寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

同級生を奴隷にした話 2

2018/08/20 03:31




1の続きメールを送った俺は今日も詩織を好きにできるのかと思うと、期待で胸が膨らんだ。
2時限目の授業中も、俺は斜め前に座る詩織を今まで以上に目で犯した。
   もうすぐ、あの清潔感ある制服を脱がして、あいつを一糸纏わぬ姿にし全身を思うままに舐め回すことができる。
教室では大人しくて清純そうなあの女が股を大きく開きはしたなく愛液を垂れ流す様子をじっくり鑑賞することができる。
メールを送ったことによって、俺は妄想は更に現実味を増しまた俺をおかしくした。
だが、詩織からは何の返信もなかった。
メールを送ったのが1時限目終わりの休憩時間。-----だが、2時限目が終わっても、3時限目が終わっても詩織からは何の返信もなかった。
こうなると、期待に胸を膨らませた分だけ落胆も大きくなる。
落胆は、詩織への怒りへと代わり4間目の授業の頃には、時折、後ろから詩織を不機嫌な目で見るようになった。
俺をコケにしておきながら普段通りの涼やかな顔で授業を受ける詩織を見ると絶対この女をどうにかしてやるというドス黒い気持ちが湧き上がってきた。
昼休み、授業が終わると同時にダッシュで学食に向かった。
俺の教室は、学食までの距離が比較的近かったので、こうすると盛り付け待ちの時間なしで食べられる。
俺たちは食べるのも早かったので、こうすれば昼休みのチャイムから10分経過後にはもう食事を終えることができる。
2年の頃は、いつも大体、友達と一緒に学食に走っていた。
学内の案内板などには、学食をカフェテリアと表記しているが、生徒は、誰もそんな呼び方はしていない。
多分そんな小奇麗な言葉は、学内では通じない。
そもそもコーヒーなんて、食堂内の自販機でコーヒー牛乳が売ってるだけだ。
カフェと呼ぶには、あまりに見当外れだ。
呼び方はみんな「食堂」か「学食」だった。
しかし、味も量も値段の割には悪くないので、俺はよく利用していた。
早々に学食で食事を済ませた俺は校内を散策し、人気のないところを探した。
いくつか良さそうなポイントを見つけた。
今すぐにでも、見つけたポイントに詩織を呼び出してお仕置きでもして俺の怒りをぶつけようかと思った。
だが、この際、人気のないポイントを数多く抑え方が後々を考えると有利だと思い直し、ほんの少しだけ校内の散策を続けた。
ポイントとしてよさそうな場所を見つける度に、その場所で全裸にされる詩織や、その場所で俺に後ろから犯される詩織を妄想し俺は、歩いている最中であるにもかかわらず、フル勃起状態だった。
幸い、制服の上着が股間を隠してくれたので、それほど目立たない。
一人鼻息を荒くしながら校内を散策しつつ、俺は詩織にメールした。
「返信もなしかよ。おまえ、俺を甘く見てるだろ?そっちがそのつもりなら、こっちにも考えがある」今度も返信メールはなかったが、代わりに電話があった。
歩きながら、俺は携帯の通話ボタンを押した。
俺「もしもし」詩織「あの、ごめんなさい。なんか返信しにくくて…」声が慌てている。
さっきまでの妄想と、この怯える声の合わせ技だけでも十分抜けそうだ。
俺「返信しにくいって?」詩織「…ごめんなさい」俺「約束、破るつもりなんだ?」詩織「そうじゃないの。ちゃんと…約束守るから…その………今日も…行くから…」どうしてこいつは、テンパると途切れ途切れに話すんだ。
「今日行く」の一言を聞くのに、異常に待たされた。
言い終えるまで無言で待ってたが、ちょっとイライラする。
俺「今日のことで、ちょっと言いたいことがあるんだよね。今から一人で体育館に来いよ。ステージのとこね。来なかったら、俺も約束破るから」じれた俺は、詩織の返答を待たず、言いたいことだけ言って一方的に切った。
さっきみたとき、体育館には誰も人がいなかった。
5時限目が体育のやつらは、もしかしたら授業開始直前に来るかもしれないがそれでも、ステージの横にピアノの辺りなら体育館に人がいても、誰からも死角になるだろう。
俺はそう考えた。
それ以外にも、詩織よりも先に待ち合わせ場所にいて、詩織に「待たせた」というプレッシャーを与え、詩織の態度を弱くさせたいという思惑もあった。
だから俺は、今、自分がいる場所から一番近い体育館の舞台裏のポイントを選んだ。
体育館でしばらく待ってると、詩織が体育館に入ってきた。
入り口できょろきょろしてステージの隅に立つ俺の姿を確認すると、小走りに俺の方に向かってきた。
「あの…ごめんなさい。今度からは必ず、すぐ返信します」小走りに走ってきて、俺の前に到着するなり詩織は勢いよく頭を下げた。
踵を揃え、背中をあまり丸めずに深く頭を下げる礼の仕方が自然に身に付いてる感じだった。
当時の俺は、親戚に挨拶するときなどに、腰を曲げずに首を前に出すだけのお辞儀をすることが多く、それでよく親に怒られた。
詩織の親は、うちの親とは違ってしっかり躾けてるんだろう。
しっかり腰を折る詩織の頭の下げ方から育ちのよさというか、気品のようなものを感じ、なんとなく親の言いたいことが分かった気がした。
頭を上げた詩織は、不安そうな目で俺の顔色を伺っている。
詩織は、肩で息をしていた。
どうも走ってきたみたいだ。
俺は、一言ぐらい言い訳でもするだろうと思っててその言い訳の隙を突いて詩織を責め、従順に命令に従わせようと思ってた。
だが、弁解せずに深く頭を下げられてしまって当てが外れ、計画を改めざるを得なくなる。
「とにかくこっち来いよ」俺は、詩織に背を向け、ステージから舞台裏へと歩いて行った。
舞台裏にはピアノがあり、ピアノとステージの間には、舞台裏とステージを区切る幕が下がっていて陽の光を遮っている。
おまけに舞台裏には窓がないから、昼でも随分薄暗い。
舞台裏から振り返って詩織を見るとさっきまで俺たちが立ってたステージの隅にまだいて不安げに体育館内を見回していた。
「早く来いよ」と俺は不機嫌そうに言った。
素直に謝られたので、もう怒りは失せていたんだが詩織をより従順にするために、俺は怒った演技を続けた。
「ごめんなさい」詩織は慌てて駆け寄ってきた。
俺「まあ、今回はちゃんとここに来たから契約違反とは考えないことにするよただし、ペナルティは受けてもらうよいい?」詩織「…ペナルティって…何?…」表情の怯えの色が一気に強まり、喋り方も、また途切れ途切れになった。
しばらく俺は黙ったまま、不機嫌そうな目で詩織を見続けた。
詩織は、無言のままの俺を不安そうに見ていた。
「おまえ、パンツ脱げよ」「え…」詩織は目を大きく開いて、しばらく絶句していた。
長い沈黙の後、詩織はポツリと言葉を言った。
「…でも…誰かに見つかったら…」抵抗を見せた詩織だが不機嫌そうな顔の俺を目を見ているうちに、言葉は次第に力を失っていき最後の方は声が小さ過ぎてよく聞き取れないぐらいだった。
「別にいいんじゃないか?このままの調子なら、どう考えても半年もたずに契約違反になりそうだし。契約違反になったら、スカートがめくれて一瞬お尻見られるだけじゃ済まないぞ。中学と高校の知り合いのほぼ全員に全裸で大股開いて、ビチャビチャ音がするほどマン汁垂れ流してるところ見られるんだし少しぐらい予行演習でもしておいたらどうだ?」俺が冷たく言い放つと、詩織はスカートの太ももの横辺りをギュッと握って「ううっ」と声を漏らして泣き出した。
このとき、詩織が可哀相だと思ったし、泣いた跡が残ったまま詩織が授業に出たらやばいかな、とも思ったがそんなことよりも、さっきまでの卑猥な妄想を現実にしたいという欲望が圧倒的に勝っていた。
「泣いても結論変わらないよ。もうすぐ、次が体育のクラスのやつらがここに来ると思うけどそれまでそうしてるつもりなのか?もし誰か来ても、そいつらの前で脱げよ。チャイムが鳴っても脱がなかったら、契約違反だ。ビデオは好きに使わせてもらうよ」詩織は俺の言葉に返答せず、泣くだけだった。
俺は、涙を流す詩織を黙って見ていた。
「…トイレ…行って来る」一しきり泣いた後、どうやら決心が付いたようで、俯きながら詩織はそう言った。
「ここで脱げよ」、俺は、詩織が下着を脱ぐ現場を見たくてたまらなくなり、詩織にそう要求した。
泣き止んだばかりだというのに詩織は俺の命令を聞いてまたメソメソと泣き始めた。
しばらく、泣いたままその場を動かなかった。
泣く詩織をしばらく黙って見てると、鼻をすすり、ハンカチで涙を拭きながらではあるが、詩織は、ステージと裏舞台を仕切るカーテンの真裏にノロノロと向かって行った。
カーテンの裏に隠れ、ステージ側からは完全な死角である場所に入ると、詩織はスカートの中に手を入れた。
腰の辺りで何やらゴソゴソやって、黒の短いスパッツみたいなのを脱いだ。
今ではオーバーパンツというんだろうが、日記にはオーバーパンツという表現は見当たらない。
女子高生のスカートの中の事情なんて、当時の俺は知らなかった。
強姦したときは生パンだけだったので警戒心を強めたんだと俺は思った。
脱ぎ終えて再び手をスカートに入れると、そこでまたしばらく固まってた。
やがて心を決めたのか、一気に下着を持つ手を下におろした。
濃紺と濃い緑のチェックのスカートの中から、ピンク色の下着が現れた。
そのまま片足づつ足を上げて、詩織は下着を脱ぎ終えた。
俺は、詩織に手を差し出した。
「それ、2つとも預かっとくから」「…え?…いつ…返してくれるの?」俺は質問には答えなかった。
「そうだな。返すときにはメールするよ」詩織は、下着を持ったまま固まっていたので「早くよこせよ」と俺は催促した。
詩織は不安いっぱいといった感じの涙目で、…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
女にクンニした事ある奴が死ぬほど羨ましすぎるwwwwwwwwwww
2018/08/15 20:52
2018/08/15 20:52
スポーツジムで出会った欲求不満の人妻2人とアナルセックス体験
2016/07/14 22:15
2016/07/14 22:15
自分は自営業をしてる30代のおっさん。

自宅でPC使ってWeb関連の仕事をしてる。

嫁は20代後半でバリバリのキャリアウーマンタイプ。

しばらくは子作りもせず、

互いにやりたい仕事を続けよう!っていう感じ。

そんな自分達は、嫁の仕事の関係で

ある地方に2年間だけ住んだ。

自分の仕事はPCさえあればどこでもできるから、

「気分転換になるじゃん!」と

割と軽い気分で引っ越した。
嫁はというと、その転勤が決まった時は

仕事を辞めるか続けるか悩んだらしい。

で、会社が用意したマンションを下見した時

嫁がブチギレた。

都内よりもずっと家賃が安いのにコレかよ…
72歳の祖父に24歳の嫁を寝取られた
2015/10/03 00:30
2015/10/03 00:30

俺25歳 妻24歳(由美子)父48歳 母45歳 祖父72歳の家族5人の話しです。

俺の親は、個人経営の小さな瓦屋を営んでいて、両親共に遠く(県外)に出かける事が多く、俺は小さい頃からじいちゃん・ばあちゃんっ子だった。

小学校の時も、授業参観はほとんど、じいちゃん・ばあちゃんが来てくれていた。だからとても2人には感謝していた。

両親の仕事も不景気で大変みたいで、俺には普通に会社員として仕事を探す様に言っていた。
だから俺は、勉強して地元の役場に勤める事が出来た。


去年、俺は結婚した。祖父・祖母共にとても喜んでくれた。
結婚して間もなく、祖母が病気で亡くなった。とてもショックだった…
田舎に嫁いだら、夫以外の相手もさせられました
2016/08/26 22:10
2016/08/26 22:10
ド田舎の旧家の次男坊に嫁いだんですが、結婚して二年経ったころ姑に呼ばれて

「ここでは嫁は○○家に嫁いできたものなので、家事以外にも舅と長男の相手もなさい」

と言われた。「は?」と驚いて訊き直すと、要するに夜の相手もせよということらしい。義姉にも聞いたが、やはり私の知らないところで舅のお相手もさせられていたらしい。

「○○さん(私)には悪いけど、私の負担が減るから正直助かる」




と言われてショック。その地方では普通のことらしいけど、やはり義父・義兄とセックスするのは気持ち的にツラい。

まず舅がその日の相手(姑か義姉か私)を決め、旦那の兄がその次に指名(義姉か私)。新参…
教育実習中の女子大生と初めてのエッチ
2015/10/03 22:00
2015/10/03 22:00
俺の高校時代の初体験を書きます。 俺が高校1年のとき、教育実習の先生(大学生)のA子が俺のクラスに音楽担当で配属され、副担任のような感じで約2ヶ月間一緒に勉強することになった。 彼女は顔は可愛い系で、誰かと言われると高○アナのような容姿。 背は160弱でさほど胸も大きくなく、どこにでも居そうな今風の女性の印象だった。 けど、俺は密かにタイプな感じだったので、他のクラスの男子どもがからかったりしている時に本当に困った表情をしている時だけ助けの合の手を入れてやったりした。 ある時の音楽の時間、A子先生から「今度、合唱部がコンクールに初出場することになったんだけど、男性のパートが少ないので…
【犯され】職場のキモい男に汚い所を盗撮されて犯された
2016/01/04 22:36
2016/01/04 22:36
私は派遣社員という仕事が大好きで、色々な企業のお仕事を手伝わせて頂いてきましたが、このお話は、ある企業様に派遣された時にとんだ失態をした事から始まったお話です。 まず私の紹介からですが、顔は「中山美穂」さんと「伊東美咲」の間みたいな顔だと良く言われます。 比較的良い大学も出ていますので、頭も良い方だと思います。 自慢と悩みのタネでもあるのですが、胸がGカップで、会社でもかなり目立ってしまいます。 若い頃はこの体のせいで、男の人からの攻撃がすごくて酷い目に合った事もあります。 私自身、過去の体験が色々有りすぎて、早くから性に目覚めていたと思います。 さて、私の体験談ですが、ある企業…
【不倫】やっと入れてもらえたマッサージの先生の硬いモノ
2017/03/06 22:00
2017/03/06 22:00
初めてマッサージの先生にお会いした後、先生と何度もメール交換をしているうちに、主人や友人にも話せないような性に関する事も素直にお話し出来るようになってきました。先生に会った翌日に書いた秘密の日記を読み返してみると、その時の事が思い出され、私のアソコが熱くなってきて、度々オナニーをするようになってしまいました。 そして、待ちに待った約束の日が来ました。その日は、ピンクの花柄を散りばめた体の線がそのまま出てしまう様なミニのワンピースと、薄いグレーのパンストの装いで出かけました。自分でもセクシーっていう感じ。それから変装用の少し濃いめのサングラスをハンドバックに忍ばせて行き…
クラスのギャル軍団に無理やり縛られタマを蹴られ射精
2017/03/03 01:31
2017/03/03 01:31
1 えっちな18禁さん 2012/09/18(火) 09:54:15.11 ID:hqHOwaxG0 もう6年も前の話ですが。 3 えっちな18禁さん 2012/09/18(火) 10:10:01.56 ID:hqHOwaxG0 あれは高校3年生の時、クラスの女子の権力を持った集団(俗に言うギャル達)のうちの一人を、俺が好きだということがギャル集団のボスにばれてしまった。 当時俺はクラスに友達なんて一人も居なかったし、休み時間も寝て過ごしていた。 ボスは俺に対して、クラス中にばらしていいかと言ってきた。んで、それは困ると、ボスのいうことを聞くことに。 4 えっちな18禁さん 2012/09/…
妹&妹の友達の処女をいただいた話
2018/02/05 21:22
2018/02/05 21:22
657名前:懐かしい思い出[sage]投稿日:04/02/1004:27ID:???もう数年前になるけど、妹が高一の頃あたりから学校帰りにしょっちゅうレズ友だちを連れてきてて、結構あけっぴろげにキスしたり抱き合ったりしていた。 互いに共通することは、甘えんぼうなのと、ちょっと精神的にMっぽかったことかな。 二人とも中高女子高なせいかまるで男縁がなく、そのくせ耳年増で性に対する興味が人一倍強かった。 レズプレイそのものは、けっして真性のそれじゃなくてソフトレズの延長のような感じだったみたいだけど、二人ともすっごく根が明るくて、ちょっとしたことでも「お兄ちゃん、聞いて聞いて!」と言って大騒ぎし…
【近親相姦】ツーリング【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/03 11:24
2017/10/03 11:24
644:名無しさん@入浴中:2008/01/21(月)23:27:00ID:fMQ67C3H0 口直しに、オレの脱童報告をしたいと思う。 記念日は先週の水曜日。 このスレを発見したのは卒業後なので、もっと早く知っていればと後悔しているが、こういう人間もいるってことで。とりあえずオレのスペックから。 29歳、童貞。来月で魔法が使えるようになる予定だった。 身長170cm、体重45kg。典型的なガリ男。着痩せするタイプが口癖。 見た目は自分ではそこまで悪いとは思わないんだが、とにかく人見知りが激しく、女の子と私生活で会話などまともにしたことはなかった。 ちなみに年下、妹タイプ、低身長の子が好み…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・騙して中出し!そのままホテルに放置w

・【乱交】北海道行きの寝台特急の中で2人の男と

・先週初のハプニングバー体験 興奮と後悔と驚愕!

・【熟女体験談】オナニーを止められたが、我慢できないでいたら手伝ってくれた母

・#嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました【転載禁止】

・【人妻体験談】アナルにローターを入れられながら夫の父のチンポを咥えイチャイチャする妻

・中古妻エレジー

・【SM・調教】スタイル抜群な女子にされた金玉いじめ

・毎日抱きたい年上妻

・さっきまで普通に仕事をしていた女性を僕が抱いている・・・

・羽振りの良い社長に紹介された女性

・股も心も開いたメンヘラ女w

・30歳で未亡人とはモッタイナイですよね

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第3話]

・【熟女体験談】妻が辱めを受けながら犯されるDVDを観ながら3Pをする最低な夫

・好きな人に彼氏のフリしてもらったらそのままやっちゃいました。

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第2話]

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第1話]

・【オナニー】インターネットで何本も注文しちゃいました

・非処女と結婚する男はボランティア

・【熟女体験談】訪問営業でスキ者奥さんに大量中出し

・【人妻体験談】女性実業家と旅館の離れでエッチなことをして一日を過ごす

・妻の妄想スワップ

・【不倫】元カレと大好きなバックで繋がった夜の田舎道

・旦那にばれるよりも数段マシ・・・

・【熟女体験談】息子を誘惑し、お風呂の中で手コキしてきた母親

・【Hな体験】私がこれまでに会った2人のエロいメル友

・幼馴染との思い出

・会社の若い子をセフレにしてスポーツみたいなセックス

・エロ出来るセフレが欲しくてほしくて