチンポ、子宮に届いてますぅ』
嫁は、あえぎ声と悲鳴が入り混じったような声で鳴き続ける。嫁は、どう見てもアナルに入れられている時の方がリアクションが大きい。本当に気持ち良さそうで、表情が笑顔になっている感じがする。

「どんな風に気持ち良いのか、御主人に説明しないと。その方が、御主人も喜ぶだろ?」
松井さんは、とことん私をバカにするつもりのようだ。でも私はさっきまでの殺意は消えてしまっていた。さっきまでは、彼を包丁で滅多刺しにしてやるつもりだった。でも、嫁のとろけた顔、幸せそうな顔を見て、私は敗北を認めてしまった。

『あなた、御主人様のおチンポ、アナルの奥に届いてるの。結腸の入り口も通り越えて、腸ごと子宮を刺激してるの。こんな快感、忘れられないです。もう、このおチンポなしじゃ、生きていけないです。あなた、許して。月に1回……ううん、2回で良いです。松井さんに抱かれるのを、許して下さい』
嫁は、とろけきった顔で私を見つめながら、真剣にお願いをしてきた。私は、その言葉に怒りを感じるどころか、より興奮を高めてしまっている。

「そんな事を言って御主人を困らせるなんて、悪い奥様だ。そんな悪い牝犬には罰がいるな」
松井さんは、ゾクッとするような冷たい声で言う。私は、その言葉に不安を感じるどころか、期待をしてしまっていた。嫁は、どんな事をされてしまうのだろう? そんな想像で、ドキドキするほど期待している。

『はい、罰を下さい。悪い牝犬に、御主人様の罰をくださいぃ』
嫁は、罰を下さいと言いながらも、声が興奮に震えているようだ。

「よし、行くぞ」
松井さんはそんな事を言うと、思い切り嫁のお尻を平手で叩いた。バチンッ! と、激しい音がすると、嫁はのけ反りながら、
『イギィッ!! うぅあぁ、イッちゃった、イッちゃいましたぁ』
と、とろけきって弛緩したような顔で言う。私は、女性がこんな顔になるのを見た事も聞いた事もなかった。

松井さんは、再び嫁のお尻を叩く。鋭い音が響き、嫁はのけ反りながら果ててしまう。松井さんは、それを何度も繰り返す。みるみる嫁のお尻は真っ赤になっていき、次第に紫色に変色していく。

『ギィイッんっ! も、もうダメぇ、イキすぎて死んじゃいますぅ』
嫁は、泣き声で言う。もう、完全に泣き声になっている。私は、泣きながらも腰を動かし続ける嫁を見て、歯を食いしばりながら射精していた……。

結局、嫁はセックスをやめなかった。何度果てても、夢遊病の人のように松井さんのペニスを求めてしまっている……。
「御主人、お子さんの事もあるでしょうから、先に帰ったらいかがですか? 奥様は、責任を持ってお返ししますから」
松井さんにそう言われ、私は心が折れたように彼の家を出ていった……。玄関で靴を履いている間も、ずっと嫁の嬌声は響き続けていた……。

自宅に帰ると、お義母さんが息子に食事をとらせていた。
『お帰りなさい。お疲れ様。まだ帰ってきてないのよ』
お義母さんが心配そうに言う。私は、嫁と連絡がついて、もう少しかかると聞いたと伝えた。そして、お義母さんにお礼を言って、今日の所は帰ってもらった……。

結局、その日嫁は帰ってこなかった。次の日、私は子供を幼稚園に送り出すと、慌てて会社に向かった。上司に嫁が体調を崩したと説明し、帰りも早くしてもらった。

幼稚園に迎えに行く私……。夕方まで預かってもらえるシステムが、こんな形で役に立つとは思っていなかった。息子は、さすがに母親がいない事に不安を感じ始めているようだ。
私は、どうしたら良いものかと迷いながら、息子に夕ご飯を食べさせた。と言っても、冷凍食品ばかりだ。申し訳ないなと思う。

すると、嫁が帰ってきた。私は、ホッとしながら彼女を出迎えた。
『ごめんね~。寂しかった? 本当にゴメンね』
と、息子に謝る嫁。私は、笑顔で母親にじゃれる息子を見ながら、胸が痛くて仕方ない気持だった。

息子が寝付いた後、どうしたのかと聞いた。
『ごめんなさい。ずっと罰を与えられていました。あなた、私もう戻れない……』
ボロボロと泣きながら嫁が言う。私は、強い不安を感じながらも、引っ越しをしようと提案した。でも、嫁は泣きながら、
『戻れないの……。戻れない身体になったの……』
と、言いながら服を脱ぎ始めた。私は、一気に全裸になった嫁の身体を見て、息が止りそうになってしまった。
嫁の胸には、薔薇の入れ墨が入っていた。そして、すっかりと剃り上げられた恥丘には、肉奴隷と漢字の入れ墨まで入っている……。
「な、なんでそんな……。本物なのか?」
私は、そんな質問をしながらも、少し腫れたようになっている皮膚を見て、本物なんだなと理解していた。
『はい。松井さんのお友達に彫ってもらいました』
嫁は、泣きそうな顔で答える。私は、どうしてそんな事をしたのかと聞いた。
『御主人様の所有物になったからです。その証しです』
嫁は、そんな風に言った。その顔には、罪悪感ではなく、誇らしげな表情が浮かんでいた。
私は、腰が抜けたように床にへたり込んでしまった。すると、嫁のアソコに光るものが見える。
「な、なんだそれは? なにをつけてる?」
私は、嫁の秘部を凝視しながら聞いた。すると、彼女は脚を軽く広げ始めた。すると、彼女の左右の陰唇にはリングがつけられていた。そして、そのリングを南京錠が繋いでいる。
『はい。勝手にセックス出来ないように、御主人様につけてもらいました』
嫁は、上気したような顔で言う。どう見ても、興奮している顔だ。私は、なんでそんな事を? と、聞いた。
『御主人様の所有物だからです。誰ともセックスしちゃダメだからです』
嫁は、うわずった声で言う。私は、彼女が本当に後戻り出来ないところにいるのを感じていた。
入れ墨を入れ、貞操帯のようなものまでつけてしまっている。もしも、息子に見られたらどうするのだろう? 急に病院にかかったりしたら、どうするつもりなのだろう? 
私は、脚が震えて絶望のどん底にいるような気持ちになっていた。すると、嫁が歩み寄り、私の目の前に立つ。そして、あっけに取られている私の股間をいきなり踏んだ。

『凄く勃起してる。やっぱり興奮するのね』
そんな事を言いながら、グイグイとペニスを踏みつける彼女。私は、目の前の肉奴隷の文字やピアスに、目を奪われていた。そして、激しい興奮と、踏まれている快感でうめいてしまった。

『良かった。あなたも喜んでくれるのね。見える? もう、あなたとはセックス出来ないの。でも、こうやって踏んであげる』
嫁は、そんな事を言いながらさらに強く踏んでくる。言葉づかいも、すっかりと変わってしまった。まるで、彼女の方が立場が上になったような感じだ。

私は、そんなのダメだと言った。もう、松井さんとは会わない約束だったはずだと指摘…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
先生を脅して(2)
2017/11/29 18:49
2017/11/29 18:49
「ヤベ…いきそ」…と口に出しそうになったが、 また俺の脳内で瞬時に言葉が浮かんだ。 「(このまま出したらどうなるんだろう? 絶対に顔や服、髪にかかるよな…怒るかな先生…)」 しかし考えたのはいいものの射精感に勝てるはずもなく 俺は勢い良く、ティムポの先から白子を噴出した ―――ドピュ!ドピュピュピュッ!! 「いやっ!」 俺はちょっと先生が大きい声で叫んだので、 口から心臓がでるほど驚いた(誰かにバレるかもって思ったから) 先生も声を上げた割には、俺のティムポから手を離さないで 飛び散る白子を、横に向い て避けただけだった。 なお放出する俺の白子 ――ピュッ!ドピュッ! なんかどうでもい…
田舎の風俗で育ちの良さそうなピンサロ嬢がいて切なくなった
2017/01/22 20:08
2017/01/22 20:08
転勤先は田舎でした


といっても県庁所在地なので、
生活するにはそこまで不便ではないですけどね


引っ越し後数週間が経ち、
そろそろ裏の町の探検でもしようかという余裕が出てきました。

基本的に私はお酒がダメなので、

付き合いでもスナックとか飲み屋が苦手なだけに、

歓楽街に足を踏み入れるのは純粋に(?)風俗店探しのため。

歓楽街が開くのに合わせて行動するため、

必然的に夕方以降になります。

まだ人の少ない飲み屋街(その場所は遠い昔の遊郭だったそうです)

の片隅をぶらぶら歩いていると、

風俗店とおぼしきお店を発見しました。







「ただいま…
彼氏持ちの同僚の巨乳OLに抜かずの4連中出し
2017/03/16 01:43
2017/03/16 01:43
同僚の小百合(24歳)に中出ししました。

イベントの準備の為に小さな作業小屋で木材を探していた時のことです。
小百合は顔がMEGUMIに似て、乳も同じくらい大きな、男から見て非常に魅惑の先輩でしたので、二人きりになったら絶対犯してやろうと考えていました。

チャンスはいきなりやってきました。
他に小屋で作業をしていた仲間は、「急ぎの仕事があるから」と言って早い時間に会社に戻りました。 いきなり二人だけになったので俺は小百合の身体にギラギラ視線を送りながら勃起状態でいました。
どうせ会社を辞めるつもりだったので、無理やり犯して逃げてもいいやと思うのと、ここ2週間射精していな…
調教【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/05 03:42
2017/11/05 03:42
2005/04/20 12:18┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者  安全に女を犯したいって思ったことありませんか? 自由になる女が欲しいと思ったことはありませんか?俺はいつも考えていました。色々考えやっと1つの方法を考えつきました。安全っと言ってもかなりのリスクは有ります。そして、成功しました。  まず考えたのは、自由になる女=女の弱みを握る という事です。そこで万引き女を探すことにしました。 大変、根気のいる事でした。時間がある平日の昼間(私は営業なので比較的時間が出来ます)デパートなどを見回ります。なるべく若い女の子が万引きするような、しかも、男がいてもおかしくない本屋を…
嫉妬②
2017/10/24 21:49
2017/10/24 21:49
責めるのに飽きてきた私達はユキを京子のパイプベットに大の字に縛り付けてビールを飲みながらしゃべってました。 しばらくすると男がやってきました。 ソイツは学校中に嫌われてる田中って男で、ガリガリのオタクでマジキモいから誰も相手にしない奴でした。 田中は部屋に入るなりユキの姿を見て真っ赤になってました。 「なんで田中が」って思ってたら京子が 「田中はちょいポチャのメガネっ子でユキみたいな子がタイプだろ ヤっちゃっていいよ」って後で聞いら田中がな本を万引きしてるのを京子が見つけて脅迫してたらしい。 でも今回、協力してくれたら止める約束をしたらしいです。 田中はどもりながら「ほ…ほ…本当にいいいいいい…
大学の同じプロジェクトに所属している M君にレイプされた体験談
2015/12/22 07:30
2015/12/22 07:30
大阪の大学の3年です。 実家は和歌山なので、大学の近くで1人暮らししています。 ある日バイトから帰って来て、トイレに行って出た後 洗面所で手を洗っていました。 すると横のお風呂から大学の同じプロジェクトに所属している M君が出てきました。 【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました M君は私の背後に周り、胸を揉んできました。 大声を出したり、暴れたりして抵抗すると 胸を揉んだまま、勃ったあれを私のお尻に擦りつけてきて 「○○さんのおしっこ良い音だね」と言ってきました。 驚きとキモイのとで唖然としてしまい その間にリビングまで連れて行かれ、押し倒されました 服…
俺は強引に義妹にキスをした
2017/02/11 18:49
2017/02/11 18:49
俺の家には、妻(32)の妹(30)が良く遊びに来る。 元々、仲の良い姉妹&俺の子供と妹の子供達も仲が良く歳が近いから、週2~3回来てる。 この日も、何ら変わりなくいつも通り来た訳だが・・・。 あいにく妻は近所まで買い物に出ており、俺は起きたばっかりでパジャマから着替えてたら、階段を誰か上がってくる音が聞こえ・・。 「義兄さん、パソコン見せて~」と唐突に扉が開き、下半身丸裸中だった俺は隠す間もなく義妹に息子を全開で見られた! が、次の瞬間・・・ 「お、おっきい・・」 驚き逃げるかと思いきや、意外な反応。 俺が慌てて股間を隠すのを見て、思い出したかの様に目線を逸らし・・・ 「あっ…
妻に若い男ができました
2017/12/29 03:24
2017/12/29 03:24
私62歳。起業家(3年前に社長職を禅譲)悠々自適の日々。 若い頃は日々女あさりも結婚を境に妻一筋。 妻57歳。貧乳・ピンクの巨乳首。緩んだ腹がクビレに見える巨尻。酒豪。 私が抱いた最後の処女。 私は若い頃に年上・年下・既婚(子持ちも含む)・婚関係なく、色々な女性と一夜を共にしてきたけれど、大概の女性は1回抱けば次からは露骨にスケベなだけのメスに変貌してきた。 妻も23歳で処女でしたが、1度抱いてしまった後は2度目・3度目は容易に抱く事ができた。 もちろん妻はスケベの度合いでは私が知る女性で最上級。キスだけで下着にシミを作る程濡れやすく、貫通痛がなくなってからは1度も前戯をした事がない。 妻…
弟と一緒に寝ていたら1
2018/07/01 15:01
2018/07/01 15:01
結論から言うと…してしまいました 昨日あの後弟の部屋に行ってきました 一緒にお酒飲みながらぐだぐだゲームしました ゲームも飽きたのでそろそろ寝よっかなーという感じに ドキドキしながら今だ!と思い、『一緒に寝よー』と言ってみた 「えっえっ」と動揺してる弟をシカトしてベッドにねっころがりました 弟は顔真っ赤にしながら隅っこに寝ているので 『昔よく一緒に寝たよねー』と何気なく話しかけてみた 「そうだねー」と普通に返事してきたので 『ベッド狭いからもう少しそっちいってもいい?』と聞いたら 「う、うん…いいよ…」と許可もらったので近くにいってくっつきました 昔一緒に寝てたときに、手を繋いで相手が…
毛嫌いされてた女に挿入してくださいと言わせたった
2018/07/30 21:01
2018/07/30 21:01
金曜日にパチンコで大勝ちしたから その戦利金捨てる気持ちで入手してみた。 最初は冗談というかクソ業者の宣伝記事と思っていたのだが、 イヤすごいねこれは。正直かなりヤバイ効き目で興奮した。 なんかインターネットでノウハウを買うと騙される印象しか なかったけど、今回の人のは違った。 一応お礼というか、今年いい年になりそうなんで感謝の気持ちで推薦コメント。 不要なら消してください。 ちなみに個人的にこの人の続きのレポートを聞いてみたい。↓ >僕はライン工場勤務の三十代後半男です。 > >正直デブだしハゲています。 >去年まで彼女いない歴=年齢だった自分です。 &g…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【浮気】彼女持ちの男を裸エプロンで挑発したりして[前編]

・【人妻体験談】出会い系で知り合った素人人妻はすでに他の男と不倫しているのに若い男とセックスをしたがっていた

・【熟女体験談】泥酔したブスおばさんを介抱するフリしてマンコキ痴漢

・私達夫婦のセックス

・驚愕!人間の女と交尾する海亀 2

・【痴漢】通学途中に満員電車で痴女にしごかれた僕のトラウマ

・驚愕!人間の女と交尾する海亀

・【熟女体験談】厚化粧の口うるさい義母にキレて中出しレイプ

・2年付き合った彼女が浮気をしてた完

・つづきのつづき

・俺氏・・・遂に卒業に成功

・乱交クラブと言う未知の体験をしてみた

・【浮気】お嬢様な先輩の彼女のシャワーシーンに興奮して

・チエちゃんのハードな人生

・後輩とえっち

・嫁から衝撃カミングアウトがあった・・・

・人助けしておいしい思いをした体験です

・主人があまりSEXしてくれないので

・【人妻体験談】妻が妊婦になってからSEXを控えクリを愛撫して失禁絶頂させる夫

・【熟女体験談】単身赴任中にセックスレスな近所のおばさんを寝取りSEX

・一回500円 1

・会社でエロエロな動作で男を誘うOL

・妹とずっと一緒 (妹の成人式)

・【Hな体験】修学旅行で乗った飛行機の機内で彼氏に初フェラ

・【人妻体験談】超淫乱で痴女な人妻歯科衛生士と診察台の上で寝取り中出しSEX

・【熟女体験談】近親相姦をするようになって30年の母と息子のSEX

・彼氏の浮気に彼氏の後輩に報復浮気

・結婚相手に妻を選んだ理由

・【露出】女装ビキニでナイトプールに侵入

・奥さんも覚悟したのか、欲しくなったのか・・・