寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

続5 寝取らせ体験記

2018/08/12 17:04


妻に寝取らせ体験を求め、先生と初体験を果たしてから5年を経過しました。夫以外は男性経験の無い妻も先生との交わりで様々の事を体感して夫の営みでは得られない世界を知り、人生の幅を広げ多少は妻なりに良かったのではないかと、唆した私は思って居ります。今回は最終章なので妻に直接記述して貰うことに致しました。
 夫から「自分以外の殿方と交わってみないか」と、言われたときはショックでした。私に対する愛情が失せたのかと思い、悩みました。可愛い子供の事を考えますと夫婦離婚は絶対してはならないと心に誓い、夫と話をしなければと悲壮な覚悟で居ましたのに、夫は平然と変わらぬ態度で、家に居る時は一家団欒を楽しみ、夜は、私を求め、何時に変わらぬ営みをして満足な顔をしております。
 いったいあの言葉は何だったのか、不可解な心境で過ごして居ましたら、また、先夜、営みの最中に呟くように他の殿方と交わってみないかと囁きました。本気なのか、情事の最中の戯れなのか、訝しい気持ちで、夫の胸に顔を預け余韻に浸っているときに聞いてみました。「ねぇ、私では、満足出来なくてそんなこと、おっしゃるの」
夫は「まさか、君に不満なんて全く無いよ、僕の年来の、性癖とでも言うのか、貞淑で僕以外知らない君が、他の男とセックスしたらどの様に乱れるのか、想像すると躰が火照って興奮し、自然に嫉妬心が湧き、君の心が僕から離れないよう必死で君を悦ばそうと励むことになるんだよ」夫は、そう言って強く抱きしめてくれました。
不安感が薄れ、冷静になって考えてみれば、夫は私や、子供に愛情を注ぎ、そして働き、一家の平穏な暮らしを保っております。
そのことに思い至ったとき、夫と私、二人の関係を考えてみました夫婦仲が良いと言いながら、夫の言うようにマンネリズムとなり、わくわくするような夜ではありません。夫を喜ばせてあげたい、興奮して私を求め、満足感を味あわせてあげたい、との思いが湧き、営みの最中に思わず頷いてしまいました。
頷いただけで、何もしていないのに、夫は嫉妬心を滾らせながら私を掻き抱き、何時にも増して、力強いストロークで私に挑み二人して乱れ絶頂を迎えました。
 以来、興が乗ると二人して皆様の投稿記事を読ませて頂き、恐ろしいことでもなく、夫婦の信頼が揺るぎの無い関係であるならば、
夫は妻を愛おしみ、妻は夫の可愛い女として喜ばせ、潤いのある人生になるかもと考え決心いたしました。
 折も折に、子供の通う学校でPTAの役員会が開催され出席した帰り際に担任の先生からお話があると言われ、お二人だけでお教室で談笑しました。その後は会合等お会いする度に、お食事のお誘いを受けましたが、言を左右にし、曖昧にして参りました。
 先夜、夫との営みの前段の痴話で、そのことを話題に致しましたら夫が興奮して、一生懸命サービスに努め、アクメに至る寸前になると動きを停め、先生との食事を勧めます。躰が疼いて夫にお願いしますと、先生へのご返事を聞かれ「先生に抱かれます」と、言わされました。何と、その夜の夫は二度も私の中で放出し、私は何度逝ったかしれません。夫の願望、私への嫉妬心、先生との交わりの想像が近年にない激しい営みとなり、二人の躰を熱くしたのかしらと思いました。
 それから間もなくして、先生のお誘い応じ、岬に近いお料理屋さんでお会いすることになりました。
 先生から出来たら和服で来て欲しいとお願いされましたので、江戸小紋に名古屋帯を締めて、私は、着物の着付けは自分でしますけれど、ブラジャーやパンティはラインが気になりますので以前から付けません。無防備だなと言う思いと、先生のお立場から判断しますと、抱かれることを承知で来たのか、と、思われる心配が過り迷いましたが、結局は普段通りの自分を通すことに決めました。
 海と山並みを借景にした広いお庭に離れ家が点在し雰囲気の結構なお料理屋さんでした。出された料理も地場と旬の食材を使用した結構なお料理でしたが、緊張と不安、興奮で落ち着いて賞味する心境ではありませんでした。ほんの少し、箸を付けただけで食前酒に頬を染め、胸がドキドキ高まって箸を置きました。
 先生がすかさず私の横にお座りになって、左手を脇の下に入れ横に倒され、先生の厚い胸板に抱え込まれ、軽く唇を重ねられました。
右掌を身八つ口から入れ、両の乳房を揉みし抱き、乳首を摘ままれ、転がされ快気が上ってきました。声を出すまいとお口を堅く結んで耐えて居ましたが、執拗に揉みし抱かれ、乳首を刺激され、思わず「あう」と声が毀れました。横抱きにされた時に正座が崩れ両足がだらしなく緩み、先生に乳房を刺激され、両足にも力が入りません。着物の裾も乱れて居ますけど繕えず、耐えることに集中して居ましたら、先生、突然に胸から掌を抜き、着物の裾から掌を入れ、
足首から、膝、そして太腿へと這わせ、無防備の下腹部に達し、既に濡らしている恥ずかしい部分に、掌が這い擦り刺激を加えて来ました。抑えて来た喘ぎが、関を切った様に「あっはー」と、出てしまい、先生に両手でしがみ付き指先に力がはいりました。
 先生も着物に染みが付くと考えたのかしら、小紋の小袖だけをたくし上げる仕種をなさったので私も腰を浮かし先生の為さる様に致しました。
 本当に恥ずかしいことですが、あとは先生の思い通りに掌と、お指を使い何度も何度も快感の波に襲われ、頭は真っ白で先生にどの様にされて居たのか、ほとんど覚えて居りません。
ただ、先生に抱き起され両手を食卓の端に置き、後ろから衣類を腰まで捲られ、先生に下腹部全体を唇と舌で舐められ、クリトリスを摘ままれ、揉まれてしまいました。
夫の営みでは経験したこと無いアクメに達し、呼吸が苦しく、恥ずかしい言葉を言い、先生にお願いして止めて頂きました。
 房事ですから恥ずかしい格好にされることは、ある程度覚悟して居りましたけれどこれほどとは、想い及ばず先生と目を合わすことができませんでした。
 先生は、おビールを、お飲みになり、お食事を召し上がり、一息ついたご様子ですが、私は、緊張感と羞恥心から、脱することが出来ませんので、喉を潤す程度におビールを頂きお料理にはほとんど箸を付けませんでした。
先生は、飲み、そして食べつつ、「奥さん肌の色がとっても白く滑らかですね。それに感度がとっても良くて驚きました」。と、言うようなことから、初めて交わった行為の感想まで話題にして、私が困惑する様を楽しんでいらっしゃるように私には思えました。
 嫌らしい卑猥なお話をなさって興奮させようとしているのでしたら逆ですよね。殿方にとっては、女性の恥じらいは好ましいことかもしれませんけれど、女性にとっては場面によっては屈辱ですよね。
 小一時間も経ったでしょうか、先生、食事を中断して私の後ろに来て、支えるようして立たせ、部屋の隅に抱えるようして移動し、お座布団を何枚か敷いて、私を横たえ、ご自分は素早く下着姿になり、向かい合わせの格好から、私の頭を腕に乗せ、唇を寄せて来ました。
 その後は、先程と同じように愛撫され、先生が私の下半身の方に躰をずらせて、私を仰向けにし、着物や襦袢もお尻の辺りまで捲り上げ、帯の御太鼓結びを、気になさったのか、お座布団を二つ折りにしてお尻の下に当てられました。
 恥ずかしい、下半身が持ち上がり両足を広げられたら、すべてを先生に晒し、隠す術が在りません。
 両膝を折り曲げられ、先生が顔を埋めて来ましたの。
 夫と違い、逞しい力でご自分の思い通りの房事をし遂げようと、なさっておいでの様でした。
 私も、和服と言う制約が御座いますので、ある程度は止むおえないことと、諦めては居ましたけれど、いざとなると耐えられません。
 「先生、こんな恥ずかしいこと止めて下さい」と言ったつもりですけれど、快感が込み上げ、はっきりした言葉になりませんでしたか、先生、一向に改めず、お顔、掌、お指、全て駆使して愛撫され
アクメが次々に襲い、呼吸が苦しく、喘ぎと、止めてぇの言葉を繰り返し叫んだ記憶が在るのですけれど、はっきり覚えていることは、経験したことの無い快感と、苦しかったことたけのようです。
 躰が痙攣したところで、愛撫を止めて、夫、以外初めてのペニスを挿入され、再び躰か痙攣し、先生も放出して長かった房事が終わりました。
この日は、お部屋を出るまでに犯されているような姿態で、房事
を重ね、疲れた躰で帰宅いたしました。
夫の願望とは言え、不倫に違いはありません。心が萎え、玄関の敷居が高く感じられ、夫や、子供の顔を見ることが辛いことでした。
夫からは、夜早速先生との房事の詳細を聞かれ、断片的にしか記憶が無いので困りました。
 夫は、帰宅直後の私の下腹部を調べ、確認して居りますので、私の曖昧な報告と、確認した私の局所の模様から男性の立場で想像して、様々な姿態を解説し、自ら嫉妬し、興奮し、私を辛い思いをさせてしまったと謝り、愛おしむ様に優しく抱き、交わりました。
先生と過ごした交わりの数時間の事を思い出しますと、弄ばれた不快な気持ちと、経験したことの無い翻弄されるような快感に、とまどい落ち着いた心境に慣れず、悩みました。
夫からは、「先生にあのようにされたのだから、未知の世界を体感出来たんだよ、不快に思う気持ちは捨てた方が良いよ」と言われ、それも一つの考えかなと思い、心の整理を試みました。
 一方、夫は毎夜、営みを求め先生との房事を話題にしつつ、ペニスを漲らせ、夫婦共に乱れ堪能し満足して眠ります。
あれから半月も過ぎたころから私も落ち着き、先生との房事が心地良く受け止めるようになりまして、日課とする家事の済む昼間、ふと先生との淫らな房事の…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
手マンとクンニで潮吹きするぽっちゃり子持ちママwwwwwwwwww
2018/08/05 02:02
2018/08/05 02:02
真夏に子持ちシングルマザーとの情事です

私は不動産建築関係の仕事をしています。

営業職でたまに車の中で寝るぐらいでこれまで結構マジメに仕事をしてきました。

そしてその日、初めて仕事中誘惑に負けました。

現場の打ち合わせを終えた私は業者と別れ、喫茶店で休憩しようと思っていました。

目の前の団地内をショートカットしようと、

団地の駐輪場の日陰でスマホをいじって周辺地図を見ていました。

その一帯は決して環境がいいとは言えず、

早く現場を離れたいと思っていたところ、自転車に乗った女性が帰ってきました。

金髪、ところどころ黒のだらしない感じでした。

軽く見ましたが、その後は全く気…
俺のナニとバイブで交互に彼女を6時間責めまくった
2017/03/29 23:36
2017/03/29 23:36
今日、久々に彼女とやった。
結構すごかったんで書き込みます。

今日、彼女の家に初めて行った。
彼女の両親が出迎えてくれて、かなり照れた。
ちょっと4人で雑談をして、しばらくしたら彼女の両親が食事に行くと言って出ていった。
結構溜まってたから、2人きりになってすぐに、「セックスしよっか」と切り出すと、彼女は照れながらも自分の部屋へ案内してくれた。

クリーム色で統一された彼女の部屋は、なんだかいい匂いがしてた。
「ベッドに座ってよ」と彼女。

俺は彼女のベッドで横になった。
俺にとっては少し小さいベッドだった。

俺がごろごろしてると彼女が、「オナニーするから見てて欲しい…
仕事が忙しくてストレスがたまってた時に女の先輩と職場でエッチしちゃった話
2017/01/07 14:02
2017/01/07 14:02
去年、かなり仕事が立て込んでた時期があった。

毎日残業で休日出勤も珍しくなく、

社員全員がどたばたと仕事をしていた。

ある日、

俺が別室での作業を終えてフロアに戻ると、

そこには俺より2つ年上のかおるさんが残って仕事をしていた。

普通は女性社員だけを残して帰るってことはないんだけど、

その頃はみんな忙しくて、

帰れるときはさっさと帰るというのを徹底していたから、

たまたまその日はかおるさんだけが取り残されてしまったらしい。

時間は確か23時近かったと思う。

「かおるさん、お疲れさんでーす」

「あれT君まだいたの?」

「うん、独房(別室の呼び名)にいたんで」

ウブな5コ下のイケメン彼との忘れられない激しいエッチ体験 3
2017/04/27 23:10
2017/04/27 23:10
二人とも中途半端で食事どころじゃないんだけど・・・

よく見ると、みんなちゃんと着替えていてこんな寝乱れているのは私たちだけだ。一目で今までやってましたとわかる・・・

食事も早々に切り上げ、そそくさと部屋に戻る。

チェックアウトは11時・・・まだ2時間以上ある。

私たちはどちらとも無く浴衣を脱ぎ、お互いの体をむさぼりあった。

私の潤いを確かめる指ももう慣れて、クチュクチュ動かすと

すぐに、オツユが溢れ出した。

「もう一度行くよ」

「早く来て・・・」

彼の巨棒はすんなりと入り、ズコズコと音を立てて奥に入っていった。

「あっ、あっ」

二人の呼吸のリズムがぴったり合う。

「・・…
極上ボディーを朝まで堪能したセックス体験談
2015/11/17 21:10
2015/11/17 21:10

俺 関西、男31、×1無、176/63、筋肉質な立原啓裕

相手 古都、女22、彼有、170/40前半、ペネロペ・クルス

前回面接からも律儀にメールする私。彼女はオトコがいるにも関わらず、毎日返信くれる。でも1日1往復程度…

勝負に出ましたよ。
「遠いので、今度逢うときは前日泊まりで行っていいですか?」

返信キタ。「どうぞ^^」って…どう判断すればイイのでしょうか(;´Д`)ハァハァ


一人で泊まってこい!ってことなのだろうか……………などと悶絶すること数日。週末メール来る。

「どこに泊まるの?」って…とうとうキタぁぁああ? コレOKって意味なんだろうか…

今回は駅…
大学の親友、莉玖の話
2018/08/21 01:01
2018/08/21 01:01
学生の時、ヲタ系サークルでいつもつるんでた女子がいた。 名前は莉玖(リク)ってしとく。 同じ地方の出身で好きなアニメやら声優やらでも気が合って、サシで飲んだり、頼まれて莉玖の作った同人作業の手伝いしたりもしてた。俺んちで宅飲みした後そのまま泊まってったり。「手出すぞ」「そんな度胸あるわけないじゃん」こんな会話飛ばし合ったりして。 そんな莉玖は大学入って早いうちに、バイト先の男と付き合っていたらしく、たまに惚気やら喧嘩したやら話を聞いてたこともあった。 俺は童貞まっしぐらで、まぁ彼女なんてできねーだろとか思ってた。ヲタだし。 二年目の学祭が終わった頃だから、秋か冬の頃だったか。 コンビニのバ…
恐怖のレイプタクシー!寝ている巨乳な客に勝手に中出しする快楽犯
2015/10/09 00:07
2015/10/09 00:07
私はタクシー運転手をしており、妻と共に52才、息子22才、お見合い結婚で素人とのセックスは妻のみ。 しかも妻は元々美人ではない上に、ここ10年位でブクブク太りだし、全くのセックスレス。 ひたすら平凡な日々を過ごしてきた訳です。 そんな私に遂に人生最高の1日が訪れました。 その日は全くお客様がつかず、深夜2時頃になって"最後に繁華街流して、ダメなら会社へ戻ろう"という憂鬱な気持ちでゆっくり車を流していました。 すると、5人位の女子グループの1人がこちらに手を上げているのが分かりました。 "おっ、とりあえずよかった"と思い、車を停車させてドアを開けると、手を上げた子が、「この子お願いします」と、完…
★バイトで良い思いをした体験談
2017/01/10 11:23
2017/01/10 11:23
 この前の夏休みに、PC修理&設置のバイトをしてました。サークルの先輩からの紹介で、夏休みだけの短期バイトです。多くの場合が老人の家庭に出向き、簡単な修正からウィルス駆除などが仕事でした。どんな使い方したらそうなるんだよって思う事も多く、説明が大変だなって思ってた。

 それでも割の良いバイトだったので、空いてる日は必ずバイトを入れていました。ある日木造2階建てのアパートへ出向きました。築20年は超えてそうな外観で、玄関の外に洗濯機が置いてある。昔のドラマでこんな風景見たなぁ~と思いながら古ぼけたドアをノックすると、出迎えてくれたのは眉毛が細すぎるいかにもお水って感じの女性でした。
 酒ヤ…
元ヤン人妻のナツコと不倫する事になった
2017/02/19 11:01
2017/02/19 11:01
28 なまえを挿れて。[sage] 2009/07/02(木) 11:37:16 ID:f6TixOCG0 元カノは職場で知り合った25歳の人妻でした。いわゆる不倫というやつ。 名前はナツコ。中卒のヤンキー上がり。 ただ、人なつっこくマジメに仕事はする。顔は中の上くらい。 少し仲良くなってきたところで、いわゆる「性生活の不満」という愚痴を聞かされた。 (軽そうなので、ヤレそうだな)と思い、食事に誘うとホイホイ着いてきた。 当然その夜にはもう身体の関係に。 29 なまえを挿れて。[sage] 2009/07/02(木) 11:38:52 ID:f6TixOCG0 一緒にシャワー。オッパイは小振り…
熟女に薬があんなに効くなんて!北海道淫乱旅行
2017/03/14 12:00
2017/03/14 12:00
  

  31歳ジム仲間3人と夏、北海道に2泊3日の旅行に行くことになりました。ほかの人は29歳と32歳 アバンチュール求めてです。主人疑うといけないから、2人に迎えに来てもらいました。ホテルで美味しいもの食べれるところとか、洒落てて飲めるところ聞いて、むちゃくちゃセクシーな服に着替え、出かけました。8時過ぎにバーみたいなスナックみたいなところで 地元会社員28歳の同期らしく、飲んでる人と意気投合して カラオケに行くことになりました。シャワー室がついててベット式ソファーがあってまるでラブホテル並みでした。カラオケしてると、一人の男の人が 栄養ドリンク…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・冬季オリンピック特集

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたせいで大変なことになった1

・【人妻体験談】W不倫をした人妻と山の道路の真ん中で全裸でバックから挿入SEX

・スワッピングで夫婦のマンネリ化の解消を試みました

・週末にクッソエロい体験したから話す

・女が体を許すとき

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・知らない世界を覗いてしまいましたOLです

・【人妻体験談】デリヘル店長の親友から虐めて良い人妻新人を紹介され、いじめまくって中出しSEX

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[前編]

・無毛割れ目の夏

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【人妻体験談】車をぶつけてきた人妻を脅してラブホに連れ込み、レイプしてやったら女も開き直って自ら犯してと言うようになった

・【熟女体験談】出会い系サイトでメル友になった人妻の巨乳を揉みながら口の中に思いっきり射精した

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・【レイプ】乱交サークルで充実の大学生ライフ

・妻は清楚な淑女でしたが処女でなかったといううことは・・・

・母はエッチなのか?熟睡しながら・・・

・【レイプ】レイプ裁判を傍聴したら事件当日の様子がありありと

・中国マッサージ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス