寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

会社でオナってたら、部長のメスになることを誓わされた

2018/08/12 19:00


私は週に1回くらい残業して会社に残るんです。なぜかっていうと、誰もいなくなったオフィスでいけないことをすることからです。
 実は、私の勤務するオフィスは高層ビル郡の真ん中にあります。だから、素晴らしい夜景などが眺められることもあって、回りのオフィスでも夜になると、カーテンを開けっぱなしにしてHをするカップルが多いんです。
 私も彼としたいなあと思うのですが、残念な事に彼氏いない歴半年なのでただ指をくわえてそれを見ているだけです。イエ、実はその様子を備品の双眼鏡で覗きながらオナニーをしているんです。
 いつものように残業して、オフィスから誰もいなくなるのを待ってから双眼鏡で覗きながらHを覗き見していました。覗いているうちに、無意識にスカートの中に手がいってしまい、パンストの上からアソコを撫でてしまいます。
 でも、今日はいつもと違いました。パンティの中に手を入れて、クリトリスをコリコリと指先でつまみ、ジンジンとした快感が全身に広がり、アソコに指が第二関節まで入って、激しく擦っている時でした。
 一番敏感なところを触っていたせいで、注意が散漫になっていたのかもしれません。それに、今まで1度も他の人が来なかったというのもあって安心仕切っていたからかもしれません。部屋中にピチャピチャといやらしい音を響くもの構わずにオナニーしていました。
 突然、ガチャっとドアの開く音がしたので、慌ててパンティを履こうと立ち上がろうとしましたが、時すで遅く、部長がドアの前に立っていました。
「いいのかね?」
 部長は意味深に笑うと、再び私の口元に怖いほど大きくなったそれを近付けました。私ももう逃げられないという気持ちでいっぱいになり、従うしかないと思いました。



 いえ、途中でオナニーを中断され、ガマンできなくなっていたからかもしれません。
「こんな時間に悩ましい声がしてるかと思ったら、君だったのかね。ドアの外まで聞こえていたよ」
 部長はニヤニヤして私の方に近付きながら、ズボンのジッパーを下ろしていました。部長のモノはすでにはちきれそうなほど大きくなっていました。
「ふふふ、わかっているね……」
 部長はそう言うと、私の顔の前にそれを近付けました。凶器みたいなそれを目の当たりにして急に怖くなり後退りしましたが、いいのかね?と、小型のレコーダーを再生しました。そうです、そこには私のいやらしい喘ぎ声が録音されていました。
 私は部長を見上げると唾を飲み、そっと握るとヌルっとした汁が溢れ出る先端に口付けをしました。部長は、ああーと小さく溜息を付きました。
 部長のそれは熱く、そして固く、50代前半の男性のモノとは思えないくらい勇ましいモノでした。
 私は下半身が熱くなり、ドロリとしたモノが溢れ出るのを感じながら、部長のそれに先の方から舌を這わせ、カリ首を舐めて、裏スジからタマ袋の方まで舐め続けました。
 タマ袋からはすえたような酸っぱい匂いがしましたが、私は体がドンドン熱くなるのを感じ、それを胸いっぱいに吸い込みながら部長に舌奉仕しました。
「ああ、いいよ。会社でオナニーしている変態のくせに、フェラチオは娼婦のようだな」
 部長は股間に顔を埋める私を蔑さみながら言いました。私は首を振りながらも、それから口を離すことができませんでした。私は部長の目を見詰めたまま、それを深々とくわえ、口でスライドさせました。
 部長のそれは太さも長さも、今まで体験してきた男性のモノとは比べモノにならないくらい大きく、くわえるのさえ大変でしたが、嗚咽感を感じながらも、のどの奥までくわえて吸い込みました。部長は満足そうな顔をしています。
「アナルも舐めてもらおうか」
 部長はベルトを外してズボンとパンツを脱いで、私にお尻を向けました。
 私は毛がビッシリ生えたお尻を広げると、顔を谷間に埋めて、トイレットペーパーのカスのついたアナルを舐めました。すごく臭く、苦い味がしましたが、なぜか不快に思えず、舌先でそっとどかすと、しわの1本1本を丁寧に舐め、唾液をたっぷり付けて少しづつアナルに舌を埋めていきました。
 部長は、あー、うーと気持ち良さそうな声を漏らして、お尻をくすぐったそうに振ります。その時にアナルが私の鼻に押し付けられ、ドンドン倒錯した気持ちにさせていきます。
 私はありの門渡りからアナルへと何度も舌を往復させながら、右手を股の下から差し入れてタマ袋を揉み、左手で激しく部長のそれをしごきました。
「ああ、すごいじゃないか。こんなテクニック、どこで仕込んでもらったんだ?」
 部長の息遣いと共にタマ袋が収縮して、根元の方が太くなっていくのを感じた私は、部長の前にひざまずくと、部長のそれをくわえこみました。と、同時に部長は、イクぞ!と言い、私の頭を掴むとのぞの奥まで深々と突くと勢いよく大量のスペルマを放出しました。
 あまりの多さに、私は嗚咽感を感じ、少し口から溢してしまいましたが、部長のスペルマを最後の1滴まで搾り取る取るように吸うと、舌先でキレイに掃除してから、飲み込みました。溢してしまったスペルマも指ですくって、飲み干しました。
 私のうっとりと満ち足りた恍惚とした表情を見て、部長は満足気な顔を浮かべました。それを見て、私は部長の手に堕ちたと直感させられました
 部長のソレはスペルマを放出したばかりだというのに衰えることないばかりか、さらに猛々しくなり、まるでコブラが敵を威嚇するかのように頭をもたげて私に襲いかからんばかりに大きくいきり立っていました。
 それは同時に私に恐怖と悦びを飢え付けました。見ているだけで頭がクラクラしてきて、アソコからは発情したメスの匂いと共にトロトロといやらしい汁が溢れてくるのがわかりました。
「ほら、君が覗いていたお返しに、今度は君の恥かしい姿を皆さんに見せてやろうじゃないか?」
 部長は、部長のソレを握っていた私の手を高々と上げ、ネクタイで手首を縛ると、そのまま窓の前に立たせました。
 私は、制服こそ着ていたものの、タイトスカートは腰まで捲くれ上がり、ショーツとパンストは膝まで下がっています。ブラウスのボタンも外れいた為、ほとんど裸と言ってもいいくらい恥かしい場所が露出していました。
 まさか、そんなにすぐに立たされると思っていなかったので、スカートを直していなかったのが仇になりました。でも、手首が縛られた今となっては、もうどうする事もできません。
 部長は背後から固いモノをお尻に押し付けながら、窓の前で激しく揉みました。握り潰すように荒々しく揉んできます。
「さやか君、制服の上からじゃわからなかったが、大きな胸をしているじゃないか。一体、何カップあるのかね?」
「そ、そんな事、言えません・・・」
「私に逆らってもいいのかね?」
 部長は再び小型のレコーダーのスイッチを入れました。同時に耳を覆いたくなるような淫らな声も聞こえてきました。私は、それが耳に入らないように、「言います。言うから、もう止めて下さい」と大きな声を出しました。
 部長は私の耳を舐めながら、また何カップあるのか聞いてきました。
「Eです」
「これでEカップか。本当はもっとあるんじゃないのか?」
 部長は私の耳をしつこく舐めながら熱い吐息を吹き掛け、何度も何度も胸を揉み上げました。
「今、どんな気分か言ってみなさい」
 部長はブラを迫り上げ、固くなった乳首を指で摘んできます。
「ああ、恥かしいです。とても恥かしいです」
「乳首をこんなにしておいて恥かしいのかね。それとも恥かしいのが感じるんじゃないのかね?」
「部長・・・そ、そんな・・・」
 部長は私にいやらしい言葉を吐きかけながら、しつこく、そして念入りに胸を責めてきます。私は部長の責めに、言葉に全身で感じていました。アソコからは恥かしい汁が止まらず、太ももまで垂れ流れてくるのを感じ、恥かしさに必死に足を擦り合わせました。
「どうしたんだね?おしっこでもしたくなったのかな?それとも、これが欲しくなったのかな?」
 部長は先走りをお尻に擦り付けると、股の間に挿入し、背後位の体勢で犯すように腰を動かしてきます。その度に部長の大きく広がったカリ首が敏感になった私のクリトリスを刺激していきます。部長は焦らすように、何度も擦り付けてきます。
「ああ・・・部長・・・」
「欲しいか?」
「ああ・・・いじわるなんですね・・・言わないと、言わないと、ダメなんですか?」 
 私の性器は部長のソレを欲し、逃がしまいと部長のソレを陰唇で包むように捕らえようと意識を下半身に向けましたが無理な話で、部長の大きなソレは何度も何度も私の割れ目から離れてしまいます。
 その度に私のアソコからは、ドロリと愛液が溢れ、部長のソレと絡み合う度にヌチョ・・・ネチョ・・・グチュ・・・と、はしたない音を発しました。
「こんなにスケベな音をさせて、君も相当な淫乱みたいだな」
「部長・・・」
「でも、欲しいのはこの穴じゃないみたいだな。こっちの穴の方かな?」
 部長はわざといやらしい言葉を使って辱めました。そして、部長の先端が私のお尻の穴の回りを刺激し始めました。
「ああ・・・いじわるしないで・・・そっちは、そっちはダメなの・・・ま
だ、ダメ・・・」
「さすがの君もアナルはまだ処女か。でも、体は欲しがっているみたいだがねぇ」
 私のお尻の穴は部長のソレにヒクヒクと反応して、まるで受け入れたいかのように蠢きました。
「ああ・・・どうなってしまうの?」
「何が欲しいのか言いなさい」
「ああ・・・欲しいです。部長の・・・のが欲しいです」
「聞こえないな。何が欲しいって?」
「言わなければな…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
オタサーの姫になろうと思ったら肉便器になって人生終了した
2018/02/28 15:33
2018/02/28 15:33
【寝取られ】嫁を後輩に寝取らせました 続58編【体験談】
2016/12/28 11:05
2016/12/28 11:05
前編は以下のとおりリズミカルなピストン運動に合わせて、嫁の胸がゆっさゆっさと上下に揺れていた。時折ピストン止めて、じっと見つめ合って、そしてまた再開して、また止めて・・・を繰り返す二人。嫁がクスクス笑いながら「なに?」と聞くと、「嫁ちゃんって本当に可愛い顔してるよね」と褒める後輩。「ばっかじゃないの」「でも自覚してるでしょ、自分が可愛いのって」「後輩くん、何かあったの?クスクス」「いや、特に」そして無言でピストン再開。嫁の声も少しづつ大きくなって、後輩の二の腕を掴む指が食い込み始めているのがはっきり見えた。「あっ、あっ、そこ、あっ、もっと、ああっ!」「いきそう?ねえ、またいくの?」嫁が喘ぎなが…
【人妻体験談】おばさんが貪欲すぎてちょっと負けた感があった
2016/04/22 12:02
2016/04/22 12:02
人妻・熟女系の出会いサイトで46歳の人妻さんと会う約束をした。 大人の色気のある熟女さんだといいなと、期待して待っていた私。 しかし現れたのは、ぽっちゃりめの完全なおばさんだった。 化粧の濃い笑顔をうれしそうに私に向けてきた。 でも、こんなのは想定の範囲内です。 むしろ気を使わなくていい分、ホテルに誘いやすい。 私も彼女に笑顔を返します。 ホテルに着いていざSEX。 ふとわきを見ると、わき毛の処理があまくうっすらと生え始めてる。 でもそれも想定の範囲内です。 彼女の厚い肉をかき分けてマンコをいじると、もうヌレヌレ。 感じるらしく「アヘアへ」と喘ぎ声を上げます。 旦那以外の男とのSEXは久しぶ…
サークルの存続をかけたカラオケバトルが実は…【乱交・JD】
2017/08/05 15:05
2017/08/05 15:05
俺にとっては黒歴史・・・、と言っても過言ではない事件が大学生の時にあった。 俺は小さい頃から歌を歌うのが好きで、小学校から高校卒業までの音楽の成績はすべて最高評価。 大学に入ってからはバンド活動もしているため、本来ならバンドサークルに入るべきだったのかもしれない。 でも、とにかく歌うのが好きな俺は「カラオケ同好会」というサークルに加入した。 他にも「カラオケ研究会」という類似品のようなサークルもあるのだが、カラオケ同好会の方が可愛い先輩がいたんだよね。 加入当時はわからなかったけれど、どうやらカラオケ同好会と研究会は仲が良くないらしい。 お互いがカラオケ機器をレンタルして、毎日の…
不倫相手の女体に溺れてしまった
2018/09/06 18:33
2018/09/06 18:33
 私が不倫している相手というのが、実は近所に住む家族ぐるみでお付き合いしている奥さんなのです。その人は千夏さんといい、私より3歳年上の36歳です。千夏さんと不倫の関係になったのは、ある熱い夏の日でした。

 小学校に通う娘の彩花と、千夏さんの娘さんと仲が良く、映画や遊園地などに一緒に付き添いをしたり、お互いの家にお泊りをしているうちに家族ぐるみでお付き合いするようになりました。
ネカフェで佐○木希似の彼女を他の男に抱かせたエッチ体験談
2016/01/24 01:29
2016/01/24 01:29
ネカフェで佐○木希似の彼女を他の男に抱かせたエッチ体験談 少し前からとあるサイトで次のような内容で単独男性を募集していました。 彼女が他の男性とイチャイチャしたり、エッチしてる姿を見てみたい願望にかられています。 彼女には、何回か話しを持ちかけてるのですが、なかなかオッケーしてくれません。 ただ、漫画喫茶などで、少しエッチな遊びぐらいまでなら、なんとかオッケーしてくれました。 そこで今回、私の願望を叶えてくれる、単独男性を募集したいと思います。 わたしと、単独男性の打ち合わせのもとカラオケに行き、エッチなゲームなどで盛り上がり、 雰囲気にまかせて、ホテルで3Pまで持っていければと思っ…
俺がなぜ精液やフェラに興奮するのか
2015/12/27 07:05
2015/12/27 07:05
関東地方と言っても、かなりのど田舎に住んでいた中学時代…放課後の楽しみは、友達ん家でオナる事だった。 親の帰りが遅い友達の家は、イカ臭い童貞オタク少年だった俺たちのたまり場だったのだ。へったくそなマンガを描いたり、ゲームをしたり…女の子の「お」の字も無い青春。「綾波でなら100回ヌケル」とかなんとか話しながら、買いためたエロ漫画でオナるのが日課。なんとも情けない日常だった。 そんな日常が変化したのは、中学2年の春休み。お互いのをフェラし合ったことから。 きっかけは「自分以外の人にしごかれる」快感ってのを味わいたくなり「オナニーの延長だから」なんて言い訳しながらお互いのをしごき合った事から。これ…
初体験は公衆トイレ
2015/12/01 22:01
2015/12/01 22:01
厨房の頃の体験談を書かせていただきます。あの頃は女とまったく縁がなかった。 しかしバスケ部でセンターだった俺は背が高いってことだけで 結構有名だった。でも女はいない・・・orzそれもあるときを境に真逆になってしまった。 これがモテ期かって思ったねwwんである日先輩から告られたw 名前は仮にMとしときます。M先輩は結構かわいくて胸も大きいほうだった。」 今考えるとDカップはあったかなw返事はもちろんおk なんで告ったか聞くと、背が高くて優しいってことらしい。M先輩は女子バスケ部だった。 交流試合も結構やっていたから面識は少なからずあった。そんなこんなで付き合うことになり数ヶ月たったある日 M先輩…
取引先の年上の綺麗なお姉さんとのドS調教エロ体験談 3
2015/10/21 19:00
2015/10/21 19:00
取引先の年上の綺麗なお姉さんとのドS調教エロ体験談 3 前)取引先の年上の綺麗なお姉さんとのドS調教エロ体験談 2 気持ちいというより麻薬のような従順な僕になるという事は以外にも気持ちいいんじゃないか? ぐるぐると頭の中に考えが回る。 一呼吸して目をあける。 「きもちよかった俺君?」 「はい」 「あっ!もう彩様とか呼ばないでね」 とニコっと笑顔を向けた。 「彩さんでいいですか?」 「うん、それでいいよ」 「紐を解いてほしいなと思いまして」 「あっごめんごめん!でも約束!逃げ出さない?」 「えぇ逃げませんよ」 「じゃ解いてあげる」 また酒を飲むが、興奮して全然酔えない。 世間話から核心へ…
【泥酔】会社の飲み会で泥酔、上司と・・
2015/12/31 11:29
2015/12/31 11:29
25歳女ですけど、先週ちょっと恥ずかしいことがありました。先週、会社の飲み会がありました。 もともと私はお酒がそんなに強い方じゃなかったんですが、 会社の飲み会だし、勧められると断れなくって…結構たくさん飲んでしまってたんです。 会場は座敷の宴会場って感じの場所でした。 飲み会はすごく盛り上がって、みんなすっごくお酒臭かったし、 宴会の最後になるにつれてどんどんわけわかんなくなっちゃったんです。 もうすぐ終わるってところで、トイレに行くために席を立ったんですが・・・ かなりふらふらで初めて「足にくる」っていうのがわかりました。 でも、会社の飲み会だし、先輩や上司には迷惑かけられないしってこと…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】眠ってる妹の中を指で探検!

・競パンについて2

・合唱部の後輩

・ねえ?ちょっと見せてよ

・【人妻体験談】先輩の奥さんと秘密厳守の公認寝取り中出しSEX

・競パンについて

・不動産のお客さんできれいな奥さんとの話

・【乱交】妹がデビューだから3Pでしてもらえない?

・2対2でスキー場のコテージで

・元ホスト兄貴と18才Gカプ子ちゃんのエ口い話

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(再々補足と再々修正)

・妻を奴隷の様に扱って他人棒をいっぱい差し込んでみたいんです・・・

・何時か撮られたハメ撮りをネタに

・【人妻体験談】ガータベルトに網タイツという娼婦のような格好の息子の嫁とバイアグラ義父の寝取り近親相姦SEX

・【熟女体験談】甥のオナニーを見てしまった叔母が手コキでオナニーの手伝いをさせられることに・・・

・【不倫】借金を抱えた幼馴染に「抱いて」と言われて

・【人妻体験談】フェラさえしたことがないウブな人妻とザーメンをごっくんさせて不倫SEX

・【熟女体験談】母がパシリにしていたデカチンな同級生と中出しSEXしていた

・人妻なのに可愛い男の子にナンパされて、乱交しちゃった

・知らない先輩からの誘いは危険

・【初体験】自分の手でしごくのとは全然違った叔母さんのアソコ

・じゃあここで降りてもらおうか

・【痴漢】プラネタリウムで口の中に出されました

・▲嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した完(転載禁止)

・【Hな体験】昨日まで友達だった彼とドキドキ初エッチ

・俺が負けたので、彼女が手コキした2

・【熟女体験談】従兄弟を挑発した結果、近親相姦レイプされてしまった花嫁

・寝ている時に嫁に手コキされた

・【人妻体験談】エロ動画やエッチな体験談サイトが好きな主婦が元同級生と人生初の不倫

・高野ゆかり/サンバパレードの悪夢