寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

同じマンションに住んでいた女を無理やり・・エッチな体験談

2018/08/20 16:17




俺は21才の大学生。
学校に近いアパートでひとり暮らし。
アパートっていっても、軽量鉄骨の三階建てで、部屋は広めのワンルーム。
ステューディオタイプってやつ。
けっこう住みやすくて気に入ってる。
そして、隣には大学の教務課で事務職員をしている女が住んでいる。
彼女の部屋は三階の東角。
最近、この女のことが気になってしょうがない。
年は25才くらい。
化粧は薄く、派手なところはないけど、よく見るとかなりの美人なんだ。
スタイルもまずまず。
身長は160センチくらい、バストは小ぶりだけどウエストがキュッと締まっていて足が長い。
セミロングのヘアースタイルは、ちょっとヤボったいけど、真面目そうで、おとなしそうなところがそそる。-----ひとことで言えば清楚なお嬢さんタイプ。
あるとき近所のスーパーで買い物してる彼女の後ろ姿を見かけ、その丸くて張りのあるヒップにインスパイアされてしまった。
後日、彼女をカリキュラム提出のとき学校で見つけビックリした。
隣の女とこんなに縁があるものなのかと思ったくらいだ。
でも、声をかけるのもダサいし、知り合いになれる機会もありそうもない。
なんとか近づけるチャンスはないものかと悶々と過ごす日が続いていた。
夏休みに入ったので授業もなく部屋でのんびりしていると、隣の女が出ていく気配。
 そうなんだよな。
俺ら、学生が休みでも、事務員は仕事だからな。
窓からミニスカートの中のキュッと持ち上がったヒップを振りながら歩いていく彼女の後ろ姿を見ながら、俺は、なんとしても彼女をものにしたいと思い始めていた。
その日の夕方のこと、コンビニから帰り。
ちょうど彼女が帰ってきたところに出くわした。
なんとなく後を付けて階段のかげから見ていると、鍵を玄関の脇にあるガスメーターの扉を開けて出している。
どうやら、彼女は鍵を持ち歩かないタイプらしい。
不用心と言えばそれまでだが、もしかしたら、鍵をなくして困ったことがあったのかもしれない。
それを見たときから、俺の心の中で暗い計画が入道雲みたいに湧き上がってきた。
翌日、俺は彼女が出かけるのを確認して、隣のガスメーターの扉を開けた。
しかし、どこにも鍵は見あたらない。
「しまった。毎日じゃないのか。それとも近所に出かけるときだけなのか」一瞬、失望感に襲われたが、気を取り直してよく観察する。
すると、天井部分の隠れたところにヒートンがあって、鍵がぶら下がっているのを発見した。
そりゃ、そうだよ。
すぐ見えるところに置いてあったら、検針の人に分かっちゃうもの。
確認のため、玄関を開けてみる。
「やったね」カチャリと音がして鍵が開いた。
でも、彼女が帰ってくるのは早くても五時過ぎ。
まだ、時間はたっぷりある。
まずは、合い鍵を作るため、俺は通学に使っている原チャリを飛ばして近所のホームセンターへ向かった。
鍵をガスメーターに戻し、合い鍵を使って、俺は、まんまと彼女の部屋に忍び込むことができた。
思った通り、俺の部屋とは対称になった間取りだ。
漂うかすかな香水の匂い。
まだ帰ってくるはずはないと分かっていても心臓が破裂しそうにドキドキする。
興奮で渇いた喉からヒューヒューという呼吸の音が自分でも聞こえるほどだ。
キッチンを通り抜けると、カーテン越しの光りが、よく片づいた部屋を薄暗く照らしている。
ぐるりと部屋の中を見回す。
片側にはおしゃれなパイプベッド、反対側には机とパソコン、その手前にドレッサー、タンス、ワードローブが並んでいる。
まずはタンスの上段を開けてみる。
鮮やかな色の羅列。
清楚に見える彼女からは想像が付かないほどの派手な下着がギッシリと詰まっていた。
人は見かけによらぬもの、ほとんど丸見えのシースルーから、シルクのヒモパンまで、ヤバイものばかりだ。
「おいおい、ホントに、こんなもの着てるのかよ?」独り言を言いながら俺はバスルームへ。
使用済みのものがあるに違いないと思ったからだ。
整頓されたタンスの中を乱してしまったらヤバイ。
これからのことを考え、少し冷静になった末の答えだった。
洗濯機の横にあるカゴを開けてみると、案の定、衣類が積み重なっていた。
そこにも、素人は着ないだろうという感じのパンティやブラジャーが。
思わず、俺はレースでできたパンティのクロッチ部分に鼻をあて匂いを嗅いでいた。
メスの匂い。
それだけで、俺の息子はビンビンになり、あわててズボンをずり下げてオナってしまった。
大量に出た精液は、手のひらで受け洗面台で流す。
一発出すと、少し落ち着いたのでベッドのある部屋に戻った。
何気なく、机の上にあったパソコンのスイッチを入れる。
白いモニターと一体型のiMacってやつだ。
たしかに女の部屋にはよく似合う。
俺も少数派のMacユーザーなので親近感が湧く。
最初にサファリっていうインターネットのブラウザを立ち上げ、まずは履歴をチェック。
驚いたね。
海外の下着画像のサイトばかりを覗いてるみたいだ。
それに、いわゆる露出系のサイトも頻繁に見ているようだ。
あとは女性向けアダルト系のショップ。
よく見ているサイトを覗いているうちに一時間近くも経ってしまった。
なんで、こんなサイトばかり覗いてるんだろう。
そう思いながら、こんどはメールもチェック。
でも、女友達との、くだらないやりとりしか見つけられない。
この女、彼氏がいないんじゃない?男との生々しいやりとりがあるんじゃないかと期待していたのだが空振りだった。
アプリケーションを全部閉じると、デスクトップに「my album」というファイルがあるのを発見。
ダブルクリックすると、日付の入ったファイルがダイアログの中に並んでいる。
そのひとつを開けると、カメラメーカーのブラウザソフトが立ち上がり、この部屋で撮ったと思われるセルフポートレイトのサムネイルが。
それも、下着姿だ。
中にはトップレスのものまである。
再び、俺の息子はギンギンになった(笑)。
そうか、下着はこの女の趣味なんだ。
しかし、すごい数だ。
それに画素数の多いデジカメで撮ったらしく一枚4M近い容量がある。
俺は、いったん自分の部屋に帰りDVD-Rを持ってきて、すべてコピーすることにした。
全部見ていたら彼女が帰ってきてしまう(笑)写真の多くは、この部屋にあるパイプベッドの上で撮られたもの。
きっと、机の横にある本棚の前に三脚を立ててセルフタイマーかリモコンで撮ったのだろう。
第三者がカメラを構えていたのなら、もっとアングルに変化があるはずだ。
それに、写真は昼間の自然光を利用して撮ったものがほとんどだ。
ということは、休日を利用して楽しんでいる可能性が高い。
鍵が手に入ったのだから犯すのはいつでもできる。
それより、俺は、彼女の密やかな楽しみをもっと知りたいと思うようになった。
コピーが終わると、俺が入った痕跡を消し(もちろんPCの履歴も)、DVD-Rを自分の部屋に置くと、そのまま秋葉原へ向かった。
いわゆるスパイカメラを入手するためだ。
秋葉原にはいろんな店がある。
スパイカメラの他、ネットで調べたアダルトショップに寄ってスランバーマスクや手錠も買ってしまった。
たった一本の鍵を手に入れてしまったことで、実現可能な妄想が次から次へと湧きあがってくるのだ。
最初は彼女の私生活を覗いてみたい、何かきっかけがつかみたいくらいのノリだったけど、あの下着の山とファイルに収められてた画像を見て無理矢理にでも犯りたくなっちまった。
いや、その願望が頭から離れなくなった。
部屋へ戻ると、もう日は暮れていた。
隣の女も帰っているらしく明かりが点っている。
俺が侵入したことがバレていないか、少し不安だったが、そのときはコピーした画像をネタに脅して思いを遂げればいいだけの話だと自分をなぐさめる。
その夜、スパイカメラの使い方をチェックした後、例の画像をオカズに3発ほど抜いて眠りに落ちた。
長辺が3000ピクセル以上ある画像は大迫力だった。
翌朝、俺は彼女の部屋へ忍び込み、部屋の奥にあるテレビの中へスパイカメラをセットした。
これならキッチンまで見渡せるはずだ。
電源もテレビから取る。
こういった工作は技術系の学部にいる俺にとって簡単なものだ。
レンズ部分の穴もドリルを使って丁寧にやり、目立たなくあけることができた。
音を拾うこともできるので、彼女の私生活は、俺にとって文字通り筒抜けになった。
部屋へ戻って受信機をテレビに繋ぐ。
薄暗い彼女の部屋がブラウン管に映し出された。
カメラを仕掛けたテレビは、パイプベッドの足下にあり、計算通りベランダ側から部屋全体を映し出している。
あんなに小さいカメラなのに画質はかなり鮮明だ。
俺は、彼女が帰ってくるのが待ち遠しくてしかたなかった。
ダチは休みに入った途端実家に帰っちゃったし、女友達もいないワケじゃないんだけど、この二日間で女に対する興味が隣の女に集中した感じで電話する気持ちにもなれない。
結局、俺の足は大学へ向かっていた。
教務課なんかに用はないのだが、なんとなく彼女の顔が見たかったんだ。
制服姿で働いている彼女を見て、正直言って興奮したよ。
なんて表現していいか分からないけど、ある種の征服欲と、これから出来ることへの期待がゴチャマゼになって、獲物を待ち伏せしてる獣みたいな気分になっちゃったんだな。
知り合いのサークルに行って時間を潰した後、事務室を覗くと、もうカーテンが閉まっていた。
俺は、あわてて原チャリを飛ばして部屋に帰る。
と、隣のドアに宅急便の不在通知が挟んであるのを発見。
彼女の名前が真由美だということが分かった。
いっそう彼…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
50代の中年タクシ-ドライバーの俺の人生で最高の1日だった日の思い出
2017/05/02 14:02
2017/05/02 14:02
私しはタクシー運転手をしており

妻共に52才、息子22才、

お見合い結婚で素人とのセックスは妻のみ、

しかも妻は元々美人ではなくここ10年位で

ブクブク太りだし全くのセックスレス、

ひたすら平凡な日々をすごしてきた訳です、

そんな私に遂に人生最高の1日がおてずれたんです、

その日は全くお客様がつかずに深夜2時頃最後に

繁華街流してだめなら会社へ戻ろうと

憂鬱な気持ちでゆっくり車を流していると、

5人位の女子グループの一人が

こちらに手を上げているのが分かりました、

おっとりあえずよかったと思い車を停車させドアを開けると手を上げた子が、

この子お願いします、

と完…
キモ男に弱みを握られ、挿入されてしまった社員旅行
2016/05/28 06:00
2016/05/28 06:00
私は派遣社員という仕事が大好きで、色々な企業のお仕事を手伝わせて頂いてきましたが、このお話は、ある企業様に派遣された時にとんだ失態をした事からはじまったお話です。
まず私の紹介からですが、顔は「中山○穂」さんと「伊○美咲」の間みたいな顔だと良く言われます。比較的良い大学も出ていますので、頭も良い方だと思います。


自慢と悩みのタネでもあるのですが、胸がGカップで、会社でもかなり目立ってしまいます。

若い頃はこの体のせいで、男の人からの攻撃がすごくて酷い目に合った事もあります。
私自身、過去の体験が色々有りすぎて、早くから性に目覚めていたと思います。
さて、私の体…
【レイプ/犯された私】私はボロボロです【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/18 04:54
2017/06/18 04:54
私は一年前、地元の旅館で客室係のバイトをしてました。仲居さんのサポートをするのが私の仕事でした。家族連れのお客さんは、子供達がどんなに騒いでも、それほどマナーが悪くないんでいいんです。でも一番、困る客ってのは会社の慰安旅行などの、中年オヤジ達の団体さんなんですね。日頃、仕事で溜まったウップンを出先ではらすなんて、たまったもんじゃないんです。私がこの前、担当になった客も東京から来た会社の団体さんでした。四十過ぎた仲居さんが挨拶した時、私もついていたのですが、「そっちの若いネーチャンの方がいいな、ババァはいらねーよ」なんて、暴言を吐くんです。旅館に着くまでのバスの中で、もうすでに酔ってるんです。…
結婚した年に兄に無理やり犯された
2017/04/13 05:49
2017/04/13 05:49
あんまり思い出したい話でもなかったので書くかどうか昨日まで悩んでました。 でも、誰にも言えず、最近結構辛くなってきてて、どこかで言ってすっきりしたい気もします。 あまりうまく書けないと思うけど、書いてみます。 兄としちゃったのは結婚した年、三年前の夏のことです。 24歳でした。 旦那の長期の海外出張の間、お盆の帰省も兼ねてしばらく実家に帰ったんですが、父と母が二泊三日で旅行に出ていて、兄と二人きりになった時があって、その時しちゃいました。 あの晩、兄と二人で晩ご飯を食べながらお酒飲んでたんですが、ワイン、飲み過ぎちゃったんですね~。 それに人妻だけど、あの時まだ24歳だし、着てた…
【熟女体験談】モデル並みのスペックを持つ美人若妻が騎乗位で自分のおっぱいを揉みまくる
2017/02/24 00:02
2017/02/24 00:02
2017/02/24 (Fri) 妻がいるのに、
私は他の女性とSEXしてしまいました。

その女性は人妻で、ご近所の奥さんなんです。

嫁が義父の入院する事になり、
二週間程実家に帰省する間、
隣りの奥さんと不倫してしまったんです。

きっかけは、仕事が終わり家に帰り
スーツを脱いで着替えている時、
チャイムが鳴りパンツ一丁で出ると、
隣の奥さんだった。


俺「こんな格好ですみません。
どうかしました?」

奥さん「夕食作ったんですけど、
旦那が急遽出張になったので食べませんか。
奥さんから実家に帰ると聞いていたので
不自由かと思い」

俺「いいんですか?喜んで頂きます。」…
【人妻との体験】彼女の家の風呂場からエッチしている声が聞こえてきたエッチな体験談
2017/05/22 00:51
2017/05/22 00:51
彼女の家の風呂場からエッチしている声が聞こえてきたエッチな体験談。 ※途中?までお風呂場に誰か入っている誰だろう?「あっぁダメ・・ダメ」「綾音ちゃんこんなに濡れてるし」僕の不安は最悪な予想以上の事が起きていた。 僕と綾音は仕事先で知り合った綾音は今年で25歳、ショ-トカットで身長は160cmぐらいボ-イッシュな感じだが少しかわいい、胸は小振りだが形のいい膨らみである。 その日は綾音の大学時代の研究室の同窓会があると僕は聞いていたのだが夜の11時40分頃綾音から携帯に連絡があり飲みつぶれた友達を自宅に連れて帰るから今日は夜僕と会えないと連絡があった僕は車でその子を送ろうかと聞いたが迷惑を…
バイトの由香里ちゃんを酔わせてやってみた
2018/06/03 20:04
2018/06/03 20:04
私の店でバイトしていた由香里(仮名)は去年高校を卒業したばかりのフリーターで、19歳にしてはおとなしく、 いつもあまり喋らないで黙々と仕事をしているタイプでした。ある晩、店が終わった後何の気なしに夕食に誘ったら少し迷っていましたが、多少強引に連れ出しました。 由香里には彼氏がいることは知っていたのですが、その時点では私も手を出すつもりもなかったので、強引にも なれたのだと思います。ファミレスの客席で向かい合って見ると、由香里は150cmと小柄な割には、中学高校の間ずっと水泳をやっていた とのことで、体全体のラインも均整がとれて形のいい大きめの胸をしているのが厚手のセーターの上から でもわかるほ…
実はGカップだった絵美のおっぱい
2017/01/10 07:49
2017/01/10 07:49
大学1年の時、とあるファミリーレストランでバイトしてたんだけど、バイト先で付き合った同級生の女の子について、語りたいだけどいいかな。 その子(絵美)、顔は特に美人ではないのだけど、おっぱいがむちゃくちゃ大きく、結構エロい身体してた。 バイト先の制服も身体のラインがハッキリわかるようなものだったので、よく大学生とかに影で「あの店員のおっぱいすげーなー」とか言われてた。 自分もおっぱいフェチなので、その身体がほしくて、告白したのも正直なところである。 もちろんバイト先の男どもの中でもその身体は噂の的となっており、マネージャーなんかは露骨に彼女に「そのでっかい胸、一度触らせてくれ!」なんてよ…
彼女との初エッチの時に先にイッてしまった【SEX体験】
2016/01/17 09:38
2016/01/17 09:38

僕が塾講師のバイトをやってた大学生の頃、高2年の子にひょんな事から告白され、付き合ってました。

彼女はまだエッチの経験はないという事で、自分なりに慎重にいきたいという事もあって、まずはキスだけ、次のデートの時は軽く体を攻めて…と徐々に徐々に進め、ある夜、両親がいない日に彼女を家に呼びました。

もちろん僕はそのつもりでしたし、彼女もそのつもりで来てたと思います。

そしてベッドに入り、僕はもちろん今日はリードしてあげようと思ってました。

そして徐々に洋服を脱がし、彼女は全裸に…。

ちょうど添い寝するような状態で僕は彼女を手で攻めてたのですが、彼女もエロい気分になってたのか、僕の事も気…
【体験談】真夜中の雑居ビルでものすごいSEX現場を目撃した
2016/05/03 11:30
2016/05/03 11:30

物凄いSEX現場を目撃した思い出です

変態カップルの青姦

去年の夏休みです。



夜中に冷蔵庫の水のペットボトルが空になった私は
マンションから数分のコンビニに行くことにしました。



ダラダラとコンビニで立ち読みしたり
新発売のおやつをチェックして
コンビニをでました。




コンビニの周り=私のマンションの周りは
雑居ビルが多く
夜中は人通りがありません。



数メートル歩くと何やら
犬の鳴き声のようなけたたましい声がしました。



たまにノラ猫はでますが犬は珍しい

どこか…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・ウブな女の子から大人の女に

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・ロリコンな幼馴染との奇妙な関係

・オヤジの愛人とデキて孕ませた子供は・・・

・軽いエロ遊びをSNSに書き込みしてみた

・【人妻体験談】変態で下品なプレイを妄想し、実現させたくなるムッツリスケベな専業主婦

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・【不倫】とろけるようなキスが私の貞操観念を狂わせた

・親友の息子と愛し合う日々

・職場の先輩 大学時代

・36歳の巨乳処女OL(再修正版)

・会社の会議室はラブホ替わり

・【人妻体験談】同居している息子の嫁のパンチラや乳首チラに我慢出来ずに禁断の寝取りをしてしまった父

・【熟女体験談】年下社員と下品な淫語を叫びながら本能のままにSEXをするパート主婦

・もはや涙すら出ない

・脚フェチに対応してくれるエロい人妻

・【浮気】娘の彼氏と自分の家のベッドで

・Hカップの麻衣

・姉に女装教育を受け、初体験の相手も姉。今も続く姉との毎日。

・【Hな体験】巨乳な友達が海の中でシコシコしてくれた

・臭マンピザとの3Pで童貞卒業失敗した話

・俺の奥さんと尊敬し信頼する先輩の高橋満さんが

・つづき

・【乱交】処女の妹をレズ調教している元カノと姉妹丼

・何か変です母からの成人祝い

・大好きな彼女

・姉の性 ~隣の部屋のあえぎ声~

・夫の俺の目の前で、感じまいと努力する貞淑な愛妻が可愛かった・・・