寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

天使の子守唄

2018/08/12 14:04


天使の子守歌



山本里子は硝子戸を開けて眼下に展がるコンビナートの灯りにぼんやりとした眸をおとす。そこには、何千と言う光が、まるで恐山の夕暮れに燃える霊を招くローソクの火のように見える。その灯りは命を持ったように揺れている。風が走り炎を滲ませているのだ。灯りが揺れているように見えるのは、里子の眸が涙で潤んでいるからかも知れない。里子はあと少しで三十になろうとしているが、小柄で肉付きがいいから二十四五にしか見えない。頬に小さく沈む笑靨と僅かに斜視している眸が、可愛らしさと艶めかしさを漂わせていた。
ー辛いわ・・・こんな時、子供達がいてくれたらどんなに気が紛れるだろう。
母のところに預けている子供達のことを思う。新しい熱い涙が溢れ頬をつたっている。里子は涙をぬぐおうともせずに眺めている。その眸に灯りが溢れている。肩が小刻みに上下している。西から吹き上げてくる風は、工場の煙と化学製品からでる独特の饐えた匂いを、里子の住む小高い山に林立する市営住宅へと這い上がらせてきていた。裏山の木立が、枝葉を擦り合わせる悲鳴がしていた。
-あの灯りが夫を奪った。あの事故さえなかったら・・・。
二年前に製油所の脱流装置が爆発したときに巻き込まれて死んだのだった。下請けの社員だった夫は、僅かの慰謝料で命を引き換えたのだった。
高校を出て医院に勤める傍ら、看護婦の勉強をしていた里子の前に、夫は白馬に乗った王子さまのように現れた。直ぐに恋に落ちた。男が出来ると、最初の目的は消え、男との家庭を夢見るようになった。この人の赤ちゃんが欲しいと思うようになった。それは、里子が父のない家庭で育ったと言うことがそう思わせる原因になっているのかも知れなかった。小学校の時に、父は亡くなっていた。兄が父の役を担ってくれたが、やはり父のようには行かなかった。兄も結婚すると、構ってくれなくなった。異性に憧れる、その気持ちは強かった。父のように、夫のように優しくしてくれる男が欲しかったのだった。山本潤二は、里子の男性観にぴったりの男だった。とくかくわがままを包むように受け止めてくれた。看護婦の国家試験に落ちたのを機会に身内だけを呼んで形ばかりの式を挙げた。欲しいと思っていた子供は中々出来なかった。だけど、毎日毎日が彼女に取ってはかけがいのない日々であった。幸せと言う思いで見る世の中が総て美しく色鮮やかに彩られて見えた。二十三の時に、初めて懐妊した。優しかった夫が前にもまして優しくなり、里子の身体を気づかってくれるようになった。なんだかこの幸せが怖いように思えた。最初の子が出来て一年が過ぎ次の子が産まれた。四年間出来なかったのが嘘のように出来始めると怖いくらい妊娠した。年子では育児に困ると言うので、長男と次男の間に出来た子は中絶をした。夫は産むように言ったが、長男を産んだ後、里子は産後に体調を崩していたので首を縦には振らなかった。夫も里子の気持ちを判ってくれ中絶をしたのだった。次男を産んで一年目に、夫は事故に巻き込まれたのだった。賑やかであった家庭が火の消えたように静かになったが、それを知らない子供達ははしゃぎまわっていた。その姿を見る度に余計に哀しみが溢れてきた。人間の命がこんなに安いものだと言うこともその時に知った。途方に暮れた、前途が灰色の雲で覆われているのを感じた。
冷たい風に晒されベランダに立っていた里子の耳に、階下から嬰児の泣く声が立ち昇るように聞こえてくる。耳を傾ける。その泣き声はどこか身体の調子の悪い子供が母に訴えようとしている響きがあった。三階なら、狐のような顔に厚く化粧を乗せた口やかましい民子の部屋だ。あの人は子供の泣き声で体調の変化の判る母親ではない。別の部屋であって欲しい。
-子供達は元気だろうか・・・。
三歳と五歳のやんちゃの盛りでもある。スキンシップを一番大切にしなければいけ時期でもある。来年は下の子が幼稚園、上の子が小学校。子供達を引き取ってと里子は胸の裏に想いを馳せる。その想いは一層焦燥感と現在の立場を不安にさせる。
里子は一ケ月に一度は母のもとに預けている子供達に会いに帰っていた。もうその一ケ月が来ようとしているのだ。次の土曜日には帰ろう、でも、母に兄にどのように言えばいいのだろうか。お金を持って帰らなくては母も困るだろう。兄は良い顔をしないだろう。そのお金がないのだ。心も足も重い。子供達の笑顔が遠のく。逸る気持ちも萎んでしまう。もう雪が覆っているだろう。子供達に真新しい手袋の一つも買ってやりたい。が、ホームヘルパーの給金は安く生活費と付き合いで殆どが消えてしまう。だけど、その中から少しずつ食べる物を切り詰めて貯金をしていたが、来年の事を思うとどうしても礼服が欲しく、安かったからついつい後先の考えなく買ったのだった。そのために子供への送金まで手を付けてしまっていた。
「うちが元気な内はどうにかおまえの子らの面倒もみてやれる。が、もう年じゃけえなぁ。息子や嫁の顔色をうかごうて今じゃ小そうなって暮らしとる。うちは辛い。内孫と外孫が喧嘩をして、内孫が悪いとわかっとっても外孫を叱らにゃならん・・・。物の分別が判るだけに里子の子供達がどのように育つか心配でならん。一日も早う引き取ってくれ」
前に帰った時に母が涙を浮かべて言ったのだった。
「うん。私しだってどうにかしょうと一生懸命なんよ。もう少し待って」
その時、母にもうこれ以上甘えられないと思ったが、哀願したのだった。
「里子、今は昔のように町へ出稼ぐことものうなった。山に苗木を植え、僅かの水田に米を植えても食えりゃせん。今年一杯はどうにか世話をしてやるけえ、来年は引き取ってくれ。小学校に幼稚園、そうなりゃおまえの元に置くほうがええ。うちの奴もこの頃では川ぞいの町に出でパートをしとるんじゃ。スーパーで馴れんレジーを打っとる。それでようよう生活しとるんじゃ。早うええ人を見付けて再婚するか、子供達と一緒に生活が出来る金が貰えるところへ勤めてくれ」朴納の兄が重い口を開いて言った。
「うん、考えとるんよ。来年の春までにはどうにかしょうと考えとるんよ。・・・でもな、看護婦の免許でもありゃ・・・。なんの特技も身に付け取らんけぇ・・・」「夜の仕事があろうが」
「それは考えたわ、でも子供達のことを考えたら」
「里子、別れて寂しい思いをさせることと、子供達と一緒に生活することとを・・・」
「私は」
「誰も好んで夜の仕事はしてはおらんじゃろう。が、そうせいでは一家が一緒に生活出来んから、食べてはいけんから」
「おにいちゃん、夜二人の子供達を部屋に残して・・・。私はどんなに貧しゅうてもかまわん、一杯の粥を啜りおうても子供達との時間を大切にしたいんよ」
「だったら尚更じゃろうが。ここにおいとっては余計にその時間は持てまいが。子供達に取って何が一番欲しいか、親の愛じゃ。親の姿じゃねえど。生活するために何をして稼ごうが・・・」
「私は怖い。子供達の目が・・・」
「それは違う。子供達のために働く、そのことが母の生き方なら子供は・・・。そう考えるおまえの心の方が働く人を差別しておる事になるぞ」
「うん、判った。ように考えてみるけえ」
優しく諭すように言った兄の言葉に対しても、里子は何らかの答えを持って帰らねばと考えていた。この一ケ月近く考えたが、結論は出ていないのだった。ホームヘルパーを辞め、ホステスになることはたやすいが、果たして自分がホステスに向くかと考えると勇気がなかった。
ー辞めたい。
里子は遠くへ眸差しを投げて呟く。心の迷いがヘルプに戸惑いと自信のなさで現れていた。一つ一つが心に引っ掛かり前に進めなかった。いつもなら笑って済ませられることも、自己中心的に物事を考え相手の行動がどこから出てきているか、その心を見付けようとはしなかった。
今朝起きた時、里子の心は重かった。安木老人のところにヘルプに行く日になっていたからであった。安木老人は最初の頃は里子の行うヘルプに総て手を合わせて感謝の心を現していた。上品な顔立ちで、白髪の頭を丸く刈り、いつもきちんと着物を着ていた。言葉遣いも礼儀正しく、穏やかな目は潤んでいるような輝きがあった。だんだん馴れてくると、里子を見るその目の光が少しずつ変わってきた。それは男が女を見る欲望の色に代わり、里子は裸を見られているような恥ずかしさを感じるようになった。それで、いつしか身を庇うと言う本能が芽生え始めていた。怖い、そう思うとヘルパーは勤まるものではない。だから、その視線を避けるようにしてきたのだった。
里子はホームヘルパーとして七名を担当し、その人たちに週二回の宅訪スケジュールを消化しなければならなかった。先週のこと、安木老人はじっと里子を見詰め、「里子さんはいつ見ても美しいですのう。女の盛りと言うところですなぁ。他の男がほっとかんじゃろう。その白い肌が男を狂わしよるじゃろう。そんな人に介護してもろうて私は本当に幸せ者じゃと思うておりますんじゃのじゃ。いつもすいませんな・・・」
と言いながら手を握りに来たのだった。
「この手は一体誰の手なのかしらね。もう悪戯が出来ぬように縄で縛っておきましょうかね」
と、以前の里子なら軽口を叩いていなすところを、厭らしいものでも避けるように払ったのだった。そのようなことがあったし、今日は安木老人を風呂に入れる日に当たっていたので、余計に憂欝だったのだ。鏡に映す顔が何だか暗く見え、少し濃い目に化粧を乗せたのだった。生活の苦労が心の在り方を換え、余裕のなさが不信感を産み出していた。それが表情にもろに出て、硬く生…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ノーブラでゴミ捨ての彼女 (手コキ体験談)
2015/10/18 07:30
2015/10/18 07:30
俺の部屋は2階の道路側にあり、家の前はゴミ置き場になっているために、月・水・金の朝8時になると若奥様方の談笑の場とかす。その中には俺のお気に入りの奥様もいる。 23歳で子供のいない彼女はスレンダーでポニーテールがよく似合う。笑うと八重歯がこぼれるのが可愛い。杉○美香似の彼女はジーパンに白いTシャツでもブラジャーをしていない。胸が小さいためなのとゴミ捨てに来るだけなので気にしていないのかもしれない。しかし俺はカーテン越しから双眼鏡で彼女をジーっと眺め、うっすらと浮かんだ乳首を見逃さない。 そして俺は息子を擦りながら彼女の笑いかた(体を前のめり…
女性のふんどし姿フェチになってしまいました
2018/07/03 16:10
2018/07/03 16:10
10数年前に、地方の神事に参加した時の話です。

ある地方の小さな町に、結婚前の若者が冬の海に入り神に一年の安全を祈る神事があります。

男性はふんどし、女性は白装束で凍るような冷たい海にズブズブ入って行き、神主さんのような方が祈りをささげるというものです。


その町に親戚がいる私は、中学の頃からタイミングが合えば参加させてもらっていましたが、だんだん部活や塾通いが忙しくなり、敬遠するようになっていました。


しかし私が大学3年の年は地元の参加者が特に少なかったらしく、何度も誘いの電話が。

東京に住んでいる学生にとってその地方は簡単に行ける距離ではなかったのですが、「交通費と小遣いを…
【近親相姦】うちの父と伯父は揃って人前に出るのを嫌うタイプ【体験談】
2016/07/28 12:37
2016/07/28 12:37
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 92 ***** http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1286810258/106 :愛と死の名無しさん:2010/10/13(水) 19:01:22 父方の伯父が不幸だった結婚式。うちの父もプチ不幸だったかもしれない。うちの父と伯父は揃って人前に出るのを嫌うタイプ。 伯父は「モーニングは恥ずかしい」「娘と腕組んで歩くのかよ・・・勘弁してくれよ」 って事を事ある毎に言ってた。 それがエスカレートして「○さんに頼んだ方がいいんじゃないか、あの人なら慣れてるだろ」 って言い始めた。 (○さん=父兄弟の1番上のお姉…
タイのオイルマッサージ店で、5人のマッチョにハメてもらいました
2017/01/29 12:00
2017/01/29 12:00
タイで、笑顔が可愛いソフトマッチョ君にオイルマッサージしてもらってエッチした。
・・・だけでは終わらなかった話。
その日、私は男の人にヌルヌルにして欲しくてマッサージ屋さんを探していました。
男性客向けのエロマッサージはいくらでもあるけど、女性客向けって銘打ってるところってまず無いから、男性マッサージ師が客引きしてる所に入るしかない。


もちろんタイプの男性じゃないとエッチな展開も期待したくないから、探すのって結構大変なんです(笑)
その日もふらふら歩き回って、笑顔が可愛いソフトマッチョ系の男の子の客引きくんを発見。

呼ばれるがままお店に行ってみると、お店の雰囲…
姉の職場の美人な先輩に童貞を奪われた
2017/04/04 19:56
2017/04/04 19:56
姉の職場の先輩にいつものように食事に呼ばれて行きました。

「裕香さ~ん!こんちは~」
「おっす。座りなよ」

「あれ?今日姉ちゃん居ないんですか?」
「あんた、私と2人っきりでの食事はイヤなの?」

「そんなことないですよ~!いただきま~す!」

いつもは姉と僕(仮名:ねい)と、姉の先輩の裕香さん3人で食事をすることが多かったんです。
裕香さんは僕より10歳年上の28歳。
彼氏ナシ。
初めは意識してなかったのですが・・・。
「ほら。お酒飲みなよ。飲めるでしょ?」
「うん。でも、すんげー弱いし・・・。顔真っ赤になるし・・・」

「いいから。ほら、飲みな」
「はい~・・・」…
【人妻体験談】ご主人の浮気の相談をしてきた同じ職場のパ−トさんとの最高の不倫
2016/01/30 12:02
2016/01/30 12:02
私は45才既婚でただいま単身赴任。彼女は同じ職場のパ−トさんで53才人妻。 仕事は日曜と隔週木曜がお休み、月に1度位彼女は私の部屋にやって来る。 彼女とは初めは仕事の上での付き合いしかなかったが下ネタも十分に通じるちょっと小太りの年寄り若く見える女性。だんだんとプライベートの話もするようになった時、ご主人の浮気の相談を受けた。 単身赴任の私も浮気をしているのかと思ったのかいろいろと相談された。そのとき、私は浮気はしていなかったがそれなりの受け答えはしていた。 彼女は私のタイプの女性で、前から気になってはいたが身持ちが堅そうだったのでそんな素振りは見せないでいた。ある平日のお休みの日、彼女から…
パート先で知り合った8歳年下の大学生と・・・
2018/09/06 20:01
2018/09/06 20:01
結婚して6年、夫に対しても不満がなく、子供もできて幸せの真っ最中といっても、なぜか不倫ってしてしまうんですね。
恋愛してたいっていうか、ドキドキしてたいっていうか、パート先で知り合った8歳年下の大学生とそういう関係になってしまいました。
週に4日してるパートの休みの日に会っています。
夫とのエッチは、もうおざなりな感じですが、それに比べて彼のはすごく元気でビンビン、力強くて精力絶倫って感じなんです。
休みの日は、彼の部屋に行って子供が学校から帰ってくるまでエッチしまくっています。
エッチをするたびに彼のたくましい体に溺れていくような日々でした。
パートの行き帰りのちょっとした空き時間で…
【人妻体験談】金貸す代わりに若妻にセックスと露出を強要したエッチ体験談
2016/07/20 12:02
2016/07/20 12:02
「お金貸してください。」 そんな書き込みに暇つぶしにメールしてみたのが始まりだった。 相手は24歳だか25歳だか忘れたがそのくらいの男、 金に困ってて10万貸して欲しいと言う。 こっちは冷やかしなので適当に話だけ聞く。 妻がいるが生活に困ってる助けて欲しい。 消費者金融からは借りれない。 そもそも返す気あるのか? 冷やかしではあるが、ふとそんな疑問が湧く。 こっちが渋っていると向こうからとんでもないことを言い出した。 もし返せなかったらなんでもします。 妻を抱いてくれても構いません。 はぁ?意味がわからない話が突拍子もない、 しかもよくよく聞くと奥さんに許可取ってるわけでもない、 なんか無茶…
職場の熟女にたっぷり中出し【エロ体験談】
2018/05/11 06:10
2018/05/11 06:10
職場の熟妻46歳とやっと、ホテルに行くことができました。
むっちり体系でエロい熟妻、旦那さんとは3年ほどレスと言っていました。


さすが熟妻、フェラチオはねっとりと舌を絡めてきて奥まで咥えて、とても気持ちいい!クン二してあげると、もうビチョビチョで「久しぶりで、とても気持ちいいよ」と感じています。


熟妻のフェラでもうビンビン、もう我慢出来ずマンコに生で入れようとしましたが熟妻が「ゴムは着けてほしい。。。」と。

そこで俺は、ゴムを着けるふりだけしてちょっと被せて、入れる直前にバレないようにそのゴムを外しました。生入れに成功!!


さすが気付くかな、と思ったけど、3年ぶりのチンポというこ…
社会人バスケの美人OLに誘惑され中出ししてしまった浮気体験談
2016/01/21 11:30
2016/01/21 11:30
つい最近、自分(25才、社会人)が所属してる

バスケチームで起きた出来事です。

いつもの活動を終えて帰ろうとしていた頃、

チームで唯一の美人OL千里さん(27才、都内OL)に呼び止められ、

「今日この後空いてる?空いてたらちょっと

相談したいことあるから飲みにいかない?」と誘われました。

比較的年齢が近いこともあり仲はそれなりに良かったものの、

突然の誘いに驚きました。 というのも、千里さんには同じチーム内に

彼氏(32才、社会人)がおり、

その日は彼氏さんが欠席していたからです。

「コレは2人に何かあったのかも…」と懸念を抱きつつ、

千里さんと二人き…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・冬季オリンピック特集

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2

・隣人夫婦とスワッピングしたせいで大変なことになった1

・週末にクッソエロい体験したから話す

・おまけ

・女が体を許すとき

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・知らない世界を覗いてしまいましたOLです

・【人妻体験談】デリヘル店長の親友から虐めて良い人妻新人を紹介され、いじめまくって中出しSEX

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[前編]

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【人妻体験談】車をぶつけてきた人妻を脅してラブホに連れ込み、レイプしてやったら女も開き直って自ら犯してと言うようになった

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・下着ラインをなぞられるセクハラに耐える私

・【レイプ】乱交サークルで充実の大学生ライフ

・妻は清楚な淑女でしたが処女でなかったといううことは・・・

・ギャルとヤるのは意外と盛り上がるんだぜ

・中国マッサージ

・当時のいいオカズ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス