寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

天使の子守唄

2018/08/12 14:04


天使の子守歌



山本里子は硝子戸を開けて眼下に展がるコンビナートの灯りにぼんやりとした眸をおとす。そこには、何千と言う光が、まるで恐山の夕暮れに燃える霊を招くローソクの火のように見える。その灯りは命を持ったように揺れている。風が走り炎を滲ませているのだ。灯りが揺れているように見えるのは、里子の眸が涙で潤んでいるからかも知れない。里子はあと少しで三十になろうとしているが、小柄で肉付きがいいから二十四五にしか見えない。頬に小さく沈む笑靨と僅かに斜視している眸が、可愛らしさと艶めかしさを漂わせていた。
ー辛いわ・・・こんな時、子供達がいてくれたらどんなに気が紛れるだろう。
母のところに預けている子供達のことを思う。新しい熱い涙が溢れ頬をつたっている。里子は涙をぬぐおうともせずに眺めている。その眸に灯りが溢れている。肩が小刻みに上下している。西から吹き上げてくる風は、工場の煙と化学製品からでる独特の饐えた匂いを、里子の住む小高い山に林立する市営住宅へと這い上がらせてきていた。裏山の木立が、枝葉を擦り合わせる悲鳴がしていた。
-あの灯りが夫を奪った。あの事故さえなかったら・・・。
二年前に製油所の脱流装置が爆発したときに巻き込まれて死んだのだった。下請けの社員だった夫は、僅かの慰謝料で命を引き換えたのだった。
高校を出て医院に勤める傍ら、看護婦の勉強をしていた里子の前に、夫は白馬に乗った王子さまのように現れた。直ぐに恋に落ちた。男が出来ると、最初の目的は消え、男との家庭を夢見るようになった。この人の赤ちゃんが欲しいと思うようになった。それは、里子が父のない家庭で育ったと言うことがそう思わせる原因になっているのかも知れなかった。小学校の時に、父は亡くなっていた。兄が父の役を担ってくれたが、やはり父のようには行かなかった。兄も結婚すると、構ってくれなくなった。異性に憧れる、その気持ちは強かった。父のように、夫のように優しくしてくれる男が欲しかったのだった。山本潤二は、里子の男性観にぴったりの男だった。とくかくわがままを包むように受け止めてくれた。看護婦の国家試験に落ちたのを機会に身内だけを呼んで形ばかりの式を挙げた。欲しいと思っていた子供は中々出来なかった。だけど、毎日毎日が彼女に取ってはかけがいのない日々であった。幸せと言う思いで見る世の中が総て美しく色鮮やかに彩られて見えた。二十三の時に、初めて懐妊した。優しかった夫が前にもまして優しくなり、里子の身体を気づかってくれるようになった。なんだかこの幸せが怖いように思えた。最初の子が出来て一年が過ぎ次の子が産まれた。四年間出来なかったのが嘘のように出来始めると怖いくらい妊娠した。年子では育児に困ると言うので、長男と次男の間に出来た子は中絶をした。夫は産むように言ったが、長男を産んだ後、里子は産後に体調を崩していたので首を縦には振らなかった。夫も里子の気持ちを判ってくれ中絶をしたのだった。次男を産んで一年目に、夫は事故に巻き込まれたのだった。賑やかであった家庭が火の消えたように静かになったが、それを知らない子供達ははしゃぎまわっていた。その姿を見る度に余計に哀しみが溢れてきた。人間の命がこんなに安いものだと言うこともその時に知った。途方に暮れた、前途が灰色の雲で覆われているのを感じた。
冷たい風に晒されベランダに立っていた里子の耳に、階下から嬰児の泣く声が立ち昇るように聞こえてくる。耳を傾ける。その泣き声はどこか身体の調子の悪い子供が母に訴えようとしている響きがあった。三階なら、狐のような顔に厚く化粧を乗せた口やかましい民子の部屋だ。あの人は子供の泣き声で体調の変化の判る母親ではない。別の部屋であって欲しい。
-子供達は元気だろうか・・・。
三歳と五歳のやんちゃの盛りでもある。スキンシップを一番大切にしなければいけ時期でもある。来年は下の子が幼稚園、上の子が小学校。子供達を引き取ってと里子は胸の裏に想いを馳せる。その想いは一層焦燥感と現在の立場を不安にさせる。
里子は一ケ月に一度は母のもとに預けている子供達に会いに帰っていた。もうその一ケ月が来ようとしているのだ。次の土曜日には帰ろう、でも、母に兄にどのように言えばいいのだろうか。お金を持って帰らなくては母も困るだろう。兄は良い顔をしないだろう。そのお金がないのだ。心も足も重い。子供達の笑顔が遠のく。逸る気持ちも萎んでしまう。もう雪が覆っているだろう。子供達に真新しい手袋の一つも買ってやりたい。が、ホームヘルパーの給金は安く生活費と付き合いで殆どが消えてしまう。だけど、その中から少しずつ食べる物を切り詰めて貯金をしていたが、来年の事を思うとどうしても礼服が欲しく、安かったからついつい後先の考えなく買ったのだった。そのために子供への送金まで手を付けてしまっていた。
「うちが元気な内はどうにかおまえの子らの面倒もみてやれる。が、もう年じゃけえなぁ。息子や嫁の顔色をうかごうて今じゃ小そうなって暮らしとる。うちは辛い。内孫と外孫が喧嘩をして、内孫が悪いとわかっとっても外孫を叱らにゃならん・・・。物の分別が判るだけに里子の子供達がどのように育つか心配でならん。一日も早う引き取ってくれ」
前に帰った時に母が涙を浮かべて言ったのだった。
「うん。私しだってどうにかしょうと一生懸命なんよ。もう少し待って」
その時、母にもうこれ以上甘えられないと思ったが、哀願したのだった。
「里子、今は昔のように町へ出稼ぐことものうなった。山に苗木を植え、僅かの水田に米を植えても食えりゃせん。今年一杯はどうにか世話をしてやるけえ、来年は引き取ってくれ。小学校に幼稚園、そうなりゃおまえの元に置くほうがええ。うちの奴もこの頃では川ぞいの町に出でパートをしとるんじゃ。スーパーで馴れんレジーを打っとる。それでようよう生活しとるんじゃ。早うええ人を見付けて再婚するか、子供達と一緒に生活が出来る金が貰えるところへ勤めてくれ」朴納の兄が重い口を開いて言った。
「うん、考えとるんよ。来年の春までにはどうにかしょうと考えとるんよ。・・・でもな、看護婦の免許でもありゃ・・・。なんの特技も身に付け取らんけぇ・・・」「夜の仕事があろうが」
「それは考えたわ、でも子供達のことを考えたら」
「里子、別れて寂しい思いをさせることと、子供達と一緒に生活することとを・・・」
「私は」
「誰も好んで夜の仕事はしてはおらんじゃろう。が、そうせいでは一家が一緒に生活出来んから、食べてはいけんから」
「おにいちゃん、夜二人の子供達を部屋に残して・・・。私はどんなに貧しゅうてもかまわん、一杯の粥を啜りおうても子供達との時間を大切にしたいんよ」
「だったら尚更じゃろうが。ここにおいとっては余計にその時間は持てまいが。子供達に取って何が一番欲しいか、親の愛じゃ。親の姿じゃねえど。生活するために何をして稼ごうが・・・」
「私は怖い。子供達の目が・・・」
「それは違う。子供達のために働く、そのことが母の生き方なら子供は・・・。そう考えるおまえの心の方が働く人を差別しておる事になるぞ」
「うん、判った。ように考えてみるけえ」
優しく諭すように言った兄の言葉に対しても、里子は何らかの答えを持って帰らねばと考えていた。この一ケ月近く考えたが、結論は出ていないのだった。ホームヘルパーを辞め、ホステスになることはたやすいが、果たして自分がホステスに向くかと考えると勇気がなかった。
ー辞めたい。
里子は遠くへ眸差しを投げて呟く。心の迷いがヘルプに戸惑いと自信のなさで現れていた。一つ一つが心に引っ掛かり前に進めなかった。いつもなら笑って済ませられることも、自己中心的に物事を考え相手の行動がどこから出てきているか、その心を見付けようとはしなかった。
今朝起きた時、里子の心は重かった。安木老人のところにヘルプに行く日になっていたからであった。安木老人は最初の頃は里子の行うヘルプに総て手を合わせて感謝の心を現していた。上品な顔立ちで、白髪の頭を丸く刈り、いつもきちんと着物を着ていた。言葉遣いも礼儀正しく、穏やかな目は潤んでいるような輝きがあった。だんだん馴れてくると、里子を見るその目の光が少しずつ変わってきた。それは男が女を見る欲望の色に代わり、里子は裸を見られているような恥ずかしさを感じるようになった。それで、いつしか身を庇うと言う本能が芽生え始めていた。怖い、そう思うとヘルパーは勤まるものではない。だから、その視線を避けるようにしてきたのだった。
里子はホームヘルパーとして七名を担当し、その人たちに週二回の宅訪スケジュールを消化しなければならなかった。先週のこと、安木老人はじっと里子を見詰め、「里子さんはいつ見ても美しいですのう。女の盛りと言うところですなぁ。他の男がほっとかんじゃろう。その白い肌が男を狂わしよるじゃろう。そんな人に介護してもろうて私は本当に幸せ者じゃと思うておりますんじゃのじゃ。いつもすいませんな・・・」
と言いながら手を握りに来たのだった。
「この手は一体誰の手なのかしらね。もう悪戯が出来ぬように縄で縛っておきましょうかね」
と、以前の里子なら軽口を叩いていなすところを、厭らしいものでも避けるように払ったのだった。そのようなことがあったし、今日は安木老人を風呂に入れる日に当たっていたので、余計に憂欝だったのだ。鏡に映す顔が何だか暗く見え、少し濃い目に化粧を乗せたのだった。生活の苦労が心の在り方を換え、余裕のなさが不信感を産み出していた。それが表情にもろに出て、硬く生…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【乱交】ウィッグを被ると美女になる坊主頭の女子大生
2015/11/28 06:00
2015/11/28 06:00
サークルで仲良くなったA子とB男と俺は3人でよくつるんでた。親が金持ちなA子は12畳ぐらいある広いワンルームに下宿していたので、そこが溜まり場のようになっていた。 普段は集まってもゲームしたりテレビや映画を観るぐらいで、あまり酒は飲まなかったんだけど、その日は新歓か何かの流れでA子の部屋で2次会をやって、夜遅くになるといつもの3人と、途中で合流したサークルとは何の関係もないA子の友達のC子の4人で飲んでた。普段から普通に下ネタを言い合う仲だったけど、その日は悪酔いして、俺とB男で経験人数を競ったり、過去の彼女自慢をしたり、セックスの上手さ自慢をしたり、普段は言わないよう…
ライブ
2017/08/12 19:49
2017/08/12 19:49
3年位前インディーズのスカバンドのライブに行きました。 その時にモッシュが起こってかなり前に行けたのでラッキーって思ってたら4曲目くらいに後ろから急に服の上からを揉まれました。 私は当時20歳でしたがの経験がなかったのでかなりびっくりしたのと同時に少し気持ちよくなってしまいました。 だけどやっぱり怖かったので逃れようと必死でしたが男の人の力にはかなわないのと、ワンマンって事もあり小さなライブハウスにぎゅうぎゅうだったので逃れられませんでした。 すると今度は直に揉んできて乳首までつままれました。 私は乳首が感じてしまうらしくかなり気持ちよくなってしまって声がもれてし まいました…。 それに気付い…
二つ年上の従姉との体験談
2017/02/15 21:43
2017/02/15 21:43
大学入学を機に上京しましたが、引越の時二つ年上の従姉が手伝いにきてくれた。

従姉は二年先に上京していたが、親しい友達も無く、寂しかったので僕が上京してきた事が嬉しいと話してくれた。

毎週のように一緒に食事をしたり遊びに行ったりしてる内につい男女の関係になってしまいました。
そして従姉が大学を卒業し、結婚するまでの五年間ほんとに仲の良いカップルのように過ごした。

今では従姉も一児の母親で良き妻になっているのですが、たまにメールが来る。
会いたいけれど僕ももうすぐ結婚するので無理だろうなあ。ほんと素敵な日々でした。


結婚が決まった時も二人でお祝いしましたから。
二人とも別に…
同じマンションの長身スレンダーな若妻【人妻体験談】
2016/07/30 15:10
2016/07/30 15:10
若妻(23)長身(167)スレンダーで美乳ショートカットで凛々しい美人。
今年の春先、たまたま直帰で18時前に帰宅したら、マンションが騒々しい。

たんに子供の転落事故(軽傷)だったんだが、その時はなんか事件!みたいな感じで住人がマンション前に集まって騒然としてた。

管理人の爺ちゃんと俺とでなんとなく仕切って収拾したけど、彼女は若いし近所に知り合いもいないみたいでなんとなく俺の傍で話聞いてて、ちょっと落ち着いてからもなんとなく俺と話してて・・みたいなのがきっかけで知り合った。


んでGW過ぎにはやっちゃった
時々すれ違ったら挨拶するくらいになって、しばらくしてから仕事帰りにばったり。…
【女に犯された男たち】女友達3【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/15 17:24
2017/08/15 17:24
俺は、今高。ある日の俺のメールで、女友達が激怒して、その理由が解らなくて、理由が解るまでメールしないって言われて謝罪のために女友達の入ってるスポーツサークルに行ったら許してくれなくて、顔も見せてくれなかった(;_;)何度も誤りに言ったけど、理由を考えろっていわれて解らなくてわからんしね、そうねにもつなって言って帰ったら、次の日の夜七時ぐらいに家にキてって言われたから、許して貰ったと思い、女友達の家につき、家には女友達の妹が一人いて、これから友達の家に泊まりだそうで、家族は、明日の昼かえるそうで、そのまま女友達の部屋に行くと誰もいなくて、あれっ??って思ってたらいきなり何者か達にうでつかまれて…
仕事絡みの人妻さんから紹介してもらった美人セレブ【熟女体験談】
2016/06/26 20:10
2016/06/26 20:10

以前勤めていた会社は年中無休。

平日に交代で休みを取るシフトだった。

仕事絡みで知り合った人妻さんから

「Tくん彼女いないんでしょ?私の友達紹介してあげる」

と言われ、1人紹介してもらった。

大学時代からの友達で、既婚者だが旦那とは家庭内離婚の状態だと言う。

その知り合いも美人系の人だが、その友達も美人でセレブっぽい感じ。 一発で気に入った。

歳は聞かなかったけど、オレより5歳くらいは上だろうか。

水泳をしているのでスタイルはよく、胸はC。

しかし中々会える機会がなく、3年くらいメールと画像だけの関係だったが、ついに会える時が来た。
息子に抱かれる妄想で潮を噴く、罪深い母親
2016/08/06 15:00
2016/08/06 15:00
はじめまして。私は44歳の母親で大学の一人息子がいます。
皆さんからみれば他愛のない話かもしれませんが。秘密ができたのは、数ヶ月前です。私と主人は仲が悪い方ではないと思っていますが、この2年間ほどは主人の度重なる出張などもあってsexからは少し遠ざかっていました。でも、浮気や不倫に走るほど不満が溜っていたわけではありません。


ただ携帯のHサイトでちょっと妄想を膨らませて軽い感じの自慰で疼きをそっと鎮めてあげるくらいだったのです。

ある日、息子が旅行に出かけ、私の婦人バレーボールの練習もなかったので暇を持て余し携帯サイトのリンクを追っていました。
そして告白談を…
バックでセックスすると子宮で感じるからイク女が多いwww
2015/09/03 10:39
2015/09/03 10:39
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/30(日) 13:55:19.804 ID:tvR/NHXS0.net 何で女ばかりあんなに気持ちよくなれるんだ? ずるいだろ(´・ω・`) 17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/30(日) 14:01:26.907 ID:2JCB8/MA0.net >>1 俺もおまえに入れてやるよ それなら満足だろ? 20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/30(日) 14:02:26.972 ID:tvR/NHXS0.net >>17 尻の穴は入…
【レイプ・痴漢】痴漢誘発プレイ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/09 08:45
2017/06/09 08:45
当時、俺と彼女のお気に入りはこんなかんじ。 彼女にミニスカ履かせて、古本屋系の店で一人立ち読みさせる。適度に人がいたほうがいいんだけど、まったくいないのも困る。ポツンと座り読みしてる若者がいたりすれば絶好のターゲットだ。 彼女一人でそのターゲットの近くで立ち読みさせる。俺は男の視界に入らないように少し離れたところから様子を窺う。 ほとんどの男は直接顔を向けて彼女のほうを見ることはしないが、明らかに意識した様子になる。 さりげなく周囲を見渡し、チラチラと彼女を窺い見始める。彼女はそんなことには気付かないフリして立ち読みを続ける。 しかし、現実はなかなか厳しいもので、果敢にも彼女に痴漢行為を働こ…
ピアノの講師をしてい嫁の女体鍵盤が知り合いのエロ野郎に叩かて結構いい音をだしちまった寝取られ体験談
2015/11/08 11:59
2015/11/08 11:59

ピアノの講師をしてい嫁の女体鍵盤が知り合いのエロ野郎に叩かて結構いい音をだしちまった寝取られ体験談【イメージ画像1】


れは、つい数年前のこと。
妻の美紗子は月一回、土曜日の午前中に来る生徒のピアノレッスンをしている。
その生徒とは、私と同じくらいの年齢、30歳中頃の男性で妻の友人の夫、石橋氏である。

石…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・競パンについて2

・【熟女体験談】スケベで下品なおじさんに犯される変態プレイに何度も絶頂してまた犯されたくなる変態女子

・合唱部の後輩

・ねえ?ちょっと見せてよ

・【人妻体験談】先輩の奥さんと秘密厳守の公認寝取り中出しSEX

・競パンについて

・不動産のお客さんできれいな奥さんとの話

・2対2でスキー場のコテージで

・元ホスト兄貴と18才Gカプ子ちゃんのエ口い話

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(再々補足と再々修正)

・何時か撮られたハメ撮りをネタに

・【人妻体験談】ガータベルトに網タイツという娼婦のような格好の息子の嫁とバイアグラ義父の寝取り近親相姦SEX

・【不倫】借金を抱えた幼馴染に「抱いて」と言われて

・女性の脅し用の画像や動画を撮られ

・おばさんでも女としての用は足せる

・【露出】見たがる女友達と見せたがりの俺

・【人妻体験談】フェラさえしたことがないウブな人妻とザーメンをごっくんさせて不倫SEX

・【熟女体験談】母がパシリにしていたデカチンな同級生と中出しSEXしていた

・こんなこと初めてなんだよ、誤解しないでね

・知らない先輩からの誘いは危険

・じゃあここで降りてもらおうか

・【痴漢】プラネタリウムで口の中に出されました

・続2・借家の寝室に開けられていた覗き穴

・▲嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した完(転載禁止)

・【Hな体験】昨日まで友達だった彼とドキドキ初エッチ

・俺が負けたので、彼女が手コキした2

・妻のヌード 三上氏

・【熟女体験談】従兄弟を挑発した結果、近親相姦レイプされてしまった花嫁

・寝ている時に嫁に手コキされた

・【人妻体験談】エロ動画やエッチな体験談サイトが好きな主婦が元同級生と人生初の不倫