寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

同じマンションに住んでいた女を無理やり・・エッチな体験談

2018/08/20 16:17




俺は21才の大学生。
学校に近いアパートでひとり暮らし。
アパートっていっても、軽量鉄骨の三階建てで、部屋は広めのワンルーム。
ステューディオタイプってやつ。
けっこう住みやすくて気に入ってる。
そして、隣には大学の教務課で事務職員をしている女が住んでいる。
彼女の部屋は三階の東角。
最近、この女のことが気になってしょうがない。
年は25才くらい。
化粧は薄く、派手なところはないけど、よく見るとかなりの美人なんだ。
スタイルもまずまず。
身長は160センチくらい、バストは小ぶりだけどウエストがキュッと締まっていて足が長い。
セミロングのヘアースタイルは、ちょっとヤボったいけど、真面目そうで、おとなしそうなところがそそる。-----ひとことで言えば清楚なお嬢さんタイプ。
あるとき近所のスーパーで買い物してる彼女の後ろ姿を見かけ、その丸くて張りのあるヒップにインスパイアされてしまった。
後日、彼女をカリキュラム提出のとき学校で見つけビックリした。
隣の女とこんなに縁があるものなのかと思ったくらいだ。
でも、声をかけるのもダサいし、知り合いになれる機会もありそうもない。
なんとか近づけるチャンスはないものかと悶々と過ごす日が続いていた。
夏休みに入ったので授業もなく部屋でのんびりしていると、隣の女が出ていく気配。
 そうなんだよな。
俺ら、学生が休みでも、事務員は仕事だからな。
窓からミニスカートの中のキュッと持ち上がったヒップを振りながら歩いていく彼女の後ろ姿を見ながら、俺は、なんとしても彼女をものにしたいと思い始めていた。
その日の夕方のこと、コンビニから帰り。
ちょうど彼女が帰ってきたところに出くわした。
なんとなく後を付けて階段のかげから見ていると、鍵を玄関の脇にあるガスメーターの扉を開けて出している。
どうやら、彼女は鍵を持ち歩かないタイプらしい。
不用心と言えばそれまでだが、もしかしたら、鍵をなくして困ったことがあったのかもしれない。
それを見たときから、俺の心の中で暗い計画が入道雲みたいに湧き上がってきた。
翌日、俺は彼女が出かけるのを確認して、隣のガスメーターの扉を開けた。
しかし、どこにも鍵は見あたらない。
「しまった。毎日じゃないのか。それとも近所に出かけるときだけなのか」一瞬、失望感に襲われたが、気を取り直してよく観察する。
すると、天井部分の隠れたところにヒートンがあって、鍵がぶら下がっているのを発見した。
そりゃ、そうだよ。
すぐ見えるところに置いてあったら、検針の人に分かっちゃうもの。
確認のため、玄関を開けてみる。
「やったね」カチャリと音がして鍵が開いた。
でも、彼女が帰ってくるのは早くても五時過ぎ。
まだ、時間はたっぷりある。
まずは、合い鍵を作るため、俺は通学に使っている原チャリを飛ばして近所のホームセンターへ向かった。
鍵をガスメーターに戻し、合い鍵を使って、俺は、まんまと彼女の部屋に忍び込むことができた。
思った通り、俺の部屋とは対称になった間取りだ。
漂うかすかな香水の匂い。
まだ帰ってくるはずはないと分かっていても心臓が破裂しそうにドキドキする。
興奮で渇いた喉からヒューヒューという呼吸の音が自分でも聞こえるほどだ。
キッチンを通り抜けると、カーテン越しの光りが、よく片づいた部屋を薄暗く照らしている。
ぐるりと部屋の中を見回す。
片側にはおしゃれなパイプベッド、反対側には机とパソコン、その手前にドレッサー、タンス、ワードローブが並んでいる。
まずはタンスの上段を開けてみる。
鮮やかな色の羅列。
清楚に見える彼女からは想像が付かないほどの派手な下着がギッシリと詰まっていた。
人は見かけによらぬもの、ほとんど丸見えのシースルーから、シルクのヒモパンまで、ヤバイものばかりだ。
「おいおい、ホントに、こんなもの着てるのかよ?」独り言を言いながら俺はバスルームへ。
使用済みのものがあるに違いないと思ったからだ。
整頓されたタンスの中を乱してしまったらヤバイ。
これからのことを考え、少し冷静になった末の答えだった。
洗濯機の横にあるカゴを開けてみると、案の定、衣類が積み重なっていた。
そこにも、素人は着ないだろうという感じのパンティやブラジャーが。
思わず、俺はレースでできたパンティのクロッチ部分に鼻をあて匂いを嗅いでいた。
メスの匂い。
それだけで、俺の息子はビンビンになり、あわててズボンをずり下げてオナってしまった。
大量に出た精液は、手のひらで受け洗面台で流す。
一発出すと、少し落ち着いたのでベッドのある部屋に戻った。
何気なく、机の上にあったパソコンのスイッチを入れる。
白いモニターと一体型のiMacってやつだ。
たしかに女の部屋にはよく似合う。
俺も少数派のMacユーザーなので親近感が湧く。
最初にサファリっていうインターネットのブラウザを立ち上げ、まずは履歴をチェック。
驚いたね。
海外の下着画像のサイトばかりを覗いてるみたいだ。
それに、いわゆる露出系のサイトも頻繁に見ているようだ。
あとは女性向けアダルト系のショップ。
よく見ているサイトを覗いているうちに一時間近くも経ってしまった。
なんで、こんなサイトばかり覗いてるんだろう。
そう思いながら、こんどはメールもチェック。
でも、女友達との、くだらないやりとりしか見つけられない。
この女、彼氏がいないんじゃない?男との生々しいやりとりがあるんじゃないかと期待していたのだが空振りだった。
アプリケーションを全部閉じると、デスクトップに「my album」というファイルがあるのを発見。
ダブルクリックすると、日付の入ったファイルがダイアログの中に並んでいる。
そのひとつを開けると、カメラメーカーのブラウザソフトが立ち上がり、この部屋で撮ったと思われるセルフポートレイトのサムネイルが。
それも、下着姿だ。
中にはトップレスのものまである。
再び、俺の息子はギンギンになった(笑)。
そうか、下着はこの女の趣味なんだ。
しかし、すごい数だ。
それに画素数の多いデジカメで撮ったらしく一枚4M近い容量がある。
俺は、いったん自分の部屋に帰りDVD-Rを持ってきて、すべてコピーすることにした。
全部見ていたら彼女が帰ってきてしまう(笑)写真の多くは、この部屋にあるパイプベッドの上で撮られたもの。
きっと、机の横にある本棚の前に三脚を立ててセルフタイマーかリモコンで撮ったのだろう。
第三者がカメラを構えていたのなら、もっとアングルに変化があるはずだ。
それに、写真は昼間の自然光を利用して撮ったものがほとんどだ。
ということは、休日を利用して楽しんでいる可能性が高い。
鍵が手に入ったのだから犯すのはいつでもできる。
それより、俺は、彼女の密やかな楽しみをもっと知りたいと思うようになった。
コピーが終わると、俺が入った痕跡を消し(もちろんPCの履歴も)、DVD-Rを自分の部屋に置くと、そのまま秋葉原へ向かった。
いわゆるスパイカメラを入手するためだ。
秋葉原にはいろんな店がある。
スパイカメラの他、ネットで調べたアダルトショップに寄ってスランバーマスクや手錠も買ってしまった。
たった一本の鍵を手に入れてしまったことで、実現可能な妄想が次から次へと湧きあがってくるのだ。
最初は彼女の私生活を覗いてみたい、何かきっかけがつかみたいくらいのノリだったけど、あの下着の山とファイルに収められてた画像を見て無理矢理にでも犯りたくなっちまった。
いや、その願望が頭から離れなくなった。
部屋へ戻ると、もう日は暮れていた。
隣の女も帰っているらしく明かりが点っている。
俺が侵入したことがバレていないか、少し不安だったが、そのときはコピーした画像をネタに脅して思いを遂げればいいだけの話だと自分をなぐさめる。
その夜、スパイカメラの使い方をチェックした後、例の画像をオカズに3発ほど抜いて眠りに落ちた。
長辺が3000ピクセル以上ある画像は大迫力だった。
翌朝、俺は彼女の部屋へ忍び込み、部屋の奥にあるテレビの中へスパイカメラをセットした。
これならキッチンまで見渡せるはずだ。
電源もテレビから取る。
こういった工作は技術系の学部にいる俺にとって簡単なものだ。
レンズ部分の穴もドリルを使って丁寧にやり、目立たなくあけることができた。
音を拾うこともできるので、彼女の私生活は、俺にとって文字通り筒抜けになった。
部屋へ戻って受信機をテレビに繋ぐ。
薄暗い彼女の部屋がブラウン管に映し出された。
カメラを仕掛けたテレビは、パイプベッドの足下にあり、計算通りベランダ側から部屋全体を映し出している。
あんなに小さいカメラなのに画質はかなり鮮明だ。
俺は、彼女が帰ってくるのが待ち遠しくてしかたなかった。
ダチは休みに入った途端実家に帰っちゃったし、女友達もいないワケじゃないんだけど、この二日間で女に対する興味が隣の女に集中した感じで電話する気持ちにもなれない。
結局、俺の足は大学へ向かっていた。
教務課なんかに用はないのだが、なんとなく彼女の顔が見たかったんだ。
制服姿で働いている彼女を見て、正直言って興奮したよ。
なんて表現していいか分からないけど、ある種の征服欲と、これから出来ることへの期待がゴチャマゼになって、獲物を待ち伏せしてる獣みたいな気分になっちゃったんだな。
知り合いのサークルに行って時間を潰した後、事務室を覗くと、もうカーテンが閉まっていた。
俺は、あわてて原チャリを飛ばして部屋に帰る。
と、隣のドアに宅急便の不在通知が挟んであるのを発見。
彼女の名前が真由美だということが分かった。
いっそう彼…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
新宿でナンパしたギャルの即尺サービス【風俗嬢・セックス】
2016/07/14 21:05
2016/07/14 21:05
ナンパに成功して、即ハメしちゃいました。 ナンパしたギャルは、:身長165cmくらいのスレンダーな体型で 髪は金髪に近い肩くらいまでの長さ、 顔は、結構前に女性アーティストで「シルバ」って いう芸能人がいたんだけど、それに似てる感じ 俺は出会い系やナンパは純粋に性欲というか、 「その日に会った人とその日にホテル」 というのが目標で、次のデートに繋げたり、 連絡先だけ聞いてバイバイとかそういうのはしないんです。 だからナンパをするのは決まって 夜の12時前後から終電無くした女の子を狙って声をかけます。 昼間だと、捕まえても帰られたり ホテルに持ち込むのが難しいので。 イケメンだ…
お焼香を済ませたばかりの、喪服姿の人妻と
2016/09/16 06:00
2016/09/16 06:00
「おいおいやめろよぉ、こんなところで・・・」
「ウフフフ、いいじゃない。気持ち良いでしょ。ほぉ~ら、だんだん硬く元気になってきたわよ。もぉ!正直なんだから・・・。もっとして欲しいんでしょ」
嬉しそうに微笑み見つめながら運転中の私の股間を弄る彼女の手・・・勃起しても楽なように硬直し出してきたペニスの位置を整え、ズボン越しに左手のひらで上下に撫で回すように擦り、掴んでは上下に動かす。


彼女のそのリズミカルな繰り返しの手淫行為が、ズボン越しにも関わらず、快感として全身を貫いていく・・・。

私は30歳の会社員です。
ここ一年くらい、なぜなのか理由は分かりませんが出会い…
夫が単身赴任中の主婦は、ナンパ男についていき肌を重ねカーセックス
2015/10/07 20:09
2015/10/07 20:09
桜が満開の季節に、桜に酔ったしまったのか

つい夫以外の男性と肌を重ね不倫してしまったんです

夫は単身赴任中で、20時くらいに
私は買い物を済ませて駅ヘ向かい歩いていた。

すると「暇ですか?」
とハンサムな男が声を掛けナンパしてきた

「暇だったら夜桜でも見に行きましょう」

と言うので、主人には悪いが暇だったので
ドライブくらいならばと同乗した。

男は話しも面白くてとても魅力的に見えてしまった。

車を15分ほど走らせ現地に着いた。

その場所は桜と夜景の美しい所でとても感動しました。

その雰囲気に酔っていた私に男がキスをしてきたが、
私は主婦、人妻という立場も忘れ
無抵抗で…
私の初体験の甘い話
2018/03/22 00:09
2018/03/22 00:09
私の初体験は高校3年です。

彼は大学生で、私にとって初めての彼氏でした。

当時友達は女の子ばかりで、エッチな事には奥手な方だったので初めてキスした時なんて緊張で半泣きでした。

彼の家に呼ばれたのは付き合って1ヶ月弱経ってからの事でした。

彼は大学の近くで1人暮らしをしてたんですが、私の家から電車で1時間半かかる事もあり、まだ遊びに行った事なかったんです。

彼の部屋に上がってからしばらくは2人でテレビを見ていました。

土曜日の夜でめちゃいけを見てたのを覚えています。

でもその時には緊張がピークで、内容なんて頭に入っていませんでした。
彼が何か話しても上…
初めての相手とは高一の時にレズプレイでした
2017/01/18 03:22
2017/01/18 03:22
高1の時の放課後の出来事です。


私はシオリ、ナナと3人でバスで帰ってました。


バス停を降りてすぐのところにシオリの家、その後歩いて私の家、さらに先にナナの家がありました。


ある日、シオリの家が誰もいなくて遊んでいい日がありました。


私達は3人でシオリの家に入りました。



シオリの部屋でシオリが着替える事になり、私達は別に気にせず彼女が着替えるのを待ってました。


着替えの途中、突然シオリが

「そうだ!せっかく誰もいないんだしちょっとオトナの遊びしてみない?」

と言い始め、シオリが率先してブラとパンツだけになりました。


ナナも便乗しちゃった…。


私は少…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】妻を育てる4/4【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/04/04 01:27
2017/04/04 01:27
スナックでの乱痴気騒ぎと、ラブホテルでの合宿型調教の一部始終を妻から聞き取った翌朝、リビングで向き合った妻に問いただしました。「もし、Aさんから、またスナックへ誘われたら、出て行くのか?」と。妻は、しばし沈黙しましたが、うつむいて答えました。「もう、Aさんから誘われてるの」と。「いくのか?」「...........うん。いつもは行かないけど。」妻の説明では、ホテルからの帰途に車の中でバイブ責めをされながら、何度もAさんに「また、(スナックへ)来るんだよな!」と尋ねられたそうです。初めはためらっていた妻も、最後はBさん、青木さんにひとみさんまで加わって責められた挙句、涙を流しながら「いきますぅ…
カップルと呼ぶには早すぎる少女達を - 2/15
2018/01/11 18:49
2018/01/11 18:49
毎度、じんかたです。 今回の話を書いていて思ったのですが、「会話が多い話だと文章が長い!」という事に気づきました。 2は比較的短い、(予定)です。 2の後の話が多分長くなってしまうと思います・・・。 読んで頂いてる皆様が、苦痛でなければ良いのですが・・・。 とりあえず、今回も宜しくお願い致します・・・。 いきなりですが、僕がこの話を鮮明に覚えているのは、この時初めて、僕はロリの痴漢ターゲットの唇を奪ったからです。 1の時に僕が「墜ちた」と書いたのは、この後、僕は「キス」を使い翔子ちゃんの他に数人の少女を墜とします・・・。 その経験を振り返って、今だから脚色しただけです。きっとその当時は、…
凄く可愛い双子姉妹と3Pセックス体験談
2017/05/14 23:00
2017/05/14 23:00
 

  俺が、24歳で社会人2年目の時。付き合ってた彼女はだった。19歳の大学1年生で俺が学生の時に所属していたサークルの後輩だった。そんなマナカナ似の仲の良い姉妹の姉のマナ(仮名)と付き合っていた。二人の外見はホントにソックリで、違いはセミロングの姉マナ、ショートカットの妹カナ(仮名)の違い位だ。 性格は大人しい姉と、社交的で活発な妹、といった感じだった。ある日、姉妹が二人で住んでる部屋に呼ばれて手料理をご馳走になり、でお酒を飲んだ。そして、泊まっていく事に・・何度も泊まっていて、いつも俺・姉・妹の順で川の字で。。。しかしこの日は…
ナイスバディのOLと車を激しく揺らしてカーセックス
2017/02/27 17:07
2017/02/27 17:07
違う課の女性なんだが、妙に意気があって携帯アドとかを教えてもらって、仕事が終わった後もメールし合う様になった。
何がきっかけかは忘れたけど、下ネタメールをしたら意外と乗ってきて、『やりたいなぁ~』的メールなどもするようになっていった。

ある日、彼女から、『今は彼氏いないからヤッテナイ的』メールが来て、『抱かせて!』と送ったら、『良いよ』と意外な返事w
速攻で車を走らせ彼女の家へと迎えに行く。
車に乗ってきた彼女はジーンズ姿でイラっとする自分w
だって脱がし辛いんだもの。
車を少し走らせ路肩へと停め、即彼女の体を傍に寄せキス。
手は止まらず乳を揉み出し、ジーンズのボタンを外しチャック…
腰が動いている!やっと俺のものになる・・・
2015/08/06 20:01
2015/08/06 20:01
去年の8月に姉をレイプしてしまった。
後悔もあるが、それが原因で姉は婚約を解消して俺のセフレになってしまった。
いや、奴隷だ。セックスの奴隷・・・。

3つ上の姉がいる。28歳。

本当なら今年の春に結婚予定で婚約者もいた。
俺はひとり暮らししている。姉は2つ駅が違うが近い場所に一人暮らししている。
本当にこんな関係になるなんて考えられなかったが、酒の力は恐いと思った。
久しぶりに姉が遊びにおいでってことで、夕食を御馳走になりに遊びに行った。
クソ暑くて、さっさと姉の家で涼みたかった。
夕方5時に到着。
「おっす!姉ちゃん来たよ。暑いよなあ。」
「かっ君、ちょっと涼んでて…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・ネットの投稿掲示板にエロポーズ姿の私が

・お義父さんと私4-1「来客中に、うしろから」

・【レイプ】高校生の時、母と一緒に犯されました

・【人妻体験談】掲示板で知り合った人妻が子供が生まれてから久しぶりのセックスで濃いエッチをした

・【熟女体験談】Iカップで超爆乳おばさんと出会い系で会って、OKをもらって中出し射精

・最高のオナニー

・妻の養鶏所のおじさん達とのHなふれあい

・有名子役タレント”U”の放送事故並のエロガキ振り

・【Hな体験】友達の姉貴の口に精液をぶちまけた

・【近親相姦】セーラー服の妹と唇を重ね、2人で腰を動かした

・外人の彼女ができたとか羨ましい!!

・綺麗な人妻の顔が快感に歪む

・性生活が有料で離婚したら粘着うざー

・モモとノンタン

・【人妻体験談】大親友の幼馴染に妻のオマンコを生で見せて、SEXまでさせてあげた

・俺には7歳離れた妹が居る

・妻と兄の情事は・・・

・酔ったマヤはエロい

・輪姦される事で体に性の快感が

・【人妻体験談】サービスとばかりにパンチラする天然な妻のおかげで後輩に慕われるようになった夫

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[後編]

・羽を伸ばしたいという出会い系の人妻

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[前編]

・【人妻体験談】近親相姦をした息子が嫉妬してくれることに愛おしく思う母

・【熟女体験談】寝ている息子に夜這いをかけ、息子と近親相姦をしてしまい、息子の人生を狂わせてしまった母

・シナ人によりアフリカ内戦を激化 象は絶滅の危機

・人生初の乱交パーティーでしたがエロ勝手が

・【浮気】女の悦びを蘇らせてくれたスーパー銭湯のバイト君

・彼女がほかの男に弄ばれ感じている・・・

・【初体験】処女なのに乳首イキさせられた