寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

堅いと思っていた後輩が失神してイッた

2018/08/12 13:00


同僚との話を書きます。
彼女は同じ部署で俺より4つ年下の娘です。
デザインを専門にやっている娘で、入社してきた日から他の部署の人間まで偵察に来るほどの可愛さ。
ただそれは見た目はってだけで、仕事してみると全く愛想も無い娘だと分かった。
誰かが軽くギャグを言っても愛想笑いをするどころか、シレーッとした冷ややかな表情で見つめるだけ。
同僚達と呑みに行っても早々に帰宅するし、『彼氏いますので』とメアドすら漏らさない。
仕事に関しては責任感があるので仕事のパートナーとしては申し分ない。
だから俺は信頼していて、仕事を頼んだり任せたりもしてた。



入社2年目3年目になると彼女にも後輩ができ、初めて面倒見が良いのも知った。
どうやら男達からは『可愛いけど性格は悪い』と思われていたが、同性や同性の後輩からはかなり慕われてたみたい。
仕事も出来るし相談相手にもなってて、気が付けば女の子の中ではリーダー的な存在になっていってた。
同僚とは違ってプライベートで誘わない俺に、彼女(以下千鶴とします)は信頼もしてたと思う。
言い合いになってたりしても俺が割って入ると収まるし、頼み事をしても嫌な顔せずに受けてくれてたし。

いつも凛として背筋もピンと伸びた千鶴は、呑んでもいつもクールだった。
自制してるから酔ってフラフラになる姿も見せる事すら無かった。
だけど先月初めて酔っ払った姿を見た。

やっていた仕事が一段落し、同僚数人と呑みに行った日。
いつもならそんなに呑まないのに、その日はピッチが妙に早かった。
隣にいた後輩も心配して声を掛けていたが、大丈夫と言いながら焼酎の水割りをグビグビいってた。
いつもなら1軒目で早々に帰宅するのに、その日は2軒目にも付いてきた千鶴。
2軒目でもピッチが早く、気が付けば目がスワるほど酔ってた。
そんな姿を見せた事が無いから、同僚たちは面白がって千鶴に呑ませる。
心配になった俺は後輩に尋ねてみると、週末に彼氏と大喧嘩したらしいと聞かされた。

プライベートな話は一切しなかったから、その日初めていろんな情報を聞いた。
彼氏とは高校の同級生で、高2からの付き合いらしい。
言い方は悪いけどかなり給料も悪い会社勤めで、実際千鶴の方が給料が良いとの話。
そんな2人だったけど将来の結婚に向かって共同貯金をしてたが、週末にお金がおろされている事が発覚。
問い詰めてみると彼氏の浮気が発覚し、携帯を見た千鶴は怒り狂ったという。
彼氏は『勝手に携帯見んじゃねー』と怒り、そのまま大喧嘩して仲直りしてない。
後輩はその話を知ってたから心配して、1軒目からセーブさせようとしてたみたい。

ちなみにこの後輩の女の子、実は数回だけエッチしちゃってる娘。
むっちりしててエロい体してる娘で、酒の勢いで1回ヤッちゃったんです。
それ以来社内では何食わぬ顔をしながら、思い出したかのようにまたエッチするっていう間柄。
最近は他の部署にいる男と付き合い出したので、何でも話せる同僚になっている。
そんな間柄だから俺に事の詳細を教えてくれたんだが、他の同僚たちは一切知る由も無い。

見ていると今がチャンスとばかりに、千鶴に襲い掛かりそうな同僚が両サイドを固めていた。
そして目の前にも既婚者でありながら風俗大好きな先輩も。
この光景に後輩はおろかあと2人いた女の子達もご立腹、というか呆れ果ててた。
いつも凛としてクールな千鶴が、酔ってヘナヘナになってる。
普段なら引っ叩きそうな頭撫で撫でもされてたし、子猫のようにフニャフニャしてた。
そんな姿を女の子達は心配し、仲の良い後輩に『どうにかして』と頼まれた。

トイレに行くフリをして店の奥で後輩と相談。
『いくらなんでも俺だって送り狼になるぞ?』
『なったらイイじゃん、○○さんの事は嫌って無かったし』
『そりゃ俺が誘わないからだろ?』
『だとしてもイイじゃん、このままだと誰かに持って行かれちゃうよ?』
『じゃーどうするよ?他の奴が黙って無いと思うぞ』
『それはアタシ達に任せてよ』

段取りは想像以上に簡単だった。
千鶴がトイレに行く時に後輩が一緒に行き、途中で俺を呼ぶという段取り。
俺が連れていくよ!と狼たちが元気良かったが、後輩や他の女の子達がそれを制止してた。
呼ばれて行ってみると千鶴は1人じゃ歩けないほど酔ってた。
『今度美味しいご飯奢ってよね』と後輩に言われ、千鶴をそのまま持ち帰ろうとした。
でも酒癖が悪いのかその日の機嫌なのか、千鶴は俺の言う事を聞く状態じゃなかった。
困り果てた俺に後輩が助け船を出してくれて、結局3人で店を出る事となった。
狼たちの冷たい視線はキツかったが、あまり酒の呑めない俺が選ばれて当然だと女の子達に言われてショゲてた。
実際男の中では俺だけほぼシラフだったからね。

まず後輩をタクシーで送ろうとしたが、久し振りにウチへ来ると聞かない。
どうもこの後輩は変態的な資質があるらしく、下手するとエッチしてるのを見たいとか言い出しそうな雰囲気。
これは困ったと思いつつ蔑ろにできないので、3人でウチへ行くハメに。
2人を部屋に連れ込み、薄くした焼酎を呑ませながらしばらく千鶴の話を聞いた。
後輩はワザと彼氏とのエッチ話を聞こうと話を振るので、簡単に千鶴の性生活を聞く事も出来た。
今まで2人としか付き合った事が無く、エッチは彼氏以外無いらしい。
いつからか彼氏が受け身ばかりになってしまい、エッチは千鶴が主導権を握るみたい。
別にエッチしなくてもイイと思うけど、彼氏にしてと言われるからいつもしている。
聞けば聞くほどまだ開発されてないと分かった。
下手するとイク事さえ知らないのかも?とさえも思ってしまうほどだった。


上着を後輩が脱がせたせいで、千鶴は白いYシャツにフレアなミニスカート姿。
ジャケットを脱ぐつもりがなかったのか、白いシャツの下には黒い下着が透けてた。
おぉ~~と感激しながらチラ見する俺を後輩が観察してて、いっちゃえよ!みたいな仕草をしてくる。
ふざけんな!と口パクで言いながら、妙な空気感の中ダベってた。
そして最高の好機が訪れた。
後輩の携帯が鳴って、相手は同じ会社の彼氏から。
俺の家にいるとは言えず、千鶴先輩といると言い訳をしている。
千鶴を電話口に出したが他に男もいるんだろ?と言われているらしく、とうとう今から行くとまで言われたっぽい。
渋々後輩はタクシーで帰宅し、帰る間際に『報告ヨロシク』と悔しそうな顔をしてた。
同じ女のくせになんでかなと思ったが、もしかしたらバイセクシャルの気があるのかもしれない。

やっと邪魔者がいなくなったので、俺は部屋着に着替えて千鶴と喋り始めた。
俺の部屋にいてしかも2人きりという状況に意を介さないのか、でねぇ~とグニャグニャしながら喋っている千鶴。
この変わり様を今度見せてやろうと、俺はビデオをまわす事にした。
棚の中に置いて、ベッドに寄り掛かりながら喋っている千鶴が映るようにセッティング。
セッティングしている時もずっと勝手に喋っている千鶴は、カメラが目に入って無かったっぽい。
俺は面白くなってセッティングが終わってから、千鶴に下ネタを喋らせた。
エッチなんてしなくてイイ!と言ってたくせに、本当は興味があると変わり始め、最終的にはイッてみたいとまで言わせた。
もっと自分を解放するんだよと、いつもセフレを仕込む時に使う言葉を浴びせまくった。
自分が制御してるから到達できないだけで、もう25才なんだから味わえるはずだと。
それには彼氏にも頑張ってもらわなきゃいけないし、そうしてもらう為に千鶴も頑張るべきだとね。

『アタシは頑張ってるもん』
千鶴はどんなに彼氏へ尽くしているかの説明をした。
フェラは嫌いじゃないらしく、言われるがままずっと舐めているという。
そのまま口に出される事も多いけど、それで幸せも感じるという。
下着だっていつも気を使ってセクシーなのを買ってるけど、彼氏はそれをあんまり見てくれない。
いつもすぐ脱がせるから、下着を褒めてくれたのなんて初めの頃だけ。

『実はMなんじゃない?』
『えぇーそうかなぁー』
『ホントはバックとかでガツガツやられたいとか?』
『あはぁーそれもイイかもー』
『それもって?』
『えぇーやっぱり普通のがイイもん』
『正常位でゆっくりキスをしながらってヤツ?』
『そーそー!彼氏キスもあんまりしないんだよぉー』

口を尖がらせて子供みたいに文句を言う姿に、普段とのギャップを感じでホロっとしてしまった。
こんなに可愛い一面があるとは思って無かったし、こりゃ彼氏はたまらんだろうなって嫉妬してしまいました。
その嫉妬心がやがて欲情へと変わり、俺はいつ手を出すか隙を狙い始めてた。
そして遂にチャンスがやってきた。
トイレに行こうと立ち上がった千鶴はフラフラだったので、トイレまで支えていった。
笑顔で『だいじょーぶぅー』とか『ありがとぉー』と言いながら入って行ったが、鍵を閉めるのさえ忘れてる。
ジョロジョロと放尿する音が聞こえ、一気に放出しているっぽかった。

ここだ!と意を決した俺は、突然ドアを開けた。
便座に座ってうな垂れるような姿勢だった千鶴が、ビックリした顔をして俺を見上げてる。
思わず『大丈夫?』と意味不明な事を口走ってしまったw
『えっ?いやっ、えっ?あっ』ときょどりまくる千鶴。
見つめ合っている間も、千鶴は放尿を止める事ができなかったみたい。
斜め前に俺がいるのに、ジョーーッと凄い音をたてて放尿してた。
『そんなに我慢してたの?凄い音だけど』
『いやぁっ!なんで?ちょっとぉ!やめてっ!』
『まぁーまぁー誰でもするもんだか…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦体験告白】 蜜柑のHな体験
2016/05/10 17:32
2016/05/10 17:32
3:みかん◆6kWYegoCtM:2007/11/18(日)08:31:45ID:whOgIEuuO おはようございます気になって覗いてみたら専スレができててびっくりしましたいろいろ気を遣わせてしまってごめんなさいありがと(ノ_・。 ) 応接間で勉強しながら横からおじさんに体をいじられ始めたところからです昨日の朝ですブラに手を入れられ、生乳首をコリコリされて、わたしは喘いでしまいましたそれを聞き逃さなかったおじさんは、「いいんだよ大丈夫大丈夫」と何回も耳元で囁きましたそしてブラのホックを外し、取り去りましたまだおっぱいは露出していなくて、シャツの中に手を入れて指で乳首をクニクニされてました…
夏休みの忘れたい思い出
2017/12/27 08:28
2017/12/27 08:28
あたしは一回家に帰って着替えてから自転車で由美の家に行った、 もういつものメンバーは揃っててお酒なんか飲んで盛り上がってた(笑) あたしが部屋に入るとみんなは「おっそいよ~もう話し合い始めたちゃってるよ~♪」 あたしもとりあえず一杯飲んで、話にまざった。 最初は海とかキャンプとかの話で盛り上がってたんだけど、学校の話に変わって先生の悪口でまた盛り上がって(笑) 今度は学校の裏山の話になって、裏山には昔、精神病の人を集めて治療する施設があったみたいで今は廃墟になってて肝試しとかに行く人がいるみたい! ネットで調べたら多分分かると思うから詳しい場所は言わないけど(笑) 親から聞いたた話だけど裏山…
高校2年の時に行く2泊3日のキャンプでお漏らしした処女を脅して犯したったwwww
2016/07/06 16:02
2016/07/06 16:02
うちの高校では高校2年の時に2泊3日のキャンプに行く。

自分達男子の間では夜中に女子のテントに夜這いにいく、

などと妄想で盛り上がっていたが、

実際は先生達の見回りも厳しいし、

狭いテントの中に3〜4人いるのに、

気付かれずに夜這いできるわけもない。

それがわかった1日目の夜の男子達の落胆は語りつくせない。

かくいう自分も期待してたわけではないが、

妄想で盛り上がった分、多少がっかりしたことは否定できない。

そして2日目の夜・・・。

自分は一番入り口側で寝ていたのだが、

夏とはいえ高原の夜のためどうも隙間風が寒く、

夜中に目が覚めた。

腕時計を見ると3時だった。

【いとこ】高校受験のために泊まりにきていた従姉妹と童貞&処女喪失した 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/09/03 09:25
2017/09/03 09:25
これは私が高校2年生の時のお話です。この年の冬、従姉妹(当時中学3年生)が3日間だけ私の家に滞在することになりました。理由は高校受験のためです。 都内にある某有名私立高校を志望していたのですが、彼女の家からだと始発に乗らないと試験開始時間に間に合わないのです。私の家からだと30~40分もあれば行けるということで、ウチに泊まることになりました。 始発に乗らないと遅刻するような遠方の学校に合格しても、通うのがスゴク大変です。私だったら、そんな高校は受験しません。 ただ彼女は、どうしてもその学校に行きたかったそうです。……ま、その辺の事情は置いておきます。従姉妹(仮に名前を“春菜”とします)とは…
【JSとのエッチ体験談】はじめてのオナニーで好きな子に顔射
2015/11/15 22:00
2015/11/15 22:00
初めての射精のときの話。いわゆる精通は小5のとき。 よく覚えてるよ。 当時俺は、なぜか女子とばかり遊ぶような子供だった。 1人っ子だし、男同士のちんちん情報にも疎かったな。 ちんちんは、触ったりすると膨らんで固くなる、ってくらいのことしか知らなかった。 子供の頃までの俺の写真を見ると、今の川島海荷に似てる。 性格も女性的だったような気がするけど、当然、男としての性徴はやってきた。 早い方だと思うけど、5年生までに皮は完全にむけてた。 仮性包茎状態になったという意味だよ。 生まれた時から近所に住んでた幼なじみのナツミとは、特に仲が良かった。 親同士も同郷で、割り…
【熟女体験談】四十路の居酒屋のママと唾液をチュパチュパさせながらディープキス
2017/03/20 12:02
2017/03/20 12:02
2017/03/20 (Mon) 近所に個人経営の居酒屋が出来た。

夫婦で経営していて、
居酒屋のママの名は喜美子

自称43歳でそこそこの美熟女だ。

もっとも30代前半と言っても
通用しそうな感じである。

彼女は、美人というよりも
可愛い顔をした童顔の中年熟女。

夫のマスターは50歳。

この店が開店したのは
今から約1年前。

住宅街のど真ん中に
こじんまりとした佇まいであるが、
開店前にポスティングした
チラシの効果もあって初日から繁盛していた。

私も酒は大好きなので初日に行ってみたが、
いかんせん店が小さく、
中で飲むことは出来なかった。

初めて入ったのは
仕事のミスで、カッパみたいな上司といやいやホテルへ
2016/08/24 13:00
2016/08/24 13:00
ありがちかもだけど、ミスをカバーしてくれた見た目キモイ主任と。
ちょっともめてる顧客の書類の印鑑を一ヶ所もらい忘れたんですよ。
顧客にはもうお願い出来ない雰囲気だったし入社一年目で初めての大きなミスで動揺しちゃって…そこに完全に出世コースから外れたカッパみたいな主任が来て、ボクが印影を写してあげるから今日この後付き合ってよって言われたんです。


その時はお礼にご飯をご馳走すればいいのかなって思いました。

主任はあぶらとり紙みたいのを使ってうまく写してくれて、「ありがとうございました!」って言ったら 「じゃホテル行こうか」って。

慌てて、冗談ですよね?とか無理で…
逆ナンされた人妻陽子危険日に俺の精子をたっぷり受け入れた
2017/07/24 12:00
2017/07/24 12:00
 

 新宿についた俺はアルタの前を避け、○○○○前の青信号を待っていた。その時何とはなしに対岸の一人の女性と目があった。彼女はハッとして目をそらした。カッコは地味だが、目鼻立ちがすっきりした美人だった。「あんな女とやりてーなーぁ─」と思っていると青信号になったので渡りはじめた。彼女は誰か待っているのか渡ってこない。「ちっ、近くで見てやろうと思ったのに」俺は自分で近づいていった。驚いたことに、彼女は俺の方を向いてまるで待っているかのようにしていた。  「やべっ、変な野郎だと思われたかな」俺はつとめて然り気無く彼女の横を通り過ぎようとし…
【寝取られ】恐い先輩に「学校の屋上で彼女とやれ」と命令されて
2017/10/25 02:00
2017/10/25 02:00
付き合ってた彼女が山田優似の目立つ子だったので、すぐに恐い先輩に目を付けられた。脅されて、「放課後に学校の屋上でやれ」と言われた。俺はやってる所を覗くんだろうと思って、気は進まなかったが彼女を誘うとにっこりOK! なんかすごく楽しそうにしてるのがほんと申し訳なくて何度もやめようと思ってたけど、結局、屋上に行った。 うちの学校の屋上は知る人ぞ知るエッチスポット。屋上側からカギが掛けれるようになってるのでエッチ中は邪魔されずにできる。が、その日は、カギを掛ける振りして掛けなかった。 眺めがいいのでしばらく色々話してたが、10分くらいして俺が美和子を抱き寄せてキスした。すると美…
セックスはご無沙汰だったので、社員旅行で淫れてしまったH体験談
2015/12/05 11:30
2015/12/05 11:30


私は社会人三年目の24歳です。




初めて一泊二日の社員旅行に参加したときの事。




女性社員全員20人くらいで


和室の大広間に泊まることになりました。




ちょっとした修学旅行気分。




苦手な先輩の女性社員が来なかったので、


本当に楽しかったw



んで、夜寝る頃に男性社員5人が酔った勢いもあったのか


「一緒に寝よう」と、冗談半分で


ふとんに潜り込んできました。




左側には密かにかわいいなと思っていた3つ歳下のK君、


右側には2つ歳下のA君でした。



私も…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・競パンについて2

・合唱部の後輩

・ねえ?ちょっと見せてよ

・競パンについて

・不動産のお客さんできれいな奥さんとの話

・【乱交】妹がデビューだから3Pでしてもらえない?

・2対2でスキー場のコテージで

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(再々補足と再々修正)

・妻を奴隷の様に扱って他人棒をいっぱい差し込んでみたいんです・・・

・何時か撮られたハメ撮りをネタに

・【人妻体験談】ガータベルトに網タイツという娼婦のような格好の息子の嫁とバイアグラ義父の寝取り近親相姦SEX

・【不倫】借金を抱えた幼馴染に「抱いて」と言われて

・病気で入院したときのこと

・女性の脅し用の画像や動画を撮られ

・おばさんでも女としての用は足せる

・【人妻体験談】フェラさえしたことがないウブな人妻とザーメンをごっくんさせて不倫SEX

・【熟女体験談】母がパシリにしていたデカチンな同級生と中出しSEXしていた

・こんなこと初めてなんだよ、誤解しないでね

・知らない先輩からの誘いは危険

・小学生チアスクール

・【初体験】自分の手でしごくのとは全然違った叔母さんのアソコ

・続2・借家の寝室に開けられていた覗き穴

・▲嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した完(転載禁止)

・【Hな体験】昨日まで友達だった彼とドキドキ初エッチ

・俺が負けたので、彼女が手コキした2

・妻のヌード 三上氏

・【熟女体験談】従兄弟を挑発した結果、近親相姦レイプされてしまった花嫁

・【人妻体験談】エロ動画やエッチな体験談サイトが好きな主婦が元同級生と人生初の不倫

・高野ゆかり/サンバパレードの悪夢

・【盗撮・覗き】憧れの先輩と鬼畜教師が保健室で