寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

親友の由美にレズに堕とされた話

2018/08/12 17:00


私は真衣と言います。現在は大学3年生です。
私には高校で知り合った由美という友達がいました。
知り合った頃から意気投合して友達になり、毎日のように一緒に遊んだり、勉強したりする仲になりました。
お互い対等の立場で言いたい事が何でも言える仲になり、彼氏についての相談や性の悩みまで何でも話せる唯一の友達でした。

長期に渡ってこのような関係を維持できたのは対等であるということが大きな要因だと思います。
由美とは大学は別になりましたが、週末になると毎週のように一緒に遊んだり、飲みに行ったりしていました。



大学生になってから由美は一人暮らしをするようになったので、由美の家に泊まりに行く事もしばしばありました。
そのうち大学の友達もできたり、彼氏もできたりで由美と遊ぶ回数も減ってきました。
もちろん由美との交友関係はずっと続けていきたいし、お互い結婚しても家族ぐるみでの付き合いができればと思っていたので、できる限りは合うようにしていました。
しかし、その頃から由美が私を見る目が変わってきたのを強く感じていました。
何と言いますか、寂しさからくる妬みや嫉妬といった感じでしょうか。
口には出しませんでしたが、メール文や態度からあからさまに感じることができました。
私は今まで築き上げた関係を壊さないようにメールの回数を増やしたりして由美との交友関係を維持するように努力はしてきました。

そんな関係が続く中、大学2年の夏に事は起きました。

その日は金曜日で夜から由美の家に泊まって土曜日に一緒に買い物に行く計画でした。
夜は居酒屋でご飯を食べ、かなり酔いが回ってきましたが、由美の家で飲みなおすことにしました。
その日は由美がやたらお酒を勧めてくることと、話がはずんでついつい飲みすぎてしまってそのまま眠りに落ちてしまいました。

そして何時かわかりませんが、私はものすごくHな夢を見ていました。
由美とHなことをしているありえない夢でしたが、夢の中の快感が現実のように感じて眠りながら喘ぎ声を出していました。
自分の喘ぎ声で目が覚めてしまい、段々と現実に戻ってきました。
酔いと眠りから覚めたてで意識が朦朧とする中、何か奇妙に感じたのです。
意識は戻ってきましたが快感だけが続いているのです。
まだ夢なのかな?と思い手の指を動かしましたが、自分の意思通りに指が動きます。
あれ?何かおかしい・・・と思いながらその快感に浸っていると、
「はっ!?」と思って一気に現実に戻されました。
明らかに誰かの手がパンツの中に入り込んで私の性器を弄っているのです。

・・・あれ?私って由美の家で寝たんじゃ・・・と記憶を呼び戻しましたが確かに由美の家で寝たはずだと思い、そう考えるとますます訳がわからなくなりました。

その間も私の性器は弄られ続け、いつから弄られていたのかわかりませんが、私の身体は完全に感じていて物凄く敏感になっていました。
誰かわからない人の手で感じてしまうなんて・・・そう思いながらも彼氏の為に貞操を守らなければ・・・彼氏以外の人に感じてはいけないなど色々な思いが過ぎりながらも次々と快感の波が押し寄せてきました。
そこで更に現実に戻りました。

・・・っていうか、一体誰が???・・・そう、感じている場合じゃないのです。
一体誰がこんなことをしているのか、現実を知ることが先だと思いました。

由美がそんなことするはずがないので、一体誰が?と考えると、怖いところにたどり着きました。そう、強盗です。夏なので由美が窓を開けたままにしていてそこから入り込んだと考えるのが妥当でした。
そう考えると強盗の手で感じてしまっている自分に腹が立ち、屈辱的でした。
そう考えている間も強盗の手は私の性器を弄り続け、次々と快感を送り込んでくるのです。

その手は優しく、女性の身体を知り尽くしている感じで私の性感帯を次々と刺激し続けてくるのです。悔しいけど気持ちいいのです。

本当ならここで助けを求めるべきですが、強盗であるとすると必ず凶器を持っているはずだと考え、下手に動くと私どころか由美にまで危害が加えられると考え、眠ったフリをすることが妥当だと思いました。
その手は巧妙に私の性器を刺激し続け、時折私の身体がピクンと反応し、声も出そうになっていました。

・・・早く出て行って・・・そう思っても強盗は出て行く気配がありません。

とりあえず顔を確かめることはできないかとうっすらと目を開けてみました。
部屋の電気は豆電球が点いているだけで薄暗く、はっきりと顔が見えません。
ちょうどその強盗は横を向いていたので薄ら目でその犯人の顔を見続けていました。
そして見ているうちに目が慣れてきました。

えっ!!!!????・・・そこには信じられない光景が飛び込んできたのです。

思わず目を見開いて見てしまったのですが、私の性器を弄り続けている犯人は由美だったのです。

・・・なんで!???ありえない!!!・・・・

頭の中が真っ白になりました。由美がそんなことをするはずがない。
でも自分の目で見たのは確かに由美だったのです。

・・・なんで?どうして?どうしたらいいの?・・・と混乱しているうちになんと由美がこちらを見ていて目が合っていたのです。

やばい!!と思いすぐに目を瞑り、寝たフリをしました。

起きているのがバレたかも・・・と心臓の鼓動が激しくなり、お願いだから気付かないで・・・と祈っていました。

由美の手は止まり、こちらの様子を探っているようです。
ここで起きているのがバレたらこの先どうすればいいのかわからないし、今まで築き上げた関係も壊れてしまう。やはり知らないフリをすることにするべきだと思いました。

すると再び由美の手が動き始めたので気付いてないのだとほっとしました。
しかし、ここからの由美の愛撫が激しいものに変わっていったのです。
私の脚を大きく押し広げて激しく割れ目を擦ってきたのです。
脚を閉じれば起きていることがバレてしまうと思い、そのままにしていたのですが、脚を大きく開いた状態で性器を激しく責められるといつもの数倍にも及ぶ快感が押し寄せてきました。

声を出してはいけないと思っていましたが、布団を握り締めて唇を噛み締めて堪えても断続的に「んんっ!」と声が漏れてしまうのです。

・・・だめ・・声が・・・・

そして激しく性器を擦られる度にあそこから「クチュクチュ」という音が響き渡り、恥ずかしさと屈辱感でいっぱいでした。
由美の手で感じてしまっている・・・はっきりいって悔しかったです。
これで起きてしまうとこれが二人の仲で現実となり、上下関係ができてしまう気がしました。だからこれは寝ている間の出来事として現実として認めてしまってはいけないのです。

しかし、由美の責めはそれだけでは終わりませんでした。
由美の指が私のあそこに入ってきたのです。
「あぁんっ!!!」と大きな声が漏れてしまい、とっさに手で口を覆いました。
でも由美の指が私のあそこを激しく責め立てるので「あんっ!あんっ!!」と声が手で塞いだ口から漏れ続けてしまったのです。

・・・だめ・・声が・・・バレちゃう・・・という思いを叩き潰すように由美は激しく責め立ててきました。

すると突然由美の手が止まりました。何故か「助かった・・・」という気持ちでいっぱいでした。由美の指があそこから抜かれたので私も力が抜けて大きく呼吸を整え始めました。

しかし次の瞬間、由美が私のクリトリスをぎゅっと摘んできたのです。

「ああっ!!だめっ!!!」と叫んでしまいました。
しまった!!と思ってすぐに手で口を塞ぎましたが、由美は私のクリトリスを激しく擦ってきたので必死に声を殺そうと堪えましたが「んん~~!!」という喘ぎ声が漏れ続けました。私はクリトリスが物凄く敏感でおそらく人一倍感じやすいのだといます。

そのクリトリスを激しく擦られ、急激に絶頂に向かっていることに気付きました。

・・・うそ・・いやだ・・・お願いやめて!!・・・と心で祈りましたがその心の声は由美には届かず、由美は激しくクリトリスを擦り続けてきました。

全身に力が入り、腰が浮いてきます。でもどうすることもできずに
「んんーーーーー!!!」という声を出しながらついに・・・由美の手でイッてしまったのです。
親友である由美の手でイッてしまったのです。

全身がビクン、ビクンと痙攣し、誰が見てもイッている光景だったと思います。
イッた後もクリトリスを擦られ続け、身体が痙攣し続けました。
それからはゆっくりとクリトリスを擦り続けているのですが、何かおかしいのです。
とっくに収まった頃だというのにクリトリスへの愛撫が続いているのです。
イッたら終わるものだと思っていましたが、由美の愛撫が終わる気配がありません。
イッた後は全身が敏感になっていてゆっくりとした愛撫だけでもかなり敏感に反応してしまいます。

それどころか由美は私のクリトリスを弄りながら私の唇に唇を重ねてきました。
とっさのことで「んんっ!!」と声を出してしまいましたが、その声も由美の唇によって閉じ込められてしまいました。
由美は舌を私の口の中に侵入させ、私の舌や口の中を嘗め回しています。
由美は私の唇を奪いながらクリトリスを責め続けてきます。
普通寝込みを襲うならバレないようにゆっくりと責めるイメージがありますが、由美は起きろといわんばかりに激しく責め立ててきます。

そして再び激しくクリトリスを擦り始めてきました。
すると再び絶頂感が・・・

・・・だめだめだめ・・・またイッちゃう・・・・

さっきイッたばかりだとい…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
千夏さんの体に溺れてしまった私
2017/01/09 19:19
2017/01/09 19:19
私が不倫している相手というのが、実は近所に住む家族ぐるみでお付き合いしている奥さんなのです。 その人は“千夏さん”と言い、私より3歳年上の36歳です。 千夏さんと不倫の関係になったのは、ある熱い夏の日でした。 小学校に通う娘の彩花と、千夏さんの娘さんと仲が良く、映画や遊園地などに一緒に付き添いをしたり、お互いの家にお泊りをしているうちに家族ぐるみでお付き合いするようになりました。 そして、夏休みに海に行こうということになったんです。 久しぶりに見た妻の真由子の水着姿にも興奮させられましたが、千夏さんのビキニ姿も思わず見惚れるほどのナイスバディでした。 2人のお子さんを出産したのにあ…
未亡人となった息子の妻を義父えある私はキツク抱きしめたのでした。
2016/04/24 22:47
2016/04/24 22:47
私は55歳の男です。 3年前に一人息子が癌で他界してしまいました。 私のことを心配して息子、息子の嫁が同居してくれてたのですが。 私の妻は、5年前にやはり癌で他界してしまって、今は息子の嫁と私だけ。 息子が死んだあとは、広い家がしーんと静まり返る毎日でした。 嫁も私の前では泣くことはなかったのですが、夜自分の寝室で泣いているのは知ってました。 享年28歳。まだまだ将来に希望がたくさんあったのに。 残された嫁は、今27歳です。 再婚できるんだから、一度ご実家に帰りなさいと話をしたことがありました。 ですが智美は帰りませんでした。 この家に来たときは智美は…
盲腸の診察中看護婦さんに触ってもらった
2017/03/17 14:16
2017/03/17 14:16
934 えっちな18禁さん[sage] 2013/11/20(水) 02:43:40.93 ID:ms+02DpG0 もう20年以上前の話なんで今はどうか知らないけど… 当時、中学二年 朝、お腹に激痛が走った もう歩けない、起き上がれないぐらいの激痛 まぁ、急性の盲腸だったんだけど その時の診察での出来事 診察台に左肩を下にして膝を抱える形で寝かされた それで看護婦さんが「ちょっとごめんねー」とか言いながら ジャージとパンツをぐいぐい下げて、俺のお尻は丸見え 935 えっちな18禁さん[sage] 2013/11/20(水) 02:58:55.43 ID:HXxzqoys0 男の医者が俺…
足にギブスしてる俺を誘惑してきた痴女ナース
2017/07/17 05:19
2017/07/17 05:19
これは5年前に足の骨折で入院した時の事。 足の骨折以外悪いところは無かったので、溜まって溜まってどうしようか悩んでいた。 ちょうど当時同い年で仲良くなった看護婦A美が部屋の見回りに来て、「何か困ってることはない?」って聞いてきたので、「溜まってしょうがない!」とふざけて言うと、「じゃあ今夜、エッチな本を持ってきてあげるね」と言って部屋を出て行った。 夜も深まり12時を過ぎた頃、Aが車椅子を持って現れた。 「夜のお散歩に行きましょう」 そう言って、俺を車椅子に乗せて部屋から連れ出した! 着いた先はみんなの部屋から離れた空き室だった。 部屋に入りベッドに俺を移すとA美は、「ココなら思…
彼女にアナルフィストしてもらった初めてのハプニングバー体験談
2016/10/24 03:37
2016/10/24 03:37
以前付き合っていた彼女がかなりのスケベだった。

スケベ、もしくは痴女といってもいいぐらい

エッチな事が大好きなタイプで、

どんなHなプレイをしたいと質問したところ

「誰かに見られながらSEXしたい」とw

彼女の変態プレイの要望を叶える為に、

大勢の他人にエッチを見られたいと、

ネットで検索してたところ

ハプニングバーというものの存在を知った。
その頃は今程ハプニングバーがメジャーでもなく、

まさにハプニングバーの黎明期。

俺自身も知らなかった。

複数の人前でHするのを妄想すると興奮したので、

ドスケベな彼女を連れてハプニングバーに行く事に。

そし…
【姉】姉との結婚生活 続き【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/04/15 12:56
2017/04/15 12:56
新婚デートを終えて、仲良く自宅に帰宅してからのことを書きます。 下手くそな文章ですみませんが、お付き合いください。「ただいまあ~!」と、誰もいない家に二人そろって入った。 夜7時すぎ。真っ暗だ。急いで姉貴が部屋の電気をつけて、ストーブとエアコンもつけた。 とはいえ2日間ほったらかしだったので、部屋はシンシンと寒い。やっぱり東北だなぁ・・・。 テレビつけて、ソファに座ったけど、マジに寒かった。 「祐君!寒い寒い!・・・抱っこしながらテレビ見ようよ。」 「おねーちゃん、抱っこ!早く!マジに寒い!」 「あ!毛布取ってくる!」 姉貴が毛布を取ってきて、ソファに飛び乗って向かい合って…
看護婦さんが仮性包茎のオチンチンをニギニギしてくれる
2016/10/16 15:08
2016/10/16 15:08
この話は地元の病院に入院した時の実話H体験


僕は32歳になる会社員です。4年前のの12月に突然の吐き気に襲われ、夜間に救急車で地元の病院に運ばれました。
すぐに診察してもらい、解熱剤を注射してもらい、とりあえずは明日に検査してみないと、と言われ、その日は入院することになりました。 そして看護婦さんがきて、救急病棟に連れていかれました
普通の病棟ではないので、病室じゃないんですか、と聞くと
病名がわからないのでとりあえず、とのことでした。

非常に事務的な対応でむかついたのですが、エレベーターの
あたりで別の看護婦との引継ぎをして、違う看護婦が声を
かけてきました。かわいい声…
母にオナニーを見つかって…
2016/01/12 06:00
2016/01/12 06:00
僕の名は康太(偽名)24歳の会社員。母の名は千賀(偽名)49歳の専業主婦。
僕は大学2年の時から実の母と身体の関係があります。
きっかけは僕のオナニーを偶然、母が見た事でした。夜中に机で右手を動かしている時、母が何の前触れもなく部屋のドアを開けてしまったのです。母としては、いつまでも起きている僕に「早く寝なさい。」と告げるつもりで悪気はなかったと思います。


しかし僕は脱衣所から失敬した母の下着の匂いを嗅ぎながら右手を上下させていたのです。

母の汚れた下着に興奮しながら一瞬、母の凍り付いた視線に下着も握っている自分の性器も両方、隠す事すら出来ませんでした。…
【閲覧注意】友達の彼女が無理やり犯されてるのを見て見ぬフリした話。
2017/09/03 18:02
2017/09/03 18:02
かなり醜い話なんで女の人は読まずにスル~お勧めします。

事件がおきたのは先月。

俺は友達10人ぐらいでいつものように×ギメして

渋谷の某クラブに踊りに行った時の事です。

男女半々のメンバーの中に事件に巻き込まれた俺の友達とその彼女が参加。

まだ付き合って間もないカップル

しかも初参加だったので皆テンションが上がり

バカ騒ぎしながらクラブに向かいました。

クラブから少し離れた公園で93を回した後

×を食べたら案の定クラブに入る時にはみんなガン決まり状態でした。

なんとかみんな無事にセキュリティーをパスして入場、

即耳に低いベース音が 流れこみ

体を動かす衝動に駆られフ…
かみさんとさの女友達3人、宅飲みの大脱線!【エッチ体験談】
2015/11/28 14:07
2015/11/28 14:07
結婚前、うちの嫁とその友達3人でうちの部屋で飲みました。 嫁さんの友達(Y)はかなりかわいくって、すらっとした杉本彩系のセクシーさが魅力的です。 そんでもって彼女は恐ろしく酒が好きな子で、ラムとかウイスキーとかロックでぐいぐいと 飲んでしまうのです。嫁もそこそこ酒が好きなので、飲み比べが始まりました。 4,5時間後、みんな出来上がってくると、Yが「体が熱いー」といって、上の服をずらし始めます。 その子は酔うと脱ぎ始めるという習性があるみたいです。 みんな、酔っているので、「もっと脱いでー」とか「わあ、すごくスタイルいいー」 とか盛り上がっていきます。 「…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・冬季オリンピック特集

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2

・乗り合わせたタクシーの女性運転手

・スワッピングで夫婦のマンネリ化の解消を試みました

・週末にクッソエロい体験したから話す

・おまけ

・女が体を許すとき

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・知らない世界を覗いてしまいましたOLです

・【人妻体験談】デリヘル店長の親友から虐めて良い人妻新人を紹介され、いじめまくって中出しSEX

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[前編]

・無毛割れ目の夏

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【人妻体験談】車をぶつけてきた人妻を脅してラブホに連れ込み、レイプしてやったら女も開き直って自ら犯してと言うようになった

・【熟女体験談】出会い系サイトでメル友になった人妻の巨乳を揉みながら口の中に思いっきり射精した

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

・【レイプ】乱交サークルで充実の大学生ライフ

・妻は清楚な淑女でしたが処女でなかったといううことは・・・

・【レイプ】レイプ裁判を傍聴したら事件当日の様子がありありと

・当時のいいオカズ