寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【レイプ】22歳のスレンダーな派遣社員を眠らせて

2018/08/12 18:00


私のイタズラを超えた体験談を1つ。
私はある資材会社の社員で、出張所の責任者として福山という所に1人で出向してきた。根付けば社員を増員する予定であった。事務所もたちまち雑居ビルの1室に構え、経費削減に努めていた。しかし私1人で仕事を回すのはさすがに不可能なので、人材派遣会社から経理事務の女性を1人雇うことになる。
この派遣の女性がしこたまいい女だった!名前を『友紀』といい、背が私よりも高く170センチ前後はあり、線の細いモデル体型。今どき珍しく背中まで伸びるストレートのロングヘアーで、メイクのせいもあるだろうが目がでっかい。年も若く22歳。
私にとっては娘のような若い美人さんと狭い事務所に2人だけという環境だった。私がノーマルであったら友紀は普通に仕事が出来ただろう、と言っても友紀は普通に仕事をしていた。普通でないのは友紀の知らないところでだ。
私は責任者という立場上、友紀のロッカーの合鍵を持っていた。友紀が仕事を終えて帰宅した後、友紀のロッカーを開けて、脱いだばかりの制服を匂ったり、置きっぱなしにしてあるバッグを取り出してその中を散策。中には色々な日用品が入っていて、その中の物に悪戯。友紀の歯ブラシで歯を磨いたり、私のチンポを歯ブラシでブラッシングしてそのまま収めたり、友紀のリップクリームに精子を擦り付けておいたりした。
日常的なものとしては、友紀が勤務を始めて3日目から、ほぼ毎日行っている盗撮がある。友紀の制服姿はたまらないものがあり、友紀のスカートの中は欠かさず記録していた。友紀より早く出社する私は朝1番で、更衣室にカメラを録画状態で隠しておき、友紀の着替えも1週間に1回から2回のペースで盗撮していた。こんな感じで、友紀の知らないところで私は変態三昧の日々を送っていた。
友紀は、まさか私がそんな事をしているなど思ってもおらず、私とはいい社内関係が保たれていた。『友紀制服内部検証』と名づけられた私の発表されることの無いコレクションも、スカート内盗撮によりパンティーの種類は20種類を超え、セミヌードも数種類の下着の組み合わせでコレクションに加わっているが、それ以上を撮ることは出来なかった。
さすがにオールヌードを撮ることなど、水着にでも着替えさせることでもない限り無理だ。そんな事は仕事上あるわけない、と理解しようとしても諦められない私がいた。盗撮された映像を見ながら、(友紀の乳房が見たい!パンティーを剥ぎ取ってマンコを弄り回したい!)という欲望が膨らみすぎて、仕事も手に付かなくなるほどだった。
そんな邪な欲望にとりつかれた私に、友紀は屈託のない笑みを向けてくる。そして私が向かったのは精神病院だった。私が先生に相談したのは全くの虚偽で、「上司と上手くいかず毎日イライラしておかしくなりそうだ」という内容。虚偽ではあるが似たような状況ではあったので、先生に話す口ぶりにも力がこもっていた。ここからが嘘で・・・。
「だから、夜もまともに眠れない」
私は出来るだけ深刻に話をした。先生も真剣に相談に乗ってくれた。そして最後に先生が、「じゃあ、薬を出しておきましょう」と言った。家に帰り、処方された薬を確認してみると、抗うつ剤が数種類と短時間睡眠薬と中時間睡眠薬が入っていた。私は、「よしっ!」とこぶしを握り締めた。
次の日、私の行動予定表に3日間の出張を書いた。それはアリバイ工作のための架空の出張だった。
計画実行予定では出張2日目。友紀は私が兵庫にいると思っている時だ。架空の出張中、私は自宅で友紀の盗撮ビデオを観て興奮を高め、決心を固めていた。
決行日、私は朝から事務所の前に私服で待機していた。午前8:30過ぎ、友紀が出勤してくる。ビルの前に設置されている自販機でコーヒーを買って入っていった。私は静かにビルの中に入り、事務所の階で階段に隠れて待機。
午前9:00前、友紀から私の携帯に始業の連絡が入る。その時、「ちょっと本社から郵便が来てないか、確認してきてくれないか?」と頼む。すぐに友紀が事務所から出てくる。友紀がエレベーターに乗るのを待って私は事務所に入って、友紀の飲みかけのコーヒーを確認、手早く液状にした睡眠薬を混入して振り混ぜた。そして階段をゆっくり下りて郵便受けのところに友紀がいないのを確認して、近くの喫茶店に入りモーニングを注文した。途中で友紀から、「何も届いてなかったですよ」と携帯に連絡が入った。
その日、朝からずっとドキドキしっぱなしだったが、モーニングを食べていると落ち着いてきて、(ここまでやったんだ、後はなるようになれだ!)と半ば逆切れのような心理状態になった。
モーニングを食べながら朝刊を読んで時間を潰した。どれだけ潰せばいいのか見当も付かず少しイライラし始めた頃、友紀から携帯に連絡が入った。内容は、「体の調子が悪いので早退させて欲しい」というものだった。その声のたどたどしさと呂律の回っていない口振りは、薬の効果だと確信させるものだった。
私は、「それは困るな。悪いが少し事務所で休んでいいから電話番だけでもしてはもらえないか?」と友紀に頼んだ。
友紀の返事が明らかに遅い、睡魔と闘っているものと想像できた。そもそも事務所に電話などほとんどかかってこない、かかってくるとしたら直接私の携帯にかかってくるようになっていた。
(必ず友紀は眠り込むはずだ!)
私は確信した。
私は喫茶店を出て色々考えた。睡眠薬の効果とはどれほどのものなのか?どれくらいのことで目を覚ましてしまうのか?目覚めた時の友紀の反応は?そんなことを、質疑応答を繰り返し、タバコを吸いながら時間を潰した。
そしてあとどれだけ時間を潰せば友紀は完全に寝込むのか、という当面の問題に直面していた。事務所内を確認する方法はない。私は勘でタイミングを計るしかなかった。15分経ったら事務所に突入しようと決め、動揺を抑えるため、またタバコに火をつけた。その時の15分は長かった。
私は階段をゆっくり上がり、事務所の前に到着して祈りながら静かにドアを開けた。事務所の中は静かで、人気が感じられなかった。私は泥棒のように忍び足で移動し、パーティションから室内を覗いてみた。
友紀の席に友紀がいない。少し慌ててたが、堂々と事務所の中央に入っていった。友紀はすぐに発見できた。事務所の一角に低いテーブルとソファーとは言い難い長椅子が置いてある。一応、来客用に設けたスペースだが、その長椅子に友紀は倒れ込むように横になっていた。私に背を向ける格好で横になっていて、長い髪が床にまで垂れていた。私は静かに友紀に近づき、友紀の顔を覗き込んだ。静かに寝息を立てて眠っている。私はそこで悩み始めた。
この薬はどれほどの効果なのか?起こして起きる程度のものか?だとしたら何も出来るわけがない!しかし試してみないと・・・いや、待て!私は兵庫にいることになっている・・・、起きて私を見たら私の行動は怪しすぎる!
しばらく躊躇したあと、私は、(今の私は私ではない!変態の犯罪者だ!)と自分に言い聞かせて、持参した鞄から懐かしのデストロイヤーの覆面を取り出し、それを被った。覆面を被ると私の中で何かが変わった気がした。
誰が見ても私とは分からない、私は最悪の変態レイプ魔だ!その私の前で無防備に眠っている友紀は私に何をされても仕方がないんだ!
そう強く言い聞かすことができた。
私は事務所のカギをかけて誰も入ってこれないようにし、電話線を抜いて音で邪魔されないようにした。そんな助けも逃げ場もない環境を整えられているのも知らず、友紀は眠ったままだった。いよいよ勝負の時がきた。
(もし起きて暴れても押さえつけてレイプしてやる!)
そんな強い気持ちを持って私は友紀の腕を掴んだ。友紀の腕の感触が伝わる。社内関係がいいと言っても、当たり前だがこれまで一度も友紀の体に触れたことはない。私はそのまま友紀の腕と肩を引いた。友紀の寝顔が私の方を向く。体の向きを動かされても起きる気配はない。私は始終ドキドキしながら友紀の体を私の都合のいいように整えた。
仰向けになった友紀の体。制服の上から微かに分かる胸の膨らみ。私は友紀の胸を両手で触ってみた。胸だな、と分かる程度の膨らみ。巨乳ではないので揉むというほどの揉み応えはない。しかし、友紀の胸の部分を触っていることが私にとってはすごいことだった。私は友紀の胸を触ったということを胸に刻んで、興味を友紀の下半身に移していった。
見れば見るほど興奮する制服のスカートと、そこから伸びる綺麗な長い足。私はスカートの裾を持ってスカートを捲り始めた。友紀の太ももが露わになるにしたがって私の興奮も高まっていった。必然に友紀の足の付け根が露わになり、友紀の濃いピンクの派手なパンティーが現れた。
(今日は彼氏とデートの予定だったのか?)
私はオヤジらしくいやらしい想像をしながら、思った以上のセクシーパンティーに喜んだ。スカートを完全に捲り上げて友紀のパンティーと美脚を露出させて、私は太もものきわどいところを撫でながら友紀の股間を眺めて夢のような時間を堪能していた。
そこで気づいたのだが、普段友紀はパンストを履いているのに、今日は履いていない。私はなんてラッキーなんだ!今日の私には運がある!そう思った私は友紀のパンティーを脱がしにかかった。
(友紀の陰毛が見たい、マンコが見たい!)
それだけだった。友紀は抵抗することなく私にパンティーを脱がされた。私は黒々とした友紀の陰毛を見て、年甲斐もなく鼻血が出そうになった。事の順序に違和感を感じながらも、この早い展開に何をしても大丈夫だという気持ちになり、私は友紀の足を大胆に大きく広げてや…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ・痴漢体験談】マッサージのおばさん
2017/02/09 04:13
2017/02/09 04:13
マッサージでものすごく大胆な痴女に遭遇したときの話です。どのジャンルか迷いましたけどこちらに投稿します。ちなみにフィクションではありませんので。僕は22歳の会社員で、出張や研修で他県に宿泊することが多々ありました。大阪に研修に行った時のことです。研修を終えて懇親会も終わり、僕は足がパンパンで肩も凝っており、マッサージを呼ぶことにしました。出張の度にマッサージはよく利用していました。24時過ぎ、部屋のチャイムが鳴り、ドアを開けるとマッサージのおばさんが来ていました。僕はこの段階ですでに圧倒されていま-----した。 外見が地顔なのかわかりませんが、ムスッとしており、何か言ったら怒られるんじゃな…
【不倫】妊娠した後輩OLが口で抜いてくれた
2018/06/16 14:00
2018/06/16 14:00
可愛がってる会社の後輩が、「彼氏の子供ができた」と言ってきた。 「お前と1回やりたかったのにな」なんて笑いながら話してたら、「それ、結構本気でしょ?」なんて見透かされてた。 「・・・うん」と答え、しばしの沈黙。 「こないだの飲み会の時だったらラブホ行っても良かったのに」なんて、笑いながら言ってくる。 冗談なのか本気なのか、女はわかんねえなと困惑してる俺。 話題を変え、「式は挙げるのか?病院はどこに決めた?」と先輩らしくアドバイスに徹する俺。すると突然、思い出したように、「ホントに、しても良かったんですよ」と言ってくる。目が点になり、「妊婦とできるわけないだろ」と動揺を悟…
中出しOKの熟女はエロくて最高w【熟女体験談】
2016/10/22 20:10
2016/10/22 20:10
自分は27ですが、1年前に仕事(電気工事)で訪問した一人暮らしの55歳の熟女と今関係しています。

旦那(婿養子)とは離婚し、息子は仕事の都合で他県に住んでいるそうです!

ちなみにその熟との関係の始まりは、初訪問時仕事が片付いてから、お茶を頂いてるとき、部屋にピンクのパンティー、ブラが干して有り、自分がその下着を見ていると熟は「あらこんなオバサンの下着みても嬉しくないでしょ?」なんて言うので、自分は「いいえ!そんな事無いですよ!」と言いながら携帯を弄ったりしてごまかしいると、


偶然にも熟と同じボーダフォンの携帯だったので、熟が「あら私もボーダフォンなのよ!」と言ってきました。

自分は熟…
ノンケがホモに成長するビデオに出演した時の話
2017/07/27 08:49
2017/07/27 08:49
僕はある仕事を辞めて無職に逆戻りかと思いましたが、とある仕事を紹介してもらう事になります。 体力的にはキツかったのですが、働かせてもらった経営者の方には感謝してました。 ある仕事とはハッテン場のサクラバイトでした。 僕自身はゲイではなくノンケでした。 僕みたいなサクラを雇うようになったキッカケは、お店にはおじさんしか来なくなり、僕のような若い見た目の常連が欲しかったみたいです。 お客さんに、「今度、お兄ちゃんはいつ来るの?」と言われる事もありました。 例えば「金曜の18時に行きます」と言うと、そのお客さんは来てくれます。 そんな感じでリピーターを増やしたかったみたいですが、上手く…
【人妻体験談】子持ちの人妻と不倫関係になり、お宅にお邪魔してエッチした
2017/03/06 22:02
2017/03/06 22:02
子持ちの人妻と不倫関係になった事があります。 相手は43歳の長身でソコソコ美人な熟女。 そして自分は貧乳フェチでして、この熟妻もAカップの干しぶどうみたいな乳首がついた貧乳おばさんでした。 彼女にとって俺は独身で、間男的な存在でした。 その不倫Hの中で一番興奮したのは人妻の自宅でした。 その日はたまたま息子2人と旦那が少年野球チームの合宿で、彼女一人だけが家に残っていました。 彼女の自宅は自分が住む隣区。 その日の朝、急にメールが来て 「今、息子たちを送り出して一人になったから家に来ない?」 とあったので、昼過ぎに家に行くことにしました。 その日は11時過ぎに自宅を出てまずヨドバシに。 目的…
風で (風俗での体験談)
2015/11/04 21:30
2015/11/04 21:30
229 :名無しさん@入浴中:2007/09/01(土) 14:28:41 ID:etz2MjV20 明日にするつもりだったけど 何だかよくわからんノリで今日に予約してしまった。 昨日の朝に抜いているってのに。 というわけで魔法使い、イッテキマス。 230 :名無しさん@入浴中:2007/09/01(土) 17:17:52 ID:hCFNIGzCO >>229 気分乗ったときに 勢いでいくのが いいかもです 構えるひまもなく エチー出来ると思う 231 :229:2007/09/01(土) 20:14:20 ID:e…
【近親相姦】「今日はあまりお金もってきてないからなぁ」と答えたら、突然きれた【体験談】
2016/02/28 00:55
2016/02/28 00:55
百年の恋も冷めた瞬間! 59年目 http://life9.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1203521087/883 :おさかなくわえた名無しさん:2008/03/12(水) 19:17:46 ID:MD8Vawvw 付き合って2年目くらいのとき週末デートもマンネリになりつつ、とりあえずファミレスで食事をすることに。 彼に「これからどこいく?買い物とか?服屋とか」と言われたので「今日はあまりお金もってきてないからなぁ」と 答えたら、突然きれた。「金を持ってきてないってどういうことだ!食事も全部奢ってもらうのが当然ってか!最低だな!!!」と 大声を出す。食事代やどこ…
同僚としていたエッチの思い出
2018/04/05 01:07
2018/04/05 01:07
【痴漢・痴女】母にペニバンで犯してもらった
2015/09/23 07:39
2015/09/23 07:39
2007/08/14 22:59┃登録者:えっちな名無しさん◆9buts0KA┃作者:名無しの作者 さっき、勇気を出して母に告った。 「ペニバン使って犯して欲しい」 こう言ったら、「おまえ、本当に頭おかしくなったね」と言われました。 「性癖だから仕方ねーじゃん、そんな事言ったら今までおかんとセックスしてるのも同じだろ」 「まぁ、そうだね」 「おまえがして欲しいならいいよ、買ってあるの?」 「これ、今日帰りに買ってきた」 そう言ってペニバンを渡した。 「ちょっと、これすごいサイズだね、おまえのよりデカイよ、こんなの入らないよきっと(笑)」 「ローション使って徐々に入れてくれればいいから、入…
夫の上司にクリ豆を弄り捲られて 1【人妻体験談】
2018/02/19 00:30
2018/02/19 00:30
28歳の人妻です。

主人の上司に犯され、その動画まで撮られてしまいました。

先日、主人の長期出張中に、突然、上司のAさんが自宅へ来ました。

急ぎの書類を取りに来たとのこと。

主人の留守中に部屋に入れるのは・・・と思い、「どこにあるのかを主人に電話で確認します」と言うと、もう連絡済みで場所も聞いた、と。

とにかく急いでいるとのことでしたし、Aさんとは数回お会いしたこともあるので、躊躇いながらも主人の書斎へ案内してしまいました。

しばらくは書類を探しているフリをしていましたが、Aさんは私の身体をいやらしい目つきでジロジロ見つめ、こう言いました・・・。

「奥さん、今日も綺麗ですね。でも…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・冬季オリンピック特集

・義父と嫁のセックス 06

・隣人夫婦とスワッピングしたせいで大変なことになった1

・乗り合わせたタクシーの女性運転手

・スワッピングで夫婦のマンネリ化の解消を試みました

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[後編]

・週末にクッソエロい体験したから話す

・おまけ

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・知らない世界を覗いてしまいましたOLです

・【人妻体験談】デリヘル店長の親友から虐めて良い人妻新人を紹介され、いじめまくって中出しSEX

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[前編]

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【レイプ】車に拉致ったJKを犯しまくり

・【熟女体験談】出会い系サイトでメル友になった人妻の巨乳を揉みながら口の中に思いっきり射精した

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

・【レイプ】乱交サークルで充実の大学生ライフ

・ギャルとヤるのは意外と盛り上がるんだぜ

・母はエッチなのか?熟睡しながら・・・

・中国マッサージ

・当時のいいオカズ